兵庫県支部/NPO法人兵庫県防災士会 阪神地域で「第4回防災士シンポジウム in HANSHIN」を開催

     阪神地域で「第4回防災士シンポジウム
                       in HANSHIN」を開催


 特定非営利活動法人 兵庫県防災士会では、発生確率が一段と高くなっている南海トラフ巨大地震等に備えるための課題を抽出し、特に今回はその一環としてシンポジウム開催1週間前に実施された西宮市の津波浸水想定区域21万人を対象とした「津波避難訓練」の検証とともに市民レベルでの防災・減災への取組みと方向性を示し、地域防災における防災士や防災リーダーの果たすべき役割等について討議し、全国各地の防災関係者に情報発信を行うことを目的として2月3日(日)に西宮市なるお文化ホールにおいて第4回防災士シンポジウムを実施し地元住民や防災関係団体、全国からの防災士約700人が参加しました。
 当日は、河野昌弘西宮市長、財団法人ひょうご震災21世紀研究機構貝原特別顧問(前兵庫県知事)の来賓祝辞で幕を開き、臨席された衆・参議院議員、県・市議員、兵庫県を始め各行政機関、防災関連機関の来賓紹介の後、西宮市副市長兼危機管理監の本井敏雄氏による基調講演「大規模津波避難訓練と防災・減災」が実施されました。講演では、訓練直後にも係わらず参加者層の分析、浮かび上がった課題等、訓練の様子を交えながら説明され、多くの市民が参加したことを評価し更なる訓練の必要性を説かれました。
 「巨大地震に備えて地域防災力向上に向けた取組み」がテーマのパネルディスカッションでは 大石兵庫県防災士会理事長がコーディネーターとなり、兵庫県阪神南県民局長の藤田隆司氏、防災・復興コミュニケーターの魚住由紀氏、鳴尾東防災会会長の室屋俊一氏、さんだ防災リーダーの会会長の安富信氏により「子どもの活用」「楽しく参加」「壮年男性の参加」をキーワードに活動を紹介され、「普段からの地域の輪づくり」を訴えられました。
 また、今回初の試みとして、自衛隊兵庫地方協力本部、神戸海洋気象台、警察、消防等の協力を得て、ホール2階ホワイエで防災関連展示コーナーを設け参加した親子連れも楽しく防災を学ばれました。
hyougo0203-1 hyougo250203-2

hyougo250203-3 hyougo250203-4   
スポンサーサイト

兵庫県支部/NPO法人兵庫県防災士会 「第4回姫路城駅伝大会」での救護活動

                                     NPO法人兵庫県防災士会
                                      (西播地域)森川 輝良

          「第4回姫路城駅伝大会」での救護活動

 姫路城マラソン実現へ夢のタスキをつなごう!と第4回姫路城駅伝大会が下記の日程で開催された。主催の「姫路商工会議所青年部」から兵庫県防災士会に救護支援の要請を受けて9名の防災士が救護支援活動を行った。
                  - 記 -
  ・日 時 平成25年2月24日(日)午前9:00~12:00
  ・主 催 姫路市商工会青年部
  ・参加者 155チームが激走
hyougo250224-1
☆防災士は救護班とパトロール班に別れ支援をさせて頂いたがコースを 巡回したメンバーは1万歩を超える歩数でランナー以上に筋肉痛です。森川は今日よりも明日が怖い筋肉通は遅れて遣って来ます。参った。
hyougo250224-2   hyougo250224-3   hyougo250224-4
☆競技前に参加者集合 ☆スターターは石見姫路市長 ☆白鷺中の皆様
hyougo250224-5   hyougo250224-6   hyougo250224-7
☆軍師黒田勘兵衛軍団  ☆ユニークな選手宣誓   ☆参加者で記念撮影
☆日頃訓練等でお世話になっています「姫路自衛隊」と「飾磨消防」のチームには大きな声援を送らせて貰いました。 (文責:森川輝良)

香川県支部 会報 第13号を発行

     会報 第13号を発行

kagawa250225-1
会報第13号はコチラからご覧ください

<会報概要>
・H24学校防災アドバイザー事業
・みんなの消防フェスタ2012・防災士シンポジウム
・西日本支部長会議に参加して
・今後の事業予定   他
kagawa250225-2 kagawa250225-3 kagawa250225-4

kagawa250225-5 kagawa250225-6 kagawa250225-7

奈良県支部 広報No.7、No.8を発行

支部 広報No.7、No.8を発行

nara250225-1
広報NO.7はコチラからご覧ください

<支部広報NO.7概要>
・巻頭寄稿
・災害支援活動レポート
・支部活動レポート
・地域防災活動
・広域防災活動  他
nara250225-2 nara250225-3

nara250225-4



nara250225-6
広報No.8はコチラからご覧ください

<支部広報NO.8概要>
・新年のご挨拶
・広域防災訓練
・地域防災活動
・支部活動j報告  他
nara250225-7 nara250225-8 nara250225-9 nara250225-10

nara250225-11 nara250225-12

救助訓練実施報告 第4回「災害現場で調達出来るものを使って倒壊家屋より要救助者を救出する」

中島 敏雅(奈良県 防災士)

                救助訓練実施報告
 実施: 「防災士救助研究会」
◎場所: 山口県岩国市
◎日時: 平成25年2月23(土)・24(日)
250223nakajima1
◎参加メンバー:
粟田政志(兵庫県)・中原克子(兵庫県)・中島敏雅(奈良県)・白田憲光(山口県)・佐伯欽三(山口県)・熊迫仁美(鹿児島県)

使用資機材:
バール(大・中・小)/鉄パイプ/パンタグラフジャッキ/ダルマジャッキ/油圧ジャッキ/毛布/ブルーシート/ポリカーボネート波板/ ガムテープ/救助訓練用人形/ホワイトボード

◎アドバイス・評価:
消防救助隊員・医療従事者・安全衛生管理専門職員・危機管理専門職員
250223nakajima2
訓練項目:倒壊家屋からの搬出
     ①徒手搬出 ②毛布搬出 ③ブルーシート搬出 ④ポリカーボネート波板搬出
以上4種類の搬出法に関して、「どうすれば“安全に”かつ“効率的に”救出できるか」を検証しながら実施
250223nakajima3
当研究会では、ただ単に訓練を実施するのではなく、
*「どうすれば“安全に“(救助者・要救助者共に)かつ“効率的に”救出できるか」
を検証しながら実施しています。
検証によって毎回いろいろな発見があります。いずれこれらの検証結果を防災士・消防団・自主防災会の方々にお伝え出来ればと考えております。

今回は天候にも恵まれ大変有意義な訓練が実施出来ました。
参加者のみなさん、お疲れ様でした。

次回は、「はさまれ要救助者救助」の訓練を実施します。

             報告:
             防災士救助研究会・訓練進行管理担当:奈良県・中島敏雅

兵庫県支部/NPO法人兵庫県防災士会 研修委員会(救命研修分科会)

     「救命研修分科会 第3回スキルアップ研修」を開催

2013年2月10日(日)姫路市スポーツ振興課スポーツ少年団より依頼を受け、少年団登録スポーツ指導者対象第3回普通救命講習3時間講習(修了証発行)を姫路市西播地域との協力体制を取り、また「救命研修分科会第3回スキルアップ研修」及び委員の方2名と地区委員の方1名の姫路市消防局認定応急手当普及員更新講習を兼ね救命講習を行いました。
<講習内容>
1 日本の救急事情について
2 心肺蘇生法・AEDの使用方法説明
3 成人の心肺蘇生法・AED使用方法習得
4 小児・乳児の心肺蘇生法・AED使用方法習得 
5 総合訓練 救急現場を想定してのシュミレイション
6 修了証授与式
受講生の皆さん、さすがスポーツ指導者とあって反応も良く熱心に受講されました。
また、インストの皆さま、ご指導お疲れ様です。ありがとうございました。
hyougo250210b-1  hyougo2510b-2  hyougo250210b-3
<乳児の蘇生法指導>  <受講者実技指導>   <インストデモ中>
hyougo250210b-4  hyougo250210b-5
<受講生実技説明>   <乳児・小児指導準備>
次回、研修につきましては2月24日(日)姫路市商工会議所青年部主催姫路城駅伝大会救護活動実践研修を予定しています。
                            (文責:救命分科会委員長 染川直寛)

兵庫県支部/NPO法人兵庫県防災士会 「いちのみや社会大学・いわみ学園」で教養講座

      「いちのみや社会大学・いわみ学園」で教養講座

 宍粟市教育委員会 一宮生涯学習事務所(田路正幸所長)では、「いちのみや社会大学・いわみ学園」の最終教養講座で「防災講話」を開催するに当たり、NPO法人兵庫県防災士会に講師依頼があり、研修委員会担当の寺岡芳孝防災士(副理事長)が担当することとなった。
 宍粟市一宮町では、平成21年8月に発生した「台風9号」の局地的豪雨・洪水災害により甚大な被害をもたらした。今後も揖保川流域での特性(河川、地形、気候・気象等)から想定される気象災害について、テーマ「命を守る 日頃の備え ~水害発生 その時!~」をパワーポイントとDVDで講演した。
 今回の「防災講話」の配布資料として、神戸海洋気象台より「集中豪雨に備える」、人と防災未来センターより「減災グッズを備えよう!」のリーフレットの提供を受けた。(ご協力ありがとうございました。)
また、宍粟市在住の助光ゆかり防災士(防災研修分科会委員)が研修参加された。(お疲れさまでした。)

                      記

日 時 平成25年2月6日(水)・7日(木) 10時00分~11時30分
会 場 一宮町「北部センター三方集会場」及び「南部センターいちのみや集会場」
参加者 「いちのみや社会大学・いわみ学園」 受講生約200名
挨 拶 田路 正幸氏(一宮生涯学習事務所所長)
講 義 テーマ  「命を守る 日頃の備え ~水害発生 その時!~」
              講師 NPO法人兵庫県防災士会
                            副理事長 寺岡 芳孝
hyougo250206-1

hyougo0206-2 hyougo250206-3
一宮町「南部センターいちのみや集会場」で熱心に受講される「いわみ学園生」2013/2/7
                                  (文責:寺岡 芳孝)

埼玉県蓮田市でDIGの一日研修を実施

       埼玉県蓮田市でDIGの一日研修を実施

250217digsaitamahasuda

 日本防災士会は、埼玉県蓮田市の依頼により、2月17日(日)、同市の「自主防災組織連絡協議会研修会(図上訓練編)」を指導いたしました。この訓練は、午前9:30から午後3:45分までの一日コースであり、当会の橋本茂常任理事(事務統括)が、午前の部では「埼玉県広域図」を使い、午後の部では「蓮田市市街地地図」を使い、2段階でDIGを行いました。
 蓮田市は、これまで大規模災害に見舞われた経験がなく、平穏無事なまちという市民感覚があります。しかし、埼玉県内の綾瀬川活断層、隣接する立川断層、茨城県南部の地震等の想定される地震や荒川の大決壊に伴う大規模水害の被害想定を図上で確認し、また避難場所や防災拠点の配置状況等を確認するうちに、いかに危険が潜在しているかひしひしと感じられるところとなり、参加者からは驚きの声があがりました。
 閉会の挨拶を行った自主防災組織連絡協議会副会長の方は「これまで何度も訓練や防災研修を受けてきたが、今日ほど充実した経験は初めてだ」とのべ、評価していただきました。

北海道支部 会報 2号を発行

       会報 2号を発行

hokaido241220-1

会報2号はコチラからご覧ください

<会報概要>
特集 有珠の火山災害を学ぶ研究会
・有珠山の歴史~研修会
・噴火の記録・教訓を残すこと 他
hokaido241220-2 hokaido241220-3 hokaido241220-4

会員活動の報告(地域防災マスターとして、地域防災計画改訂委員会に参画)

五十嵐 正勝(北海道 防災士)
                      会員活動の報告

 石狩市では、東日本大震災を踏まえ、10年前に策定した防災計画を見直すため、平成24年3月、石狩市地域防災計画改訂委員会を発足しました。各地域の代表、各組織の代表等で構成され、その一人として、防災士(北海道地域防災マスター)としての立場で、石狩市地域防災計画改訂委員として、参画しております。昨年の4月から毎月1回の会議に参加しております。
 石狩市内は、山岳地帯、海岸(漁業、港の工業団地) 平地の住宅団地と地区により防災対策は、一様ではありません。地区別の検討会も開催しきめ細かく検討をかさねております。防災士として、自主防災会の充実、避難所運営、防火対策等について意見を述べさせていただいております。
 3月には、とりまとめをし、市防災会議へ提案をすることとなっております。

今後も市と協力し、地区の自主防災組織の充実に努めていきたいと思っております。
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 教育 講演 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 支部総会 総会 協定 訓練指導 自主防災組織 DIG 女性 支部設立 研修指導 支部活動 女性防災士 被災地支援 法人化 HUG 受賞 セミナー 実技指導 支部会議 訓練HUG 連携 避難所 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR