熊本県支部 熊本地震に対する感謝状について

今回の「熊本地震」発生に伴い、地域住民に支援活動を実施しました日本防災士会・熊本県支部に対しまして、下記の通り「感謝状」を頂きましたのでお知らせ致します。


 1、進呈者: 熊本県知事 蒲島 郁夫氏
 2、進呈日: 平成28年11月16日(水)
 3、場所 : ホテル熊本テルサ 3F 大樹の間
         熊本市中央区水前寺6丁目18-1にて
 4、受賞者: NPO法人日本防災士会・熊本県支部
          支部長 宮下 正一
 5、理由:  防災士会員の崇高な奉仕の精神や使命感に基づく果敢な行動に対し
       まして、敬意と感謝の意を表するため、感謝状を贈呈致します。

 6、謝辞:
今回「熊本地震」発生に伴いまして、北は北街道から南は沖縄までのNPO法人日本防災士会員が約800名が熊本県上益城郡益城町に参集頂きまして、熊本市社会福祉協議会や震源地と言われています益城町社会福祉協議会の地震災害の支援を実施し、又益城町地震対策本部と事前打ち合わせ致しまして、日本防災士会地震対策本部(辻の城公園)で「日本防災士機構・日本防災士会本部両役員等の支援活動」の協力もあり、日本防災士会・九州ブロック支部連絡協議会役員で支援活動方法等を協議して、震発生一日後に「ボランティアがお手伝いします。」と言うビラを町内家庭に200世帯に配布致して震源地の宮園地区を中心に、寺迫・木山・平田・下小谷・上小谷・安永・馬水地区を支援活動に入り、全国各地から支援活動に参加した防災士仲間と屋外の小屋及び倉庫又屋根瓦やブロック塀や安全を確認致しまして、屋内の家具・電気製品・畳等を処分する活動を実施して、廃棄物処分場まで運搬する支援活動を一致協力致しまして行いました。
 このような素晴らしい感謝状を頂きまして、心よりお礼と感謝を申し上げます。又、「上益城郡益城町町長」からも、支援のお礼状を頂いています。

kumamoto281116-1
県知事 蒲島郁夫氏からの感謝状の授与

kumamoto281116-2
感謝状
スポンサーサイト

北海道支部 台風による堤防決壊・濁流浸水被害現場視察 南富良野

北海道防災士会 活動報告

視察日時  平成28年9月2日(金)  視察者 北海道防災士会 代表 横内春三
災害現場  北海道上川支庁 南富良野町幾寅地区(空知川堤防決壊及び市街地・国
      道の被害)
 ※(株)植村建設(赤平町)の協力を頂き、現地視察ができました。
 この事業所には、北海道防災士会の会員が多数在職し、北海道開発局から地域の国
 道・河川などの維持管理及び安全パトロールを委託されております。
 また、毎年9月「赤るい志民サポーター」として、北海道防災士会と共に防災安全の啓蒙
 活動を実践しています。
  ※この視察資料を活用した災害時の対応「スキルアップ研修」の開催も検討します。

hokaido280902-1
堤防決壊後、水の引いた幾寅地区・・・国道開通後間もない街中の様子
 
hokaido280902-2 hokaido280902-3
1階天井まで浸水した避難所    道の駅、流されたワゴン車とトレラー車など
 避難者は、更に別の避難所へ・・・
 
hokaido280902-4 hokaido280902-5
この橋左上方で支流と合流・・・その下流で決壊(上方が小流)
 
hokaido280902-6 hokaido280902-7
欄干には多量の倒木が・・・  上流からは仮設建物・ボートなどもなかれ着く。

hokaido280902-8 hokaido280902-9
現場で復旧作業の指揮を執る松平会員 植村建設役員 復旧用の大量の資材搬送。

hokaido280902-10
市民防災体験会チラシ(画像をクリックしてご覧ください)

茨城県支部 災害ボランティア活動に従事した団体として感謝状拝受

 本日(平成28年7月5日)、午前11時より茨城県庁で県知事名の感謝状を拝受してまいりました。
これは平成27年関東・東北豪雨の際、茨城県常総市三坂地区で鬼怒川が決壊し、大災害が発生致しました。その際の災害ボランティア活動に従事した団体に感謝状が授与されました。(その際の記録写真を送付し、報告とさせていただきます)
 尚、感謝状ですので、本来は県から該当団体に届けられるものですが、当法人に都合によりまして県庁まで頂きに行ってまいりました。茨城県知事 橋本 昌 氏 代理 福祉指導課 課長 石川 真澄 氏から授与されました。

ibaragi280705-1

ibaragi280705-2

奈良県支部 「平成28年熊本地震」熊本県益城町災害支援活動報告

5月13日(金)午後9時に集合。奈良県防災士会11名、大阪府支部1名、一般参加者2名を加え、計14名の有志で橿原市役所前を出発、熊本県益城町に向かいました。 翌朝午前8時過ぎに、日本防災士会の災害対策支援本部に到着しました。
 そちらでは、日本防災士会本部・防災士会熊本県支部・九州ブロック防災士会・防災士
 会岐阜県支部の防災士が活動されていました。この地区の災害支援は、防災士会が
 受け持たれ、町内からのボランティア要請の対応聞き取り、そして作業活動をされてい
 ました。
(14日午前)
 ①班  家屋の前庭の土砂流出防止のため、植栽撤去・土のう作り・延長5mの土のう
     3段積み。
     家屋東側落下瓦の袋詰め・撤去。
 ②班  土のう作り、家屋基礎部分へ土のう積み・清掃、落下瓦の袋詰め・撤去。
搬送班  地区内巡回、積込み、町の瓦礫集積場へ搬送。
(午後)
 ①班  赤の張紙の家屋内、台所のタイル・落下壁の搬出、片付け。
     黄の張り紙家屋の家電搬出、廃棄家具の積み込み。
 ②班  赤の張紙家屋内の家具搬出・清掃、落下瓦の袋詰め・撤去。残りの①班も合
     流。
搬送班  多量の瓦礫土のう・家具の人力による積込み・積下ろし搬送のため、メドのつ
     いた①班から3名応援、最初先導車も付けて合計7名で瓦礫を運搬、集積場
     へ3往復。
(15日)
 昨日から続く、大量のガレキ瓦のため、家屋敷地内のガレキ瓦搬出の残り作業に、①・
 ②班・搬送班と東京からの一般ボランティアの方2名も加わり、安全を確認し、手作業
 によるガレキ瓦の袋詰めと搬出作業を全員で行った。
 途中、屋根の雨漏れ防止の依頼がある家屋に、対策支援本部の高野隊長と、こちらか
 ら有志4名が向かい、平屋建ての屋根に登り、7m各のブルーシートを更に張り加え、
 土のうを積み、ロープで補強しました。
 支援本部では、安全確認した上で、重機による道路のガレキ撤去も行っておりました。
 予定の作業終了後、日本防災士会熊本県支部長の宮下正一さんの同行で、震源地
 付近とされる益城町役場、避難所のある益城町総合体育館、屋外での支援物配布、
 亀裂の走る断層帯、町内被害状況を確認・視察させて頂き、その後夕方には熊本
 県を離れました。

nara280513-1

nara280513-2

nara280513-3

nara280513-4

高知県支部 平成28年熊本地震に対する災害支援活動を行いました

 NPO法人日本防災士会高知(高知県支部)は4名の防災士を4月28日~5月1日の日程で熊本県益城町のNPO法人日本防災士会現地支援本部に派遣しました。派遣にあたり支援本部の宮下正一本部長と連絡を取り、現地本部の活動状況等の把握や被災地の概況等の事前聞き取りを行い準備を進めました。これらを踏まえて派遣防災士がそれぞれの装備の準備、また役割分担のもと道路状況の確認、宿泊場所の想定と準備、支援物資の調達、支援活動及び調査活動計画の立案等を行いました。
 4月28日の午後1時45分、ライトバン(株式会社サニーマート様協力)に派遣防災士4名が乗り込み支援物資と共に高知県高知市を熊本県益城町に向けて出発しました。支援本部に対する支援物資として耐候性土嚢袋650袋(対策本部からの要請)、ビニール袋(30L用)30枚(株式会社サニーマート様協力)、アルファ米等の非常食製品 50人用*3箱(株式会社サニーマート様協力)、スポーツゼリー 200個を持参しました。
 現地では、支援本部の指示のもとガレキ撤去等の作業を行いました。さらに、早朝及び昼休み、そして作業終了後の時間を利用して、NPO法人日本防災士会高知としてボランティアセンター及び避難所での調査・情報収集等を行いました。ボランティアセンターに対してはスポーツゼリー 600個を差し入れました。
 滞在期間中、朝晩は冷え込むものの日中は暑いくらいの天候で作業は順調に実施できました。依然として体に感じる余震が発生しており、被災者の方々にとって安心できる状態にはなりにくい状況だと感じました。
 現地支援本部では他県の防災士の方々との交流やチームを組んでの作業を行いました。また、発災後の支援の受け入れ及び支援について、例えば体制、システム、資材等について多くの事を学ばせていただきました。被災者の方々が早期に復旧・復興されることをご祈念申し上げます。また、宮下現地支援本部長様をはじめ多くの方々に感謝を申し上げます。

kouchi280428-1 kouchi280428-2

kouchi280428-3 kouchi280428-4

神奈川県横浜支部 常総市災害ボランティア活動報告について

平成27年10月1日

日本防災士会横浜支部
支部長 今井 淳

 日本防災士会横浜支部では、平成27年9月10日に茨城県常総市で発生し、甚大な豪雨被害を受けた地域の一日も早い復旧、復興のために少しでも手助けになればと思い、9月30日(水)に数名で災害ボランティア活動に行って来ました。
 災害現場は、今はもう水もなく平静を装っていますが、一歩住宅の中にはいると、雪が積もったように消毒用石灰が庭や床下に撒かれており惨憺たる状況です。
 横浜支部が担当したお宅での災害活動は、床下泥土の除去、石灰の撒布、濁流で汚れた敷地内の洗浄に従事しました。
 このお宅では男性の力仕事は大分片付いたが、これから家のこまごまとした整理がしたいとの事で女性ボランティアの方が欲しいと望んでおりました。
 要望事項については「災害ボランティアセンター」に活動報告の中で話し、一日のボランティアを無事に終了いたしました。
 帰る途中、災害ボランティア現場から少し離れた所で、濁流が押し寄せた生々しい痕跡が見られました。
 その状況から2m以上の水深があったと思われました。

yokohama270930-1

兵庫県支部 丹波市豪雨災害から半年

hyougo251227-2

 平成26年8月の丹波市豪雨災害から半年がたった。豪雨災害によって被災した建物は1,023戸、店舗や工場などは1,781棟となり、現在も公営住宅等で避難生活を送っている方が38世帯103名いるという。次々と起こる自然災害や事件によってかき消されていく中で、住宅再建や離職による苦悩を抱えている方がまだ沢山いる。
 丹波市では農家も多く、この半年手付かずだった田畑の復旧にようやく取り掛かったところもあり、被害の大きかったところでは、畜産業を諦めた方など、今後の生活のめどが立たない方も多くおられる。土砂の撤去が済んだ住民も「家には住めるようになったが、裏山がまだそのままになっており、雨が降るたびに不安だ。」「河川の工事が終わらない限り、手をつけられない部屋もある。いつになるのか・・・」など、不安は続いている。
 住宅の裏山では、倒木などの撤去作業がまだ多数残っており、地域住民や関係団体が一丸となりテクニカルボランティアを募って研修を兼ねた災害復旧をすすめる新たな活動も始まった。こうした活動は、SNSなどを通じて募集をかけ、県内外から集まった多数のボランティアの手によって、復興の輪が広がっている。他にも地域の方々やボランティアの熱い思いが一つとなり、笑顔を取り戻すために様々なイベントを企画するなど、沢山の方々のご協力により丹波から「元気」を発信している。2月28日、3月1日には、『いちじまから「ありがとう」と「元気」を届けよう!復興支援感謝イベント』が開催される。
 是非、丹波市へ足を運んでいただき、今の現状を見ていただくとともに、今後のボランティアのあり方を考える機会にしていただけたらと思います。

hyougo270218-1
(文責 横山恭子)

特定非営利活動法人兵庫県防災士会


hyougo270218-2
写真はコチラからご覧ください

hyougo270218-3
ポスターはコチラからご覧ください

兵庫県支部 丹波市豪雨災害から1ヶ月

hyougo251227-2

丹波市豪雨災害から1ヶ月


8月16日から17日にかけて前線の影響で記録的豪雨に見舞われた丹波市市島町への災害ボランティアも早いもので1ヶ月がたちました。相変わらず、広島県や京都府福知山市の報道に隠れてしまい、ほとんど表に出てこなかった地域ですが、丹波市だけでも土砂崩れが196箇所、市島町だけでも123箇所と広範囲での土砂災害が発生しており、まだ手のつけられていない被災箇所が沢山あります。そんな中、災害ボランティアセンターは、復興支援ボランティアセンターへと移行し、第2ステージに入りました。ただし、ニーズはまだまだ増える一方ですので被災者とNPOなどが協力して新たなボランティアセンターが立ち上がりました。県内外・団体個人を問わず、参加していただけますので、皆様のご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

  【竹田ボランティアセンター】
  活動を希望される方は、竹田ボランティアセンターへ直接お申し出下さい。
  県内外、個人団体、車や電車を問わず活動可能。...予約不要。駐車場あり。
     連絡先  080-2502-3542  または   0795-86-1210
     場 所  兵庫県丹波市市島町中竹田1585-1
           JR福知山線「丹波竹田駅」徒歩1分

hyougo260920-1 hyougo260920-2

hyougo260920-3 hyougo260920-4

hyougo260920-5 hyougo260920-6

【被災者の声】2014年9月14日(日)
8月16日(土)
降り続く雨の中、近所の家の犬が迷い犬のように入ってきた。

20:00 
トイレとお風呂でボコボコという音が聞こえ出した。近所に電話をしたが、固定電話はつながらず、携帯電話はつながった。近所も下水の逆流が始まっていたようだ。

22:00 
防災無線で2階へ避難するよう指示があった。しかし、雷の音が激しく、防災無線が聞こえた家族と聞こえなかった家族があった。

この頃から裏山の方で、変な音がしだした。

8月17日(日)
2:00 
雷がひどく、外は真っ暗だったが、稲光によって時折外が昼のように明るくなり、光るたびに山側の家が移動しているのが見えて、初めて大変なことが起こっていると気づいた。家は、ゆっくりと土砂に押されているようだった。

翌朝、携帯電話で写真を何枚も撮った。
ライフラインは寸断され、土砂と濁流で個々の家が孤立。
ヘリコプターでの救出を待つ。
近所の安否確認も、声の届く範囲でしか出来なかった。
山側の家の1階が土砂で埋まり、2階で寝ていたお孫さんに尋ねると、1階にいたお婆ちゃんが胸まで土砂に埋まっていたので引っ張り出したとのこと。
あれから1ヶ月、行政などの訪問もなく水道もようやく復旧したばかり。
毎日のように歩いていた鹿も姿を見せなくなった。
何をどうしていいのかわからず、生活についての要望等も言えていない。
すぐ近くでは、落石注意の看板があり、大きな岩も見えている。
あとで聞いてみると大小関わらず、沢のあるところがほとんど崩れたそうだ。
生活に不安というよりは、ここに住んでいいのだろうかという不安。
とにかく何が一番ほしいかというと情報がほしい。
自分たちの町がどうなっているのか、何が起こっているのかも何もわからない不安。
水道や電気もほしいが、やはり情報がほしい。でないと、なかなか寝れない・・・

※【被災者の声】は、災害の前兆や発災後の様子が読み取れるところがありましたので、今後の防災・減災啓発活動の際に生かしていただきたく掲載いたしました。
(文責 横山恭子)

特定非営利活動法人兵庫県防災士会

兵庫県支部 丹波市豪雨災害ボランティア

hyougo251227-2

丹波市豪雨災害ボランティア


 台風11号に続き停滞した前線の影響で、8月16日~17日にかけて兵庫県丹波市では、甚大な豪雨災害が発生。観測史上最大の24時間雨量258ミリを記録し、100カ所を超える土砂崩れや川の氾濫などで被害が広範囲に及んだ。しかし、地域住民の声かけや防災無線等で早期避難を呼びかけたことにより、人的被害が少なかったためか、報道が広島県や京都府福知山市へ偏り、丹波市の被害状況があまり公表されず、いまだにボランティアの手が足りない状況である。土砂崩壊箇所と全半壊家屋の数は、広島県とほぼ同数であるにも関わらず、支援の手がまったく足りていない丹波市の現状を発信するのも防災士の役目と思い情報発信致します。

hyougo260903-1 hyougo260903-2

hyougo260903-3 hyougo260903-4

hyougo260903-5 hyougo260903-6

 発災から2週間がたちましたが、まだ土砂や流木などで家屋の作業に入れないところなどもあり、ようやく作業が始められたところも、天井近くまで積もった土砂と大量の水分とで作業が困難な状態。県内外からのボランティアの皆さんのおかげで、少しずつ作業は進んでいますが、重機や資機材、ボランティア不足などにより、なかなかはかどらない模様。国道以外は、細い農道も多く、ボランティアや関係者など自家用車での乗り入れによる混雑で重機が通れないなどの問題も出ており、兵庫県防災士会では、会員個人で地域の社会福祉協議会のボランティアバスを利用するなどの呼びかけをして支援を続けている。
全国的に被害が出ており、ボランティアが各地に分散されておりますが、丹波市への支援もどうぞよろしくお願いいたします。

<丹波市 災害ボランティアセンター>
ボランティアセンターでは引き続き、被災された方のボランティアの要請や、支援していただけるボランティアを受付けております。

【場   所】  市島農村環境改善センター (丹波市役所市島支所となり) 
         兵庫県丹波市市島町上田448番地1
【電話番号】  0795-85-2750 または 0795-74-0999 
【受   付】   個人、団体 : 午前8時30分~午前9時30分まで
〔電車でお越しの場合〕 JR福知山線市島駅下車徒歩10分です。
〔お車でお越しの場合〕 「ライフピアいちじま」へ駐車してください。
                 なお、駐車場からボランティアセンターまでの
                 シャトルバスを運行しております。
※現地への直接の車の乗り入れは、復旧作業の支障となりますので、ご遠慮ください。
(文責 横山恭子)


hyougo260903-7
報告画像はコチラからご覧ください

丹波市被害状況資料はコチラからご覧ください

広島県支部 支部会報第67号を発行

支部会報第67号を発行


hiroshima260827-1
支部会報はコチラからご覧ください

<支部会報概要>
・大規模土砂災害の救援(広島市安佐北区)ルポ

hiroshima260827-2

hiroshima260827-3

hiroshima260827-4
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 講演 教育 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 支部総会 訓練指導 DIG 協定 自主防災組織 女性 総会 HUG 受賞 法人化 避難所 連携 実技指導 セミナー 被災地支援 研修指導 支部活動 支部会議 女性防災士 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR