fc2ブログ

千葉県支部 ガーデンタウン・防災フェスタ2021(八街市)実施報告

日  時:令和3年11月23日(日)8:30~13:00
場  所:ガーデンタウン集会所 第一公園
開催名称:ガーデンタウン・防災フェスタ2021
内  容:体験と啓発活動
参加人数:52名
講  師: 西川正、内田廣夫、徳永由美子、瀬戸美佐子、馬場内則子
________________________________________
11/23(祝・火)八街市内のガーデンタウンにてガーデンタウン区自主防災会主催の『ガーデンタウン・防災フェスタ2021』が開催されました。
自治会・自主防災会が中心となり、八街市職員、消防署員との協力のもと、地震体験班、煙体験班、AED体験班、給食班、防災クイズ啓発班の5班にて住民の方に体験と啓発活動が行われ、防災士が指導役を担いました。
60名ほどの地元住民の方々がお子さんも一緒にご家族で参加され、防災クイズのブースでは、クイズに回答しながら正しい防災知識を身に着け、地震体験ブースでは、起震車を使用して、就寝中の震度7を想定した安全確保を体験し、煙ハウスでの煙体験、AEDの使い方、非常食の試食などを体験してもらいました。
まさに老若男女の区別なく、「みんなで」「一緒に」が体現できていたと思います。
各ブースを楽しみながら回るだけでなく、危機感や気をつけるポイント等も、それぞれのブースで防災士からレクチャーをして、充実したフェスタとなりました。

chiba031123-1

chiba031123-2.

chiba031123-3

chiba031123-4

chiba031123-5
 

広島県支部 活動報告

 東広島市防災士ネットワークからの活動報告です。
毎年11月3日に開催している「東広島市 消防・防災フェア」が、今年はオンラインになりました。

2021デジタル消防・防災フェア/東広島市ホームページ (higashihiroshima.lg.jp)
https://www.city.higashihiroshima.lg.jp/soshiki/shobo/7/2/29542.html

動画を4本作成し、特設サイトに掲載して頂きました。
「防災士とポリ袋でレインコートを作ろう」
「パソコンで防災士てみませんか?前編」
「パソコンで防災士てみませんか?中編」
「パソコンで防災士てみませんか?後編」

奈良県支部 社会課題解決支援協会 「避難所における要配慮者への対応」

 令和3年10月31日(日)、奈良公園バスターミナルレクチャーホールにおいて、奈良県まちづくり推進局奈良公園室主催で「避難所における要配慮者への対応」と題したイベントが行われました。
このイベントは奈良公園室がバスターミナルを災害拠点に使用できないかという試みから始まった第二回目で、一般社団法人社会課題支援協会協力の下、奈良市危機管理課と富雄東地域包括支援センターの講演から始まりました。奈良県防災士会からは末田防災士がパネルディスカッションに参加して、地域包括支援センターとケアマネージャーさんとの意見交換を行いました。災害時の逃げ遅れを防ぐためには福祉と地域防災との結びつきが大事ですが、福祉側からはお願いすることばかりで、逆に相談して欲しいとか、地域側からは協力したくても何処の誰に言ったらいいのかわからないし、知らん顔されても困るのでといった意見が出て、お互いが歩み寄りたい気持ちがありながらもすれ違っている感じを受けました。防災と福祉は意外と接点が無いため、今回の意見交換は貴重な情報源となりました。 
<末田政一 防災士>

nara031031-1

新潟県支部 【ご案内】オンライン無料市民講座

 「一般社団法人 日本災害看護学会 第23回年次大会 日本災害看護学会」(オンライン開催)大会長である長岡崇徳大学看護学部山﨑達枝先生より無料オンライン講座:青陵大学 碓井真史教授「災害とフェイクニュース」のご案内がありましたのでご周知いたします。

題名:「災害とフェイクニュース」~自分と家族を守るためにできること~
講師:碓井真史 教授
   新潟青陵大学 大学院 臨床心理学研究科 教授
   ラジオ出演:新潟放送BNSラジオ他
   テレビ出演:フジ「ホンマでっか!?TV」
   NHK(「NEWS23」「視点・論点」
   その他多数にもご活躍!
日時:いつでも自由に再生できます。

【アクセスは下記から】
オンライン開催一般社団法人日本災害看護学会第23回年次大会のホームページhttp://jsdn23.umin.jp/niigata030908-2 をクリックして、画面の▶ 再生ボタンを押すと始まります。

または、■市民公開講座(無料講座)
https://supportoffice.jp/jsdn23/
上記から▶ 再生ボタンで始まります。

niigata030908-1

奈良県支部 奈良テレビ出演

 さる8月24日(火)、奈良テレビ放送局「ゆうドキッ!」番組に植村信吉副理事長が出演しました。このテレビ出演は、奈良テレビの情報番組「ゆうドキッ!」において、コロナ禍での災害対策を紹介してほしいと依頼のあったもので、番組内で約15分間に渡って ①奈良県防災士会の活動の紹介 ②コロナ禍で災害対応でのポイント ③土砂災害警戒区域」と「土砂災害特別警戒区域」 ④災害から命をまもるために心がけることなどをテレビから県民へ呼びかけました。               (報告:植村防災士)

nara030824-1

nara030824-2

nara030824-3

nara030824-4

新潟県支部 Teny「新潟一番」に新潟県支部事務局が生中継で出演

=====以下Tenyホームページより=======
https://www.teny.co.jp/nnn/news114p3c8edu0xfnn9v06.html
niigata030901-1

9月1日は「防災の日」。コロナ禍で災害への備えをどう考えたらよいか、防災士に話を聞きました。
日本防災士会新潟県支部の防災士・成川一正事務局長によりますと、ブームとなっているキャンプ用品も防災グッズとして役立てられるといいます。
また新型コロナウイルスの感染対策から除菌用シート、消毒用アルコールや紙製のハンドタオル、ビニールの手袋なども備えておくとよいということです。
またスリッパは、避難所などで履き替えることで菌を室内に持ち込まないという観点から有効だと説明しました。さらに簡易トイレも備えておくことで安心できるといいます。
水や食料は、以前は災害時用に保存食を備蓄することもありましたが、最近では日常生活で消費しながら備蓄する「ローリングストック」という方法で、普段食べているものを非常時用に少し多めにストックして日常生活で使い、使った分を買い足すという考え方が広がっているといいます。
【日本防災士会新潟県支部の防災士・成川一正事務局長】
Q)もしもの時に備えておきたい大切なものを3つ挙げるとしたら?
「まずは水です、トイレ、そして電源です」
災害時に備え、日ごろから家庭などで話し合っておいてほしいと呼びかけました

niigata030901-2

長崎県支部 ケーブルテレビ「テレビ佐世保」収録報告

このたび県北・佐世保市にあるケーブルテレビ「テレビ佐世保」より、8月30日から9月5日までの『防災週間』にあわせ企画した防災についての特集番組への協力依頼をいただきました。

8月22日(日)、収録には直木防災士が参加し、『防災まち歩き』のスタイルで避難行動についての解説や注意喚起を以下の4点をポイントに行いました。

◆内水氾濫とは?
◆家族や地域で「避難スイッチ」を決めよう
◆「セカンドベスト」も決めておこう
◆避難行動は「素振り」でも続けることに意味がある。

<直木防災士の感想>
今回の収録では、頭の中では色々と考えてはいたものの、わかりやすい言葉で伝えることの難しさを感じました。できるならば市内各地の自主防災組織の中へ入り、DIG(災害図上訓練)やHUG(避難所運営ゲーム)などを通して、地域の方の防災・減災についての理解を深める必要があると思いました。

佐世保市の人口は、約25万人。
山間部や離島など、地域特有の地形や危険箇所はさまざまです。
行政の情報発信をただ待つだけでは、これからの災害に立ち向かうことはできません。
「地区防災計画」が「生きた計画」として市民の皆さんに活用してもらえるよう、広報活動にも力を入れていこう、と改めて感じました。

全国各地で起きている災害のニュースを“自分ごと”として、多くの方に捉え・考えてもらえるような情報発信の工夫も私たち防災士の役目であることを「防災の日」を前に長崎県支部の課題として、提案することといたします。

最後になりましたが、行方不明者の皆様の早期発見と被災地の一日も早い復興をご祈念申し上げます。
(報告書作成長崎県支部女性局長 : 渋谷 香奈)

nagasaki030822-1

nagasaki030822-2

nagasaki030822-3
写真 避難経路についての打ち合わせ、佐世保川の危機管理型水位計、収録中の直木防災士

新潟県支部 【ご案内】オンライン開催一般社団法人日本災害看護学会第23回年次大会  災害多発時代に守りたい生命とこころ~実践知をともに未来につなぐ~

「日本災害看護学会」(オンライン開催)大会事務局大会長である長岡崇徳大学看護学部 山﨑達枝先生より当支部にご案内がありましたのでご周知いたします。

名 称:一般社団法人日本災害看護学会第23回年次大会
テーマ:災害多発時代に守りたい生命とこころ~実践知をともに未来につなぐ~
LIVE配信:2021年9月4日(土曜日)
オンデマンド配信期間:2021年9月4日(土曜日)~9月30日(木曜日)
大会長:山﨑 達枝(長岡崇徳大学)
受講料:事前参加登録制(有料講座あり)
     詳しくはHPをご覧下さい

一般社団法人日本災害看護学会
■ホームページ
http://jsdn23.umin.jp/
■プログラム
http://jsdn23.umin.jp/program.html

niigata030904-1

新潟県支部 「新潟県:マイ・タイムライン教室」を利用しての総合学習が新潟日報に掲載

「日本防災士会・新潟県支部新潟市地区で実施した「新潟県:マイ・タイムライン教室」を利用しての総合学習が本日の新潟日報に掲載されました。
新潟県支部防災士の6名が3クラスの講師を務め、中学校区の地理的特徴や過去の災害履歴から想定される災害リスクについての授業をしました。
GIGAスクール仕様(生徒各自のIPadを利用)で授業を行い、「NHK防災・減災情報」「キキクル」や「新潟県河川情報」を使用しての災害情報の取得方法を生徒全員で確認しました。
※「新潟県:マイ・タイムライン教室」の使用について、日本防災士会・新潟県支部は、新潟県の承諾を得ています。
「新潟県:マイ・タイムライン教室」(https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/kasenkanri/niigatamytimeline.html

【日 時】 令和3年7月の総合学習(50分授業×3回)
【対 象】 新潟市内の中学校1年生1組~3組(約102名)
【講 師】 新潟県支部 防災士 6名

niigata030817-1
資料(pdf)はコチラからご覧ください

新潟県支部 NHK新潟放送局共同企画「NHKニュース・防災アプリ」オンラインミーティングを実施

日本防災士会新潟県支部とNHK新潟放送局共同企画「NHKニュース・防災アプリ」オンラインミーティングを実施しました。
「NHKニュース防災アプリの活用について」東野副局長様より、2020年熊本豪雨災害や直近で土石流災害が起こった熱海の事例を織り交ぜながら、ハザードマップの説明や防災アプリでの情報の取得の仕方を学んだ。
時々刻々と変わる気象情報や河川情報などアプリを実演しながら災害に発展する以前の兆候などを詳しく説明いただいたことは、防災士や防災関係者にとって有益な講座であったと感じました。
また、営業部井上様からNHKスクープBOXにおける防災士の役割やNHKの防災についての取り組みについても説明いただきました。
NHKも日本防災士会も「事前防災の重要性」に重点を置いている点など、防災に関する考えが一致している点に共感を覚えた。

niigata030711-1b
資料(pdf)はコチラからご覧ください
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 講演 訓練 イベント コミュニティー 教育 勉強会 指導 HUG 現地活動 協定 被災地支援 総会 訓練指導 連携 女性 研修指導 支部総会 DIG 避難所 HUG 支部会議 受賞 セミナー 支部設立 女性防災士 訓練HUG 自主防災組織 地区防災計画 支部活動 実技指導 法人化 避難 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR