FC2ブログ

千葉県北部支部 6/13(木)葛南管内学校事務連絡協議会防災講演(千葉県習志野市)

防災士が伝える 学校職員の「役割」と「備え」 ~想定外とは言わせない!~

令和元年6月13日(木)千葉県習志野市、習志野市民会館において葛南管内学校事務連絡協議会「総会」が行われました。その第2部「研修会」で千葉県北部支部が防災講演を行いました。
参加者は、千葉県の小中学校に勤務する学校事務県職員約230人で、事務連絡協議会からの依頼内容は、以下のようでした。
①学校職員として、また避難所と指定されている場所で働く者として「どのような知識」や「心構え」が必要なのか
②実際に災害のあった地域の小中学校の職員の役割はどのようなものだったのか
③報道ではなかなか知れ無いような話を聞きたい

今回の内容が、参加者の「気づき」や「行動」に繋がってほしいという当団体の想いも入れ、座学とワークショップを行いました。
今回の講演が、各学校の防災・減災への更なる取組み、また発災後の現場対応の一助になることを切に願っております。

日時:令和元年6月13日(木)15:00~16:30
場所:習志野市民会館
参加:千葉県小中学校に勤務する学校事務県職員 230人
講師:平山優子防災士
スタッフ数:2名(熊澤、葛西)
主要実施内容:座学、ワーク「想定外とはいわせない」

chibakita190613-1

chibakita190613-2

chibakita190613-3

北海道支部 地域(地域町内防災活動)

character hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告

1 開催日時 令和元年6月15日(土)10:00~12:00
2 開催団体 札幌市北区新琴似地域町内会
3 開催概要 震災講演及び避難所体験・ボラ活動等
hokaido190615-14 参加活動 地域の指導者等50名。
5 指導者等 北海道防災士会役員他1名 

hokaido190615-2

横浜支部 防災士よこはま 第43号を発行

yokohama190601-1
防災士よこはまはコチラからご覧ください

<防災士よこはま概要>
・2019年度定期総会開催

愛知県支部 災害時の対応・行動、あなたならどうする!?

~想定される難問、自らの問題として考える~

日  時:令和元年5月30日(木) 午前11時~午前12時
会  場:ポートメッセなごや 第7会議室
主  催:名古屋国際見本市委員会、(公財)名古屋産業振興公社
目  的:南海トラフ巨大地震の発生率が高まる今日の状況を踏まえ、また、
    自然災害が発生した時に生命を守る防災・減災対策を普段から会得する
    方法を、このセミナーを通して学ぶ。
参 加 者:約100名 (16グループ、1卓6名~7名) 
講  師:羽田 道信 氏  藤田医科大学 医療科学部 特任教授
     (NPO法人 愛知県防災士会アドバイザー、研修委員)
ファシリテ―タ―
    :NPO法人 愛知県防災士会(防災士 5名)
     寺島 一德、手塚 哲郎、原田 友子、宮澤 昌嗣、阿部 健二 

 朝から晴天に恵まれた5月30日、「第7回中部ライフガードTEC2019」の「防災・減災・危機管理展」が名古屋市港区の「ポートメッセなごや」で開催されました。
「防災・減災・BCPセミナー」に事前申込をされた参加者を対象に、住民・ボランティア・避難所運営委員等の立場から気象状況やボランティア、避難所・福祉避難所等の状況設定に対し、瞬時に判断しながら、自分ならこう判断するとか、こう行動するとか、二者択一で決断し、順番にその選択理由をコメントしていく実践・参画型セミナーが展開された。

 所要時間60分と限られた時間の中で、今回は5つの設問に対して、全員の方々にご参加いただきました。
参加者は、講師の解説をしっかりメモをされたり、グループ内や講師から、何故そのカードを選んだのか、自分の思いを短時間で簡便にコメントしなければならないため、時間の経過のことも忘れ、真剣な取り組みとなりました。

 設問に対して、ずばりこれが答えということは無いのですが、最終的に羽田講師から次の点について個々の解説がなされました。
・「気象庁」から発表される防災情報に対し関心と理解、そして状況判断をするための最新の情報を入手する。或いは、予め携帯電話、PC等に取り入れておく。
・ボランティアをする側の意思を尊重して、服装に適したボランティアに従事させる方法があることを想定し依頼する。
・万が一、ボランティア作業中にケガをされた場合、傷口を消毒するなどの処置をしっかりしないと破傷風になる危険性があるので要注意。
・ボランティアの場合、公正・公平な立場で行う場合と弱者・高齢者等を優先的に救済する方法を取らなければならない場合が出て来る。その時は、説明責任を果たし避難者の同意を得て行う必要がある。
・避難所では、要配慮者(高齢者、要介護者、難病の方、障がい者、妊産婦、乳幼児、アレルギー等の慢性疾患を有する者、外国人等)に配慮するための受付窓口を別に設けていることから、そこで受付を行い、カウンセラーあるいは、ケア等をしてもらうよう依頼する。
 また、症状により福祉避難所あるいは、施設・病院への入所の手配・手続きを依頼する。

aichi190530-1 
 机上にカードを出している参加者  講師の解説を聞き入る参加者
     
 文責・写真:阿部 健二 

新潟県支部 定期総会を開催

令和元年5月25日(土)、新潟県支部総会を開催。

niigata190525
総会資料はコチラからご覧ください

愛媛県支部 ⭐️国際防災フォーラムに参加

令和元年5月10日金曜日。愛媛大学防災情報研究センター主催の国際防災フォーラムが、ネパールの元教育大臣・市長・副市長、前ネパール特命全権大使等が参加し、愛媛大学で開催されました。
日本防災士会愛媛県支部からも、清水防災士、長野防災士、山瀬防災士、太田防災士が参加。太田防災士は、パネルディスカッションでパネラーを務めました。
2015年に発生した、ネパール大地震では、8500人もの犠牲者が出ており、防災対策が国の重要な課題となっています。
今日のフォーラムでは、ネパールの現状や松山市の防災対策を学ぶと共に、松山市とネパールの防災連携の可能性などについて意見交換をしました。

ehime190510-1

ehime190510-2

ehime190510-3

愛媛県支部 ⭐️全世代型防災教育の共同記者発表❗️

令和元年5月31日金曜日 本日は、愛媛大学で開催されました、全世代型防災教育の共同記者発表に愛媛県支部のメンバーで参加しました。
愛媛大学、松山市、東京大学の連携協定を軸に、全世代型防災教育の取り組みが始まります。
小中高生や教職員、企業や地域など、対象に応じた防災教育を実践し、全世代に切れ目なく防災リーダーを育成する取り組みです。
この取り組みを推進するための「松山市防災教育推進協議会」が設立され、この協議会には、我が日本防災士会愛媛県支部の小國副支部長が、常任委員として参加することになりました。
市民の命を守るため、この全世代型防災教育の取り組みに、日本防災士会愛媛県支部としても、精一杯協力していきたいと思います。

ehime190531-1

ehime190531-2

ehime190531-3

滋賀県支部 令和元年度定期総会を開催!

 去る、5月26日(日)滋賀県大津市の明日都浜大津5階大会議室において、「令和元年度 定期総会」を開催しました。
 開会にあたり安井支部長から会員のみなさまへの日頃の活動の御礼と今後の 支部活動への参加の呼びかけなどさせていただきました。来賓には、NHK大津放送局から村松副局長さまと大山アナウンサーさまにご臨席いただきご挨拶と防災士としての活動に役立つ「防災コンテンツ」についての情報提供いただきました。
議事に入ると、「平成30年度事業報告・収支決算報告」や「令和元年度事業計画・収支予算」、「役員改選」などについて慎重審議いただき、満場一致で可決されました。役員には、新たなメンバーも加わり本格的な活動がスタートすることとなりました。

議事終了後には、久保副支部長から、会員のみなさまと一緒に手掛けてきた「地区防災計画推進マニュアル」の活用について解説と共有をしました。この「地区防災計画推進マニュアル」は、防災士が地域の中で地区防災計画を進めるについての手法や考え方など記載したものであり、今年度滋賀県支部としても積極的にすすめていくものです。

総会終了後には、有志の方で懇親会を開催し、楽しい時間を過ごすことができました。

shiga190526-1

shiga190526-2

石川県支部 防災の絆・石川 No.28を発行

ishikawa190527-1
防災の絆・石川はコチラからご覧ください

<防災の絆・石川の概要>
・中野・中島体制スタート 2019年度総会を4/21に開催
・福谷事務局長が「自主防災組織における防災士の役割」ついて講演
・土砂災害防止で市町への協力体制
・防災活動で着用する「ベスト」を斡旋しています
・MRO現地報道への協力体制について 他

北海道支部 令和元年総会・研修会

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告

開催日時 令和元年5月25日(土) 13:30~16:00
開催会場 札幌市市民活動サポートセンター (札幌市北区)
開催概要 総会及び研修会。総会後の研修会90分、防火・防災設備の仕組み
参加会員 総会出席者(体験活動の熱心な会員) 20名character
研修指導 役員・ワークショップ方式、自身が指導する場合の対応など

hokaido190525-1

hokaido190525-2

hokaido190525-3

北海道支部 《中学2年生の命を守る学習にて「Doはぐ」体験》の指導

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告
   
開催日時 令和元年5月23日(木) 9:00~12:00 (3時間)
開催場所 札幌市中央区北1西1
     ナカモトホール(札幌市民ホール) 第一会議室。
参加団体 小樽市立北陵中学校 2年生94名、教員6名の他、見学者等5名。character
開催目的 校外研修学習における「命を守る」体験授業。
※体験指導及び設営協力等~当会会員 防災士7名、見学者~報道関係及び大学関係者等 

hokaido190523-1

愛媛県支部 ⭐日本防災士会愛媛県支部総会を開催❗️

令和元年5月25日土曜日
来賓に、愛媛県防災局長 東様、松山市総合政策部副部長 村尾様を迎え、令和に入り初めての、県支部通常総会を開催しました。
県支部もようやく2周年を迎えました。
この2年間は、スキルアップ研修・防災啓発活動・防災イベント参加・社会福祉施設の防災指導・7月豪雨災害の支援など、様々な活動に取り組んできました。
県内の地域防災力の強化に向け、さらに努力をしてまいる決意です。
また、総会終了後は防災講演会を開催。
熊本地震で自らも被災する中、防災士として、被災者支援に活躍され、全国で防災講演を行っている、小池洋恵氏が講師です。
被災直後、現場で支援されてきた、現場のリアルな話に、衝撃を受けると共に、大変勉強になりました。
災害発生直後、避難誘導や避難所開設・運営等に防災士として、どれだけ的確な行動ができるかが大切であります。
日ごろから、しっかり研鑽してまいりたいと思います。

ehime190525-1

ehime190525-2

ehime190525-3

横浜支部 防災士よこはま 第42号を発行

yokohama190511-1
防災士よこはまはコチラからご覧ください

<防災士よこはま概要>
・かながわ・よこはま「防災ギャザリング2019」に参加

愛知県支部 ぼうさいあいち会報20号を発行

aichi190520-1
ぼうさいあいちはコチラからご覧ください

<ぼうさいあいち概要>
・防災士会の活動は変わらない
・新たな年号・災害の少ない平和な時代でありますように
・出前講座
・地震発生時の対応と命をつなぐパック・クッキング
・災害時救護法ワークショップ
・南海トラフ巨大地震 予知不能
・スキルアップ研修
・愛知県防災士会 アドバイザー規程
・今後の出前講座の予定
・スキルアップ 内部研修の予定
・防災士必須 スキルアップ研修のご案内
・防災コラム 他

千葉県北部支部 5/12(日)野田市中野台鹿島町自主防災組織会 防災講演支援(千葉県野田市)

令和元年5月12日(日)千葉県野田市中野台区民会館において「野田市中野台鹿島町自主防災組織会」による防災訓練が行われ、千葉県北部支部として、①講演・講習(「災害時の対応・心構え」、「家具転倒防止策、「非常時、水を使わないトイレ」)と、②実演・実技指導として、「身の回りのものによる応急手当法」、「エコノミークラス症候群について」の講習を行いました。
東京防災をテキストに進める講義形式と、実際に体を動かし参加いただくことで、90分間はあっという間に経過いたしました。

谷防災士が消防署で活動した火災・救急事故事例を基に具体的な事例を盛り込んだ講義に耳を傾ける参加者の真剣な姿には、地域の方々の真剣さが感じられ、その後行われた応急手当法と搬送法の実技にも、積極的に参加いただくなど、当地域コミュニティの密度の高さを感じました。
特に止血法において普段使いの家の物が利用できることや、ラップやレジ袋、ハンカチなどにより骨折等の腕吊・4方向固定ができることなど、今まで気が付かなかったと好評いただきました。

日時:令和元年5月12日(日)
場所:野田市中野台鹿島町区民会館
参加:自主防災組織会会員 38人
講師:谷副支部長
スタッフ:3名(谷正美副支部長、岡田和也防災士、小笠原順防災士)
内容:
第1部:講演・講義
第2部:応急手当法・エコノミークラス症候群予防法

chibakita190512-1b

chibakita190512-2b

chibakita190512-3b

chibakita190512-4b

千葉県北部支部 5/12(日)第23回あおいそら南部支部まつり

令和元年5月12日(日)千葉県野田市南部中学校において、「第23回あおいそら南部支部まつり」が行われ、千葉県北部支部はブース出展致しました。
豚汁3500食準備、2500名以上の参加(協賛団体43、各自治会38、レクリエーション29団体)と大きなお祭りイベントに、私どもはテントブースにて当日防災PR防災用具展示説明致しました。
写真:(よさこい踊り旗手は小椋防災士)

開催に向けて何度となく事前打ち合わせ等行い、数多くの団体とのコミュニケーションを計られた事はとても有意義でした。
今後の防災活動に大いに可能性期待して行きたいと考えます。

日時:令和元年5月12日(日)
場所:野田市南部中学校
参加:南部支部まつり参加者 2500名以上
スタッフ:3名(敬称略)高崎勝利、石田健、小椋養一
内容:ブース出展 防災PR

chibakita190512-1

chibakita190512-2

chibakita190512-3

北海道支部 地域の新聞販売店への折り込み広告へ

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 広報活動  

1 作成配年月日 令和元年(2019)5月
2 作成事業者名 ASA朝日新聞社 札幌市北区地域販売所
3 配布対象範囲 札幌市北区管内の一部 (新琴似・屯田・篠路)
  ※ 作成及び配布枚数 5,000部、購買者へ配布
4 掲載内容等  読者への商品販売と地域防災啓蒙PRについて
  ※地域の購買者等が防災に関心を示し、自助に関心を示す内容。
  ※NPO日本防災士会の最重点取り組み「地区防災計画」への進め
  ※北海道防災士会が示す、災害時対応の「心の備え」

hokaido190508-1

千葉県北部支部 4/14(日)北部支部会員・スキル向上実技訓練

平成31年4月14日(日)千葉県印旛郡栄町、竜角寺台コミュニティセンターで、北部支部会員対象の倒壊家屋からの救助・救出訓練を実施しました。
今回初めての企画として参加者を募集し実施しましたが、多数の応募があり、川崎防災士を統括講師として、人命救助の基本であるロープの取り扱い、救出時の安全管理のレクチャー後、2班に分かれて、指揮・隊員の活動訓練を行いました。戸惑いなが
らも一連の動作、救助資機材の取り扱いについて学べた有意義な勉強会になりました。

救出・救助訓練は初めてのことで、実際の行動は、危険予知まで学ぶことはできなかったが、積み重ねの訓練で実際の動きを熟知したい。今後も計画をしてほしいとの声、又 会員の負担にならないように、移動研修会を望みたいとの意見もありました。

日時:平成31年4月14日(日)
場所:栄町竜角寺台コミュニティセンター
参加:14名
講師:川崎防災士
内容:倒壊家屋からの救出・救助訓練

chibakita190414-1

chibakita190414-2

chibakita190414-3

chibakita190414-4

千葉県北部支部 公開防災講演会を開催します。(2019年6月1日)

千葉県北部支部10周年記念行事として、公開防災講演会を以下の通り開催いたします。
皆様の参加をお待ちしております。
防災減災に関心がある方は、どなたでもご参加ください。
・当日参加受付
・入場無料
・お断り:満席(400名)の場合は、入場をお断りする場合がございます。
 あらかじめご了承ください。

①日程:2019年6月1日(土)午後2時から4時まで
 (開場:午後1時30分)
②場所:千葉市文化センターアートホール
  (千葉市中央区中央2-5-1 千葉中央ツインビル2号館3F)
③講師:河田惠昭(かわた よしあき)氏
④演題:「国難に備える!」~巨大災害に立ち向かう民間防災の力~
⑤参加料:無料

講演会後16:30から、防災関係者交流会を開催します。
ご希望の方はご参加ください。
会場:三井ガーデンホテル
会費:5,000円

chibakita190601-1
ご案内状はコチラからご覧ください

横浜支部 防災士よこはま 第41号を発行

yokohama190428-1
防災士よこはまはコチラからご覧ください

<防災士よこはま概要>
・防災士会員のスキルアップ研修会開催
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 コミュニティー イベント 講演 訓練 教育 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 被災地支援 訓練指導 DIG 協定 支部総会 女性 避難所 支部会議 研修指導 自主防災組織 HUG セミナー 支部設立 受賞 女性防災士 連携 支部活動 地区防災計画 訓練HUG 実技指導 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR