FC2ブログ

千葉県北部支部 7/10(火)若松小中学校・船橋市浜町公民館救命講習(千葉県船橋市)

平成30年7月10日(火)千葉県船橋市若松小学校において、若松小学校・若松中学校・浜町公民館合同の救命講習が行われ、千葉県北部支部が指導しました。一昨年、昨年に引き続き今年で3回目となる講習です。今回は実施場所を2つに分け、それぞれ同様の内容を行いました。講師は平山優子防災士、岡田和也防災士です。
応急手当では、止血法、骨折、気道異物除去を行い、特に気道異物除去では訓練用ベストを用いて背部叩打法やハイムリック法の実演を行いました。救命講習では20体のマネキン、20個の訓練用AEDを用いて参加者を3,4人のグループに分け、身体で覚えていただくように胸骨圧迫等をできるだけ行っていただきました。小学生、中学生のお子さんがいる参加者が多いことから、小児の場合の説明を含め計2時間の講習です。
参加者の皆さんは真剣そのもので、我が子を助けるイメージ、家族を助けるイメージで取り組んでいただき熱気が感じられます。1人当たりのマネキンに触れる時間も多く、胸骨圧迫の大変さも実感していただけたようで、協力して行うことの重要性を肌で感じていただけたと思います。
比較的若い参加者の方々がこうして技術を身に着けていただけると大変心強く、有事の際の大きな力になってくれることを実感しました。

日程:平成30年7月10日(火)
場所:若松小学校
対象:PTA他 約80人
スタッフ数:11名
内容:応急手当、救命講習

chibakita300710-1

chibakita300710-2

chibakita300710-3

chibakita300710-4

千葉県北部支部 7/8(日)パールタウン自主防災会防災講演(茨城県古河市)

平成30年7月8日(日)茨城県古河市、パールタウン自主防災会にて防災講演会が開かれ、BCNが千葉県北部支部の協力を得て支援しました。内容は防災講演、レジ袋の防災活用法、地震体験です。
参加者は20名程度と絶対数は多くないものの、自治会世帯数が25戸であるため、参加率は8割になります。講演では岡田和也防災士が講師を務め、自主防災組織の考え方や役割、自助・共助、事例などを含めて講演を行いました。その後、レジ袋を使った防災活用法や水を使わないトイレの方法など実演を交えて行いました。質問では、活断層についてや足腰の悪い人をどのように運ぶかなど、具体的な質問をいただきました。地震体験では東北地方太平洋沖地震に加え、希望者に新潟県中越地震、大正関東地震を体験いただき、あらかじめ地震体験の目的(人が耐えられるかではなく家や家具がどうなってしまうかをイメージいただくこと)をお話してあったため、じっくりと揺れからのイメージを感じ取っていただけたのではないかと思います。
自主防災組織として4年目という当地区ですが、積極的に進めていこうとする姿勢と自治会の一体感が印象的でした。今回、質問を受けましたが実技の説明をする時間がなく、できれば実技系の訓練もお手伝いさせていただきたいと思っています。

日程:平成30年7月8日(日)
場所:新割会館(茨城県古河市)
参加:自治会員約20名
講師:岡田和也防災士
スタッフ数:5名
内容:防災講演、レジ袋の活用法、地震体験

chibakita300708-1

chibakita300708-2

chibakita300708-3

chibakita300708-4

北海道支部 浦幌町防災講演会

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告

   「あなたの自助のために・・・・」

 1 開催日時 平成30年6月28日(木) 18:30 ~20:30
 2 開催場所 北海道十勝地方 浦幌町中央公民館
 3 主催機関 浦幌町 (総務課防災) 
 4 開催内容 町職員・町民の災害に対する意識高揚等 (災害資機材の展示)
 5 参加者  浦幌町長・議会議員・町職員及び町内の地域行政長等 70名
 6 講演指導 北海道防災士会地域会員の協力 3名 (横内・井口・中村)

hokaido300628-1 hokaido300628-2

hokaido300628-3 hokaido300628-4

hokaido300628-5 hokaido300628-6

千葉県北部支部 6/24(日)印西市小林牧の里中防災会防災懇話会(千葉県印西市)

平成30年6月24日(日)千葉県印西市、牧の里中防災会において防災懇話会が行われ、BCNおよび千葉県北部支部が支援しました。数日前から雨の予報でしたが前日には曇に変わり、少し安心していたものの、当日は朝から雨。雨バージョンも用意していたものの、目玉としていた起震車が危ぶまれました。
訓練開始時も雨が降っていたことから、雨バージョンに変更し、防災会からのアンケート報告の後、防災士が応急手当、レジ袋の活用法、ロープワークを集会所内で行いました。アンケート報告では、住民から意見を吸い上げ問題点や改善点を報告していましたが、こうした手法は大変すばらしく、また速報としていましたが十分に内容を精査して報告されていたことに驚きました。
応急手当は岡田和也防災士が講師となり、止血法、骨折手当、気道異物除去の方法などを解説し、実演しました。レジ袋は青木信夫防災士が講師となり、参加者の皆様に実際に試していただきました。ロープワークは白川恵防災士が講師となり、屋内バージョンとして太いロープを軸にして、細いロープで練習いただきました。本結び、巻き結び、もやい結びの3種ですが、みなさん真剣にロープにかじりき、終了時間になってもなかなか手をゆるませることができないほど集中していました。
12時になり終了時間は過ぎましたが、このころになると雨も上がったことから、希望者に地震体験いただくことができ、結果盛りだくさんの内容になってしまいましたが、皆様が真剣に取り組んでいただいたことで時間が足りない様子でした。
発足して数年の防災会ながらその向上心は強く、すでにいろいろなことを経験され、課題を多く見つけ出していることから当地区の防災力向上は加速するものと思われます。

日程:平成30年6月24日(日)
場所:小林牧の里中集会所
参加:住民約30名
講師:岡田和也防災士、白川恵防災士
スタッフ数:8名
内容:応急手当、レジ袋活用法、ロープワーク、起震車

chibakita300624-1 chibakita300624-2

chibakita300624-3 chibakita300624-4

chibakita300624-5 chibakita300624-6

千葉県北部支部 6/16(土)千葉災害ボランティア連絡会HUG講習(千葉県千葉市)

平成30年6月16日(土)千葉市若葉保健福祉センターにおいて千葉県災害コーディネーターで構成される千葉災害ボランティア連絡会のメンバー向けにHUG主催者養成講座を実施しました。
今回はすでにHUGを経験した方、はじめてHUGを体験する方と経歴はぞれぞれで、教材を使ってカードを配るまでの進行や注意事項、これから地域でHUGを実施するにあたり進行の工夫や実際の避難所運営での日頃の疑問、運営スタッフとして参加者から質問された場合の回答に関する質問など、熱心な議論もあり気がつけば終了時間を迎えていました。

日程:平成30年6月16日(土)
場所:千葉市青葉区保健福祉センター
参加:10名
講師:竹内哲志防災士、熊澤晃防災士
内容:HUG養成講座

chibakita300616-1

chibakita300616-2

千葉県北部支部 5/25(金)文京区立第十中学校防災宿泊体験内講演(東京都文京区)

平成30年5月25日(金)東京都文京区第十中学校において中学2年生を対象にした防災宿泊体験が行われ東京都公園協会作成の「防災てぬぐい」を使って防災講演と身の回りにある物を使った応急手当実演を行いました。東京都支部および千葉県北部支部の共同活動です。
中学生は災害時に地域を守る最も必要とされる存在であること。そして自分の身は自分で守ること。地域の人を助けたりケガの手当てなど自分ができることを考える為の講義と実演を1時間30分にわたり行いました。
地域を守る将来を担った中学生に自分の身を守ることと自分達ができることは何か考える防災体験はとても意義のある活動です。今後も継続して活動を推進していきたいです。

日程:平成30年5月25日(金)
場所:文京区第十中学校
参加:中学2年生66人+教職員5人
スタッフ数:4名
内容:講演・身の回りにある物を使った応急手当て

chibakita300525-1

chibakita300525-2

chibakita300525-3

chibakita300525-4

千葉県北部支部 5/10(木) 船橋市立湊中学校救命講習(千葉県船橋市)

平成30年5月10日(木)千葉県船橋市、船橋市立湊中学校において救命講習が行われ、千葉県北部支部が講師を務めました。
毎年恒例になりましたが、1,2年生全員を対象に2クラス合同で1度に60名前後の講座を4回行い、5回目の講習は教職員と地域住民の方々を交えての講習です。中学生を指導したのは臨床工学士でもある榎本和幸防災士、教職員向けは平山優子防災士がそれぞれメイン講師を務め、12名のアシスタント防災士が各班に入り指導しました。
1単元50分という短い時間ですが、2年生は胸骨圧迫もしっかりと押すことができ、一連の流れからAEDの操作まで一通り習得できたように思います。1年生は若干体力不足が否めませんが、心肺蘇生法の重要性と流れは十分把握できたのではないかと思います。
湊中では心肺蘇生法をしっかり身に着けて卒業してもらうという学風があり、そのお手伝いをさせていただくことは大変ありがたく、またその責任も大きいものです。
また、教職員と共に地域の方々が一緒になって講習を受けるという、地域との連携をこのような形で実現しているところは少なく、好例として今後も地域とのつながりを期待でき、強いては避難所になった時の連携も円滑に行われるのではないかと、そう期待できる取り組みだと感じました。

日時:平成30年5月10日(木)
場所:船橋市立湊中学校
参加:1,2年生全員 約250人、教職員,地域住民 約50人
講師:榎本和幸防災士、平山優子防災士
スタッフ:12名
内容:救命講習

chibakita300510-1

chibakita300510-2

chibakita300510-3

chibakita300510-4

chibakita300510-5

千葉県北部支部 4/23(月) ヨガサークル「忘れな草の会」救命講習会(松戸市)

平成30年4月23日(月)千葉県松戸市内のヨガサークル「忘れな草の会」の皆様に千葉県北部支部で救命講習を行いました。当日はサークルの活動日で前半の活動の後、後半をAED2台とあっぱくんを用いて熊澤防災士が務めました。
講習の冒頭に先日の大相撲舞鶴場所の動画を流し時系列の解説と最後に、あなたにしか救えない大切な命の動画を流し心臓を押す事、息を吹き込む事、AEDを使う事の大切さを見て聞いて実践していただきました。
また、家でも練習できるできるペットボトルや缶ビールとテニスボールを使った練習方法をご紹介し家での振り返り用に簡易資料をお渡しました。
今回の講習ではご自身の体力に自信が無くてもその場に居合せた時に周囲の協力者になっていただく方法のお話もさせていただき限られた時間でしたが皆様、真剣で質問も飛び交い大変中身の濃い講習会となりました。

日時:平成30年4月23日(月)
講師:熊澤晃防災士
内容:救命講習

chibakita300423-1

chibakita300423-2

chibakita300423-3

北海道支部 会員たよりVol .6を発行、防災講演

hokaido280924-9.jpghokaido300423-1
会員たよりはコチラからご覧ください

北海道防災 広報活動報告

1 作成発行 平成30年4月発行 (年2回・・・会報以外)
2 作成概要 A4  両面 カラー印刷  配布枚数100枚
3 掲載内容 会員への情報提供及び地域会員の活動内容について
4 配布先   当会の会員及び協力団体に限定



北海道防災士会 【防災講演】活動報告 hokaido300421-1

講演タイトル 《 自ら命を守る! 備蓄で命をつなぐ! 》

1 開催日時 平成30年4月21日(土) 12:20~16:30
2 開催会場 DAIKIN  札幌ショウルーム・会議室
      (札幌市中央区北3条東5丁目)
3 主催者   防災備蓄収納プランナー協会
       協力 北海道防災士会
4 講演内容 ①北海道の防災と自助 ②家庭備蓄の収納
       ③収納棚の説明
5 参加者等 防災に興味のある方・・・30名(北海道防災士会から5名参加)
6 指導講師 ①北海道防災士会 代表横内春三 (北海道防災教育アドバイザー)
      ②③防災備蓄収納マスタープランナー

hokaido300421-2 hokaido300421-3

hokaido300421-4 hokaido300421-5

沖縄県支部 西原町教育委員会等による防災講座において防災講話の実施

「支えあう街づくり」
~いつ起こるか分からない災害に備えよう~

 平成30年3月17日(土) 午後1時から午後5時の間、西原町立南小学校ミーティングルームにおいて、西原町教育委員会および西原町地域ぐるみ学力向上推進協議会の共催で、「防災講演会」(33人参加)「炊き出し実習」(子供会40人参加)が行われました。
 日本防災士会沖縄県支部からは、新城格支部長、新垣博也副支部長および新垣すみえ事務局長が参加しました。 
【講話の概要】~新城格防災士会沖縄県支部長が西原町に特化した防災講話実施。
〇西原町では、多くの災害リスクがあり、中でも大雨による川の氾濫、台風、地震、津波、土砂災害、石油備蓄基地(元南西石油)から派生する事故、航空機事故等
〇防災~「地域を知る。去の災害、これからの災害を知る。自分自身を知る。ことから始まる。
〇防災の基本~自助、共助、公助 特に災害時には自助が原則。
〇自主防災会の必要性  〇自主防災会活動と課題 〇自主防災会の防災訓練
〇大規模災害の教訓から 〇防災は女性の視点で 〇県内各地では、有感・無感の地震が頻発している。 〇「津波てんでんこ」と「割り切れない人倫の問題」。  〇日頃からの備え~無理をしない。経済的にできることから。ロジスティック的な家庭の備蓄。
〇防災活動は、防犯活動であり福祉活動でもある。等の内容で講話を行いました。

防災講話の後、副支部長と事務局長で、防災グッズの紹介や避難所で緊急に使用するスリッパを新聞紙で作る要領を伝授する等、防災意識を高めました。

その後、西原町子供会では父兄の支援を得て、御菓子「じゃがりこ」に水を入れてサラダを作り、「乾パン」を潰してきな粉団子を作ったり、水で麵をふやかしたり、切り干し大根を水につけての料理、アルファー米を使ってお湯を入れ、ふりかけと混ぜて美味しいご飯作りなど災害時の「飽きない食事作り方」等について、実習が行われました。

okinawa300317-1 okinawa300317-2

okinawa300317-3 okinawa300317-4

okinawa300317-5 okinawa300317-6

okinawa300317-7
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 コミュニティー 研修 イベント 講演 教育 訓練 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 被災地支援 訓練指導 協定 支部総会 女性 DIG 自主防災組織 研修指導 HUG 避難所 支部会議 セミナー 支部設立 連携 訓練HUG 受賞 支部活動 実技指導 地区防災計画 女性防災士 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR