愛知県支部 会報8号を発行

               会報8号を発行
aichi250331-1
会報8号はコチラからご覧ください

<会報概要>
・減災への取組み
・愛知県知事表敬訪問
・防災士スキルアップ研修会 ・研修に参加して
・静岡県内外の災害ボランティアによる図上訓練に参加して
・新聞紙スリッパを作ってみましょう
・H24支部会員による活動記録  他

aichi250331-2

aichi250331-3

スポンサーサイト

兵庫県支部 「平成25年度NALC姫路「しらさぎ」定例会」で防災講話

     「平成25年度NALC姫路「しらさぎ」定例会」で防災講話
         「ひょうご防災特別推進員」として派遣される 

                                    NPO法人兵庫県防災士会
 「ひょうご安全の日推進県民会議(会長、井戸兵庫県知事)」が、地域や学校、家庭における防災対策の実践活動を推進し、兵庫県民の防災力の向上を図るため、防災対策に関する講義又は助言を行う者を「ひょうご防災特別推進員」として登録し、要請に応じて派遣する制度が平成22年度より発足した。
 これにより、姫路市にあるNALC姫路「しらさぎ」(代表 井上周三氏)では、会員の「防災研修」を開催するに当たり、県防災企画課(ひょうご安全の日推進県民会議事務局)に「ひょうご防災特別推進員」の派遣要請を受けて、NPO法人兵庫県防災士会(兵庫県支部)副理事長 寺岡芳孝氏(ひょうご防災特別推進員)が派遣され防災講話をした。
(ナルクとは「ニッポン・アクティブライフ・クラブ」の頭文字から通称「NALC」又は「ナルク」と略称しています。)

 今回は、テーマ「災害から身を守る! ~災害は 正しく恐れ 正しく備える~」を資料配布で講話をした。平成25年3月7日より「津波警報が変わりました!(気象庁)」の説明や「減災グッズ」での優れもの(手回し充電器等)・地震対策での家具の転倒防止器具等も紹介した。
      さっそく準備したい!(参加者の声)防災意識の啓発にも成果があった。
今回の「防災講話」の配布資料として、神戸海洋気象台より「津波警報が変わりました!」、人と防災未来センターより「減災グッズを備えよう!」のリーフレットの提供を受けた。
                        (ご協力ありがとうございました。)
また、NALC会員で防災士の山下武彦氏(西播地域会員)が、第2部で救命講習をされた。
                        (ご支援ありがとうございました。)
                  記

日 時 平成25年3月27日(水) 15時30分~17時00分
会 場 姫路市勤労市民会館 4階会議室
参加者 NALC姫路「しらさぎ」会員等 25名 
1 部 防災講話(テーマ)「災害から身を守る!」~災害は 正しく恐れ 正しく備える~」 
     講師 ひょうご防災特別推進員 寺岡芳孝(NPO法人兵庫県防災士会 副理事長)
hyougo250327-1 hyougo250327-2 hyougo250327-3
寺岡防災士の講話を熱心に傾聴されるNALC姫路「しらさぎ」会員の皆様

2 部 救命講習会(テーマ) 「胸骨圧迫法とAEDについて」
                ・指 導 者 山下武彦防災士(姫路市応急手当普及員)
                ・サポーター 寺岡芳孝防災士(姫路市応急手当普及員)
hyougo250327-4 hyougo250327-5 hyougo250327-6
山下防災士の指導で実演する寺岡防災士、熱心に見学するNALC姫路「しらさぎ」会員の皆様

hyougo250327-7
「減災グッズを備えよう!」
人と防災未来センター・提供

hyougo250327-8
hyougo250327-9
「津波警報が変わりました」神戸海洋気象台・提供

                                    (文責:寺岡 芳孝)

広島県支部 支部会報第50号を発行

                 支部会報第50号を発行

hiroshima250328-1

支部会報第50号はコチラからご覧ください

<支部会報概要>
(南東部地区活動報告)
・広島県支部南東部地区会議 他

【広島県支部南東部地区会議】
日時:3月23日9時30 分~12時
場所:三原市館町ゆめキャリアーセンター1 階会議室
主催:防災士会広島県支部南東部地区
オブザーバー:三原市危機管理室
出席者:22 人
会議は岩崎地区幹事の議事運営のもとに進められた。

hiroshima250328-2

hiroshima250328-3 hiroshima250328-4

岐阜県支部 スキルアップ研修会の報告

              スキルアップ研修会の報告

日 時 : 平成25年3月23日(土)13:00~16:00
場 所 : 美濃加茂市中央公民館 203会議室
全参加者数 : 20人(西美濃7人、中美濃4人、東美濃9人)

内容 1 岐阜県の地震被害想定調査結果について
    2 ワークショップ「地域防災力の向上について」

成果 ・2月に県が公表した地震被害想定調査について理解を深めることができた。  
    ・3グループに分けてワークショップを実施し、それぞれの地域の課題を洗い出し、
     対策について議論をすることができた。
    ・各地の防災グループ・NPOの活動について情報交換をすることができた。

gifu250323-1

gifu250323-2

gifu250323-3

香川県支部 平成24年度防災教育講習会及び学校アドバイザー派遣事業総括

   平成24年度
   防災教育講習会及び学校アドバイザー派遣事業総括
 
                                        香川県防災士会


 平成24年度香川県教育委員会から要請のあった香川県防災教育講習会、学校防災アドバイザー派遣事業について報告します。

*資料はコチラからご覧ください

kagawa250318-2

kagawa250318-3

kagawa250318-4

kagawa250318-5

kagawa250318-6

兵庫県支部 「姫路市網干・網干西地区津波避難訓練」に参加

                                NPO法人兵庫県防災士会
                                (西播地域)森川 輝良
        「姫路市網干・網干西地区津波避難訓練」に参加

 姫路市では東南海・南海地震に伴う津波襲来が予想されるため、平常時より住民や関係機関が津波に備えられるよう津波避難訓練が実施された。
 兵庫県防災士会は「姫路市」より参加要請を受け18名の防災士が参加した。訓練には14機関、約650名が参加した。
         ― 記 -
 ・実施日時 平成25年3月17日(日)8時30分~10時00分
 ・訓練地域 姫路市網干地区・網干西地区の連合自治会
 ・訓練内容 津波避難・情報伝達・避難誘導・自主防災訓練等
 ・参加防災士 藤本雄策理事を筆頭に14名と「姫路地区郵便局長会」
  から鴻坂正三・田靡征勇・篠本和彦・白子浩平の4局長が参加した。

hyougo250317-1 hyougo250317-2 hyougo250317-3
☆開会は「姫路市防災審議監の山本昌宏氏」の挨拶で訓練が開始された。
 中央の局長会・防災士集合写真は訓練終了後に日頃ご指導を頂いている山本審議監に撮って頂いた。申し訳ありません有難うございました。
 右は訓練内容確認と注意事項の再確認中の防災士ミーティングの様子。
hyougo250317-4 hyougo250317-5 hyougo250317-6
☆初期消火:竹平防災士。 ☆応急処置:井村防災士と峯山防災士。
hyougo250317-7 hyougo250317-8 hyougo250317-9
☆油圧ジャッキ:赤路防災士。☆チェーンソー:横山防災士と小林防災士。
★チェーンソー取扱いは労働安全衛生法に定められた「特別教育」修了者有資格者が参加者の訓練をサポートさせて頂いた。防災資機材や油圧ジャッキ等も工具取扱いを熟知した防災士がチョットした裏技を披露して安全な取扱いを説明させて頂きました。
hyougo250317-10 hyougo250317-11 hyougo250317-12
☆資機材:上森防災士と岡田防災士☆担架作製:山本防災士と坂口防災士。
hyougo250317-13 hyougo250317-14 hyougo250317-15
☆自治会の皆さんを誘導する局長会の鴻坂・白子・篠本・田靡各防災士。同じく誘導担当の大島防災士と中村防災士です。
★訓練の一コマを紹介します。
hyougo250317-16 hyougo250317-17 hyougo250317-18

hyougo250317-19 hyougo250317-20 hyougo250317-21
☆避難訓練では参加者に「この津波からあなたやあなたの家族の命を守るためには国道から以北に避難する必要があります。」と記されたアンケートが実施され参加者が真剣に回答されていた。避難路に信号が4箇所もあり今日の避難訓練には45分もかかってしまった。と言った方もおられた。
子供や乳児と共に避難されたお母様方も多く祭りで培った“絆”の強い地区の強みも感じた。
                              以上  (文責:森川輝良)

富山県支部 富山県防災士会会報(第5号)を発行

              富山県防災士会会報(第5号)を発行

toyama250301-1
富山県防災士会会報第5号はコチラからご覧ください

<会報概要>
・第5回北陸地区連絡会を開催
・避難所の運営方法を図上訓練
・出前講座事例紹介
・公園運営と防災士そして手話
・日本赤十字社救急法指導員に認定される
・学校防災アドバイザーの活動が終了   他

toyama250301-2

toyama250301-3 toyama250301-4

千葉県支部 「八街市防災教室」における防災講演等

          「八街市防災教室」における防災講演等

 千葉県防災士会は八街市社会福祉協議会からの要請により、防災講演等を行った。

日  時 : 平成25年3月10日(日) 13:30~15:30
場  所 : 八街市中央公民館 1階 中会議室
講 座 名 : 「平成24年度防災教室」
参加人数 : 約50名 (区長、民生委員児童委員、婦人会、老人クラブ、ボランティア他)

内容
1.NPO法人日本防災士会 防災士制度の概略についての説明
  千葉県防災士会副理事長 川崎隆克
  chiba250310-1

2.講演「災害を忘れるな!東日本大震災」
   「今後、千葉県内で起きるであろう巨大地震の被害想定と対策」
   「巨大地震と闘うには」
  千葉県防災士会理事 浅野幸輝
 chiba250310-2 chiba250310-3

3.身近なグッズで応急処置、防災グッズ
 千葉県防災士会副理事長 川崎隆克  
  chiba250310-4 chiba250310-5
  ストッキングを使った頭部の        ペットボトルで作るろ過器
  けがの応急処置等

4.身近なもので作る非常時の明かり ・・・ ランタンの作成
  chiba250310-6
  参加者全員が防災士指導の下、ランタン作りを行った。

5.23.3.11東日本大震災、千葉県の被害映像DVDの放映
  千葉県消防協会提供
  chiba250310-7 chiba250310-8
  その他、簡易トイレの展示、空き缶で出来る炊飯の説明を行った。
 
 参加防災士
  NPO千葉県防災士会 副理事長 川崎隆克
                  理事    大島正浩
                  理事    佐藤 寛
                 理事    加藤恭司
                 理事    浅野幸輝
                 防災士  越川伸彦

- 以上 -
                             (文責:浅野幸輝)

兵庫県支部 県内3地域で防災・減災体験セミナーを実施

                            NPO法人兵庫県防災士会
                                事務局長:田辺義博

      県内3地域で防災・減災体験セミナーを実施しました

 兵庫県立男女共同参画センター(イーブン)からの依頼により、神戸・明石・豊岡の3箇所で「家族でいっしょに学ぼう!防災・減災体験セミナー」を実施しました。
 実施会場によってセミナーの時間に長短があり、メニューに多少の違いがありますが、「ぼうさいダック」「救急搬送体験」「非常持ち出し品ゲーム」「折り紙食器づくり」などを、3地域の女性防災士がメイン講師となって実施しました。
子育て世代の親子連れ、お孫さんと老夫婦、ご婦人グループなど3地域で70名ほどの参加者に、発災時のファーストムーブの体験、非常持ち出し品ゲームでは、あれば便利で荷物を増やすと重くて運べないことを体感、身近なもので避難所暮らしを少しでも快適にする知恵や工夫など、ワイワイと体や手を動かしながら楽しく体験してもらいました
 2月23日神戸会場での杉尾須美子さん、3月3日明石会場での横山恭子さん、3月9日豊岡会場での田中美智子さん、メイン講師ご苦労さまでした。また、各会場で補助者としてご協力の、住元賀彦、泰地英雄理事、竹平元則、水嶋明美の会員各位、香美町防災士の藤原道久さん、ありがとうございます。
参加者からは、以下の好意的なご感想を頂戴しました。 ・「避難所へ持っていく荷物が多くなると、持っていけない ことがよくわかった。」
・「子どもも本日の体験と学習から、少しでも防災を考えてくれると、親もうれしい。」
・「今日の体験を生かして、日々の保育現場で子どもの命を守れるように活かしていきたい。」
・「自分の家族も守りたい。」
・「実際に体験して実感がわき、勉強になった。」
・「子どもが生まれてから防災への興味が湧いたが、子どもをかかえながら大量の荷物を持っていけるかが 不安だった。これをきっかけに家族で話し合う機会になった。」
・「他の地域でもこのようなセミナーを開催してほしい。」 など。

                      パワポで防災・減災対策のすすめをガイダンス
        hyougo250309-1

             神戸会場でのぼうさいダック体験
hyougo250309-2 hyougo250309-3
    明石会場でのぼうさいダック体験  豊岡会場でのぼうさいダック体験
hyougo250309-4 hyougo250309-5
非常持ち出し品ゲーム
①テーブルいっぱいに広がった品物カードから、自分が避難所に持っていくモノを集めます。
hyougo250309-6 hyougo250309-7
②参加者に隠していた重さを集計して…③その重さの水ボトル入りザックを背負います。(15kg)
hyougo250309-8 hyougo250309-9
折り紙食器づくり
hyougo250309-10 hyougo240309-11

兵庫県支部 「関西福祉大学・教職員研修」で防災講話

       「関西福祉大学・教職員研修」で防災講話
       「ひょうご防災特別推進員」として派遣される 

                          NPO法人兵庫県防災士会
hyougo250228-1 hyougo250228-2

 「ひょうご安全の日推進県民会議(会長、井戸兵庫県知事)」が、地域や学校、家庭における防災対策の実践活動を推進し、兵庫県民の防災力の向上を図るため、防災対策に関する講義又は助言を行う者を「ひょうご防災特別推進員」として登録し、要請に応じて派遣する制度が平成22年度より発足した。
 
 これにより、赤穂市にある関西福祉大学(学長 安井秀作氏)では、教職員の「第1回防災研修」を開催するに当たり、県防災企画課(ひょうご安全の日推進県民会議事務局)に「ひょうご防災特別推進員」の派遣要請を受けて、NPO法人兵庫県防災士会(兵庫県支部)副理事長 寺岡芳孝氏(ひょうご防災特別推進員)が派遣され防災講話をした。

 赤穂市では、過去に発生した台風による洪水災害や安政南海地震、山崎断層帯地震の記録もあり、今後も千種川流域での特性(河川、地形、気候・気象等)から想定される気象災害と併せて、近い将来に想定されている「南海トラフ巨大地震・津波」にも備えるために、避難所指定となっている関西福祉大学でも防災・減災対策が急務となっている。
 今回は、テーマ「災害から身を守る! ~災害は 正しく恐れ 正しく備える~」をパワーポイントで講話をした。その後5班でのグループワークとして「災害事例と対応について」話し合いや発表をしてもらった。
   教職員の防災意識の啓発にも成果があった。(吉田修子総務課長代理談)
今回の「防災講話」の配布資料として、神戸海洋気象台より「津波警報が変わります!」、人と防災未来センターより「減災グッズを備えよう!」のリーフレットの提供を受けた。(ご協力ありがとうございました。)
 また、赤穂市在住の金井貴子防災士(西播地域会員)、富田喜一郎防災士の2名がグループワーク等でアシスタントとして協力された。(ご支援ありがとうございました。)

                      記

日 時 平成25年2月28日(木) 13時30分~15時30分
会 場 赤穂市新田 関西福祉大学(校友会館 2階研修室)
参加者 教員・職員等 45名 
1 部 防災講話(テーマ)「災害から身を守る!」~災害は 正しく恐れ 正しく備える~」 
    講師 ひょうご防災特別推進員 寺岡 芳孝(NPO法人兵庫県防災士会 副理事長)
hyougo250228-3 hyougo250228-4
防災講話を熱心に傾聴する教職員の皆様   グループワークでアドバイスする寺岡防災士

2 部 グループワーク(テーマ) 「災害事例と対応について」
             進 行  吉田 修子氏(関西福祉大学総務課課長代理)
          コメンテーター 寺岡芳孝防災士(ひょうご防災特別推進員)
           アシスタント 金井貴子防災士(西播地域会員)
           アシスタント 富田喜一郎防災士(赤穂市在住)
hyougo250228-5 hyougo250228-6
2013年度「防災学検定」問題集等資料展示 家具の転倒防止器具,手回し充電器等資料展示
                                 (文責:寺岡 芳孝)
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 教育 講演 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 支部総会 総会 協定 訓練指導 自主防災組織 DIG 女性 支部設立 研修指導 支部活動 女性防災士 被災地支援 法人化 HUG 受賞 セミナー 実技指導 支部会議 訓練HUG 連携 避難所 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR