FC2ブログ

長崎県支部 活動報告平成30年11月

長崎県防災推進員養成講座 旭支部長講師
 長崎県では、防災に関する実践的知識と技術を有し、地域における防災活動等中心的な役割を担う人材育成を目的として「防災推進員養成講座(自主防災リーダー)」を開催。今年度は、対馬市(7月)・長崎県庁(9月)・雲仙市(10月の3会場。長崎県支部は旭支部長が「被害想定とハザードマップ(災害図上演習 DIG)」講義。3会場で約250名の受講者に今年の西日本豪雨災害・北海道胆振地方中東部地震等最近の災害を基に、受講者自身の住む街を見直す機会にしてほしいと要望。

nagasaki301210-1a nagasaki301210-2a nagasaki301210-3a
DIG 雲仙市     (雲仙市)     DIG講演雲仙市旭支部長


「平成新山」10月29日に川浪、防災視察登山
 雲仙岳が1990年大噴火した際生まれた、溶岩ドームの山。約200年ぶりの噴火で生まれた新山。火砕流や土石流を繰り返し、多くの人命と民家や田畑を奪った。現在も噴気が上がり、その温度は88度(登山時気象台測定)。この登山は、九州大学火山研究所の清水教授・松島準教授、長崎地方気象台、国土交通省、地元島原市・雲仙市の行政機関など。防災視察登山は、定期的に年2回(春・秋)実施されているとのこと。今回は、松島先生にお世話になり同行させてもらった。何時も遠くから眺める「平成新山」に足を運んで山の様子を確かめたく参加した。幸いにして長崎県支部の井口防災士(長崎地方気象台火山防災専門官)も参加者への火山の説明のため登山。溶岩ドームには驚き、自然界の凄さを実感しました。溶岩ドームは地震による崩落の危機にあり。日本で最新「平成新山」、ご確認ください。
nagasaki301210-4b nagasaki301210-5b nagasaki301210-6b
防災視察登山(平成新山 溶岩尖) (平成新山) 4  (平成新山) 6
nagasaki301210-7b nagasaki301210-8b nagasaki301210-10b
(平成新山) 7 松島助教授説明   13番  溶岩ドーム

nagasaki301210-11b nagasaki301210-9b
清水教授火口説明 井口防災士  火山観測説明

長崎県防災アドバイザー派遣対象事業 諫早市飯盛町
 諫早市総務部総務課主催、平成30年度自治会防災訓練計画策定に向けての講習会「自主防災組織の活性化について」実施。旭支部長が組織活性化の進め方、問題解決策の方策等について講義。町内17自治会より防災担当役員60名参加。3年前にも各自治会毎研修会を複数の長崎県支部会員で実施。昭和57年の長崎大水害で18名の犠牲者、町内での急傾斜地区・地滑り地帯・大雨時の浸水、また今後想定されている地震に伴う橘湾津波災害等で防災意識の高い地区である。川浪の出身地で中学校の同級生も数名役員として参加。今後も行政と関係を密にし、地域防災力の向上に努めたい。

nagasaki301210-12c
諫早市飯盛町自主防災組織研修会

※長崎県防災アドバイザ―派遣対象事業は、長崎県危機管理課が所轄で市町より研修会講師依頼があった時、長崎県支部防災士を派遣する昨年からの事業です。県・市町の防災担当者で開催調整。

千葉県北部支部 12/1(土) 野田光葉町自治会防災講演(千葉県野田市)

平成30年12月1日(土)千葉県野田市、光葉町自治会防災講演が行われ千葉県北部支部が支援しました。
1,000世帯と大きな自治会であることから、今回はリーダーに成る役員に防災意識・知識向上を計る目的で次のような訓練を行いました。
1.役員の希望によりDIGを行いました。講師の石田防災士、小椋防災士は共に野田市在住で自治会、防災会役員を務めている事もあり、野田市の地域に密着したDIGを行いました。現実問題を重視した内容としてリーダー7名全員に発表していただき、意見交換では役員の連帯感を感じ取れました。
2.災害時対応に際する本音と建て前を被災地の現実体験談としてお話しさせていただき、被災時必要とされる身の回り品(寒さしのぎ等)実技体験をしていただきました。今後も防災講義を通して地域防災に務めて行きたいと思います。

日時:30年12月1日(土)
場所:光葉町自治会
参加:約10名
講師:小椋養一防災士
スタッフ数:2名
内容:DIG、講演

chibakita301201-1

北海道支部 講演《あなたの備えと対応策について》

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告

平成30年度 後志管内学校安全推進会議  「今求められている防災教育について」 
講演《あなたの備えと対応策について》90分
 1 開催日時 平成30年11月26日(月) 9:30~16:00  
 2 開催場所 北海道倶知安町 北海道後志合同庁舎hokaido301126-1
 3 開催機関 北海道教育庁後志教育局教育支援課
 4 開催内容 安全対策等の取り組み活動発表など。
   ※ワークショップ形式での問題点への対応等。
 5 参加者等 幼・小・中・高・支援学校等の教育者
企画、後志教育局教育支援課職員 金田唯史氏
(北海道防災士会員)が担当、開催される。講演 北海道防災士会 事務局長 横内春三 

hokaido301126-2

hokaido301126-3

北海道支部 よみうり 危機管理セミナー2018

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告
  
1開催日時 平成30年11月16日(金) 14:00~16:00
2開催場所 札幌市中央区 JRタワープラニスホール hokaido301116b-1
3開催機関 読売新聞社北海道支社
4開催内容 危機管理セミナー2018・「ブラツクアウト」
5参加人員 防災関係者・防災関心の市民・企業等120名
6講演関係 セコマ―丸谷社長、あかりみらい越智代表
       北海道防災士会 事務局長横内春三 

hokaido301116b-2

沖縄県支部 西原町我謝自治会防災講演会で防災講講話及びクロスロードゲームを実施

 11月18日(日)10時~12時の間、西原町我謝公民館において防災講話及びクロスロードゲーム研修が自治会長以下住民35名参加のもと実施されました。
 我謝自治会では、自主防災会が組織されておらず、他の自治会に比べて防災活動が少ない状況にあります。
 同防災講話研修会は、西原町役場を通じて、日本防災士会沖縄県支部に講話等の依頼がありました。
 研修会の前半は、新城格沖縄県支部長が「身近な災害から身を守る」とのテーマで防災講話を行いました。
 後半は、新垣すみえ事務局長がファシリテーター(進行役)となってクロスロードゲームを行いました。 
 我謝自治会では初めての防災講話ということで参加した皆さんは熱心に受講していました。
 クロスロードゲームではジレンマの問題にそれぞれの価値観、考えの違いを発表、大いに盛りあがりました。
 クエスチョンタイムでは、参加者から「津波の際、避難所の問題、国道を挟んでの避難をどうするのか」、「どのようにして自主防災会を立ち上げたのか」、「防災訓練はどのように計画しているのか」等の質問が出ました。
 役場からも担当課の職員2名が参加し、「大変有意義で住民の意識付けになりました。」との感謝と労いの言葉がありました。

okinawa301118-1

okinawa301118-2

okinawa301118-3

okinawa301118-4

北海道支部 防災への備えと対応策について

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告 

1開催日時 平成30年11月16日(日) 13:30~15:50迄
2開催会場 北海道上川管内士別市 士別グランドホテル
3開催者  公益社団法人 士別市シルバー人材センターhokaido301116-1
4開催内容 地元で元気に働くための防災と自助の在り方
5参加者等 シルバー人材センターで働く会員 70名
6講演指導  北海道防災士会(支部) 事務局長 横内春三

hokaido301116-2

hokaido301116-3

千葉県北部支部 11/17(土)野田市梅ヶ丘防災自主防災会防災講演(千葉県野田市)

平成30年11月17日(土)野田市南部梅郷公民館において梅ヶ丘防災自主防災会防災講演を実施しました。
野田防災会長によると、120世帯と小さい自治会の上大半が高齢者であり、毎年、通り一辺の防災訓練を実施していたこともありマンネリ化して防災意識が現実皆無状態とのこと。これを受け今回の防災講演の目的は、高齢者住民に対し防災意識向上と、災害時の危機感を持っていただくこととしました。
高齢者に理解を示すおとぎ話の「アリとキリギリス」に例えて、災害時の実体験を加えて現実的な本音に近い講義をしました。自分を守るのは、自分だけと認識された様子に、多少なりとも防災目的に添えたように感じます。
自身の自治会と隣接する自治会であることから、今後連係した防災対策を展開して行きたいと思います。

日時:30年11月17日(土)
場所:野田市南部梅郷公民館
講師:小椋養一防災士
参加:30名
スタッフ数:1名
内容:講義

chibakita301117-1

千葉県北部支部 11/15(木)八千代台東南公民館きらめき倶楽部防災講座(千葉県八千代市)

平成30年11月15日(木)、千葉県八千代市、八千代台東南公民館きらめき倶楽部において防災講座が行われ、千葉県北部支部の青木信夫防災士が講師を務めました。
公民館での防災講座は講演を中心に各所で行われていますが、今回は少し趣を変えてグループワークや実技を行いたいという要望を受け、ジレンマ発生ゲームと応急手当、搬送法を行いました。
前半のジレンマ発生ゲームでは点数の代わりに、1点は「雪だるま小チョコ」、5点は「金の延べ棒チョコ」を用いて、ジレンマ、葛藤、岐路の生じる質問について多数決によるゲームを行っていただきました。質問は計8問ですが、1つの質問に対し、グループで1人ずつ理由を述べていくグループワークです。様々な意見が飛び交い笑い声の絶えない受講者ですが、質問は濃い内容も含まれています。
後半は応急手当として止血法と骨折固定、また搬送法では毛布搬送と応急担架搬送を行いました。受講者は高齢の方が多かったものの皆さん元気に学ばれている様子が大変印象的でした。

日程:平成30年11月15日(木)
場所:八千代台東南公民館ホール
講師:青木信夫防災士
参加:約30名
スタッフ数:2名
内容:ジレンマ発生ゲーム、応急手当、搬送法

chibakita301115-1

chibakita301115-2

chibakita301115-3

chibakita301115-4

chibakita301115-5

東京都支部 マネジメントワークショップ施設長会議(東京都中央区)

平成30年11月15日(木)、株式会社オーエンスにおいてマネジメントワークショップ施設長会議が行われ、その一環として避難所に関する講演を行いました。講師は青木信夫防災士が務めています。
「公共施設における避難所運営について」と題して1時間半の講演ですが、より具体的な内容を希望されていたことから、理論ではなく事例などを紹介しつつ基礎的な内容を含みながらも実態としてどのようなことが起こるのか、どのような対策が必要なのかを時系列に沿って説明しました。
受講者は施設の方々ということもあり、避難所開設初期におけるトイレ問題とその解決方法、施設管理者の立場と避難者自治の原則などについては、特に興味を示していました。
また、90分の講義ですが、途中にレジ袋の防災活用法を取り入れ、軽い実技で身体をほぐしていただきました。

日時:平成30年11月15日(木)
場所:歌舞伎座タワー20F
主催:株式会社オーエンス
参加:約40名
講師:青木信夫防災士
スタッフ:2名
内容:講演、レジ袋防災活用法

tokyo301115-1

tokyo301115-2

tokyo301115-3

愛知県支部 「災害大国日本の現状」

日 時:平成30年9月13日(木) 15:20~17:00
会 場:名古屋市熱田区 ㈱テクノ菱和 8F会議室
参加者:100名
講 師:防災士 保坂松男(常任顧問)
   実技指導 :手塚哲郎(副理事長)森千代子(副理事長:研修委員長)
   他防災士5名

講 演:「災害大国日本の現状」
1.我が国の災害について    2.地域における地震について
3.南海トラフ巨大地震について 4.備えについて


 保坂松男防災士からパワーポイントにより9月4日の台風21号が25年ぶりに本土に上陸し、全国各地に被害を及ぼした状況を「新たな災害の発生」と題し、更には防災・減災に対する下記事項について解説をしました。

  aichi300913-1 aichi300913-2
   災害大国日本の現状を解説する    真剣に受講される社員の皆様
    保坂防災士                    

・忘れる間もなく9月6日震度7の北海道胆振東部地震
・東海、東南海地震による震度状況         
・液状化及び地震による被害の想定(人的被害、家屋の倒壊)
・ 北海道全域にわたる停電によるインフラの崩壊
・ 世界の主な断層帯、地球上の震源の分布、愛知県の断層帯
・日本列島を取り巻くプレート
・南海トラフの巨大地震による東海地域の被害の想定
・東日本大震災は予知できなかった
・企業の防災への備え BCP(事業継続計画)の策定について
・安心は禁物
・いざという時のために
最後に忘災は防災の敵である

 備えあれば憂いなし、災害は忘れた頃に必ず襲ってくると締めくくった。

☆実技 指導 
新聞紙でスリッパを作ってみよう  参加者と一緒に作りました
  次に森千代子防災士により災害時のトイレ対策と新聞紙によるスリッパつくりの説明後、作り方の実技があり、ファシリテーターの会員により作りかたをサポートしました。

  aichi300913-3 aichi300913-4
 トイレ対策とスリッパの作        森防災士の説明に聞き
 り方を説明する森防災士        いる社員の皆様 

ロープワーク
 最後に手塚哲郎防災士によるロープワークで自分の身を守るロープの結び方の実習に汗を流しました。
1.はじめに
   ロープワークをやったことのある人は・・・・
2.ロープワークの基本
・災害時の救出・救助用品
・誤って使うと結び目がほどけたり、緩んだり、危険をもたらすこともある。
・しっかり基本を学んで、日常生活で繰り返し、実践すれば、ちょっとした特技になり、災害時・緊急時は命を救う道具となるのがロープであり、ロープワークです。
3.災害時のロープワーク
ロープは、硬く結べば良いというものではなく、「結びやすくて解けにくい」(張力がかかった時に解けない)、そして「解きたいときには解きやすい」ことが基本。
4.実 習
・蝶結び  ・連続止め結び  ・胴もやい結び  ・引きとけ結び
aichi300913-5 aichi300913-6 aichi300913-7
           ロープワークを説明する手塚防災士
文責・写真:原田 友子

プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 コミュニティー 研修 イベント 訓練 講演 教育 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 被災地支援 訓練指導 協定 DIG 支部総会 女性 避難所 支部会議 研修指導 自主防災組織 HUG セミナー 連携 支部設立 訓練HUG 受賞 支部活動 実技指導 地区防災計画 女性防災士 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR