千葉県北部支部 エコ・ウォークin手賀(千葉県柏市立手賀中学校)

平成28年11月26日(土)、千葉県柏市立手賀中学校において、「エコ・ウォークin手賀」イベントが行われ、千葉県北部支部、BCN、東京都支部、埼玉県支部の合同チーム26名で防災訓練を行いました。
対象は小学校2校、中学校1校の計300人。30分ごとのローテーションで、小学校低学年は新聞スリッパ、防災紙芝居、防災ダック、高学年は手当搬送、ロープワーク、新聞スリッパ、中学生は心肺蘇生、手当搬送、ロープワーク、その間に高学年と中学生2,3年生は順次起震車による地震体験を行いました。学年によってメニューを変えましたが、ローテーションとはいえ、100人が一斉に動く訓練であるため統制を取りつつ、それぞれが大規模訓練といった様相です。
対応に当たった合同チーム26名は手の空く暇もなく、300名を相手に訓練を行うため必死です。小学生も中学生もとても行儀がよく、訓練に打ち込む様子が頼もしく感じられるくらいで、一つ間違えば遊び場になってしまうところ、それぞれ真剣にかつ楽しみながら訓練に臨んでいたところが印象的でした。
私ども防災士も多人数で対応したとはいえ、これだけの人数をローテーションでこなしていく経験はなく、正直心配な部分もありましたが、無事怪我もなく終了することができ良い経験になったと同時に、反省点も多々出てきて大変勉強になった訓練になりました。そしてこの経験が大きな財産になったことは言うまでもありません。このような機会を与えてくださったJA共催の方々、小中学校の皆様に深くお礼申し上げます。

日時:平成28年11月26日(土) 13:00~14:30
場所:柏市立手賀中学校
参加:小学校2校、中学校1校 計300名
スタッフ:26名(千葉県北部支部、BCN、東京都支部、埼玉県支部)
内容:新聞スリッパ、防災紙芝居、防災ダック、手当搬送、ロープワーク
心肺蘇生、地震体験
地震体験者数:179名

chibakita281126-1 chibakita281126-2

chibakita281126-3 chibakita281126-4

chibakita281126-5 chibakita281126-6

chibakita281126-7 chibakita281126-8

スポンサーサイト

千葉県北部支部 株式会社明電舎災害時応急救護訓練

平成28年10月24日(月)、株式会社明電舎において災害時応急救護訓練を千葉県北部支部、東京都支部の合同で行いました。内容は身近な物を使った活用法、応急手当、搬送法の3パターンでローテーション方式にて実施しました。各40分ですが、できるだけ参加者の皆様に体験していただき、身体を動かしながら参加いただきました。
 企業における防災というとBCPが前面に来ますが、明電舎においてはまず身の回りや自宅でいる時を含めて実践を身に着けようという姿勢が感じられ、ペーパー上の計画だけでなく、まずやってみるという本来の訓練から進めようとしている点が頼もしく感じられました。
 皆様若い方ばかりで、どうしても防災は後回しになりがちな年齢層ですが、真剣そのものでしっかりと学んでいました。短い時間でしたが、私どもにとっても密度の濃い講習になったと思います。今後も明電舎のような企業と継続的に防災計画に関わらせていただきながら、より実践的な訓練などを提供できればと思っています。

日時:平成28年10月24日(月) 13:30~15:30
場所:株式会社明電舎
主催:株式会社明電舎
名称:災害時応急救護訓練
参加:約60名
内容:
■身近なものを使った活用法
・新聞スリッパ ・A4コピー用紙コップ
・レジ袋の結び方 ・レジ袋の活用法
・ゴミ袋で雨合羽
■搬送法
・徒手搬送 ・毛布搬送 ・応急担架
・リュック搬送 ・椅子搬送
■応急手当
・ラップ利用 ・切り傷 ・捻挫 ・火傷
・止血法 ・骨折固定 ・異物除去

chibakita281024-1

chibakita281024-2

chibakita281024-3

chibakita281024-4

chibakita281024-5

chibakita281024-6

首都圏支部連絡協議会 再び地域の防災力向上に一躍

報告者 川崎隆克

講演・訓練・技術指導要請がH28年2月13日(土)迄、毎週入っています。先週、竜角寺台自治会に続き今週は隣接の酒直台自治会で防災講演と実技指導・起震車の要請があり、首都圏支部連絡協議会の支援を頂き実施いたしました。

―記―
以上
内 容 : 「栄町酒直台防災フェスタ」
場 所 : 栄町酒直台1,2丁目 自治会会館内
参加者 : 自治会員83名
時 間 : 10:10―DVD放映「東日本大震災千葉県被害映像」
     : 10:15―防災講演「栄町の被害想定と対策、防災力、消防力は・・!」
     : 10:40―ロ―ティーション訓練、三班に分かれ(CPR・AED、応急手
           当法・応急手当、起震車体験)
      12:10―非常食試食会
      13:00―終了

shutoken280213-1

shutoken280213-2

shutoken280213-3

shutoken280213-4

shutoken280213-5

shutoken280213-6

shutoken280213-7

千葉県支部 夏休みボランティア体験教室で防災訓練指導

夏休みボランティア体験教室で防災訓練指導


chiba260812

 子供たちも夏休みの半ばにさしかかった8月12日(火) 八街市総合保健福祉センターにおいて、小中高生(30人)を主体に夏休みボランティア体験教室の「防災体験」を開催しました。
 防災体験教室は昨年に引き続き企画された内容であり、昨年の「見て、触れて、体験する」訓練を、「感じて、判断して、行動する」ことを訓練目的とし一部を変更して展開しました。
 なお、このボランテイア体験教室は毎年この時期に企画していることから、人気も高く多くの体験教室(本年で5回目)が企画されており、受講生は延べ500人にのぼるとのことで本日参加した受講生に修了証が交付されました。
 防災講演内容は、八街市の地域特性を検討するとともに、「災害から命を守る」ためと題し自助・共助の必要性、公助の重要性等を講演。「生活用品を活用した災害時に役立つ防災グッズの作成と展示」、「簡易ランタンの作成」「身近な物を使った応急措置・応急担架作成」「搬送法」等の実技指導を行った。
 参加した30人の受講生は、「いざという時のために・・・今できることは何か?」を考え判断し行動して伝達すること及び自助、共助、公助についても学びました。主催した八街市社会福祉協議会から、今日の体験を通して防災意識の高揚が見られたとの講評をいただきました。
NPO法人千葉県防災士会 指導者 川崎隆克 渡邉一弘
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 教育 講演 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 支部総会 総会 協定 訓練指導 自主防災組織 DIG 女性 支部設立 研修指導 支部活動 女性防災士 被災地支援 法人化 HUG 受賞 セミナー 実技指導 支部会議 訓練HUG 連携 避難所 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR