徳島県婦人防火クラブ連合会の研修会で講師を担当

金山 利勝(徳島県 防災士)

徳島県婦人防火クラブ連合会の研修会で講師を担当

260317kanayama1

平成26年3月17日に徳島県婦人防火クラブ連合会の研修会が徳島県庁4階の会議室で開催され、研修会の講師を徳島県支部の金山利勝防災士が担当しました。

はじめに防災講話「南海トラフでの巨大地震に備えていますか!」をお話し、次に日本防災士会の防災啓発ビデオ「防災クイズ~知っててよかった~」を実施。残った時間で防災ワークショップとして「意思決定訓練(クロスロード)」
を行い、グループ討議を実施しました。

2時間におよぶ研修会でしたが、婦人防火クラブの皆様は常日頃から防災に関心をお持ちで熱心に聞いてくれました。 特に防災クイズでは問題のあとに回答がスクリーンに映し出されると参加者から「エー!」とか「合ってた!」との
声が聞かれるなど熱心に問題に取り組んでいただきました。

なお、私が主宰の「徳島防災デリバースタジオ(防災士による防災出前講座)」では自主防災会や町内会、団体等からの依頼を受けて防災出前講座を行なっており、本年になってからも1月は3件、2月3件、3月は4件の出前講座を実施しました。
これからも地域の皆様の防災意識の啓発にお役に立てればと頑張っていきます。

260317kanayama2
スポンサーサイト

茨城県支部 茨城県防災士ネットワークだより 第008号を発行

茨城県防災士ネットワークだより 第008号を発行


ibaragi260324-1
ネットワークだよりはコチラからご覧ください

<防災士ネットワークだより概要>
・茨城県防災啓発研修会講演報告
・「DIG」「HUG」並びに「避難所開設」研修会実施報告
・講演会並びに防災教室
・女性部の災害料理
・第5回及び第6回・理事会報告
・女性会員紹介コーナー
・”3.11あの日 わたしは”  他

ibaragi260324-2 ibaragi260324-3 ibaragi260324-4

兵庫県支部 姫路リレーマラソン大会での救護活動

hyougo251227-2
西播磨地域担当

姫路リレーマラソン大会での救護活動


hyougo260322-4

 第1回「姫路リレーマラソン2010」が下記の日時で開催された。株式会社播磨リビング新聞社からの依頼で救急救護担当として支援活動を行った。「世界遺産姫路城マラソン2015」への機運を盛り上げるイベントとし姫路初のリレーマラソンが開催され、ICチップを付けたタスキをつないで全員が完走を目指すチーム競技でファミリーの部門・フルマラソンの部門に総勢89チームが参加した。
hyougo260322-1
             ― 記 ―

・ 開催日時  平成26年 3月 22日(土) 9:00~
・ 開催地   姫路市立 陸上競技場(姫路市中地)
・ 参加者   ファミリー部門:42チーム(166人)
         フルマラソン部門:47チーム(391人)
・ 防災士  救命分科会の染川直寛委員長・藤本雄策理事を筆頭に
       上森俊正咲子ご夫妻、外山祐子、森川輝良の6名が参加。

hyougo260322-2
 
hyougo260322-3 hyougo260322-8 hyougo260322-9

hyougo260322-5


hyougo260322-6

hyougo260322-7

☆大会に出場していた現役救命士から競技の合間に救命講習会での指導ノウハウを伝授頂きました。現役救命士の体験談と苦労話等の情報は、普及員活動に活かせる貴重な情報として活用させて頂きます。救命士が参加していたチームは第4位、記録2時間24分でした。競技の合間でのご指導に感謝です。
☆救命講習時の手技・展示方を互いに披露しながら、講習の進め方等々、束の間の青空救命教室を開催しました。また、大会に参加されている方々にも、救命処置のデモンストレーションで啓発活動も実施した。 
☆走りを追及したチームとパフォーマンスを楽しむチームと様々なチームが活躍した。中でも*子供会軍団の5歳児の力走は圧巻、コスチュームも立派なアスリートでした。           (文責:森川 輝良)

兵庫県支部 「“ふくふく祭り2”で防災パネル展示の開催」

hyougo251227-2
西播磨地域担当

「“ふくふく祭り2”で防災パネル展示の開催」


hyougo260321-1

 福崎町のエルデホールにて、趣味の発表や地域交流の場としてのイベントが開催された。会場には、62店舗が出店し手作り雑貨や食べ物店等が、地域の方々との交流を深め、福崎町の活性化をはかった。昨年は「中播磨安全の日のつどい」でも、防災パネル展示をさせて頂いたご縁で、多くの方々に、お声をかけて頂きました。地域での認知度もうなぎ上りで、新しい防災士が誕生予定です。

                ― 記 ―
  ・ 開催日時  平成26年 3月 21日(金) 9:00~
  ・ 開催地   福崎町エルデホール(神埼郡福崎町福田)
  ・ 参 加   62店舗 (雑貨・ワークショップ・癒し・食べ物他)
  ・ 防災士   山本一政店長を筆頭に竹平元則、井村元彦・淳子
           ご夫妻、坂口光博、玉田誠司、滝澤京子、吉田陽樹、
           森川輝良の9名が参加した。
hyougo260321-2

hyougo260321-3 hyougo260321-4 hyougo260321-5

hyougo260321-6 hyougo260321-7 hyougo260321-8

hyougo260321-9

hyougo260321-10

☆会場の案内放送で「兵庫県防災士会」が紹介され、山本一政店長や兵庫県支部特製の“非常用コンロ”もTouTubeで紹介されました。非常用コンロは好評で話しを聞いて買いに来ましたと言った方がおられた。
☆日頃お世話になっています、神河町の山名宗悟町長もご来店を頂き、防災のパネル紹介をご覧頂いた。
☆会場では緑色のテントを目印に多くの方々にお越し頂いたが、山本一政店長手作りの「兵庫県防災士会」の立て看板と卓上のぼりが注目を集めていました。また可愛いお客様にと始めた滝澤京子さんのバルーンアートが人気で行列ができるほど、オジサン達は、風船を膨らますのにてんてこ舞状態で、カメラを構える時間はありません、可愛いお客様のリクエストに答えるのが精いっぱいでした。
(文責:森川 輝良)

兵庫県支部 『NPOフェスティバル』に防災士会展示ブースで参加

hyougo251227-2
阪神地域担当

『NPOフェスティバル』に防災士会展示ブースで参加


hyougo260315-1

 西宮市内で活動するNPOや市民活動団体による交流イベント「NPOフェスティバル」が市役所前の公園で開催されました。
年々参加者も増え今年は市内約40団体が参加しました。特に第10回を迎える今回はNPOと企業との協働の機会を生み出すことを目的に社会貢献活動への意欲を持つ企業のブース出展やステージ出演等で大いに盛り上がりました。

[日 時] 平成26年3月15日(土)10:00~16:00
[場 所] 西宮市六湛寺町市役所前公園
[参加者] 大石伸雄、粟田正志、宇津江信夫、宇津江欣子、藤田朝代、村田勝喜、
     桜井唯史、山中啓資、岡田和泰、岸本鈴江、駒井澄子、中村高史、
     島中一成、永吉秀夫、村津良明、岸本 正の16名が参加

hyougo260315-2
防災士会ブース前でのCPR指導とAED体験

hyougo260315-3

hyougo260315-4
Are you OK? ニホンゴワカリマスカ? Oh little ネ

hyougo260315-5
会員手作りの非常用コンロの実地販売

hyougo260315-6
非常グッズの展示説明 これは防災手拭いです

hyougo260315-7
選んだ非常持ち出し品の重量を体験

hyougo260315-8
前半の部スタッフ全員集合

 兵庫県防災士会のブースでは、団体活動の紹介、CPR指導・AED体験、非常持ち出し品ゲーム体験、最新防災グッズの展示紹介、防災コンロの販売等を実施し、多くの市民の方に 防災士の活動をアピールしました。
(文責 岸本 正)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会

中国支部連絡協議会 連絡協議会便り第2号を発行

中国支部連絡協議会便り第2号を発行



chuugokusiburenrakukyougikai260316-1
連絡協議会便りはコチラからご覧ください

<連絡協議会便り概要>
・スキルアップ研修会(広島会場)

chuugokusiburenrakukyougikai260316-2 chuugokusiburenrakukyougikai260316-3 chuugokusiburenrakukyougikai260316-4

女性消防団員研修会にて防災講演

hyougo251227-2
東播地域

横山 恭子(兵庫県 防災士)

女性消防団員研修会にて防災講演

大阪府の7消防団(枚方市・寝屋川市・高槻市・東大阪市・茨木市・門真市・交野市)合同の女性消防団員研修会にて防災講演を行った。各分団によって所属や活動内容が違うため、定期的に情報交換とスキルアップを兼ねて自主的に研修会を開催。この度は、女性の視点からの防災講演の依頼でしたので、女性消防団員と防災士という両方の立場から家庭防災や地域防災活動への参画、女性防災リーダーの重要性などを話した。

【日 時】 2014年3月15日(土)
        10:00~12:00 防災講演「女性と家庭防災」
        13:00~15:00 女性消防団員&防災士 交流会
【場 所】 メセナ枚方
【参加者】 大阪府女性消防団員 20名
      NPO法人兵庫県防災士会  横山恭子

260315yokoyama1
「防災」というと、難しく考えがちですが、女性が普段関わっている家事の延長線上にあり、安心できる生活を送るための知恵であるということを伝え、もっと気軽に女性が参加できる防災訓練や研修会などの企画運営を女性消防団員や女性防災士が推進していくべきだと説明しました。
女性の防災リーダーの重要性を説明する際には、青森県男女共同参画センターが販売している「安心できる避難所づくり~男女共同参画の視点を避難所運営に~」のDVDを見ていただき、避難所での女性の立場や苦難などを知ってもらった。
女性団員は、幼児防災教育の現場に出動することも多くありますので、兵庫県の保育園でも行っている「ぼうさい教室」の内容を紹介し、「ぼうさいダック」と「QQ体操」を一緒に体験していただいた。
講演会終了後の交流会では、お互いの苦労話や今後の活動の意気込みなどの意見が飛び交いながら賑やかな会食となった。参加者の中には、防災士有資格者も数名おられ、「資格は持っていたが、どのように活動していいのかわからず、今まで何も活動していなかった。今回の講演を聞いて活動してみようと思った。」と嬉しいお言葉を頂いた。地域は違っても、講演や活動を見ていただくことによって、防災活動に悩んでいる女性の道しるべになれたらと改めて思った。
(文責 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会

兵庫県支部 「避難所開設・運営図上訓練研修」の報告

「避難所開設・運営図上訓練研修」の報告


 「避難所開設・運営図上訓練研修」を関西支部連絡協議会、兵庫県防災士会で実施しました。
 今回の研修は、昨年の日本防災士会実施の「避難所運営・開設指導者研修」、「HUG指導者研修」の内容を組み合わせ、避難所の収容人員把握や配置、各班の業務などのマネジメントをより深く模擬体験出来るように、アレンジしました。
 内容は、参加者が事前に避難所運営委員会を設立し、地域情報をもとに、配置計画、避難所のルールを作成、その後、地震災害設定により、HUGカードを使って実際に避難者等を受け入れ、各班の記録、対応、配置計画の柔軟な変更などの避難所マネジメントを模擬体験しました。
 参加者からは、「物流を配慮した通路幅」、「長期滞在、短期滞在者視点からの配置」、「運営管理上、車生活禁止」、「名簿などの様式形式」など、様々な運営マネジメントの視点から意見が出され、意見交換も出来、有意義な研修となりました。
                 ― 記 ―
・ 開催日等 2月16日(日)10:30~16:30 飾磨市民センター【兵庫県防災士会主催】
       3月16日(日)10:30~16:30 西宮市民共済会館【関西支部連絡協議会主催】
・ 参加者   46名 (2/19 19名、3/16 27名)
・ 内 容  10:00 避難所の解説と「安心できる避難所づくり(青森県)」DVD観賞
        11:30 避難所開設・運営委員会設立(配置計画、ルール作成)
        13:30 HUGカードを使った受け入れ訓練
        15:30 各班の発表(ラウンドテーブル形式)、まとめ
・使用材料等 HUGカード、学校配置図(A1)、学校使用状況図(A1)、体育館平面図(A1)、避難所様式集、
         「安心できる避難所づくり(青森県)」DVD、体育館、教室レイアウト事例、ルール例など
hyougo260316b-1

hyougo260316b-2

hyougo260316b-3

hyougo260316b-4
(写真は、関西支部連絡協議会主催時)
非営利活動法人兵庫県防災士会 粟田政志

北海道支部 活動が新聞で紹介

活動が新聞で紹介



 平成26年3月16日の北海道十勝方面・・池田町での防災講習会の開催内容が、地域新聞へ掲載されました。

260318hokaido1 260318hokaido2
記事(右)、
記事(左)はクリックしてご覧ください。

多摩ブロック 研修会を開催

多摩ブロック研修会を開催


さる、3月14日に、陸上自衛隊立川駐屯地において、多摩ブロック研修会を行いました。
災害活動の経験豊富な自衛隊から、各種装備や救援活動についての説明を頂き、今後の防災士活動の糧にしようとの試みで実施。
総勢22名の会員が参加し、各見学パートでは、質問や活発な意見交換が行われました。
今回、立川駐屯地のお計らいで、通常の見学では公開されていない場所も、防災士会ということで特別に入らせていただき、また、実際に福島原発の冷却水注水作業に従事した隊員からお話を伺うことができたりと、貴重な見識を得られる研修会となりました。

本企画を実行するに当たり、駐屯地広報班をはじめ、OBである当ブロックの坂田幹事には、大変ご苦労をおかけしましたこと、改めて感謝申し上げる次第です。

tama260314-1

tama260314-2

tama260314-3

tama260314-4 tama260314-5 tama260314-6

tama260314-7
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 教育 講演 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 協定 支部総会 総会 DIG 訓練指導 自主防災組織 女性 支部設立 研修指導 支部活動 女性防災士 被災地支援 法人化 HUG 受賞 セミナー 実技指導 支部会議 訓練HUG 連携 避難所 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR