FC2ブログ

淡路島を震源とする地震の被災地踏査報告

竹平 元則(兵庫県 防災士)

         淡路島を震源とする地震の被災地踏査報告

 平成25年4月13日(土)5時33分発生の地震に対する被災地の報告をします。
地震の概要
震源地:淡路島付近(北緯34.4度、東経134.8度) 深さ15キロ
規模等:マグニチュード 6.3
    震度6弱 淡路市 5強 南あわじ市 5弱 洲本市 大阪府岬町 津波の心配はなし
      (兵庫県発表)
 
 地震発生の翌日14日(日)兵庫県支部の有志で現地入りしました。
9:00 
兵庫県防災士会会員の無事を確認。
被害はあるものの、消防と連携して対応に当たっているとのことで一安心。
淡路市社会福祉協議会本部・津名支部(淡路市志筑)にて情報収集。
淡路市では現時点で災害ボランティアセンターの開設予定なし。
過去に水害を起こしている志筑川沿いの家屋に被害が集中とのこと。
近隣の家屋は、築100年を超える所もあり、屋根瓦の落下や外壁の損壊がみられた。
250413takehira1 250413takehira2
★ 外壁の落下                  ★ 地割れ
250413takehira3 250413takehira35
250413takehira36 250413takehira4

9:40 
八幡神社付近
過去に何度も浸水被害が出ている地域だけに、新しく建て替えられた家も多くあった。
耐震構造の家屋では、外見は何も被害がなさそうに見えるが、家の中の土壁やタイルが落下し床の傾きなどから揺れの強さを感じた。
阪神淡路大震災より揺れた時間は短かったものの、被害は今回の方がひどかったと住民は肩を落としていた。
屋根が一部破損した家の住人は、「年寄り4人だけだから不安。近くに頼れる若い人がいない」と話していた。
近くの電気屋では、店内の棚が倒れ、電化製品等の商品が散乱。
備品倉庫も足の踏み場がない状態でしたが、次々と修理依頼の電話がかかり、店内の片づけが出来ない状況で近隣の復旧に向かっていた。
250413takehira5 250413takehira6
250413takehira7 250413takehira8
250413takehira9 250413takehira10
250413takehira11 250413takehira12

10:40 
志築新島にあるショッピングセンターなども液状化の跡がみられた。水は引いたものの、湧き上がった砂が路を白くしていた。
 一部損壊の家屋でスコップを持ち復旧作業に追われている傍で、市長選の街頭演説をしている候補者たちには、被災者の叫びが聞こえないのだろうか・・・
 いつ余震が来るかわからない不安と、天気が悪くなるからそれまでに対処をしないとと焦る被災者の気持ちを逆なでするかのように演説でマイクを握り大きな声を張り上げていた。
これでは、緊急時の放送も聞こえないだろう・・・
250413takehira13 250413takehira14
250413takehira15 250413takehira16

11:10 
淡路市役所から少し離れた「淡路市防災あんしんセンター」に危機管理室があり、ここで淡路市の被害状況確認。
 被害状況を知りたいと伝えると、すぐにデータ化した書類を出していただけた。

・人的被害
・家屋被害(地名別)
・避難者情報
・都市整備関係(道路・河川・市営住宅等)
・産業振興部関係(農業用施設・観光施設等)
・上下水道部関係(断水・漏水)
・健康福祉部関係(福祉施設・保育園)
・教育委員会関係(学校・教育施設)
・市民生活部関係(焼却場・火葬場)
・企画部関係等に細かく分類され、被害状況と復興状況が1枚の紙で読み取れた。

11:30 
洲本市の八幡神社付近で、一部損壊の家屋が目立った。
 八幡神社の石碑が倒壊していたため調べていた時、町内会長の奥様が声をかけてきて「鳥居が地震でずれてしまっている」と心配されていましたので、余震等で落下の可能性があるため一刻も早く警察に連絡して規制線をはってもらうよう伝えた。
翌日、15日のニュースで、鳥居に足場が組まれ作業が進められている所が流れていて一安心・・・
 神社の近くに住むお婆さんは、「1人暮らしなのでとても怖かった。災害用のアラームもならなかった。揺れた瞬間、南海トラフ地震だと思い裏山に逃げようと思ったが、怖くて動けなかった。一人だとテレビをつけるのもこわく何も出来なかった。まだまだ不安で眠れない」と話をされていました。
 家の中も外も亀裂が入ってしまったが、食器棚などは転倒防止をしていたため、助かったとのこと。
250413takehira17 250413takehira38
250413takehira37 250413takehira18

12:45 
洲本市炬口漁港にある公園前に震災廃棄物の処分場あり。
13日10:00~開設し、住民にはケーブルテレビを使って呼びかけていた。住民は車でガレキや家具・食器等の廃棄物を運んで来ていた。
処分場の案内・仕分け担当の職員は2名体制で運ばれてきた廃棄物の仕分けに追われている。 気になったのが、かなり古いブラウン管テレビが多数持ち込まれていたこと。職員に「震災前から処分に困っていたテレビを、この機会にと持ってきているのでは?」と聞くと「きっとそうだと思います。」と苦笑いをしていた。
250413takehira19 250413takehira20

13:15 
洲本市役所の危機管理室にて情報収集。被害状況のデータは、会議資料に書きこんだものしかないとの事で、資料をみせていただいた。
 ここで気になったのは、ほとんどの小学校の体育館が被災していたこと。避難所となるべく体育館の天井崩壊・内壁剥離・連絡通路の損壊等が書かれていた。避難所の見直しや第二・第三の避難所を確保するよう今後の課題となるでしょう。
 13日の午前中からブルーシートの無料配布を実施し、市役所前まで取りに来られた住民にブルーシートを配布していた。しかし、高齢化が進んでいる地域では、取りに来られない方も多くおられ、この状態では被災者全員には行き届かないと思えた。
1日目に約1000枚のブルーシートが配布されたようだが、土嚢が足りておらず、土嚢袋の手配で職員は忙しそうだった。
250413takehira21 250413takehira22
250413takehira23 250413takehira24
250413takehira25 250413takehira26
250413takehira27 250413takehira28
 
13:40 
洲本第一小学校
 小学校のグラウンドに断層のような亀裂が入っているとのニュースが流れているため、沢山のテレビ局や京都大学・徳島大学・愛媛大学の教授などが詰めかけていた。
 耐震化が済んでいた校舎は持ちこたえたが、液状化でグラウンドが沈下してしまっているとのこと。
30mにわたる亀裂は校舎の一部を損壊し、あちこちに「きけん」の紙が貼られていた。子供たちがグラウンドで遊んでいる最中の地震でなくてよかったと思うくらい、大きな亀裂を中心に多数の亀裂が走っていた。小学校のグラウンドばかりが取り上げられていたが、隣接する市立第一幼稚園にも亀裂が伸び、砂場や遊具が一切使えない状況でした。亀裂はあるものの、校舎内には目立った損壊はないため、学校側は月曜日から通常通り登校させるとの事でした。
 取材陣の中に東京のローカルTVの取材で来ていた室崎益輝先生がおられ、嬉しいことに「防災士も来てるねって見てましたよ」と、お声をかけていただきました。先生は、関西学院大学の教授を3月末で退職して、これからゆっくり東北の被災地で過ごすと語られていた矢先での震災でした。室崎先生は「これから起こる大震災の予行練習となるいい機会ですね。しっかり検証して改善していかなければいけない」と穏やかに語った。
250413takehara29 250413takehara30
250413takehara31 250413takehara32
250413takehara33 250413takehara34
 
15:30 
南あわじ市役所の危機管理室にて情報収集
 南あわじ市では、取りに来られない住民もいるだろうと、職員がブルーシートを配布してまわった。家屋の損壊は39戸と少なく施設関係はクラックがある程度だとのこと。
震災廃棄物のガレキは市営産廃処理場、家具はリサイクルセンターが請け負った。危機管理室に今まで訪ねてきた所の現状をお伝えした中で、他の市で行われているデータ管理や住民への対応等を是非取り入れたいと前向きに検討を始めてくれた。

南あわじ市では、被害が少なかったからか、震災翌日にもかかわらず海岸沿いではだんじり祭りが行われていた。
同じ淡路島で災害が起こっているという雰囲気は見受けられなかった。
自助・共助を身をもって体験し伝えてきた土地だけに、まだ市外のボランティアに対して応援要請をしていませんが、今後も現地に入りニーズを聞いていけたらと思います。

最後に今回の地震被害に遭われた方の1日も早くの復旧・復興をお祈り申し上げます。
                        ― 以 上 ― (文責:竹平元則)


徳島市市民防災指導員フォローアップ研修会で講師を担当

金山 利勝(徳島県 防災士)

         徳島市市民防災指導員フォローアップ研修会で講師を担当

 徳島市では、地域での防災活動を担う「市民防災指導員制度」を設けて活動を担う人を養成しております。(私も市民防災指導員の一員です。)

 その市民防災指導員を対象としてのフォローアップ研修会が平成25年3月16日に徳島市消防局大講堂で開催され、金山利勝防災士が講師を担当し、約70名の市民防災指導員の方に防災講話を行ないました。

講話は、「地域防災活動と防災リーダーの役割」、また、「一昨年の3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の発生時に徳島県沿岸部に発表された『大津波警報』で、私のお世話している自主防災地区での住民の避難行動と防災士としての私の活動事例の紹介」等についてお話しました。

以上の外、地域に出向いての防災出前講座や防災ワークショップは24年度には30数回を数えています。25年度も機会をいただければ地域での防災意識の啓発活動にお役に立てればと思っています。

250316kanayama1

250316kanayana2

250316kanayama3

「加古川市タウンミーティング」参加

横山 恭子(兵庫県 防災士
                                     NPO法人兵庫県防災士会
                                        (東播地域)
                 「加古川市タウンミーティング」参加 

 樽本庄一加古川市長と市民が直接対話するタウンミーティングが1月に開催され東日本大震災の被災地支援ボランティアに参加した時に感じた事や避難所の様子等を女性視点でお話しをさせて頂きました。また行政への要望として“女性防災リーダーの育成や防災教育の充実を切望した。
 その時の様子が「加古川市広報」や「神戸新聞」に紹介されました。

250305yokoyama1

☆神戸新聞には1月20日と3月5日の2回掲載され3月5日の「ひとさろん」ではボランティアを始めた経緯や今後の活動目標に付いて取材を受けた。
 地元には防災士の有資格者が多数おられるが活動されていない状況を少しでもボランティアに興味を持って頂くためにも広報活動をつうじて活動の場を提供していきたいと答えました。加古川市総合防災訓練に兵庫県防災士会が始めて参加することが決定した。微力ですが「加古川市にも防災士あり」とアピールができ東播磨地域の防災士勧誘の旗印になることを期待しています。以上 (文責:森川輝良)

シンポジウムで「生きる力」の普及の方策の報告

保田 真理(宮城県 防災士)

      東北大学災害科学国際研究所 社会連携オフィス特定プロジェクト
      『生きる力』市民運動化プロジェクト
      キックオフ・シンポジウムで「生きる力」の普及の方策の報告

250307

 平成25年3月7日(木)、大手町サンケイプラザホール(東京都千代田区)で、東北大学災害科学研究所主催による『生きる力』市民運動化プロジェクト キックオフ・シンポジウムが開催され、同研究所助手の保田真理防災士(宮城県支部副支部長)がシンポジウム第1部で、「生きる力」の普及の方策の報告を行った。

防火防災推進シンポジウムに出演

山根成紀(山口県防災士)

                  防火防災推進シンポジウムに出演

250210yamane

 平成25年2月10日、山口県光市で開催されました「防火防災推進シンポジウム」にスタッフコートを着用し、タレントのダニエル・カールさんとのトークショウに出させていただいております。

救助訓練実施報告 第4回「災害現場で調達出来るものを使って倒壊家屋より要救助者を救出する」

中島 敏雅(奈良県 防災士)

                救助訓練実施報告
 実施: 「防災士救助研究会」
◎場所: 山口県岩国市
◎日時: 平成25年2月23(土)・24(日)
250223nakajima1
◎参加メンバー:
粟田政志(兵庫県)・中原克子(兵庫県)・中島敏雅(奈良県)・白田憲光(山口県)・佐伯欽三(山口県)・熊迫仁美(鹿児島県)

使用資機材:
バール(大・中・小)/鉄パイプ/パンタグラフジャッキ/ダルマジャッキ/油圧ジャッキ/毛布/ブルーシート/ポリカーボネート波板/ ガムテープ/救助訓練用人形/ホワイトボード

◎アドバイス・評価:
消防救助隊員・医療従事者・安全衛生管理専門職員・危機管理専門職員
250223nakajima2
訓練項目:倒壊家屋からの搬出
     ①徒手搬出 ②毛布搬出 ③ブルーシート搬出 ④ポリカーボネート波板搬出
以上4種類の搬出法に関して、「どうすれば“安全に”かつ“効率的に”救出できるか」を検証しながら実施
250223nakajima3
当研究会では、ただ単に訓練を実施するのではなく、
*「どうすれば“安全に“(救助者・要救助者共に)かつ“効率的に”救出できるか」
を検証しながら実施しています。
検証によって毎回いろいろな発見があります。いずれこれらの検証結果を防災士・消防団・自主防災会の方々にお伝え出来ればと考えております。

今回は天候にも恵まれ大変有意義な訓練が実施出来ました。
参加者のみなさん、お疲れ様でした。

次回は、「はさまれ要救助者救助」の訓練を実施します。

             報告:
             防災士救助研究会・訓練進行管理担当:奈良県・中島敏雅

会員活動の報告(地域防災マスターとして、地域防災計画改訂委員会に参画)

五十嵐 正勝(北海道 防災士)
                      会員活動の報告

 石狩市では、東日本大震災を踏まえ、10年前に策定した防災計画を見直すため、平成24年3月、石狩市地域防災計画改訂委員会を発足しました。各地域の代表、各組織の代表等で構成され、その一人として、防災士(北海道地域防災マスター)としての立場で、石狩市地域防災計画改訂委員として、参画しております。昨年の4月から毎月1回の会議に参加しております。
 石狩市内は、山岳地帯、海岸(漁業、港の工業団地) 平地の住宅団地と地区により防災対策は、一様ではありません。地区別の検討会も開催しきめ細かく検討をかさねております。防災士として、自主防災会の充実、避難所運営、防火対策等について意見を述べさせていただいております。
 3月には、とりまとめをし、市防災会議へ提案をすることとなっております。

今後も市と協力し、地区の自主防災組織の充実に努めていきたいと思っております。
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 講演 訓練 コミュニティー イベント 教育 勉強会 指導 現地活動 HUG 被災地支援 総会 協定 訓練指導 女性 DIG 支部総会 研修指導 避難所 HUG 連携 女性防災士 支部会議 セミナー 自主防災組織 地区防災計画 受賞 訓練HUG 支部設立 支部活動 実技指導 法人化 避難 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR