千葉県北部支部 2/17(土) 木更津市中央市民講座(千葉県木更津市)

平成30年2月17日(土)、千葉県木更津市、木更津市立中央公民館の防災市民講座4回シリーズの3回目を行い、千葉県北部支部が支援しました。
前回のDIGに続き、今回はディスカッション中心ということで、前半はクロスロード、後半は災害シミュレーションを行いました。講師は前回に引き続き青木信夫防災士が務めています。クロスロードでは5人で1グループだったことから金座布団が連発するなど面白い展開になりました。質問が出されるたびに「えーっ」「いやー」といった感嘆が漏れ、最終問題では「浮気がばれても話しますか?」という問いに大笑いです。様々な意見やアイデアが出され、いろいろな考えがあることを学びました。
後半では、地震災害において事前対策、地震発生、5分後、1時間後…といった時系列に発生する事象を想定して、それに対応する自助対応と共助対応を理想の形で列記してもらうという災害対応策の吸出しを行いました。各自付箋にやるべきこと、やっておきたいこと、その時どう行動するかを理想として列記いただきました。出された意見を皆さんで共有し、あるいは説明をしながら付箋の張替えなどを行い、班ごとに発表いただきました。この理想対応をいかに現実化していくかが防災力の向上となるものと思います。
座学は今回が最後で、来月(平成30年3月)最終回は身体を動かす実技が控えています。

日時:平成30年2月17日(土)
場所:木更津市中央公民館3F
参加:中学校区、自治会員他 約20名
講師:青木信夫防災士
スタッフ:2名
内容:クロスロード、災害シミュレーション

chibakita300217-1

chibakita300217-2

chibakita300217-3

chibakita300217-4

chibakita300217-5
スポンサーサイト

千葉県北部支部 2/12(月祝) ライオンズマンション野田梅郷(千葉県野田市)

平成30年2月12日(月祝)、千葉県野田市、ライオンズマンション野田梅郷にて防災訓練が行われ、千葉県北部支部およびBCNが支援しました。
昨年度(2017年度)に引き続き、今年度もお手伝いさせていただきましたが、内容は30分の全体講話、起震車・ロープワーク・搬送法は30分毎のローテーションで、全体で2時間の講習です。講話の講師は小椋陽一防災士が務め、30分という短い時間だったことから、参加者の方ももう少し長く話を聞きたいという声がありました。そして3班に分かれてローテーションでの実技です。起震車とロープワークは昨年度も行っていて復習の様相でしたが、搬送法は初めてで、質問も飛び交うなど興味津々といった感じでした。
参加者の方々はお互い気を使いながら大変和やかに訓練に臨んでいて、私たちも気持ちよく支援することができました。また、防災会も新たに立ち上げられたとのことで、防災意識、意欲も高く、ますます防災力が上がっていく好例ではないかと思います。

日時:平成30年2月12日(月祝)
場所:ライオンズマンション野田梅郷
参加:自治会員 約50名
講師:小椋陽一防災士
スタッフ:8名(講演者含む)
内容:起震車

chibakita300212-1

chibakita300212-2

chibakita300212-3

chibakita300212-4

chibakita300212-5

千葉県北部支部 2/11(日) 船橋市法典3丁目町会防災講習(千葉県船橋市)

平成30年2月11日(日)、千葉県船橋市、法典3丁目町会の防災講習が行われ、千葉県北部支部およびBCNが支援しました。
我々の支援内容は、起震車のみですが、講習は消防署による心肺蘇生法が行われました。昨年も同様のメニューでしたが、繰り返し同じ訓練を行うことにより理解度・習熟度が増していくと思われますので、特に心肺蘇生法は繰り返し学んでいただきたい訓練の一つです。参加者は比較的高齢の方が多く、今回起震車に乗った方の中で90歳という方がいて大変驚きました。おそらくこれまでの中で最高齢ではないかと思います。
木造密集地が多く道路も狭く入り組んで万年渋滞が続く船橋市ですが、こうしてご高齢の方が頑張っていることは大変心強く思います。

日時:平成30年2月11日(日)
場所:船橋市法典公民館
参加:自治会員 約40名
スタッフ:5名
内容:起震車

chibakita300211-1

chibakita300211-2

chibakita300211-3

千葉県北部支部 2/4(日) 野田市岩名第五区自治会防災講演講習会(千葉県野田市)

平成30年2月4日(日)、千葉県野田市、岩名第五区自治会にて防災講演講習会が行われ、千葉県北部支部が支援しました。
内容は、講演・レジ袋の防災活用法・ロープワークです。講演は「災害時の自助・共助について」と題して熊澤晃防災士が講師を務めました。質問や意見も多く参加者の意識の高さがうかがえます。また、1月21日の野田市リーダー研修に参加された方から、水を使わないトイレの方法が印象的でぜひここでも紹介してほしいとの要望があり、急きょ説明が行われました。
後半は実技でレジ袋の防災活用法としてランタン、三角巾、おむつ、包帯など、自在に変化していくレジ袋を参加者の方々に実際に作成していただきました。
ロープワークでは集会所内の限られたスペースで行うことから、太いロープをパイプに見立てて細いロープで練習いただきました。
直近でも防災センターの見学が予定されていたり、7月には地区合同の防災訓練が予定(北部支部支援予定)されているなど活発な地域で、大変心強く頼もしい地区と感じました。

日時:平成30年2月4日(日)
場所:岩名第五区自治会館
参加:自治会員 約40名
講師:熊澤 晃 防災士
スタッフ:6名(講師含まず)
内容:講演、実技

chibakita300204-1

chibakita300204-2

chibakita300204-3

chibakita300204-4

千葉県北部支部 2/4(日) 野田市岩名第五区自治会防災講演講習会(千葉県野田市)

平成30年2月4日(日)、千葉県野田市、岩名第五区自治会にて防災講演講習会が行われ、千葉県北部支部が支援しました。
内容は、講演・レジ袋の防災活用法・ロープワークです。講演は「災害時の自助・共助について」と題して熊澤晃防災士が講師を務めました。質問や意見も多く参加者の意識の高さがうかがえます。また、1月21日の野田市リーダー研修に参加された方から、水を使わないトイレの方法が印象的でぜひここでも紹介してほしいとの要望があり、急きょ説明が行われました。
後半は実技でレジ袋の防災活用法としてランタン、三角巾、おむつ、包帯など、自在に変化していくレジ袋を参加者の方々に実際に作成していただきました。
ロープワークでは集会所内の限られたスペースで行うことから、太いロープをパイプに見立てて細いロープで練習いただきました。
直近でも防災センターの見学が予定されていたり、7月には地区合同の防災訓練が予定(北部支部支援予定)されているなど活発な地域で、大変心強く頼もしい地区と感じました。

日時:平成30年2月4日(日)
場所:岩名第五区自治会館
参加:自治会員 約40名
講師:熊澤 晃 防災士
スタッフ:6名(講師含まず)
内容:講演、実技

chibakita300204-1

chibakita300204-2

chibakita300204-3

chibakita300204-4

千葉県北部支部 2/3(土) 八千代市高津公民館防災講演(千葉県木八千代市)

平成30年2月3日(土)、千葉県八千代市、八千代市立高津公民館において防災講演会が行われ、千葉県北部支部、BCNが共同して担当しました。
「地震・災害にそなえて~あなたはどのようにして自分を守りますか?~」と題した講演で、八千代台公民館に続いて高津公民館で行われましたが、今回は起震車が加わっています。子ども達も参加し、賑わいのある講習会になりました。
はじめに起震車による地震体験が行われ、約40名の方が東北地方太平洋沖地震の揺れを体験し、続いて講義室に移動して講話が行われました。館長さんが子ども達に「地震体験はどうだった?」と聞くと、「面白かった!」という答えに大人達は苦笑いです。「本当に来たら頭を守りましょう」と注意するも子ども達は意に介さずという雰囲気でしたが、地震、防災に触れる機会が増えることにより家族で話し合ったり、友達と話す機会も増えると思います。
講義は青木信夫防災士が担当しましたが、はじめにレジ袋の防災活用法、続いてエコノミークラス症候群予防体操といった実技が行われ、続いて浦安の被災体験、○×クイズが行われました。笑いあり、質問ありの楽しくためになる講座になったのではないかと思います。

日時:平成30年2月3日(土)
場所:八千代市立高津公民館
参加:八千代市民 約40名
講師:青木信夫防災士
スタッフ:4名(講師含まず)
内容:起震車、実技、講演

chibakita300203-1

chibakita300203-2

chibakita300203-3

chibakita300203-4

千葉県北部支部 1/28(日) 八千代台公民館防災講演(千葉県木八千代市)

平成30年1月28日(日)、千葉県八千代市、八千代市立八千代台公民館において防災講演会が行われ、千葉県北部支部が講師を担当しました。
「地震・災害にそなえて~あなたはどのようにして自分を守りますか?~」と題した講演で、八千代台公民館、高津公民館、東南公民館の三公民館で行う第一回目の講演になります。今回は特に「東日本大震災から学ぶ」をテーマに、青木信夫防災士が講師を、エコノミークラス症候群予防体操は白川恵防災士が担当しました。
講話の間に実技を挟み込む形式で進められ、一般防災(講話)、応急手当法(実技)、大川小学校の悲劇(講話)、エコノミークラス症候群予防体操(実技)、釜石の奇跡(講話)、レジ袋の防災活用法(実技)という構成です。
参加人数は15名と少人数であったため講演者と参加者の距離が近く、途中の質問にも答えることができ和やかな雰囲気で進められました。また、質疑応答も積極的に質問が出ていました。昨今公民館での講演活動が多く、これが地域防災力の向上に結び付いていくことを期待し、またそうなるように講演内容の精度を上げていかなければと改めて感じた講演会でした。

日時:平成30年1月28日(日)
場所:八千代市立八千代台公民館
参加:八千代市民 約15名
講師:青木信夫防災士、白川恵防災士
スタッフ:2名(講師含まず)
内容:講演、実技

chibakita300128-1

chibakita300128-2

chibakita300128-3

chibakita300128-4

千葉県北部支部 1/27(土) 木更津立西清川公民館防災学習会(千葉県木更津市)

平成30年1月27日(土)、千葉県木更津市、木更津市立西清川公民館において「西清川まちづくり協議会防災学習会」が行われ、千葉県北部支部が講師を担当しました。
「災害に備える~被災地の経験から学ぶ~」と題した講演で、浦安市での被災経験のある青木信夫防災士が講師を務めました。打合せ時に避難所について半分くらいの時間を割いてほしいとの要望もあり、一般防災とともに避難所についての話を盛り込んでいます。参加者である区長さん、地区住民、町内役員の方々は真剣そのもので一言も漏らさず聞き逃しの無いよう、ある種緊張感を持っていたように感じられます。
内容は地震、木更津市の被害想定、〇×クイズを行った後、小技としてレジ袋の活用で参加者の方々に実際に手を動かしていただき、その後避難所の講話を動画を交えながら飽きの来ない構成で話が進みました。
講話の後は防災倉庫の見学、非常食の試食などが行われ、全体として3時間の防災学習になりました。防災意識が低い地域と聞いていましたが、そうではなく機会が無かったことによるものではないかと、今回の学習会の参加者のまなざしを見てそう感じた学習会でした。

日時:平成30年1月27日(土)
場所:木更津市立西清川公民館
参加:区長・地区住民・町内役員等 約40名
講師:青木信夫防災士
スタッフ:2名
内容:講演

chibakita300127-1

chibakita300127-2

chibakita300127-3

chibakita300127-4

千葉県北部支部 1/21(日) 野田市地域防災リーダー研修(千葉県野田市)

平成30年1月21日(日)、千葉県野田市、野田市役所において「平成29年度野田市地域防災リーダー研修」が行われ、BCNおよび千葉県北部支部が共同で講師を担当しました。
午前の部91名、午後の部89名、計180名の自治会、自主防災組織の方々を対象にHUGを行い、講師は中村利孝防災士、竹内哲志防災士が担当し、ファシリテーターを含め、前後延べ28名の防災士が担当しました。
昨年度はDIGを行い今年度はHUGと、図上演習を続けて行っていますが、多数の防災リーダーを育てようとする野田市役所の方々の意欲が多数の参加者を動員し、大人数のHUGになりました。
参加者の方々は早くもカードの配置に議論が白熱し、次々と出されるカードに慌てながらも積極的に配置し、ほとんどの方が図面を前に立ち上がって文字通り前のめりで事に当たっていました。開催前後挨拶等があり、実質1時間45分間の講習となるためHUGとしては若干短い時間ですが、説明時間とカード配置時間のバランスを考えながら進行したため、ある程度目的は達成できたのではないかと思います。
市が主導し多くの参加者があり、防災力向上の目覚ましいことが今回の積極的な姿勢に見て取れ、その一端を担うことができるのは大変光栄なことと思いました。

日時:平成30年1月21日(日)
場所:野田市役所8F大会議室
参加:自治会・自主防災組織 180名
講師:中村利孝防災士、竹内哲志防災士
スタッフ:延べ28名
内容:HUG

chibakita300121-1 

chibakita300121-2 

chibakita300121-3 

chibakita300121-4 

chibakita300121-5 

千葉県北部支部 1/20(土) 木更津市中央市民講座(千葉県木更津市)

平成30年1月20日(土)、千葉県木更津市中央公民館において「防災と地域コミュニティを考える ~地域の防災力を高めよう~」と題した講座が行われ、千葉県北部支部の青木信夫防災士が講師を務め、スタッフ2名で対応しました。
本講座は4回シリーズで、今回は2回目に当たるDIGが行われました。A0版の白地図、危険度マップ、津波マップ、その他のA4版地図は全て表示範囲が同一で示されていることから、一つひとつを入念に探さなくてもダイレクトに描き写すことができるようになっている点が特徴です。この工夫により描画時間が短縮され、ディスカッションに多くの時間を割くことができます。検討事項は3つ、「地域を知る」「災害の特性を知る」「災害をイメージする」、それぞれについて探査した内容をできるだけ多く付箋紙に列記していただき、発表を行いました。この地区では津波浸水域に避難所があったり、全壊率の高い箇所が散在していたり、全体的には東側より西側のエリアが危険性が高く、そうしたときに今自分に何ができるか、3時間後に自分は何をしているかについて、希望も含めて意見を出し合いイメージしていただきました。
今回は皆さん前のめりで白熱した印象ですが、図上訓練の醍醐味を感じていただけたのではないかと思います。
昨今ではHUGの需要が多いように感じますが、DIGの重要性を改めて感じた講座になりました。

日時:平成30年1月20日(土)
場所:木更津市中央公民館3F
参加:中学校区、自治会員他 約20名
講師:青木信夫防災士
スタッフ:2名
内容:DIG

chibakita300120-1 

chibakita300120-2 

chibakita300120-3 

chibakita300120-4 

chibakita300120-5 


プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 コミュニティー 研修 イベント 講演 教育 訓練 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 協定 訓練指導 支部総会 DIG 支部会議 自主防災組織 研修指導 セミナー 被災地支援 避難所 女性 連携 HUG 支部設立 受賞 法人化 実技指導 支部活動 女性防災士 訓練HUG 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR