FC2ブログ

北海道支部 現場技術者能力向上セミナー

hokaido280924-9.jpg活動報告〔講演〕北海道防災士会【 № 235 】

現場技術者能力向上セミナー
《災害対応自助の為の情報と判断、地域への貢献と共助 》
1 開催日時 令和 3 年 2 月 4 日 1 月 29 日 火 10:00 1 2 00
2 開催会場 札幌市北区北 6 条西 7 丁目 自治労会館
3 主催 団体 北海道農業建設協会
4 参加者等 北濃建 協会 所属 会員 事業所 80 名
5 講演 指導 北海道防災士会 役員 横内・後藤 2 名

hokaido030204-1
資料(pdf)はコチラからご覧ください

長崎県支部 『災害ボランティア対応訓練 救出機器の取り扱い』1月30日(土)開催

 「災害は忘れたころにやってくる」とは昔の話。近年は、毎年全国各地で豪雨災害・猛烈な台風・地震等甚大な被害で、多くの人命も奪われています。被災現場から人命の救出は一刻を争う。大規模災害になったら消防・警察などの何時来てもらえるかわからない。そのようなことを想定し毎年この時期に「災害ボランティア対応訓練 救出危機の取り扱い」を雲仙岳災害記念館で支部の研修会として実施している。身近な方々を救出するには、人力では限界がある。チェーンソー・ジャッキ・チェーンブロック・ロープなどを使っての救出訓練。倒壊家屋を視立てた現場、木材の下には救出を待つ人(訓練にはマネキン使用)、生存を確認し励ましの声かけ。素早く身近な機器を使っての救出訓練。毎年繰り返し訓練で習得しなければならない。“いざという時は訓練したこと以上のことはできない”、その想いで実施。
(訓練報告書作成:川浪良次)

nagasaki030130-1 nagasaki030130-2
救出訓練機材         家屋倒壊救出訓練1
nagasaki030130-3 nagasaki030130-4
家屋倒壊救出訓練2       家屋倒壊救出訓練3
nagasaki030130-5 nagasaki030130-6
チェーンソーの取り扱い     ロープワーク1
nagasaki030130-7 nagasaki030130-8
ロープワーク2         ロープワーク3
nagasaki030130-9
研修会参加者

沖縄県支部 沖縄市山内自主防災・防犯組織防災訓練

  コロナ渦における心肺蘇生及びAED取扱い指導について

  日時  令和2年11月29日(日) 10時~12時
  場所  沖縄市山内公民館
  参加者 30名 (防災士会員含む)

 山内自治会に於いては組織結成初の訓練でコロナ過の為、密を避けるため役員等の参加とし行われました。
 訓練は2班に分けて、水消火器を使用しての初期消火訓練と資機材使用説明(沖縄市役所担当職員指導・説明)、コロナ渦の救命講習として心肺蘇生及びAED取扱いを金城副支部長指導のもと、講話と実技指導を行いました。

okinawa021129-1

奈良県支部 法隆寺防災訓練

 去る12月14日、世界遺産「法隆寺」において防災訓練が行われました。当初、この訓練はコロナ禍における実技体験「避難所開設・体験訓練」として計画していましたが、昨今の新型コロナウイルス感染者急増を受けて急きょ実技体験訓練を中止し、実技はシェイク・アウトのみに変更の上、避難所体験を講演会に切り替えて行われました。奈良県防災士会からは15名の会員が参加すべく準備を進めていましたが、法隆寺及び斑鳩町の規模縮小要請を受けて植村副理事長、板垣理事、小山防災士の3名での参加としました。訓練対象者も全体80名~100名の予定を40名程度に絞り込んでの開催となりました。訓練は、法隆寺境内でのシェイク・アウト訓練後に聖徳会館にて「コロナ禍での避難所開設・運営」のポイントを植村副理事長が15分で講演するという短時間での研修ではありましたが、参加した皆さんは熱心にメモを取るなどコロナ禍での避難所運営への関心の高さがうかがわれました。最後に、斑鳩町が災害協力協定を結んでいる「グリコ株式会社」から災害備蓄品の紹介が行われて幕を閉じました。
<報告者:植村防災士>

nara021214-1

nara021214-2

nara021214-3

nara021214-4.png

千葉県北部支部 10/22(月) 男女共同参画の視点からの防災リーダー講座(千葉県茂原市)

令和2年10月22日(木)、第8期東上総地域推進員及び市町村男女共同参画担当者への防災リーダー講座『防災に男女共同参画の視点が必要なの?』が開催されました。昨年度の講演が好評だったことから、今年も当支部の防災士が講師を務めました。
この講座は、令和2年5月内閣府男女共同参画局から出された「災害対応力を強化する女性の視点~男女共同参画の視点からの防災・復興ガイドライン~」に基づき、男女共同参画による防災の重要性と、地域防災力向上に必要なことは何かを考える事を目的とするものです。
参加者は今後各地域で防災分野における男女共同参画を啓発していく方々で、今年度は各地域向けの啓発チラシ作成を予定されています。
千葉県男女共同参画センターの地域推進員及び市町村男女共同参画担当者への講座であったため、内閣府男女共同参画局からの最新情報の共有という視点も入れて実施しました。


日時:令和2年10月22日(月) 午後1時30分~午後4時
場所:茂原市総合市民センター
参加:約 25名
講師:平山優子防災士
指導:中村利孝防災士
内容:座学(どうして 防災に男女共同参画の視点が必要なの?」 )、ワークショップ(みんな同じ?被災生活の困り事~多様な視点・対策について~)、備蓄品紹介(トイレの凝固剤(検証))、配布資料(災害時の乳幼児支援について)

chibakita021022-1 chibakita021022-2

chibakita021022-3 chibakita021022-4

chibakita021022-5 chibakita021022-6

奈良県支部 マンション防災訓練

 12月6日(日)ディオ・フェルティ大和高田にて、「マンションにおける災害対応訓練」が実施されました。本件は奈良県地域防災力向上支援事業の一つです。訓練には奈良県防災士会から防災士6名が参加し、マンション住民11名のみなさんに「大規模災害発生時にマンションで在宅避難するためにはどのように行動すれば良いのか」をプチ体験(模擬体験)していただきました。訓練終了後の参加者アンケートでは「非常用トイレ体験が印象に残った」や「水運搬の大変さを実感できてよかった」や「自宅で足りない備えがわかったので、 徐々にやって行きたい」などの声が寄せられました。本企画が災害への備えを考えるきっかけになったことを期待します。
<報告者:小山防災士>

nara021206b-1 nara021206b-2

nara021206b-3 nara021206b-4

nara021206b-5 nara021206b-6

nara021206b-7
201206 ディオ・フェルティ大和高田_活動報告書
活動報告書(pdf)はコチラからご覧ください

兵庫県支部 障がい者就労支援B型施設「ひまわりの郷防災学習」

hyougo251227-2
東播エリア  

 兵庫県支部では、2020年11月13日に障がい者施設で知的・精神障がい者を対象に防災教室と訓練を実施しました。

hyougo021113-1
資料(pdf)はコチラからご覧ください

千葉県北部支部 10/25(日) 野田市岩名第五区自治会防災訓練(千葉県野田市)

令和2年10月25(日)野田市川間駅南第5公園に於いて、防災訓練が行われ、千葉県北部支部が支援致しました。
当支部石田防災士の地元自治会であり、コロナ渦の中での実施、団結力・協調性が随所に見受けられ素晴らし自治会で有り4回目の依頼です。
従来100名以上の多人数参加で有りますが、今回40名に厳選行いました

自治会依頼テーマ(家族・家を守る施策)に沿い行いました。
・台風タイムラインによる被害予防対策
・災害屋根ビニール掛け補修実演指導
・家を守る為の土嚢作り実演指導体験
・火災発生時の
消火器能力、初期消火の限界
・命の尊さに結びつく最低限の救命講習
(総括)
何時起こるかも知れない自然災害、自分の命家族、家屋敷を守る心得、自ら行動処置を、被災地実体験を通して実演指導を持って、強く訴えました。

日時:令和2年10月25(日) 9:00~11:30
場所:川間駅南第5公園
参加:40名
講師:石田 健防災士
講師:小椋養一防災士
内容:
・家家族を守る
・屋根ビニール掛け
・土嚢作り・救命講習
・消火器

chibakita021025-1

chibakita021025-2

chibakita021025-3

chibakita021025-4

奈良県支部 体験型「避難所開設・運営訓練(コロナウイルス対策)

 令和2年10月9日(土)奈良県総合福祉センターにおいて、奈良県教育委員会保健体育課主催の「体験型避難所開設・運営訓練(コロナウイルス対策)」が行われました。対象は、奈良県下の学校の先生で、45人の参加でした。奈良県防災士会からは、5名が参加しコロナウイルス対応の避難所開設・運営訓練を行いました。地元自治体や地域での、避難所開設訓練には参加経験のない方ばかりでしたが、さすがに呑み込みが早く、十分な訓練成果が得られたと思います。(報告者:板垣防災士)

nara021009-1

nara021009-2

nara021009-3

nara021009-4

nara021009-5

千葉県北部支部 9/27(日) 野田市東新田自主防災会防災訓練(千葉県野田市)

令和2年9/27(日)9:30~11:45
野田市東新田自治会館前庭において、5回目の依頼防災訓練が行われ千葉県防災士会北部支部が、支援致しました。

コロナ渦の中多人数参加型の防災訓練に当たり、事前3回の詳細打ち合わせにより、3密も避けて、安全に無事終了された事が良かったと思います。
それも役員の皆さんのご協力有っての事ありがとうございました。

清田防災会長(防災知識の豊富さ、凄い知識人であり、綿密な地域密着型)の意向テーマに沿い、その上3グループに分けて行いました。

Aグループ
救命講習 岡田防災士
時間の許す限りの全員参加型の実施体験、慌てず騒がずの出来る範囲の重点ポイントの再確認実技指導行いました。

Bグループ 石田防災士
消火器取扱い、性能、能力、説明、市民の出来る初期消化活動の限界をお話し致しました。

Cグループ 小椋防災士
直下型地震が発生した時、想定し"自分の命をどう守る?”  "家族の命をどう守る?" "在宅避難(自宅で避難生活トイレ共)をするためには、どうする?" 今後の、台風接近タイムラインにて、家屋敷養生、備え準備、実演講習、自然災害いつ起こるかも知れない、知識と準備訴えました。

総括 
災害現場の実情を本音と建て前に実例紹介し
・在宅避難の勧め・命の尊さ指示依頼テーマ命をどう守るに、集約して総括と致しました。

日時:令和2年9/27(日) 9:30~11:45
場所:東新田自治会館庭
参加:自治会会員約80名  
講師:石田健 防災士
講師:岡田和也防災士
講師:小椋養一防災士
内容
・救命講習
・消火器講習
・自分の命をどう守る

chibakita020927-1

chibakita020927-2

chibakita020927-3
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 講演 訓練 コミュニティー イベント 教育 勉強会 指導 現地活動 HUG 協定 被災地支援 訓練指導 総会 連携 女性 研修指導 支部総会 DIG 避難所 支部会議 HUG 女性防災士 受賞 セミナー 支部設立 自主防災組織 訓練HUG 地区防災計画 支部活動 実技指導 避難 法人化 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR