FC2ブログ

長崎県支部 活動報告平成30年12月

自主防災組織防災活性化のための訓練 11月23日実施

 時津町野田郷自治会主催、浦郷の4自治会・行政・警察所・自衛隊・消防団と防災士会も協力団体として参加。炊き出し訓練(薪を使用した屋外炊飯)、協力団体による車輛展示。新井防災士(時津町議会副議長)、佐々野野田郷自治会長で自主防災組織活性を目的と、併せて地域の住民の関係強化を図りたいと長崎県支部に相談あり。「自主防災組織の必要性について」講話を川浪がさせていただいた。100名を超す参加者で皆さんが自分たちの街はお互い助け合い守るとの強い意気込みを感じました。
熊本地震・九州北部豪雨災害パネル写真も展示(鍵原副支部長・川浪参加)

nagasaki301123-1 nagasaki301123-2
nagasaki301123-3 nagasaki301123-4.(詳細案内パンフ参照)

九州ブロック支部連絡協議会合同研修会開催

 11月25日諫早市中央公民館で、九州各県支部より多くの防災士の皆さんの参加頂き開催。前日の交流会、そして合同研修会、更なる九州各県支部間の「顔の見える関係構築」を目的として、毎年持ち回りで実施。
開催に際し地元諫早市の絶大なるご支援・ご協力で、行政職及び自治会役員の方々も参加を得た。さらに開催場所、市役所駐車場も特別な配慮してもらった。また、長崎県危機管理課・長崎地方気象台・気象予報士会のご支援いただき開催できました。
午前第1部として、宮城県南三陸在住三浦美香さんに「南三陸からのメッセージ」として、東日本大震災時の状況及び現状について講演頂いた。
その後、旭支部長のよる「クロスロード」、実例に基づいて会場の皆さんと判断力を養う機会にしてもらった。
午後第2部は、開会セレモニー後長崎地方気象台・気象予報士会のご指導の下、「大雨災害から生き残るため」気象庁ワークショップ。ここ数年全国各地での豪雨災害、刻々と変化する気象情報を入手し「命を守る対応」のタイフラン。ファシリテーター小川気象予報士(長崎文化放送アナウンサー)と小林気象予報士による進行、長崎地方気象台気象防災官の気象解説。各グルーブとも白熱した議論が展開され結果発表となりました。気象災害は情報を的確に入手しての対応、人災の軽減に繋がることご指導頂きました。

nagasaki301125-1 nagasaki301125-2
講演会の様子、三浦さん講演会
nagasaki301125-3 nagasaki301125-4
(研修会詳細、資料ご参照下さい) 次第は画像をクリックしてご覧さい

nagasaki301125-5 nagasaki301125-6
写真はコチラからご覧ください
進行表はコチラからご覧ください



「防災フェスタin島原半島」

 12月8日、年末恒例の「防災フェスタin島原半島」、長崎地方気象台・雲仙岳災害記念館からの参加協力要請により今年も参加。主催者からのリクエスト、防災クイズ、ロープワーク、災害持ち出し用品の展示。
熊本地震での被災者益城町平田のご夫婦も来場。発災時の状況や、現在の仮設住宅・災害公営住宅等などについてお聞きする機会もあった。
今後とも関係機関と関係構築に努めたい。

nagasaki301117-1(詳細は資料参照下さい)

愛知県支部 衣浦港危険物専用岸壁荷役統括管理責任者協議会防災研修

―  講演とクロスロードゲーム ―</Div>

日 時:平成30年11月29日(木) 午後3時10分~午後4時50分
場 所:知多半田 市営 CLACITY(クラシティ)3階 会議室
主 催:三洋化成工業(株)衣浦工場 環境保安課
参加者:15名(統括管理責任者協議会会員)
講 師:①講 演 保坂 松男(常任顧問)
   ②クロスロードゲーム(防災気象情報編)
        森 千代子(副理事長 兼 研修委員長)
   参加防災士:宮澤 昌嗣(副研修委員長)
        阿部 健二(事務局長 兼 広報委員長) 

 名鉄電車「知多半田駅」と繋がる高架式の廊下を渡り、徒歩3分くらいの場所に今回の防災研修の会場「CLACITY(クラシティ)(3階)」がありました。
 衣浦港危険物専用岸壁荷役統括責任者協議会の代表者の方が参加されることに伴い「防災・減災」について、専門的見地から対策等を検討されている、いわゆる専門的学識者に対しての研修会を行いました。
 
aichi301129-1☆講 演:「大規模災害に備える」15:10~16:10
 講師:保坂松男常任顧問よりプロジェクタ
ーを使いながら説明を行いまいした。
大きく四つに分類したポイントは、
 ① 我が国の災害発生状況について 
 ② 地域における災害発生について
 ③ 南海トラフ巨大地震について
 ④ 備えについて

aichi301129-2の4項目を配布資料に沿って説明しました。
 ※具体的な説明項目については、以下「別   記」に掲載済み
1時間の講演を「忘災は防災の敵である 備えあれば憂いなし」と講演を結んだところ、
衣浦海上保安署長様より、この言葉を署に持ち帰って全署員に伝えたいとの南海トラフ巨大地震に備える確かな言葉を頂きました。
☆防災気象情報編クロスロードゲーム          16:10~16:50
講 師:森副理事長 兼研修委員長
 本日の参加者15名を3つのグループに分けて、コメンテ―タ―の役割を担う森 千代子より気軽に、そしてゲーム感覚でできるクロスロード防災気象情報編を和気あいあいと始めることができました。
設問に基づき一人ひとりが自分の意思でYes ・Noを決め、グループ内の全員が意思決定をした時にYes・Noカードをそれぞれオープンします。グループ毎に、どのように考え判定が別れたのか結果を尋ね、解説として「判断するポイントとなる気象情報」を各設問ごとに判りやすく説明していきました。
なお、Yes・Noどちらでも1人になった時には、金の座布団カードが貰えるというゲームで、最終の設問が終わった時点で金の座布団カードを多く持っていた方が勝者となります。このゲームには正解は無く、その時の立場と状況下
で、いかに行動すべきかを判断するもので、気象情報の何を見てどのように行動したら良いかを体験してもらうゲームです。
当初、設問10まで準備していたのですが、40分という時間の制約上設問6で終了したところ、参加者から最後まで全部やりたかったと残念がる声も上がり、盛況の内に終了しました。

※クロスロード防災気象情報編とは、防災気象情報の普及啓発を目的に、名古屋地方気象台がチームクロスロードと覚書を締結したうえで作成したもので、その著作権は、名古屋地方気象台とチームクロスロードが共有しています。ゲーム開発時、防災関係団体と気象予報士の団体に「気象情報の理解を深め、防災に役立てる」ことを目的に、このゲームの利用を委託されたものです。

aichi301129-3 aichi301129-4

【別 記】
講 演【具体的説明事項】
・世界の震源分布とプレート       ・世界の主な断層帯
・日本列島周辺のプレートの存在   ・世界と比較する日本の災害
・日本列島の活断層の状況      ・日本列島の地震活動の状況
・地震防災対策強化地域         ・地震防災対策強化地域の指定
・東海・東南海・南海地震の発生状況 ・予想される地震の発生域
・地震の想定震度・東海地震     ・震度分布の詳細・東海地震
・津波の高さ・東海地震       ・東海地震で想定する津波の高さ
・地震の揺れ予測・東南海地震     ・津波の高さ・東南海地震
・主な液状化の地域          ・愛知県の断層帯の概略図 
・知多半島の活断層の分布       ・南海トラフの巨大地震
・南海トラフとは          ・南海トラフ巨大地震の被害想定
・愛知県の被害想定          ・愛知県の震度測定
・地震の揺れとは(震度)          ・東海地震・南海トレフ巨大地震は来るのか
・地震活動の活発化
◎衣浦港の特徴
・堤外地と提内地について        ・過去の教訓と衣浦港の特徴・リスク
・戦時中での地震             ・忘れてはいけない過去の教訓①
・昭和東南海地震の震度状況      ・知多・衣浦地域の震度
・昭和東南海地震を忘れない。     ・忘れてはいけない過去の災害の教訓②
・三河地域の地形図             ・三河地震の震度
・三河地震による死者           ・北海道十勝沖地震のタンク火災
・「津波避難」と「高潮回避」の考え方 ・津波・高潮への対応
・浸水想定区域及び浸水域       ・周辺市町の津波到達時間と想定津波高
・浸水深さ30cmに達する想定時間   ・津波避難の考え方
・避難困難地域について         ・災害に備えて
・イザという時のために           ・自分の命は自分で守る
・企業の防災への備え            ・BCP策定の要点
・最後に「忘災は防災の敵である 備えあれば憂いなし」
・災害は忘れた頃に必ず襲ってくる。   

長崎県支部 活動報告平成30年11月

長崎県防災推進員養成講座 旭支部長講師
 長崎県では、防災に関する実践的知識と技術を有し、地域における防災活動等中心的な役割を担う人材育成を目的として「防災推進員養成講座(自主防災リーダー)」を開催。今年度は、対馬市(7月)・長崎県庁(9月)・雲仙市(10月の3会場。長崎県支部は旭支部長が「被害想定とハザードマップ(災害図上演習 DIG)」講義。3会場で約250名の受講者に今年の西日本豪雨災害・北海道胆振地方中東部地震等最近の災害を基に、受講者自身の住む街を見直す機会にしてほしいと要望。

nagasaki301210-1a nagasaki301210-2a nagasaki301210-3a
DIG 雲仙市     (雲仙市)     DIG講演雲仙市旭支部長


「平成新山」10月29日に川浪、防災視察登山
 雲仙岳が1990年大噴火した際生まれた、溶岩ドームの山。約200年ぶりの噴火で生まれた新山。火砕流や土石流を繰り返し、多くの人命と民家や田畑を奪った。現在も噴気が上がり、その温度は88度(登山時気象台測定)。この登山は、九州大学火山研究所の清水教授・松島準教授、長崎地方気象台、国土交通省、地元島原市・雲仙市の行政機関など。防災視察登山は、定期的に年2回(春・秋)実施されているとのこと。今回は、松島先生にお世話になり同行させてもらった。何時も遠くから眺める「平成新山」に足を運んで山の様子を確かめたく参加した。幸いにして長崎県支部の井口防災士(長崎地方気象台火山防災専門官)も参加者への火山の説明のため登山。溶岩ドームには驚き、自然界の凄さを実感しました。溶岩ドームは地震による崩落の危機にあり。日本で最新「平成新山」、ご確認ください。
nagasaki301210-4b nagasaki301210-5b nagasaki301210-6b
防災視察登山(平成新山 溶岩尖) (平成新山) 4  (平成新山) 6
nagasaki301210-7b nagasaki301210-8b nagasaki301210-10b
(平成新山) 7 松島助教授説明   13番  溶岩ドーム

nagasaki301210-11b nagasaki301210-9b
清水教授火口説明 井口防災士  火山観測説明

長崎県防災アドバイザー派遣対象事業 諫早市飯盛町
 諫早市総務部総務課主催、平成30年度自治会防災訓練計画策定に向けての講習会「自主防災組織の活性化について」実施。旭支部長が組織活性化の進め方、問題解決策の方策等について講義。町内17自治会より防災担当役員60名参加。3年前にも各自治会毎研修会を複数の長崎県支部会員で実施。昭和57年の長崎大水害で18名の犠牲者、町内での急傾斜地区・地滑り地帯・大雨時の浸水、また今後想定されている地震に伴う橘湾津波災害等で防災意識の高い地区である。川浪の出身地で中学校の同級生も数名役員として参加。今後も行政と関係を密にし、地域防災力の向上に努めたい。

nagasaki301210-12c
諫早市飯盛町自主防災組織研修会

※長崎県防災アドバイザ―派遣対象事業は、長崎県危機管理課が所轄で市町より研修会講師依頼があった時、長崎県支部防災士を派遣する昨年からの事業です。県・市町の防災担当者で開催調整。

NPO愛知県防災士会研修会に参加して

井上 有平(愛知県 防災士)

 平成30年11月10日(土)NPO愛知県防災士会日帰研修会に参加させていただきました。
海津市の砂防遊学館、愛西市の船頭平閘門、三重県の川越電力館を訪問し、研修会を実施しました。
 砂防遊学館では、土石流がどのようにして発生するのか特徴を知り、災害から身を守るために必要な情報や避難のしかたを学ぶことができました。

301110inoue1 301110inoue2
次の船頭平閘門は、木曽川浸水被害の明治改修工事の歴史を説明いただき、工事のために分離された川を渡る船頭平閘門を見学しました。

301110inoue3 301110inoue4
最後に訪問した川越電力館では、これから起こるであろう南海トラフ地震に備え、津波の想定より1.2m高くした堤防の設置、万が一、液化天然ガスが漏れ出した時の対処方法等、非常事態に対応するための防災対策を勉強させていただきました。

301110inoue5 301110inoue6
一日の研修を通して、実際の災害被害の状況を聞き、防災取組を直接見ることで、たいへん勉強になりました。災害はいつ起こるかわかりません。私は、郵便局の地域住民を守るために、防災意識を強く持ち、少しでも減災に結びつくよう努力していきたいと思います。

北海道防災士会 研修活動

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 研修活動

   《災害ボランティア初期支援チーム研修会》

hokaido301203-11 開催日時 平成30年12月3日(月)
               10:30~16:30
2 開催会場 かでる2.7 520号 札幌市中央区
3 開催団体 社会福祉法人 北海道社会福祉協議会
         北海道災害ボランティアセンター
4 開催内容 ボラセン立ち上げ、運営、
       ニーズ等について
5 参加団体 各自治体、社協、NPO団体等
6 参加団体 行政・自治体、社協職員など60名参加
 ※北海道防災士会 5名受講、社協との連携のため

hokaido301203-2

hokaido301203-3

北海道支部 支部会員スキルアップ研修会

hokaido301201-1北海道防災士会 活動報告 

1 開催日時 平成30年12月1日(土)
              13:30~16:00迄
2 開催会場 さっぽろ市民活動センター2階会議室
          札幌市北区エルプラザ内
3 開催団体 NPO日本防災士会 北海道防災士会
4 開催内容 平成30年北海道胆振東部地震について
   ①会員及び事務局の動向と対応(アンケートから)
   ②被災地ボラ活動の経過状況等について
5 参加者等 支部会員、協力団体等 20名
 ※企画 塚田氏、ボラ報告浅野氏、被災地報告横内氏

hokaido301201-2

hokaido301201-3

hokaido301201-4

沖縄県支部 西原町我謝自治会防災講演会で防災講講話及びクロスロードゲームを実施

 11月18日(日)10時~12時の間、西原町我謝公民館において防災講話及びクロスロードゲーム研修が自治会長以下住民35名参加のもと実施されました。
 我謝自治会では、自主防災会が組織されておらず、他の自治会に比べて防災活動が少ない状況にあります。
 同防災講話研修会は、西原町役場を通じて、日本防災士会沖縄県支部に講話等の依頼がありました。
 研修会の前半は、新城格沖縄県支部長が「身近な災害から身を守る」とのテーマで防災講話を行いました。
 後半は、新垣すみえ事務局長がファシリテーター(進行役)となってクロスロードゲームを行いました。 
 我謝自治会では初めての防災講話ということで参加した皆さんは熱心に受講していました。
 クロスロードゲームではジレンマの問題にそれぞれの価値観、考えの違いを発表、大いに盛りあがりました。
 クエスチョンタイムでは、参加者から「津波の際、避難所の問題、国道を挟んでの避難をどうするのか」、「どのようにして自主防災会を立ち上げたのか」、「防災訓練はどのように計画しているのか」等の質問が出ました。
 役場からも担当課の職員2名が参加し、「大変有意義で住民の意識付けになりました。」との感謝と労いの言葉がありました。

okinawa301118-1

okinawa301118-2

okinawa301118-3

okinawa301118-4

沖縄県支部 支部の研修会 (地区防災計画作成の推進について)

 NPO法人日本防災士会 沖縄支部では11月10日(土)18:30~20:00の間、りゅうせきロジコム会議室に於いて、15名の会員が参加して研修会を開催しました。

 テーマは、「地区防災計画作成の推進について」
日本防災士会が作成した「みんなでつくろう地区防災計画」(DVD)、「地区防災計画ガイドライン等の資料」を参考に研修しました。
○ 改正災対法に制定された経緯。
○ 地域の特性、社会特性を把握して、みんなでみんなの命を守る。
 みんなで決めて、みんなで役割分担をする
○ 計画を作ることで、地区の防災活動が活性化することが目的。
○ いつ災害が起きても落ち着いて対応ができるよう住民の命を守る地域コミュニティー作りであること。
等々を学びました。

○ 現在取り組んでいる自主防災会の現状と課題等の紹介もありました。
○ 出席した防災士仲間の話によると、ある自治体では、「防災行政に携わる側としての防災意識が大変低いところがある」との情報には唖然とさせられました。
 防災士仲間も不勉強なことがあることから、今後さらにスキルアップを図り、市長会、町村会を通じて各市町村へ地区防災計画取り組み推進の意識づけを図って、支援できることは支援して行くことなどを申し合わせました。
〇 また、県内テレビ局に勤務する防災士からは「地区防災士計画の取り組み現状についての報道を検討していきたい。」との積極的な意向が聞けました。
(沖縄県支部は、昨年結成したばかりで、それまでの情報が少なかったことなど組織としての取り組み、会員への啓発が他県に比べ遅れています。)

okinawa301110-1

okinawa301110-2

okinawa301110-3

愛知県支部 (株)ミルックス名古屋支店取引業者 災害防止協議会 事業主研修会

日 時:平成30年10月23日(火) 午後2時~午後5時
場 所:清水建設(株)名古屋支店8階
参加者:50名
講 師:NPO法人 愛知県防災士会 防災士
    講演 森 千代子(副理事長 兼 研修委員長)
    実技指導① 森  千代子(副理事長 兼 研修委員長)
          ② 手塚 哲郎(副理事長 兼 筆頭総括)
ファシリテ―タ―: 加藤 和久(理事 兼 組織委員長)      
        原田 友子(理事 兼 副広報委員長)
        高木 吉貴

☆講 演:「地震・気象災害からいのちを守る」
       -どう守り、どう備える?-     
1.愛知県に被害を及ぼした地震 2.日本付近で発生した主な被害地震の震央分布図
3.日本の活断層の分布 4.南海トラフ地震の被害想定
5.南海トラフ地震による津波の高さ 6.平成30年 北海道胆振東部地震 7.発達した積乱雲がもたらす激しい現象 8.積乱雲の特徴など気象災害についても注意を促しました。

  森 千代子防災士からパワーポイントにより上記項目について説明を行った後に地震が発生した場合、「自分の身をどう守り、地震に対してどう備えるか」を判りやすく具体的に説明しました。aichi301023-1
・ いのちを守るために日頃から色いろな場面を想定して準備しておくこと。  
・ 家族で地域のことを理解し、防災会議を開いて確認し、近所にもこの輪を広げていくこと。
・ もしもの時、何をすべきか、命を守る手立てを繰り返し確認しておき、いざという時パニックにならぬよう、心構えることなどを話しました。

講演を行う森 防災士
☆実技指導
 ① 「いざという時 役立つ 新聞紙スリッパ作り」
   引き続き森 千代子防災士から身近にある新聞紙を使ったスリッパ作り
   を指導し、参加者は大変興味深く楽しむことができました。
 ② 「命をつなぐロープワーク」
   最後に、手塚 哲郎防災士から、ロープは災害時や緊急時に救出・救助用として
   有効な道具になることを説き、誤ったロープワークを身に付けると結び目がほど
   けたり、ゆるんだりして危険をもたらすこともあるので十分注意されたい。また、
   日常生活で繰り返しロープワークを実践していると自分の技術として身に付く。
   ロープは、固く結べば良いというものではなく、「結びやすくてほどけにくい」(張
   力がかかった時にほどけない)、そして「ほどきたい時に、ほどきやすい」という
   ことが基本だということを学び、四苦八苦しながらも笑顔がいっぱいでした。
  【実 習】
    ・蝶結び ・連続止め結び ・胴もやい結び ・引きとけ結び
 aichi301023-2 aichi301023-3
 ロープの実技指導をする手塚    実技指導を受けられる参加者
 防災士

千葉県北部支部 10/5(金)千葉県北部支部・BCNスキルアップ研修(千葉県千葉市)

平成30年10月5日(金)千葉県千葉市、千葉市市民活動センターにおいて千葉県北部支部・BCN共催によるスキルアップ研修が行われました。
今回はテーマを「自主防災組織について」です。はじめに青木信夫防災士による浦安での被災体験と、当時動けなかった反省をもとにその後自主防災組織がどのように進展していったかを発表しました。自助と共助の間を埋める近助、共助と公助の間を埋める自治会間協定など具体例を提示し、実際にどのように進められたのか、訓練の様子と共に披露しました。後半はこれらの例をもとに質問が出たり意見が出たり、自助と共助の本質や、自主防から避難所の話まで発展しました。
2時間のスキルアップはあっという間で全く時間が足りませんでしたが、具体例を挙げての議論は大いに勉強になりました。

日時:平成30年10月5日(金)18:30-20:30
場所:千葉市市民活動センター会議室
講師:青木信夫防災士
参加:11名
内容:講義、ディスカッション

chibakita301005-1

chibakita301005-2
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 コミュニティー 研修 イベント 訓練 講演 教育 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 被災地支援 訓練指導 協定 DIG 支部総会 女性 避難所 支部会議 研修指導 自主防災組織 HUG セミナー 連携 支部設立 訓練HUG 受賞 支部活動 実技指導 地区防災計画 女性防災士 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR