FC2ブログ

奈良県支部 大宇陀小学校防災訓練

 11月12日(火)に、宇陀市の大宇陀小学校において、夏季休業中の教職員研修会に引き続き、児童・保護者向けの防災講演を行いました。
 当日は、①児童・保護者が体育館に集まり児童向けのお話。②児童が教室に戻ったのちに保護者向けの講演。③保護者参加のもと、学校の引き渡し訓練 の順で行われました。
 児童向けのお話では、阪神淡路大震災の映像(コンビニなどの陳列物が崩れ落ちる様子など)を見た後、何人かの児童に前に出てきてもらい、教室や下校中のブロック塀脇などで地震に遭った時のシェイクアウト訓練を行いました。教室を想定した場面では日ごろの学校での訓練の成果が表れていましたが、通学路を想定した場面ではブロック塀を想定した段ボールの下敷きになってしまいました。改めて児童全員で地震に遭遇した場所での対応のポイントが確認できました。
 保護者向けの講演では、『家庭ですべき災害への備え』と題し、自分自身や家族を守るために知っておくべき〈地震や水害に関する知識〉〈「避難」の考え方〉〈日ごろの暮らしの中でできる備え(寝る時、かたづけ、買い物)〉について情報を共有し、「命を守る」ということについて考えました。
 大宇陀小学校では初めてとなる、保護者参加の引き渡し訓練。これまで先生方で数回シミュレーション訓練を行ってこられたこともあり、想定した手順で大きな混乱なく進みました。
 すべての予定が済んだあと、校長先生、防災教育担当教員、防災士が集まって、防災士より訓練についての講評・課題等についてお伝えし、学校の今後の進め方について意見交換を行いました。引き渡し訓練についての保護者アンケートを踏まえ、今後も訓練を積み重ね、課題を整理して次に活かす、いわゆるPDCAでより有効な防災教育が実施されていくことでしょう。 
(報告者:岡本防災士)

nara191112-1

nara191112-2

nara191112-3

奈良県支部 三宅小学校学童引き渡し

 2019年11月9日、三宅小学校において大規模地震発生時の児童引渡し訓練が行われました、訓練には全校生徒約300人と、その保護者の方、学校関係者を含めて約600人が参加しました。今回の訓練は、これまでの経験を生かして、負傷した子どもたちを別に集めたり、地震によって通常の避難路が通れない場合はどうするのか等工夫の跡が伺える訓練となりました。奈良県防災士会からは地元の植村防災士がアドバイザーとして参加し、訓練全体の講評や課題、問題点などを訓練終了後に校長先生を始め担当の先生と話し合い、今後は学校(地域)のリスクを知るとして研修を積み重ねて行くことが決まりました。

nara191109-1

nara191109-2

nara191109-3

nara191109-4

愛媛県支部 こども防災キャンプに協力

10月に宇和島市で開催されました、こども防災キャンプに日本防災士会愛媛県支部も協力しました。
災害用トイレの作成方法など、子どもたちに学んでもらいました。

ehime191111-1

ehime191111-2

ehime191111-3

千葉県北部支部 10/18(金) 佐倉市青菅まちづくり協議会・井野中学校共催防災訓練(千葉県佐倉市)

青菅まちづくり協議会が、毎年井野中学校1年生に対する避難所運営訓練を実施していましたが、本年は「自分の命は自分で守る」をメインテーマにすることで学校側と協議し、実体験者の話を聞きたいとのことで、千葉県北部支部に講師派遣を依頼してきました。
当支部には、阪神・淡路大震災、中越地震の際、建物応急危険度判定士として、又 東日本大震災時には、翌日から閖上の避難所で1ヶ月以上ボランティア活動を体験した防災士:小椋副支部長がおります。講師としては最適な人材と思い推選したところ、ぜひお願いしたいとのことであり、学校時単元の45分で講義することに決定しました。

当日は、登校(避難してきたとの想定)してから校庭を4区画に分割し、避難者の受け入れ・災害弱者に対する補助(車椅子介助)等をまち協の方が指導し、その後音楽室に移動(校庭で実施⇒雨模様のため教室に変更)小椋防災士の講演となりました。

講演は、閖上で友人をなくした経過を話し、「自分の命は自分で守る」ことの大切さを伝えました。そのあと、避難所の実態を話し始めると生徒たちの表情が一変、食い入るようなまなざしで聞き入っていました。小椋氏は持ってきた資材(ボランティア参加時の持参品)の中から突然オムツを取り出すと緊張していた聴講者はあれ?という雰囲気になり、次に何を話すのか待ち受ける態度が見受けられ、使用目的が分かる
とうなずいていました。
身振り・手振り・口八丁の45分間次々に繰り出される実体験談、まとめに入るともっと聞きたい雰囲気になっていました。
このような講義は今までになっかたので、今後も「きずき」を与えられる訓練を実施していきたいとの協議会・学校からの要望もいただきました。

中学生を対象とした講義は実施したことのない中で、災害時に活動の核となる生徒に実態を伝えることができたとと思慮されました。 災害被害の少ない千葉県も、9月の台風15号による混乱を経験したことで、自分の命を守ることの大切さを感じ取っていただきました。マニュアルのない災害、「どのような行動を取るべきか」をさらに発信していかなくてはならないか痛切に感じました。想定外を想定内にするべき努力を(防災士の進むべき方向性)

日時:令和元年10月18日(金) 9時30分~10時10分
場所:佐倉市立井野中学校
参加:井野中学校1年生・教師・青菅まちつくり協議会・近隣の社会福祉施設住民等 約200名
講師:小椋養一北部支部副支部長

スタッフ:髙﨑防災士
内容:防災講演

chibakita191018-1

chibakita191018-2

北海道支部 道立静内高校・マイタイムライン授業

hokaido190705-1
hokaido280924-9.jpg 活動報告 北海道防災士会 【№ 211】

1 開催日時 令和元年10月16日(水) 50分授業にて
2 開催会場 北海道日高地方 新ひだか町静内高校
3 開催概要 高校3年生70名 地学、地域の災害対応
4 開催指導 同高校教諭 伊藤友彦氏 (当会防災士)
 ※公開授業・・・地域関係機関、当会会員が見学     災害対応は
                      「あなたの心の備え」から
hokaido191016-1.jpg

愛知県支部 岩高祭で防災・減災啓発

 9月4日(水)に愛知県立岩倉総合高等学校様からご依頼を頂き、愛知県防災士会による「防災ブース」を開設いたしましたので、
その模様を報告資料にまとめ報告いたします。

aichi190904-1
報告資料はコチラからご覧ください

北海道支部 札幌市創成高校学校祭「図書委員防災」発表

hokaido190705-1 hokaido280924-9.jpg広報報告 北海道防災士会 【№202】

1 開催日時 令和元年7月13日(土)10~15時
2 開催会場 札幌市創成高校
hokaido190713-1         (北区北29条西2丁目)
3 開催団体 創成高等学校 図書委員 20名
4 開催内容 「北海道胆振東部地震の被害状況」
 ①被災写真等の展示
 ②震災時の校内被害状況
5 指導者・・・北海道防災士会 役員

hokaido190713-2

hokaido190713-3.jpg

hokaido190713-4

北海道支部 「Doはぐ」体験授業開催

hokaido190705-1活動報告 北海道防災士会 【№201】

1 開催日時 令和元年7月9日(火)
2 開催会場 北海学園大学(札幌市)AV研修室
hokaido280924-9.jpg character4 開催内容 経済学部二部「Doはぐ」指導
5 参加者等 経済学部二部学生100名講義
6 指導者等 北海道防災士会 9名で指導
〔学校防災を重点に中学・高校・大学にて開催〕hokaido190709-1

hokaido190709-2

hokaido190709-3

hokaido190709-4

当会が実施した「Doはぐ」開催映像です。
静岡県開発のHIGを北海道庁危機対策局防災教育が厳寒地向けに作成、その「Doはぐ」を札幌東海大学の授業に取り入れ、当会が指導に当たる場面の活動模様が道内の報道機関に収録されて公開。
この「Doはぐ」は、防災士(北海道)1名が「道防災教育のアドバイザー」として、道職員・自治体職員等養成に当たっております。
今回は、会員のスキルアップも含め、複数の会員での体験活動指導となりました。

hokaido190709-5
動画はコチラからご覧ください

北海道支部 高校生による防災学習会

hokaido190705-1活動報告 北海道防災士会 【№200】

 学校祭での防災知識と活動体験について
1 開催日時 令和元年7月5日(金) 14:20~16:00
hokaido280924-9.jpgcharacter2 開催会場 創成学園 札幌創成高等学校図書室
3 指導項目 防災に関する知識と災害時での資材活用体験
4 参加者等 同校の図書委員・教員20名
5 指導者等 北海道防災士会 役員 1名

hokaido190705-2

沖縄県支部 名護市特別支援学校 「アクティブ防災講座」開催

「アクティブ防災講座」~もしもの時にできること~ 開催しました。

  日時  平成31年6月20日(木) 16時~17時30分
  場所  名護市特別支援学校 2階会議室
 
   日本防災士会沖縄県支部へ職員に向けた防災教育及び学校防災に対するか前についての講話依頼があり、松村直子防災士が講師として対応しました。
特別支援学校の防災に関する取り組みの充実のために、学校側の防災セルフチェクをしながらスクールバス運行中に地震が起きた時、帰宅困難時で宿泊が必要になった時、職員のスキルアップや障害特性への対応、児童の「自助力」向上について、又津波への対策等の講話を行い、子供たちを守ることは、大人たちが生き延びてケガを負わないこと。「助けられる人」は「助ける人」にはなれないからと締めくくりました。

okinawa190620-1

okinawa190620-2
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 コミュニティー 講演 訓練 イベント 教育 勉強会 指導 現地活動 HUG 被災地支援 総会 訓練指導 DIG 女性 協定 支部総会 避難所 支部会議 研修指導 HUG 受賞 自主防災組織 女性防災士 セミナー 連携 支部活動 地区防災計画 支部設立 訓練HUG 実技指導 法人化 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR