兵庫県支部 防災リーダー&防災士 指導者養成講座開催

hyougo251227-2
事業部    

 兵庫県では「ひょうご防災リーダー講座」修了時に防災士試験を実施していますが、合格通知が届いた後の手続きや活動についての説明がほとんどないことにより「合格したが、どのように活動を進めてよいのかわからない」「合格したら防災士会の会員になっていると思った」「機構と防災士会が違う組織だと言うことを知らなかった」「リーダー講座では自分が受講するだけで、指導する側の練習や技術がなく不安」などの声が多々寄せられるため、ひょうご防災リーダー講座修了生の受け皿として、「ひょうご防災リーダーフォローアップセミナー」を毎年事業部が開催してきた。今年度からは、資格取得後の手続きや防災士会の活動事例などの説明会と指導者養成講座WSの2部構成とし、指導者としての第一歩を講座の中で体験していただき、地域に帰って実践できるよう先輩防災士のアドバイス等をいただいた。

 【 日時 】 平成29年4月2日(日)
       防災士説明会(資格取得、取得後登録) 10:00~11:30
       指導者養成講座          13:00~16:00
 【 会場 】 加古川市防災センター
 【 内容 】 第1部  防災士資格、資格取得後の説明会
            10:00  防災士資格手続き等について
                兵庫県防災士会活動事例紹介、座談会
            11:30  閉会
     第2部  指導者養成講座
            13:00  「初期消火訓練指導」 座学、体験
            14:30  班別ワークショップ、発表
            16:00  閉会 (防災センター体験・見学自由)

 地域防災に関わる上で、一番基本となる「初期消火訓練指導」をテーマとし、座学では消火器の種類や使用手順、注意点など、消防団所属の防災士が説明。その後、加古川市防災センターのご協力を頂き、一般見学者への説明や進行を提示。参加者全員が消火器と屋外消火栓の放水体験を行った。
 体験後は、班別ワークショップとして、「高齢者向け」「小学生向け」「自主防災組織向け」「障がい者向け」の4テーマに沿って指導のシナリオを考え、指導経験のない防災士を指導者役として寸劇発表。発表後は、質疑応答も体験していただき、回答方法などについて参加者全員で協議する場面もみられた。
 「防災士なら消火器の使い方は当然知っている」とよく耳にしますが、実際に教える際の話術や対象者によって言葉や準備物が違うなど、簡単に見られがちな初期消火訓練指導でも奥が深いということを知っていただけた。特に、今回は聾唖の防災士にも参加していただけたことで、聾唖者への火事場の対応や、コミュニケーションのとり方を知っていただく機会にもなりました。
(事業部 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会


hyougo290402-1
資料はコチラからご覧ください
スポンサーサイト

久留米支部 久留米市・防災士スキルアップ研修

 平成29年3月11日、久留米市防災士スキルアップ研修で久留米支部員が講師を務めました。

※日本防災士会・久留米支部のかつどうについて   久留米部・支部長 江藤正剛
※HUG(避難所運営ゲーム)         講師  日本防災士会・久留米支部

kurume290311-1 kurume290311-2

kurume290311-3 kurume290311-4

kurume290311-5 kurume290311-6

長崎県支部 「第4回防災士のための気象講座」3月4日(土)開催

 眼下に長崎市松が枝町「国際観光埠頭」の大型客船、後方には明治日本産業遺産「旧グラバー住宅」また、洋館が立ち並ぶ風光明媚な南山手の長崎地方台で開催。
 今回のテーマは昨年の東北・北海道での大雨被害、気象台から提供される気象情報の入手の重要性。対岸の火事ではなく、私どもが毎年経験する梅雨前線による大雨「九州北部の梅雨前線の特徴・かんたん解説」と題し、田中満防災気象官より講演頂いた。過去災害をもたらした天気図を基に、なぜ災害に繋がったか、そのような時どう対応すべきかと懇切丁寧に解説いただいた。併せて、気象庁が発表する気象情報(大雨の場合)、特別警報・大雨時の防災気象情報の流れ、長崎市の大雨洪水警報・注意報基準も併せて説明頂いた。
 質疑応答では、防災士の皆さんから多くの質問に田中気象防災官から回答していただいた。この講座は、皆さんの関心の高い内容だった。

気象庁作製「津波ワークショップ」
津波から命を守るために、海の近くでゆれたらすぐに避難。津波の特徴を知り、いかに素早く安全な場所に避難するかのゲーム形式である。各グループに地図・サイコロが渡され、ファシリテーターの田中防災気象官からの指示で2個のサイコロを振り、その面の合計数で様々なトラブルに対応する判断力を求められる。東日本大震災の際も、命を守るため津波から回避するため、いかに素早く高い所(垂直非難)への避難の重要性を語り継がなければなりません。今年気象庁作製の「津波ワークショップ」非常に有意義な研修でした。
 研修後、気象台業務、天気予報作成及び観測機器等の見学会も実施。
 今回の「第4回防災士のための気象講座」開催に際しては、お世話になりました所防災管理官・田中気象防災官・気象台の皆さんに感謝と御礼申し上げます。今後とも長崎県支部恒例事業として継続実施したいと存じます。

交流会実施
今回研修会終了後、研修会に参加いただいた気象予報士会(気象予報士5名)・気象台・防災士合同の歓談の場を設けていただき、情報交換の貴重な機会にもつながった。

長崎地方気象台等関係機関と共催
「防災フェスタin島原半島」また、長崎地方気象台で開催「気象フェスタ」で熊本地震被災状況パネル展示。
 今後とも関係を密にして、ご指導・ご支援を仰いでいきたいと存じます。
(報告 長崎県支部事務局 川浪 良次)

nagasaki290304-3 nagasaki290304-4 nagasaki290304-5
気象台からの長崎港 (1)  気象台からの長崎港 (2)  気象台からの長崎港 (3)

nagasaki290304-6 nagasaki290304-7 nagasaki290304-8
   研修会場 (1)     研修会場 (2)     謝辞 旭支部長

nagasaki290304-9 nagasaki290304-10 nagasaki290304-11
第4回防災士のための気象講座  所防災管理官開会挨拶
         第4回防災士のための気象講座 (20)  津波防災ワークショップ (1)

nagasaki290304-12 nagasaki290304-13 nagasaki290304-14
津波防災ワークショップ(2) 津波防災ワークショップ(3)  津波防災ワークショップ(4)

nagasaki290304-15 nagasaki290304-16 nagasaki290304-17
津波防災ワークショップの様子  田中防災気象官講義 (1)  田中防災気象官講義 (2)

nagasaki290304-1
報道発表資料はコチラからご覧ください

nagasaki290304-2
チラシは以下からご覧ください

兵庫県支部 まちづくり協議会にて避難所運営研修

hyougo251227-2
事業部    

 明石市立清水小学校区まちづくり協議会主催の防災セミナーにて「避難所運営研修初級編」を実施。普段から地域コミュニティがあり、活動も活発な地域だけに、とても穏やかにワークショップが進みました。
    
   【日 時】平成29年2月4日(土) 10:00~12:00
   【場 所】明石市立清水小学校区コミュニティセンター
   【主 催】清水小学校区まちづくり協議会
   【参加者】まちづくり協議会、安心安全部会、学校園教諭、一般住民 30名

 参加者の中には小学校の校長先生もおられ「是非これは、職員研修でしたい!学校側の準備物などを早急に対応しなければ・・・」と大きな気づきがあったことを話してくれました。避難所経験がない地域ですので、「テレビで見て考えていた避難所の様子とまったく違う。自分たちで準備するものをこれから考えていきたい」など、役員の皆様にも新たな気付きがたくさん与えられました。
(文責 横山恭子)

特定非営利活動法人兵庫県防災士会


hyougo290204b-1

兵庫県支部 「稲美町協働まちづくり100人会議」にて防災研修

hyougo251227-2
事業部   

 稲美町の「協働のまちづくり」を推進するため、さまざまなまちづくりに取り組まれている方々が一堂に会し、具体的な活動事例や実践活動で得た経験や課題をもとに、議論を行い、お互いが情報を共有することで住民の参画と協働を図る「稲美町協働まちづくり100人会議」が開催され、災害時の避難所運営についての防災研修会が行われた。
    
   【日 時】平成29年2月4日(土) 13:30~16:00
   【場 所】稲美町いきがい創造センター 2階ホール
   【主 催】稲美町
   【参加者】自治会会長、役場職員 70名

 ため池の多い地域だけに、水害についての知識・経験はあるが、地震やそれ以外の災害についての意識は低く、災害が起きたときに自分たちで避難所運営ができるようにと企画された。実際の避難所を見たことがある人は数名で、ほとんどの参加者は、テレビ報道でのイメージしかなかったが、研修を進める上で、避難所での問題点や自治会・運営側の苦労、事前準備の大切さを学んでいただけた。主催者からは、これを機に町をあげて避難所運営マニュアルの作成や単位自治会での防災研修の取り組みを進めていきたいとのお言葉もいただけ、よいきっかけ作りが出来たようです。
(文責 横山恭子)

特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo290204-1

hyougo290204-2
稲美 新聞

北海道支部 HUG(北海道版)「Doはぐ」体験指導

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告
  これからの災害への備えと対策(北海道を襲った台風を気象学から見る)

開催日時 平成29年3月4日 10時~15時、
        (Doはぐ担当12:30~15:00)
開催場所 十勝支庁 池田町西部地域コミニュティセンター
参加者等 池田町民等100名(役場職員、社協・連町などの地域町民)
開催団体 ふれあいたすけあいのつどい実行委員会、池田町社会福祉協議会
講演団体 ①気象庁帯広測候所~十勝地方における近年の気象障害について
     ②北海道防災士会 ~HUG(北海道版「Doはぐ」体験指導
     代表 横内春三(北海道防災教育アドバイザー)他地域防災士

hokaido290304-1 hokaido290304-2

hokaido290304-3 hokaido290304-4

hokaido290304-5

奈良県支部 奈良市富雄南地区HUG訓練

平成29年2月26日(日)富雄南公民館において、奈良市富雄南地区自主防災防犯会主催の避難所運営ゲーム(HUG)が行われ、地区自治会役員さん40名が参加されました。
 グループ分けやカードの読み手は、富雄南の会長が予め設定されていましたので、全員迷うことなく配置につかれましたが、逆に役割分担の設定が難しいグループがあり、リーダーの必要性やリーダーが避難所に来られないときの臨機応変な対応が難しいなど、課題が明確になりました。

nara290226-1

nara290226-2

nara290226-3

nara290226-4

千葉県北部支部 スキルアップ研修会

平成29年2月19日(日)、千葉県船橋市中央公民館において、当支部主催のスキル
アップ研修会を行いました。今回は支部会員を対象とした18名の参加でしたが、
初めて参加される方もいて有意義な研修会になりました。
身近な物で行う応急手当では副支部長の谷防災士が救急隊の時の事例を交えて詳
しく説明を行い、全員で実演を行いました。最近身近な物を用いた防災活用を行
う活動が増えていることから、今回はこれを重点に応急手当の他、新聞スリッパ
や紙コップ作りも行いました。また、ロープワークも特に自治会からの要請が多
く、短い時間でしたが復習を行い、それぞれが一定程度のスキルを持ち、さらに
その指導方法もできるだけ統一するよう配慮するなど、今後の活動における意思
統一を図る目的で行いました。
活動が増加して日程が取れない状況ですが、スキルアップを行い技術を身に着け、
活動でそれを発揮し、反省点をフィードバックするという流れができつつあるよ
うに思います。

■ スキルアップ研修会
日時:平成29年2月19日(日) 15:00-17:00
場所:船橋市中央公民館第9集会室
対象:北部支部会員18名
内容:身近な物を利用した応急手当、防災活用、ロープワーク

chibakita290219-1

chibakita290219-2

chibakita290219-3

chibakita290219-4

chibakita290219-5

東京都支部 支えあい事業研修(東京都世田谷区)

平成29年2月8日(水)、東京都世田谷区社会福祉協議会による支えあい事業研修が
行われ、東京都支部と千葉県北部支部が共同して研修支援を行いました。
11月から2月にかけて計3回行われる事業で、今回は最終回です。
参加者は高齢者を介護するメンバーで、高齢者にもしものことがあったときにど
のように対応するかを学ぶ研修です。
前半は火災の注意点、119番の仕組みから始まり、躊躇なく救急に連絡すること、
判断に迷った時の問い合わせ先、救命の手順などの説明があり、後半は実技を行
いました。直接圧迫止血法、レジ袋とネクタイなどの身近な物を使っての骨折時
固定法、さらに頭部の怪我の対処法も学びました。心肺蘇生法では3人1組で行
い、周囲の安全からAEDの使用法までの一連の流れをマネキンと訓練用AEDを用い
て、できるだけ触れて学べるよう工夫しました。参加者は実際に高齢者に接する
方々なので、不測の事態に遭遇する可能性も高く、特に心肺蘇生法ではたくさん
の質問も飛び交い、充実した研修会になりました。

日時:平成29年2月8日(水) 9:30~11:00
場所:三茶しゃれなあどホール(東京都世田谷区)
主催:世田谷区社会福祉協議会
参加:約30名
講師:谷 正美 防災士
スタッフ:5名(東京都支部、千葉県北部支部)
内容:高齢者救急救命の留意点(講座)、応急手当、心肺蘇生法

tokyo290208-1

tokyo290208-2

tokyo290208-3

tokyo290208-4

千葉県北部支部 千葉県公民館連絡協議会 館長部会研修会

平成29年2月3日(金)、千葉市生涯学習センターにて「千葉県公民館連絡協議会 館長部会研修会」が行われ、講演を行いました。「公民館における避難所運営について学ぶ」という題目で、主に館長の皆様向けの講演です。この依頼は、北部支部のホームページから講演依頼を受けて実現したもので、ホームページが徐々に浸透してきた証ではないかと思われます。内容は公民館の避難所という少し特殊な題目でしたが、理論ではなく実践的な内容を希望されていたこともあり、シミュレーションの形式で開設から閉鎖までを流れで進めていく形式です。講演の中では、生活ルールを皆さんで考えていただいたり、小技として新聞スリッパやA4用紙の紙コップ、レジ袋の活用法などを実践していただくなど、頭も身体も動かしながらの忙しい講演です。
スタッフも講師を除いて6名で行い、小技のアシスタントを担当いただくなど、きめ細かい対応をしたこともあり、好評をいただけたのではないかと思います。また、公民館での防災訓練をサポートいただけるのか、といった質問もいただき、今後輪が広がっていくことが期待できる研修会になりました。

■ 平成28年度 館長部会研修会
日時:平成29年2月3日(金) 14:00-16:00
場所:千葉市生涯学習センター3階 大研修室
参加:千葉県の公民館館長51名
講師:青木信夫 防災士
スタッフ:6名
演題:「公民館における避難所運営について学ぶ」
内容:公民館避難所の実践的内容と小技

chibakita290203-1

chibakita290203-2

chibakita290203-3
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 講演 教育 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 支部総会 訓練指導 DIG 協定 自主防災組織 女性 総会 HUG 受賞 法人化 避難所 連携 実技指導 セミナー 被災地支援 研修指導 支部活動 支部会議 女性防災士 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR