FC2ブログ

千葉県北部支部 8/24(金)いすみ市避難所運営訓練(HUG)(千葉県習いすみ市)

平成30年8月24(金)、千葉県いすみ市、いすみ市役所にて、市内の教職員及び公民館・市役所福祉課員の計35名を対象としたHUG訓練が行われ、千葉県防災士技術支援チーム、千葉県北部支部が講師、ファシリテーターを務めました。
同様の訓練は、本年(2018年)2月に続いて2回目のHUG訓練であり、7月の台風13号の接近に伴い、市内8か所に避難所が開設された経緯と検証結果を本訓練に導入し訓練が展開されました。
避難所運営の初動体制の確立はもとより、その初動行動の成否が以後の避難所運営に多くな影響を与えること、及び避難所運営を担当する係員の知識、技能の大切さと更には対策本部との連絡手段や指揮命令系統について習熟したい旨の意見がありました。(特に報道対応等)
ただHUG訓練を実施するのではなく、導入部分において地域特性やこの地域で発生した自然災害、地域に伝わる昔話や諺等もを入れると、さらにHUG訓練の意識効果が上がるものと思慮されます。また、報道対応要領についても今後勉強したいと感じた訓練でした。

日時:平成30年8月24日(金)
場所:いすみ市役所3階会議室
対象:市内の教職員等 35人
講師:浅野防災士・鈴木防災士・渡邉防災士
スタッフ数:3名
内容:避難所運営訓練(HUG)

chibakita300824-1

chibakita300824-2

chibakita300824-3

奈良県支部 奈良市右京地区自主防災HUG訓練

 平成30年7月2日(月)奈良市右京ふれあい会館において、右京地区自主防災防犯協議会主催のHUG(避難所運営ゲーム)が行われ、右京地区から58名、お隣の神功地区から3名が参加されました。
 今回は右京地区で2回目のHUGということで、指定避難所の右京小学校の平面図を使用して実践的な体験をしていただきました。体育館とHUGカードの縮尺が合わなかったので、平面図に直接書き込んでもらいましたが、結果的によりリアルな避難状況が伝わって、HUG経験者も初めての方も、参加者全員が立ち上がり熱い議論を交わしました。
 昨年度右京小学校の避難所運営マニュアルを作成され、使用できる教室が明確になっていましたので、使えない教室を考える必要はありませんでしたが、リーダーと各役割の分担がうまくいかなかったグループもあって、新たな課題の発見に繋がりました。 

nara300702-1

nara300702-2

nara300702-3

長崎県支部 平成30年度防災教室推進研修会でHUG実施

平成30年度防災教室推進研修会でHUG実施

日時  6月7日(木)午後0時50分~3時
場所  長崎県立総合体育館(長崎市油木町7-1)
受講者 長崎県内の幼稚園・保育園・小学校・中学校教員の159名
 長崎県教育庁自動生徒支援室から要請を受け開催。県教委は教育施設での災害対応の一環、昨年より「避難所の開設と運営」の依頼を受ける。今回は予定人数(100人)を大幅に上回る159人。関心の高さに県教委の担当者も驚かれていた。指定避難所でもあり教員も熱心に取り組んでもらった。熊本地震・九州北部豪雨等の近隣災害に防災意識も高まっている。この研修会は、旭支部長・鍵原副支部長・瀬﨑幹事・川浪の4名で対応した。
 この研修会は、ほかに学校安全(警察署)・救急救命講習(消防署)・安全教育発表等終日開催。

nagasaki300607-1

nagasaki300607-2

nagasaki300607-3

茨城県支部 茨城新聞地方紙でHUG研修状況が掲載

 本日(平成30年3月8日)、茨城県、茨城新聞地方紙で「震災特集 4ページ」の中で茨城県水戸市自主防災組織「吉田地区防災連合会」及びNPO法人茨城県防災士会指導の「水戸市女性防火クラブ50人対象」のHUG研修状況が3,11東日本大震災の特集として、掲載されました。
 事前に防災の特集を組みたいと茨城新聞編集部から依頼があり、小学校の訓練で計画的、積極的に自主防災組織が活動している実態を伝えたところ、取材申し込ががあり今回の防災特集となったものである。県内約3,200の自主防災組織の中で取り上げられた、吉田地区防災連合会(小生:副会長)携わった者として誇りに思います。
 写真1枚は、小学校での訓練風景、2枚目は、避難所運営HUGの実施状況です。
 日本防災士会及び本県防災士会の最重要課題、「地上戦」の実践を取り上げて頂きました。  
 なお、自主防災組織の吉田地区防災連合会組織は、地区にあった防災計画書を策定し、平成28年中に水戸市危機管理課の認定を受け、認知されております。 
 
 参考送付。RIXILショールームの避難所の一時、提供は、同防災連合会と昨年、締結。
 避難所開設・運営の基本のあり方を提案中、その方針が本年2月28日、第2回吉田地区コミュニテー・ダイアログ(対話)で決定(収容人員、食料備蓄、トイレ提供等)しました。詳細は、別添パワーポイントのとおりです。なお、小学生に災害・交通対策として、700個のヘルメットがこの会議を通じ、15社を超える事業所関係者の協力で備えることができ、教育委員会から高い評価を得ているところです。

ibaragi300308-1

ibaragi300308-2

ibaragi300308-3

北海道支部 活動指導のための指導者育成学習会「Doはぐ体験」

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告
 
 1 開催日時 平成30年2月17日(土) 13:00 ~ 17:00
 2 開催場所 札幌市市民活動サポートセンター
        (エルプラザ 2階 会議室)
 3 開催内容 「Doはぐ」体験学習及び今後の指導者育成内容。 
 4 参加者  札幌近郊の当会会員及び関係団体指導者
        (2/17 (土) 小樽社共ボランティア会議講師予定者等 12名。
 5 指導者  「Doはぐ講師」北海道防災教育アドバイザー及び北海道防災士会役員
※ 積雪厳寒期を想定した、大規模災害時における避難所運営及び受け入れ・
対応学習を体験する。

hokaido300217-1b

北海道支部 《Doはぐ》HUC 北海道版 講師養成研修会

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告

開催日時 平成29年12月8日 10時30分~16時
開催場所 北海道日高総合振興局 講堂 (北海道浦河町)
開催者  北海道日高総合振興局
参加者  道)振興局及び地域の自治体防災職員、他町関係者 51名
指導講師 北海道防災士会 代表 横内春三(北海道防災教育アドバイザー)
地域防災士会員2名の協力による。 浅野賢氏(日高町)、浅野勇夫氏(浅野勇夫氏)
※ 寒冷地での雪対策からの避難所運営は、考えさせられる事多し・・さてとどうしよう⁉

hokaido291208-1 hokaido291208-2

hokaido291208-3 hokaido291208-4

奈良県支部 橿原市耳成地区HUG

平成29年11月18日(土)、リサイクル館橿原において耳成地区の皆さん118名が参加してHUGを体験されました。当会から2名の防災士が参加し進行しました。初めての人がほとんどで、質問があちこちで飛び出すなど熱心に取り組まれ、避難所運営の大変さを模擬体験されました。

nara291118-1

nara291118-2

nara291118-3

奈良県支部 「人間HUG」研修

本年(平成29年)9月にHUGをカードでなく実際に人を動かして実体験「人間HUG」として研修を行いました。それをNHKなら放送局が編集して10月2日に放送されました。

nara291002-1

nara291002-2

nara291002-3

富山県支部 HUG研修1週間後に台風21号による避難所開設される

   ~富山市防災啓発・啓発業務の受託について~

 富山市と富山県防災士会との連携・協働は本会設立翌年の平成20年から行われ、自主防災組織を対象に防災講座や避難訓練助言指導等が行われて来ました。
 こうした実績のもと平成29年4月3日から新たに「防災研修・防災啓発」委託業務がはじまりました。
 この委託業務の内容としては、地域防災力の要となる自主防災組織の育成・強化を図るため、自主防災組織リーダー等を対象とした研修会の開催および防災啓発チラシ発行への協力、そして市職員の避難所運営能力の向上を図るための市職員を対象とした避難所運営訓練を実施するものです。これまで実施してきた詳細は以下の通りです。

toyama291023-1(1)地域における防災リーダー育成研修会 参加者40名
9月27日、19時から富山市呉羽会館において、自主防災組織の役員・防災士を対象に「自主防災組織の意義と地域防災リーダーの役割」及びワークショップ「災害図上訓練 イメージTEN」の実施。
指導講師として本会副会長の野田隆志氏が行う。
     
(2)防災啓発チラシ発行への協力
年3回発行に合わせ、近年の自然災害の特徴、自主防災活動事例、災害時に役立つ豆知識等々について防災士の目で平易な解説を行う。 

(3)自主防災組織の活動助言 
自主防災組織の求めに応じて活動計画の策定や訓練内容等について助言を行うとともに、自治体と自主防災組織の協議の上、避難訓練等について実地で支援・指導を行う。これらは年間を通じて、市内各地で随時行われている。 

(4)市職員を対象にした避難所運営訓練(HUG)   
10月16日・17日の2日間にわたり、富山市役所会議室において3回に分けて行われた。受講人数約120名。
指導講師は10月16日13時30分から江尻泰将防災士、10月17日9時から島崎定則防災士、同日13時30分から佐伯邦夫防災士の3名がそれぞれの持ち味を生かして担当した。
参加した市職員にはHUG体験者は数名程度で、大部分の参加者は初めて。さすがに市職員とあって、意識が高く役割分担等はスムーズに行われ、テキパキと疑似避難者の受け入れが行われていた。
 体験された市職員の感想では
①実際にシミュレーションすることができ課題がよく分かり、心構えができた。
②継続して災害対応に関する訓練に参加していきたい。
③次回は実際に避難所となる体育館を使用して訓練を行ってみたい。
など大変積極的な感想が寄せられた。

   HUG研修の1週間後、台風21号による避難情報が発令され避難所開設される。
 この研修会が開催された1週間後の10月22~23日にかけて台風21号が日本列島各地を襲いました。
富山市においても10月23日未明に「避難準備・高齢者等避難開始」情報が発令され、複数箇所の小学校で実際に避難所が開設されました。避難所開設にあたった職員は、1週間前にHUG研修を受けており、慌てることなく避難所開設を行うことが出来たとのことです。会議室での体験とはいえ、事前に疑似体験しておく必要性を強く感じました。

toyama291023-2

toyama291023-3

北海道支部 「Doはぐ」講師養成研修会の開催

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告 

 北海道防災士会 代表に指導要請

開催日時 平成29年10月31日(火) 13:00~17:30
開催場所 後志総合振興局 会議室 (倶知安町)
開催機関 北海道危機対策局 危機対策課 防災教育
指導講師 ①後志総合振興局 防災担当者によるカード等の取り扱い関係の説明
     ②北海道防災士会 代表 横内(道防災教育アドバイザー) によるカード活用体験
研修受講 北海道後志管内の市町村職員等 (防災担当) 24名 (受講認定証発行)

hokaido291031-1 hokaido291031-2

hokaido291031-3 hokaido291031-4

hokaido291031-5 hokaido291031-6

プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 コミュニティー 研修 イベント 訓練 講演 教育 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 被災地支援 訓練指導 協定 DIG 支部総会 女性 避難所 支部会議 研修指導 自主防災組織 HUG セミナー 連携 支部設立 訓練HUG 受賞 支部活動 実技指導 地区防災計画 女性防災士 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR