鹿児島県支部 支部が発足(設立総会開催及び県防災訓練見学参加!!)

  鹿児島県支部が発足(設立総会開催及び県防災訓練見学参加!!)

kagoshima250413-2 
  設立総会会議

 九州ブロック支部連絡協議会の支援を受け、県内防災士待望の鹿児島県支部が本年4月1日で発足しました。なお、設立総会は去る4月13日(土)、鹿児島市内のホテルタイセイアネックス4階会議室で行いました。
 設立総会には、来賓に県議会副議長・県危機管理局次長・鹿児島市危機管理部長・鹿児島市消防局次長を迎え、顧問に就任していただいた鹿児島大学大学院井村隆介准教授をはじめ会員30人の出会及び九州ブロック支部連絡協議会役員の出会(終了後に総会)を得て会議に入り、準備委員長から経過説明があり、来賓の祝辞や顧問のスピーチをいただいた後に協議に入り、会則・役員・事業計画などが承認されました。
 なお、支部長には準備委員長の吉水康夫氏が選任され、支部長は「防災士間のネットワークを作り、地域の防災のために尽力したい。」と決意されました。
 設立後は、去る5月26日(日)20年ぶりに離島の奄美市で行われた「鹿児島県防災訓練」に見学参加(支部長他2人)し、日本防災士会をアピールしました。また、会員研修会(座学・訓練等)を行うとともに県や各市町及び九州ブロック支部連絡協議会主催行事にも参加し、スキルアップに心がけ、平常時には各地区の防災訓練や指導・講話に出向していますが、緊急時には受援体制を整え、県内外で支援活動を行う予定です。
 さらに、県は独自に防災センターを中心に専門・地域アドバイザーを設けるとともに防災推進員を要請し、県民の防災力向上に努めています。そこで、鹿児島県支部としても、県と目的は同じであるので、お互いに連携し、県民の安心安全な地域防災コミュニティづくりに貢献するために、会員が出来る範囲で無理なく活動を行い、息の長い支部活動を目指していきます。  会員数(48人)平成25年8月31日現在
支部長兼事務局長(吉水康夫)

kagoshima250413-1 kagoshima250413-3
鹿児島県防災訓練(見学参加)       設立総会役員紹介
スポンサーサイト

千葉県支部 第34回九都県市合同防災訓練参加と3・11旭市被災地防災士との交流会について

  第34回九都県市合同防災訓練参加と
         3・11旭市被災地防災士との交流会について


                                 NPO法人千葉県防災士会
                                   報告者 川崎 隆克

参加者:(参加された方に敬意を表し参加者名簿から掲載)敬称略、順不同

平島正幸、芦村敏徳、浅沼美弥子、大島正浩、加藤恭司、黒川民雄、越川伸彦、佐藤修一、藤橋政範、松井正雄、三浦隆司、 計12名

 銚子市で九都県市合同防災訓練、千葉科学大学、大駐車場を主会場、千葉県主催、標題の訓練が14日13:00から行われました。「震度6強の地震と高さ8m超の津波に襲われたと想定」防災関係団体130機関から約5000名が参加されました。
 NPO千葉県防災士会は創立当初から参加、瓦礫からの救出・救助・応急手当・搬送、身近な資機材を活用し一連の救助活動展示を行いました。

chiba250914-1 chiba250914-2
 前日には3.11東日本大震災、千葉県旭市飯岡の津波被害に襲われた、地元防災士と千葉科学大学 危機管理学部 教授 船倉武雄理学博士、いいおか津波復興プロジェクト実行委員会 代表 渡邉義美様のご同席を戴き地元防災士8名との交流を訓練日の前日に宿泊し、旭市防災士8名と今後の連携も視野に置き継続的な交流を行う事で合意、又、震災当日、地区長で責任ある立場にあり、ご家族の安否と住民の安否の狭間でご苦労された、「語り部」高橋様から3.11当時の被災地の状景を赤裸々にお聞きする事が出来、未だ被災地見ず、被災者と向き合った事の無い、防災士にとつては、貴重な時間を共有出来た事は、大変有意義な体験でした。

chiba250914-3 chiba250914-4 chiba250914-5

chiba250914-6 chiba250914-7 chiba250914-8

兵庫県支部 阪神北県民局「平成25年度図上訓練等リーダー養成講座」へ講師派遣

                                 兵庫県防災士会研修委員会報告
阪神北県民局「平成25年度図上訓練等リーダー養成講座」へ講師派遣
                                 防災研修分科会

hyougo250912-2

 兵庫県阪神北県民局で主催された、県職員と県民局管内市町防災担当職員等向けの「平成25年度図上訓練等リーダー養成講座」に、講師とファシリテーターを派遣しました。
 阪神北県民局は、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町の4市1町を所管しており、本研修には、22名の県・市・町職員が参加されました。
 兵庫県防災士会からは、講師として粟田政志(川西市)、杉尾須美子(神戸市)、ファシリテーターとして、西濱靖雄(伊丹市)、江頭泰生(宝塚市)、井上幸和(猪名川町)を派遣し、避難所開設と運営の講義とワークショップを行いました。
 研修内容は、3月30日の「避難所開設運営訓練」研修を参考に、「兵庫県避難所管理運営指針」に沿って、小・中学校の施設をより詳しく紹介しながら、市・町職員が管理責任者として派遣された時の避難所開設と運営を想定した内容で実施しました。
さすがに防災を担当されている職員だけあって、全員が講義、演習、発表を通して、真剣に集中して受講されていました。
  日時 平成25年9月12日(木)13:30~16:30
  会場 兵庫県 阪神北県民局(宝塚総合庁舎)
  参加者 県・市・町職員 22名
  内 容
    ・災害対応振り返り ・避難所運営について ・避難所運営ワークショップ
    ・各班の発表    ・まとめ

hyougo250912-1

hyougo250912-3 hyougo250912-3 hyougo250912-5

                              (文責:粟田政志)

千葉県支部 地元ボランティア団体との交流について

            地元ボランティア団体との交流について

                                     NPO法人千葉県防災士会
                                       報告者 川崎 隆克
chiba250906-1

 栄町社会福祉協議会が窓口となり、栄町ボランティアNPO連絡協議会 会長 森 清香会長 主催「双葉町避難者支援事業」の一環として、福島県いわき市南台仮設住宅に避難されておられる250世帯の方々を対象に、約30名が参加しボランティア活動を行ってまいりました。(当会は過去を含め計三回継続的に被災者支援を行っている)
 活動の内容は栄町に、ボランティア劇団があり「歌、踊り、演劇を通じて被災者に勇気と力を与えよう」と言う趣旨で活動「鈴の会」代表 大野秀雄氏、他、団員9名が精力的に演劇を通じてボランティア活動を行っています。
千葉県防災士会から私を含め浅沼美弥子防災士2名同行させていただき、「ボランティア支援の在り方等、防災士とは」と改めて考えさせられる場面も多く、日頃、DIG、HUG、救出救助、応急手当、防災士としての基礎技能は修得しながら、今回、行ったボランティア活動の必要性もあらためて認識しました。
 双葉町は帰還困難区域に指定され6878名の方が県内、外に避難されており、2Kの仮設住宅は冬は寒く、夏は暑くエアコンは一日フル稼働とのこと、ご高齢の一人暮らしが多く、私がお話した82歳のおばあちゃんは「家族7人で楽しく暮らしていた、住まいは雑草が伸び、除染も進まず、俺は何も悪い事はしてないぞ、何故、こんな仕打ちを受けなければならないか解らない」と言われ、継続的支援の必要性を感じました。未だ、避難14万人は遠い帰還を夢見ながらの安住の地を求めての生活です。
 浅沼防災士もお年寄りとの傾聴ボランティアではお互いに涙する光景もうかがえ得ました。仮設住宅を後に、いわき漁港に立ち寄り、買い物支援を行い、帰路、有意義な一日でした。私とお話しした、おばあちゃんへ、当日の写真をおくりました。携帯電話が使えないと言っていた、おばあちゃんから、お礼の電話がありました。
 
        
               (記) 

日時: 平成25年9月6日(金)午前5:30~午後6:00
場所: 福島県いわき市南台31-1双葉町避難者仮設住宅
     サポートセンター「ひだまり」に於いて
参加人数: 30名
ボランティア内容: 歌、踊り、演劇、傾聴、買い物支援等

chiba250906-2

chiba250906-3

茨城県支部 茨城新聞に特集記事が掲載/古河市地域防災訓練に参加

         茨城新聞(2013年8月31日)に特集記事が掲載

ibaragi250831-1
掲載記事はコチラからご覧ください

 8月31日 茨城新聞(13面)防災特集記事について本年で3年連続の掲載となりますが、例年、9月1日「防災の日」を前に茨城新聞社が防災に関する特集記事を掲載しております。
 本年も9月1日を前に、例年同様、西村と高橋の2名が取材を受け、その記事が掲載されました。特に、本年は、「女性の視点から見た防災・減災対策」と言う角度で、当法人の専務理事(兼)女性部長の益子さや子のコメントも同時掲載して頂きました。


              古河市地域防災訓練に参加 
ibaragi250901-1
(写真1)
 9月1日 平成25年度 古河市地域防災訓練に参加しました。
古河市防災訓練参加は、2年目になりますが(写真1)菅谷憲一郎市長はじめ関係機関・団体、一般参加者約600名が出席した開会式の写真です。当法人は、理事(兼)県南西エリア長の鈴木勇氏を先頭に、西村理事長を含め県南西エリアの会員9名が参列しております。
(写真2)当法人の展示コーナーブース内で、理事(兼)県南西副エリア長の猪塚光彦氏が一般市民に液状化現象や地震波の伝導疑似体験を通して説明している所です。その奥には、「筋交い」の効用が体験できるセットに見えます。
当日の参加者は、9名です。鈴木 勇、猪塚光彦、高橋義一、神郡正光、高山芳男、鳥越俊輔、広瀬 貢、齊藤友孝、西村正夫

ibaragi250901-2
(写真2)

岡山県支部 山陽新聞(2013年8月9日・31日)に掲載

         山陽新聞(2013年8月9日・31日)に掲載

okayama250831-1

 岡山県の山陽新聞に支部の2名が掲載されました。
これは、岡山県下で減災に取り組む団体・個人の活動を定期的に紹介しているシリーズです。

掲載記事はこちらからご覧ください。

okayama250831-2

愛知県支部 ぼうさいあいち臨時号を発行

            ぼうさいあいち臨時号を発行

aichi250901-1
ぼうさいあいちはコチラからご覧ください

<ぼうさいあいち概要>
・「くり返しのくりかえし」
・平成25年度愛知県支部 通常総会
・日本防災士会平成25年度新役員
・平成25年度支部活動報告
・豊橋市上野町防災総合訓練
・名古屋地方気象台を訪問して
・25年度研修計画のお知らせ  他

aichi250901-2 aichi250901-3

兵庫県支部 「加古川市総合防災訓練」に初参加

                              NPO法人兵庫県防災士会
                               (東播地域)横山 恭子

           「加古川市総合防災訓練」に初参加

 加古川市で開催された総合防災訓練に兵庫県防災士会が防災関係機関として初めて参加をさせて頂いた。訓練は下記の日時で開催され大石伸雄理事長を筆頭に総勢18名の防災士が訓練に参加した。加古川左岸河川敷が訓練会場で、参加車両49台、参加人員約480名、ヘリコプター1機が参加。大石伸雄理事長は来賓席からエールを送り、田辺義博事務局長は展示ブースで防災士会を多くの人々にPR。東播・西播の防災士は地域住民の方々のサポートと防災士の存在を認知して貰いました。

             ― 記 ―

 ・開催日時 平成25年9月8日(日)9:30~11:30
 ・開催場所 訓練会場  加古川左岸河川敷(加古川町中津)

hyougo250908-1 hyougo250908-2 hyougo250908-3
 理事長を中心に先ずは全員集合、その後恒例の訓練礼式の再確認をして
気持ちを引き締め安全の再確認と目配り・気配りを促すミーティングです。

hyougo250908-4 hyougo250908-5 hyougo250908-6

hyougo250908-7 hyougo250908-8 hyougo250908-9
 会場では訓練参加機関として防災士の紹介を頂き、閉会式でも樽本庄一
加古川市長から防災士会を紹介して頂きました。  ― 以 上 ―                             

「近大姫路大学・福祉防災マップづくり」で指導

寺岡 芳孝(兵庫県 防災士)

             「近大姫路大学・福祉防災マップづくり」で指導
              「ひょうご防災特別推進員」として派遣される

「ひょうご安全の日推進県民会議(会長、井戸兵庫県知事)」が地域や学校、家庭における防災対策の実践活動を推進し、兵庫県民の防災力の向上を図るため、防災対策に関する講義又は助言を行う者を「ひょうご防災特別推進員」として登録し、要請に応じて派遣する制度が平成22年度より発足した。
250904teraoka1

これにより、姫路市大塩町にある近大姫路大学(看護学部看護学科 藤井智恵子准教授(地域看護学)では、「福祉防災マップ」を作成するに当たり、県防災企画課(ひょうご安全の日推進県民会議事務局)に「ひょうご防災特別推進員」の派遣要請を受けて、NPO法人兵庫県防災士会(兵庫県支部)副理事長 寺岡芳孝氏(ひょうご防災特別推進員)が派遣され指導をした。

今回「福祉防災マップづくり」のモデル地域として設定した姫路市白浜町は、松原八幡神社で行われる秋季例祭の「灘のけんか祭り」で、全国の数ある「けんか祭り」の中でも最大規模の祭りであるといわれ、すでに戦前から播磨を代表する祭りとして知られている。
地形は播磨灘海岸に面し、周囲は山並みで囲まれた海岸低地・三角州・後背湿地・干拓地として軟弱地盤の地域である。(地震では揺れやすい地盤・・)
また、標高も2~4mと低く近い将来に想定されている「南海トラフ巨大地震・津波」にも備えが必要な地域でもある。
こうした条件の中で「災害弱者支援」に視点をおいた「福祉防災マップづくり」に町歩きをして問題点を共有し作成に取り組んだ。
今回の「福祉防災マップづくり」に地域情報や活動拠点としてスペースの提供等で「姫路市灘地域包括支援センター」にご協力いただいた。(ありがとうございました)
地域を知る:危険を知るで、学生の防災意識の啓発にも成果があった。藤井智恵子准教授(談)
(文責:寺岡 芳孝)

                     記

■ 日 時 平成25年9月4日(水) 13:30~15:30
■ 会 場 姫路市灘地域包括支援センター
■ 参加者 教員・学生等 10名 
■ テーマ  ~福祉防災マップづくり(まち歩きで地域を知る)~
        1、地域包括支援センターで地域社会資源や高齢者支援の情報を反映する。
        2、災害時要援護者(高齢者等)の避難支援対策の視点を反映する。
        3、DIGの手法で福祉防災マップに集約する(地域を知る編・危険を知る編)
           *地域の自然環境に関する情報や災害ハザードマップ等の情報提供もした。
■ 講 師 ひょうご防災特別推進員 寺岡 芳孝(NPO法人兵庫県防災士会 副理事長)

   250904teraoka2   250904teraoka3
姫路市灘地域包括支援センター(ご協力!) 福祉防災マップを前に藤井智恵子准教授

250904teraoka4 undefined 250904teraoka5
町歩きで町内を調査する学生・・(松原神社近くは古い住宅が多く、通路も狭いなど問題点が多い・・)

undefined  undefined
          福祉防災マップと調査エリア

undefined

undefined undefined undefined

姫路市妻鹿連合自治会で防災講話

寺岡 芳孝(兵庫県 防災士)

          「姫路市妻鹿連合自治会」で防災講話
         「ひょうご防災特別推進員」として派遣される

250901teraoka1
                            熱心に聴講される消防団員・・
 「ひょうご安全の日推進県民会議(会長、井戸兵庫県知事)」が、地域や学校、家庭における防災対策の実践活動を推進し、兵庫県民の防災力の向上を図るため、防災対策に関する講義又は助言を行う者を「ひょうご防災特別推進員」として登録し、要請に応じて派遣する制度が平成22年度より発足した。
 これにより、姫路市妻鹿連合自治会(総代 篠原大典氏)では、9月1日(防災の日)に「平成25年度姫路市妻鹿連合自治会 津波避難訓練」を実施(雨天で中止となる)、併せて住民の災害意識向上での「防災講話」を開催するにあたり、県防災企画課(ひょうご安全の日推進県民会議事務局)に「ひょうご防災特別推進員」の派遣要請を受けて、NPO法人兵庫県防災士会(兵庫県支部)副理事長 寺岡芳孝氏が派遣され「防災講話」をした。
 今回の「防災講話」の配布資料として、神戸海洋気象台より「津波警報がかわりました!」、人と防災未来センターより「減災グッズを備えよう!」のリーフレットの提供を受けた。
                            (ご協力ありがとうございました。)
                    記

・日 時 平成25年9月1日(日) 10時00分~11時30分
・会 場 姫路市妻鹿公民館(1階ホール)
・参加者 連合自治会・自主防災会・消防団・地域住民等 約120名
・挨 拶 姫路市妻鹿連合自治会 総代 篠原大典氏
・講 話 テーマ  「万一の災害に 備える!」 
           ~災害は正しく恐れ 正しく備える~ 
          (DVD放映;約20分:津波に備える!)
          250901teraoka2
           ひょうご防災特別推進員 寺岡 芳孝
          (NPO法人兵庫県防災士会 副理事長)

250901teraoka3       250901teraoka4      250901teraoka5
雨天の中多くの住民が集まる! 避難訓練兼ねて受付をする・・ 熱心に聴講される自治会員等・・
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 講演 教育 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 支部総会 訓練指導 DIG 協定 自主防災組織 女性 総会 HUG 受賞 法人化 避難所 連携 実技指導 セミナー 被災地支援 研修指導 支部活動 支部会議 女性防災士 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR