FC2ブログ

千葉県北部支部 8月31日(月) シニアから始めるボランティア相談会活動紹介(千葉県千葉市)

令和2年8月31日(月)千葉市幕張公民館で、千葉市生涯現役応援センターの2020年度第1回セミナー「シニアから始めるボランティア相談会」が開催され、千葉県北支部はボランティア団体の中の一つとして活動紹介を行いました。
「シニアから始めるボランティア相談会」は、シニア(60歳以上)の方の社会参加を促すセミナーで、6つのボランティア団体と、5つのボランティア支援機関が活動紹介を行い、その後個別相談会を実施しました。

当日は、感染症対策のため会場を2つに分けて行われ、46名の方が参加されました。それぞれの団体の持ち時間は5分~10分でしたが、各団体とも熱演が続き活動紹介だけで2時間ほどかかりました。
しかし、その間参加者の方は非常に熱心に聞いておられ、社会参加の熱意の高さを感じました。
また活動紹介後の個別相談会にも、約半分の方が各ブースを訪れてそれぞれ熱心に相談をしていました。

千葉県北部支部は、防災士の役割、支部の活動、年齢構成が60歳以上が多いことなどを紹介し、活動への参加を勧誘しました。
活動紹介の後の個別相談会でも、千葉県北部支部のブースへ4名の方が訪れ、それぞれ具体的な相談を頂きました。

活動紹介をしたボランティア団体、支援機関の様々な活動はそれぞれ特徴と社会的意義があり、防災士の社会の中での働きを改めて考えさせられるセミナーでした。
コロナ禍の中で、セミナーを開催していただいた千葉市生涯現役応援センターに感謝いたします。

日時:令和2年8月31日(月) 14時~16時30分
場所:千葉市幕張公民館
参加:応募者46名
講師:竹内哲志防災士
スタッフ名:谷防災士
内容:日本防災士会の活動紹介

chibakita020831-1

chibakita020831-2

chibakita020831-3

chibakita020831-4

千葉県北部支部 7/22,7/29,8/3,8/6 千葉県主催:市町村防災担当職員実践研修への支援

「新型コロナウイルス感染症影響下での避難所運営」

令和2年 新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、避難所を開設・運営しなければならない市町村職員に対して、千葉県主催で「自然災害発生時の避難所運営はいかにあるべきか」を早急に周知するため、防災研修が企画され、日本防災士会に委嘱されました。
日本防災士会では、講師の選任を実施、実技展示には、平時から県防災研修センターの研修を支援している千葉県北部支部等の一部会員で組織された「防災研修支援チーム」が担当することとなりました。
3密を避けるため、研修は4回に分け実施され、研修参加は34市町79名でした。

研修実施日 ①令和2年7月22日(水) ②令和2年7月29日(水)
      ③令和2年8月3日(月) ④令和2年8月6日(木)
実施場所  ①④ 市原市:千葉県消防学校/防災研修センター  
      ②③ 松戸市:千葉県西部防災センター

【研修スケジュール】
●オリエンテーション
●講義:新型コロナウイルス感染症下での避難所運営
・講師 千葉県防災政策課
●講義:新型コロナウイルス感染のおそれがある中における避難所運営のあり方
・講師 特定非営利活動法人 日本防災士会 橋本 茂 氏
・講師 特定非営利活動法人 日本防災士会 岡崎洋志 氏
   
●実技:模擬受付、避難所のゾーニング、ダンボールベッド
・指導・説明スタッフ 日本防災士会千葉県北部支部 谷 正美
           日本防災士会千葉県北部支部 中村利孝
・設営スタッフ  「防災研修支援チーム」延27名
●質疑等:研修参加者より事前質問を受け、講師からの解答を実施
●研修講座の総括

≪研修会内容≫
講座は、国・県・専門団体が示している「感染症下の避難所運営」を分かりやすく解説し、災害発生時の混乱を回避するための研修内容としました。
実技展示は、災害時、感染防止に留意したパーテンションモデル受付コーナーを設置、ソーシャルディスタンスでの立ち位置を掲示、事前受付(健康状態確認・ゾーニング)・避難受入れ(総合受付・隔離トリアージ)の方法について説明、研修室では、避難所内の3密を避ける時の1名当たりの使用範囲(感染症下では、受け入れ人員が1/4~1/3に激減)をブルーシートで再現、又 ダンボールベットの配置及びパーテーションの理想的な高さ(145cm~160cm)を展示・説明を実施しました。
       
質疑等は、事前に提出いただいた質問について、講師より回答を行いました。
     Q&A:(自治体職員対象講座/質疑応答集)作成

「研修講座を終えて」
2019年秋、千葉県内を襲来した台風15・19・21号により、全市町村で避難所を開設した経験があったが、今年に入り、新型コロナウイルス感染症が流行し、3密を避けるための感染症対応避難所開設・運営に苦慮する事態になりました。国や県では対応指針を発表していますが、感染防止対策の重要性が増し、避難者受入れに支障をきたすと思慮されます。
急遽開催された本講座は、県民の命を守るための施策として、新型コロナウイルス感染症の収束が見えない中での「避難所開設・運営」の難しさを痛感させられました。
感染拡大を防ぐためには、分散避難・避難所の増設(施設確保)・資機材や人材の確保(感染のおそれがあるため、ボランティアの確保、住民の方の協力依頼が期待できない等)等課題が懸念されます。
それらを踏まえての研修講座のため、参加した行政職員の真剣さが伝わってきました。又 実技については1パート18分の時間で実施したため、質問があっても丁寧な対応が出来なかったことが残念でなりませんでした。
防災研修支援チームは、実技のパートを受け持つことになっていたため、研修講座実施前に「みんなの防災塾」を開催し、統一的な作業内容の検討・準備を行い、研修会に参加しました。

コロナ禍での事前研修・準備等参加していただいたスタッフに感謝いたします。

chibakita020722-1 chibakita020722-2

chibakita020722-3 chibakita020722-4

chibakita020722-5 chibakita020722-6

千葉県北部支部 8/24(月) 千葉市草野公民館防災講演(千葉県千葉市)

令和2年8月24日(月)千葉市草野公民館で防災講演を行いました。新型コロナウイルス感染症対策で公民館の活動が中止になる中、千葉市草野公民館としては、一般募集の講習会の今年度の再開ということでした。
前半では避難とはどういうことかを具体例を示した講演を行い、後半では身近なものでの応急手当法の実演を行いました。

参加者は、新型コロナウイルス感染症対策で広い会場に16人に制限して実施しました。近隣の方が多いようでした。全員マスク着用です。
避難についての防災講演では、参加した方に覚えていただくように、クイズを多く入れた構成としました。クイズには多くの方から回答を頂き、興味を持っていただけたようでした。
身近なものでの応急手当は、新型コロナウイルス感染症対策で参加者間相互に手当を行ってもらうことは取りやめ、応急手当はやり方を見せるだけとしました。

新型コロナウイルス感染症対策で十分な活動ができない中開催された防災講演のためか、参加された方は非常に熱心に質問等をして聞いていました。
2時間はあっという間に終わり、少しでも防災意識が高まるお手伝いができたかと思いました。
新型コロナウイルス感染症対策を行い、防災講演開催していただいた千葉市草野公民館の皆様に感謝いたします。

日時:令和2年8月24日(水) 10時~12時
場所:千葉市草野公民館
参加:応募者 16名
講師:竹内哲志防災士、谷正美防災士
内容:防災講演(避難と感染症対策)、実演(身近なものでの応急手当)

chibakita020824-1

chibakita020824-2

chibakita020824-3

千葉県北部支部 4/21(火) 千葉県北部支部会員が野田市防災会議委員に委嘱される

千葉県北部支部会員 小椋養一防災士が、野田市防災会議条例*に基づく防災会議委員として、2年間の非常勤職員として任命、委嘱されました。(任期/令和2年4月1日~令和4年4月20日)
野田市在住の小椋防災士は、地域活動に熱心で、地区役員・民生委員等20以上の役職を兼ねながら、防災士として、市内で、年間80以上のミニ防災集会講座・実技指導に従事しています。また昨年、千葉県を襲来した自然災害の期にも積極的にボランティアとして参加し、そこで目にした被災状況をつぶさに検証、土のうを使わない屋根のブルーシート掛け補修について、地元建設業や会員にも指導しました。

その行動力や専門知識の豊かさ(阪神淡路大震災・中越地震・東日本大震災時に現地活動経験)については、当支部会員からのお手本となっています。
頼まれると「いや」といわない性格で、地域住民からの信頼も厚く、野田市が公募した防災会議委員への推薦にも市民が尽力しました。防災会議の応募者は、20名以上(採用は3名)で、防災の専門家として自認・活動している人たちも大勢いました。その中で、地域を知り、防災活動を実施している小椋防災士が、行政サイドから見て、地域防災の実情を提言できる人材として、採用が決まったと想像されます。
 
新型コロナウィルス感染症下の災害対策変化にも対応できる人材として、野田市から委嘱を受けたことは、当支部としても名誉なことでもあり、会員の指標にもなります。
小椋氏の活動については、千葉県北部支部会員も全力で応援・支援いたします。
また野田市民にとって、よき防災アドバイザーとしてのご活躍を祈念します。

*野田市防災会議条例
1,野田市地域防災計画を作成し、その実施を推進すること。
2,野田市水防計画その他水防に関し、必要な事項について、調査及び審議すること。
3,市長の諮問に応じて市の地域に係る防災に関する重要事項を審議すること。
4,前号に規定する重要事項に関し、市長に意見を述べること。
5,前各号に掲げるものの他、法律又はこれに基づく政令により、その権限に属す事務。

文責:千葉県北部支部会員/髙﨑

chibakita020421-1

chibakita020421-2

千葉県北部支部 2/9(日) 佐倉市ユーカリが丘防災フェスタ2020(千葉県佐倉市)

防災フェスタは、ユーカリが丘タウンネットワーク主催で毎年行われており、昨年度は首都圏支部連絡協議会が受託し実施いたしましたが、今年度は千葉県北部支部が受託し実施いたしました。
昨年実施した内容が、講演会と体験をメーンとした内容で、参加者からは見て触れての体験が高評価を受け、次回は体験型を主軸としたフェスタにしたい旨連絡があり、受諾しました。
内容については、年度代わりから細かい部分の打合せを実施。

体験型として
① 水を流さないトイレ・感震ブレーカー説明・停電対策としての照明は
② ブルーシート三角テントの展示・身近な物での応急手当・強風からの窓ガラス等の守り方
③ 自主避難時の非常持出品と重量(重さ)体験

講座として
「在宅避難」とは、の内容となりました。

当日は、体験型を3カ所に分けて実施、参加者も3班に分けて実施することになっていましたが、参加者から必要な体験や深く学びたいとの声があり、開始時間前にも関わらず体験コーナーをオープンしました。昨年千葉県をおそった自然災害を経験した参加者にとっては切実な問題であった内容について、細かい対応や質問を発していました。実害のなっかた当地区住民も、強風対策・停電時の対応等に興味を持っていました。
講演は「在宅避難」を取り上げて実施しましたが、今までは避難所への避難方法や地震に関する内容が多かったため、参加者は「在宅避難もありか」ともとれる発言が聞かれました。
当地区は、高層マンションが5棟もある関係で、水を流さないトイレにも大変興味を持っており、講師の準備したトイレの吸水材を使用した実験にも積極的に参加し、終了後もスタッフに質問を浴びせていました。

昨年の千葉県自然災害襲来を受けてのフェスタとなりましたが、打合せの時から、細部の実施内容を変更する等の努力が実った結果に満足しています。
画一的な講演会を実施することより、事象に合わせた講座・実技指導・体験型の展示等にする時期が来ていると実感しました。
アンケート結果も満足のいく内容であり、今後の指針となるフェスタとなりました。

日時:令和2年2月9日(日) 10時~12時
場所:佐倉市志津コミュニティセンター
参加:約150名(地域住民他)
講師:平山優子北部支部副支部長
スタッフ名:小椋防災士・髙﨑防災士
内容:
 講演「在宅避難の備えと対応」:平山
 体験コーナー
➀「家庭備蓄品・非常持出品とその重量」:平山
②「身近な物での応急処置・強風対策・簡易テント展示」:小椋
➂「水を流さないトイレ・感震ブレーカー・停電時の照明」:髙﨑

chibakita020209-1

chibakita020209-2

chibakita020209-3

chibakita020209-4

千葉県北部支部 2/2(日) 白井市自治連七次台小学校区支部HUG

令和2年2月2日(日)白井市七次台3丁目自治会東集会所において、HUG講習が行われ、千葉県北部支部が支援しました。今回の講習は、七次台小学校区内の各自治会から役員が14名集まり行ったもので、普段から活動を行っている方々のためか、非常に和気あいあいとした雰囲気の中で行われました。

白井市は防災について関心の高いところで、今回のHUG講習の直前に、白井市自治連合会主催のHUG講習が行われていました。そこでHUGを経験した方が数名いらっしゃったことから、HUGそのものの説明は簡略にして、避難とはどういうことかを少し詳しく説明しました。
今回は2グループでしたので、グループ間の意見交換も本音をぶつけ合い、色々考えることが出来たHUG講習でした。

今回のように地域で良いコミュニケーションを継続して頂くことが、災害に対する最大の備えということを申し上げて、終了しました。
まだ避難所運営委員会が出来ていないとのことでしたので、避難について考えるきっかけになっていただければありがたいと感じました。
準備をして頂いた皆様に感謝いたします。

日時:令和2年2月2日(日) 13:00~15:30
場所:白井市七次台3丁目自治会東集会所
参加:七次台小学校区支部役員 14名
講師:竹内哲志防災士
スタッフ数:1(高崎勝利防災士)
内容:HUG講習

chibakita020202-1

chibakita020202-2

chibakita020202-3

千葉県北部支部 2/1(土) 防災フェアふなばし

「防災フェアふなばし」は平成7年(1995)1月17日の阪神淡路大震災を契機に創設された「防災とボランティア週間」(1/15〜1/21)の主旨に則り、毎年実施されています。
日本防災士会千葉県北部支部及び船橋防災連絡会(略称:船防)はその設立(北部支部はH21年度、船防はH29年度)以来毎回参加しており、活動を紹介するパンフレットの配布及び防災活動の説明を行いました。

この防災フェアは防減災専門家による講演会が中心ですが、併行して多くの団体が参加して住宅耐震や防火予防に関する相談、防災用品の展示、アマチュア無線実演、CPR・AEDや起震車による地震体験等が実施されました。
参加者のほとんどは船橋市内の各町会・自治会の声掛けで出席された方々で、特に船防の設立・活動の対象です。 昨年は9〜10月に三度の台風に襲われ豪雨・強風により千葉県東・中部が大災害に見舞われたこともあり、パンフレット等は全部配付され、掲示資料の説明に聞き入る参加者の姿が多く見られました。

用意したパンフレットは全て配布しましたが、昨年の大災害を踏まえた資料を準備すれば聞いて頂いた方と防災の話をもっとできたのではないかと感じました。

開催日時:令和2年2月1日(土)9:30〜13:00
開催場所:船橋市民文化ホール
参加人数:市内各町会・自治会から 約760名
スタッフ数:日本防災士会千葉県北部支部 5名
     船橋防災連絡会      6名
主要実施内容:掲示等及びパンフレット配付による活動広報

chibakita020201-1

chibakita020201-2

chibakita020201-3

千葉県北部支部 1/25(土) 野田市ボランティア連絡協議会防災講演(千葉県野田市)

令和2年1月25日(土)千葉県野田市役所隣接の、野田市総合福祉会館において、主催:野田市ボランティア連絡協議会 後援:野田市・教育委員会・社会福祉協議会「防災ボランティアのつどい」にて、執り行いました。
「災害に備えいざという時の対応を学ぶ」をテーマに千葉県北部支部が支援活動致しました。

社会福祉協議会の協力を得て、障害者対応に「磁気ループ・手話通訳・要約筆記」同時進行を行いました。手早さ敏速さに日頃の訓練の賜物と、感動致しました。

被災地実体験からの、発生時生き残り対策を、強く訴えました。
1、発災時自分の命家族を守る減災、危機管理の手法を身に付ける
2、身の回りの物活用 応急処置を身に付ける
3、千葉県台風被害より屋根ビニールシート張り補修実演指導

来賓に野田市 鈴木市長、佐藤教育長、野田市社会福祉協議会 小林理事を迎えボランティア活動支援励ましの、お言葉頂きました。
尚、鈴木市長には防災実体験談の講演に、興味深く2時間近く最後まで動きながらの、聴講頂きました。

ボランティア連絡協議会瀬能会長、立山理事他、ご配慮ご便宜ありがとうございました。
今度共協力して行きたいと思います。     

日時:令和2年1月25日(土) 12:30~15:00
場所:野田市総合福祉会館3階(野田市役所隣接)
参加:野田市ボランティア連絡協議会・社会福祉協議会等会員約60名
講師:小椋養一防災士
内容:実体験に基づく 「災害に備えいざという時の対応を学ぶ」

chibakita020125-1

chibakita020125-2

chibakita020125-3

chibakita020125-4

千葉県北部支部 1/8(水) 野田市役所職員向け避難所運営図上訓練「HUG」(千葉県野田市)

令和2年1/8(水)千葉県野田市市役所8階大会議室において、野田市市役所職員向け避難所運営図上訓練「HUG」が行われ千葉県北部支部が支援致しました。長期支援要請9回の内(各100名)第3回目となります。
中村利孝副支部長講師のもと、前回を踏まえて防災安全課森下課長よりの要望形態に沿い行われました。
臨場感を持ち各状況下のコメントを多く要して、気づきを促して自ら徐々に完成度に導く講師の話術に、翻弄された職員の皆さんも大いに自分達が遣るべき事の重大性を認識され奮闘されていた様子です。総括の段階にて、公助の立場の職員の皆さんに強い心構えで立ち向かうよう訴えました。

防災安全課の広報により、野田警察署より5名の見学要請有りました。承諾得て、「HUG」実体験して頂きました処、今後野田警察署にて「HUG」訓練講習会検討する旨のお言葉頂きました。
防災安全課の広報力素晴らしい、又HUG準備完璧に感謝致します。

日時:令和2年1/8(水) 13:00~16:30
場所:野田市市役所8階大会議
参加:野田市市役所職員約100名
講師:中村利孝副支部長
スタッフ:防災士・谷正美・高崎勝利・石田健・岡田和也・二崎博美(埼玉)・小椋養一

chibakita020108-1

chibakita020108-2

chibakita020108-3

chibakita020108-4

千葉県北部支部 支部会報 千葉北第38号を発行

chibakita020101-1
千葉北はコチラからご覧ください

<千葉北概要>
・年頭あいさつ 中村支部長
・台風15,19号での活動
・北部支部の防災支援活動
・北部支部会員さん紙上インタビュー
・新会員紹介
・編集後記 他
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 講演 訓練 コミュニティー イベント 教育 勉強会 指導 現地活動 HUG 被災地支援 総会 協定 訓練指導 女性 DIG 支部総会 研修指導 避難所 HUG 連携 女性防災士 支部会議 セミナー 自主防災組織 地区防災計画 受賞 訓練HUG 支部設立 支部活動 実技指導 法人化 避難 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR