兵庫県支部 「ボーイスカウト普通救命講習会の開催」

hyougo251227-2
 
西播磨地域担当

「ボーイスカウト普通救命講習会の開催」


 ボーイスカウト姫路地区の隊員を対象に普通救命講習会を開催した。受講生は32名、防災士が開催する講習会ですから冒頭は防災・減災の講話、そして「津波」についても地域の特性を学んで頂いた。
 孫を相手にお爺ちゃんが頑張る。若いエネルギーを吸収して爺ちゃんパワーは最高潮、世代間交流会的な講習で賑やかな雰囲気でしたが、さすがはスカウト隊キビキビとした動きで実技もバッチリと決めていた。

― 記 ―

  ・ 日 時   平成26年1月 26日(日)  13:00~14:00
  ・ 会 場   姫路市飾磨市民センター5階中ホール
  ・ 受講者   32名
  ☆防災士    染川直寛救命分科会委員長を筆頭に藤本雄策理事、峯山仁恭、
          上森俊正、坂口光博、中村政人、塩飽英寿、森川輝良の8名が
          講師を務めた。
  ☆受講者には、姫路市消防局認定の修了証を授与させて頂きました。

hyougo260126-1 hyougo260126-2 hyougo260126-3

hyougo260126-4

hyougo260126-5 hyougo260126-6 hyougo260126-8

hyougo260126-7


☆ボーイスカウト・ベンチャースカウト・ローバースカウトと幅広い参加者であったが、仲間と話し合って協力する姿や、活動で培われた奉仕の心が垣間見えた。資器材の撤収作業時に“何かお手伝いましょうか?」と小学5年生が声をかけてくれた感激。指導者がシッカリと教育されている姿が想像できる瞬間でもあった。指導者の方々には、傷病者役までご協力を頂きました。お疲れ様でした、ご支援に感謝します。
恒例となっている“救命講習会”次回は、爺ちゃんパワーもフル充電で臨みますが、更に強力な助っ人のお母ちゃんパワーも参加予定です。
(文責:森川 輝良)

スポンサーサイト

大阪府支部 大阪府吹田市消防出初式に初参加

大阪府吹田市消防出初式に初参加


osaka260112-1

 平成26年1月12日、大阪府吹田市消防出初式に12名で初参加し、其の内9名が分裂行進に参加。吹田市、吹田市長、吹田市職員、吹田消防署員と本年も信頼の絆が出来ました。
大阪府支部北摂ブロック 吹田防災士会は充実した活動が出来、天候にも恵まれ素晴らしい出初式を終了することが出来ました。

osaka260112-3

osaka260112-2

兵庫県支部 第24回西播合同会議の開催

hyougo251227-2
西播磨地域担当

「第24回西播合同会議の開催」



 第24回西播合同会議を下記の日時で開催した。支部の活動方針の周知及び新会員の紹介等を行った。特に、新会員には15歳最年少の会員が誕生した。また、現在「中播磨地域・ひょうご防災リーダー」講座を受講している高校生も、防災士の認定後に支部に入会を頂く予定です。これでグッと平均年齢も若くなり活動の範囲も広くなってくれると期待しています。今回、藤本雄策理事からパネル展示用のイーゼル10台を寄贈頂いた。このお披露目も行い大切にそして有効に使わせて頂きます有難うございました。

                ― 記 ―

 ・開催日時  平成26年1月18日(土) 9:30~11:45
 ・場   所  姫路市広畑市民センター 1階 会議室
 ・次   第
  ①支部の活動方針・第5回シンポジウム等、今後の活動予定について
  ②新会員の紹介と会員一覧表の配布
  ③応急手当(三角巾使用法)の学習会
  ④パネル展示用イーゼルの紹介と組立て手順について

hyougo260118-1 hyougo260118-2 hyougo260118-3

hyougo260118-4

hyougo260118-6 hyougo260118-7 hyougo260118-10

hyougo260118-8

hyougo260118-9

☆赤十字救急法指導員の山本一政・滝澤京子の両氏が講師として指導を頂いた。アレ~!!覚えていた筈なのに手順が…。各ポイントは参加者が思い出すようにゆっくりと、留意する点は繰り返し行い三角巾法の再確認を行った。使用した三角巾は各自が持ち帰ってマニュアルを確認しながら復習をお願いした。やはり暫く離れると忘れますね、定期的に講習会を開き手技に磨きをかけましょう。 次回は、パンストとレジ袋を使っての応急手当を3月8日に実施予定です。
(文責:森川 輝良)

香川県支部 香川県防災士会 会報Vol.16を発行

香川県防災士会 会報Vol.16を発行


kagawa260114-1
会報はコチラからご覧ください

<会報概要>
・年頭あいさつ
・仏生山地区DIG
・高松地方気象台視察
・さぬき市HUG研修
・シェイクアウト
・国分寺北部校区防災訓練
・今後の行事予定   他

kagawa260114-2 kagawa260114-3 kagawa260114-4

kagawa260114-5 kagawa260114-6 kagawa260114-7

熊本県支部 HUG巡回出前講座の開催等について

HUG巡回出前講座の開催等について


kumamoto251103-1

 熊本県支部では、平成25年11月3日(日)熊本市南部在宅福祉センターに於いて、上ノ郷町内(自主防災クラブ会長・防災士平井宏昌氏)の住民63名に対して、HUG巡回出前講座を顧問熊本大学工学部北園教授・熊本県支部防災士会の指導で静岡県防災局で開発されたHUGカードを利用致しまして、巡回出前講座を盛大に実施しました。
 当地区は熊本市の内陸部の一部に位置しており、地震が発生した場合には直接的に被害は出ないと推測されますが、大地震が発生した場合には同地区は軟弱地盤により、「甚大な被害が発生すると推測されます」と参加者に説明しまして、そんな中災害時要援護者が居住していた場合には、地域住民又職場の人達と一致協力して、助け合い無事に安全な場所に避難することが大事であり、「災害の規模が大きければ大きい程、公共機関の支援・救助は直ぐに望めない事や日本列島の海底にはフイリピン海プレートや太平洋プレート等が多数存在しており、日本列島は世界の中でも有数の地震大国である」と説明致しました。

 ここに上ノ郷町内の住民の皆さんが、HUG巡回出前講座を受講された感想・意見交換会の内容をご紹介致します。
「参加者無記名で記入」
1、今回の講義は勉強に成りましたが、実際はもっと大変だと思う。経験あるリーダーに指示してもらって避難生活を送らないと。
2、ペットの問題、トイレの問題、災害要援護者の問題、避難所では精神的に大変だと思います。
3、避難所の設定が具体的に多種多様だった為、実際に行動する際のイメージが今まで考えている以上に深く想定だきるようになった。
4、大変勉強に成りました。実際にシュミレーションでやってみて、初めて問題点が見えました。
5、今日の訓練では避難所の区割りを具体的にシュミレーションされ勉強になり、近年災害続きで地震対策と避難訓練が行われています、そして成果が上がっているようです。
6、知識があることは、良いことです。ありがとうございました。。
7、初めての経験でこんなに大変だとは想像していませんでした。
8、こんな機会をどんどん作って欲しい。
9、今日は受講して見て、防災の事について大変為に成りました。

kumamoto251103-2

kumamoto251103-3 kumamoto251103-4 kumamoto251103-5

kumamoto251103-6

 以上のようにHUG(避難所運営ゲーム)やDIG(災害図上訓練)等を熊本県支部では定期的に又接極的に開催致しまして、地域防災を担う中心は地域住民自身で有りますが、最も現実的で確立できるには、自主防災組織であり、自習防災組織以外でも企業・NPO団体であり、熊本県防災士会は毎年開催される熊本県・熊本市などの両官公庁の総合防災訓練の参加や火の国ぼうさい塾エキスパート研修会に参加協力して8年が過ぎており、自冶会等を重点に又熊本県実践的防災教育総合支援事業の認定団体として、学校防災アドバイザーと成り、県下の小・中学校を対象にして、平成11年高潮災害で甚大な被害を受けられた宇城市立松合小学校が存在する松合校区合同防災訓練に参加して、地震や津波・高潮・山崩れ等の被害から身を守る為に、緊急地震速報受信システムを利用した災害避難訓練を実施しながら防災士としての役割を心掛けて研鑚しています。

兵庫県支部 「マラソン大会での救護活動」

hyougo251227-2
 
西播磨地域

「マラソン大会での救護活動」



 第23回姫路城下町マラソン大会が開催され、兵庫県防災士会の西播地域が、救護担当として支援活動を行った。新春の風をきって5種目9部で4,500人が姫路城下を駆けた。ファミリーの部4~6歳幼児とペアーから60歳以上の生涯現役プロジェクトまでの幅広い選手層が力走した。天候にも恵まれコース沿道には多くの応援団が力強い声援をおくっていた。
― 記 ―

 ・ 開催日   平成26年1月12日(日) 開会式午前9時
 ・ コース    姫路城周辺コース  *スタート 午前9時30分~
 ・ 種 目   5種目9部門
 ・ 参加数   4,500人
 ☆防災士   藤本雄策理事を筆頭に染川直寛救命分科会委員長や神戸・東播・
         西播と姫路地区郵便局長会から篠本和彦、田靡征勇、田中
         久章、鴻坂正三、山戸由紀夫の5名の参加を頂いた。
          救護班・パトロール班を交互に担当し総勢21名が救護活動を行った。

hyougo260112-2

hyougo260112-1 hyougo260112-3 hyougo260112-4

hyougo260112-5 hyougo260112-6 hyougo260112-7

hyougo260112-8

hyougo260112-9

hyougo260112-10

☆小学生低学年は転倒する選手もあったが、中学生や高校生になるとシッカリした走りで転倒することもなくコースを完走した。今年度は転倒等でケガをした選手は26名と過去最低で年々少なくなってきている。我々防災士も全員が1万歩を越える距離を走破、日頃の節制が大きなポイントとなる一日でもあった。
(文責:森川 輝良)

広島県支部 支部会報 第57号を発行

支部会報 第57号を発行


hiroshima251222-1
支部会報はコチラからご覧ください

<支部会報概要>
・ひろしま自主防災研究会

hiroshima251222-2 hiroshima251222-4 hiroshima251222-5

千葉県支部 千葉県防災士会会報 第1号を発行

千葉県防災士会会報 第1号を発行


chiba260106-1
会報はコチラからご覧ください

<会報概要>
・ご挨拶
・主たる活動記録
・理事会報告
・今後の理事会・訓練予定
・お知らせコーナー
・防災トピックス
・自由テーマ  他

chiba260106-2 chiba260106-3 chiba260106-4

千葉県北部支部 支部会報「防災 千葉北部第15号」を発行

支部会報「防災 千葉北部第15号」を発行


chibakita260101-1
防災 千葉北部はコチラからご覧ください

<防災千葉北部概要>
・新年挨拶
・船橋市中学生防災学習支援
・地域防減災力向上支援活動
・防災用語あれこれ 避難勧告・避難指示 他

chibakita260101-2 chibakita260101-3 chibakita260101-5

chibakita260101-4

兵庫県支部 女性防災士と建築士による意見交換会

hyougo251227-2

平成25年12月27日

女性防災士と建築士による意見交換会


地震への備えの一つとして家具固定がありますが、まだまだ家具固定の普及率が低いという事もあり、建築士による家具固定研修と家庭を守る女性の視点からの普及啓発活動についての意見交換会を開催しました。

【日時】 平成25年12月15日(土)  14:00~16:00 
     建築士による女性のための家具固定講座 ・ 意見交換会
     「地震への備えの普及には女性の協力が必要です!」  
       【講師】 安心安全のまちづくり機構  代表 藤本桂三氏
【場所】 明石市防災センター(2階視聴覚室)  

hyougo251215-1
藤本建築士による家具固定講座

hyougo251215-2
滋賀県からも女性防災士が参加

建築士の有志が家具固定を推進するために希望者のお宅へ行って取り付け作業をするものの、一番大切な寝室への入室を断られるケースが多くあるそうで、女性の心理についての意見や作業者が女性であれば入りやすいのではないか、婦人会や隣保のリーダー核になる女性から口コミで広げてみてはどうかなどを車座で話し合いました。
昔に比べて地域のコミュニケーションが薄れている中、小さな子供を持つママ友などの小集団はどこの地域にでも見られるため、ママ友や地域の婦人会、介護家庭や福祉関係者などターゲットを絞って活動してみる方が機能的との意見も多くありました。
地域や学校の講演会で家具固定の話を聞いても「いい話だったね」と、その場で納得するだけで終わることが多いため、数人のグループに車座で話をし、その場で作業体験や取り付けが出来れば、普及のスピードも速くなるでしょう。女性ならではのソフトな活動として今後取り上げていくのもいいのではないかと参加者もこれからの活動のヒントを得ることが出来ました。
(文責 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 教育 講演 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 協定 支部総会 総会 DIG 訓練指導 自主防災組織 女性 支部設立 研修指導 支部活動 女性防災士 被災地支援 法人化 HUG 受賞 セミナー 実技指導 支部会議 訓練HUG 連携 避難所 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR