兵庫県支部 ラジオ体操&楽しく学ぶ防災教室

hyougo251227-2
事業部   
 兵庫県東播磨県民局の委託事業「ジュニア・地域防災スクール」の出前講座として、加古川市粟津町内会にて「ラジオ体操&楽しく学ぶ防災教室」を実施。「子どもたちも参加できる防災訓練をしたい」との相談を受け昨年度から始めた企画で、子どもや地域住民など約100名が集まる「夏休みラジオ体操」にプラスして、防災講話や炊き出し訓練を行った。
  【日 時】平成29年7月29日(土)  6時30分~8時00分
  【場 所】加古川市 粟津神社
  【参加者】加古川町粟津の住民、その他近隣住民 約100名
  【指導者】防災士 1名   

  最近、朝食を食べない子どもたちが増えていることから、ラジオ体操後に非常食の試食をし、食の大切さと避難所での生活についての話をしました。「訓練に子どもが参加しないのではなく、子どもたちが集まる場所で訓練をしましょう」とアドバイスしたことにより、訓練の参加人数も増え、町内会では一度も行ったことがなかった炊き出し訓練も実施することが出来るようになりました。今年度は、近隣住民も参加され、他の地域への展開も期待できそうだと役員の皆様から嬉しいお言葉もいただきました。

加古川粟津自主防災HP  
http://www.geocities.jp/awazu675/bosaikurabu29d.htm
 
(文責 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会


hyougo290729-1

hyougo290729-2
スポンサーサイト

千葉県北部支部 千葉県千葉市 幕張メッセ「そら博2017」

平成29年8月5日,6日(土日)、2日間にわたり千葉県千葉市の泊マリメッセにて天気の祭典「そら博2017」が行われ、千葉県防災士技術支援チーム、千葉県北部支部、BCNが共同して参加しました。
毎年行われる「そら博」は株式会社ウェザーニューズが主催する天気の祭典ですが、お天気教室、テレビでよくみる有名気象予報士のゲスト出演、そらを感じるアトラクションなどが行われ、私ども防災士会は「防災・減災ブース」にて救命講習、救出救護、応急手当、ロープワーク、防災備蓄品の展示、家具固定の展示、地震体験を行いました。ひっきりなしに来る来場者に対応するためスタッフは大忙しで、2日間で延べ50名で対応しました。地震体験は起震車を用いて、2日間で1,180名の方が参加され、お昼の休み時間を除いてフル活動でした。
今年で3回目となるそら博ですが、われわれスタッフとしても実技指導の集大成といった様相で、指導することの勉強にもなる大変貴重な活動になりました。

日時:平成29年8月5日,6日(土日) 10:00-16:30
場所:千葉県千葉市 幕張メッセ8ホール
主催:株式会社ウェザーニューズ
参加:約5,600名
スタッフ:50名(延べ)
内容:実技全般および地震体験

chibakita290805-1 chibakita290805-2

chibakita290805-3 chibakita290805-4

chibakita290805-5 chibakita290805-6

奈良県支部 お天気フェア開催

 平成29年8月5日(土)奈良市防災センターにおいて、奈良地方気象台、奈良県、奈良市防災センター、日本気象予報士会関西支部、奈良県防災士会 共催による「夏休みお天気フェア」が行われ、親子211人が来場、天気と防災について学びました。
 奈良県防災士会からは16名の会員が参加し、防災士会ブースに新聞スリッパとゴミ箱、ゴミ袋のポンチョとキッチンペーパーのマスク作りの体験コーナーを設置。特設コーナーでは防災紙芝居とサイ君人形を使った簡易担架の練習を行いました。
 大好評の防災紙芝居は「マナちゃんリナちゃんの防災日誌」と題した、奈良県防災士会のオリジナルで、シェイクアウトをこどもたちがわかりやすく学べる良い機会になったと思います。

nara290805-1 nara290805-2

nara290805-3 nara290805-4

nara290805-5 nara290805-6

長崎県支部 長崎地方気象台「お天気フェア」共催

昨年より、長崎地方気象台の「お天気フェア」に共催でお世話になります。今回も、気象予報士会また、今年は日赤長崎県支部との共催です。長崎県支部は、防災用品展示・ロープワーク・防災クイズを実施します。

平素より、長崎地方気象台と関係を密にし、今年度も数回共催でのイベントも開催予定です。来年2月開催の「防災士のための気象講座」は、5年目となります。

nagasaki290725-1
案内チラシはコチラからご覧ください

千葉県北部支部 千葉県長生郡睦沢町「テントに泊まろう」支援

平成29年5月27日,28日(土日)、千葉県長生郡睦沢町において小学4年生(21人)を対象とした「睦沢町テントに泊まろう」イベントが行われ、千葉県北部支部及びBCNが共同でサバイバル体験や防災体験学習をお手伝いしました。

5月27日(土)
子ども達は朝9時に集合し、開講式、買い出し、昼食を経てタッチバレーを体験しました。15時からはテントの準備で、青少年相談員や防災士の大人達と一緒に大きなテントを張りました。テントが出来上がると早速中に入って大喜びです。
テントは大人分を含めて5張。約1時間をかけて完成しました。
16時から飯ごう炊飯、カレー作りですが、ここでは防災士が火の起こし方を披露し、虫眼鏡、ルーペ、舞切り式火おこし器、集光器などを使った体験を行いました。飯ごうは7つで、子どもたちは飯ごうに米、水を入れ、かまどにセットしました。炊けてくる間にポテトチップを着火剤代わりに使ったり、くつくつと炊けてくる様子を木の棒で飯ごうに触れたり、様々な体験をしました。飯ごうもカレーも上手に仕上がり、大変おいしくいただきました。

5月28日(日)
朝6時起床予定でしたが、5時頃から子ども達は起きだし、芝生を駆け回っていました。6:45から朝食の用意です。ご飯はハイゼックスを使い防災士の指導のもと一人ずつ名前を書いてお湯で炊き上げました。
9時からはいよいよ防災体験です。男子班と女子班に分かれ、ローテーションで行いましたが、1グループ目は地震体験で東北地方太平洋沖地震の最大震度7を体験し、次にロープワークを行いました。基本的な結び方に加え、ロープの使い方として5m程度離れた台車に乗った人をロープを使って救助するという疑似救助体験を行いました。もやい結びを投げ、台車に乗った人を引き上げて救助する方法は昨年も行いましたが、楽しく学べる訓練だと思います。
2グループ目は昨日できなかった火の起こし方で、スチールたわしと電池を使った着火法を体験し、次に火災旋風実験の見学です。大きな火柱に驚きながらその仕組みを勉強しました。レジ袋を使った消火法では、数m離れたところに炎に見立てたカラーコーンを置き、そこに水の入ったレジ袋を投げ入れて消火する方法です。うまくいったりいかなかったり、子ども達ははしゃぎながらも自分たちでできることを学びました。そしてファイヤースターターを使った着火を体験し、残りの時間を使って、身近な物でできる遊びを体験しました。ペットボトルとビニールテープでできるフライングボトルは大人気。牛乳パックで作ったブーメラン、ビニールひもを使った人間知恵の輪など、普段やったことのない遊びで大盛り上がりです。しかし、これは単なる遊びではなく、避難所などで遊び道具がなくても身近な物を使って楽しく遊べること、そして小さい子にも教えてあげること、などが目的という説明をしました。
防災士は泊まり込みで対応しましたが、子ども達のパワーはものすごく、安全面での対応や準備に追われ、あっという間の出来事でした。

日時:平成29年5月27日,28日(土日) 9:00-翌12:00
場所:千葉県長生郡睦沢町 総合公園
主催:睦沢町教育委員会
内容:飯ごう炊飯、ハイゼックス、起震車、火起こし、消火、身近な遊びなど
参加:睦沢町小学4年生21名
スタッフ:8名

chibakita290527-1b chibakita290527-2b

chibakita290527-3b chibakita290527-4b

chibakita290527-5b chibakita290527-6b

chibakita290527-7b chibakita290527-8b

高知県支部 防災イベントで活動

kouchi290520-1

<活動報告概要>
高知県相生町の医療法人 野並会”高知病院・介護老人保健施設あいおい”で「あいおい祭り・防災」が開催されました。

活動報告はコチラからご覧ください。

滋賀県支部 支部設立10周年記念事業について

日時 平成29年2月19日(日)14:00~17:00
場所 滋賀県危機管理センター 1階大会議室
参加者 160名

詳細は資料を参照ください。
shiga290219-1
10周年記念事業報告はコチラからごらんください

shiga290219-2
10周年記念誌はコチラからごらんください

千葉県北部支部 千葉県船橋市 船橋アリーナ「こどもの日フェスタ」起震車

平成29年5月5日(金祝)、船橋市船橋アリーナで「こどもの日フェスタ」が行われ、千葉県北部支部とBCNが合同で地震体験を担当しました。こどもの日フェスタに参加させていただくのは3年目で、体験者数は2015年は439名、2016年は545名、今回2017年は637名と年々増え続けています。特に今回は1日の体験者数としては歴代2位の多さで、ほぼ途切れることなく行列となり、最長で30分待ちと状態になりました。天候もよく、待っていただくスペースが木陰ということもあり、暑さしのぎにもなることから負担が少なかったのは幸いでした。こどもの日のイベントなので、文字通り子どもが多く、地震体験は人気イベントです。しかし、アトラクションと化してしまうことが多く、ある程度仕方ないことですが、家の耐震化や家具転倒防止にどのように結びつけるのか、起震車運用3年目を迎えてもなお課題です。

日時:平成29年5月5日(金祝) 10:00-16:00
場所:船橋市船橋アリーナ
内容:地震体験車
参加:体験者数637名
スタッフ:10名

chibakita290505-1

chibakita290505-2

chibakita290505-3

兵庫県支部 「親子で学ぼう!防災・減災のこと」開催

hyougo251227-2
事業部    

 西脇市男女共同参画センターから「防災の観点から弱者といわれる、女性や子どもに防災や減災への意識を持ってもらい、いざというときに自ら行動するための準備となるようなセミナーを開催したい。」との相談を受けて、小さな子どもと保護者がたくさん話をしながら体験できるようにと、親子での共同作業を取り入れたワークショップを実施。
ちいさな子どもを連れての避難や避難所生活の大変さを知っていただき、指定避難所や福祉避難所に頼らない「わが子が安心できる家庭避難所づくり」を学んでいただきました。
    
   【日 時】平成29年3月20日(月祝) 13:00~15:00
   【場 所】西脇市茜が丘複合施設「Miraie(みらいえ)」
   【参加者】西脇市の親子10組(参加こども年齢0歳~10歳)
   【防災士】2名

※西脇市男女共同参画センターの報告ページ
http://www.city.nishiwaki.lg.jp/miraie/danjyokyodosankaku/danjyo_ivent/danjyo_ivent_28/1485827197321.html
(文責 横山恭子)

特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo290320-1
チラシはコチラからご覧ください

兵庫県支部 みんなの福祉フェスタにて防災啓発

hyougo251227-2
事業部    

 「障がいのある人もない人も誰もが暮らしやすいまちに」をテーマに「みんなの福祉フェスタ2017」が開催され、兵庫県防災士会は「楽しく学ぶ防災ワークショップ」コーナーを担当。障害者やそのご家族、そして一般の方にも「自分に出来ること」を考えていただき、日ごろからの備えの大切さや地域での仲間作りの重要性を説明するとともに、小さな子どもから重度障害の方まで幅広く楽しく防災体験していただけました。

  【日 時】平成29年3月12日(日) 10時00分~15時30分
  【場 所】アスティアかさい 3F
  【防災士】2名
  【内 容】パネル展示、非常持ち出し品・備蓄品展示説明、情報カード作成、
      防災クイズなど
(文責 横山恭子)

特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo290312-1

hyougo290312-2

hyougo290312-3

hyougo290312-4

hyougo290312-5
チラシはコチラからご覧ください
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 教育 講演 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 協定 支部総会 総会 DIG 訓練指導 自主防災組織 女性 支部設立 研修指導 支部活動 女性防災士 被災地支援 法人化 HUG 受賞 セミナー 実技指導 支部会議 訓練HUG 連携 避難所 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR