FC2ブログ

長崎県支部 活動報告平成30年12月

自主防災組織防災活性化のための訓練 11月23日実施

 時津町野田郷自治会主催、浦郷の4自治会・行政・警察所・自衛隊・消防団と防災士会も協力団体として参加。炊き出し訓練(薪を使用した屋外炊飯)、協力団体による車輛展示。新井防災士(時津町議会副議長)、佐々野野田郷自治会長で自主防災組織活性を目的と、併せて地域の住民の関係強化を図りたいと長崎県支部に相談あり。「自主防災組織の必要性について」講話を川浪がさせていただいた。100名を超す参加者で皆さんが自分たちの街はお互い助け合い守るとの強い意気込みを感じました。
熊本地震・九州北部豪雨災害パネル写真も展示(鍵原副支部長・川浪参加)

nagasaki301123-1 nagasaki301123-2
nagasaki301123-3 nagasaki301123-4.(詳細案内パンフ参照)

九州ブロック支部連絡協議会合同研修会開催

 11月25日諫早市中央公民館で、九州各県支部より多くの防災士の皆さんの参加頂き開催。前日の交流会、そして合同研修会、更なる九州各県支部間の「顔の見える関係構築」を目的として、毎年持ち回りで実施。
開催に際し地元諫早市の絶大なるご支援・ご協力で、行政職及び自治会役員の方々も参加を得た。さらに開催場所、市役所駐車場も特別な配慮してもらった。また、長崎県危機管理課・長崎地方気象台・気象予報士会のご支援いただき開催できました。
午前第1部として、宮城県南三陸在住三浦美香さんに「南三陸からのメッセージ」として、東日本大震災時の状況及び現状について講演頂いた。
その後、旭支部長のよる「クロスロード」、実例に基づいて会場の皆さんと判断力を養う機会にしてもらった。
午後第2部は、開会セレモニー後長崎地方気象台・気象予報士会のご指導の下、「大雨災害から生き残るため」気象庁ワークショップ。ここ数年全国各地での豪雨災害、刻々と変化する気象情報を入手し「命を守る対応」のタイフラン。ファシリテーター小川気象予報士(長崎文化放送アナウンサー)と小林気象予報士による進行、長崎地方気象台気象防災官の気象解説。各グルーブとも白熱した議論が展開され結果発表となりました。気象災害は情報を的確に入手しての対応、人災の軽減に繋がることご指導頂きました。

nagasaki301125-1 nagasaki301125-2
講演会の様子、三浦さん講演会
nagasaki301125-3 nagasaki301125-4
(研修会詳細、資料ご参照下さい) 次第は画像をクリックしてご覧さい

nagasaki301125-5 nagasaki301125-6
写真はコチラからご覧ください
進行表はコチラからご覧ください



「防災フェスタin島原半島」

 12月8日、年末恒例の「防災フェスタin島原半島」、長崎地方気象台・雲仙岳災害記念館からの参加協力要請により今年も参加。主催者からのリクエスト、防災クイズ、ロープワーク、災害持ち出し用品の展示。
熊本地震での被災者益城町平田のご夫婦も来場。発災時の状況や、現在の仮設住宅・災害公営住宅等などについてお聞きする機会もあった。
今後とも関係機関と関係構築に努めたい。

nagasaki301117-1(詳細は資料参照下さい)

千葉県北部支部 11/7(水)平成30年度柏市総合防災図上訓練(千葉県柏市)

平成30年11月7日柏市総合体育館に於いて平成30年度柏市総合防災図上訓練が行われました。今回は柏市防災安全課様よりご連絡を頂き副支部長数名で訓練を見学させていただきました。
この訓練は3年に一度、災害対応能力を高める目的で市役所の災害対策本部構成員、各部局本部連絡員、防災関係機関が集結して行われる実践型の図上訓練です。
今回は完全ブラインド型から一部ブラインド型への初の取り組みとが行なわれ、実践さながら熱心に訓練に取り組む姿が見られ部課や組織の枠を超えて情報収集や情報伝達を行い刻一刻と変化する災害想定に対応していました。防災士会では日頃、地域や学校、企業向けに図上訓練や避難所運営訓練の支援を行いますがこのような行政が一丸となって大規模に図上訓練を行う模様を見学でき今後の訓練の参考となる訓練でした。
このような訓練が県内の自治体でも盛んに行われ地域住民の防災力を高める動きの契機となる事を願っています。

日程:平成30年11月7日(火)
場所:柏市総合体育館
参加:約190名
スタッフ数:4名
内容:柏市総合防災図上訓練

chibakita301107-1

chibakita301107-2

chibakita301107-3

chibakita301107-4

千葉県北部支部 11/25(日)白井市清水口小学校部支部防災訓練(千葉県白井市)

平成30年11月25日(日)千葉県白井市、西白井複合センターにて13の自治会が連合する清水口小学校部支部の防災訓練が行われ、千葉県北部支部およびBCNが共同して支援しました。
昨年に続き2回目になりますが、内容は40分の講話と、3ローテーションによる救命講習・ロープワーク、地震体験です。講話では昨年に引き続き平山優子防災士が講師を務め、一般防災と実践型訓練のすすめなどを中心に講演しました。救命講習ではマネキン+AED6体を用意し、皆さんが胸骨圧迫できるようにしています。
ロープワークでは本結び、巻き結び、もやい結びといった基本的な結びをレクチャーしました。地震体験は時間的な余裕があったため、東北地方太平洋沖地震に加え、直下型である中越地震も体験いただきました。
3連休最終日の天候の良い日ということもあり参加者が少ないと主催者側はおっしゃっていましたが、80名を超える参加者の方々はとてもためになる訓練をさせてもらったという声も多く、充実した訓練になったと思います。

日程:平成30年11月25日(日)
場所:西白井複合センター
参加:約90名
講師:平山優子防災士
地震体験種数:62名
スタッフ数:9名
内容:講演、救命講習、ロープワーク、地震体験

chibakita301125-1

chibakita301125-2

chibakita301125-3

chibakita301125-4

chibakita301125-5

千葉県北部支部 11/24(土)野田西亀山青年館近隣自治会合同防災訓練(千葉県野田市)

平成30年11月24日(土)千葉県野田市、桐ヶ丘自治会、運河台自治会等、西亀山青年館の近隣自治会による合同防災訓練が行われ、千葉県北部支部およびBCNが共同して支援しました。内容は全体講演40分、3ローテーションでロープワーク・救命講習・地震体験です。
全体講演では小椋養一防災士による野田市の防災上の特徴、レジ袋の活用法、水を使わないトイレ法、簡単な応急手当を約40分行い、参加者の方々は初めは遠巻きに見ていた感じでしたが、実技が始まると急に活気が出て前のめりになって小椋防災士の説明に聞き入っていました。
3ローテーションのロープワークはその結び方一つひとつ納得しながら、どのように利用するのか、どんなシーンで使うのかといった利用方法に関する質問が多く、早くも自分自身で応用しようとしていました。救命講習ではマネキン+AEDを6体用意し、胸骨圧迫からAEDの使い方、異物除去の説明まで行い、地震体験では東北地方太平洋沖地震に加え、希望者には直下型として中越地震を体験いただ
きました。
今回地域自治会の合同訓練ですが、合同で行うことにより地域同士の連携も図れ、活気もあふれ、防災上も有益だと感じます。参加者の皆さんも大勢で参加し、そして見ているだけではなく一人ひとりが身体を使う実技訓練に興味を持たれ、結果として地域の防災力が上がっていく、それを実感した訓練でした。

日程:平成30年11月24日(土)
場所:野田西亀山青年館
参加:約100名
講師:小椋養一防災士
地震体験種数:67名
スタッフ数:7名
内容:講演、レジ袋、トイレ、ロープワーク、救命講習、地震体験

chibakita301124-1 chibakita301124-2

chibakita301124-3 chibakita301124-4

chibakita301124-5 chibakita301124-6

千葉県北部支部 11/23(祝)野田市3自治会合同防災訓練(千葉県野田市)

平成30年11月23日(祝)千葉県野田市、川間小学校において中里上自治会、中里下自治会、阿部自治会の3自治会合同の防災訓練が行われ、千葉県北部支部およびBCNが地震体験を担当しました。野田消防署、消防団も参加され、救命講習および消火器訓練を担当していました。
挨拶の後、3自治会が3つの訓練メニューを30分のローテーションで行い、我々は地震体験を担当しましたが、最初に説明を行い、地震体験の目的や体験方法を伝え、単に揺れに耐えることが目的ではないことを理解いただきました。体験された方は「何もできない」「動けない」と、避難することの難しさを感じていました。
川間小学校にほど近いところに住んでいる北部支部の横張防災士からの紹介ですが、このように地元に密着して防災意識をどんどん盛り上げて行くことは、防災士の一つの目的であると再認識しました。


日程:平成30年11月23日(祝)
場所:野田市立川間小学校
参加:約120名
地震体験種数:95名
スタッフ数:4名
内容:地震体験

chibakita301123-1

chibakita301123-2

chibakita301123-3

千葉県北部支部 11/18(日)津田沼ローヤルコーポ自治会防災訓練(千葉県習志野市)

平成30年11月18日(日)千葉県習志野市泉町3丁目の津田沼ローヤルコーポ自治会において防災訓練が開催され、25名の住民が参加。千葉県北部支部が出動しました。訓練内容として、当マンションの住民を対象とした安否確認、トイレの組み立て、応急手当講習、防災用品の説明と習志野市の備蓄について、市の担当職員より説明があり、最後は非常食(五目ごはん)を配って終了しました。
トイレの組み立てに関して実演した後、補足説明の中で、飲食をしなくても、人は排泄をするということ。また、地震災害の影響で排水管が破損した状態でトイレの水を流した場合、1階の住民のトイレに逆流するなど、災害時のトイレに関する状況を理解し、その重要性を改めて認識できたことや、応急手当にサランラップ等が有効であることなど、緊急時の対応として日用品が大いに役立つことが解りました。
今回は防災倉庫に保管していた簡易トイレを使い、組み立てや使用方法を確認し、同じく使用していなかった炊き出し窯を使用して非常食を作るという実践に即した訓練を実施することができたと思います。

日程:平成30年11月18日(日)
場所:津田沼ローヤルコーポ集会室
参加:25名
講師:岡田和也防災士
スタッフ数:4名
内容:応急手当講習、トイレに関する補足説明

chibakita301118b-1

chibakita301118b-2

chibakita301118b-3

千葉県北部支部 11/17(土)平成30年度いすみ市津波避難訓練(千葉県いすみ市)

平成30年11月17(土)、いすみ市立大原中学校において、平成30年度いすみ市津波避難訓練が実施されました。千葉県北部支部は防災フェアー形式としたブースで、「津波から命を守る」をテーマに海が近いという地域特性からライフジャケットの活用と津波ハザードマップと津波写真、三角テント、ロープワーク、東日本大震災の津波DVDの上映、さらには洋式トイレ(実物大)活用による災害時対処コーナーでは、説明を担当した防災士の経験談も含め全体的に多くの参加者が「見て・触れて・体験する」ことを目的とした普及啓発活動を展開しました。
教育関係者の意見では、本日の訓練は地域特性及び震災の教訓を生かした内容であり学校防災教育に積極的に導入したい、特に防災士が考えたライフジャケットの作成要領、ハザードマップと震災時の地元の津波写真、洋式トイレの活用要領、三角テント作成等には大変驚いた、とのことでした。
特筆すべき点は以下の通りでした。
1 地元防災士2名が津波避難訓練に参加したことにり、東日本大震災時の当地における津波の惨状の話を聞くことができた。
2 防災士が考えたペットボトルとズボンを活用したライフジャケット及び船舶等のライフジャケットの展示並びにハザードマッツプと実際の津波写真、DVDは普及啓発効果大である。
3 三角テントと洋式トイレを併設展示したことにより集客効果が大であった。

日程:平成30年11月17日
場所:いすみ市 大原中学校
参加:約1300人
スタッフ数:6名
内容:防災ブース出展

chibakita301117b-1

chibakita301117b-2

chibakita301117b-3

chibakita301117b-4

千葉県北部支部 11/18(日) 蔵波台自治会防災訓練(千葉県袖ケ浦)

平成30年11月18日(日)千葉県袖ケ浦市、袖ケ浦市立蔵波小学校において蔵波台自治会防災訓練が行われ、千葉県北部支部およびBCNが共同で支援しました。
蔵波台自治会は大きな組織で、当防災訓練も参加者は350名以上と大規模です。
消防署、消防団、千葉県災害対策コーディネーターの方々による大掛かりな訓練で、校庭も体育館も使い、6ヶ所に及ぶローテーションで訓練が行われました。
我々の担当は地震体験ですが、希望者のみの対応でも200名弱の方々が体験され、子どもから高齢者まで、様々な方々に体験いただきました。
その他、高所消防車、放水訓練やレジ袋、新聞スリッパ、ロープワーク、トイレ方法、炊き出しなど人数に負けないメニューで、大変賑やか、かつ統制の取れた訓練でした。

日時:30年11月18日(日)
場所:袖ケ浦市立蔵波小学校
参加:約200名
スタッフ数:3名
内容:地震体験

chibakita301118-1

chibakita301118-2

chibakita301118-3

chibakita301118-4

奈良県支部 桜井市で避難所実体験型訓練(人間HUG)

 平成30年11月17日(土)桜井市図書館において避難所実体験型訓練(通称:人間HUG、主催:桜井市ボ連)が行われました。参加者は桜井市内のボランティア連絡協議会会員を中心に150名です。この訓練は、避難所運営ゲームHUGを図上ではなく、参加者が実際の避難者になり様々な課題について実体験をするもので、今年で2回目の開催となります。
 参加者は、最初に訓練主旨説明を受け、当初から避難所運営を体験するグループ、途中から避難所にたどり着いたグループ、車椅子で会場に到着するグループ、タンカで避難所に運びこまれるグループ等、4つのグループに別れて避難所体験しました。また、今回は、参加者全員が避難所内で“今、なにが起こっている”のかを共有できように会場スクリーンに課題を映し、全員で協力し合うことを目標に行われました。
 防災士会からは20名が参加し、各グループのリーダーや避難所での課題を持ち込む者(クレーマー)に扮して、より実際の避難所に近い雰囲気を体験できるように行いました。
 避難所運営に携わった参加者からは「俺の所へ文句ばっかり言ってきたのは防災士の人やったんか」「良い経験させてもらったわ」の声が聞こえるなどリアルな中にも楽しい訓練となりました。
 最後には、クレーマー役を引き受けた防災士を含めて防災士全員の紹介を行い、大川防災士と桜井市危機管理課水野課長の講評を受けて訓練を終了しました。
(報告者:植村信吉防災士)


nara301117-1 nara301117-2
nara301117-3 nara301117-4
nara301117-5 nara301117-6

奈良県支部 田原本町子ども防災教室

 平成30年11月11日、田原本町社会福祉協議会大ホールにおいて、田原本町社会福祉協議会主催の「あそんでぼうさい!」が行われ、町内の小学生18名が参加しました。2チームに分かれて、シェイクアウト、バケツリレー、じゃがりこポテト作り、消化器で的あて、簡易たんか作り・人形運び、フリスビードッジで得点を競いました。防災士会から参加した、4名の防災士も一緒に汗を流しました。遊びながら命を守る方法、助け合いの大切さを学んでもらいました。

nara301111-1

nara301111-2

nara301111-3

nara301111-4
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 コミュニティー 研修 イベント 訓練 講演 教育 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 被災地支援 訓練指導 協定 DIG 支部総会 女性 避難所 支部会議 研修指導 自主防災組織 HUG セミナー 連携 支部設立 訓練HUG 受賞 支部活動 実技指導 地区防災計画 女性防災士 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR