兵庫県支部 まちづくり協議会にて避難所運営研修

hyougo251227-2
事業部    

 明石市立清水小学校区まちづくり協議会主催の防災セミナーにて「避難所運営研修初級編」を実施。普段から地域コミュニティがあり、活動も活発な地域だけに、とても穏やかにワークショップが進みました。
    
   【日 時】平成29年2月4日(土) 10:00~12:00
   【場 所】明石市立清水小学校区コミュニティセンター
   【主 催】清水小学校区まちづくり協議会
   【参加者】まちづくり協議会、安心安全部会、学校園教諭、一般住民 30名

 参加者の中には小学校の校長先生もおられ「是非これは、職員研修でしたい!学校側の準備物などを早急に対応しなければ・・・」と大きな気づきがあったことを話してくれました。避難所経験がない地域ですので、「テレビで見て考えていた避難所の様子とまったく違う。自分たちで準備するものをこれから考えていきたい」など、役員の皆様にも新たな気付きがたくさん与えられました。
(文責 横山恭子)

特定非営利活動法人兵庫県防災士会


hyougo290204b-1
スポンサーサイト

北海道支部 HUG(北海道版)「Doはぐ」体験指導

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告
  これからの災害への備えと対策(北海道を襲った台風を気象学から見る)

開催日時 平成29年3月4日 10時~15時、
        (Doはぐ担当12:30~15:00)
開催場所 十勝支庁 池田町西部地域コミニュティセンター
参加者等 池田町民等100名(役場職員、社協・連町などの地域町民)
開催団体 ふれあいたすけあいのつどい実行委員会、池田町社会福祉協議会
講演団体 ①気象庁帯広測候所~十勝地方における近年の気象障害について
     ②北海道防災士会 ~HUG(北海道版「Doはぐ」体験指導
     代表 横内春三(北海道防災教育アドバイザー)他地域防災士

hokaido290304-1 hokaido290304-2

hokaido290304-3 hokaido290304-4

hokaido290304-5

奈良県支部 奈良市富雄南地区HUG訓練

平成29年2月26日(日)富雄南公民館において、奈良市富雄南地区自主防災防犯会主催の避難所運営ゲーム(HUG)が行われ、地区自治会役員さん40名が参加されました。
 グループ分けやカードの読み手は、富雄南の会長が予め設定されていましたので、全員迷うことなく配置につかれましたが、逆に役割分担の設定が難しいグループがあり、リーダーの必要性やリーダーが避難所に来られないときの臨機応変な対応が難しいなど、課題が明確になりました。

nara290226-1

nara290226-2

nara290226-3

nara290226-4

奈良県支部 香芝中学校HUG研修会

平成28年12月22日(木)、香芝市立香芝中学校において、PTA主催のHUG研修会がおこなわれ、自治会の役員さん、PTA役員やPTAのOB(学援隊)の皆さん、先生方、生徒会役員の約50名が参加されました。防災士会から3名が参加しました。
6班に分かれ、実際の敷き地図を利用して、より身近な避難所運営の模擬体験で、校長先生、教頭先生の的確な指示に会場が熱気に包まれ、冬にも関わらず汗をかく人もいました。又やりたいとの声も寄せられました。

nara281222-1

nara281222-2

nara281222-3

nara281222-4

奈良県支部 奈良教育大学HUG

平成28年10月22日(土)、奈良教育大学において、避難所運営研修会がおこなわれ、地域の幼稚園、小中学校の先生、保護者、学生約50名が参加しました。奈良教育大 古田壮宏 準教授の講演の後、植村理事長のプレゼンで8テーブルのHUGがおこなわれ、8人の防災士が参加しました。
前日(21日)には、鳥取県で未知の断層が動き、震度6弱の地震で、奈良でも震度3を体験したこともあり、皆さん熱心に取り組まれました。ゲームの後、各テーブルごとにペット連れの人は○○した、などテーマごとの中学生によるしっかりした発表がありました。

nara281022-1

nara281022-2

nara281022-3

千葉県北部支部 袖ヶ浦市災害対策コーディネータ養成講座(その2)

平成28年10月22日(土)、袖ヶ浦市災害対策コーディネータ養成講座の一環として「袖ヶ浦市災害対策コーディネータ養成講座(その2)」が行われ、千葉県北部支部が防災支援を行いました。
今回は9月13日行われたHUG(避難所運営ゲーム)指導者向けの講習の第2回目としてHUGのカードを題材に、避難所の運営者として実際の避難所で考えなければならないこと、そのために準備しておくことなどを解説しました。
参加の皆様はこのような講座が欲しかったと非常に熱心で、これから地域で行わなければならないことなどを講座が終了した後に話し合いを続けていました。
今後はゲームを行うだけでなく、今回のような講座が必要であると感じました。

日時:平成28年10月22日(土) 13:00~16:00
場所:長浦駅前自治会館
主催:袖ヶ浦市危機管理課
名称:袖ヶ浦市災害対策コーディネータ養成講座(その2)
講師:中村利孝 防災士
参加:講習12名
スタッフ: 2名(千葉県北部支部)
内容:HUG講習(指導者向け)

chibakita281022-1

chibakita281022-2

北海道支部 厳寒・積雪に改良されたHUGを活用

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会  活動報告

開催日時  平成28年10月23日(日) 8:30~10:30 (120分)
開催場所  札幌市南区滝野 青少年山の家
開催内容  防災体験学習「Doはぐ」について
  ※北海道による厳寒・積雪に改良されたHUGを活用。
参加人員  小学生(高学年) 指導先生 20名。 
講演指導  北海道防災士会 (専門員) 3名

hokaido281023-1

hokaido281023-2

hokaido281023-3

千葉県北部支部 長浦駅前自治連役員HUG講習(袖ヶ浦市)

平成28年10月15日(土)、袖ヶ浦市長浦駅前自治連合会防災訓練の一環として、「長浦駅前自治連役員HUG講習」が行われ、千葉県北部支部が防災支援を行いました。
長浦駅前自治連合会としてはHUG講習は初めてのことで、長浦駅前自治連合会役員と袖ヶ浦市消防団第八分団が参加し、袖ヶ浦市危機管理課と袖ヶ浦市災害対策コーディネーターが支援した、総数50名の講習となりました。また聴覚障害の方が手話通訳を介して、講習を傍聴しました。
HUGは初めてとのことでしたので、災害発生から自助・共助の後避難所に行くまでの流れを説明したうえで、HUGを体験して頂きました。少し早目のペースでカードを読み上げていきましたが、皆様顔見知りの方が多くスムーズに進んでいきました。
HUG体験が終了した後、HUGを体験しただけでは分かりにくいイベントの意味、実際に避難所を開設するまでに注意しなければならない点等を補足しました。多くの質問を頂きましたが、聴覚障害の方から福祉避難所について質問があったことが印象的でした。
講習の後、備蓄品のカレーライスを食べて、防災訓練が終了しました。

日時:平成28年10月15日(土) 9:30~12:00
場所:長浦駅前自治会館
主催:長浦駅前自治連合会
名称:長浦駅前自治連役員HUG講習
講師:中村利孝 防災士、竹内哲志 防災士
参加:講習50名
内容:HUG講習

chibakita281015-1

chibakita281015-2

chibakita281015-3

chibakita281015-4

千葉県北部支部 袖ヶ浦市災害対策コーディネータ養成講座

平成28年9月13日(日)、袖ヶ浦市災害対策コーディネータ養成講座の一環として「袖ヶ浦市災害対策コーディネータ養成講座」が行われ、千葉県北部支部が防災支援を行いました。
HUG(避難所運営ゲーム)指導者向けの講習として、単にHUGを体験してみるだけでなく、避難所を運営していくうえで実際に起りそうなこと、注意しなければならないことなどを中心に講習を行いました。
参加の皆様は非常に熱心で、その場で当初予定にはなかった2回目の講習日程が決まるほどでした。

日時:平成28年9月13日(日) 13:00~16:00
場所:袖ヶ浦市老人福祉センター
主催:袖ヶ浦市危機管理課
名称:袖ヶ浦市災害対策コーディネータ養成講座
講師:中村利孝 防災士
参加:講習13名
スタッフ: 2名(千葉県北部支部)
内容:HUG講習(指導者向け)

chibakita280913-3

chibakita280913-2

chibakita280913-1

兵庫県支部 自治会・消防団員対象 HUG研修会

hyougo251227-2

 聖徳太子ゆかりのまち兵庫県揖保郡太子町は、人口が増加し「友だち100人できるまち」としてもPRされ、名所旧跡や祭りなどで賑わう自然豊かなまちです。地域に若い世代が増えている中、住民同士のコミュニケーションや行政・消防団との連携など様々な視点から防災・減災を考えるために、太子町では初めての避難所運営ゲーム「HUG」研修会が開催されました。
                 記
 【日 時】平成28年9月4日(日) 9:00~11:30
 【場 所】揖保郡太子町 町与自治会館
 【内 容】避難所運営ゲーム「HUG」
 【参加者】町与自治会役員、消防団員、震災学校支援チームEARTH 30名
 【防災士】講師 1名 、 補助 2名

 避難所のイメージがよくわからないという参加者も多く、ゲームの説明の際に「阪神淡路大震災・東日本大震災・熊本地震」のそれぞれの避難所の特徴などを説明し、まずは初級編として読みあげのスピードを落として避難所全体のイメージを掴んでもらった。
 町与(まちかぶ)自治会は、中央に河川が流れる地形ですので、皆が同じ避難所に行くとは限らないということと、観光客や買い物客などの一時的な受け入れもあるということを知っていただきましたが、それ以上に消防団への依存心が強いことがわかった。日ごろは、地域での消防団活動ですが、災害が起きると被害の大きい地域への応援要請もあり、消防団の協力が得られないので、住民自らが動かないといけないということに気づいていただけました。
 研修会には、他の自治会の方や震災学校支援チームEARTHのメンバーも受講を希望し参加され「他の地域でも避難所運営研修を広めていきたい」という頼もしい意見もいただきました。
(文責 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo280904-1

hyougo280904-2

hyougo280904-3

hyougo280904-4

hyougo280904-5
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 講演 教育 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 支部総会 訓練指導 DIG 協定 自主防災組織 女性 総会 HUG 受賞 法人化 避難所 連携 実技指導 セミナー 被災地支援 研修指導 支部活動 支部会議 女性防災士 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR