千葉県北部支部 スキルアップ研修

平成29年5月14日(日)、船橋市中央公民館において千葉県北部支部とBCNによるスキルアップ研修が行われ、11名が参加しました。今回のスキルアップは来る5月27,28(土日)に行われる睦沢町「テントに泊まろう」で行う体験学習の予行内容で、対象が小学4年生ということもあり、これまでの防災学習とは少し異なり、楽しくためになるサバイバル体験内容です。
火の起こし方では、虫眼鏡、ルーペ、マッチ、集光器、ファイヤースターター、スチールたわしと電池、ガム銀紙と電池、まい切り式火起こし器などを使った火種づくりの演習、また、着火剤の代わりになるポテトチップの紹介、カラーコーンとアルミホイルによる温め方法などが紹介されました。
夕食予定の飯ごう炊飯では、得意とするメンバーからおいしい飯ごう炊飯の方法について紹介があり、夕食後に予定している身近な物による遊びでは、紙で作る簡易ブーメランやペットボトルで作るフライングボトルが紹介され実演がありました。
朝食予定となるハイゼックス(災害救助用炊飯袋)の炊飯方法も紹介され、小学4年生の場合、どの程度の米の量なのか意見が出されました。
防災士の一番の出番である防災体験学習では起震車とロープワーク、火災旋風実験、レジ袋の活用法、レジ袋消火、ファイヤースターターによる着火が予定されていますが、それぞれについて説明があり、特にロープワークでは結び方そのものより、5,6m先の台車に乗った人を助けるために「もやい結び」を結びそれを脱いで投げ縄にして救助するといった実践に近い訓練の予行がありました。
昨年に続き、睦沢町「テントに泊まろう」は2回目になりますが、楽しみながら体験できる工夫を凝らした内容は、防災のスキルアップとしても大変勉強になりました。

日時:平成29年5月14日(日) 13:00-15:00
場所:船橋市中央公民館
内容:スキルアップ研修
参加:11名

chibakita290514-1

chibakita290514-2
スポンサーサイト

長崎県支部 「第4回防災士のための気象講座」3月4日(土)開催

 眼下に長崎市松が枝町「国際観光埠頭」の大型客船、後方には明治日本産業遺産「旧グラバー住宅」また、洋館が立ち並ぶ風光明媚な南山手の長崎地方台で開催。
 今回のテーマは昨年の東北・北海道での大雨被害、気象台から提供される気象情報の入手の重要性。対岸の火事ではなく、私どもが毎年経験する梅雨前線による大雨「九州北部の梅雨前線の特徴・かんたん解説」と題し、田中満防災気象官より講演頂いた。過去災害をもたらした天気図を基に、なぜ災害に繋がったか、そのような時どう対応すべきかと懇切丁寧に解説いただいた。併せて、気象庁が発表する気象情報(大雨の場合)、特別警報・大雨時の防災気象情報の流れ、長崎市の大雨洪水警報・注意報基準も併せて説明頂いた。
 質疑応答では、防災士の皆さんから多くの質問に田中気象防災官から回答していただいた。この講座は、皆さんの関心の高い内容だった。

気象庁作製「津波ワークショップ」
津波から命を守るために、海の近くでゆれたらすぐに避難。津波の特徴を知り、いかに素早く安全な場所に避難するかのゲーム形式である。各グループに地図・サイコロが渡され、ファシリテーターの田中防災気象官からの指示で2個のサイコロを振り、その面の合計数で様々なトラブルに対応する判断力を求められる。東日本大震災の際も、命を守るため津波から回避するため、いかに素早く高い所(垂直非難)への避難の重要性を語り継がなければなりません。今年気象庁作製の「津波ワークショップ」非常に有意義な研修でした。
 研修後、気象台業務、天気予報作成及び観測機器等の見学会も実施。
 今回の「第4回防災士のための気象講座」開催に際しては、お世話になりました所防災管理官・田中気象防災官・気象台の皆さんに感謝と御礼申し上げます。今後とも長崎県支部恒例事業として継続実施したいと存じます。

交流会実施
今回研修会終了後、研修会に参加いただいた気象予報士会(気象予報士5名)・気象台・防災士合同の歓談の場を設けていただき、情報交換の貴重な機会にもつながった。

長崎地方気象台等関係機関と共催
「防災フェスタin島原半島」また、長崎地方気象台で開催「気象フェスタ」で熊本地震被災状況パネル展示。
 今後とも関係を密にして、ご指導・ご支援を仰いでいきたいと存じます。
(報告 長崎県支部事務局 川浪 良次)

nagasaki290304-3 nagasaki290304-4 nagasaki290304-5
気象台からの長崎港 (1)  気象台からの長崎港 (2)  気象台からの長崎港 (3)

nagasaki290304-6 nagasaki290304-7 nagasaki290304-8
   研修会場 (1)     研修会場 (2)     謝辞 旭支部長

nagasaki290304-9 nagasaki290304-10 nagasaki290304-11
第4回防災士のための気象講座  所防災管理官開会挨拶
         第4回防災士のための気象講座 (20)  津波防災ワークショップ (1)

nagasaki290304-12 nagasaki290304-13 nagasaki290304-14
津波防災ワークショップ(2) 津波防災ワークショップ(3)  津波防災ワークショップ(4)

nagasaki290304-15 nagasaki290304-16 nagasaki290304-17
津波防災ワークショップの様子  田中防災気象官講義 (1)  田中防災気象官講義 (2)

nagasaki290304-1
報道発表資料はコチラからご覧ください

nagasaki290304-2
チラシは以下からご覧ください

愛知県支部 平成28年度 名古屋地方気象台講座 第3回目

    「地震と津波について」
  日 時: 平成29年1月19日(木)13時から15時
  場 所: 愛知県支部 東特会館 4階 会議室
  参加者: 会員16名
  講 師: 名古屋地方気象台 東海地震防災官 名倉 賢哉氏

 今年度最後の名古屋地方気象台講座になってしまいました。
 地震発生の仕組みとタイプなど基礎について丁寧に復習してから、断層のいろいろな種類と愛知県内の主な活断層帯の長期評価の結果について、ランク別に細かく説明していただき、かなり細かく理解ができました。
 津波についても発生の仕組みや速さと高さなど、知識を確かめながら、遡上や伝わり方などを再認識し、予測する仕組みなども丁寧に教えてくださいました。また、大津波警報・津波警報・津波注意報についても、分かりやすく表記して説明いただきましたので納得できました。
 気象関係については、事象や情報など難しいと思い込み、解りにくいと思ってしまいがちですが、このように名古屋地方気象台の専門官の方々から直接教えを受けて、理解することができる幸せを身にしみて感じています。

今年度も第1回目「気象と災害」  11月29日 気 象 情 報 官 小林幸博氏
     第2回目「防災気象情報の活用」 12月14日 気 象 情 報 官 小林幸博氏
     第3回目「地震と津波について」  1月19日 東海地震防災官 名倉賢哉氏
と、3回にわたってお教えていただくことができました。
 ご協力くださいました名古屋地方気象台様には心より感謝を申し上げます。
 今回ご指導いただきましたことを何度も復習して、防災活動の中で自信をもって話せるように努力し、私たち自身も気象庁のホームページに積極的に慣れ親しんで、情報を得るように努めていくことも必要だと思いました。ありがとうございました。

aichi290119-1

北海道支部 学校防災活動(学習会)

 hokaido280924-9.jpg  北海道防災士会 活動報告 ≪学校防災活動≫会員聴講(学習会)

 開催日時 平成29年1月17日(火)13:00 ~15:00
 開催会場 北海道庁別館 会議室 (札幌市中央区)
 主催者   北海道教育委員会
 開催内容 活動内容 防災関連事業「リレートーク」(防災キャンプ内容)
        ※北海道防災士会体験指導内容(ダンボールベット作成)
 参加者   道)教育・防災関係者 60名 ※(北海道防災士会13名参加)

hokaido290117-1 hokaido290117-2

hokaido290117-3 hokaido290117-4

北海道防災士会が昨年の8/3 道南市町村の学校防災の体験指導時の報告があった。
※防災キャンプ体験活動「避難所ダンボールベットの作成と体験」について。
北海道教育庁から、学校防災を担う「北海道防災アドバイザー」北海道防災士会の活動報告。

北海道支部 28年 第2回スキルアップ研修会

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告           
 
開催日時 平成28年11月19日(土) 13:30~16:00
開催場所 札幌市中央区北4条西3丁目 北海道建設会館
開催内容 ①28災害「北海道を襲った連続台風による災害」他
        講師 北海道総務部危機対策局危機対策課(防災教育担当)
        主査 國田博之 氏 (防災士)
     ②2016年北海道シェイクアウト(情報収集について)
        北海道防災士会(専門員) 代表 横内春三
          ※北海道防災教育アドバイザー

hokaido281119-1

hokaido281119-2
 ※熊本地震及び北海道台風災害、南富良野町 被災写真掲示

hokaido281119-3

hokaido281119-4
 北海道危機対策局から、防災士に期待すること。

hokaido281119-5
※災害想定による災害規模の判断・被害想定・情報伝達方法について。

hokaido281119-6
 ※災害想定・種別による避難場所等の選択について。

千葉県北部支部 千葉災害ボランティア連絡会DIG勉強会(千葉市)

平成28年11月12日(土)、千葉災害ボランティア連絡会の勉強会としてDIG研修が行われ、東京都支部、千葉県北部支部が防災支援を行いました。
参加者は42名と多く、千葉市災害対策コーディネーターの方も支援に入り、会場は熱気にあふれていました。最初に東日本大震災における「釜石の出来事」(世間的には「釜石の奇跡」と言われている)を題材に、事前の訓練が大事であることをお伝えしたうえで、DIGの実習を行いました。
地域の状況を書き込む場面では何のための作業かという雰囲気はありましたが、要配慮者の避難支援の検討では自治会ごとに同じテーブルとしたためか、各テーブルともまとまりが良く活発に意見が出ていました。最後のまとめでは、色々な考え方があることに参加の皆様は、「ほー・・・」と驚いていました。
今回の研修は、DIGの一部を体験して頂いただけでしたので、どこまで事前の訓練が大事であるかが伝わったかどうかが心配ですが、災害時の状況を疑似体験した頂くということは出来たのではないかと思いました。
次の機会にDIGの別な方法での研修が出来れば、更に災害対応に理解が深まると感じました。

日時:平成28年11月12日(土) 14:00~16:00
場所:千葉市若葉保健福祉センター
主催:大宮町千城自治会
名称:千葉災害ボランティア連絡会DIG勉強会
講師:松井正雄  防災士(東京都支部)
参加:講習42名
スタッフ: 3名(千葉県北部支部、東京都支部

chibakita281112b-1

chibakita281112b-2

chibakita281112b-3

大阪府支部 防災フォーラムを開催

9月の防災月間に合わせ、日本防災士会大阪府支部では堺ブロックにて防災フォーラムを開催しました。

日時 : 平成28年9月3日午後7時~8時30分
場所 : 堺市総合福祉会館
参加者: 竹山堺市長他

osaka280903-1

osaka280903-3

osaka280903-2

osaka280903-4

osaka280903-5

osaka280903-6

osaka280903-7

osaka280903-8 osaka280903-9
資料は画像をクリックしてご覧ください。

千葉県北部支部 東北視察勉強会

平成28年8月11日(木祝)、12日(金)、宮城県牡鹿郡女川町を中心に、南三陸町、石巻市、福島県浪江町を周る勉強会をBCN、東京都支部と共同で開催しました。計16名の参加です。今回のメインは女川町で活動している高校生で構成される「1000年後のいのちを守る会」の石碑除幕式に参加することです。3.11当時小学6年生だった子どもたちは高校3年生になりましたが、女川町のすべての浜に21基もの石碑を建てる計画を立て、このほど10基目、11基目、12基目が完成し、地元の方との交流を深めながら除幕式が行われました。

8/11(木祝)
朝7:00女川港出港の船「しまなぎ」に乗船、30分ほどで「江島」に到着しました。約30世帯しかない小さな島です。階段を上ると10基目となる「女川いのちの石碑」が立派に建てられていました。石碑に刻まれている句は「うらんでも うらみきれない 青い海」です。石碑ごとに異なる句は当時中学生だった彼らの心の叫びです。月に1度は通っているAWSというアカペラメンバーによる歌から始まり、除幕、挨拶、地元の方との交流などがありました。
女川港に戻り、次は「高白浜」での除幕式。女川湾の絶景を背に、11基目の石碑には「忘れない この悲しみを 苦しさを」の句が刻まれています。
対岸の「指浜」に移動し、12基目の除幕。ここも絶景ポイントで良い場所に建てられていました。「まっててね 今届けるよ おばあちゃん」。女川町は人口の約8%を津波で失いました。笑顔で集まる地元の方々の中にも辛い苦しみを背負っている人が少なからずいます。
女川駅に戻り、フューチャーセンターで高校生たちが考えに考え抜いた「女川いのちの教科書」が初めて披露されました。まだ編集中とのことですが、「日常」が崩壊していくという書き出しから圧倒されます。瓦礫はガレキではなく、みんなの人形やぬいぐるみ、布団、家具、家などでできた宝物であること、絆という言葉の本当の答え、教えられることばかりの本物の教科書です。完成を心待ちにしています。

8/12(金)
宿泊した女川のトレーラーハウス「エルファロ」(とても快適でした)を後にして、旭が丘集会所に向かいます。昨年(2015年)もお邪魔しましたが、今回も仮設に住むおばあちゃんたちが踊りを披露してくださり、社会福祉協議会の方の上手なナレーションと相まって笑いの連続です。我々はたくさんの元気をもらいました。
南三陸のさんさん商店街で昼食をとり、大川小へ。いつもは強風なのですが、なんとも穏やかで、それが静まり返った沈黙と何かを訴えているような重い空気が漂います。持参した線香をみんなで手向けました。その後大川地区をよく知るハマちゃんこと濱畑さんの経営する「ハマちゃんカフェ」で休息。ここで昨年もお会いした中川さんに再会し、少しですが近況を伺うことができました。
宿泊先である東松島のホテルに移動し夕食の後、この2日間の反省会を行いました。1人ずつ感想やご意見などを述べていただき、思ったこと、感じたことを話し合いました。参加された方々は皆さん有意義だったとの感想で、もう次回のことに話が進んでいました。

出会ったすべての方々に感謝いたします。

chibakita280811-1

chibakita280811-2

chibakita280811-3

chibakita280811-4

chibakita280811-5

chibakita280811-6

chibakita280811-7

chibakita280811-8

大阪府支部 気象庁ワ-クショップを開催

日本防災士会大阪府支部では平成28年7月30日(土)気象庁とタイアップしたスキルアップ研修、気象庁ワ-クショップを開催しました。

osaka280730-1

osaka280730-2 osaka280730-3

osaka280730-4

osaka280730-5 osaka280730-6 osaka280730-7

osaka280730-8

大阪府支部 気象庁ワ-クショップ開催

大阪府支部では、昨今の異常気象を今一度、再認識を含め開催します。

osaka280629-1 osaka280629-2

プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 教育 講演 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 支部総会 総会 協定 訓練指導 自主防災組織 DIG 女性 支部設立 研修指導 支部活動 女性防災士 被災地支援 法人化 HUG 受賞 セミナー 実技指導 支部会議 訓練HUG 連携 避難所 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR