北海道支部 地域小学校のスキー学習への活動 

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会  活動報告

 《スキー場での児童安全管理等》
1 活動日時
 ① 平成30年1月31日(水) 8:30~14:30
 ② 平成30年2月14日(水) 8:30~14:00
 ③ 平成30年2月20日(火) 8:30~14:00 (予定)
2 活動場所 札幌市西区手稲オリンピアスキー場(1972年冬季札幌オリンピック会)
3 活動内容 札幌市内の小学校のスキー授業補助指導、コース・転倒などの安全管理。
4 指導者等 ランクコース毎に、PTA・若い保護者など、10名がボランティア対応
※ 防災士として、スクールガード・学校防災活動に参加している。

hokaido300214-1
スポンサーサイト

北海道支部 防災知識の学習会

hokaido280924-9.jpg 北海道防災士会 活動報告(地域の会員活動)

「北海Do防災かるた」及びパネルを活用した防災知識の学習会
1 開催日時 平成30年2月10日(土) 10:00 ~ 11:30
2 開催場所 胆振地方むかわ町 東第一集落センター
3 参加者  宮戸・米原地区の皆さん 13名《曙光会 会長 阿部良吉》
4 活動内容 北海道東沖地震、厳寒期の暴風雪等の防災知識の学習
5 活動指導 北海道防災士会 むかわ町在住会員 乃村哲次氏 

hokaido300210-1

東京都支部多摩ブロック 活動報告

三鷹市山中保育園での訓練
日時 平成30年1月19日13:00~14:30
場所 三鷹市山中保育園

tama300119-1
活動報告はコチラからご覧ください

千葉県北部支部 12/26(火) NPO法人キッズパレット防災体験(千葉県袖ケ浦市)

平成29年12月26日(火)、千葉県袖ケ浦市、NPO法人キッズパレットにて防災体験学習が行われ、BCN、千葉県北部支部、東京都支部の混合チームで支援しました。
主に学童の子ども達を対象としたキッズパレット防災体験学習は、一般のお子さんを含めて小学1年生から6年生まで約100名の子ども達が参加する学習イベントです。
昨年も支援させていただきましたが、今回のテーマは「災害サバイバル!いのちを守には」です。
地震体験以外は体育館内で行いましたが、まず全員で地震その他災害の講話を行い、次に災害サバイバル体験として地震ゾーン、津波ゾーン、火災ゾーンをそれぞれ回りながら、取るべき行動を学びます。いずれもブルーシートを工夫した疑似災害発生人力装置ですが、地震ゾーンでは、ブルーシートを広げて3人程度乗り、スタッフがブルーシートを揺らして地震を発生させます。子ども達はしゃがんでダンゴムシのポーズをとって頭を守る態勢をとってもらいますが、物が飛んでくることを想定して周りから丸めた新聞紙を投げ込み、しっかりと頭を守ってもらいました。津波ゾーンでは、ブルーシートの上に跳び箱を置き、スタッフがブルーシートで波を発生させ津波に見立てます。津波が来たら高台に逃げることを学ぶため、急いで逃げて跳び箱に乗ってもらい高いところに逃げることを学びました。火災ゾーンでは、屋内で火災に遭遇したときを想定して、ブルーシートを煙に見立てて腰の高さほどに張り、その下を子ども達が煙を吸わないようにハンカチを口に当てながら這うようにくぐり抜けます。火災現場では這うようにして移動することを学びました。
このブルーシートを使った人力装置は初めての試みでしたが、子ども達が大喜びで楽しみながら学習できていたことから大変有効であることが確認でき、今後も各所で行いたいと思う訓練メニューになりました。
その後は3ローテーションで地震体験、防災紙芝居、ロープワークを各25分で行いましたが、特に防災紙芝居では白川恵防災士が紙芝居を行いながら、災害時のポーズを子ども達にわかりやすく教え、単なる紙芝居ではなくそれに連動した身体の動きを交えて知識の定着を行いました。
体育館内でできる様々な訓練メニューを盛り込みましたが、子ども達のパワーに押されつつもスタッフ18名で対応し、充実した訓練かつ勉強になった訓練になりました。

日時:平成29年12月26日(火)
場所:袖ケ浦市立昭和小学校(体育館)
参加:小学1年生-6年生 約100人
講話講師:松井正雄防災士
スタッフ:18名
内容:講話、災害サバイバル体験、地震体験、防災紙芝居、ロープワーク

chibakita291226-1 chibakita291226-2

chibakita291226-3 chibakita291226-4

chibakita291226-5 chibakita291226-6

chibakita291226-7

千葉県北部支部 12/21(木) 千葉県立安房高校防災実技体験講習(千葉県館山市)

平成29年12月21日(木)、千葉県館山市、千葉県立安房高校にて防災実技体験講習が行われ、BCN、千葉県北部支部、東京都支部、千葉県防災士技術支援チームの混合チームで支援しました。
全校生徒720名と教職員数十名を対象に、心肺蘇生法、レジ袋活用法、搬送法を学年別にローテーションで行いましたが、1学年ずつのローテーションなので、一つの講習が240名になります。これまでにない多人数に対応するべく、防災士スタッフも20名を投入しましたが、それでも全体を把握するのは難しい状況でした。しかし、高校生たちはまじめな生徒が多く、積極性もあり、真摯な学習姿勢で臨んでいただいたため、何とか無事に訓練を終えることができました。
心肺蘇生法ではマネキン25体、あっぱくん20個、あっぱくんライト20個(学校提供)を使用し、約60班に分かれてできるだけ体験できるようにしました。30分という短い時間であるため胸骨圧迫の質の部分までは見て回れませんでしたが、生徒たちの一生懸命圧迫する様子は頼もしさを感じます。
レジ袋活用法では、各生徒達に1枚ずつレジ袋を渡し、袋の開け方、結び方、防寒、三角巾、おむつ、包帯といった様々なバリエーションを自ら試していただきました。良い意味でノリが良く、笑いを随所に加えて楽しみながら学習いただけたと思います。レジ袋の合間にクラスの代表者が地震体験を行い、生徒と教職員合わせて188名の方に体験いただきました。
搬送法では校舎の広めの通路を使用し、1クラスに1名の防災士が担当につき、6クラス同時に行いました。1クラス40名なので、何人かの代表者に徒手搬送や毛布搬送、応急担架などを試してみていただきましたが、普段行ったことのない訓練に皆さん前のめりで参加していました。
全生徒720名の実技3ローテーションに対応できるのか、少し不安がありましたが教職員の皆様の円滑な連携、防災士スタッフの臨機応変の対応、そして生徒達も非常に協力的でしたので実のある訓練になったと思います。また、私どもも反省点が多々見つかり、良い経験、良い勉強になりました。

日時:平成29年12月21日(木)
場所:千葉県立安房高等学校
参加:全生徒720名
スタッフ:20名
心肺蘇生法講師:榎本和幸防災士
レジ袋活用法講師:三浦美恵子氏
搬送法講師:松井防災士、谷防災士、渡邉防災士、鈴木防災士、佐藤防災士、高
崎防災士
内容:心肺蘇生法、レジ袋活用法、搬送法、地震体験

chibakita291221b-1 chibakita291221b-2

chibakita291221b-3 chibakita291221b-4

chibakita291221b-5 chibakita291221b-6

chibakita291221-7

兵庫県支部 平成29年度 浜の宮中学校防災訓練指導

hyougo251227-2
事業部   

兵庫県東播磨県民局の委託事業「ジュニア・地域防災スクール」の出前講座として、加古川市立浜の宮中学校の防災訓練の指導を行った。学校と地域、幼稚園、消防団と、校区内の様々な人達とのふれあいも兼ねて800名規模の大きな訓練となりました。
 【日 時】平成29年11月8日(水) 12時00分~14時00分
 【場 所】加古川市立浜の宮中学校
 【参加者】浜の宮中学校1、2年生、PTA役員、教職員、浜の宮幼稚園児、保護者、
     浜の宮中学校区住民、加古川市消防団尾上分団
 【指導者】防災士 10名   
 【内 容】1年生「災害前訓練」・・・土嚢作り(雨天のため室内)、ロープワーク
     2年生「発災時訓練」・・・搬送訓練、救命講習      
     幼稚園児・・・搬送訓練、消防車乗車体験
     地域住民、保護者・・・搬送訓練、ロープワーク、炊き出し訓練ほか

地域住民と一緒に実施することで、訓練を通して地域の中学生が出来ることを知っていただけたり、園児が参加することで中学生もしっかりした所を見せようと立派なお兄ちゃんお姉ちゃんの姿を見せてくれました。

2年生の救命講習ではトライやるウィークなどで普通救命講習を修了した生徒達が各班のリーダーとなり、率先して指導補助を担ってくれました。

幼稚園の保護者や中学校PTAの女性陣は「800名の参加者に対して食材は200名分しかない」との想定で800個のおにぎりを作成。それぞれの班で大きさや手順など工夫しながら作業を進めて、被災後の炊き出しは、ボランティアに頼らず自分たちで作るんだという意識を持っていただきました。

訓練を通して①出来る人が出来ることをする②被災後は工夫しながら安全に作業を進める③皆で助け合いアイデアを出し合い快適な生活環境を整えることなどを知ってもらうよい機会となりました。

※残念ながら雨天のため、学校側の判断で土嚢訓練は室内となりました。
(文責 横山恭子)

特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo291108-1
防災訓練画像はコチラからご覧ください

千葉県北部支部 12/19(火) 船橋市立宮本小学校防災学習(千葉県船橋市)

平成29年12月19日(火)、千葉県船橋市、船橋市立宮本小学校にて小学一年生を対象とした防災学習が行われ、千葉県北部支部が支援しました。
内容は「身近な物を使った防災グッズを作ろう」というもので、避難所等で物が少ない中、ぼくたちわたしたちができることをしよう、という学習です。具体的には新聞スリッパ作り、キッチンペーパーで作るマスク、レジ袋で三角巾、ゴミ袋でポンチョですが、正直一年生では難しいものではないかと思っていましたが杞憂に終わりました。子どもたちはどんどん教えられたとおりに手を休めることなく楽しそうに進みます。4種類のグッズ作成は見事クリアしてしまいました。
1学年は5クラスあり、1クラスずつ、10班に分かれての作業であるため、防災士10名で各班に一人ずつ配置し、5時限行いました。
子どもたちの素直さ、吸収能力に圧倒されつつ、この年代から防災学習を始めることによって段階を経て防災力が確実に身につくと考えられ、ぜひ継続して防災学習を行っていただきたいと心から思いました。
また、小学1年生のみを対象とした案件は北部支部としては初めてということもあり、貴重な体験になりました。

日時:平成29年12月19日(火)
場所:船橋市立宮本小学校
参加:小学1年生約150名
スタッフ:10名
内容:身近な物を使った防災グッズの作成アドバイス

chibakita291219-1

chibakita291219-2

chibakita291219-3

chibakita291219-4

chibakita291219-5

千葉県北部支部 12/12(火) 船橋市立宮本小学校防災学習支援(千葉県船橋市)

平成29年12月12日(火)、千葉県木船橋市、船橋市立宮本小学校において小学5年生を対象とした防災学習が行われ、千葉県北部支部からスタッフを派遣しました。
宮本小学校は防災学習の取り組みが進んでおり、昨年に引き続いての支援です。
小学5年生は小学3年生に向けて自分たちの防災学習の成果を発表しますが、それに先立ち防災士に説明を行いアドバイスを受けるというものです。1クラス7~8グループに分かれ、各グループでテーマを設けて独自に調べた内容を発表しますが、大変よく調べており、あるクラスではすでに成果品もあり、特殊なヘルメットやゴムと割り出しを使った震動検知装置など、オリジナリティ溢れるものとありました。
防災士スタッフは8名で各グループに1人配置し、それぞれアドバイスしましたが、そこから学んだこと、注意点などをA4用紙いっぱいに書いて、書ききれない場合はさらに用紙を追加してメモしていました。単に教わったことではなく自分たちが調べたことなので、真剣そのもので、抜け落ちていた点が保管されたり、別な視点から見ることができたり、充実した学習になったのではないかと思います。
このような学校が増え、防災学習の機会が増えることを願います。次週19日は同校で小学1年生を対象とした防災学習も支援が予定されています。

日時:平成29年12月12日(火)
場所:船橋市立宮本小学校
参加:約120名
スタッフ:8名
内容:防災学習アドバイス

chibakita291212-1

chibakita291212-2

chibakita291212-3

chibakita291212-4

chibakita291212-5

千葉県北部支部 11/30(木) 南房総市立富山小学校防災学習(千葉県南房総市)

平成29年11月30日(木)、千葉県南房総市、市立富山小学校防災学習において千葉県北部支部とBCNが共同で支援しました。対象は小学生全校生徒約240名です。
内容は〇×クイズと地震体験のローテーションで、高学年、低学年に分かれて、体育館と昇降口でそれぞれ行いました。
〇×クイズは榎本和幸防災士が講師となりましたが、大盛り上がりで、10問出されたクイズに合っていたり間違っていたり、そのたびに歓声が上がり、どうしてそうなのかといった解説に耳を傾け学習していました。単に解説するだけの講義より確実に効果があり、子どもたちも楽しみながら学べるので飽きることなく身についた印象です。低学年と高学年は異なるクイズで、特に低学年については漢字をできるだけ使わずにプロジェクターも使って分かりやすくしています。また、講師の榎本防災士のやさしい口調も子どもたちに受け入れやすかったと思います。
地震体験との時間的なバランスから〇×クイズの後はじゃんけん大会を行い、ここでも大いに盛り上がり、勝ち残った子にはプレゼントが渡されました。これも榎本防災士のアイデアによるものです。
地震体験では東北地方太平洋沖地震の波形による75秒バージョンを体験いただきましたが、あらかじめ注意事項を伝えていたこともあり、子どもたちは体験中しっかりと頭を守っていました。先生方が乗り込むと歓声が上がり、子どもたちに励まされながらの体験でした。
午後の避難訓練には参加できませんでしたが、丸1日使っての防災学習に私どもも積極的にかかわらせていただき大変勉強になったと同時に、こうした学習の機会をどんどん増やしていただきたいと願う訓練になりました。

日時:平成29年11月30日(木)
場所:南房総市立富山小学校
参加:小学生約240名
スタッフ:6名
講師:榎本和幸防災士
内容:〇×クイズ、地震体験

chibakita291130-1

chibakita291130-2

chibakita291130-3

chibakita291130-4

首都圏支部連絡協議会 11/19(日) 白鳥学園防災体験アカデミー(茨城県那珂市)

平成29年11月19日(日)、茨城県那珂市、白鳥学園において防災体験学習が行われ、首都圏支部連絡協議会として千葉県北部支部、東京都支部、BCNが共同で支援しました。前日から宿泊体験している小学5,6年生、中学1年生、計70名が対象です。
防災士が担当するのは2日目の8:00~11:00で、東京都支部の松井支部長が〇×クイズを、BCN代表の青木防災士がレジ袋の活用法、続いてローテーションで心肺蘇生法(マネキン8体)とロープワークを行いました。その間に班分け順に地震体験を行っています。子ども達は大変素直で行儀よく、楽しみながら体験していました。最後のあいさつでは、ロープワークが大変ためになり、楽しく学べたと代表の子どもが言っていましたが、老若男女ロープワークはどこでも人気です。地震体験ではこれまで体験したことがない子ども達ばかりで、黄色い悲鳴が上がっていましたが、いろいろな防災体験をしてあっという間に時間が過ぎてしまいました。
学校防災の支援が多くなり、人数に関わらずみんなが体験できるメニューと対応の仕方が経験値として積みあがってきていますが、支援する側、される側、双方にとって大変勉強になった訓練でした。

日時:平成29年11月19日(日) 8:00~11:00
場所:瓜連小学校
主催:白鳥学園学校運営協議会
参加:約70名、教職員、保護者
講師:松井正雄防災士、青木信夫防災士他
スタッフ:10名(千葉県北部支部、東京都支部、BCN)
内容:〇×クイズ、レジ袋活用法、心肺蘇生法、ロープワーク、地震体験

shutoken291119-1 shutoken291119-2

shutoken291119-3 shutoken291119-4

shutoken291119-5 shutoken291119-6

プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 コミュニティー 研修 イベント 講演 教育 訓練 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 協定 訓練指導 支部総会 DIG 支部会議 自主防災組織 研修指導 セミナー 被災地支援 避難所 女性 連携 HUG 支部設立 受賞 法人化 実技指導 支部活動 女性防災士 訓練HUG 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR