千葉県北部支部  10/11(水) 千葉県船橋市湊中学校地域合同防災訓練

平成29年10月11日(水)、千葉県船橋市、船橋市立湊中学校において地域合同防災訓練が行われ、千葉県北部支部、BCNが共同で支援しました。湊中学校は年3回ほど、種々の訓練に参加させていただいていますが、今回はその中でも重要な訓練になります。我々の担当は2年生全員を対象とした実践的ロープワークと起震車です。ローテーションで行う他の訓練は体育館内で仮設トイレの設置訓練です。
昨年(2016年)も同様の訓練ですが、特徴はロープワークで、一般的な訓練方法であるロープの結び方を中心とした指導ではなく、水害で1階が水没している状態を想定し、水タンクを船で運んできたときに、その水タンクを2階にロープを使って引き揚げ、また、タンクを1階に降ろす訓練です。ロープの結び方そのものではなく、どのようなときにどのような結びが必要になるか、その利用方法からの結び方を学び、実際に利用してみるというまさに実践的なワークです。
1階と2階のチームに分かれ、まず、1階のチームが荷造り紐(玉のPPテープ)を2階に投げ、荷造り紐の端をつかみ、玉を1階に落とします。落とした玉紐をはさみを使わずに摩擦で切り、ロープに一重つぎで結びます。もう一端は水タンクに巻き結びと止め結びで固定し、準備ができたら2階のチームが補助ロープ(玉紐)を引き上げて、タンクまで引き上げます。ロープをほどき、引き解け結びで結んで1階に降ろしていき、接地したら引き解けを利用してロープだけ回収します。これで一連の作業が完了し、1階のチームと2階のチームが入れ替わって、同様の訓練を行います。
この方法は北部支部独自のもので、中学校に適当なベランダ部があるため、この方法を採りましたが、ロープワークの結び方中心の指導法ではなく利用中心の指導法も大いに進めるべきと感じています。
起震車はロープワークの訓練中に順次行い、全員が体験しました。

日時:平成29年10月11日(水) 13:30-15:30
場所:船橋市立湊中学校
参加:120名
スタッフ:12名
内容:ロープワーク、起震車

chibakita291011-1 chibakita291011-2

chibakita291011-3 chibakita291011-4

chibakita291011-5 chibakita291011-6

スポンサーサイト

北海道支部 「十勝岳、火山・噴火災害体験学習会」の開催 

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告 
 
開催日時  平成29年9月30(土) 8:00 ~18:00
開催場所  大雪山系・・・十勝岳 (札幌~上富良野・美瑛~
      札幌 300km)
参加対象  防災に興味のある子ども達と家族及び防災士会員など35名参加。
体験内容  約35年前後を周期に噴火を繰り返し、過去の災害被害とその対策等の現況
      を学習した。また、未来を担う子供への防災関心及び防災士としての体験
      スキルアップとした。
安全装備  登山の服装・ヘルメット・担架・救命品・AED・拡声器・ホイッスル・ロープなど
      を装備
山の気象  十勝岳山頂は初冠雪、中腹は紅葉の始まり、秋空の山は目まぐるしい天
      候の変化となる。
協力団体  北海道社協、十勝岳ジオパーク推進協議会、札幌市防災協会、江別グリ
      ーンライオンズクラブ 

hokaido290930b-1 hokaido290930b-2

hokaido290930b-3
hokaido290930b-4 hokaido290930b-5.jpg

hokaido290930b-6.jpg hokaido290930b-7.jpg

hokaido290930b-8.jpg hokaido290930b-9.jpg

hokaido290930b-10.jpg hokaido290930b-11.jpg

hokaido290930b-12

hokaido290930b-13.jpg hokaido290930b-14.jpg

hokaido290930b-15.jpg hokaido290930b-16.jpg

hokaido290930b-17

hokaido290930b-18.jpg hokaido290930b-19.jpg

千葉県北部支部 千葉県匝瑳市 親子で学ぶ防災体験教室

平成29年9月24(日)、千葉県匝瑳市、八日市場青年会議所が主催する「親子で学ぶ防災体験教室」が行われ、千葉県北部支部とBCNが共同で支援を行いました。
受講者は親子ペアで約40名。11:00から16:30までの学習で、楽しみながら体験を通して防災を学ぶとともに、大人と子どもが一緒になって親子の絆を深めるという目的も含まれています。
開会式が行われ、まず座学で自分の身を守る大義を学んだあと炊飯袋(ハイゼックス)の使用方法、注意点の説明があり、別棟の調理室に移動。持ち寄ったお米で炊飯です。炊きあがるまでの間の簡易ランタン作りではみんな一生懸命で点いたり消えたりして大忙しの中、ご飯が炊きあがりお昼を試食しました。
午後ははじめに応急手当・担架搬送法と救命講習をローテーションで行い、対応方法を学びました。公園に移動して、火起こし消火体験と地震体験をローテーションで行いましたが、火起こしではファイヤースターターで火花を散らし、まいぎり式火おこし器で原始的な着火法を学びました。火災旋風実験見学では、その火柱の高さに大人も子どもも驚きを隠せないでいました。地震体験では東北地方太平洋沖地震の波形モデルを体験し、どちらかと言えば大人の方がその恐ろしさを感じているように思いました。
閉会式ではお礼にと防災士のメンバー全員に「匝瑳の舞(お米)」が進呈され、恐縮しながらありがたくいただきました。この場を借りまして改めてお礼申し上げます。
長時間かつ盛りだくさんの企画ですが、時間はあっという間に流れ、楽しくためになる防災教室になったと思います。また、親子の絆もより深まり、きっと夜には家族で今日のことを話し合ったと思います。このような企画は全国的に広め、多くの場で防災と絆が広がっていくことを期待します。

日時:平成29年9月24(日) 11:00-16:30
場所:匝瑳市野栄総合支所他
参加:約40名
講師:白川恵防災士、川崎隆克防災士、谷正美防災士
スタッフ:6名
内容:講演、ハイゼックス、応急・搬送・救命、火起こし消火、地震体験

chibakita290924-1 chibakita290924-2

chibakita290924-3 chibakita290924-4

chibakita290924-5 chibakita290924-6

愛知県支部 愛知県立岩倉総合高校「学校祭での防災・減災啓発活動」

日時  平成29年9月11日(月)9:30~14:20
場所  県立岩倉総合高校 生徒棟2階 学習室4
参加者 132名(生徒、教諭・保護者等)
参加防災士 7名
 
 今年も高校からの要請を受け、防災士会のブースに教室と廊下を借りて啓発活動をした。昨年から高校と大学の連携防災研修で学んでいた4名の生徒が、愛知県の防災リーダーに認証され、学校の防災に対する思いや期待も大きく変わり始めた。高校生の若い力と行動力に、校長先生や職員の皆様をはじめ地域の方々からの期待も高まってきているのを感じた。
 防災士からロープの扱いを学んだ生徒が、今度は教諭や保護者などに教えながら身に付けていく姿に頼もしさを感じ、この展開を嬉しく思った。
 今回も起震車を設置し、参加者には家具の固定や救急救命の方法、防災品の数々の展示や非常食の試食などから多くのことを学びながら体験していただくことができた。
私達防災士においても有意義で手ごたえのある活動となった。

aichi290911-1b aichi290911-2b

aichi290911-4b aichi290911-3b

大阪府支部 吹田市内活動について

第5回平成29年度吹田防災士会定時総会

日時 平成29年7月17日
開催時間 14:00~17:00
開催場所 吹田市立千里山コミュニティセンター 3階1会議室
参加者  来賓 3名、一般市民 9名、
     吹田市認証防災リーダー 7名、
     吹田市内防災士 5名 計 24名
此の会は吹田市内を一円、一般市民防災活動家と吹田市内認証防災リーダ・吹田市内防災士と協力団結し活動を行いました。

osaka290717-1 osaka290717-2


第10回吹田市吹六地域子供防災体験会開催

実施内容 公民館の防災工具をさわって楽しく学ぼう。
夏です、かき氷を自分で作り体験し楽しく食べよう。

日時 平成29年8月17日
開催時間 14:00~16:00
開催場所 吹田市吹六公民館 2階 調理室
参加者  一般市民・PTA役員 3名、
     小学生 14名 幼児 3名、
     吹田市認証防災リーダー 2名、
     吹田市内防災士 1名 計23名

此の会は吹田市内を一円、一般市民防災活動家と吹田市認証防災リーダー・吹田市内防災士と団結協力し活動を致しております。現在は吹田市子供防災(小学生5年以上と中学生・高校生)の防災教育と体験会を実施し地域に貢献出来る人材に育てる地道な活動を致しております。吹田市教育委員会、教育長へ活動の説明を致しております。

osaka290817-1 osaka290817-2

osaka290817-3 osaka290817-4

osaka290817-5 osaka290817-6

千葉県北部支部 船橋市総合防災訓練-湊中学校支援

平成29年8月27(日)、船橋市総合防災訓練が行われ、千葉県北部支部は船橋市立湊中学校の要請を受け支援しました。9:00のシェイクアウトに始まり、基本は避難所運営に関する訓練です。私ども防災士は仮設トイレの組立、撤去、パーテーション、リヤカー、車椅子、発電機、投光器などの資機材関係についての支援を行いました。校庭や柔道場では消防署、消防団による水消火器、三角巾、搬送法などが行われていました。
船橋市の総合防災訓練は毎年行われ、学校単位で学生はもとより地域の方々に対し特に避難所の訓練を進めています。
今回は地域の方々も30名以上が参加され中学生と合わせて70名程となり、資機材を倉庫から出すところから始めて、ブルーシートの設置から資機材組立、避難者受付、資機材撤去といった一連の流れを追った訓練でした。

日時:平成29年8月27(日) 9:00-11:30
場所:千葉県船橋市立湊中学校
参加:船橋市民約35名、中学1,2年生約35名
スタッフ:5名
内容:避難所にかかる資機材の組立、撤去

chibakita290827-1

chibakita290827-2

chibakita290827-3

chibakita290827-4

chibakita290827-5

兵庫県支部 ラジオ体操&楽しく学ぶ防災教室

hyougo251227-2
事業部   
 兵庫県東播磨県民局の委託事業「ジュニア・地域防災スクール」の出前講座として、加古川市粟津町内会にて「ラジオ体操&楽しく学ぶ防災教室」を実施。「子どもたちも参加できる防災訓練をしたい」との相談を受け昨年度から始めた企画で、子どもや地域住民など約100名が集まる「夏休みラジオ体操」にプラスして、防災講話や炊き出し訓練を行った。
  【日 時】平成29年7月29日(土)  6時30分~8時00分
  【場 所】加古川市 粟津神社
  【参加者】加古川町粟津の住民、その他近隣住民 約100名
  【指導者】防災士 1名   

  最近、朝食を食べない子どもたちが増えていることから、ラジオ体操後に非常食の試食をし、食の大切さと避難所での生活についての話をしました。「訓練に子どもが参加しないのではなく、子どもたちが集まる場所で訓練をしましょう」とアドバイスしたことにより、訓練の参加人数も増え、町内会では一度も行ったことがなかった炊き出し訓練も実施することが出来るようになりました。今年度は、近隣住民も参加され、他の地域への展開も期待できそうだと役員の皆様から嬉しいお言葉もいただきました。

加古川粟津自主防災HP  
http://www.geocities.jp/awazu675/bosaikurabu29d.htm
 
(文責 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会


hyougo290729-1

hyougo290729-2

兵庫県支部 千種高等学校 防災教育出前講座

hyougo251227-2
事業部    
兵庫県西播磨県民局の契約事業として出前講座を実施。兵庫県立千種高等学校全校生徒を対象に防災授業を行いました。300年前から言い伝えられている宍粟市の「抜山」の山津波の恐ろしさと「奇跡の全員脱出」の言い伝えを講話で伝えた後、「高校生にも出来ること」をテーマとし、搬送法や応急手当の方法を全員で練習した。
 【日 時】平成29年7月13日 10:35~12:25
 【場 所】兵庫県立千種高等学校 体育館
 【対象者】生徒107名、教職員
 【指導防災士】講話:竹平防災士  訓練指導:八瀬防災士
       補助:兵庫県防災士会 会員 3名
(文責 横山恭子)

特定非営利活動法人兵庫県防災士会


hyougo290713-1
出前講座の様子はコチラからご覧ください

兵庫県支部 北播磨地域にて「防災情報活用研修会」開催

hyougo251227-2
事業部    
兵庫県北播磨県民局の委託を受け、自主防災組織のリーダーや自治会長、ひょうご防災リーダーを対象に、「平成29年度 防災情報活用研修会」を実施。自然災害などの基礎知識や、防災情報の見分け方などタブレットを利用して「兵庫県CGハザードマップ(兵庫県ホームページ内)」の使い方を指導し、行政の指示を待つのではなく、自分たちで防災情報を取りに行く取り組みを促す目的として開催されました。
  【実施日】平成29年7月8日、9日 滝野文化会館  135名
      平成29年7月15日、16日 西脇市消防コミュニティセンター  84名
                                 計219名
  【指導スタッフ】兵庫県防災士会 会員    26名  ※延べ人数
  【主催】兵庫県北播磨県民局、特定非営利活動法人 兵庫県防災士会
  
 兵庫県CGハザードマップを使い、「土砂災害」「洪水」「ため池」「高潮」「津波」などそれぞれの被害想定を確認したり、過去の被害状況や避難所の収容人数などを調べた。タブレットでは、すべての情報を得ることが出来ない為、「パソコン版」で作業をし、作図機能を使って距離を測ったりと地図作成に取り組みました。最終日には、研修中に夕立が降るなど悪天候になったため、リアルタイムで雨雲レーダーや河川監視カメラを見ていただくなど、即実践ができた。今後、行政に頼らず各自で早期避難の判断が出来る様、地域での取り組みに期待したい。

hyougo290605-3
★ 兵庫県CGハザードマップ  http://www.hazardmap.pref.hyogo.jp/

(文責 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo290708-1

hyougo290708-2

hyougo290708-3

hyougo290708-4

兵庫県支部 赤穂高等学校定時制3年生 出前講座

hyougo251227-2
事業部    
兵庫県西播磨県民局の契約事業として出前講座を実施。兵庫県立赤穂高等学校の定時制生徒を対象に避難所運営図上訓練を実施しました。一人ひとりが役割を果たし、短い時間でしたが真剣に取り組んでいただけました。
 【日時】平成29年7月3日 17:40~19:00
 【場所】兵庫県立赤穂高等学校 同窓会館
 【対象者】3年生18名、教職員
 【指導スタッフ】兵庫県防災士会 会員  4名
(文責 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo290709-1
防災教育出前講座の様子はコチラからご覧ください
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 教育 講演 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 協定 総会 訓練指導 支部総会 DIG 自主防災組織 支部会議 被災地支援 HUG 研修指導 支部設立 女性 セミナー 連携 受賞 避難所 支部活動 法人化 訓練HUG 女性防災士 実技指導 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR