FC2ブログ

千葉県北部支部 7/24(火)東京学芸大学附属大泉小学校講演(東京都練馬区)

平成30年7月24日(火)東京都練馬区、東京学芸大学附属大泉小学校において養護教諭を対象とした研修会が行われ、千葉県北部支部の平山優子防災士が講師を務めました。
養護教諭という立場で災害にどう備えるのか、子どもたちができること、教職員ができること、学校ができることなどを中心に、災害の種類別の話や具体例を示しながら重要な点は何なのかといった講演を行いました。講演の途中に青木信夫防災士が子どもたちを守れなかった例として大川小学校の悲劇について関係者の話を盛り込んで話をしました。
比較的少人数の研修会でディスカッション・質問時間を長めに設けたことから様々な質問が飛び交いより具体的な内容や、「防災士とは」といった質問もありました。
養護教諭の方々が災害、防災に関して声を上げ子どもたちを守っていこうとする姿勢はこれまでほとんどなかったように思いますが、この研修の取り組みは5年をかけて行われ、防災に役立てようとする試みは大いに期待したいと思います。

日程:平成30年7月24日(火)
場所:東京学芸大学附属大泉小学校
対象:養護教諭9名
講師:平山優子防災士
スタッフ数:1名

chibakita300724-1

chibakita300724-2

千葉県北部支部 7/15(日)習志野きらっと2018(千葉県習志野市)

平成30年7月15日(日)千葉県習志野市、習志野市役所において「習志野きらっと2018」が行われ、BCNおよび千葉県北部支部が企業ブースで地震体験を担当しました。「習志野きらっと」は習志野市の最大級のお祭りで数千人が参加する一大イベントです。
連日の暑さの中でも記録的暑さでしたが、さまざまな出店やコンテスト、パレード、そして踊り、ダンスなど、暑さに負けない熱気に驚きました。
私どもは建築会社の要請を受け、起震車による地震体験を行いましたが、暑さによる機械的なダメージを考慮して機械休憩をとりつつ、およそ2時間行い1時間冷ますサイクルで朝9時から20時まで稼働しました。9時スタートからすでに人が並び、スタッフもフル稼働で、水分補給しながら対応に当たりました。4人のスタッフは前半15時くらいに3名が交代し後半を乗り切りましたが、常に行列が発生していたため、回転を上げるため地震動は比較的短い2004年の新潟県中越地震30秒を基本にしました。直下型の上下動も激しいこの揺れに驚いたり呆然としたり家の耐震化や家具固定を真剣に検討するという方もいました。
夕方17時頃、年配の男性が倒れ、ちょうど通りかかった青木信夫防災士が反応や呼吸を確認し胸骨圧迫を行いましたが、数分で救急隊が到着して搬送されました。
猛暑との関連は定かではありませんが環境が厳しかったのかもしれません。
地震体験は30分待ちの行列が続く中、順調に体験者数を伸ばし、1日の体験者数はジャスト1,000人になり、これは1日の体験者数としてはこれまで最大で、記録を更新しました。

日程:平成30年7月15日(日)
場所:習志野市役所
対象:イベント参加数千人
体験:1,000人
スタッフ数:7名
内容:地震体験

chibakita300715-1

chibakita300715-2

chibakita300715-3

千葉県北部支部 7/14(土)小金原四丁目町会防災訓練(千葉県松戸市)

平成30年7月14日(土)千葉県松戸市、小金原四丁目町会にて防災訓練が行われ千葉県北部支部が支援しました。防災講演、応急手当、搬送法、救命講習の4つの項目です。参加者は自治会の方々約70人で公園内で行いました。記録的な暑さの中、ある程度木陰だったので無事に終わりましたが、指導する側も受ける側もこの暑さに訓練自体行って大丈夫なのかという不安もありましたが、いざ始まると受講者の方々はその内容にのめり込み、暑さを忘れているかのようでした。
最初に全員に向けて北部支部支部長の中村誠防災士が「自助共助について」と題した講演を行い、概観から具体的な内容まで短い時間ながら全体像をお話しし、次に3班に分かれて応急手当、搬送法、救命講習の3種実技を約20分間のローテーションで行いました。
参加された方々は、これまでのような遠巻きにしか見ない訓練ではなく、自身が身体を動かす訓練に興味津々です。笑いを誘いながらの訓練で、3班の随所から笑い声が絶えまなく続き、楽しく為になる訓練ができたのではないかと思います。
参加者の皆様もこの暑さの中で集中力を切らさず、楽しみながら知識、技術を吸収していました。
災害にあまり縁のない地域の場合、どうしてもモチベーションが下がりますが、当地区では心強いリーダーシップや住民の皆さんの和やかな雰囲気もあり、酷暑という厳しい環境でしたがとても充実した訓練になったと思います。

日程:平成30年7月14日(土)
場所:小金原四丁目からす公園
対象:自治会員約70人
講師:中村誠防災士
スタッフ数:7名
内容:講話「自助共助について」、応急手当、搬送法、救命講習

chibakita300714-1

chibakita300714-2

chibakita300714-3

chibakita300714-4

chibakita300714-5

千葉県北部支部 6/30(土)佐倉市まちづくり協議会・青菅小学校 防災講話(千葉県佐倉市)

平成30年6月30日(土)千葉県佐倉市、佐倉市立青菅小学校ミニ集会において千葉県北部支部が防災講話を行いました。講師は平山優子防災士。
当日は小学校の授業参観日であったため、全校児童、保護者、教職員、まちづくり協議会会員という多様な方々、そして子どもから大人まで約580人の方々にお集まりいただきました。
題目は「防災のこころえ-生きぬく力-」
ここ志津地区の地区防災カルテでは「地震による人的被害の評価→5」。でもこれは、みんなが何も備えなかった場合。災害は避けられないけれども、被害は減らせる。そのためにするのが「備え!」。
「もし、明日地震が来るとわかっていたら…?」という流れで「一日前プロジェクト」(1)家にいるときの行動「自分の命はじぶんで守る!」(2)「家族防災会議をやろう!」(3)「地域の行動を知っておこう」を行い、最後に「学校・地域・家庭の連携」についてお伝えしました。
青菅小学校では、学校管理下での児童への防災訓練を日頃からあらゆる方法(授業中、昼休み時間中など様々な想定)で年間通して実施されています。今回の講話では「SHAKE OUT」を入れたり、また児童に質問を投げかけたりしました。すると、子ども達の反応がとても良いのです!これにはとても驚きました!自分の地域のハザードマップや地区防災カルテを見たことがある子ども達もいました!
脱帽です!子ども達は、伝えられたことを確実に実行します。この子達が、今後しっかりと防災について学び対応できる力を身につけ、大人になったとき今までの教訓を次の世代につないでいけるようになってほしいと感じました。
災害が起こるたびに繰返される同じ悲しみを、自分も次の世代にも経験させたくないですからね。

日程:平成30年6月30日(土)
場所:青菅小学校
対象:まちづくり協議会、児童、保護者、教員 約580人
講師:平山優子防災士
スタッフ数:3名
内容:講話「防災のこころえ-生きぬく力-」

chibakita300630-1

chibakita300630-2

chibakita300630-3

千葉県北部支部 7/10(火)若松小中学校・船橋市浜町公民館救命講習(千葉県船橋市)

平成30年7月10日(火)千葉県船橋市若松小学校において、若松小学校・若松中学校・浜町公民館合同の救命講習が行われ、千葉県北部支部が指導しました。一昨年、昨年に引き続き今年で3回目となる講習です。今回は実施場所を2つに分け、それぞれ同様の内容を行いました。講師は平山優子防災士、岡田和也防災士です。
応急手当では、止血法、骨折、気道異物除去を行い、特に気道異物除去では訓練用ベストを用いて背部叩打法やハイムリック法の実演を行いました。救命講習では20体のマネキン、20個の訓練用AEDを用いて参加者を3,4人のグループに分け、身体で覚えていただくように胸骨圧迫等をできるだけ行っていただきました。小学生、中学生のお子さんがいる参加者が多いことから、小児の場合の説明を含め計2時間の講習です。
参加者の皆さんは真剣そのもので、我が子を助けるイメージ、家族を助けるイメージで取り組んでいただき熱気が感じられます。1人当たりのマネキンに触れる時間も多く、胸骨圧迫の大変さも実感していただけたようで、協力して行うことの重要性を肌で感じていただけたと思います。
比較的若い参加者の方々がこうして技術を身に着けていただけると大変心強く、有事の際の大きな力になってくれることを実感しました。

日程:平成30年7月10日(火)
場所:若松小学校
対象:PTA他 約80人
スタッフ数:11名
内容:応急手当、救命講習

chibakita300710-1

chibakita300710-2

chibakita300710-3

chibakita300710-4

千葉県北部支部 7/9(月)習志野市立実籾小学校防災マップアドバイス(千葉県習志野市)

平成30年7月9日(月)千葉県習志野市立実籾小学校において、小学6年生を対象とした防災学習が行われ、千葉県北部支部がアドバイスを行いました。小学6年生が実際に2回街歩きをして得たことをマップに落とし込み、独自の防災マップを作り上げていく過程で防災士の視点からもアドバイスをいただきたいというものです。
大阪北部地震、西日本豪雨が連日報道され、子どもたちも我が事ととして真剣そのものです。マップ作りに際して、見たこと、調べたことのすべては入れられないことから、重要な場所、重要な点は何かを子どもたちが考え、ピックアップしてマップを作っています。
ブロック塀が随所にあることから、実際に標準的なブロック1個を防災士が持参し、子どもたちに持ってもらいその重さを実感してもらいましたが、その重さに驚いていました。
この取り組み、特に黒田先生の防災教育が評価され、教育委員会の方々や習志野市危機管理監も見学に訪れていただき小学生に向けてお話もしていただくなど注目度が増しています。今後の学校防災のモデルケースとして進んでいくことを願います。

日程:平成30年7月9日(月)
場所:習志野市立実籾小学校
対象:小学6年生全員
スタッフ数:8名
内容:防災マップアドバイス

chibakita300709-1

chibakita300709-2

chibakita300709-3

千葉県北部支部 7/8(日)パールタウン自主防災会防災講演(茨城県古河市)

平成30年7月8日(日)茨城県古河市、パールタウン自主防災会にて防災講演会が開かれ、BCNが千葉県北部支部の協力を得て支援しました。内容は防災講演、レジ袋の防災活用法、地震体験です。
参加者は20名程度と絶対数は多くないものの、自治会世帯数が25戸であるため、参加率は8割になります。講演では岡田和也防災士が講師を務め、自主防災組織の考え方や役割、自助・共助、事例などを含めて講演を行いました。その後、レジ袋を使った防災活用法や水を使わないトイレの方法など実演を交えて行いました。質問では、活断層についてや足腰の悪い人をどのように運ぶかなど、具体的な質問をいただきました。地震体験では東北地方太平洋沖地震に加え、希望者に新潟県中越地震、大正関東地震を体験いただき、あらかじめ地震体験の目的(人が耐えられるかではなく家や家具がどうなってしまうかをイメージいただくこと)をお話してあったため、じっくりと揺れからのイメージを感じ取っていただけたのではないかと思います。
自主防災組織として4年目という当地区ですが、積極的に進めていこうとする姿勢と自治会の一体感が印象的でした。今回、質問を受けましたが実技の説明をする時間がなく、できれば実技系の訓練もお手伝いさせていただきたいと思っています。

日程:平成30年7月8日(日)
場所:新割会館(茨城県古河市)
参加:自治会員約20名
講師:岡田和也防災士
スタッフ数:5名
内容:防災講演、レジ袋の活用法、地震体験

chibakita300708-1

chibakita300708-2

chibakita300708-3

chibakita300708-4

千葉県北部支部 7/6(金)千葉県北部支部・BCNスキルアップ研修(千葉県船橋市)

平成30年7月6日(金)千葉県船橋市、船橋市中央公民館において千葉県北部支部・
BCN共催によるスキルアップ研修が行われました。
昨年の8月にスタートした当スキルアップ研修は1回2時間、2単元を行い、計12回の研修で24単元を行いました。

(1)講義の技術的項目とパワーポイントの使い方
(2)身近な物を利用した防災活用(新聞、レジ袋、新規)
(3)マンション防災
(4)ロープワーク(指導方法、ロープの使い方のディスカッション)
(5)避難所の基本と運営について
(6)HUGの指導方法、ファシリテーターの役割
(7)過去の災害に学ぶ
(8)防災紙芝居・防災ダッグ・その他子ども用防災
(9)地区防災計画のすすめ
(10)DIGの指導方法、ファシリテーターの役割
(11)自助・共助・公助について学ぶ
(12)ロープワーク集中講座1
(13)耐震化・家具転倒防止
(14)ロープワーク集中講座2
(15)備蓄・非常持出品・防災グッズ
(16)クロスロードの指導方法、ファシリテーターの役割
(17)自主防災組織の設立と運営
(18)応急手当(身近利用を含む)
(19)事業継続計画(BCP)のすすめ
(20)心肺蘇生法、救命講習 (G2015)
(21)ボランティアの心得とボランティアセンター
(22)搬送法、応急担架・救出救助法
(23)パワーポイントの使い方(演習2単元)

今回は最終回となる「パワーポイントの使い方(演習)」で講師は工藤薫防災士。
参加者はノートパソコンを持参しての演習です。講義・講演をする際にパワーポイントを利用する例が多々ありますが、今回は初級者を対象としてスライドを1から作り、文字を入力し、写真を貼り付け、大きさを変え、画像の透過処理まで流れに沿って行いました。パソコンのスキルは個々に異なりますが、工藤防災士の分かりやすい講義と資料により、どうやって作っていくのか、何ができるのかを学ぶことができました。

当スキルアップ研修は来月から新たに項目を検討してスタートいたします。

日時:平成30年7月6日(金)18:30-20:30
場所:船橋市中央公民館 6,7集会室
講師:工藤薫防災士
参加:14名
内容:パワーポイントの使い方(演習)

chibakita300706-1

chibakita300706-2

chibakita300706-3

千葉県北部支部 支部会報 千葉北第33号を発行

chibakita300701-1b
千葉北はコチラからご覧ください

<千葉北概要>
・北部支部定期総会が開催
・シリーズ「地区防災の推進」
・北部支部会員さん紙上インタビュー
・会員短信
・北部支部の防災支援活動
・新会員紹介
・編集後記 他

千葉県北部支部 7/1(日)岩名第五区自治会防災訓練(千葉県野田市)

平成30年7月1日(日)千葉県野田市、岩名第五区自治会において防災訓練が行われ、千葉県北部支部とBCNが共同で支援しました。内容は救命講習、消火訓練、地震体験で公園にて行いましたが、訓練の前に公園の清掃(草取り)が行われ、続けて防災訓練が行われました。
参加者が多く200名以上の方が朝早くから集まり、この地区の団結力がうかがえます。訓練は3班に分かれ、30分ごとのローテーションで行いましたが、救命講習では岡田和也防災士がメイン講師になり、マネキン6体、訓練用AED6台を用いて行いました。梅雨明けの暑さ厳しい中でも皆さん真剣に取り組んでいました。
消火訓練では白川恵防災士がメイン講師になり、訓練用水消火器6本を使って消火器の取り扱い説明を行い、実際に参加者の方々に実践いただきました。地震体験では東北地方太平洋沖地震を体験いただきました。皆さん時間が長いことに驚かれていましたが、実際には体験の3倍程度の時間揺れていたことを説明するとさらに驚いていました。
清掃作業と同日に訓練を行ってしまうという特徴はありますが、特別な訓練や仕組みを行っているわけではないにもかかわらず、参加者が大変多いことから当地区のまとまりの良さを感じます。もし災害に遭った場合にもこの団結力が威力を発揮するものと思います。

日程:平成30年7月1日(日)
場所:名第五区自治会近隣公園
参加:自治会員200名以上
講師:岡田和也防災士、白川恵防災士
スタッフ数:11名
内容:救命講習、消火訓練、地震体験

chibakita300701-1

chibakita300701-2

chibakita300701-3

chibakita300701-4

chibakita300701-5
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 コミュニティー 研修 イベント 講演 教育 訓練 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 被災地支援 訓練指導 協定 支部総会 女性 DIG 自主防災組織 研修指導 HUG 避難所 支部会議 セミナー 支部設立 連携 訓練HUG 受賞 支部活動 実技指導 地区防災計画 女性防災士 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR