北海道支部 講演指導した防災イベントが自治体広報誌に掲載

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 広報活動報告

《平成30年2月24日開催「Doはぐ 冬の避難所どう運営?」》
1掲載日  平成30年4月1日  広報おたる 4月号
2配布先  小樽市内全世帯  65,000世帯へ
3制作発行 小樽市役所 広報課
4開催指導 北海道防災士会 役員等6名

hokaido300401-1
スポンサーサイト

福島県支部 会報No.10・11を発行

fukushima300401-1
会報はコチラからご覧ください

<会報 No.11概要>
・ふくしま防災フェア2017
・地域 ふれあい防災体験
・女性活動推進会活動
・第9回いわさきサンシャインマラソン救護員活動
・東北復興アマチュア無線フェスティバル2018 他




fukushima291001-1
会報はコチラからご覧ください

<会報 No.10概要>
・福島県防災士会 平成29年度通常総会
・日本防災士会(本部)平成29年度通常総会開催される
・平成29年度福島県総合防災訓練に参加
・秋田県・北九州豪雨災害被災地支援について
・各地で開催される勉強会 他

徳島県支部 支部会報 第7号を発行

tokushima300401-1
支部会報はコチラからご覧ください

<徳島県支部会報第7号概要>
・中央構造線バスツアーを終えて
・地区防災計画の資料提供
・研修会の案内
・総会の日程
・役員会の動き
・ラジオ番組に出演

北海道支部 倒壊、雪の下敷となった農業ハウスの解体・撤去作業

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会  活動報告 

3月発生の異常気象災害 《過去にないこの時期の湿った降雪による被害》

1 活動日時  平成30年3月17日 ~3月24日 5日間
2 活動場所  北海道日高地方 新ひだか町(静内地区)
3 活動団体  新ひだか町社会福祉協議会が募集した「地域の住民及び高校生」
       ①地域の防災士及び地域住民  ②地域高校の生徒たち 
       ※当会の防災士(浅野勇夫氏)が町社協に呼び掛けて実現した。
4 活動内容  湿った雪の重みで倒壊、雪の下敷となった農業ハウスの解体・撤去作業
       手作業による。(除・排雪後、骨組み解体とビニールの撤去作業)
5 活動人員  延べ約 300人 5地区対象
      (※昨年、10号台風で甚大な被害時支援を受けた南富良野チームも参加)
hokaido300324-1

hokaido300324-2

hokaido300324-3 hokaido300324-4

hokaido300324-5 hokaido300324-6

千葉県北部支部 支部会報 千葉北32号を発行

chibakita300401-1
千葉北はコチラからご覧ください

<千葉北概要>
・楽しく学ぶ子供たちの防災学習
・地域防災リーダーの育成
・北部支部会員さん紙上インタビュー
・会員短信
・追悼
・北部支部の防災支援活動
・新会員紹介
・編集後記 他

長崎県支部 松原地区総合防災訓練 平成30年3月18日開催

行政との共催で防災訓練
 今年度で4年目となる防災・減災訓練。行政と防災士会長崎県支部と計画立案し、長崎県ボランティア振興基金の審査を受け(助成金の支援)開催。訓練内容は、行政の防災担当者から旭支部長が要望等を基に立案。地域特性を考慮して、その地区に合わせた研修会実施。今年は大村市で開催。各市3会場で市民が参加しやすい時間で多くの参加者を募る。
 今回開催の大村市及び地区住民からの礼状・地区だより添付します。
(報告 長崎県支部事務局 川浪 良次)

nagasaki300318-1 nagasaki300318-2

nagasaki300318-3 nagasaki300318-4
nagasaki300318-5nagasaki300318-6
             大村市防災研修会30.3.18
            チラシはコチラからご覧ください
nagasaki300318-7 nagasaki300318-8
大村市松原安心安全だより 大村市研修会礼状
安心安全だよりはコチラからご覧ください
研修会礼状はコチラからご覧ください

千葉県北部支部 3/24(土) 千葉県立中央博物館体験イベント(千葉県千葉市)

平成30年3月24日(土)、千葉県千葉市、千葉県立中央博物館にて体験イベントが行われ、千葉県北部支部およびBCNが地震体験と〇×クイズの一部を担当しました。
県立中央博物館は大変大きな施設で、様々なイベントが行われていますが、今回はこどもを対象とした「春の季節展関連体験イベント」で、チーバくんと一緒に地震体験や防災クイズを行い、防災について考えてみようという試みです。
イベント開始のときはぽつりぽつりという人の流れでしたが、アナウンスされていたチーバくんがくる時間にはたくさんのこどもや大人が集まり、登場時間にみんなでチーバくんを呼ぶとダッシュでチーバくんが現れました。正直あんなダッシュが出来るいきものだとは思いませんでした。
まずは防災士による地震体験の説明があり、チーバくんが体験します。軽快に階段を上がり震度7にも耐えましたが、地震の説明はしたものの、こども達はチーバくんがどうなってしまうのか興味津々というイメージでした。
午後は「防災クイズ大会withチーバくん」が行われ、〇×クイズ形式で、正解はチーバくんが行い、5問中3問は防災士が解説を行いました。その後は防災ダックでこども達は元気に身体を動かしながら防災を学んでいました。
博物館でのイベントは初めてでしたが、計画や準備が入念に行われ、目的に沿ったイベントをされている印象でした。このようなイベントに参加させていただき大変ありがたく、またこども達へ防災を考えてもらう良いきっかけになったのではないかと思います。

日時:平成30年3月24日(土)
場所:千葉県立中央博物館
参加:一般約250名
スタッフ:5名
内容:起震車、防災クイズ、withチーバくん

chibakita300324-1

chibakita300324-2

chibakita300324-3

chibakita300324-4

chibakita300324-5

福島県支部 中テレ祭り参加の報告

平成30年3月24日(土)・25日(日)の二日間に渡り、福島中央テレビの主催による『2018中テレ祭り』がビックパレットふくしま(郡山市)においてね開催されました。来場者は2日間で約3万人になりました。
当会は、JA共済連 福島様のブースの1つをお借りして、『地震ゾーン』を運営いたしました。『地震ゾーン』では、「シェイクアウト訓練」と、身近なもので防災グッツを作りとしてビニール袋ベストの体験を行いました。
この他には、郡山広域消防本部の『火災ゾーン』や福島地方気象台の『水害ゾーン』もあり、充実したブースでした。JA共済連からは、『防災戦隊ボウサイザー』も参加して各ゾーンには,800人を超える参加者があり、大いに賑わいました。
福島県防災士会からは、24日(土)6名、25日(日)6名、延べ12人の会員が参加しました。ありがとうございました。
今後も、地元のいろいろな団体や法人と協力・連携して、防災・減災の啓発活動に取り組んで行きます。

fukushima300324-1
シェイクアウト訓練

fukushima300324-2
ビニール袋ベスト体験

fukushima300324-3
ボウサイザーと325に参加したメンバー

北海道支部 会員体験学習会

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告

開催日時 平成30年3月17日 (土) 13:30~15:00
開催場所 野幌公民館 2階 江別市野幌13-6
主催団体 江別グリーンライオンズクラブ
     (災害時の対応・普段からの準備などを学ぶ)
体験参加 防災に興味のある子供達の他、地域の防災関係者など 20名
活動指導 北海道防災士会  前田博文(役員) 
     江別グリーンライオンズクラブ会員

hokaido300317-1

沖縄県支部 西原町教育委員会等による防災講座において防災講話の実施

「支えあう街づくり」
~いつ起こるか分からない災害に備えよう~

 平成30年3月17日(土) 午後1時から午後5時の間、西原町立南小学校ミーティングルームにおいて、西原町教育委員会および西原町地域ぐるみ学力向上推進協議会の共催で、「防災講演会」(33人参加)「炊き出し実習」(子供会40人参加)が行われました。
 日本防災士会沖縄県支部からは、新城格支部長、新垣博也副支部長および新垣すみえ事務局長が参加しました。 
【講話の概要】~新城格防災士会沖縄県支部長が西原町に特化した防災講話実施。
〇西原町では、多くの災害リスクがあり、中でも大雨による川の氾濫、台風、地震、津波、土砂災害、石油備蓄基地(元南西石油)から派生する事故、航空機事故等
〇防災~「地域を知る。去の災害、これからの災害を知る。自分自身を知る。ことから始まる。
〇防災の基本~自助、共助、公助 特に災害時には自助が原則。
〇自主防災会の必要性  〇自主防災会活動と課題 〇自主防災会の防災訓練
〇大規模災害の教訓から 〇防災は女性の視点で 〇県内各地では、有感・無感の地震が頻発している。 〇「津波てんでんこ」と「割り切れない人倫の問題」。  〇日頃からの備え~無理をしない。経済的にできることから。ロジスティック的な家庭の備蓄。
〇防災活動は、防犯活動であり福祉活動でもある。等の内容で講話を行いました。

防災講話の後、副支部長と事務局長で、防災グッズの紹介や避難所で緊急に使用するスリッパを新聞紙で作る要領を伝授する等、防災意識を高めました。

その後、西原町子供会では父兄の支援を得て、御菓子「じゃがりこ」に水を入れてサラダを作り、「乾パン」を潰してきな粉団子を作ったり、水で麵をふやかしたり、切り干し大根を水につけての料理、アルファー米を使ってお湯を入れ、ふりかけと混ぜて美味しいご飯作りなど災害時の「飽きない食事作り方」等について、実習が行われました。

okinawa300317-1 okinawa300317-2

okinawa300317-3 okinawa300317-4

okinawa300317-5 okinawa300317-6

okinawa300317-7
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 コミュニティー 研修 イベント 講演 教育 訓練 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 協定 訓練指導 支部総会 DIG 支部会議 被災地支援 研修指導 自主防災組織 セミナー HUG 連携 支部設立 女性 避難所 女性防災士 支部活動 受賞 訓練HUG 法人化 実技指導 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR