千葉県北部支部 10/18(水) 千葉県佐倉市 佐倉市民カレッジ講演

平成29年10月18日(水)、千葉県佐倉市、佐倉市中央公民館主催による市民カレッジの一講座として「過去の災害から学ぶ防災対策~私たちにできること~」と題した講演会が行われ、青木信夫防災士が講師を務めました。
佐倉市民カレッジは4年制の公民館学習事業で、26年目を迎えるまちづくりを意識した講義を行っていますが、今回防災に関する授業ということで講師依頼を受けたものです。
1700年初期の災害から最近の災害を一通り網羅しつつ、「私たちにできること」として正しい知識をクイズ形式で説明し、自助・共助の考え方や東日本大震災における中学生が見出した「絆」とはなんなのか、といった少し掘り下げた内容も盛り込みました。
受講者の皆さんはシニアの方が多数見受けられますが、元気いっぱいで大変明るく、約100名の受講者の反応がすばらしく、笑いがありつつも真剣に聞き入り、途中にレジ袋の活用法や紙コップといった身体を動かす作業があったことから、約2時間の講義はあっという間に過ぎてしまいました。カレッジを卒業すると地域に入ってそれぞれが力を発揮していくことを目的の一つとしていると聞きましたが、それが成功している例ではないかと感じ、また、防災においても今後さらに進んでいくものと思います。

日時:平成29年10月18日(水) 10:00-11:50
場所:佐倉市中央公民館
参加:約100名
講師:青木信夫防災士
スタッフ:3名
内容:講演、身近なもので防災活用

chibakita291018-1

chibakita291018-2

chibakita291018-3

chibakita291018-4
スポンサーサイト

千葉県北部支部 10/12(木) 千葉県八街市中央公民館防災講座

平成29年10月12日(木)、千葉県八街市、八街市立中央公民館において防災講座が行われ、千葉県北部支部、技術支援チームが支援しました。9/28(木)、10/5(木)に続いて3回目となる最終回です。今回は実技講習で大規模災害時のサバイバルテクニックとして三角巾、応急手当、骨折固定、搬送法、救急救命を行いました。
参加者は約20名と目の届く範囲での講習会なので、進めていく中でも随所に質問が上がり、適切な回答と共に実践的な内容に興味津々といった印象でした。比較的高齢者が多いものの積極的に学び、活かそうとする姿勢が頼もしく感じられました。90分という短い時間の中で、盛りだくさんの内容になってしまったため、一つひとつの内容が早回しになってしまいましたが、多くの手法を学び、そして救急救命では4人に1体の訓練用マネキンを用いたこともあり、充実した訓練になったのではないかと思います。

日時:平成29年10月12日(木) 14:00-15:30
場所:八街市立中央公民館
参加:20名
講師:川崎隆克防災士
スタッフ:6名
内容:三角巾、応急手当、骨折固定、搬送法、救急救命

chibakita291012-1

chibakita291012-2

chibakita291012-3

chibakita291012-4

chibakita291012-5

千葉県北部支部 9/11(月) 千葉県木更津市蔵玉婦人部防災講演

平成29年9月11(日)、千葉県木更津市の蔵玉婦人部主催による防災講演が行われ、千葉県北部支部の鈴木不二美防災士、渡邊一弘防災士がそれぞれ講演・実技を行いました。
当地区は山間部で、大規模地震発生時にはがけ崩れが懸念され、道路のう回路もないため孤立することへの不安や、高齢化が進むことによる人的資源の減少が危惧される地域であることから、住民の方々は災害・防災には特に関心が高い地域です。
それを受けて講演では「地震で火事を起こさないためには」「ケガをしないようにするためには」といった減災への手法を展開し、実技では、もし災害時にケガをしてしまったときに身近な物を使って行う応急手当法を行いました。
参加者は我が事として終始熱心に受講していたのが印象的でした。

日時:平成29年9月11(月) 13:30-15:30
場所:君津市蔵玉 集会場
参加:約20名
講師:鈴木不二美防災士、渡邊一弘防災士
スタッフ:2名
内容:講演、実技(身近な物を使った応急手当)

chibakita290911-1

chibakita290911-2

chibakita290911-3

沖縄県支部 沖縄県女性財団主催の防災講座の実施

沖縄県支部では、(公財)沖縄女性財団主催の「しっかり備える!アクティブ防災講座」において、支部長以下3人が講師及びフォローを務め、下記のとおり講座を行いました。

日 時 平成29年9月9日14:00 ~16:30
場 所 那覇市西町沖縄県男女共同参画センターてぃるる3階研修室1・2
参加者 40人
講 師 ①支部長新城格 ②事務局長新垣すみえ ③副支部長新垣博也(フォロー)

okinawa290909-1
資料はコチラからご覧ください

千葉県北部支部 千葉県白井市 清水口小学校区支部防災講演講習会

平成29年9月3(日)、千葉県白井市、西白井複合センターにて、平成29年度清水口小学校区支部防災講演講習会が行われ、千葉県北部支部が支援を行いました。内容は防災講演、身近な物で防災活用、救命講習、地震体験です。講演の講師は平山優子防災士が務め、テーマは「自助・共助のすすめ」です。当地区の特徴を具体的なデータで示しながら、どのようにしたらよいかを提案し、自助、共助につなげていく講話は説得力のあるものでした。
講演は30分、残りの90分は3班に分かれて、身近な物で防災活用、救命講習、地震体験を3ローテーションで行いましたが、100名を超える参加者ですのでスタッフも12名で対応し、充実した訓練になりました。白井市での活動は初めてですが、11月には白井市総合防災訓練を控えており、今後お手伝いをさせていただきながら地域防災力の向上に努めていきたいと考えています。

日時:平成29年9月3(日) 10:00-12:00
場所:千葉県白井市 西白井複合センター
参加:清水口小学校区住民約100名
講演講師:平山優子防災士
スタッフ:12名
内容:講演、身近活用、救命講習、起震車

chibakita290903-1 chibakita290903-2

chibakita290903-3 chibakita290903-4

chibakita290903-5 chibakita290903-6

兵庫県支部 千種高等学校 防災教育出前講座

hyougo251227-2
事業部    
兵庫県西播磨県民局の契約事業として出前講座を実施。兵庫県立千種高等学校全校生徒を対象に防災授業を行いました。300年前から言い伝えられている宍粟市の「抜山」の山津波の恐ろしさと「奇跡の全員脱出」の言い伝えを講話で伝えた後、「高校生にも出来ること」をテーマとし、搬送法や応急手当の方法を全員で練習した。
 【日 時】平成29年7月13日 10:35~12:25
 【場 所】兵庫県立千種高等学校 体育館
 【対象者】生徒107名、教職員
 【指導防災士】講話:竹平防災士  訓練指導:八瀬防災士
       補助:兵庫県防災士会 会員 3名
(文責 横山恭子)

特定非営利活動法人兵庫県防災士会


hyougo290713-1
出前講座の様子はコチラからご覧ください

北海道支部 防災セミナー ㏌ とかち2017

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告                   

  テーマー「東日本でのボランティア活動を振り返って」

開催日時  平成29年8月3日 (木) 14:30~16:30
開催場所  帯広市西4条南13丁目 とかちプラザレインボーホール
主  催  帯広市町内会連合会、帯広市、北海道
講演講師  北海道防災士会 代表 横内春三

会員の活動の記事は以下からご覧ください
http://membernews.blog.fc2.com/blog-entry-168.html

hokaido290803-1

hokaido290803-2

hokaido290803-3

hokaido290803-4 hokaido290803-5

hokaido290803-6 hokaido290803-7

hokaido290803-8
掲載記事はコチラからご覧ください

千葉県北部支部 野田市消防防災協会 防災講習会

平成29年8月2日(水)、千葉県野田市、野田市消防防災協会主催による防災講習会が行われ、千葉県北部支部の竹内哲志防災士が講師になり「防災士が考える事業継続計画」と題した講演が行われました。
防災計画と事業継続計画の違い、事業継続計画のポイント、具体的な流れといったBCPの基本的な考え方をわかりやすい表現で進めましたが、参加事業者約70のうち、具体的にBCPを策定しているところは数社のみで、参加者は初めて聞く内容だったかもしれません。防災対策に始まり重要業務の洗い出しからBCPの策定に至る大枠の説明になりましたが、自社に直結する内容だけに参加者は真剣そのものでした。
また、防災計画においてもBCPにおいても自分を守ることが第一であり、講義の後半は家庭防災でも役立つ実技、説明を行いました。具体的には家具転倒防止の要点、身近な物を利用した応急手当、備蓄の考え方、水を使わないトイレ術などを行いましたが、展示物を会場の後方に陳列し、物を使った説明、実技が行われました。
BCPに関する案件は今後も増えていくと考えられ、防災士の一分野として積極的に進めていきたいと考えています。

日時:平成29年8月2日(水) 13:30-15:00
場所:野田市中央公民館 講堂
主催:野田市消防防災協会
参加:協会員約70名
講師:竹内哲志防災士
スタッフ:7名
内容:「防災士が考える事業継続計画」講演、家庭防災実技

chibakita290802-1

chibakita290802-2

chibakita290802-3

chibakita290802-4

千葉県北部支部 千葉県船橋市 若松小学校救命講習

平成29年7月11日(火)、千葉県船橋市、船橋市立若松小学校において浜町公民館と共催による救命講習が行われ、千葉県北部支部とBCNが共同して支援を行いました。
若松小学校での救命講習は昨年に続き2回目となりますが、昨年は暑い日の体育館での講習だったため、今年はエアコンの効いた視聴覚室での講習になりました。
講習は講話、身近な物を利用した防災活用法、救命講習の順に行われました。前半の白川防災士による講話では緊急地震速報やエリアメール、地震・津波の話、小学校の地である若松地区の特徴の話があり、続いて新聞スリッパの作成、レジ袋の活用法の実技講習が行われました。後半の救命講習では平山防災士による胸骨圧迫とAEDの使い方が行われましたが、ポイントを分かりやすく示し、動画あり、解説あり、マネキン実技ありで受講者の皆さんはかなり集中していました。
圧巻は8分間連続胸骨圧迫で、1人1分間の胸骨圧迫を交代で行い、救急隊員に引き継ぐまでの平均時間を想定し、曲に合わせて皆さんが一斉に行います。これが終了すると大変さと達成感からか、大きな拍手が巻き起こりました。80名を超える受講者にマネキン17体、ミニベビー17体、訓練用AED17台に加え1グループに1人の防災士が指導に加わり、充実した救命講習になったのではないかと思います。また、今回は若い保護者の方が多いことから乳児の胸骨圧迫も行われました。

日時:平成29年7月11日(火) 13:00-15:00
場所:船橋市立若松小学校
参加:保護者等約80名
内容:講話・身近物防災活用法・救命講習
講師:白川恵防災士 平山優子防災士
スタッフ:13名(千葉県北部支部、BCN)

chibakita290711-1

chibakita290711-2

沖縄県支部 防災講話の実施

標題の件について下記のとおり講話を実施しましたので報告します。

1 日 時 平成29年6月28日 09:30~11:00
2 場 所 石垣市登野城在 八重山警察署
3 講 師 NPO日本防災士会 沖縄県支部支部長 新城 格
4 出席者 33人
  警察職員のほか、石垣市、竹富町の防災担当者、海岸沿い学校の先生等
5 講話概要
  「災害は必ずやってくる」~応災力に強くなろう~
とのテーマで講話を実施。
 防災の基本は、「地域を知る」「人を知る」「災害を知る」(過去の災害、地域特有の災害等)を知り対策をとり、災害への対応を行うことが大事なこと。
 246年前、地震・津波によって、1万2千人もの死者を出した八重山地震、いわゆる「明和の大津波」について、記録や津波石の説明。日本における過去の大震災(東日本、阪神淡路、熊本)からの教訓。
 混乱した避難所設営、運営とこれを解消するために有効な「避難所設営キット」、キットを県内で唯一整備している石垣市の状況等について解説。
 日頃からの防災活動や災害発生後の避難所運営等に際しては、女性の目線で行うことが必要なことで、必ず責任者や副責任者、役員に女性を据えることが必要である。
 自主防災会については、多くの組織化がなされているが、防災活動はそんなになされていないのが実態。
 息の長い活動をするためには、出来ることから、出来る範囲で、無理のない活動を行うことが大事。
 自主防災会活動は、コミュニケーション作りが基本であり、活動は、防犯活動であり、福祉活動ともいえることが実感している。
 等々について講話を行いました。

okinawa290628-1

okinawa290628-2

okinawa290628-3 okinawa290628-4

 同講話については、地元紙「八重山毎日新聞」「八重山日報社」が翌29日で報道しました。
八重山毎日新聞(2017.06.29)はコチラからご覧ください
八重山日報(2017.06.29)はコチラからご覧ください

okinawa290628-5

 また、「やいまタイム」サイトにおいても次のネット配信がなされました。講話内容の一部を公開しています。
次行をクリックして参照下さい。動画も一部配信されています。
http://yaimatime.com/yaimanews/27619/
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 教育 講演 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 協定 総会 訓練指導 支部総会 DIG 自主防災組織 支部会議 被災地支援 HUG 研修指導 支部設立 女性 セミナー 連携 受賞 避難所 支部活動 法人化 訓練HUG 女性防災士 実技指導 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR