山口県支部 山口県総合防災訓練に、女性部が参加

山口県総合防災訓練に、女性部が参加しました。

日時 : 平成30年6月17日(日)9:00~12:00
場所 : 山口県消防学校(山口市)、潮騒市場(防府市)
参加機関 : 95機関、約1700人
参加内容
 展示:ゴミ袋で雨合羽、新聞紙スリッパ、キッチンペーパーマスク作り
 防災教室:防災クイズ

山口県総合防災訓練に今年も山口県支部が参加し、女性部が展示ブースと防災教室を担当しました。
他の団体は事業説明やパネル展示が多い中、防災グッズを手作りするという参加型のイベント企画で子供から年配の方まで沢山の方で賑わいました。
作った防災グッズを持ち帰ってもらうことで家庭で防災について話をするきっかけになればと思います。

yamaguchi300617-1

yamaguchi300617-2

yamaguchi300617-3

yamaguchi300617-4
スポンサーサイト

長崎県支部 平成30年度防災教室推進研修会でHUG実施

平成30年度防災教室推進研修会でHUG実施

日時  6月7日(木)午後0時50分~3時
場所  長崎県立総合体育館(長崎市油木町7-1)
受講者 長崎県内の幼稚園・保育園・小学校・中学校教員の159名
 長崎県教育庁自動生徒支援室から要請を受け開催。県教委は教育施設での災害対応の一環、昨年より「避難所の開設と運営」の依頼を受ける。今回は予定人数(100人)を大幅に上回る159人。関心の高さに県教委の担当者も驚かれていた。指定避難所でもあり教員も熱心に取り組んでもらった。熊本地震・九州北部豪雨等の近隣災害に防災意識も高まっている。この研修会は、旭支部長・鍵原副支部長・瀬﨑幹事・川浪の4名で対応した。
 この研修会は、ほかに学校安全(警察署)・救急救命講習(消防署)・安全教育発表等終日開催。

nagasaki300607-1

nagasaki300607-2

nagasaki300607-3

長崎県支部 研修会 「みんなでつくろう地区防災計画」(DVDでの研修)

 現在日本防災士会での、地区防災計画作成事業推進を確認。長崎県支部でも事業推進のため、DVD(日本防災士会作成)で、視聴による研修会実施。会員が居住する身近な地域(自治会・マンション管理組合・小学校区等)から着手。災害からの減災に繋げるため、地区の皆さんと積極的に関わり「地区防災計画」を作成して、避難訓練・消火訓練・防災マップ作成・避難所運営等を関心の高いものから実践。

千葉県北部支部 6/5(火)みはま成田クリニック地震体験(千葉県成田市)

平成30年6月5日(火)千葉県成田市、みはま成田クリニックにおいて職員を対象に地震体験が行われ、千葉県北部支部およびBCNが担当しました。
成田市役所危機管理課からの紹介でクリニックから当支部にお話があり実現しましたが、院内、特に透析などを行うにあたりどのような揺れであるのかを体感したいということで、海溝型として東北地方太平洋沖地震、直下型として新潟県中越地震を連続して体験いただきました。
最初に注意事項として、揺れに耐えられるかではなく、この揺れが来てしまった時に家がどうなるのか、院内がどうなるのかをイメージすることが体験の目的であることを説明しました。病院という特別な施設において検討しておかなければならないきっかけとして地震体験は有益だったと思います。
地震体験車を操作した榎本和幸防災士は、臨床工学士として当クリニックの院長さんや技師さんと知り合いだったこともあり、震動に驚きながらも和やかな雰囲気で体験いただきました。

日時:2018年6月5日(火)15:00-16:00
場所:みはま成田クリニック
参加:職員32名
スタッフ数:3名
内容:地震体験

chibakita300605-1

chibakita300605-2

chibakita300605-3

北海道支部 暮らしと健康の月刊誌に掲載

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 広報活動
   
6月号への掲載 「医療新聞 ケア」 暮らしと健康の月刊誌
  1 発行団体  株式会社 北海道医療新聞社
  2 発行日時  平成30年5月下旬 (6月号)
  3 発行部数  北海道内の医療機関等へ 毎月 4万部発行
  4 発行地域  北海道内の医療機関・医療関係団体等
  5 資料提供  北海道防災士会 事務局  (横内)

hokaido300524-1

hokaido300524-2
掲載記事はコチラからご覧ください

北海道支部 広報活動

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 広報活動

《日本防災士会及び北海道防災士会の活動等について》
1 配布時期 平成30年5月15日 新聞折り込み
2 配布先  札幌市北区内の朝日新聞購買者宅へ(7,000部)
3 掲載内容 朝日新聞販売店「参廣堂」のPR誌への掲載 (春の防火・防災)
4 記事提供 北海道防災士会 事務局

hokaido300515-1

千葉県北部支部 5/13(日) 野田市あおいそら南部支部まつり(千葉県野田市)

平成30年5月13日(日)千葉県野田市、南部中学校において「野田市あおいそら南部支部まつり」が行われ、千葉県北部支部はブース出展しました。1,000人以上参加する学生主体の大きなお祭りイベントで、ユニークな出展も多く、私どもはテント1張りに防災PR、防災訓練受付相談、家具転倒防止器具、ロープワーク、非常食、トイレ用品などを設けて対応しました。(よさこいを踊る写真の旗振は小椋養一防災士)
特に人気だったのは災害時のトイレ方法で、説明を受けた方々は、これは画期的でぜひ広く伝えていただきたい、自分ももちろん用意してそして伝えたいとのお言葉をいただき、ペットシーツを利用した水を使わないトイレ方法に目を丸くしていました。その他、非常食や家具転倒防止の説明、ロープワークの実技など、約4時間半にわたり行いました。
こうしたお祭りに参加させていただくことで地域の方々と直接お話しできる機会が得られ、また地域の防災訓練のお手伝いの宣伝も兼ねることができ、大変有意義な出展になりました。

日時:平成30年5月13日(日)
場所:野田市南部中学校
参加:1,000人以上
内容:ブース出展、ロープワーク

chibakita300513-1

chibakita300513-2

chibakita300513-3

chibakita300513-4

chibakita300513-5

北海道支部 北海道新聞への掲載

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 【広報活動】

1 掲載月日  平成30年5月6日(日)   朝刊
2 報道機関  北海道新聞 くらしのページ面
3 購買区域  北海道内一円

hokaido300509-1
hokaido300509-2

千葉県北部支部 5/3(水祝) 船橋アリーナ「こどもの日フェスタ」(千葉県船橋市)

平成30年5月3日(水祝)千葉県船橋市、船橋市立総合体育館(船橋アリーナ)にて「こどもの日フェスタ」が開催され、BCNおよび北部支部が共同して地震体験(起震車)を担当しました。
午前中雨の残る中、階段下の屋根のあるオープンスペースが確保できたことから、当初予定の場所ではなく雨の当たらないところで行いました。毎年5月5日に開催されるこどもの日フェスタですが、今年は他のイベントと重なっていることから5月3日に変更になり、また風雨も相まって若干参加人数が少なかったように感じましたが、数千人レベルの規模ですので地震体験もほとんど休みなく稼働し、372人の方々に体験いただきました。
ご家族での体験がほとんどですが、こうしてご家族で体験されることにより地震が来たらどうするのか、離ればなれの時はどうするのか、といった声も飛び交い、この地震体験が備えを話し合う良いきっかけになったのではないかと思います。

日時:平成30年5月3日(水祝)
場所:船橋市総合体育館(船橋アリーナ)
参加:372人
スタッフ:8名
内容:起震車

chibakita300503-1

chibakita300503-2

chibakita300503-3

chibakita300503-4

東京都支部 台中市(台湾)から日本の防災視察使節団来日

 3月5日(月)・6日(火)の両日、台中市(台湾)から「日本の防災」を視察に来た使節団への対応を行いました。
 今回、来日の一番の目的は、台中市に防災リーダーの認証制度を作り、地域の防災リーダーを育成するための仕組みについて学ぶことでした。
 従いまして、訪問先には、「日本防災士機構」「東京都臨海広域防災講演(そなエリア)」「東京都庁」予定にはありませんでしたが、東京都支部の会長で都議の早坂さんのご厚意により「東京都議会場」の見学をさせていただきました。
 5日の夜は、六本木(柿の木)で日本防災士技術支援チームのメンバー主催で懇親会を開催しました。通訳を介しての酒宴でしたが、思いのほか意気投合し楽しい時間を過ごしました。
 台中市では、防災リーダーの認証制度と地域の防災リーダーを育成するための仕組みづくりが具体的に進行していて、日本からの協力要請の話も出ました。
 台湾からは、東日本大震災が発生したとき非常に暖かい支援をいただきましたが、その前後にも災害が起こるたびに支援していただいております。また、台湾で災害が発生したときには、日本からも支援を行っています。両国は災害が起こるたびに支援しあっている関係です。
 日本の防災士は台湾で災害が発生した時、支援に行くことはなかなか困難ですが、災害発生前にできる支援があればぜひ協力したいと考えています。
活動報告者(松井正雄)

tokyo300425-3 tokyo300425-4
東京都臨海広域防災講演(そなエリア)  東京都議会場
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 コミュニティー 研修 イベント 講演 教育 訓練 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 協定 訓練指導 支部総会 被災地支援 DIG 研修指導 女性 自主防災組織 HUG セミナー 支部会議 連携 支部設立 避難所 受賞 女性防災士 実技指導 支部活動 訓練HUG 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR