FC2ブログ

千葉県北部支部 10/23(金) 当支部副支部長がNHK千葉FMラジオに出演

日本防災士会千葉県北部支部は、NHK千葉放送局と防災・減災に向けた取り組みを推進させるため、2020年8月13日付で、連携協力に関する協定を締結いたしました。
その活動の一環として、青山久子防災士(副支部長)がNHK千葉FMラジオに出演いたしました。
1年前の台風災害を話題に、事例を交えて新型コロナウイルス感染症の状況も考慮した避難の要点を話しました。

10月23日(金) 11時からのNHK千葉FM「花ラジちば」の中での出演でした。

なお、上記番組は、NHK千葉放送局のホームページの「花ラジちば」のバナーをクリックして頂き、「聴き逃し」で約1か月間聞くことが出来ます。
https://www.nhk.or.jp/chiba/hanaradi/
・ニュースアップちば「水害時に身を守るには」

日本防災士会千葉県北部支部は、千葉県の防災・減災を支援していきます。

chibakita021023-1

chibakita021023-2

chibakita021023-3.

chibakita021023-4

千葉県北部支部 10/25(日) 野田市岩名第五区自治会防災訓練(千葉県野田市)

令和2年10月25(日)野田市川間駅南第5公園に於いて、防災訓練が行われ、千葉県北部支部が支援致しました。
当支部石田防災士の地元自治会であり、コロナ渦の中での実施、団結力・協調性が随所に見受けられ素晴らし自治会で有り4回目の依頼です。
従来100名以上の多人数参加で有りますが、今回40名に厳選行いました

自治会依頼テーマ(家族・家を守る施策)に沿い行いました。
・台風タイムラインによる被害予防対策
・災害屋根ビニール掛け補修実演指導
・家を守る為の土嚢作り実演指導体験
・火災発生時の
消火器能力、初期消火の限界
・命の尊さに結びつく最低限の救命講習
(総括)
何時起こるかも知れない自然災害、自分の命家族、家屋敷を守る心得、自ら行動処置を、被災地実体験を通して実演指導を持って、強く訴えました。

日時:令和2年10月25(日) 9:00~11:30
場所:川間駅南第5公園
参加:40名
講師:石田 健防災士
講師:小椋養一防災士
内容:
・家家族を守る
・屋根ビニール掛け
・土嚢作り・救命講習
・消火器

chibakita021025-1

chibakita021025-2

chibakita021025-3

chibakita021025-4

奈良県支部 王寺町議会が防災研修を実施

 令和2年10月22日(木)、王寺町いずみスクエアをメイン会場として王寺町議会が防災研修を開催しました。この研修は、王寺町議会の全議員(12名)が参加して開催されたもので、奈良県防災士会からは植村副理事長が実技研修のアドバイスと「コロナ禍での避難所」と題した研修の講師として参加しました。
メイン会場となったいずみミスクエアでは、町議会議員の全議員(12名)が実際に段ボールベッドの組み立てやテントの設営を体験するという実技訓練と、「コロナ禍での避難所」と題した講演を聞き、町内で大規模災害が発生した際には避難者自身が避難所を運営することの必要性や、議員は「町民のお手本」となる行動が大事であることの学習を積みました。
 王寺町議会は、全議員に占める女性議員の比率が50%で、女性の議会進出比率が日本一です。今回、王寺町議会が行った避難所開設訓練は議会としては奈良県下では先進的な取組みです。県内市町村ではコロナ禍での避難所開設訓練が始まったばかりの現状を踏まえて、議会議員が自らの手で避難所を開設・運営するという研修が県下の市町村議会に広がることを願いつつ、私ども奈良県防災士会もより一層地域防災力向上に向けた取組を強めて行かなければならないと決意を新たにしました。  (報告者:植村防災士)

nara021022-1

nara021022-2

nara021022-3

nara021022-4

新潟県支部 10月25日佐渡市新穂地区防災講演会報告書

下記について、実施しましたので報告いたします。

日時:10月25日(日) 10:30~12:00
場所:佐渡市トキのむら元気館
演題:「災害事後の『共助』のあり方」
   避難のあり方の転換と共助(要支援者対応)
講師:日本防災士会 副理事長 別府 茂 氏(新潟県支部顧問)
参加者:82名(うち佐渡市内支部会員防災士11名)
【感想】
・要支援者対応など、災害弱者への共助あり方について学ぶことができた。
・今後、災害に備えた共助、要支援者へのアプローチなどを再考する良い機会でした。
・災害関連死の多さなど避難後でも対策をしなければならないことがわかった。
・数値やデータ・表などに基づく説明で理論的でわかりやすかった。
・これまで講演回数500回を超える別府副理事長の講演は「抜群の安定感」(成川)

niigata021025-1

長崎県支部 防犯防災総合展202020(大阪市で開催)

パネルディスカッション(13:00 ~ 15:00)
旭支部長 10月29日(木) パネリスト
(詳細につきましてはチラシをご参照ください)

nagasaki021029-1
チラシ(pdf)はコチラからご覧ください

長崎県支部 研修会報告

開催日  10月24日(土)
会 場  諫早中央公民 講堂
研 修  災害図上演習(DIG)

 コロナ禍で久しぶりの支部研修会開催。「令和2年7月豪雨」で長崎県でも被害発生。「令和2年7月豪雨」で被害を受けた大村市、長崎県で最も多くの犠牲者を出した豪雨災害昭和32年7月も「諫早大水害」(死者・行方不明者630名)。
 今回は、諫早市・大村市の地図を用いて実施。ハザードマップで再確認しながら浸水エリア、避難所、避難経路・要援護者の支援等を各グループで議論。グループ発表では、気象防災情報での早めの避難が大事と結論に至りました。併せて、浸水域を回避できる避難路の新設の提案もありました。
 今後各自が在住する街で「防災・減災」の旗振り役として、中心的な役割で「地域防災」に繋げてもらうよう、講師の旭支部長が要望しました。

nagasaki021024-1
DIG研修

nagasaki021024-2
グループ発表

nagasaki021024-3

nagasaki021024-4

nagasaki021024-5

奈良県支部 「先手防災!どう動く」 聴覚障がいと支援者 講演

 去る10月25日(日)、奈良県社会福祉総合センターにおいて、聴覚障がい者と支援者が参加してタイムライン研修が行われました。この研修は、支援センターからの依頼を受けて開催されたもので、講師として植村が参加しました。午前中は台風接近に備えてと題して約60名、午後は、南海トラフ地震が起こったと想定して約45名が参加して開催されたもので、聴覚障がい者自身がどう動けば良いのか、また、支援者はどう動けば良いのかを時系列で考えるタイムライン研修として行いました。研修は、タイムライン研修と振り返り研修と言う形で進めましたが、聴覚障がい者からすると、「どのように情報を掴むのか?」が大きな課題となりました。特に、地震の際の緊急地震速報時のシェイク・アウト訓練では、支援者は素早く身を伏せる行動ができましたが、障がい者には伝わらないことが浮き彫りになりました。また、障がい者をどう支援するのかは事前に相互の約束事をしておくことが大きいことも判明しました。なお、振り返り研修時の感想や意見交換は全て手話を使って行われましたが、講師として参加した私はなにが話されているのか一切わからず状態でした。これは聴覚障がい者の方が日常生活で実体験されていることの裏返しだと感じました。あらためて防災士としての視点の持ち方を考えさせられる一日でもありました。
                     報告者:植村信吉防災士

秋田県支部 NHK秋田放送局と日本防災士会秋田県支部との連携協力協定書締結について

災害時の情報共有や地域の防災力の向上を図るため、NHK秋田放送局と日本防災士会秋田県支部は連携することで合意し協定を結んだ。
10月18日(日)秋田市で締結式が行われ、NHK秋田放送局の吉野真史局長と日本防災士会秋田県支部長の渡辺勝治支部長が協定書に調印した。
今回の協定は、地域の防災力向上に向けて日頃から連携することや、災害時の被害状況などをより詳しく伝えるために締結され、地域住民の的確な防災行動につなげるため、所属防災士が台風の接近や大雨が予想される場合などの危険への備えや、災害発生時の地域の状況、さらに、被災後の各地域の被害状況や必要な支援などについてNHKに情報提供することが盛り込まれている。
渡辺勝治支部長は締結後のインタビューで、「これを契機に、それぞれの町内会や各種団体などから避難訓練や研修会とかが求められますので、色々な情報提供ができるように頑張ってまいりたい。」と抱負を述べた。
締結後、参加防災士に対しNHK秋田放送局より情報の投稿について実践を交えた講習会が開催された。
なお、締結式の様子は10月19日(月)NHK秋田放送局の「NEWSこまち」で放送された。

akita021018-1

akita021018-2

akita021018-3

akita021018-4

山形県支部 NHKとの協定の締結について報告

 NHKとの協定につきまして、昨日(2020年10月21日)無事に締結に至りました。今後、名簿の提供と講習会の開催を行う予定です。

yamagata021021-1

神奈川県支部 支部設立総会を開催

(以下支部文書より抜粋)
 日本防災士会「支部規程」に基づき、各都道府県一支部、その期間が令和3年3月末日との規程から、神奈川県3支部は「統合支部設立準備委員会」を立ち上げ、各支部からの委員をもって設立準備に入りました。しかし、考えもしなかった新型コロナウイルス感染防止対策について、2020年5月に国は「緊急事態宣言」を発令し、不要不急の外出の自粛が求められ、また、3蜜により感染防止のため会議、各種イベント・講演会・移動の中止と云う事態により、我々も会議を中断せざるを得ない状況でしたが、3蜜にならない体制をとり、少人数の委員で感染を避けながらも続けてまいりました。
 本格的な会議は「緊急事態宣言」が解除されたのちごろからです。期限の迫る中で設立準備委員の皆様は、何としても今年中には神奈川県3支部を統合し神奈川県支部を設立するとの意気込みで、本日2020年10月10日を迎えることができました。
 これからが、神奈川県支部としての防災活動の真価が問われることになります。如何にして神奈川県民の防災・減災に寄与することができるかが大きな課題であります。それには地域の行政とのつながり、地域住民との顔の見える絆を構築することが、何より大切だと考えます。

日時 2020年10月10日(土)10:30~12:00
場所 フォーラム南町田 3階大会議室

kanagawa021010-1

長野県支部 NHK長野放送局との連携協定の締結

2020年10月吉日、日本防災士会長野県支部とNHK長野放送局との連携協定を締結しました。
締結式の様子は、NHKニュースで放送されました。「イブニング信州」(18:10~19:00)
NHK長野のホームページで過去分として一定期間のみ再視聴が出来るそうです。
www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/20201015/1010015539.html

今後は相互に連携を取りながら防災・減災に向けての取り組みを行います。
具体的には
・県内各地の防災士の活動を取り上げて頂くこと
・番組の中で防災士として培ってきた知識・経験をお話しすること

防災士が広く県民の皆さんへお伝えしていくことになります。
「逃げ遅れゼロ」を目指して力を合わせていきましょう。

詳細は
日本防災士会長野県支部ホームページ
https://www.popotto.jp/bosai_nagano/

nagano201017-1

徳島県支部 支部会報 第17号を発行

tokushima021010-1
支部会報(pdf)はコチラからご覧ください

<徳島県支部会報第17号概要>
 ・NHK徳島放送局と連携協定を締結
 ・四国支部連絡協議会に参加して
 ・研修会のご案内
 ・研修会情報
 ・役員会の動き
 ・その他

北信越地区支部連絡協議会 研修会in糸魚川

 今年度の北信越地区連絡協議会の研修会は、各県支部会員の皆様にもご参加いただきたかったのですが、新型コロナウィルス感染拡大による「新しい生活様式」に則り、「ソーシャルディスタンス」に配慮した研修会にするために各県支部の役員と事務局に限定して執り行いました。

題名:2016年糸魚川市駅北大火と復興の状況
日時:10月11日(日)
【ZOOM公開日程】
10:30~11:50 ①研修会
13:00~14:00 ②まちあるき
14:00~14:30 ③ふりかえり

 「北信越支部連絡協議会研修会in糸魚川」が朝のNHKニュース(新潟支局)に2分間とりあげられました。
台風や雨が心配されましたが、無事 盛況のうちに研修会を終えることができましたを報告いたします。
後程、実施状況の様子は、レポート・ホームページ・Facebookにて公開いたします。
まずは、速報にてお知らせいたします。

※下記からニュースを期間限定で見ることができます。(NHKオンライン)
https://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20201012/1030013948.html

奈良県支部 体験型「避難所開設・運営訓練(コロナウイルス対策)

 令和2年10月9日(土)奈良県総合福祉センターにおいて、奈良県教育委員会保健体育課主催の「体験型避難所開設・運営訓練(コロナウイルス対策)」が行われました。対象は、奈良県下の学校の先生で、45人の参加でした。奈良県防災士会からは、5名が参加しコロナウイルス対応の避難所開設・運営訓練を行いました。地元自治体や地域での、避難所開設訓練には参加経験のない方ばかりでしたが、さすがに呑み込みが早く、十分な訓練成果が得られたと思います。(報告者:板垣防災士)

nara021009-1

nara021009-2

nara021009-3

nara021009-4

nara021009-5

熊本県支部 ろう者福祉協会と支援連携協定書の締決

 熊本県支部役員の協力のお陰で、ろう者福祉協会と支援連携協定書の締決致しましたので、ご報告申し上げげます。

kumamoto021007
資料(pdf)はコチラからご覧ください

<支援連携協定書時の挨拶>

 =こんにちは、一礼 「手話を使って自己紹介する」
 本日は、皆さんに置かれましては、大変忙しい中に熊本県ろう者福祉協会とNPO法人日本防災士会・熊本県支部との支援連携協定書の締結式に、ご出席頂き誠に有難うございます。
現在日本は、世界有数の地震国であり、いつ・どこで大地震が発生しても不思議では無いと言われています。
私達防災士会とろう者福祉協会・松永常務理事との出会いは、今から4年4ヶ月前に突然発生しました「熊本地震」で御座います。
当時益城町役場・庁舎前で、地震が発生している最中 松永常務理事が福本防災士と偶然に出会われた時が 私は始めての出会いでした。福本防災士とは、「随分前からの知り合いのよでうあり」、その時「貴女に話がある。」
「ろう者を捜して欲しい」と言って懇願されていました。又、昨年防災士会・総会の報告会で「自然災害時の聴覚障害者等への対応策」についての講話を拝聴しまして、防災士として感銘を受けた」ことを、今でも強く思い出します。又令和の年号を手話(右手で前に出し開く)更にコロナウイルス(左手でシー型を作り、右手を広げる)のアイデアを全国の手話界の幹部の人々と松永常務理事は、発表されております。
今回は、「防災士会」と「ろう者福祉協会」と結束しまして強固に連携し、自然災害の大小に関わらずろう者福祉協会の皆さんと協力し合って、ボランティア活動を通じて社会貢献を行い、幅広い防災啓発活動を通して、地域住民を守り、安全・安心の実現に努めたいと思ます。
熊本県防災士会もこれまで2回、「球磨川流域」の球磨郡球磨村渡地区の「桜ドーム」と人吉市民に対しまして人的・物的支援のボランティア活動を行っています。
このような地域社会の被災地支援・復興支援活動を推進しまして、自分の命を守る、大切な人を守る 安全なまちをつくることに専念致します。
そして、自然災害が突然発生した場合には、ろう者福祉協会の皆さんと力を合わせまて、支援連携協定書の記載の通り”絆”を深めたいと決意しています。
 ご清聴有難う御座いました。

富山県支部 会報28号を発行

toyama021001-1
会報(pdf)はコチラからご覧ください

<会報概要>
・感染症と避難問題について
・富山市受託事業「避難所運営説明会」を実施
・オンラインスキルアップ研修会を開催
・あんどうりすさんWeb講演会と女性防災士でのグループワークを開催
・Topics 他

千葉県北部支部 9/27(日) 野田市東新田自主防災会防災訓練(千葉県野田市)

令和2年9/27(日)9:30~11:45
野田市東新田自治会館前庭において、5回目の依頼防災訓練が行われ千葉県防災士会北部支部が、支援致しました。

コロナ渦の中多人数参加型の防災訓練に当たり、事前3回の詳細打ち合わせにより、3密も避けて、安全に無事終了された事が良かったと思います。
それも役員の皆さんのご協力有っての事ありがとうございました。

清田防災会長(防災知識の豊富さ、凄い知識人であり、綿密な地域密着型)の意向テーマに沿い、その上3グループに分けて行いました。

Aグループ
救命講習 岡田防災士
時間の許す限りの全員参加型の実施体験、慌てず騒がずの出来る範囲の重点ポイントの再確認実技指導行いました。

Bグループ 石田防災士
消火器取扱い、性能、能力、説明、市民の出来る初期消化活動の限界をお話し致しました。

Cグループ 小椋防災士
直下型地震が発生した時、想定し"自分の命をどう守る?”  "家族の命をどう守る?" "在宅避難(自宅で避難生活トイレ共)をするためには、どうする?" 今後の、台風接近タイムラインにて、家屋敷養生、備え準備、実演講習、自然災害いつ起こるかも知れない、知識と準備訴えました。

総括 
災害現場の実情を本音と建て前に実例紹介し
・在宅避難の勧め・命の尊さ指示依頼テーマ命をどう守るに、集約して総括と致しました。

日時:令和2年9/27(日) 9:30~11:45
場所:東新田自治会館庭
参加:自治会会員約80名  
講師:石田健 防災士
講師:岡田和也防災士
講師:小椋養一防災士
内容
・救命講習
・消火器講習
・自分の命をどう守る

chibakita020927-1

chibakita020927-2

chibakita020927-3

千葉県北部支部 9/26(土) NACS千葉分科会防災講演(千葉県千葉市)

令和2年9月26日(土)
千葉市文化センターで、NACS(日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会)千葉分科会主催の研究会で、防災講演を行いました。
公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)は、「消費者利益と企業活動の調和を図り、社会に貢献する」ことを目的に、全国7支部の会員約2,500名が消費者関連分野で活動している団体です。今回ご依頼頂いた「千葉分科会」は、その中の千葉県の資格者の集まりです。

講演は、防災の基本である「災害から命を守る防災対策」として「避難と感染症拡大防止」をテーマに行いました。当日は会場に15名の方、オンラインで数名の方が参加しました。
消費生活に関する専門家の皆様ですので、一方的に話をするのではなく全員で考えていくような構成にしたところ、専門家の方々らしく防災に関する知識は豊富なうえ、発言も簡潔明瞭で講演はスムーズに進みました。そのためか予定していた時間より早く講演が終わり、質問に長く時間を取ることが出来ました。

講演終了後の質問も活発で、皆様何事にも非常に熱心に取り組んでいることを強く感じました。
今回の講演が、千葉分科会皆様の今後の消費者関連分野で活動の一助になれば良いと思いました。

講演を企画していただいた、千葉分科会の皆様に感謝いたします。

日時:令和2年9月26日(土) 14時~16時30分
場所:千葉市文化センター会議室
参加:NACS千葉分科会約20名
講師:竹内哲志防災士
内容:防災講演

chibakita020926-1

chibakita020926-2

chibakita020926-3

奈良県支部 奈良県女性センター「これからを生きるヒント講座」

2020年9月30日(水)に奈良県女性センターで「これからを生きるヒント講座」が開催されました。本講座は男女共同参画の推進を目的としたもので、全3回のうちの第1回を奈良県防災士会が担当しました。植村防災士による「コロナ禍における避難を考える!」と題した講演を皮切りに、石川防災士による防災紙芝居「マナちゃんリナちゃん ひなんしょたいけんにっき」、小山防災士による講演「男女共同参画の視点で考える避難所運営とは」を行いました。18名の受講者からは「災害時に要配慮者が適切な支援を受けられるための仕組み作りにどう取り組んでいけばよいのか」といった質問や、「避難所で居住区ごとにまとまって寝泊まりすることの問題点」などが指摘され、本テーマへの関心の高さを再認識する機会となりました。
<報告者:小山防災士>

nara020930-1

nara020930-2

nara020930-3

20930-4

奈良県支部 平群町連続講座第五回

 10月3日(土)に平群町総合文化センターで、平群町公民館教室「くらしに活かす防災講座」第五回が行われました。テーマは「災害時の食と役立つ小技を学ぼう」で、奈良県防災士会からは8名の防災士が参加しました。4名の防災士がリレー方式で講師を務め、「災害時の食について〜何をどう備えればいいの?」(小山防災士)、「みんなで作ろう!防災かまとベンチ」(堀田防災士)、「講座のまとめと今後の課題を、みんなで共有しましょう」(山﨑防災士)、「総括」(植村防災士)と盛りだくさんの内容でした。受講後のアンケートで「講師の皆さん、わかり易いお話と詳しい資料(パワーポイント)で今まで気づかなかったこともよく分かりました。」や「初めての参加で参考になって、地域に持ち帰って前向きに取り組んでいきたいと思います。」などのコメントが寄せられました。「来年度もぜひ開講を!」との声も多数いただき、全五回を無事に終えられたことに感謝申し上げます。  <報告者:小山防災士>

nara021003-1

nara021003-2

nara021003-3

nara021003-4

nara021003-5
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 講演 訓練 コミュニティー イベント 教育 勉強会 指導 HUG 現地活動 被災地支援 協定 総会 訓練指導 女性 DIG 連携 支部総会 研修指導 避難所 HUG 女性防災士 支部会議 セミナー 受賞 訓練HUG 地区防災計画 自主防災組織 支部設立 支部活動 法人化 実技指導 避難 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR