FC2ブログ

東京都支部 台中市(台湾)から日本の防災視察使節団来日

 3月5日(月)・6日(火)の両日、台中市(台湾)から「日本の防災」を視察に来た使節団への対応を行いました。
 今回、来日の一番の目的は、台中市に防災リーダーの認証制度を作り、地域の防災リーダーを育成するための仕組みについて学ぶことでした。
 従いまして、訪問先には、「日本防災士機構」「東京都臨海広域防災講演(そなエリア)」「東京都庁」予定にはありませんでしたが、東京都支部の会長で都議の早坂さんのご厚意により「東京都議会場」の見学をさせていただきました。
 5日の夜は、六本木(柿の木)で日本防災士技術支援チームのメンバー主催で懇親会を開催しました。通訳を介しての酒宴でしたが、思いのほか意気投合し楽しい時間を過ごしました。
 台中市では、防災リーダーの認証制度と地域の防災リーダーを育成するための仕組みづくりが具体的に進行していて、日本からの協力要請の話も出ました。
 台湾からは、東日本大震災が発生したとき非常に暖かい支援をいただきましたが、その前後にも災害が起こるたびに支援していただいております。また、台湾で災害が発生したときには、日本からも支援を行っています。両国は災害が起こるたびに支援しあっている関係です。
 日本の防災士は台湾で災害が発生した時、支援に行くことはなかなか困難ですが、災害発生前にできる支援があればぜひ協力したいと考えています。
活動報告者(松井正雄)

tokyo300425-3 tokyo300425-4
東京都臨海広域防災講演(そなエリア)  東京都議会場

東京都支部 公益財団法人 東京都公園協会が「防災てぬぐい」を作成 東京都支部が監修を行いました

公益財団法人 東京都公園協会が「防災てぬぐい」を作成するにあたり、東京都支部が監修を担当いたしました。出来上がった「防災てぬぐい」は、都内で防災活動を行う際に、防災啓発活動の一環として東京都支部でも配布いたします。
活動報告者(東京都支部 松井正雄)

tokyo300425-2

東京都支部 「東京くらし防災」配布協力団体に登録しました

東京都が、平成30年3月1日に配布を開始ました。
東京都支部は「東京くらし防災」を配布する協力団として登録し、東京都支部が都内で行う防災啓発活動などの機会を利用して「東京くらし防災」を配し、都民の防災意識向上に努めて行きます。
活動報告者(東京都支部 松井正雄)

tokyo300425-1

東京都支部 小田急箱根ホールディングス株式会社で防災講話を実施

東京都支部    
支部長 松井 正雄

 日時:平成30年1月30日(火)16:30~17:30
 場所:小田急箱根ビル
 主催:小田急箱根ホールディングス株式会社
 参加者:43名
 講師:松井 正雄
 防災士:3名(正谷 絵美・谷 正美・中村 利孝)

 小田急箱根ホールディングス株式会社は、小田急グループの箱根エリアに関する事業を統括し、観光地箱根の防災・減災に積極的に取り組む会社です。
 今回のテーマーは、「箱根で想定される課題と対策(地震)」で、16:30から1時間という依頼でしたが、14:00からip無線機を使用して関連会社7社と災害対策本部を立ち上げて演習を行うとのことでしたので、14:00からの訓練を見学させていただくことにしました。
箱根と小田原間をip無線機でつなぎ、状況報告や事案対応、現場への指示、確認など真剣な取り組みを拝見させていただきました。
 16:30からの講話についても、時間前に熊本地震の教訓を取りまとめたDVDを見てから講話に臨むという念の入れようで、小田急箱根ホールディングス株式会社及びグループ会社の安全への意識の高さを感じ取ることができました。
 講話の内容は、主題に、「箱根で想定される課題と対策」というテーマーを頂いておりましたので、導入部分で、「過去の災害の教訓」と題し、災害をイメージして、気づき、行動することの大切さを、次に主題となる、「箱根で想定される課題と対策」では、同社で作成された冊子 「防災の心がまえ」 の本文から(お客さまを)自宅まで安心・安全に帰宅していただくことが私たちの使命です。の文章を取り上げて、使命を達成するために必要なこと、やらなければならないことなどについてお話させていただきました。
 結びに、講師からのメッセージということで、防災を学ぶ目的、命を守る秘訣、意思決定の基準など、主題の項目に取り上げられなかった項目をいくつかお話させていただきました。
 皆さん終始真剣に聞いていただきましたが、多少なりとも観光に訪れるお客さまの安全を守ることの参考になれば幸いと思う次第です。
 箱根は、風光明媚で都心からのアクセスもよく国内外から年間約2,000万人の観光客が訪れます。小田急箱根ホールディングス株式会社とそのグループ会社の人たちが箱根に訪れる観光客の安全を守っているのです。
小田急箱根ホールディングス株式会社及びグループ会社の安全へのこだわりと使命感に触れたなら、『もしも旅先で災害に遭うようなことがあれば、そこは是非とも箱根であってほしい。』と思うのは私だけではないと思います。

tokyo300130-1 tokyo300130-2

東京都支部 平成29年度東京防災学習セミナー(ホリデーセミナー)

東京都支部    
支部長 松井 正雄

 東京都主催で防災ブック「東京防災」を活用しての都民向けホリデーセミナーの講師を務めました。ホリデーセミナーは、下記の内容で4日間、8テーマーが実施されました。
 〖パンフレット参照〗
 第1回 平成29年08月20日(日曜日)東京都議会議事堂 1階 都民ホール
 (1)木密地域の防災対策
 (2)被災経験者または被災地支援経験者に学ぶ
 第2回 平成29年09月16日(土曜日)東京都庁第一本庁舎 5階 大会議場
 (1)避難所運営の手順と方法
 (2)風水害・土砂災害への対策
 第3回 平成29年10月22日(日曜日)東京都議会議事堂 1階 都民ホール
 (1)マンションの防災対策
 (2)要配慮者・避難行動要支援者への対策
 第4回 平成30年01月14日(日曜日)東京都庁第一本庁舎 5階 大会議場
 (1)地域の危険を知る~地域ハザードマップの作成~
 (2)「東京防災」に学ぶ首都直下地震等への備え
私が担当したテーマーは、下記の3テーマーです。
 第1回 平成29年08月20日(日曜日)
 (2)被災経験者または被災地支援経験者に学ぶ
 第2回 平成29年09月16日(土曜日)
 (1)避難所運営の手順と方法
 第4回 平成30年01月14日(日曜日)
 (1)地域の危険を知る~地域ハザードマップの作成~
 講演内容は、私の実体験をもとに具体的な事例や活動中の写真を紹介する形で構成し、可能な限り「東京防災」のページとリンクさせることで、セミナーの開催趣旨に添うように心がけました。
 都の担当者から、アンケートでは毎回非常に好評で参加者からは満足したとの回答が多く寄せられているとご連絡を頂きました。
 人前で話すことの楽しさも怖さも十分に分かっているつもりですが、毎回主催者や受講者の反応が気になるところです。
 最終日に受付担当の人から『松井先生の話を聞きに来ました。』と言って入館した人が15人位いたと聞かされたときは、嬉しさとともに少しホッとした気持ちでした。
 三つのテーマーについて、講演資料を作成するにあたり色々と勉強したことは今後の活動にも大いにプラスになることと思います。
 今更ですが、やはり防災士は「活動してこそ防災士!」と再認識させられた有意義な体験でした。
 最後になりましたが、今回「東京防災学習セミナー」の開催にあたり、千葉県北部支部・江戸川区支部・東京都支部の防災士有志の皆さんに講演会場でのお手伝いを頂き事故もなく終えたことに、この場をお借りしてお礼申し上げます。

tokyo300114-1

東京都支部 公益財団法人 東京都公園協会「現場リーダー危機管理研修」

東京都支部    
支部長 松井 正雄
 日時:平成30年1月10日(水)13:30~17:00
 場所:日比谷公園内「緑と水の市民カレッジ」講義室
 主催:公益財団法人 東京都公園協会
 参加者:15名
 講師:松井 正雄
 防災士:3名(東京都支部:正谷 絵美、千葉県北部支部:谷 正美
       副支部長・中村 利孝幹事)
 内容:「危機管理講話」及び「災害図上訓練(情報トリアージ)」

 昨年度に引き続き、公益財団法人 東京都公園協会から「現場リーダー危機管理研修」の講師を依頼されました同協会が管理する、公園・庭園・霊園の所長クラスを対象に、講演(第一部)及び災害図上訓練情報トリアージ(第二部)を実施しました。
 同協会が管理する公園には、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生したとき、多くの帰宅困難者が避難してきました。公園職員はそれら避難者に対して支援を行った実績があり、以降、災害発生時における避難者滞在場所としの機能を高めるため、繰り返し行われてきた職員の訓練や研修の一環として実施されたものです。
 第一部の講演では、「非常事態に遭遇しても落ち着いて行動するための心構え」「適切に状況判断するためには」の2テーマーについて約1時間講話を行った後、休憩を挟んで第二部の災害図上訓練に入りました。
 災害図上訓練では、地震発生時から時間経過に伴い発生する事象への対応をグループごとに検討する情報トリアージ形式にクロスロードの要素を加えて実施しました。
「情報トリアージ」とは、本来、情報の重要度(対応の優先順位)を選別するための図上演習を言いますが、今回は、刻々と変化する災害想定状況を具体的にイメージし、迅速かつ的確な対応や意思決定の方法を学ぶことを目的として、一度に複数の情報を提供して情報の選別を行うのではなく、時間経過ごとに発生する想定の状況に対して検討項目を示し、グループごとにじっくり検討できるよう与える情報(想定状況)は、時間の経過ごとにひとつずつとしました。
 想定状況は全部で8つ(練習想定を含む)。どれも災害発生時には起こりそうな想定状況で、参加者は真剣に対応を考えていました。
 印象的だったのは、私が今まで他の団体で実施して来た中でどこよりも、出される対応案の数が多いことでした。研修に臨む意識の高さのみならず、訓練や研修が繰り返し行われ身に付いているのだと感じました。

災害図上訓練情報トリアージ
tokyo300110-1 tokyo300110-2

tokyo300110-3 tokyo300110-4

東京都支部 東海大相模中等部防災学習(神奈川県相模原市)

平成29年11月9日(木)、神奈川県相模原市東海大相模中等部において防災学習が行われ、東京都支部の正谷絵美防災士が講師を務めました。初めにホールで防災講話を行い、次に体育館に移動して応急手当法を行いました。特に応急手当では、直接圧迫止血法からラップ療法、骨折固定などをグループに分かれて実際に行っていただきました。賑やかに進むも、それぞれ身の回りのもので応急手当ができると、工夫を凝らしたり様々な質問が飛び出したりしました。ビニールテープ、食用ラップ、段ボール、ガムテープ、レジ袋、これらを使った手法に生徒たちは半信半疑でしたが、話が進み体験することで納得している様子でした。最後に講師が、本当に災害が起こり負傷者が出たとき、皆さんの力が必要だということを熱心に説いていましたが、しんと静まり返りその意味をよく理解しているようでした。このような学習が随所で行われることを望みます。

日時:平成29年11月9日(木) 17:30~19:00
場所:東海大相模中等部ホールおよび体育館
主催:東海大相模中等部
参加:約150名
講師:正谷絵美防災士
スタッフ:5名(東京都支部、千葉県北部支部)
内容:講座、応急手当法

tokyo291109-1

tokyo291109-2

tokyo291109-3

tokyo291109-4

tokyo291109-5

東京都支部 支えあい事業研修(東京都世田谷区)

平成29年2月8日(水)、東京都世田谷区社会福祉協議会による支えあい事業研修が
行われ、東京都支部と千葉県北部支部が共同して研修支援を行いました。
11月から2月にかけて計3回行われる事業で、今回は最終回です。
参加者は高齢者を介護するメンバーで、高齢者にもしものことがあったときにど
のように対応するかを学ぶ研修です。
前半は火災の注意点、119番の仕組みから始まり、躊躇なく救急に連絡すること、
判断に迷った時の問い合わせ先、救命の手順などの説明があり、後半は実技を行
いました。直接圧迫止血法、レジ袋とネクタイなどの身近な物を使っての骨折時
固定法、さらに頭部の怪我の対処法も学びました。心肺蘇生法では3人1組で行
い、周囲の安全からAEDの使用法までの一連の流れをマネキンと訓練用AEDを用い
て、できるだけ触れて学べるよう工夫しました。参加者は実際に高齢者に接する
方々なので、不測の事態に遭遇する可能性も高く、特に心肺蘇生法ではたくさん
の質問も飛び交い、充実した研修会になりました。

日時:平成29年2月8日(水) 9:30~11:00
場所:三茶しゃれなあどホール(東京都世田谷区)
主催:世田谷区社会福祉協議会
参加:約30名
講師:谷 正美 防災士
スタッフ:5名(東京都支部、千葉県北部支部)
内容:高齢者救急救命の留意点(講座)、応急手当、心肺蘇生法

tokyo290208-1

tokyo290208-2

tokyo290208-3

tokyo290208-4

東京都支部 公益財団法人 東京都公園協会「現場リーダー危機管理研修」

活動報告者(東京都支部 松井正雄)

 日時:第一回 平成29年1月19日(木)13:30~16:45
    第二回 平成29年1月24日(火)13:30~16:45
 場所:日比谷公園内「緑と水の市民カレッジ」講義室
 主催:公益財団法人 東京都公園協会
 参加者:両日合計58名
 講師:松井 正雄
 防災士:3名(東京都支部:正谷 絵美、
       千葉県北部支部:谷 正美 副支部長・中村 利孝)
 内容:危機管理講話及び災害図上訓練

 平成29年1月19日(木)及び24日(火)の両日、公益財団法人 東京都公園協会主催による「現場リーダー危機管理研修」で同協会が管理する、公園・庭園・霊園の所長クラスを対象に、講演(第一部)及び災害図上訓練(第二部)を実施しました。
 同協会が管理する公園には、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生したとき、多くの帰宅困難者が避難してきました。公園職員はそれら避難者に対して支援を行った実績があり、以降、災害発生時における避難者滞在場所としの機能を高めるため、繰り返し行われてきた職員の訓練や研修の一環として実施されたものです。
 第一部の講演では、「非常事態に遭遇しても落ち着いて行動するための心構え」「適切に状況判断するためには」の2テーマーについて約1時間講話を行った後、休憩を挟んで第二部の災害図上訓練に入りました。
 災害図上訓練では、地震発生時から時間経過に伴い発生する事象への対応をグループごとに検討する情報トリアージ形式にクロスロードの要素を加えて実施しました。
 「情報トリアージ」とは、本来、情報の重要度(対応の優先順位)を選別するための図上演習を言いますが、今回は、刻々と変化する災害想定状況を具体的にイメージし、迅速かつ的確な対応や意思決定の方法を学ぶことを目的として、一度に複数の情報を提供して情報の選別を行うのではなく、時間経過ごとに発生する想定の状況に対して検討項目を示し、グループごとにじっくり検討できるよう与える情報(想定状況)は、時間の経過ごとにひとつずつとしました。
 想定状況は全部で8つ(練習想定を含む)。どれも災害発生時には起こりそうな想定状況で、参加者は真剣に対応を考えていました。
 印象的だったのは、私が今まで他の団体で実施して来た中でどこよりも、出される対応案の数が多いことでした。研修に臨む意識の高さのみならず、訓練や研修が繰り返し行われ身に付いているのだと感じました。

tokyo290119-1 tokyo290119-2

tokyo290119-3 tokyo290119-4


東京都支部 江東区「災害協力隊リーダー講習会」

活動報告者(東京都支部 松井正雄)

  日 時:平成29年1月21日(土)14:00~15:30
  場 所:江東区文化センターホール

 平成29年1月21日(土)江東区主催による「災害協力隊リーダー講習会」で、講演を実施しました。
 休日であるにもかかわらず、江東区長はじめ担当部署など大勢の関係者によって開催された講習会には、214名の災害協力隊リーダーが参加し、江東区が防災・減災に取り組む意識の高さを感じ、身が引き締まる思いで講演させていただきました。
 江東区では、「自分たちのまちは自分たちで守る」という共助の精神に基づいて、地域住民が力を合わせ、区、消防等の関係機関と協力しながら地域の安全を図ることを目的とした自主防災組織を「災害協力隊」と命名し、その結成と活動を支援しているとのことでした。
 現在、314隊の災害協力隊が組織され、防災士の認証者数は205名いるとのことです。
 講演は、防災士と日本防災士会の紹介をさせていただいた後、「過去の災害からの教訓と地域防災」と題して、サブタイトルを「東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の教訓」「熊本地震の教訓」「地域の防災」の三タイトルに分けてお話しを進めさせていただきました。
 「東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の教訓」では、守れた命の事例として①釜石の奇跡(講演では「釜石の出来事」として紹介)、②越喜来小学校の避難階段、③普代水門の高さ、守れなかった命の事例として①大川小学校、②田老町の防潮堤決壊、を取り上げました。
 「熊本地震の教訓」では、①自宅避難の見直し、②車中避難、③持ち物リストにプラス1、④避難所の様子、についてお話しさせていただきました。
 「地域の防災」では、①江東区の消防力、②防災リーダーに期待されること、③自主防災組織の課題、自助・共助・公助、④避難準備情報名称変更、などの説明及び江東5区大規模水害対策についても触れさせていただきました。

tokyo290121-1

tokyo290121-2

tokyo290121-3
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 コミュニティー 研修 イベント 講演 教育 訓練 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 被災地支援 訓練指導 協定 支部総会 女性 DIG 自主防災組織 研修指導 HUG 避難所 支部会議 セミナー 支部設立 連携 訓練HUG 受賞 支部活動 実技指導 地区防災計画 女性防災士 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR