愛知県支部 愛知県立岩倉総合高校「学校祭での防災・減災啓発活動」

日時  平成29年9月11日(月)9:30~14:20
場所  県立岩倉総合高校 生徒棟2階 学習室4
参加者 132名(生徒、教諭・保護者等)
参加防災士 7名
 
 今年も高校からの要請を受け、防災士会のブースに教室と廊下を借りて啓発活動をした。昨年から高校と大学の連携防災研修で学んでいた4名の生徒が、愛知県の防災リーダーに認証され、学校の防災に対する思いや期待も大きく変わり始めた。高校生の若い力と行動力に、校長先生や職員の皆様をはじめ地域の方々からの期待も高まってきているのを感じた。
 防災士からロープの扱いを学んだ生徒が、今度は教諭や保護者などに教えながら身に付けていく姿に頼もしさを感じ、この展開を嬉しく思った。
 今回も起震車を設置し、参加者には家具の固定や救急救命の方法、防災品の数々の展示や非常食の試食などから多くのことを学びながら体験していただくことができた。
私達防災士においても有意義で手ごたえのある活動となった。

aichi290911-1b aichi290911-2b

aichi290911-4b aichi290911-3b

スポンサーサイト

千葉県北部支部 千葉県千葉市稲毛区 インプレスト稲毛防災訓練

平成29年9月17(日)、千葉県千葉市稲毛区のマンション、インプレスト稲毛にて防災訓練が行われ、千葉県北部支部およびBCNが共同で支援しました。昨年(2016年)もお手伝いさせていただきましたが、大雨で屋内の訓練のみなってしまいましたが、今年は台風の影響で同じく屋内訓練のみになってしまいました。
雨バージョンでのスケジュールで、まず避難訓練、安否確認が行われ、住民の方々が続々と集まってきます。集会所もほぼ満杯で立ち見が出てしまう中で、まず訓練の一環である炊き出し訓練用のアルファ化米の説明が行われ、続いて北部支部の筒井義臣防災士が講師となり講演が行われました。防災の考え方から具体的な対応方法まで、短い時間でしたが有意義な内容だったと思います。続いて白川恵防災士が講師となり、身近な物を利用した防災活用が行われ、新聞スリッパ作成、レジ袋の活用法の指導が行われました。その後アルファ化米(五目ごはん、ドライカレー)の2色セットが配布され、解散になりました。
若い世代の方も多く、雨の中でも積極的に防災訓練に参加している状況から住民意識は高く、更に防減災力が進んでいくと思います。そのきっかけ作りを今後も提供していきたいと思います。

日時:平成29年9月17(日) 9:30-11:00
場所:インプレスト稲毛(マンション)
参加:約50名
講師:筒井義臣防災士、白川恵防災士
スタッフ:10名
内容:講演、身近活用、炊き出し訓練(アルファ化米)

chibakita290917-1

chibakita290917-2

chibakita290917-3

chibakita290917-4

大阪府支部 ブロック活動報告

「最年少防災士さんと学ぶオトク防災」大阪市立総合生涯学習センターにて

平成29年8月26日(土)大阪市北区梅田にある大阪市立総合生涯学習センター にて、「最年少防災士さんと学ぶオトク防災」と題した講座・ワークショップを行いました。

osaka290826-1
報告書はコチラからご覧ください



MBSラジオ「ネットワーク1.17 」出演

平成29年8月27日(日)MBラジオ「ネットワーク1.17 」にて、100 円ショップ で揃える防災グッズ対決!に大阪市ブロックの坂本真理・坂本紫音親子が出演いたしました。

osaka290827-1
報告書はコチラからご覧ください

大阪府支部 スキルアップ研修in有田を開催

平成29年7/1~7/2 スキルアップ研修in有田を開催致しました。

osaka290701-1
①研修会場(費用を安くする為にメンバー別荘を使用しました)。
osaka290701-2 osaka290701-3 osaka290701-4
②別荘周辺視察。③和歌山県被災地研修。④夕食BQQ。
osaka290701-5
⑤BQQ。
osaka290701-6 osaka290701-10 osaka290701-8
⑥ロープワーク研修。⑦いなむらの火の館。村人が避難の為に逃げたとされる広八幡神社の宮司様は、堺市北区出身との事で地元堺の話が弾みました。⑧湯浅城昼食。
osaka290701-9 osaka290701-7 osaka290701-11
⑨昼食。⑩築かれた土手。⑪マスコット。

福島県支部 支部会報No.009を発行、福島民報に掲載

fukushima290401-1
支部会報はコチラからご覧ください

<支部会報概要>
・H28年度臨時総会及び設立総会開催について
・いわき市原子力防災実動訓練に参加して
・ふくしま防災フェア2016
・県北地区、県中・県南地区合同勉強会
・「サタふく」防災特集 藁谷支部長生出演 他



NPO化について報道

福島民報(平成29年9月1日)に掲載されました。
fukushima290901-1
掲載記事はコチラからご覧ください

沖縄県支部 沖縄県女性財団主催の防災講座の実施

沖縄県支部では、(公財)沖縄女性財団主催の「しっかり備える!アクティブ防災講座」において、支部長以下3人が講師及びフォローを務め、下記のとおり講座を行いました。

日 時 平成29年9月9日14:00 ~16:30
場 所 那覇市西町沖縄県男女共同参画センターてぃるる3階研修室1・2
参加者 40人
講 師 ①支部長新城格 ②事務局長新垣すみえ ③副支部長新垣博也(フォロー)

okinawa290909-1
資料はコチラからご覧ください

北海道支部 《赤るい志民サポーター》植村建設

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告
   
1 開催日時  平成29年9月5日(火) 10:50 ~14:00
2 開催場所  北海道 赤平市 植村建設敷地及びその周辺
3 主  催  植村建設株式会社  共催 北海道防災士会・・他
4 開催内容  防災週間 「市民防災体験会」 地域の小・中・高校が参加活動
 ※警察:子供の安全、 消防:救命、 主催者:災害現場での救出訓練
※北海道防災士会 : 消火・煙道・ロープ等の体験、災害映像・写真展示など、
会員6名が、資機材を持参して 後方支援活動を行う。

hokaido290905-1 hokaido290905-2

hokaido290905-3 hokaido290905-4

hokaido290905-5 hokaido290905-6

hokaido290905-7 hokaido290905-8

hokaido290905-9 hokaido290905-10

hokaido290905-11

hokaido290905-12

奈良県支部 九州北部豪雨被災地支援ボランティア報告

 奈良県防災士会は、平成29年8月26・27日の2日間にかけて朝倉市杷木において被災地支援ボランティアを行いました。参加者は11名です。

nara290826-1
報告の詳細はコチラからご覧ください

奈良県支部 実践的避難所運営訓練(桜井市)

 平成29年9月3日(日)桜井市立図書館において、桜井市ボランティア連絡協議会による「災害・緊急時ボランティア体験講座」が開催され、桜井市民とボランティアの方々合わせて150名が参加されました。
 これまでHUG(避難所運営ゲーム)を2回経験されていて、より実践的なものをという希望があり、今回奈良県の支援事業として奈良県防災士会から15名の防災士が参加。カードではなく、実際に人間を使った避難所運営訓練(人間HUG)を行いました。
 住民の方を4つの班に分け、時間差でホールに避難。最初に非難されてきた比較的元気な方々が中心となり開設準備を行い、都度応援を募りながら、防災士が潜り込みで、HUGカードにあるような様々な要望を実際に行ったり、車椅子や簡易担架で運ばれたり、県や市からのイベント情報があって、実践さながらの臨場感がありました。
 奈良県防災士会としても初めての試みで、準備段階から大変な作業でしたが、面白い試みになったと思います。

nara290903-1 nara290903-2

nara290903-3 nara290903-4

nara290903-5 nara290903-6

沖縄県支部 防災の日、特集記事掲載

タイムス住宅新聞(沖縄タイムスの週間版)が9月1日防災の日にちなんで、防災特集記事を掲載しました。
取材を受けた新城格防災士(沖縄県支部長)の紹介がありましたので報告します。

okinawa290901-1 okinawa290901-2
掲載記事はコチラからご覧ください

石川県支部 防災の絆・石川 No.24を発行

ishikawa290905-1
防災の絆・石川はコチラからご覧ください

<防災の絆・石川の概要>
・H29年度通常総会を5月27日(土)に開催
・6月19・20日の2回気象防災講師養成研修開催される
・活動報告
・白山市避難所運営ノート研修
・今後の行事予定 他

会員の防災活動報告書はコチラ

久留米支部 久留米市からの依頼によるHUGを実施

平成29年8月19日久留米市からの依頼で、HUGを致しました。
参加者80名、内、防災士35名の参加が有り好評でした。これには10名の支部役員で担当しました。

kurume290819-1

kurume290819-2

kurume290819-3

kurume290819-4

千葉県北部支部 千葉県印旛郡栄町 安食三丁目HUG

平成29年8月20(日)、千葉県印旛郡栄町、ふれあいプラザさかえにて、安食三丁目自治会役員を対象としたHUGが行われ、千葉県防災士技術支援チーム、千葉県北部支部、BCNのメンバーが講師、ファシリテーターを務めました。
昨年に続いて2回目のHUGで、HUGそのものを行うのではなく指導者を養成する講座として行いました。これは対象の自治会から昨年大変勉強になったことから、今回はこれを発展させていろいろな方に広めたいという要望から指導者養成講座になったものです。
自治会でこうした動きが増え、避難所の概念から運営の難しさを体得いただく機会が増えることで、避難所の早期開設から様々な問題が速やかに解決できることを願います。

日時:平成29年8月20(日) 13:00-16:00
場所:ふれあいプラザさかえ3階 大会議室
参加:約30名
スタッフ:4名
内容:HUG

chibakita290820-1

chibakita290820-2

chibakita290820-3

chibakita290820-4

北海道支部 広報活動報告

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会  活動報告《広報》

1 9/2の防災週刊に十勝毎日新聞 朝刊 掲載記事 (北海道とかち地方) 先日 8/3 帯広市における北海道防災士会の講演内容について掲載された。

hokaido290904-1


2 朝日新聞販売所 秋号 (札幌市北区)PR誌に当会の活動等が掲載される。
  区内の新聞購買者世帯(7,000部)に配布される。

hokaido290904-2

東京都支部多摩ブロック 活動報告

スキルアップ講座『気象災害から身を守る』を開催
日 時 平成29年8月11日 9:45~12:00
場 所 立川市女性総合センター
参加者 立川市災害ネットワーク13名、ブロック防災士13名

tama290904-1
防災活動記録は「コチラからご覧ください


立川市諏訪神社例大祭 救護所対応
日 時 平成29年8月26日~27日 10:00~
場 所 立川市諏訪神社例大祭
参加者 寿町腎・内科クリニック4名、防災士9名

tama290904-2
防災活動記録はコチラからご覧ください

茨城県支部 茨城県防災士会だより第19号を発行

ibaragi290901-1
茨城県防災士会だよりはコチラからご覧ください

<茨城県防災士会だより概要>
・茨城県危機管理課が主催の「防災リーダー」育成の支援活動
 ~2回実施で1.062名に、自主防災組織活動の事例発表を行った~
・みんなで防災マップをつくろう講座の開催
・各エリアの定期的なスキルアップ活動紹介
・下妻市主催の防災訓練で防災士会の防災・減災の展示コーナー設営
・自主防災組織で子ども達と「避難所までのルート安全確認」校長、教頭先生参加

沖縄県支部 沖縄県総合防災訓練への参加について

標題の件につきましては、次のとおり参加しましたので報告します。

1 参加日時
  平成29年9月2日 13時~15時30分
2 場 所及び参加人数
(1) 名護市あけみおドーム(10人)
(2) 金武町伊芸体育館(1人)   
3 沖縄県総合防災訓練の概要
  沖縄県総合訓練は、毎年、防災の日に実施されているもので、今回の訓練は、恩納村の赤間総合運動公園を主会場にして沖縄本島北部地域各自治体で実施されました。
  9月1日は、沖縄県と北部圏域自治体の間での情報通信訓練が実施されました。
  9月2日は、各自治体、消防、警察、海上保安庁、自衛隊、沖縄県医師会、保健所など120機関、2000人が参加して実動訓練が行われた。救出救護訓練、避難所開設運営訓練等が実施されました。
4 NPO日本防災会沖縄県支部の参加
(1) 名護市あけみおドームでの避難所開設運営訓練
   NPO日本防災士会沖縄県支部は、県からの要請により、名護市における避難所設営運営訓練に参加、指導を行いました。
   名護市での訓練は、住民参加のない(自治会、自主防災会への参加呼びかけなし)市役所職員40人が地域住民、観光客、外国人に扮しての訓練であり、本来の地域参加型の訓練目的とは大きくかけ離れた訓練でありました。
  それでも、訓練中、受付の問題、避難所での避難者の割り付けの問題、仕切りのやり方等について、避難所運営訓練等 石垣市で実績のある川満防災士や沖縄市の新垣副支部長らが指導に当たりました。
  (10数人で見学に来ていた市内の自主防災会がありましたが、参加要請もないため、「得るものがない」として、途中引き上げたのが印象的でした)
(2) NPO日本防災士会沖縄県支部の訓練会場での展示 
   訓練会場である、あけみおドームの一角にブースを設けてもらい、食用油やツナ缶で作るランプ、避難所でのありあわせの新聞紙で作るスリッパやキッチンペーパーで作るマスク等の防災グッズや沖縄県支部会員の活動を紹介する新聞等、パネルでの展示を行い、参加者からの関心をうけ、熱心に見入る参加者もいました。
   (添付写真参照)
(3) 金武町伊芸体育館での訓練後の講話
   金武町でも避難所開設運営訓練が実施された。名護市と違って、訓練参加者は、3カ所の自主防災会、全員住民参加型の訓練であった。
   金武町内では3カ所の自主防災会が立ち上がっているものの、今回が初めての訓練に参加したとのことでありました。
   訓練終了後、新城沖縄県支部長が、「避難所開設運営訓練(初動)」~災害に備えよう応災力アップ~と題して講話を行いました。
   大規模災害時には避難所運営で大混乱をきたしているのが常で、最近、誰もがスムーズな避難所運営が出来る「避難所開設運営キット」の紹介や他県自治体の避難所運営マニュアルの最新版等の紹介を行いました。
   行政も、各自治会もこれらに取り組んで整備していく必要性を強調したところ、参加者から関心もたれ質問もありました。
   (講話内容は別添資料参照

okinawa290902-1

okinawa290902-2

okinawa290902-3

okinawa290902-4

okinawa290902-5
資料はコチラからご覧ください

沖縄県支部 「那覇市と沖縄県支部との防災に係る相互協力に関する協定書」締結について

標題の件につきましては、次のとおり締結を行いましたので報告します。

1 日 時
  平成29年8月31日 15時~15時40分
2 場 所 
  那覇市役所 那覇市長応接室
3 出席者 
  那覇市長 当沖縄県支部 支部長以下4人(支部長、副支部長2人、事務局長)
4 協定書の内容
  別添ファイル参照
5 締結式の状況
 締結式は、当方沖縄県支部のほか「沖縄県石油商業組合」の2つの組織も同席し、災害時における相互協力のため、それぞれの協定書について、別個に調印を行いました。
 調印締結を終えた後、
 沖縄県石油商業組合の濱元清理事長から、石油商業組合としても大規模災害が発生した場合には、組合あげての災害への対応を行うこととしている。社会貢献活動として、那覇市と協定を結び優先供給に努めていきたい。
 などと、上記の要旨で述べました。

 また、新城格日本防災士会沖縄県支部支部長からは、沖縄県も災害列島そのものの中に位置し、これまでも多くの台風、地震、津波、大雨等による大きな災害が起きている。津波にしても東日本大震災にも匹敵する大津波があった。地震にしても気象台の記録を見ると、年間に発生する有感、無感の地震は1万5千件を超えている。県内にも活断層が多く存在している。熊本地震のように、突然起きても不思議ではない。しかも想定外に起きるのが常である。
 そんな沖縄県内を見ると、行政にしても、地域住民にしても防災意識・対策は本土に比べると大変お粗末な状態にある。県都那覇市も自主防災会の組織率は大変低い。今回の協定締結は、今後、那覇市にとっても地域住民への防災意識の高揚にも有効であり、私達日本防災士会沖縄県支部としても防災に係る協力が出来ることは大変意義深い。一緒に取り組んでいこう。
 と、上記要旨を述べました。

 そして、城間幹子那覇市長から「石油商業組合及び日本防災士会と大規模な災害時における協力に関する協定」を行うにあたり協力をいただいた両組織の皆さんに感謝致します。皆様の技(わざ)と知識とこれまで培われた災害対応のノウハウなどについての指導・援助を賜りたい。
 日本防災士会沖縄県支部の皆さんには、平時から地域自治会、自主防災会等との連携、研修会講師の派遣、防災訓練等への指導助言をお願いしたい。
 そして、大規模災害が発生した場合には、救助活動への援助、避難所運営に係る指導、援助等も出来る範囲でお願いをしたい。
 旨のあいさつがなされました。

 これら協定締結式については、那覇市の幹部や担当課の職員が見守りました。
 県内メディアが取材し、RBCテレビが当日のニュースで放映しました。

okinawa290831-1

okinawa290831-2

okinawa290831-3
協定書はコチラからご覧ください

千葉県北部支部 千葉県白井市 清水口小学校区支部防災講演講習会

平成29年9月3(日)、千葉県白井市、西白井複合センターにて、平成29年度清水口小学校区支部防災講演講習会が行われ、千葉県北部支部が支援を行いました。内容は防災講演、身近な物で防災活用、救命講習、地震体験です。講演の講師は平山優子防災士が務め、テーマは「自助・共助のすすめ」です。当地区の特徴を具体的なデータで示しながら、どのようにしたらよいかを提案し、自助、共助につなげていく講話は説得力のあるものでした。
講演は30分、残りの90分は3班に分かれて、身近な物で防災活用、救命講習、地震体験を3ローテーションで行いましたが、100名を超える参加者ですのでスタッフも12名で対応し、充実した訓練になりました。白井市での活動は初めてですが、11月には白井市総合防災訓練を控えており、今後お手伝いをさせていただきながら地域防災力の向上に努めていきたいと考えています。

日時:平成29年9月3(日) 10:00-12:00
場所:千葉県白井市 西白井複合センター
参加:清水口小学校区住民約100名
講演講師:平山優子防災士
スタッフ:12名
内容:講演、身近活用、救命講習、起震車

chibakita290903-1 chibakita290903-2

chibakita290903-3 chibakita290903-4

chibakita290903-5 chibakita290903-6

千葉県北部支部 千葉県松戸市 第35回小金原地区合同自主防災訓練

平成29年9月2(土)、千葉県松戸市小金原体育館において、第35回小金原地区合同自主防災訓練が行われ、千葉県北部支部はブース出展しました。複数の団体から出展があり参加住民も多く、体育館が人であふれている状況です。長年継続しながら大規模に行われているこの訓練は他の地域と少し趣が異なり、ストレートな訓練ではなく福祉を充実して行こうという独自のテーマが特徴です。
千葉県北部支部はロープワーク、家具転倒防止、応急手当、心肺蘇生、その他展示を設けましたが、どの項目も人気があり、ロープワークの資料についてはあっという間に100枚がなくなってしまうほどでした。
訓練開始時は大粒の雨で、肌寒く、参加者が少ないのではないかと思われましたが、これだけ多くの人が参加し、訓練し、防災に興味を示してくれるこの地域の底力はすごいものと感心してしまいました。我々もそれに応えるべく大忙しでしたが、このような体育館ベースの訓練の参考にもなった出展になりました。

日時:平成29年9月2(土) 9:00-11:30
場所:千葉県松戸市 小金原体育館
参加:小金原地区住民約500名
スタッフ:10名
内容:ロープワーク、家具転倒防止、応急手当、心肺蘇生、他展示

chibakita290902-1

chibakita290902-2

chibakita290902-3

chibakita290902-4
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 教育 講演 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 協定 総会 支部総会 訓練指導 DIG 自主防災組織 被災地支援 HUG セミナー 女性 連携 支部設立 研修指導 受賞 法人化 実技指導 訓練HUG 避難所 支部活動 女性防災士 支部会議 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR