FC2ブログ

東京都港区支部 支部活動報告

東京都港区支部では、9月から11月のおよそ2ヶ月半にわたり恒例の秋の港区主催のイベントに参加して、区民の皆さんに向けて防災・減災のお話をして「防災士ここにあり!」と大活躍しています。

写真は、平成30年10月6日(土)の「みなと区民まつり」の様子です。芝公園一帯で例年は20万人ほどの動員を示している一大イベントです。通常は、土日の2日間開催ですが、今年は台風25号の強風の予報のため、テントが数多くあって危険な場面が想定されるので、日曜日は中止となりました。
今回の支部のテーマは、「大規模地震の初動について」のパネル展示と、必要な資料(6種類)の配布と、災対備品食糧の無料配布、また災害トイレとタブレットの無料配布などを合わせて実施しました。

11:00から17:00までの会期中に約800組ほどの区民の皆さんがブースを訪れてくれました。午後からは夏の日差しでしたが、参加した会員は日焼けしながら精力的に活動しました。

このイベントの他には、港区役所の5か所の支所が合計7回の総合防災訓練を実施するので、それにすべて参加すること、また、社会福祉協議会が主催する「地域福祉フォーラム」にも参加する計画です。

全てのイベントに参加する支部会員数は10日間で延べ140名ほど(実際の会員数は80名です)お話しする区民の皆さんの数は、約4,000名の計画です。

minato301006-1

北海道支部 平成30年北海道胆振東部地震

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告 報道対応

1 放映・放送日時、取材対応場所等 
 ①平成30年9月10日(日) 6:50~5分 「TBS あさチャン」被災地にて
 ②平成30年9月10日(日) 17:00~30分「FMラジオ札幌白石」 スタジオ
 ③平成30年9月19日(水) 12:00~10分「NHKラジオ 全道」 事務局
2 報道対応内容  
 震災時の対応と避難所状況等について
3 対応者
  北海道防災士会 事務局 横内春三

hokaido300910-1

hokaido300910-2

hokaido300910-3

北海道支部 市民防災大体験会

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告

  《市民防災大体験会》 主催 植村建設株式会社
           共催 北海道防災士会
           協力NPO日本防災士会

 開催日時 平成30年9月5日(水) 9:00 ~16:00
 開催会場 北海道赤平市 旧赤平中学校グラウンド・体育館 (赤平市東文京町4-6)
 開催内容 「安全の駅」開所10周年記念イベント
 参加者等 ①防災を担う機関 ②防災推進団体・事業所 ③防災体験を学ぶ、小・
      中・高生  ④赤平市民の他、地域防災関係者等・・・・800名
 活動内容 各種防災体験、防災関連機器及び車両展示、災害写真展示防災品の
      展示、救出・救助訓練等
 ※会員等の活動・・・・起震車、消火、煙道、ロープワーク、担架搬送、災害写真展示等
 ※首都圏仲間の参加協力を得、当会の会員を含め12名の防災士による指導となった。

hokaido300905-1b

hokaido300905-2b

hokaido300905-3b

hokaido300905-4b

hokaido300905-5b

hokaido300905-6b

愛知県支部 活動報告

内 容;中学生の夏ボラ体験
  いざという時に役立つ、身近にある段ボール・ロープなどを使った活用法を学ぶ講座
日 時;30年8月3日(金)13:00~16:00
開 場;愛知県東海市「しあわせ村」多目的ホール
参加者;東海市名和中学校 1~3年生 30名
講 師; 防災士 羽田道信【藤田保健衛生大学教授】
           ファシリテーター;愛知県支部防災士 5名
 
 名古屋市の観測史上初、最高気温が40、3℃になったこの日。うだるような暑さの中、一人も休まず元気に中学生が集まって来ました。東海市社会福祉協会主催の夏休み恒例のボランティア体験講座です。講師より「中学生は地域に役立つ重要な支援者になり得る」ことを教えられ、うなずきながら取り組みました。    初めに段ボールの特性を教わり、避難所などで有効なダンボール箱を利用した衝立や枕、ベッドなどに活用できることを学んだあと、座椅子づくりに取り組みました。カッターナイフを使用するため危険が無いよう、ダンボールの切り込み方を教わりながら慎重に切っていきます。背もたれもあり、いざという時活用できる座り心地で大満足でした。
aichi300803-1 aichi300803-2
aichi300803-3 aichi300803-4
 休憩をはさんでロープワーク。真剣に連続玉結びや、暮らしに役立つ新聞紙の纏め方・洗濯物干しロープなどすぐに使えそうな内容で興味津々でした。一本のロープによる不思議を堪能しました。
aichi300803-5 aichi300803-6
 この後は大小の風呂敷で、両手が使えるリュックサックや買い物手提げ袋を作ってみました。 男子も女子も真剣なまなざしで,普段あまり使うことのない風呂しきを楽しみました。
aichi300803-7 aichi300803-8
 最後はごみ袋を利用した防寒着とレインコート作りで仕上げです。
3時間もの長い時間、最初から最後まで真剣に取り組んでいた中学生の姿に私たちも感動でした。
aichi300803-9 aichi300803-10
写真・手塚哲郎   文責・森千代子
 

大阪府支部 活動が読売新聞(平成30年9月2日)に掲載

支部会員の活動が掲載されました。

osaka300902-1
掲載記事はコチラからご覧ください

茨城県支部 いばらき新聞に掲載

茨城県「いばらき新聞」では9月1日の防災の日に向けて、防災特集を組んでいるところ、本日(28日)「防災士結束への気運、資格者増 県内3472人、組織づくりで連携」などの掲載があり、トップ記事扱いでした。記者は2名で対応。昨日(27日)は、つくば国立研究開発法人、防災科学技術研究所レジリエント防災・減災研究センター長の理学博士 藤原弘行氏が掲載されている。
 茨城県内の各市で新たな防災組織を立ち上げる風潮があり、防災士の活動の場が模索されている。

このような中、電話取材では、防災士の現状、自主防災組織の結成等の質問がありました。一方福島理事長はHUGを通じ防災士のネットワークを「防災の輪」をを広げる活動を展開していることの情報提供。
 提供した写真は、茨城県婦人防火クラブ連合会約100名のHUG研修の一コマ。、防災士と婦人防火クラブ員の真剣なまなざしの表情が採用されました。

ibaragi300828-1
茨城新聞はコチラからご覧ください

長崎県支部 「お天気フェア2018」共催

 平成30年8月4日(土)「お天気フェア2018」、長崎地方気象台で開催。長崎地方気象台主催、関係団体と共催事業です。夏休みでもあり親子また子供会などの305名(気象台発表)と大盛況でした。防災士会はパネル展示(熊本地震・昨年の九州北部豪雨災害の被災状況と支援活動)、防災クイズ。パネル展示では、大規模災害の現状を再認識していただきました。また防災クイズでは、親子・子供さんに防災について考えてもらう機会になりました。
 今後とも関係団体と平時より関係強化に努めたいと思います。詳細資料は添付します。
 予告  11月25日諫早市での開催、九州ブロック支部連絡協議会研修会では、長崎地方気象台のご協力による「大雨災害想定タイムラン」気象庁開発ワークショップ開催に向け進行中です。

nagasaki300804-1
お天気フェアポスターはコチラからご覧ください

nagasaki300804-2 nagasaki300804-3
防災クイズ問題はコチラからご覧ください
防災クイズ回答はコチラからご覧ください

奈良県支部 お天気フェアー開催

 平成30年8月4日(土)奈良市防災センターにおいて、奈良地方気象台、奈良県、奈良市防災センター、日本気象予報士会、奈良県防災士会の共催による「お天気フェア」が行われ、見学の親子68人が来場、お天気と防災について学びました。
 奈良県防災士会からは17名の防災士が参加し、防災士会ブースに新聞スリッパとゴミ箱、ゴミ袋のポンチョとキッチンペーパーのマスク作りの体験コーナーを設置。特設コーナーでは奈良県防災士会オリジナルの「防災紙芝居」を上演。参加の子ども達へは防災士会キャラクターのサイ君をあしらった「リフレクター缶バッジ」をプレゼントしました。
 連日暑さの影響もあり来場者は少なかったですが、その分各コーナーをゆったりと体験して頂くことが出来て、お天気と防災の学びの機会になったと思います。
<末田政一 防災士>

nara300804-1 nara300804-2

nara300804-3 nara300804-4

nara300804-5 nara300804-6

北海道支部 のうし公園夏まつり

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告
 
1 開催日時  平成30年7月21日 (土) 10:00~14:00
2 開催場所  札幌市西区八軒 農試公園内
3 開催団体  札幌市公園緑化協会
4 開催概要  家族で体験できるイベント(遊び道具の作成、フール体験等)
5 参加者等  地域住民・家族など・・・200名
       ※北海道防災士会は、煙道通過(煙体験)、消火体験、ロープワークの他
        救命・自助のための行動と防災品等の試食、展示を行う。

hokaido300721-1

hokaido300721-2

hokaido300721-3

hokaido300721-4

北海道支部 広報活動 《ローカルTV放映》

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会  
   《消防団との連携・・・特集 消防団のチカラ》
1 放映日時 平成30年7月18日 16:00 ~16:45分間の20分間
2 放送会社 北海道文化放送 UHB  北海道内全域
3 放送内容 特集 札幌市清田消防団 (組織・地域貢献・訓練活動・団員活動等)
  ※北海道防災士会は、消防団及び少年消防クラブとの連携活動

hokaido300718-1

hokaido300718-2

hokaido300718-3
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 コミュニティー 研修 イベント 訓練 講演 教育 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 被災地支援 訓練指導 協定 支部総会 女性 DIG 自主防災組織 研修指導 HUG 避難所 支部会議 セミナー 支部設立 連携 訓練HUG 受賞 支部活動 実技指導 地区防災計画 女性防災士 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR