東京都港区支部 秋の地域活動 2016みなと区民まつりなど

 東京都港区支部では、秋に集中的に地域活動を展開しています。

①港区を7カ所に分けた形での港区主催の「総合防災訓練」への参加…
 9:00発災を想定し、その後は会町会ごとに指定の小中学校に駆けつけて各種訓練に
 参加したり、 啓蒙ブースを回ったりして11:00までを楽しく真剣に過ごす姿が見受けら
 れます。
 9月17日(土)のお台場学園での開催を皮切りに、11月13日(日)の六本木中学校と港
 南中学校での練まで7カ所で開催されます。
 港区支部のブースでは、防災士の活動説明や、区が作成したハザードマップの読み
 方の説明や対策の助言をし、防災備蓄品を配布しています。
 期間中の7会場では、延べ35名の支部会員が参加します。

②2日間で20万人を動員する「みなと区民まつり」への参加…
 10月8・9日(土日)、芝公園一帯で例年通り「みなと区民まつり」が開催されました。
 あいにくの強い雨模様で出足が心配されましたが、多くの家族連れで賑わいました。
 朝10:00から夕方5:00までの長時間を楽しく過ごし、日曜日の昼過ぎにはこれまた恒
 例のパレードが増上寺の前を元気よく行進しました。
 港区支部のブースでは、防災士活動の説明とハザードマップの説明に加え、「あなた
 がやっている防災・減災アイデア募集!」というタイトルで、区民皆さんの実行してい
 る防災・減災行動を教えてもらいました。250枚のアイデアカードをブースの壁面に貼
 り付けることができました。
 記念に配布した防災備品の数からブースを訪れた区民の皆さんの数は約500人。そ
 の半数の方々にメモを書いて貰いました。
 【区民の皆さんの防災・減災行動】アイデアメモから・・・
 ・家具の固定や備蓄の推進はかなり進んでいます。
 ・家のご近所と災害時の行動や連絡方法を話し合っています。
 ・家族人数分の備蓄品を入れたリュックを用意しています。
 ・震災後は、ガス栓を閉め、電気のブレーカーを落とします。
 ・寝室には、スニーカーとヘルメットとライトを準備してます。
 ・アパートは80歳以上が多いので、体力を鍛えてます。

minato281010-1
スポンサーサイト

東京都港区支部 みなと区民まつりに参加

 10月10日(土)~11日(日)、港区芝公園一帯で第34回『みなと区民まつり』が開催され、東京都港区支部も3年連続して参加してきました。
増上寺脇の参道に展開されたブースでは、2日間延べ12人の支部会員がおよそ500組の区民の皆さんに、「防災士の活動とは?」「港区が作成したハザードマップの読み方」「災対備品の準備」をテーマに丁寧にお話をしてまいりました。
概して、各家庭では水や食料の備蓄はかなり広まってきているものの、災害トイレや消化弾・たためるヘルメット・災害用ヒーター・水のいらないシャンプー等に強い興味を持たれ、いよいよ本格的な準備段階に進んできたという感じがしました。
<写真はブース前で区民の皆さんとお話する支部会員>

 この「区民まつり」以外に、秋の活動として『港区主催の地域別総合防災訓練』=合計で各地の小中学校延べ7カ所=にも参加し、「区民まつり」同様の啓蒙活動や、訓練そのものにも参加するような活動を実施しています。10月3日(土)から11月8日(日)まで。

 区内の事業所「森ビル㈱」から提供された備蓄食料品(賞味期限が6ケ月猶予あるもの)をお話しした皆さんに説明しながら一包ずつ配布しており、好評を博しています。

minato271011-1

東京都港区支部 区民対象の防災減災啓蒙活動

区民対象の防災減災啓蒙活動


minato261011
「みなと区民まつり」港区芝公園

 10月から11月にかけて、区民対象の防災減災啓蒙活動を展開しています。
①10月11・12日(土日) 港区芝公園一帯で開催された「みなと区民まつり」
②10月4日(土)・26日(日)・11月9日(日)に開催の港区主催の「総合防災訓練」

 平成26年10月11日・12日(土日)の両日、港区芝公園一帯で開催された「第33回みなと区民まつり」に昨年に引き続いて参加してまいりました。
 絶好の天候にも恵まれた両日、会場全体では20数万人の来場者が訪れ、当港区支部のブースにも準備した無料配布物500個がなくなるほどの盛況でした。
 自宅の転倒落下移動防止措置の重要性をポスターや器具の現物を展示して説明し、同時に一人用3日分の食糧など備蓄品セットも併せて展示説明し、減災や災害対策を区民の皆さんに説明してまいりました。皆さんの備蓄は食糧や飲料水はかなり進んできているものの、断水時に必要になる簡易トイレや大便処理剤の準備はこれからというケースが目立ちました。
このまつりの協賛企業でもある森ビル株式会社からレトルトの保存食の提供を受け、ブースに来場された皆さんに配布して好評を得ました。

港区支部 みなと区民まつりで防災備品の展示

              みなと区民まつりで防災備品の展示

 10月12日(土)・13日(日)の両日、東京都港区の芝公園一帯を会場として「みなと区民まつり」が開催されました。
区内の財団が主催するもので、ボランティア団体や商店街、個々の同好サークルなど400団体が参加し、中央ステージでは歌やダンスのイベントも開催されました。
 両日とも10月とは思えない暑いくらいの好天に恵まれ、およそ30万人ほどの人手があったと聞いています。わが港区支部では、昨年度結成後の初めての大掛かりなイベントで、『区民の皆さん、災害に向けた準備はできてますか?』をテーマに防災備品の4人標準家族の最低3日分の<水・食糧・簡易トイレ>の現物ををテーブルに積み上げ、区民の皆さんの防災意識の高揚に努めました。
 配布品のなくなり方から推測すると、およそ400組の区民の皆さんとフェイス・ツー・フェイスでお話ができ、当初の主旨は達成できたと確信しています。思っていたより各家庭の備蓄は進んでいましたが、“そうねー良く考えればトイレも大事よねー”という声が多く、備蓄の充実に向かっていただける思います。
 港区の武井雅昭区長や区の防災課とも今回の初参加を宣言し、会期中の現場にも視察していただき相互に補完しながら進めました。今後も草の根運動を一層進め、区内各地で開催される「秋の総合防災訓練」にも積極的に参画していきます。

東京都港区支部支部長 三戸谷 二朗

minato251012-1
 港区支部ブース

minato251012-2
 まつり本部周辺
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 講演 教育 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 支部総会 訓練指導 DIG 協定 自主防災組織 女性 総会 HUG 受賞 法人化 避難所 連携 実技指導 セミナー 被災地支援 研修指導 支部活動 支部会議 女性防災士 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR