沖縄県支部 沖縄市防災研修センター視察・研修

沖縄支部活動としまして、視察及びスキルアップ防災講話を実施しました。

研修は、平成29年6月11日(日)13時~15時 沖縄市消防本部にあります沖縄市防災研修センターにおいて、賛助会員を含め16人が参加し、地震装置での体験、また、阪神・東北・熊本での地震の揺れも体験しました。また、電子消火器での消火体験や消防団でもあり、防災士会の新垣副支部長が講師となり気象や地震のメカニズム等のスキルアップ防災講話を行いました。 

当沖縄県支部としましては、これからも組織拡大を図り、スキルアップ、活動の強化等により組織の強化を図っていきたいと思います。

okinawa290611-1
資料はコチラからご覧ください
スポンサーサイト

千葉県北部支部 千葉県船橋市 資格取得者フォローアップ研修

平成29年6月10日(土)、千葉県船橋市内在住の防災士・災害救援ボランティア及び船橋市新規資格取得者に対しフォローアップ研修会が行われ、千葉県北部支部及び船橋SLネットワークが共同して支援を行いました。
千葉県船橋市は自主防災組織の活動リーダーを育成するため、平成28年度から地域(自主防災組織)からの推薦者に対して「防災士」「災害救援ボランティア」育成講座に参加する経費を全額負担(各10名)しています。今回その資格取得者を対象に市危機管理課がフォローアップ研修会を開催しました。
船橋市の地域特性・災害被害・被害予測及び船橋市の各種防災施策等について船橋危機管理監の講話があり、続いて避難所運営についての講演、ワークショップ、そして災害時避難所開設の初動確認事項、施設内受け入れ時の確認事項、避難所運営開始時の確認事項など、運営側と避難者側を相互に実技演習形式で進める講習が行われました。
加えて、今後の活動の参考にしていただくため、ロープワーク及び三角テント作成講習を行いました。
また、船橋市の地域自主防災活動の促進を図る目的から、船橋市在住の防災士等が連携して防災啓発活動を行う(仮称)船橋防災連絡協議会の創設説明があり、これに対し多くの賛同があり準備を加速することになりました。
防災士養成講座に参加し新規資格取得した10名の防災士は、防災意識が高く、自主防災組織の活動の中心となる防災リーダーとして活躍が期待できます。

日時:平成29年6月10日(土) 13:00~17:20
場所:船橋市役所本庁舎9階 災害対策本部室
主催:船橋市危機管理課
名称:防災士・災害救援ボランティアリーダー資格取得者フォローアップ研修
参加:33名 (講師含)
スタッフ: 5名(千葉県北部支部)
内容:HUG、ロープワーク

chibakita290610-1

chibakita290610-2

chibakita290610-3

千葉県北部支部 千葉県千葉市国際交流協会防災学習支援

平成29年6月3日(土)、千葉市国際交流協会において日本語クラスの外国人を対象に「防災」をテーマにした学習イベントが行われ千葉県北部支部が支援しました。
講師は船橋市国際交流協会にも籍を置く白川防災士。外国人向けにどう防災を説明するか、短い時間でどう理解してもらうかを考え、寸劇にしてしまおうということになり、2名の防災士がお父さん役、お母さん役になり、職員の方にはおばあちゃん役になってもらいました。
地震が発生し、まず何をするのか、なぜすぐに火を止めなかったのか、なぜドアを開けたのか、寸劇の場面場面で問いかけをし、受講者に問いかけます。様々な回答が飛び出し外国人ならではの回答もあったり、みんなで楽しみながら防災学習できたのではないかと思います。講師側もゆっくりと丁寧に出来るだけ簡単な言葉で説明し、途中でディスカッションの時間を設けるなど理解度を深める工夫もしました。
外国人は国内では要配慮者、災害弱者とも言われますが、災害や防災に関する学習の機会が少ないことも一因と思われます。今回のような外国人が気軽に参加できる防災学習イベントが各地で行われるよう望みます。

日時:平成29年6月3日(土) 10:00-11:00
場所:千葉県 千葉市中央ツインビル8F
主催:千葉市国際交流協会
内容:講義(寸劇、解説、ディスカッション)
参加:外国人日本語クラス
スタッフ:3名

chibakita290603-1

chibakita290603-2

chibakita290603-3

chibakita290603-4

chibakita290603-5

北海道支部 平成29年度 定期総会及び第1回研修会開催

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告
         
《定期総会》
開催日時 平成29年5月27日(土) 13:30~14:30
開催場所 札幌市民活動サポートセンター 2階消費者サロン(札幌エルプラザビル)
出席者  北海道防災士会 会員 20名。
審議議題 28年度活動結果及び収支決算報告 29年度活動計画及び予算(案) 他
hokaido290527-1 hokaido290527-2

《第1回 北海道防災士会研修会》
開催日時 平成29年5月27日(土) 14:45~16:00
開催場所 上記総会場所 (総会終了後開催)
参加者  総会出席者  20名
研修内容 ①「地区防災」について ②「北海Do防災かるた」について
  ※北海Do防災かるた作成時に「北海道防災教育」協働ネットワークへ読み札の
   提供をした。
  指導講師  代表 横内春三
hokaido290527-3 hokaido290527-4 hokaido290527-5

奈良県支部 葛城市で防災士が避難所運営研修

 平成29年5月13日(土)、葛城市役所において葛城市防災士会(奈良県防災士会団体会員)の総会が行われ、葛城市長、葛城市議会議長もかけつけられました。
総会終了後には避難所運営(HUG)研修が行われました。この研修は、葛城市在住防災士のリーダー(役員)が事前にHUG研修を積み重ねた上で、各グループのリーダーとして入るという形で行われたものです。
当日は、奈良県防災士会の杉村理事が中心になり、昨年度新たに防災士になった方たちへグループリーダーが指導するという形で進められ、市役所の防災担当者も一緒に入っての研修となりました。
今後も積極的な研修が期待されます。

nara290513-1

nara290513-2

nara290513-3

千葉県船橋市 船橋市立湊中学校救命講習

平成29年5月15日(月)、船橋市立湊中学校において中学1年生2年生全員および教職員・地域一般の方を対象に救命講習を行いました。昨年のこの時期は中学2,3年生を対象に行いましたが、今年は1年生から行うことになり、毎年救命講習を行うことにより、確実に習得できるよう配慮されました。
救命連鎖の説明、反応確認、呼吸確認を行い、いよいよ胸骨圧迫の練習に入りますが、軽快なリズムの音楽に合わせ、生徒たちは一生懸命プッシュします。交代で約8分強の救急車平均到着時間の実技という長さを体験し、大変!腕が痛い!と様々な声が飛び交う中、1グループ4人に防災士1名のスタッフが胸骨圧迫の位置、深さ、速さなど微調整を行いました。
防災士スタッフは千葉県北部支部、千葉県支部、BCN、東京都支部の合同チームで計20名。訓練用マネキン+AEDも20組用意され、一斉に行う様は圧巻です。8分強の胸骨圧迫が終わると、その達成感から拍手が湧き起こりました。そしてAEDの体験を行い締めくくりになりました。2クラスずつ行ったため、50分授業を4時限分行い、さらに教職員+地域一般住民の方を交え計5時限分の救命講習になりました。
毎年繰り返し行い、全員が救命できる中学生として卒業させるという湊中学校の取り組み姿勢はすばらしく、我々防災士もこうのような大規模救命講習の回を重ね、経験を積んでいくことができ大変勉強になりました。

日時:平成29年5月15日(月) 9:45-16:00
場所:船橋市立湊中学校
内容:救命講習(CPR+AED)
参加:中学1年生、2年生、教職員・地域一般
スタッフ:20名

chibakita290515-1 chibakita290515-2

chibakita290515-3 chibakita290515-4

chibakita290515-5 chibakita290515-6

千葉県北部支部 スキルアップ研修

平成29年5月14日(日)、船橋市中央公民館において千葉県北部支部とBCNによるスキルアップ研修が行われ、11名が参加しました。今回のスキルアップは来る5月27,28(土日)に行われる睦沢町「テントに泊まろう」で行う体験学習の予行内容で、対象が小学4年生ということもあり、これまでの防災学習とは少し異なり、楽しくためになるサバイバル体験内容です。
火の起こし方では、虫眼鏡、ルーペ、マッチ、集光器、ファイヤースターター、スチールたわしと電池、ガム銀紙と電池、まい切り式火起こし器などを使った火種づくりの演習、また、着火剤の代わりになるポテトチップの紹介、カラーコーンとアルミホイルによる温め方法などが紹介されました。
夕食予定の飯ごう炊飯では、得意とするメンバーからおいしい飯ごう炊飯の方法について紹介があり、夕食後に予定している身近な物による遊びでは、紙で作る簡易ブーメランやペットボトルで作るフライングボトルが紹介され実演がありました。
朝食予定となるハイゼックス(災害救助用炊飯袋)の炊飯方法も紹介され、小学4年生の場合、どの程度の米の量なのか意見が出されました。
防災士の一番の出番である防災体験学習では起震車とロープワーク、火災旋風実験、レジ袋の活用法、レジ袋消火、ファイヤースターターによる着火が予定されていますが、それぞれについて説明があり、特にロープワークでは結び方そのものより、5,6m先の台車に乗った人を助けるために「もやい結び」を結びそれを脱いで投げ縄にして救助するといった実践に近い訓練の予行がありました。
昨年に続き、睦沢町「テントに泊まろう」は2回目になりますが、楽しみながら体験できる工夫を凝らした内容は、防災のスキルアップとしても大変勉強になりました。

日時:平成29年5月14日(日) 13:00-15:00
場所:船橋市中央公民館
内容:スキルアップ研修
参加:11名

chibakita290514-1

chibakita290514-2

兵庫県支部 防災リーダー&防災士 指導者養成講座開催

hyougo251227-2
事業部    

 兵庫県では「ひょうご防災リーダー講座」修了時に防災士試験を実施していますが、合格通知が届いた後の手続きや活動についての説明がほとんどないことにより「合格したが、どのように活動を進めてよいのかわからない」「合格したら防災士会の会員になっていると思った」「機構と防災士会が違う組織だと言うことを知らなかった」「リーダー講座では自分が受講するだけで、指導する側の練習や技術がなく不安」などの声が多々寄せられるため、ひょうご防災リーダー講座修了生の受け皿として、「ひょうご防災リーダーフォローアップセミナー」を毎年事業部が開催してきた。今年度からは、資格取得後の手続きや防災士会の活動事例などの説明会と指導者養成講座WSの2部構成とし、指導者としての第一歩を講座の中で体験していただき、地域に帰って実践できるよう先輩防災士のアドバイス等をいただいた。

 【 日時 】 平成29年4月2日(日)
       防災士説明会(資格取得、取得後登録) 10:00~11:30
       指導者養成講座          13:00~16:00
 【 会場 】 加古川市防災センター
 【 内容 】 第1部  防災士資格、資格取得後の説明会
            10:00  防災士資格手続き等について
                兵庫県防災士会活動事例紹介、座談会
            11:30  閉会
     第2部  指導者養成講座
            13:00  「初期消火訓練指導」 座学、体験
            14:30  班別ワークショップ、発表
            16:00  閉会 (防災センター体験・見学自由)

 地域防災に関わる上で、一番基本となる「初期消火訓練指導」をテーマとし、座学では消火器の種類や使用手順、注意点など、消防団所属の防災士が説明。その後、加古川市防災センターのご協力を頂き、一般見学者への説明や進行を提示。参加者全員が消火器と屋外消火栓の放水体験を行った。
 体験後は、班別ワークショップとして、「高齢者向け」「小学生向け」「自主防災組織向け」「障がい者向け」の4テーマに沿って指導のシナリオを考え、指導経験のない防災士を指導者役として寸劇発表。発表後は、質疑応答も体験していただき、回答方法などについて参加者全員で協議する場面もみられた。
 「防災士なら消火器の使い方は当然知っている」とよく耳にしますが、実際に教える際の話術や対象者によって言葉や準備物が違うなど、簡単に見られがちな初期消火訓練指導でも奥が深いということを知っていただけた。特に、今回は聾唖の防災士にも参加していただけたことで、聾唖者への火事場の対応や、コミュニケーションのとり方を知っていただく機会にもなりました。
(事業部 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会


hyougo290402-1
資料はコチラからご覧ください

久留米支部 久留米市・防災士スキルアップ研修

 平成29年3月11日、久留米市防災士スキルアップ研修で久留米支部員が講師を務めました。

※日本防災士会・久留米支部のかつどうについて   久留米部・支部長 江藤正剛
※HUG(避難所運営ゲーム)         講師  日本防災士会・久留米支部

kurume290311-1 kurume290311-2

kurume290311-3 kurume290311-4

kurume290311-5 kurume290311-6

長崎県支部 「第4回防災士のための気象講座」3月4日(土)開催

 眼下に長崎市松が枝町「国際観光埠頭」の大型客船、後方には明治日本産業遺産「旧グラバー住宅」また、洋館が立ち並ぶ風光明媚な南山手の長崎地方台で開催。
 今回のテーマは昨年の東北・北海道での大雨被害、気象台から提供される気象情報の入手の重要性。対岸の火事ではなく、私どもが毎年経験する梅雨前線による大雨「九州北部の梅雨前線の特徴・かんたん解説」と題し、田中満防災気象官より講演頂いた。過去災害をもたらした天気図を基に、なぜ災害に繋がったか、そのような時どう対応すべきかと懇切丁寧に解説いただいた。併せて、気象庁が発表する気象情報(大雨の場合)、特別警報・大雨時の防災気象情報の流れ、長崎市の大雨洪水警報・注意報基準も併せて説明頂いた。
 質疑応答では、防災士の皆さんから多くの質問に田中気象防災官から回答していただいた。この講座は、皆さんの関心の高い内容だった。

気象庁作製「津波ワークショップ」
津波から命を守るために、海の近くでゆれたらすぐに避難。津波の特徴を知り、いかに素早く安全な場所に避難するかのゲーム形式である。各グループに地図・サイコロが渡され、ファシリテーターの田中防災気象官からの指示で2個のサイコロを振り、その面の合計数で様々なトラブルに対応する判断力を求められる。東日本大震災の際も、命を守るため津波から回避するため、いかに素早く高い所(垂直非難)への避難の重要性を語り継がなければなりません。今年気象庁作製の「津波ワークショップ」非常に有意義な研修でした。
 研修後、気象台業務、天気予報作成及び観測機器等の見学会も実施。
 今回の「第4回防災士のための気象講座」開催に際しては、お世話になりました所防災管理官・田中気象防災官・気象台の皆さんに感謝と御礼申し上げます。今後とも長崎県支部恒例事業として継続実施したいと存じます。

交流会実施
今回研修会終了後、研修会に参加いただいた気象予報士会(気象予報士5名)・気象台・防災士合同の歓談の場を設けていただき、情報交換の貴重な機会にもつながった。

長崎地方気象台等関係機関と共催
「防災フェスタin島原半島」また、長崎地方気象台で開催「気象フェスタ」で熊本地震被災状況パネル展示。
 今後とも関係を密にして、ご指導・ご支援を仰いでいきたいと存じます。
(報告 長崎県支部事務局 川浪 良次)

nagasaki290304-3 nagasaki290304-4 nagasaki290304-5
気象台からの長崎港 (1)  気象台からの長崎港 (2)  気象台からの長崎港 (3)

nagasaki290304-6 nagasaki290304-7 nagasaki290304-8
   研修会場 (1)     研修会場 (2)     謝辞 旭支部長

nagasaki290304-9 nagasaki290304-10 nagasaki290304-11
第4回防災士のための気象講座  所防災管理官開会挨拶
         第4回防災士のための気象講座 (20)  津波防災ワークショップ (1)

nagasaki290304-12 nagasaki290304-13 nagasaki290304-14
津波防災ワークショップ(2) 津波防災ワークショップ(3)  津波防災ワークショップ(4)

nagasaki290304-15 nagasaki290304-16 nagasaki290304-17
津波防災ワークショップの様子  田中防災気象官講義 (1)  田中防災気象官講義 (2)

nagasaki290304-1
報道発表資料はコチラからご覧ください

nagasaki290304-2
チラシは以下からご覧ください
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 教育 講演 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 支部総会 総会 協定 訓練指導 自主防災組織 DIG 女性 支部設立 研修指導 支部活動 女性防災士 被災地支援 法人化 HUG 受賞 セミナー 実技指導 支部会議 訓練HUG 連携 避難所 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR