fc2ブログ

長崎県支部 『「気候変動」と「防災・減災」』講話報告

11月27日(土曜日)、「2021年度長崎県地球温暖化防止推進員(長崎市・西彼地区)研修」が長崎市立図書館・興善町メモリアルホールにて開催されました。

最初に長崎県温暖化防止活動推進センターの事業紹介が行われ、次に各エリアの推進員の活動発表と意見交換、最後に『「気候変動」と「防災・減災」』について約30分の渋谷防災士の講話という流れでした。
ちなみに私と渋谷防災士は、長崎県と佐世保市の地球温暖化防止活動推進員でもあります。

今回は、渋谷防災士に「地球温暖化と防災について」講話オファーがあり長崎市へ赴きました。なお、私はオブザーバー参加です。

COP26が先般開催されたこともあり、ニュースや新聞など報道でも取り上げられることが多く、タイムリーな研修内容でした。
いまの地球は「気候変動」から「気候危機」へと呼ばざるを得ない状況であること、またあらゆる情報を収集し、精査して、それぞれが正しい情報を発信していくスキルを磨くことが大切さを伝える講話でした。

講話後には質問が多数あり、皆さんが防災についても興味があるという事がよく解りました。

防災士資格についても話したため受験者が増加し、長崎県支部の会員も増えることを大いに期待しています。

【報告書作成:長崎県支部 防災士 直木 隆一郎】

nagasaki031127-1

nagasaki031127-2

長崎県支部 「地域防災力充実強化大会 in長崎 2021」参加報告レポート

11月20日(土)、島原復興アリーナ(島原市平成町)にて「地域防災力充実強化大会 in長崎 2021」が開催されました。
消防庁や長崎県・島原市・公益財団法人 長崎県消防協会が主催し、地域の消防団や自主防災組織などとの連携強化を目的としています。

消防団員など43名の尊い生命を犠牲にした雲仙・普賢岳大火砕流から30年の節目を迎えた島原市が開催地として選ばれたことには、長崎県民として感慨深いものがあります。

長崎県支部からも防災士が多数参加し、多くの学びと刺激を受けることができました。
参加した佐用防災士からの報告レポートをご紹介いたします。

報告レポート作成:佐用司防災士
(※下のPDFをご覧ください。)

◯長崎新聞(2021.11.21)
「島原で地域の防災力強化に向けた全国大会 消防団や行政の連携が必要」
https://nordot.app/834967351094312960?c=174761113988793844
                    【レポート作成:女性局長 渋谷加奈】

基調講演は、北園芳人氏(熊本大学名誉教授・熊本県支部及び九州ブロック支部連絡協議会顧問)
nagasaki031120b-1

nagasaki031120b-2

nagasaki031120b-3

nagasaki031120b-4

nagasaki031120b-5
報告レポート(pdf)はコチラからご覧ください
 

長崎県支部「創立10周年記念式典及び記念セミナー」開催報告

 11月3日(水)長崎県庁大会議室で「創立10周年記念式典及び記念セミナー」を開催。昨年より開催に向け準備していましたが、コロナ禍で当初予定6月開催予定は延期、会場調整の結果この日で決定しました。開催延期後もコロナ感染症第5波で、感染者数の推移を注視しながら10月開催決定、1か月の期間で支部内はもとより、「記念セミナー及びシンポジウム」共催の長崎県危機管理課との打ち合わせ等の慌ただしい日々でした。
 来賓の方は支部創立以降ご支援いただきました皆さんにご臨席頂きました。支部創立に絶大なるご支援いただきました顧問高橋和夫様、当時の危機管理課長で顧問の吉田慎一様、国土交通省長崎河川事務所、長崎地方気象台、日本赤十字長崎県支部、長崎県社会福祉協議会、諫早市役所、長崎県危機管理課、日本防災士会、九州ブロック支部連絡協議会各県支部役員の多くの皆さんです。
 式典は2部構成で、第1部はは支部創立10周年記念式典。支部10年の歩み動画の放映をバック映像に、旭芳郎支部長の式辞で開幕しました。来賓祝辞として九州ブロック支部連絡協議会会長の吉水康夫様(鹿児島県支部長)、長崎大学名誉教授・工学博士で長崎県支部顧問の高橋和夫様、日本防災士会理事長・兵庫県立大学教育研究センター長の室﨑益輝様の皆さんより心温まるご挨拶を頂きました。
 その後、旭支部長より支部役員紹介、役員は式典壇上前に整列し来場の皆さんに挨拶させてもらいました。
 第2部は、室﨑益輝理事長様による基調講演「地区防災計画について」1時間30分、熱く語りかけていただきまして、来場の皆さん地区防災計画の重要性を熱心に聞き入っておられました。
 その後パネルディスカッション「地区防災計画について」、パネリストは高橋和夫様、室﨑益輝様、長崎県危機管理課長・近藤和彦様、コーディネーターは旭支部長。まずパネリストの皆さんの現在取り組み研究テーマ、地区防災が深まらない課題について、そして今後のその解決策等について1時間20分ほど討論していただきました。
お陰様で共催の長崎県危機管理課の皆さんご支援、支部会員役割分担ですべてのプログラムを終了しました。
 最後に支部の10年の歩みにつきましてご報告させていただきます。2011年2月に20数名で準備委員会を開催。東日本大震災発災の10日後の3月21日、32名で日本防災士会38番目の長崎県支部として発足しました。東日本大震災では、旭支部長が団長で宮城県南三陸町に発災後数か月より5回島原市から「雲仙普賢岳噴火災害ご恩返し号」としてボランティアバスを派遣。私も3回目に参加させてもらいましたが、その際島原市の皆さんの支援活動には感銘を受け、現在の活動に繋がっています。翌年1月28日全国で2番目に発足しました「九州ブロック支部連絡協議会」記念イベントとして島原ボランティア協議会との共催で「災害ボランティア推進大会」を島原市で開催。「東日本大震災での被災経験」について東北大学災害研究センターの保田真理様(現本部役員)の基調講演。日頃の避難準備や防災教育の重要性について語りかけてもらいました。この大会により「九州ブロック支部連絡協議会」は顔の見える関係を構築し、毎年開催の研修会。熊本地震の支援活動にも「九州はひとつ」として深い絆で繋がっています。
 2012年東日本大震災「釜石の軌跡」で防災教育の重要性が認識され、文部省のモデル事業として東彼杵町・松浦市の小中学校で実施。この事業に関わったのは、県教育庁から相談を受けられた国交省の防災教育の第一人者の方より、「民間人の立場で防災士をメンバーに」とのご支援で参画。メンバーは国交省・気象台・県砂防課・防災士会と県教育庁。上記の行政区の全小中学校に配置するメンバー編成。防災マニュアルの見直し・避難訓練・防災講和等を実施。3ケ月ほどにわたる期間で関係団体と関係が深まり、後の長崎地方気象台での「防災士のための気象講座」は7年続く皆楽しみで多くの参加を得る研修会です。
 支部発足当時より関係機関との連携を図り、県・各市の防災訓練、自主防災組織研修会、若手教職員防災研修会、教育機関の防災研修会、防災推進員養成講座等、今後も更なる推進に努め、地域防災力向上の一翼を担える支部として「新たなる10年へのスタート」したいと思います。
 支部創立よりご厚情ご支援に頂きました、各県支部・日本防災士機構・日本防災士会の皆様に感謝と御礼申し上げ、「支部創立10周年記念式典及び防災セミナー」の開催のご報告の挨拶とさせていただきます。
【報告書作成 : 長崎県支部事務局長 川浪 良次】

nagasaki031103-1

nagasaki031103-2

nagasaki031103-3

長崎県支部 島原市防災訓練参加報告

平成3年6月の雲仙普賢岳噴火災害から30年。島原市では現在古川隆三郎市長の「日本一の防災街づくり」宣言のもと、防災に強い街づくりに取り組んでおられます。その一環として100%組織の自主防災組織活性化に取組中です。長崎県支部も地元在住の旭支部長もと、会員の皆さんと関係団体と連携して、支援活動に取り組んでいただいています。11月7日に開催されました訓練報告を松本久仁子さんに報告書を作成していただきました。

11月7日 大地震を想定した避難訓練が市内3か所に分かれ開催され、私は、白山地区の島原第2中学校で参加しました。
近隣住民の方、生徒さんたちが集まり、自衛隊隊員の方からの話を聞いたり、消防士による人工呼吸訓練、市役所の方から段ボールベッドの使用について話を聞入れおられました。

 私は防災士ブースにて防災持ち出し品についての説明を行いました、その中で今の防災食の種類の多さに驚き、停電など電化製品が使えない時に、水だけで食事がとれるフリーズドライの事を説明すると「何日分用意あればいいのですか?」「どこで売ってるのですか?」等の質問が多かったと思います。

また、羊羹も展示していたところ、「なんで羊羹ですか?」と聞かれることもあり、避難時の高カロリー食はメンタル面でも有効だと話すと強く頷かれる場面もありました。

最後に旭支部長の講話を聴いていただき、
避難・防災訓練はなせやるの? 何のために?
誰のために?というお話しの中で改めて、自分に何ができるのかなど自分自身もっと勉強しないといけないと考えました。
【報告書作成 : 松本 久仁子】


nagasaki031107-1

nagasaki031107-2

長崎県支部 「佐世保市災害ボランティアネットワーク連絡協議会」オンライン会議に初参加

災害時、ボランティア支援活動を行う関係機関や団体で構成された「佐世保市災害ボランティアネットワーク連絡協議会」に、本年7月より長崎県支部も加入させていただくこととなりました。

11月1日(月曜日)、はじめて会議に参加し、オンライン開催ではありましたが、関係機関や他団体の皆様と顔合わせをすることができました。
日頃から関係者同士でコミュニケーションを図ることは、当協議会の目的のひとつでもあり、防災士としての活動を円滑に行うためにも、必要不可欠なことです。
地域での草の根活動を円滑に行えるよう、縦と横の繋がりをそれぞれ持つことは、災害時にもきっと活かすことのできるスキルになると思います。

また今回の会議では、当支部の旭支部長による「災害時に備えた平常時の取り組み」と題した講話も行われました。
ボランティアセンター立ち上げにまつわる支部長の実体験はとても興味深く、耳を傾けました。
各地での成功事例も参考になりますが、うまく行かなかった事例は考えさせられることも多く、その原因を再検証し、見直すことに意味があるように感じました。

コロナ禍でボランティア活動にも知恵と工夫が求められるため、たくさんの事例を知識として蓄積し、自分のものとして活用できるように努めたいと思います。


◯「佐世保市災害ボランティアネットワーク連絡協議会」について
http://www.sasebo-shakyo.or.jp/v_disaster/

報告書作成 : 渋谷加奈(長崎県支部女性推進局長・幹事)

nagasaki031101-1

nagasaki031101-2

nagasaki031101-3

長崎県支部 令和3年度防災功労者 防災大臣表彰決定

 長崎県支部幹事で雲仙岳災害記念館館長の杉本 伸一 さんが、防災功労者として防災担当大臣表彰が決定しました。今年度の受賞は個人では全国で8人です。
 杉本 伸一 さんは、雲仙・普賢岳の噴火災害当時、島原市の職員として噴火災害で被災されて方々の避難所支援等で被災者対応に当たられました。
 その経験を生かし2009年からは、内閣府の火山防災エキスパートとして、全国で防災について講演、自治体の避難訓練などへの助言を行われています。
また2014年から2020年3月まで「ジオパーク支援」で岩手県に派遣されていました。その間2016年9月の「御嶽山噴火災害」では、自治体が住民の立ち入りを制限する警戒区域設定等の作業にも関わられています。
 このような永年の幅広い活動を通して、防災意識の向上に貢献されことが、今回の受賞となりました。防災大臣表彰は2016年の旭芳郎支部長、今年の杉本伸一幹事と長崎県支部の名誉です。
報告書作成 : 長崎県支部事務局 川浪良次

長崎県支部 支部会員「リモート研修」報告

例年、防災週間に合わせ県内各地で防災に関するイベントや訓練が開催されていましたが、
県下に長崎県緊急事態宣言・まん延防止等重点措置が発令されていることもあり、残念ながらほとんどが中止となりました。

8月の豪雨災害では、県内でも土砂災害などが発生してはいるものの、県内の災害であってもこれまでのように災害復旧支援へ行くことすらままならないのが現状です。

長崎県支部では、昨年度より会員同志のコミュニケーションや情報交換などを目的に、積極的にリモートやSNSを取り入れています。
9月5日(日)は、初めてリモートによる研修を実施し、約20名の会員が参加しました。

川浪事務局長による「大雨・台風時の避難と備え」についての研修では、気象庁や国土交通省が発表している情報をいかに活用するか、について過去の事例をもとに詳しく解説いただきました。
昨今、注目を浴びはじめた『非常持出袋』についての質問もなされ、マニュアル通りではなく、各ご家庭の状況に沿った備えが必要であることを改めて知りました。
具体的な用途・災害の種類や季節などを想定した“事前準備の必要性”を踏まえ『我が家の非常持出袋』を各世帯でご用意いただくために、防災士として伝え方に工夫が必要であることも新たな課題として認識できました。

ふたつ目の研修は、旭支部長による『被災地支援と災害ボランティア「現地活動に学ぶ地区防災」』。これまで30年にわたり、全国の被災地をボランティアとして訪れ、活動を行ってきた貴重な実体験に基づく内容は、成功事例も結果的には失敗事例であっても、興味深く、新聞記事などでは得ることのできない情報共有となりました。
活発な意見交換をし、それぞれの経験や考え方をインターネットを介して知ることができ、とても有意義な研修会となりました。

防災士の資格は所有していても、被災地へ赴くことができる機会は、そう多くないのが現状です。今回のような被災地での事例に数多く触れることができたおかげで、想定の幅が広がり、奥行きを持たせることができるように感じました。
防災士として、被災地で活動することだけに決して執着せず、被災地での経験を整理し、検証し、共有することで、学ぶこともできるのではないでしょうか。

それぞれの防災士が持つ得意分野や経験を発揮できるような、風通しの良い長崎県支部の実現にまた一歩近づけているような、記念すべき第1回目のリモート研修となりました。
【報告書作成 : 渋谷 香奈(長崎県支部幹事・女性局長)】

nagasaki030905-1

nagasaki030905-2

nagasaki030906-3

長崎県支部 ケーブルテレビ「テレビ佐世保」収録報告

このたび県北・佐世保市にあるケーブルテレビ「テレビ佐世保」より、8月30日から9月5日までの『防災週間』にあわせ企画した防災についての特集番組への協力依頼をいただきました。

8月22日(日)、収録には直木防災士が参加し、『防災まち歩き』のスタイルで避難行動についての解説や注意喚起を以下の4点をポイントに行いました。

◆内水氾濫とは?
◆家族や地域で「避難スイッチ」を決めよう
◆「セカンドベスト」も決めておこう
◆避難行動は「素振り」でも続けることに意味がある。

<直木防災士の感想>
今回の収録では、頭の中では色々と考えてはいたものの、わかりやすい言葉で伝えることの難しさを感じました。できるならば市内各地の自主防災組織の中へ入り、DIG(災害図上訓練)やHUG(避難所運営ゲーム)などを通して、地域の方の防災・減災についての理解を深める必要があると思いました。

佐世保市の人口は、約25万人。
山間部や離島など、地域特有の地形や危険箇所はさまざまです。
行政の情報発信をただ待つだけでは、これからの災害に立ち向かうことはできません。
「地区防災計画」が「生きた計画」として市民の皆さんに活用してもらえるよう、広報活動にも力を入れていこう、と改めて感じました。

全国各地で起きている災害のニュースを“自分ごと”として、多くの方に捉え・考えてもらえるような情報発信の工夫も私たち防災士の役目であることを「防災の日」を前に長崎県支部の課題として、提案することといたします。

最後になりましたが、行方不明者の皆様の早期発見と被災地の一日も早い復興をご祈念申し上げます。
(報告書作成長崎県支部女性局長 : 渋谷 香奈)

nagasaki030822-1

nagasaki030822-2

nagasaki030822-3
写真 避難経路についての打ち合わせ、佐世保川の危機管理型水位計、収録中の直木防災士

長崎県支部 令和3年度 全国高校生体験活動顕彰制度「地域探求プログラム」

 国立諫早青少年自然の家よりの依頼で、標記の高校生の研修会にお招きいただいた。高校生が地域づくりや課題解決などに関する体験活動。
 7月22・23日、27・28日の各2日。私どもに与えられたテーマは、「災害と避難所生活」で22日と27日が避難所運営(HUG)。旭支部長の講義の下、高校生はほとんどが初めての体験だったが、熱心に取り組んでもらった。いろんな発想で日頃とは異なる新鮮な機会でした。宿泊は研修室の板張りで雑魚寝。翌日宿泊の感想を聞くと、皆一様に腰が痛い。それもいい経験、今後避難所で過ごさなければならないとき、この経験が活かされると確信しました。
 二日目は与えられたテーマについて高校生の発表、疑問点についての回答及びコメントを求められました。28日は、高校生が段ボールを使った快適な寝具作成。段ボールを組み合わせたベット、強度を確認しながら試行錯誤。温度変化にも配慮した寝具、温度測定も頻繁に実施。衝撃クッションを使った段ボール枕、枕は形状が異なる3種を作成し、仲間で快適さ確認。さすが好奇心旺盛な高校生。旭支部長からも高校生に「避難所運営で何ができますか」と問いかけた。高校生からは、情報発信・子供との遊びほか様々な意見が出された。
若い力が、地域防災の貴重な戦力として、地域の活性化に繋がると思います。
                       報告書作成 : 長崎県支部事務局 川浪良次

nagasaki030722-1 nagasaki030722-2 nagasaki030722-3
   【受講の様子 7月22日】  【受講生の発表】      【専門職員 解説】

nagasaki030722-4 nagasaki030722-5 nagasaki030722-6
   【フィルドワーク】     【受講の様子 7月27日】  【避難所運 営ゲームの様子】

nagasaki030722-7 nagasaki030722-8
   【段ボール枕体験】   【段ボールベット作成】

nagasaki030722-9 nagasaki030722-10 nagasaki030722-11
全国高校生体験活動顕彰制度「地域探究プログラム」について
 資料(pdf)はコチラからご覧ください
全国高校生体験活動顕彰制度
 資料(pdf)はコチラからご覧ください
研修科目 抜粋
 資料(pdf)はコチラからご覧ください

長崎県支部 第12回諫早大水害を語り継ぐ 7月17日(土)開催

 1957年(昭和32年)7月25日発生の「諫早大水害」では、死者行方不明者が539名(本明川流域)、忘れてはいけない災害である。しかしながら災害から60年以上経過し、市民の災害への関心は低くまた、その災害を経験された方も高齢となり、「災害の継承」が課題となってきた。この会はそのような思いを持つ有志で実行委員会を形成し、7月25日前の土曜日に毎年開催。防災士会もメンバーとして参加。
 今年は、コロナ禍で三密の回避及び空調に配慮し、参加人数150人と開催時間を1時間程で実施。開催内容は、体験者談(二人による対談形式で)、新たなる自主防災組織の取組み紹介。体験談は当日の状況、その時の待避行動等についての話。経験された人しか語れないことを聞け、防災士にいい機会となった。自主防災組織の新たな取り組みは、大雨時いかに住民を安全に素早く避難させるか、組織的に効率よく動く体制づくり、併せて避難所となる中学校の体育館の鍵を自治会長が持ち、自らの判断で開錠できる。行政への連絡は電話で可能。地域の実情を熟知する自治会の判断とマスコミでも取り上げられている。(詳細は案内チラシご確認をお願いします)
 コロナ禍で入場制限した関係上、この会はYouTubeで8月末まで配信中です。動画は当支部の渋谷女性局長(幹事兼務)、直木防災士作成によるものです。多くの皆さんに視聴頂きましたら幸いです。下記でお願いします。
  「第12回 諫早大水害を語り継ぐ」〜7月25日を忘れない〜 - YouTube www.youtube.com/watch
報告書作成 : 長崎県支部事務局 川浪良次
 
nagasaki030717-1
【諫早大水害 体験談】

nagasaki030717-2 
【諫早大水害を語り継ぐ 自主防災組織の取組み】
 
nagasaki030717-3
案内チラシ

プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 講演 訓練 イベント コミュニティー 教育 勉強会 指導 HUG 現地活動 協定 被災地支援 総会 訓練指導 連携 女性 研修指導 支部総会 DIG 避難所 HUG 支部会議 受賞 セミナー 支部設立 女性防災士 訓練HUG 自主防災組織 地区防災計画 支部活動 実技指導 法人化 避難 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR