FC2ブログ

千葉県北部支部 11/7(水)平成30年度柏市総合防災図上訓練(千葉県柏市)

平成30年11月7日柏市総合体育館に於いて平成30年度柏市総合防災図上訓練が行われました。今回は柏市防災安全課様よりご連絡を頂き副支部長数名で訓練を見学させていただきました。
この訓練は3年に一度、災害対応能力を高める目的で市役所の災害対策本部構成員、各部局本部連絡員、防災関係機関が集結して行われる実践型の図上訓練です。
今回は完全ブラインド型から一部ブラインド型への初の取り組みとが行なわれ、実践さながら熱心に訓練に取り組む姿が見られ部課や組織の枠を超えて情報収集や情報伝達を行い刻一刻と変化する災害想定に対応していました。防災士会では日頃、地域や学校、企業向けに図上訓練や避難所運営訓練の支援を行いますがこのような行政が一丸となって大規模に図上訓練を行う模様を見学でき今後の訓練の参考となる訓練でした。
このような訓練が県内の自治体でも盛んに行われ地域住民の防災力を高める動きの契機となる事を願っています。

日程:平成30年11月7日(火)
場所:柏市総合体育館
参加:約190名
スタッフ数:4名
内容:柏市総合防災図上訓練

chibakita301107-1

chibakita301107-2

chibakita301107-3

chibakita301107-4

沖縄県支部 沖縄市南桃原自治会自主防災組織でのDIGの実施

  NPO法人日本防災士会沖縄県支部では沖縄市防災課とのコラボでDIGを下記のとおり実施した。
1 日時 : 平成30年10月28日(日)10:00~12:00
2 場所 : 沖縄市南桃原在 「南桃原公民館」
3 参加人員 自主防災組織 30人
     (その他、防災士会沖縄県支部5人、沖縄市防災課2人)
4 DIG訓練の概要
 沖縄市南桃原自治会では、昨年、自主防災会が結成され、活動は防災会議、住民への啓蒙活動、防災訓練等を行っている。
 9月28日から同29日にかけて沖縄地方を襲った台風24号は大きな災害をもたらした。南桃原自治会内でも住宅が全壊に近い被害が出て、まだ充分に復旧がなされていない状況にある。住民や我が防災士会沖縄県支部でも近隣者を中心に損壊家屋の片付け等のボランティアを行ってきたところである。
 そのような中、沖縄市南桃原公民館に於いて自主防災組織を中心にした住民30人が参加してDIG訓練が実施された。
NPO日本防災士会沖縄支部の新垣博也副支部長がコントローラーを務め、防災士会からは5人が参加して住民のフォローを行った。
 沖縄市防災課からも2人が参加、防災士会、行政とのコラボレーション連携で効果的なDIGの実施となった。DIGに当たって、用具等については沖縄市防災課から用立てしてもらい連携が図られた。
 南桃原公民館では初めての体験で、参加した皆さんは楽しみながらも熱心に取り組んでいた。
 「地域を知る、災害を知る、人を知る」ことで地域の防災的な気づきを各グループで話し合い、災害の事前対策や災害時に際してはではどう動けばよいか等々多様な意見が出るなどして盛り上がった。

okinawa301028-1 okinawa301028-2
okinawa301028-3 okinawa301028-5 
okinawa301028-6 okinawa301028-4

兵庫県支部 志染中学校職員防災研修

hyougo251227-2
北播エリア   
2年前に生徒対象の避難所運営図上訓練をした三木市立志染中学校から「職員も覚えておくべきことなので職員研修で図上訓練の指導をしてほしい」と依頼があり、避難所運営図上訓練と市から配布されている避難所運営キッドの説明などをおこなった。
    
 【日 時】平成29年7月24日(月) 9:00~12:00
 【場 所】三木市立志染中学校
 【参加者】教職員、事務職 15名
 【指導者】兵庫県防災士会 北播エリア 3名  事業部 1名

生徒数の少ない学校で、山間部に位置しているため、避難所開設されても避難してこ
られる方が少ないだろうという気持ちが職員の中にも多くあり、災害についての知識や経験のない若い職員が増えたことに学校側の焦りも見られた。図上訓練を通して学校の備えについてあらためて検討しなければいけないことがわかったとの感想もいただけ、今後の学校防災マニュアルの見直しや、生徒・地域への防災教育のあり方を検討する第一歩となった。
(文責 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo290724-1

hyougo290724-2

千葉県北部支部 千葉災害ボランティア連絡会DIG勉強会(千葉市)

平成28年11月12日(土)、千葉災害ボランティア連絡会の勉強会としてDIG研修が行われ、東京都支部、千葉県北部支部が防災支援を行いました。
参加者は42名と多く、千葉市災害対策コーディネーターの方も支援に入り、会場は熱気にあふれていました。最初に東日本大震災における「釜石の出来事」(世間的には「釜石の奇跡」と言われている)を題材に、事前の訓練が大事であることをお伝えしたうえで、DIGの実習を行いました。
地域の状況を書き込む場面では何のための作業かという雰囲気はありましたが、要配慮者の避難支援の検討では自治会ごとに同じテーブルとしたためか、各テーブルともまとまりが良く活発に意見が出ていました。最後のまとめでは、色々な考え方があることに参加の皆様は、「ほー・・・」と驚いていました。
今回の研修は、DIGの一部を体験して頂いただけでしたので、どこまで事前の訓練が大事であるかが伝わったかどうかが心配ですが、災害時の状況を疑似体験した頂くということは出来たのではないかと思いました。
次の機会にDIGの別な方法での研修が出来れば、更に災害対応に理解が深まると感じました。

日時:平成28年11月12日(土) 14:00~16:00
場所:千葉市若葉保健福祉センター
主催:大宮町千城自治会
名称:千葉災害ボランティア連絡会DIG勉強会
講師:松井正雄  防災士(東京都支部)
参加:講習42名
スタッフ: 3名(千葉県北部支部、東京都支部

chibakita281112b-1

chibakita281112b-2

chibakita281112b-3

奈良県支部 広陵町南区DIG研修会

平成28年4月24日(日)、広陵町南区公民館において、町歩きとDIGが行われ、約110名が参加されました。防災士会から5名が指導にあたりました。熊本地震の直後で、皆さん熱心に取り組まれ、わが町の強さ、弱さを確認しました。

nara280424-1

nara280424-2

nara280424-3

nara280424-4

北海道支部 活動報告

 北海道防災士会 活動報告

1 小樽市社協HUG体験指導
  開催日時 平成28年2月27日(土)  13:30~16:00
  開催会場 小樽市富岡 小樽社会福祉活動センター
  参加者  社会福祉ボランティア団体関係者 50名 
  指導者  北海道防災士会 役員(専門員)他 7名 毎年指導
hokaido280227-1 hokaido280227-2
 
2 札幌市青少年山の家「防災サバイバルキャンプ避難所生活」DIG体験指導
 日 時 平成28年2月28日(日)  8:30~10:00
 会 場 札幌市南区滝野 札幌市青少年山の家
 参加者 市内の児童  15名・職員3名 計18名
 指導者 北海道防災士会 役員(専門員) 3名
 活 動 札幌近郊の石狩川氾濫などのDIG活動
     ※昨年もこの時季に消火・ロープワークの体験指導
hokaido280228-1 hokaido280228-2

3 新聞広告への北海道防災士会PR ・・・販売店のご厚意による。
  札幌市内(北区の一部)、7,000部を購買宅に毎月配布される。
hokaido280228-3
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 コミュニティー 研修 イベント 訓練 講演 教育 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 被災地支援 訓練指導 協定 DIG 支部総会 女性 避難所 支部会議 研修指導 自主防災組織 HUG セミナー 連携 支部設立 訓練HUG 受賞 支部活動 実技指導 地区防災計画 女性防災士 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR