千葉県北部支部 6/14(木)習志野市立実籾小学校地域防災探索その1(千葉県習志野市)

平成30年6月14日(木)千葉県習志野市立実籾小学校において、小学6年生を対象とした防災学習が行われ、千葉県北部支部が支援しました。小学6年生が独自の防災マップを作成するための下調べとして、今回は「その1」として地域の災害上危険な物、危険な場所を実際に地域を見て回りチェックするというものです。崖、ブロック塀、倒れそうな家屋、自動販売機、狭い道などを歩いて地図に落とし込んでいくという作業ですが、6年生全員を4班に分け、それぞれ防災士が2名ずつ入り、防災上の注意点などをアドバイスしました。
小学生は大変まじめに取り組み、ふざける子も出ず、一つひとつのチェックポイントを記していました。このような取り組みによって、何がどのように危険なのか、その場所はどこなのか、主に通学路を見て回ったことから通学時の災害にも役立つだけでなく、防災上の視点を得ることができ確実に防災力が向上したと思います。
次回は「その2」として災害時に役立つもの、安全な場所について街歩き探索を行いますが、私ども防災士も同行し一緒に勉強していきたいと思います。

日程:平成30年6月14日(木)
場所:実籾小学校
参加:小学6年生約80名
スタッフ数:8名
内容:街歩き防災アドバイス

chibakita300614-1

chibakita300614-2

chibakita300614-3
スポンサーサイト

千葉県北部支部 6/4(月)習志野市立実籾小学校防災学習(千葉県習志野市)

平成30年6月4日(月)習志野市立実籾小学校において小学6年生を対象とした防災学習が行われ、千葉県北部支部のスタッフがアドバイスを行いました。
実籾小学校の黒田みのり先生は防災に明るく、こども達への防災教育に熱心に当たっている先生で、今年度は場所別の身の守り方から始まり、まち歩き防災探索、防災マップ作り、自分たちでできる防災対策などを行う予定とのことで、こども達の防災力が確実に上がるカリキュラムになっています。
今回は、場所別の身の守り方で、こども達が学校内の各所で地震が起きたときにどう身を守るかを考えてもらい、写真を撮って発表するものです。教室内では、家庭科室では、プールでは、靴箱ではなど、18のそれぞれ地点で何が危険なのか、どうしたらよいかを考え、自分たちで身の守り方を作ってきました。
ほとんど我々防災士の出番はないのではと思われるほど、しっかりと理由付けされた身の守り方で、アドバイスは細かいところの修正くらいでした。
防災学習がなかなか進まない現状、当実籾小学校のように積極的に取り組む学校が増えてくることを願い、また私どももその普及と支援に向けて進みたいと、その思いを実感できる防災学習でした。

日時:2018年6月4日(月)10:35-11:20
場所:習志野市立実籾小学校
参加:小学6年生 約80名
スタッフ数:7名
内容:場所別身の守り方アドバイス

chibakita300604-1

chibakita300604-2

千葉県北部支部 6/1(金)文京区立第八中学校防災宿泊体験内講演(東京都文京区)

平成30年6月1日(金)東京都文京区立第八中学校において在校中学2年生を対象とした防災宿泊体験(1泊2日、翌2日8:00まで)の初日夜に、東京支部松井防災士による防災講演と防災○×クイズが行われました。千葉県北部支部メンバーはスタッフとして参加しました。講演では、防災の心得をはじめ、災害時の必需品や備蓄品、災害伝言ダイアル171、簡易トイレなどの具体例も示され、東日本大震災における被災事例や教訓も盛り込まれたものです。
夕飯を済ませた後の眠くなる時間にもかかわらず、誰一人居眠りをすることもなく、熱心に防災講演のスライドを見入るまなざしに感心しました。防災○×クイズでは、講師の質問に積極的な発言と回答があり、その回答内容にはわれわれ防災士も驚くほどで、全問正答者も続出です。事前学習をしてきたとのことで、地域防災に係る若き担い手として、自ら考え行動する頼もしい存在だとうれしく思います。

文京区では小学4年生と中学2年生を対象に防災宿泊体験を行っており、防災教育に熱心に取り組んでいます。今回の2年生も小学生のときに経験しており、将来を担う、また発災時に地域に一番近い存在である彼らのマインドアップとスキルアップに引続き支援、協働していきたいと思います。

日時:2018年6月1日(金)18:45-20:00
場所:文京区立第八中学校
参加:在校中学2年生26名、教職員:4名、計30名
講師:松井正雄防災士
スタッフ数:3名
内容:防災講演、防災○×クイズ

chibakita300601b-1

chibakita300601b-2

chibakita300601b-3

chibakita300601b-4

千葉県北部支部 5/25(金)文京区立第十中学校防災宿泊体験内講演(東京都文京区)

平成30年5月25日(金)東京都文京区第十中学校において中学2年生を対象にした防災宿泊体験が行われ東京都公園協会作成の「防災てぬぐい」を使って防災講演と身の回りにある物を使った応急手当実演を行いました。東京都支部および千葉県北部支部の共同活動です。
中学生は災害時に地域を守る最も必要とされる存在であること。そして自分の身は自分で守ること。地域の人を助けたりケガの手当てなど自分ができることを考える為の講義と実演を1時間30分にわたり行いました。
地域を守る将来を担った中学生に自分の身を守ることと自分達ができることは何か考える防災体験はとても意義のある活動です。今後も継続して活動を推進していきたいです。

日程:平成30年5月25日(金)
場所:文京区第十中学校
参加:中学2年生66人+教職員5人
スタッフ数:4名
内容:講演・身の回りにある物を使った応急手当て

chibakita300525-1

chibakita300525-2

chibakita300525-3

chibakita300525-4

千葉県北部支部 5/26,27(土日) 睦沢町こども防災アカデミー(キャンプ)(千葉県睦沢町)

平成30年5月26,27日(土日)千葉県睦沢町、睦沢町寺崎やすらぎの森にて「防災アカデミー(キャンプ)」が行われ、BCNおよび千葉県北部支部が支援しました。小学4年生を対象とした1泊2日の防災キャンプです。こども達も我々防災士もテントで一夜を過ごしました。
指導に当たったのは町保険栄養推進員、日赤ボランティア、青少年相談員、防災士です。
1日目の我々の担当は火起こしと夕食づくりです。火起こしではマッチ、マグネシウムファイヤースターター、木製火起こし器に始まり、火災旋風実験ではこども達もその火柱に目を丸くしていました。木製火起こし器は奪い合うように一生懸命火を起こしていましたが、煙が出ると歓声が上がるなど興味津々です。夕食はカレーでご飯はハイゼックスです。夜になると、昼間に作成したオイルランプに火を灯し、あいにく曇だったので星は出ていませんでしたが星座の話を聞きました。興奮は冷めずなかなか寝付けない子もいましたが、みんなでテント泊です。
2日目はラジオ体操に始まり、地震体験、ロープワーク、レジ袋の活用法、簡易担架搬送法などの実技をこなしました。合間の休憩時間には木製火起こし器でなんとか火を起こそうとしたり、食事の手伝いをしたり、防災を楽しんでいる様子が見て取れます。
防災キャンプに参加して、われわれの勉強にもなり、こども達との触れ合いもあり、このようなイベントが各地で行われ、そのお手伝いが出来ればと願う活動になりました。

日時:平成30年5月26,27日(土日)15:00-翌12:00
場所:睦沢町寺崎やすらぎの森
参加:こども29名
スタッフ数:延べ14名
内容:火起こし、ハイゼックス、ロープワーク、レジ袋防災活用、簡易担架搬送

chibakita300527-1 chibakita300527-2

chibakita300527-3 chibakita300527-4

chibakita300527-5 chibakita300527-6

千葉県北部支部 5/10(木) 船橋市立湊中学校救命講習(千葉県船橋市)

平成30年5月10日(木)千葉県船橋市、船橋市立湊中学校において救命講習が行われ、千葉県北部支部が講師を務めました。
毎年恒例になりましたが、1,2年生全員を対象に2クラス合同で1度に60名前後の講座を4回行い、5回目の講習は教職員と地域住民の方々を交えての講習です。中学生を指導したのは臨床工学士でもある榎本和幸防災士、教職員向けは平山優子防災士がそれぞれメイン講師を務め、12名のアシスタント防災士が各班に入り指導しました。
1単元50分という短い時間ですが、2年生は胸骨圧迫もしっかりと押すことができ、一連の流れからAEDの操作まで一通り習得できたように思います。1年生は若干体力不足が否めませんが、心肺蘇生法の重要性と流れは十分把握できたのではないかと思います。
湊中では心肺蘇生法をしっかり身に着けて卒業してもらうという学風があり、そのお手伝いをさせていただくことは大変ありがたく、またその責任も大きいものです。
また、教職員と共に地域の方々が一緒になって講習を受けるという、地域との連携をこのような形で実現しているところは少なく、好例として今後も地域とのつながりを期待でき、強いては避難所になった時の連携も円滑に行われるのではないかと、そう期待できる取り組みだと感じました。

日時:平成30年5月10日(木)
場所:船橋市立湊中学校
参加:1,2年生全員 約250人、教職員,地域住民 約50人
講師:榎本和幸防災士、平山優子防災士
スタッフ:12名
内容:救命講習

chibakita300510-1

chibakita300510-2

chibakita300510-3

chibakita300510-4

chibakita300510-5

沖縄県支部 西原町教育委員会等による防災講座において防災講話の実施

「支えあう街づくり」
~いつ起こるか分からない災害に備えよう~

 平成30年3月17日(土) 午後1時から午後5時の間、西原町立南小学校ミーティングルームにおいて、西原町教育委員会および西原町地域ぐるみ学力向上推進協議会の共催で、「防災講演会」(33人参加)「炊き出し実習」(子供会40人参加)が行われました。
 日本防災士会沖縄県支部からは、新城格支部長、新垣博也副支部長および新垣すみえ事務局長が参加しました。 
【講話の概要】~新城格防災士会沖縄県支部長が西原町に特化した防災講話実施。
〇西原町では、多くの災害リスクがあり、中でも大雨による川の氾濫、台風、地震、津波、土砂災害、石油備蓄基地(元南西石油)から派生する事故、航空機事故等
〇防災~「地域を知る。去の災害、これからの災害を知る。自分自身を知る。ことから始まる。
〇防災の基本~自助、共助、公助 特に災害時には自助が原則。
〇自主防災会の必要性  〇自主防災会活動と課題 〇自主防災会の防災訓練
〇大規模災害の教訓から 〇防災は女性の視点で 〇県内各地では、有感・無感の地震が頻発している。 〇「津波てんでんこ」と「割り切れない人倫の問題」。  〇日頃からの備え~無理をしない。経済的にできることから。ロジスティック的な家庭の備蓄。
〇防災活動は、防犯活動であり福祉活動でもある。等の内容で講話を行いました。

防災講話の後、副支部長と事務局長で、防災グッズの紹介や避難所で緊急に使用するスリッパを新聞紙で作る要領を伝授する等、防災意識を高めました。

その後、西原町子供会では父兄の支援を得て、御菓子「じゃがりこ」に水を入れてサラダを作り、「乾パン」を潰してきな粉団子を作ったり、水で麵をふやかしたり、切り干し大根を水につけての料理、アルファー米を使ってお湯を入れ、ふりかけと混ぜて美味しいご飯作りなど災害時の「飽きない食事作り方」等について、実習が行われました。

okinawa300317-1 okinawa300317-2

okinawa300317-3 okinawa300317-4

okinawa300317-5 okinawa300317-6

okinawa300317-7

北海道支部 平成29年度ほっかいどう防災教育協働ネットワークの集い

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告

 《平成29年度
  ほっかいどう防災教育協働ネットワークの集い》活動事例発表

1 開催日時  平成30年2月27日(火) 15:00~17:30
2 開催会場 北海道庁 赤レンガ会議室 (札幌市中央区)
3 主催者   「ほっかいどう防災教育協働ネットワーク、北海道」 道)危機対策局
4 開催内容 構成員による防災活動等の事例発表及び意見交換等
5 参加者   関係機関及び団体、個人など50名 (防災士会、本部・支部会員 15名)
        ※北海道防災士会「災害(火山)学習体験活動」について報告

hokaido300227-1
hokaido300227-2
hokaido300227-3

北海道支部 地域小学校のスキー学習への活動 

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会  活動報告

 《スキー場での児童安全管理等》
1 活動日時
 ① 平成30年1月31日(水) 8:30~14:30
 ② 平成30年2月14日(水) 8:30~14:00
 ③ 平成30年2月20日(火) 8:30~14:00 (予定)
2 活動場所 札幌市西区手稲オリンピアスキー場(1972年冬季札幌オリンピック会)
3 活動内容 札幌市内の小学校のスキー授業補助指導、コース・転倒などの安全管理。
4 指導者等 ランクコース毎に、PTA・若い保護者など、10名がボランティア対応
※ 防災士として、スクールガード・学校防災活動に参加している。

hokaido300214-1

北海道支部 防災知識の学習会

hokaido280924-9.jpg 北海道防災士会 活動報告(地域の会員活動)

「北海Do防災かるた」及びパネルを活用した防災知識の学習会
1 開催日時 平成30年2月10日(土) 10:00 ~ 11:30
2 開催場所 胆振地方むかわ町 東第一集落センター
3 参加者  宮戸・米原地区の皆さん 13名《曙光会 会長 阿部良吉》
4 活動内容 北海道東沖地震、厳寒期の暴風雪等の防災知識の学習
5 活動指導 北海道防災士会 むかわ町在住会員 乃村哲次氏 

hokaido300210-1
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 コミュニティー 研修 イベント 講演 教育 訓練 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 協定 訓練指導 支部総会 被災地支援 DIG 研修指導 女性 自主防災組織 HUG セミナー 支部会議 連携 支部設立 避難所 受賞 女性防災士 実技指導 支部活動 訓練HUG 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR