FC2ブログ

千葉県北部支部 12/2(日) 茂原市指定避難所運営等検討会(千葉県茂原市)

茂原市防災対策室が主催し、地元の自治会、自主防災会、社会福祉協議会、直近動員、災対コー茂原が参加して、茂原市立東部小学校をモデルとする指定避難所運営等検討会を開催しました。千葉県北部支部もアドバイサーとして参加しました。検討会は6月から11月まで6回行われ、12月2日に成果発表として、委員会の検討結果である配置図に基づき、校庭、体育館、教室に、避難所として必要なスペースと設備の展示を行いました。茂原市内の自治会、自主防災会はじめ多くの参加者が見学し、千葉テレビ、千葉日報の取材がありました。
1)体育館内の居住区では、ブルーシートの下にマイルディシート、エアフォーム、段ボールなどの断熱材を敷き、効果を体感しました。また段ボールの間仕切りやベッドを配置しました。
2)トイレは、工事現場で使用する簡易水洗トイレ、災害用組立トイレ(ドント・コイ)、和式便器の上に乗せて使用する簡易トイレ、地面に穴を掘ってブルーシートの囲いを設けた野外トイレなどを計画した場所に配置しました。
3)居住区に受付、運営事務室、食料/物資保管場所、男女更衣室、物干場、教室の一部に乳児家族室、女性用品配布室、福祉避難室、屋外に喫煙所、ペット飼育場所などを設け、備品を配置しました。
4)千葉県北部支部は独自のブースを設け、防災用品などの展示と説明を行いました。
HUGでは、図面上で避難所に必要なスペースを検討していますが、実際に避難所
となる場所を用途別に区画し、備品を配置したのは初めてです。参加者全員が避
難所の生活空間を体感できたことは大変有意義であったと思います。

日時:平成30年12月2日(日)
場所:茂原市立東部小学校
参加:検討会メンバー34名
スタッフ数:7名
内容:防災士ブース出展(成果発表)

chibakita301202-1

chibakita301202-2

chibakita301202-3

chibakita301202-4

chibakita301202-5

千葉県北部支部 11/30(金) 南房総市立富山小学校防災教室(千葉県南房総市)

平成30年11月30日(金)千葉県南房総市、南房総市立富山小学校において防災教室が行われ、千葉県北部支部およびBCNが共同して支援しました。内容は「ぐらぐらダンゴ虫」「津波だ逃げろ!」「レスキューリレー」「地震体験」の4種目です。小学生全校生徒約220名が参加する大掛かりの実技訓練です。
「ぐらぐらダンゴ虫」はブルーシートの上に4人の小学生が乗り、地震だーっの合図で先生たちがブルーシートを揺らすと子ども達はダンゴ虫のポーズをして頭を守ります。揺れている途中に柔らかいボールを投げ込み、上から物が落ちてくることを体験してもらいます。子ども達も先生も防災士も面白くて楽しくて、でも子ども達はダンゴ虫のポーズだと転がりやすいので、少し足を開いて踏ん張る姿勢が自然と身に着いたり、地震体験車による本物に近い地震をセットで体験することで、大変ためになる訓練になりました。
「津波だ逃げろ!」はブルーシートで津波を表現し、津波だーっ高台への合図で、迫りくる津波から走って逃げて、台座の上に飛び乗ります。台座を高台と表現するのに無理があるのは承知ですが、そこは説明でカバーしました。この津波だ逃げろ!は最初にきちんと津波の特徴、逃げ方を説明したうえで体験に臨んでもらいました。
「レスキューリレー」は担架搬送です。2班に分かれ、人形の「トミー」と「ヤマー」を布担架に乗せ、4人で搬送してカラーコーンで折り返し、一周してきます。水平に保つこと、傷病者にはやさしく、自分たちは素早くを目標に、最初は練習で1回ずつ丁寧に行い、2回目はリレー競争をしました。もちろんトミーやヤマーを落としたらその時点で負け。いかに丁寧に素早く搬送できるかを競うものです。子ども達の声援もありとても盛り上がりました。
約3時間の体験訓練でしたが、これほど時間が早く感じられた訓練はありません。
学年ごとのローテーションで6回同じことを繰り返しますが、あっという間でした。子ども達も楽しみながらもしっかりと学習して身に付ける、密度の濃い訓練になったと思います。

日時:30年11月30日(金)
場所:袖ケ浦市立蔵波小学校
参加:約220名
スタッフ数:8名
内容:「ぐらぐらダンゴ虫」「津波だ逃げろ!」「レスキューリレー」「地震体験」

chibakita301130-1 chibakita301130-2.jpg

chibakita301130-3.jpg chibakita301130-4.jpg

chibakita301130-5.jpg chibakita301130-6.jpg

千葉県北部支部 11/29(木)習志野市立実籾小学校防災学習(千葉県習志野市)

平成30年11月29日(木)、千葉県習志野市、市立実籾小学校において小学6年生の防災学習が行われ、千葉県北部支部がアドバイスを行いました。実籾小学校の黒田先生は防災に明るく、子ども達への防災教育に熱心な素晴らしい先生です。その先生の指導の下、「みんなの命を守るためにできること」と題して、子ども達自身がテーマをもってグループで発表できる物を作るという取り組みです。
「語り継ごう」「家での備え」防災グッズ」「安否札づくり」「場所別の身の守り方」「実籾の防災」「救急法」などこれらのテーマについて図書館から本を借りたり、ネットで調べたり、自分たちでまとめ上げていきます。私どもがアドバイスするのは、調べた結果分からなかったことへの質疑応答や、逆に子ども達への質問をすることにより理解を深めてもらったり、付け加える内容はないか、別の視点はないかなどを助言することです。
過去の地震を調べたグループがありましたが、まだ調べの途中ということでしたが、その特徴を見事に調べ上げていました。年度、場所、マグニチュード、最大震度、主な死因、等々、大震災クラスの地震について時系列でまとめています。
アドバイスとしては、これらの資料をもとに次に来る大きな地震はどのようなものになるか、それ予想して書いてみようと助言しました。
子ども達の想像力、柔軟な発想だからこそできる防災学習、今回の成果は12/19に発表会という形式で体育館で一般公開されますがいまからとても楽しみです。

日程:平成30年11月29日(木)
場所:習志野市立実籾小学校
スタッフ数:7名
内容:防災学習アドバイス

chibakita301129-1

chibakita301129-2

chibakita301129-3

chibakita301129-4

千葉県北部支部 12/1(土) 野田光葉町自治会防災講演(千葉県野田市)

平成30年12月1日(土)千葉県野田市、光葉町自治会防災講演が行われ千葉県北部支部が支援しました。
1,000世帯と大きな自治会であることから、今回はリーダーに成る役員に防災意識・知識向上を計る目的で次のような訓練を行いました。
1.役員の希望によりDIGを行いました。講師の石田防災士、小椋防災士は共に野田市在住で自治会、防災会役員を務めている事もあり、野田市の地域に密着したDIGを行いました。現実問題を重視した内容としてリーダー7名全員に発表していただき、意見交換では役員の連帯感を感じ取れました。
2.災害時対応に際する本音と建て前を被災地の現実体験談としてお話しさせていただき、被災時必要とされる身の回り品(寒さしのぎ等)実技体験をしていただきました。今後も防災講義を通して地域防災に務めて行きたいと思います。

日時:30年12月1日(土)
場所:光葉町自治会
参加:約10名
講師:小椋養一防災士
スタッフ数:2名
内容:DIG、講演

chibakita301201-1

千葉県北部支部 11/7(水)平成30年度柏市総合防災図上訓練(千葉県柏市)

平成30年11月7日柏市総合体育館に於いて平成30年度柏市総合防災図上訓練が行われました。今回は柏市防災安全課様よりご連絡を頂き副支部長数名で訓練を見学させていただきました。
この訓練は3年に一度、災害対応能力を高める目的で市役所の災害対策本部構成員、各部局本部連絡員、防災関係機関が集結して行われる実践型の図上訓練です。
今回は完全ブラインド型から一部ブラインド型への初の取り組みとが行なわれ、実践さながら熱心に訓練に取り組む姿が見られ部課や組織の枠を超えて情報収集や情報伝達を行い刻一刻と変化する災害想定に対応していました。防災士会では日頃、地域や学校、企業向けに図上訓練や避難所運営訓練の支援を行いますがこのような行政が一丸となって大規模に図上訓練を行う模様を見学でき今後の訓練の参考となる訓練でした。
このような訓練が県内の自治体でも盛んに行われ地域住民の防災力を高める動きの契機となる事を願っています。

日程:平成30年11月7日(火)
場所:柏市総合体育館
参加:約190名
スタッフ数:4名
内容:柏市総合防災図上訓練

chibakita301107-1

chibakita301107-2

chibakita301107-3

chibakita301107-4

千葉県北部支部 11/25(日)白井市清水口小学校部支部防災訓練(千葉県白井市)

平成30年11月25日(日)千葉県白井市、西白井複合センターにて13の自治会が連合する清水口小学校部支部の防災訓練が行われ、千葉県北部支部およびBCNが共同して支援しました。
昨年に続き2回目になりますが、内容は40分の講話と、3ローテーションによる救命講習・ロープワーク、地震体験です。講話では昨年に引き続き平山優子防災士が講師を務め、一般防災と実践型訓練のすすめなどを中心に講演しました。救命講習ではマネキン+AED6体を用意し、皆さんが胸骨圧迫できるようにしています。
ロープワークでは本結び、巻き結び、もやい結びといった基本的な結びをレクチャーしました。地震体験は時間的な余裕があったため、東北地方太平洋沖地震に加え、直下型である中越地震も体験いただきました。
3連休最終日の天候の良い日ということもあり参加者が少ないと主催者側はおっしゃっていましたが、80名を超える参加者の方々はとてもためになる訓練をさせてもらったという声も多く、充実した訓練になったと思います。

日程:平成30年11月25日(日)
場所:西白井複合センター
参加:約90名
講師:平山優子防災士
地震体験種数:62名
スタッフ数:9名
内容:講演、救命講習、ロープワーク、地震体験

chibakita301125-1

chibakita301125-2

chibakita301125-3

chibakita301125-4

chibakita301125-5

千葉県北部支部 11/24(土)野田西亀山青年館近隣自治会合同防災訓練(千葉県野田市)

平成30年11月24日(土)千葉県野田市、桐ヶ丘自治会、運河台自治会等、西亀山青年館の近隣自治会による合同防災訓練が行われ、千葉県北部支部およびBCNが共同して支援しました。内容は全体講演40分、3ローテーションでロープワーク・救命講習・地震体験です。
全体講演では小椋養一防災士による野田市の防災上の特徴、レジ袋の活用法、水を使わないトイレ法、簡単な応急手当を約40分行い、参加者の方々は初めは遠巻きに見ていた感じでしたが、実技が始まると急に活気が出て前のめりになって小椋防災士の説明に聞き入っていました。
3ローテーションのロープワークはその結び方一つひとつ納得しながら、どのように利用するのか、どんなシーンで使うのかといった利用方法に関する質問が多く、早くも自分自身で応用しようとしていました。救命講習ではマネキン+AEDを6体用意し、胸骨圧迫からAEDの使い方、異物除去の説明まで行い、地震体験では東北地方太平洋沖地震に加え、希望者には直下型として中越地震を体験いただ
きました。
今回地域自治会の合同訓練ですが、合同で行うことにより地域同士の連携も図れ、活気もあふれ、防災上も有益だと感じます。参加者の皆さんも大勢で参加し、そして見ているだけではなく一人ひとりが身体を使う実技訓練に興味を持たれ、結果として地域の防災力が上がっていく、それを実感した訓練でした。

日程:平成30年11月24日(土)
場所:野田西亀山青年館
参加:約100名
講師:小椋養一防災士
地震体験種数:67名
スタッフ数:7名
内容:講演、レジ袋、トイレ、ロープワーク、救命講習、地震体験

chibakita301124-1 chibakita301124-2

chibakita301124-3 chibakita301124-4

chibakita301124-5 chibakita301124-6

千葉県北部支部 11/23(祝)野田市3自治会合同防災訓練(千葉県野田市)

平成30年11月23日(祝)千葉県野田市、川間小学校において中里上自治会、中里下自治会、阿部自治会の3自治会合同の防災訓練が行われ、千葉県北部支部およびBCNが地震体験を担当しました。野田消防署、消防団も参加され、救命講習および消火器訓練を担当していました。
挨拶の後、3自治会が3つの訓練メニューを30分のローテーションで行い、我々は地震体験を担当しましたが、最初に説明を行い、地震体験の目的や体験方法を伝え、単に揺れに耐えることが目的ではないことを理解いただきました。体験された方は「何もできない」「動けない」と、避難することの難しさを感じていました。
川間小学校にほど近いところに住んでいる北部支部の横張防災士からの紹介ですが、このように地元に密着して防災意識をどんどん盛り上げて行くことは、防災士の一つの目的であると再認識しました。


日程:平成30年11月23日(祝)
場所:野田市立川間小学校
参加:約120名
地震体験種数:95名
スタッフ数:4名
内容:地震体験

chibakita301123-1

chibakita301123-2

chibakita301123-3

千葉県北部支部 11/18(日)津田沼ローヤルコーポ自治会防災訓練(千葉県習志野市)

平成30年11月18日(日)千葉県習志野市泉町3丁目の津田沼ローヤルコーポ自治会において防災訓練が開催され、25名の住民が参加。千葉県北部支部が出動しました。訓練内容として、当マンションの住民を対象とした安否確認、トイレの組み立て、応急手当講習、防災用品の説明と習志野市の備蓄について、市の担当職員より説明があり、最後は非常食(五目ごはん)を配って終了しました。
トイレの組み立てに関して実演した後、補足説明の中で、飲食をしなくても、人は排泄をするということ。また、地震災害の影響で排水管が破損した状態でトイレの水を流した場合、1階の住民のトイレに逆流するなど、災害時のトイレに関する状況を理解し、その重要性を改めて認識できたことや、応急手当にサランラップ等が有効であることなど、緊急時の対応として日用品が大いに役立つことが解りました。
今回は防災倉庫に保管していた簡易トイレを使い、組み立てや使用方法を確認し、同じく使用していなかった炊き出し窯を使用して非常食を作るという実践に即した訓練を実施することができたと思います。

日程:平成30年11月18日(日)
場所:津田沼ローヤルコーポ集会室
参加:25名
講師:岡田和也防災士
スタッフ数:4名
内容:応急手当講習、トイレに関する補足説明

chibakita301118b-1

chibakita301118b-2

chibakita301118b-3

千葉県北部支部 11/22(木)山武 西まちづくり協議会・西小学校地震災害勉強会(千葉県山武市)

平成30年11月22(木)、千葉県山武市、「山武西まちづくり協議会及び山武西小学校協働による地震災害勉強会」が行われ、千葉県北部支部およびBCNが支援しました。
はじめに地区の大人一般の方の地震体験説明、体験が行われ、次に小学生の避難訓練と樋口正防災士による避難訓練講評、次に低学年はぼうさいダック、高学年は地震体験、入れ替わって低学年は地震体験、高学年はレジ袋の活用法、最後に全校生徒で○×クイズ、と盛りだくさんの内容です。加えて時間調整のための新聞スリッパづくりやロープワークも挟み込み、子ども達は大忙しの訓練になりました。
低学年に行ったぼうさいダックでは子ども達は大はしゃぎで、大きな声と身体をいっぱい使った訓練に弾けていました。レジ袋の活用法では、ハサミを使って切ったレジ袋が何に使えるようになるのか質問形式で進め、想像を膨らませていました。全校生徒が参加した〇×クイズは時間が限られてしまったものの1問1問に一喜一憂しながら盛り上がり、10問正解者も多数出ました。
小学生への防災メニューも経験が積み重なってきましたが、やはり身体を動かし、体験できるメニューが効果的であることを再確認しました。

日程:平成30年11月22日(木)
場所:山武市立西小学校
参加:約100人
スタッフ数:7名
内容:地震体験、避難訓練講評、ぼうさいダック、レジ袋、〇×クイズ他

chibakita301122-1 chibakita301122-2

chibakita301122-3 chibakita301122-4

chibakita301122-5 chibakita301122-6

プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 コミュニティー 研修 イベント 訓練 講演 教育 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 被災地支援 訓練指導 協定 DIG 支部総会 女性 避難所 支部会議 研修指導 自主防災組織 HUG セミナー 連携 支部設立 訓練HUG 受賞 支部活動 実技指導 地区防災計画 女性防災士 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR