長崎県支部 平成30年度防災教室推進研修会でHUG実施

平成30年度防災教室推進研修会でHUG実施

日時  6月7日(木)午後0時50分~3時
場所  長崎県立総合体育館(長崎市油木町7-1)
受講者 長崎県内の幼稚園・保育園・小学校・中学校教員の159名
 長崎県教育庁自動生徒支援室から要請を受け開催。県教委は教育施設での災害対応の一環、昨年より「避難所の開設と運営」の依頼を受ける。今回は予定人数(100人)を大幅に上回る159人。関心の高さに県教委の担当者も驚かれていた。指定避難所でもあり教員も熱心に取り組んでもらった。熊本地震・九州北部豪雨等の近隣災害に防災意識も高まっている。この研修会は、旭支部長・鍵原副支部長・瀬﨑幹事・川浪の4名で対応した。
 この研修会は、ほかに学校安全(警察署)・救急救命講習(消防署)・安全教育発表等終日開催。

nagasaki300607-1

nagasaki300607-2

nagasaki300607-3
スポンサーサイト

長崎県支部 研修会 「みんなでつくろう地区防災計画」(DVDでの研修)

 現在日本防災士会での、地区防災計画作成事業推進を確認。長崎県支部でも事業推進のため、DVD(日本防災士会作成)で、視聴による研修会実施。会員が居住する身近な地域(自治会・マンション管理組合・小学校区等)から着手。災害からの減災に繋げるため、地区の皆さんと積極的に関わり「地区防災計画」を作成して、避難訓練・消火訓練・防災マップ作成・避難所運営等を関心の高いものから実践。

千葉県北部支部 6/1(金) 千葉県北部支部・BCNスキルアップ研修(千葉県船橋市)

平成30年6月1日(金)千葉県船橋市、船橋市中央公民館において千葉県北部支部・BCN共催によるスキルアップ研修が行われました。
前半は災害ボランティア講習として青木信夫防災士が講師を務めました。ボランティアとは何か、注意点は、心得は、など基本的事項の確認があり、問題となったボランティアの事例、ボランティア活動保険、ボランティアセンターの仕組み、流れなどの話がありました。
後半は搬送法の実技で、白川恵防災士が講師を務めました。搬送法における注意点の話があり、応急担架搬送法、毛布担架、徒手搬送などについて参加者が実演しました。また、座って運ぶ担架の紹介もあり盛りだくさんの内容でした。
スキルアップ研修は今回11回目となり、22項目に及ぶ講義、実技が行われ、どのような要請にも対応できるよう一通りの内容を網羅してきました。時間的な余裕がないこともあり、一つひとつを深く議論することはできずに毎回時間が足らない状況です。いよいよ次回は最終回です。

日時:平成30年7月6日(金)18:30-20:30
場所:船橋市中央公民館 6,7集会室
講師:青木信夫防災士、白川恵防災士
参加:11名
内容:災害ボランティア講義、搬送法実技

chibakita300601-1

chibakita300601-2

滋賀県支部 定期総会の開催

shiga300520-1 平成30年5月20日(日)に明日(あす)都(と)浜大津(滋賀県大津市)で定期総会を開催しました。(参加者39名)
 総会では、H29事業報告・収支決算、H30事業計画・収支予算、会則の改正、役員改選について審議され、いずれも異議なく承認されました。
 総会の最後には、新役員を代表して安井支部長からこれからの活動にあたっての抱負を述べ、盛況のうちに閉会致しました。shiga300520-2
 総会閉会後、本会員で「応急手当普及員」の資格を持つ者を講師に「普通救命講習Ⅰ」を開催し、応急手当の重要性、心肺蘇生法等を改めて学ぶことが出来、会員のスキルアップを図ることが出来ました。
shiga300520-3

沖縄県支部 支部通常総会及び研修会の実施

「平成30年 NPO法人日本防災士会 沖縄県支部 通常総会」
及び研修会 気象台による ~防災講話~

 5月19日17時から浦添市勢理客在の「りゅうせきロジコム 会議室」においてNPO法人日本防災士会 沖縄県支部の通常総会を開催しました。
 第1号議案から第3号議案まで、前年度の活動報告、決算報告、今年度の活動計画、予算等、すべての議案審議は、スムーズ行われて承認されました。
 総会に引き続き、研修座学「地区防災計画の策定作業」について、~基本的な考えかた、ガイドライン、現在、作業に取り組んでいる西原台団地自治会(沖縄県支部の地区防災計画取り組み自治会)のアクションプランを参考にして、取り組みを紹介しました。
 その後、沖縄気象台から2名の専門官による防災講話を拝聴しました。
 「大雨災害と気象情報の活用」、「沖縄地方の地震と津波について」の2テーマで、沖縄県内の災害を中心にして、当を得た災害講話で、防災士会のスキルアップに繋がりました。

okinawa300519-1

okinawa300519-2

okinawa300519-3

okinawa300519-4

okinawa300519-5

okinawa300519-6 okinawa300519-7
総会次第はコチラからご覧ください
防災談話チラシはコチラからご覧ください

千葉県北部支部 5/11(金) 千葉県北部支部・BCNスキルアップ研修(千葉県船橋市)

平成30年5月11日(金)千葉県船橋市、船橋市中央公民館において千葉県北部支部・BCN共催によるスキルアップ研修が行われました。前回までBCNスキルアップ研修として9回継続してきましたが、今回の10回目から千葉県北部支部と共催になりました。
前半は救命講習の方法とその内容で、岡田和也防災士が講師を務めました。後半はBPCのすすめと題して早川鋭防災士が講師を務めBPCの基本について講義を行いました。いずれの講義も大変勉強になります。毎回質疑応答が白熱しますが2時間という短い時間の為、途中で遮る形になってしまい、もう少し時間をかけたいところです。

日時:平成30年5月11日(金)
場所:船橋市中央公民館 6,7集会室
講師:岡田和也防災士、早川鋭防災士
参加:13名
内容:救命講義、BCP講義

chibakita300511-1

chibakita300511-2

chibakita300511-3

千葉県北部支部 3/15(木) Tクリニック災害対策研修会(千葉県松戸市)

平成30年3月15日(木)千葉県松戸市のTクリニックで「大規模災害時への備え」をテーマにした災害対策研修会が行われ、千葉県北部支部のメンバーが講師を務めました。
前半は過去の震災、病院の防災対策への取組み、透析医療の災害対策などの講義と、後半は首都直下地震を想定したディスカッションを行いました。参加者の病院スタッフも勤務先の立地環境や通勤事情も違い、多様な想定意見が飛び交い、最後の質疑応答でも現場でこんな時にどう対応したら良いか?との質問があり勤務する拠点が違うスタッフ同士で災害を自分化する契機になったようです。

日時:平成30年3月15日(木) 17:30-18:30
場所:千葉県松戸市
主催:Tクリニック
名称:第4回防災対策研修
講師:榎本和幸防災士
参加:40名
内容:講演、グループディスカッション

chibakita300315-1

chibakita300315-2

chibakita300315-3

長崎県支部 第5回防災士のための気象講座

開催日:平成30年3月3日(土)

 長崎県支部では、今年で5年目となる「第5回防災士のための気象講座」を長崎地方気象台で開催。長崎地方気象台の全面的なご支援による開催である。
 昨年の九州北部豪雨等、気象災害は身近な問題である。直面する気象災害への対応力を養い減災に繋げたい。その思いで毎年開催。詳細は、プログラムを添付します。
 ワークショップは、自治体防災担当者の役割を疑似体験。各グループにアドバイザーとして気象予報士会(長崎県内の気象予報士で構成、会長は大塩泰義さん)の気象予報士に助言を頂いた。刻々と変化する状況への対応、併せて住民をどう守るか、判断力を養うスキルアップを痛感した。非常に役立つ良い研修会でした。
 研修会終了後の気象台・気象予報士会・防災士会との熱い情報交換会は、時間のたつのも忘れ関係構築ができました。
 長崎地方気象台・気象予報士会と長崎県支部は、年数回のイベント開催。8月お天気フェアー・12月防災フェスタ・3月防災士のための気象講座など。今後もこの関係を継続したいと思います。
(文責 川浪良次)

nagasaki300303-1 nagasaki300303-2
所 防災管理官開会挨拶      ワークショップ

nagasaki300303-3 nagasaki300303-4
記念撮影               吉崎防災気象官

nagasaki300303-5 nagasaki300303-6
ワークショツプ発表           ワークショツプ

nagasaki300303-7 nagasaki300303-8
第5回気象講座            プログラム
             プログラムはコチラからご覧ください

茨城県支部 茨城新聞地方紙でHUG研修状況が掲載

 本日(平成30年3月8日)、茨城県、茨城新聞地方紙で「震災特集 4ページ」の中で茨城県水戸市自主防災組織「吉田地区防災連合会」及びNPO法人茨城県防災士会指導の「水戸市女性防火クラブ50人対象」のHUG研修状況が3,11東日本大震災の特集として、掲載されました。
 事前に防災の特集を組みたいと茨城新聞編集部から依頼があり、小学校の訓練で計画的、積極的に自主防災組織が活動している実態を伝えたところ、取材申し込ががあり今回の防災特集となったものである。県内約3,200の自主防災組織の中で取り上げられた、吉田地区防災連合会(小生:副会長)携わった者として誇りに思います。
 写真1枚は、小学校での訓練風景、2枚目は、避難所運営HUGの実施状況です。
 日本防災士会及び本県防災士会の最重要課題、「地上戦」の実践を取り上げて頂きました。  
 なお、自主防災組織の吉田地区防災連合会組織は、地区にあった防災計画書を策定し、平成28年中に水戸市危機管理課の認定を受け、認知されております。 
 
 参考送付。RIXILショールームの避難所の一時、提供は、同防災連合会と昨年、締結。
 避難所開設・運営の基本のあり方を提案中、その方針が本年2月28日、第2回吉田地区コミュニテー・ダイアログ(対話)で決定(収容人員、食料備蓄、トイレ提供等)しました。詳細は、別添パワーポイントのとおりです。なお、小学生に災害・交通対策として、700個のヘルメットがこの会議を通じ、15社を超える事業所関係者の協力で備えることができ、教育委員会から高い評価を得ているところです。

ibaragi300308-1

ibaragi300308-2

ibaragi300308-3

愛知県支部 スキルアップ研修「名古屋地方気象台講座」

日 時 平成30年2月22日(木)午後1時30分~3時20分 
場 所 東特会館(愛知県支部)2階 会議室
内 容 2部構成でお二人の講師の方からそれぞれ専門分野についてご指導いただ
    きました。
    1.「防災気象情報の改善と利活用について」
            講師 防災気象官 野内 修一 氏
    2.「地震と津波について」
            講師 東海地震防災官 名倉 賢哉 氏
参加者 愛知県支部会員 21名

第1部は「防災気象情報の改善と利活用について」
 まず気象の基礎として、降雨の原理や大雨がもたらす災害から進み、愛知県で起きた主な 災害について事例をもとに、線状降水帯の成り立ちなども丁寧に教えていただきました。
 近年は集中豪雨や台風などの被害が多く気になりますが、社会に大きな影響を与える防災気象情報の改善と題して、いつ警戒すればよいか危険度を判り易くするために、色分けした時系列で表示し、視覚的に把握しやすい方法に改善していることを詳しく解説していただきました。
これにより警報に代わりそうな注意報や、警報が出そうな時期までも把握できるようになります。またメッシュ情報の充実で、危険な地域を視覚的に確認できるため、地域のどこが危険であるかなどが詳細に判り納得できます。
 このため各市町村や地域住民が、迫りくる危険を自ら納得して主体的に避難することができます。防災士としても、これらの情報をよく理解して、防災・減災活動の今後の活動に活かしていくよう、更なるスキルアップに励もうと鼓舞された思いの防災気象情報の改善でした。

第2部は「地震と津波について」
 初めに地震の仕組みとタイプについて確認してから、熊本地震や東北地方太平洋沖地震について振り返り、過去に愛知県に大きな被害を及ばした濃尾地震や三河地震をも確かめました。
 地震や津波の監視体制や警報と情報の流れ、それに気象庁が発表する地震・津波の警報・情報についても詳しく解説して頂き、その流れを理解することができました。
緊急地震速報は、警報と予報の2種があること、震源に近い所では、強い揺れの到達に間に合わないこと、誤差もあることなどを話されました。
また、津波の危険があるときは、何を置いても素早く高台を目指して逃げることを豊富な資料で示して頂き、津波情報発表後の情報と津波観測後の情報に分けて説明いただきました。
また、震度速報と震源に関する情報などについても、詳しくお聞きすることができました。
 来るべき南海トラフ地震の情報については、昨年11月1日に開始されたという防災対応の観点から、南海トラフ地震沿いに異常な現象が観測された場合に南海トラフ地震に関連する情報(臨時)についても新しい試みで、長周期地震動に関する観測情報(試行)などたくさんの内容についてお話を伺うことができました。
参加者一同、大変有意義で為になったと充実した講座になりました。今回お二人の気象官に異なった内容で講義を受けることができ、大変ありがたく嬉しく思いました。
(文責:森千代子)

aichi300222-1

aichi300222-2
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 コミュニティー 研修 イベント 講演 教育 訓練 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 協定 訓練指導 支部総会 被災地支援 DIG 研修指導 女性 自主防災組織 HUG セミナー 支部会議 連携 支部設立 避難所 受賞 女性防災士 実技指導 支部活動 訓練HUG 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR