FC2ブログ

長崎県支部 『時津町防災訓練で講演』

 長崎市に隣接する時津町は、人口29,773人(2020年1月現在)の町である。近年、頻発する豪雨災害等の発生で、防災訓練の必要性検討されていた。昨年防災先進地の福岡県苅田町を自治会で視察。苅田町での小学校区ごとの防災訓練参考に、同町でも今年度実施決定。4校区(鳴鼓11月10日・時津北1月26日・時津2月16日・時津東2月24日)での防災訓練協力要請が、同町総務課の防災担当者より長崎県支部にあった。協力要請内容は、自主防災組織の重要性と災害の状況に応じた避難の必要性、家庭内備蓄の重要性等について講演です。
 防災訓練は、昨年11月から今年2月まで各校区で実施。自治会役員の皆さん、住民の方々の防災意識の高さと、地域の繋がりの強さを肌で感じました。避難訓練では、要援護者の避難支援・避難者名簿作成と併せて、段ボールのベッド・便器組み立て、使用体験が全校区で実施された。段ボールは、町内に工場があり災害時供給協定を町が締結済で、避難所での有効利用に繋げるのが目的です。
 鍵原副支部長・川浪が、訓練に参加された方々と「自主防災組織」の重要性について、話する機会がもてたことは大変有意義であった。自主防災組織の更なる活性化と、「自助・共助・公助」の役割分担に少しでもお役になりましたら幸いです。


nagasaki020224b-1 nagasaki020224b-2
   訓練説明(鳴鼓小)     避難者受付(鳴鼓小)

nagasaki020224b-3 nagasaki020224b-5
段ボールベット強度確認(鳴鼓小)  段ボールベットの良さ実感(時津東小)

nagasaki020224b-6 nagasaki020224b-7
  自治会長 開会挨拶(時津東小)  講演会場(時津東小)

nagasaki020224b-8 nagasaki020224b-4
講演の様子(時津東小) 時津町防災訓練御礼はコチラからご覧ください

愛媛県支部 訓練に協力

豪雨災害で被害が大きかった、西予市野村町の訓練に日本防災士会愛媛県支部として協力しました。

2月24日(月)8:30~11:30 西予市野村町「野村小学校グランド」
                    「野村小学校体育館」

目的:「自助・共助」の減災訓練(多種多様な非常食作り・身近なものを使った応急手当)
行政機関に頼らない、今回の減災を目的とした訓練を通じ、自助・共助の重要性を
再認識するとともに、地域のコミュニティーの更なる連携強化を図る。

主催:農友地区自主防災会

協力:西予市、西予市社会福祉協議会、日本防災士会愛媛県支部

参加者:約150名
    農友地区11部落代表各10名(100名)
    区長、防災担当者、婦人部、その他
    関係者約40名
    日本防災士会愛媛県支部13名参加
訓練想定
 令和2年2月24日8:00高知県室戸岬沖200Km、深さ45Kmを震源とするマグニチュード8.8の地震が発生。野村町でも震度6強を観測し、多くの家屋が倒壊等の被害を受けている模様。住民は、指定避難所ある「野村小学校」に避難する。
 今後長期化する避難生活に対応するため、家庭で保管している食材を持ち寄り、非常食の炊き出しを実施する。また、避難住民の中には、怪我を負っている者も少なからずいる模様。医療機関等が混乱しているため身近な物を利用した応急手当を実施する。

訓練状況:炊出し 8つの班分けを行い、各班ごとに主食と副食を鍋を使って湯煎により、調理。8種類の主食と8種類の副食をつくりました。防災士にも特に、指示や打ち合わせをせず、いきなり本番に突入。各班に防災士がはりついて、現場の状況の対応にあたりました。
これも被災地での対応はぶっつけ本番で何をどうしていいかわからない中、現場を奔走することになり、戸惑うことも多い現場での対応をする訓練になりました。

応急手当 体育館では怪我人を手当てするためパンティテストッキングやラップを使い新聞紙や座布団をあてがい応急処置の仕方・毛布を使った担架の運び出し訓練をおこないました。

ehime020224-1

ehime020224-2

ehime020224-3

沖縄県支部 豊見城市総合防災訓練への協力

  日時  令和2年2月7日(金) 9時~17時
          豊見城市役所本庁
       令和2年2月8日(土) 11時~17時
          豊崎小学校
  
 日本防災士会沖縄県支部は、山川仁豊見城市長からの要請により、令和2年2月7日から8日の2日間、豊見城市役所及び豊崎小学校で実施された「令和元年度豊見城市総合防災訓練」に協力をした。
まず7日(金)に豊見城市職員に対して実施した「災害対策本部設置運営訓練」において、市職員8名を加え防災士会沖縄県支部長(豊見城市総務課副参事)以下18名で訓練統裁部を編成、地震津波災害発災4時間後から第2回災害対策本部会議終了までの一連の状況を訓練統裁した。
 統裁部の編成は、災害時に連携をとる内閣府や気象台、自衛隊、警察、消防、隣接自治体、市内小中学校他教育関係機関や避難所・救護所等としての連絡調整を担当する状況付与班、訓練全般の進行の確認・統制及び講評作成を担当する企画統制班を担任し、状況付与した後に始まる各種確認調整等に整斉と対応し、円滑に訓練を進行・統制した。
 災害対策本部の情報所及び調整所の機能を担う市災害対策本部オペレーションルームには、内閣府沖縄総合事務局、沖縄気象台、陸上自衛隊、豊見城警察署、豊見城市消防本部からリエゾンの派遣もあり、それぞれの応急対策実施に関し市長部局との調整を促す各種状況を付与し、所望の成果を収める事が出来た。
 8日(土)は避難所運営訓練において、避難所開設運営にあたる市民へのアドバイザーとして避難所の開設にあたって編成される避難所運営委員会の設置から避難者の受付、備蓄食料及び備蓄品の輸送・搬入、炊き出し配食、居住区のパーテーションの準備等の避難所準備のあらゆる場面において防災士会会員が指導・助言にあたりました。
 訓練終了後には、訓練参加者に対し新城格沖縄県支部顧問から全般講評及び細評が実施された。新城顧問からは訓練参加者に対して「防災訓練には正解・不正解ということはなく、訓練を通して確認できた教訓や問題点を改善し、また次回訓練に反映させてもらえれば」というアドバイスと共に、戦禍者全員に対する労(ねぎら)いの挨拶を受け令和元年度豊見城市総合防災訓練の協力を終えた。
 
2/7災害対策本部設置運営訓練「状況付与班」
okinawa020207-1 okinawa020207-2

okinawa020207-3 okinawa020207-4
2/8避難所運営訓練
okinawa020207-5 okinawa020207-6

okinawa020207-7

千葉県北部支部 1/8(水) 野田市役所職員向け避難所運営図上訓練「HUG」(千葉県野田市)

令和2年1/8(水)千葉県野田市市役所8階大会議室において、野田市市役所職員向け避難所運営図上訓練「HUG」が行われ千葉県北部支部が支援致しました。長期支援要請9回の内(各100名)第3回目となります。
中村利孝副支部長講師のもと、前回を踏まえて防災安全課森下課長よりの要望形態に沿い行われました。
臨場感を持ち各状況下のコメントを多く要して、気づきを促して自ら徐々に完成度に導く講師の話術に、翻弄された職員の皆さんも大いに自分達が遣るべき事の重大性を認識され奮闘されていた様子です。総括の段階にて、公助の立場の職員の皆さんに強い心構えで立ち向かうよう訴えました。

防災安全課の広報により、野田警察署より5名の見学要請有りました。承諾得て、「HUG」実体験して頂きました処、今後野田警察署にて「HUG」訓練講習会検討する旨のお言葉頂きました。
防災安全課の広報力素晴らしい、又HUG準備完璧に感謝致します。

日時:令和2年1/8(水) 13:00~16:30
場所:野田市市役所8階大会議
参加:野田市市役所職員約100名
講師:中村利孝副支部長
スタッフ:防災士・谷正美・高崎勝利・石田健・岡田和也・二崎博美(埼玉)・小椋養一

chibakita020108-1

chibakita020108-2

chibakita020108-3

chibakita020108-4

奈良県支部 法隆寺防災訓練

 令和元年12月17日(火)法隆寺境内において、南海トラフ地震を想定した避難誘導訓練が行われました。法隆寺と斑鳩町の主催による本訓練は今年で6回目を数え、参加者100名のもと、奈良県防災士会からは6名の防災士が参加しました。「大講堂」前で植村防災士がシェイクアウト訓練の指導・講評を行い、観光客の避難誘導訓練、「聖徳会館」での避難所開設訓練、自主防災組織2団体による活動発表の後、植村防災士が「大規模地震発生!その時、どう動く?」と題して防災講演を行いました。
 避難誘導訓練では、観光客役の女性が「この壁大丈夫かな」と危険箇所に気付いたり、町や寺の職員が「瓦が落ちてくるかも知れないので頭を守って避難して下さい」と呼び掛けるなど、災害現場を具体的に想像した行動が見受けられました。防災講演では、南海トラフ地震発生後にケガなく生き残ったとして、時系列で「発災直後」「発災後1時間〜半日」「発災後半日〜1日経過」「避難生活開始」のそれぞれの段階でどう動くべきかが具体的に紹介されました。参加者の皆さんは熱心に耳を傾け、どの訓練にも真摯に取り組まれる姿が印象的でした。
<報告者:小山防災士>右寄せ


nara191217-1

nara191217-2

nara191217-3

nara191217-4

nara191217-5

千葉県北部支部 11/4(月・祝日) ユーカリが丘防災訓練(千葉県佐倉市)

スカイプラザ・ユーカリが丘、スターリア・ユーカリが丘防災訓練は、高層・中層階マンションの自治会で毎年実施されている防災訓練で、震度6弱を想定した防災訓練を実施し、安否確認方法・避難経路の確認・停電時の対応・自治会対策本部の運営等のマニュアルに沿った防災訓練を実施していましたが、住民の参加意欲が低下してきたたため今回は、防災展示物(ローリングストック食品等)・身近な物を使用した応急手当、搬送法・水を流さないトイレの作成方法等の「見て・聞いて・触れて」の体験型を一部取り入れる防災訓練を実施することに決定。
対策本部運営・消火・避難訓練のみの防災訓練になりがちな中で、住民参加型の防災訓練を模索する意味での一部協力となりました。

当日は、9時00分発災の想定で、家庭内で安全確認を実施し、非常階段で避難、災害対策本部で状況確認等を実施し、役員以外の方に対して体験コーナーでの対応となりました。
市所有の地震体験車は、職員の手配がつかないため中止となり、10時から予定されていた体験コーナーは9時30分から開始となり、各コーナーは人だかり、説明や実演・体験になると質問攻め、ローテーション対応もそっちのけ、今年の災害を経験した住民にとっては、知りたいことだらけの時間となりました。
体験型の防災訓練を今後も続けてほしいとありがたいお言葉をいただき、対応した我々も「気づき」を与えられてほっとしました。

マンションの防災訓練は、自治会・管理組合の協定で、マニュアル化されている施設であることから、訓練そのものが、確認作業となる傾向があります。
年に一度の防災訓練を実施する行事ではなく、テーマを決めてこまめに体験していただくことを考える時になっていると感じました。

想定外を想定内にするべき努力を

日時:令和元年11月4日(月・祝日)
場所:スカイプラザ・ユーカリが丘
参加:約150名(自治会役員・住民・管理組合職員)
講師:谷正美副支部長、髙﨑勝利防災士
スタッフ:平尾正弘防災士(簡易テント担当)
内容:
1.身近のものを使用した応急手当、毛布担架搬送
2.ローリングストック、停電時の電源は、水を流さないトイレとは
3.ブルーシートを使った簡易テント

chibakita191104b-1

chibakita191104b-2

chibakita191104b-3

千葉県北部支部 千葉県高洲三丁目管理組合防災訓練要請

 技術支援チーム
川崎 隆克(千葉県防災士)

管理組合の事務局長は防災士の認証者です。過去毎年、防災訓練を企画し小生に要請がありました。
今回の要請は当該事務局長が退任した為、訓練を継続的に実施したいとの意思から、管理組合理事長、直接の要請でした。
理事長は初めての事で訓練の実施方法など不透明さも有り、提案型で実施する事としました。管理組合の立地は戸建ではなく、鉄骨5階建ての共同住宅と成っているため、比較的地震には強く、津波などの想定域にも入っていない、従って、「災害についての意識も希薄では」と思いましたが講演の質疑は専門的、実技も体験型として参加住民は積極的、真剣に取り組んで頂きました。最後に炊き出し試食が行はれました。

―記―

実施日時 : 令和元年12月8日 (日)10:00~12:00

実施場所 : 高洲三丁目管理事務所会議室・隣敷地内

実施内容 : 一部 防災講演「千葉県地震予知、その被害想定と対策」
       二部 実技指導「家庭にある身近な資機材で応急手当・応急担架・徒手
                              搬送法を学ぶ」

訓練参加者数:高洲三丁目住民約60名

指導防災士:川崎 隆克 
以上
chibakita191208-1 chibakita191208-2

chibakita191208-3 chibakita191208-4

chibakita191208-5  chibakita191208-6

千葉県北部支部 11/30(土) いすみ市北日在自主防災会防災訓練(千葉県いすみ市)

平成29年2月に結成された北日在区自主防災会員が一堂に会し、震災時等初動対応訓練を行うことで、相互に連携を図り実災害時における防災活動をより円滑に行えるよう、また、参加者一人一人が自ら考え、行動し、学ぶことで、個人の防災意識を高め、「自助」に対する防災力の向上や、地域防災力の要となる「共助」の更なる強化を目的とする訓練を展開しました。
自主防災会を結成してから初めての訓練であり、企画立案、調整及び資器材の調達等に苦慮しましたが、80人の参加者があり初期の目的を達成できました。
本地域の特徴である津波対策で、防災士が考案したペットボトルを活用した救命胴衣は高い評価を得ていました。
1 最近の県内の度重なる大災害のこともあり、熱の入った訓練であった。
2 地元の過去の災害事例とその時の思い出話が出ていた。
3 過去の地元災害の記録写真とやハザードマップの重要性を認識していた。
4 訓練開始時にシェイクアウト訓練を導入し、災害発生に対する初動の大切さを体感した。

日時:令和元年11月30日(土) 9:00~11:30
場所:いすみ市日在1620番地 会社駐車場
参加:北日在区自主防災会員 80人
スタッフ数:5名の防災士(渡邉・高崎・河野・越川・松浦)
内容:
〇実技訓練(シェイクアウト訓練・自主防災会本部設営・運用訓練・初期消火訓練・
応急救護訓練・ロープワーク・救命胴衣着装訓練)
〇防災講話(地域の災害危険度を知ろう! 天声地語・優備無患)
〇地震体験訓練(起震車/BCN担当)

chibakita191130-1

chibakita191130-2

chibakita191130-3

奈良県支部 大宇陀小学校防災訓練

 11月12日(火)に、宇陀市の大宇陀小学校において、夏季休業中の教職員研修会に引き続き、児童・保護者向けの防災講演を行いました。
 当日は、①児童・保護者が体育館に集まり児童向けのお話。②児童が教室に戻ったのちに保護者向けの講演。③保護者参加のもと、学校の引き渡し訓練 の順で行われました。
 児童向けのお話では、阪神淡路大震災の映像(コンビニなどの陳列物が崩れ落ちる様子など)を見た後、何人かの児童に前に出てきてもらい、教室や下校中のブロック塀脇などで地震に遭った時のシェイクアウト訓練を行いました。教室を想定した場面では日ごろの学校での訓練の成果が表れていましたが、通学路を想定した場面ではブロック塀を想定した段ボールの下敷きになってしまいました。改めて児童全員で地震に遭遇した場所での対応のポイントが確認できました。
 保護者向けの講演では、『家庭ですべき災害への備え』と題し、自分自身や家族を守るために知っておくべき〈地震や水害に関する知識〉〈「避難」の考え方〉〈日ごろの暮らしの中でできる備え(寝る時、かたづけ、買い物)〉について情報を共有し、「命を守る」ということについて考えました。
 大宇陀小学校では初めてとなる、保護者参加の引き渡し訓練。これまで先生方で数回シミュレーション訓練を行ってこられたこともあり、想定した手順で大きな混乱なく進みました。
 すべての予定が済んだあと、校長先生、防災教育担当教員、防災士が集まって、防災士より訓練についての講評・課題等についてお伝えし、学校の今後の進め方について意見交換を行いました。引き渡し訓練についての保護者アンケートを踏まえ、今後も訓練を積み重ね、課題を整理して次に活かす、いわゆるPDCAでより有効な防災教育が実施されていくことでしょう。 
(報告者:岡本防災士)

nara191112-1

nara191112-2

nara191112-3

奈良県支部 吉野郡内社協災害時対応訓練

 2019年11月16日(土)下市中央公園体育館において、吉野郡内社協連絡協議会と吉野青年会議所の主催による「災害時対応訓練?災害ボランティアセンターの役割・理解を深める?」が開催されました。吉野郡内11町村から行政、社協、青年会議所、民政委員、ボランティアなどが参加し、総勢113名で訓練が行われました。奈良県防災士会からは講演・炊飯指導・見学などで5名が参加しました。午前中は、奈良県社会福祉協議会の災害ボランティア受援コーディネーターである川口防災士が「災害への事前対策と事後対策?令和元年台風19号を事例として?」を講演しました。昼食では小山防災士指導によりハイゼックス袋を用いた給食訓練が行われ、続いて段ボールベッドの組立とドローン飛行が実演されました。午後は、台風による豪雨災害から5日後という設定で、災害ボランティアセンターから初めてボランティア派遣を行うという想定においてセンター運営訓練が行われました。本訓練を通して、災害ボランティアセンターの役割や運営について理解が深められ、迅速かつ的確なボランティア派遣に向けた協働と連携の基盤作りが進められたことと思います。
<小山英子 防災士>

nara191116-1 nara191116-2

nara191116-3 nara191116-4

nara191116-5 nara191116-6

nara191116-7 nara191116-8

プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 講演 訓練 コミュニティー イベント 教育 勉強会 指導 HUG 現地活動 被災地支援 総会 訓練指導 DIG 女性 協定 支部総会 研修指導 避難所 HUG 女性防災士 支部会議 受賞 セミナー 自主防災組織 支部活動 地区防災計画 連携 支部設立 訓練HUG 法人化 実技指導 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR