千葉県支部 「親子防災学習」における講演と実技指導

NPO法人千葉県防災士会
理事 浅野幸輝

「親子防災学習」における講演と実技指導


 千葉県防災士会では、木更津市文京公民館からの要請による「夏休みボランティアスクール親子防災学習」を行いました。

  日  時    平成26年7月29日(火) 10:00~12:00
  場  所    木更津市文京公民館
  研修名    「夏休みボランティアスクール親子防災学習」
  内  容    東京湾北部地震被害想定から、「災害から命を守る」ための講演を「千葉県地域防災計画概要版(千葉県防災危機管理部発行)」を使い、自助・共助の必要性、公助の重要性等を講演。「生活用品を活用した災害時に役立つ防災グッズの作成と展示」、「液状化現象の実験」「簡易ランタンの作成」「身近な物を使った応急措置・応急担架作成」「搬送法」等の実技指導を行い、参加者に防災活動に関する理解を深めさせた。

 参加人数 約100名
 参加防災士
    NPO法人千葉県防災士会(敬称略) 川崎 隆克
                            佐藤 修一
                           浅野 幸輝
                       
  冒頭、川崎防災士より「防災士とは」設立の経緯、東日本大震災の概要、防災訓練の必要性について説明を行った。
 
chiba260729-1 chiba260729-2

chiba260729-3
 【佐藤防災士による講演】
 佐藤防災士による、東京湾北部地震被害想定から「命を
 守る」ために、「自助」「共助」の必要性、「公助」の重要
 性等について、講演。


chiba260729-4
 石膏ボードを使った、家具等の固定方法
 「液状化現象」の実験
 特に、最近の家は石膏ボードが多く使われているので、参
 加者の皆さんも大変興味を示していました。
 また、液状化現象にも驚いていた。(木更津市は埋立地
 が多い。)


chiba260729-5  chiba260729-6
 【実技指導】
 毛布を使った「搬送法」
 竹竿と毛布での応急担架
 子ども達は興味深々でした。



chiba260729-7

  一人搬送を中心に、徒手搬送法を指導し、子供達や保護
  者に体験してもらいました。


 
chiba260729-8
 身近にある物を使った応急措置の指導

 スーパ―のレジ袋、雑誌、サランラップを使った腕の骨折時の応急措置



chiba260729-9

 ストッキングを使った、腕の骨折時、頭部損傷時の応急措置
 子ども達はワイワイ言いながらも興味深々です。



chiba260729-10
 川崎防災士より、キャンプや避難小屋作成に役立つ
 「角縛り(十字架縛り)の方法を教えてもらいました。




                                        
その他にも、テッシュとアルミホイル、サラダ油を使った簡易ランタンの作成を参加者皆さんで防災士の指導のもと行いました。

参加者の感想
 大変役にたちました。こんなに身近にある物で応急手当てが出来たり、普段何気なく見て、使っているものでも工夫することによって、いろいろと使い道があるんだなぁと感心しました。
以上
スポンサーサイト

北海道支部 夏祭りでの防災イベントへ参加

夏祭りでの防災イベントへ参加


hokaido260726-1

 市民公園での夏祭りでの防災イベントへ参加しました。

             記
日 時  平成26年7月26日(土) 10:00 ~15:00
会 場  札幌市西区八軒 農試公園にての市民対象の夏祭り
主 催  講演管理の財団による
内 容  防災イベントにて・・・消火・煙体験・防災関連品展示
参 加  家族連れの市民・イベント関係者(北海道防災士会)

hokaido260726-2

※夏休み初日開催 7/26・27日の二日の予定、雨で26日のみ。
※家族で楽しく学習体験、会員も実技体験の場となった。

北海道支部 「組織における災害危機管理 ~ 東日本大震災の教訓」講演を聴講

「組織における災害危機管理 ~ 東日本大震災の教訓」講演を聴講



hokaido260723-1

下記の内容で、防災士10名程が参加、講演会聴講・学習しました。
          記

開催日時  平成26年7月23日 15:00~17:00
会  場  札幌市北区サンプラザ
主催(共催) 札幌防火管理者協議会連合会(札幌北区防火管理者協議会)
講演内容 「組織における災害危機管理 ~ 東日本大震災の教訓」
講  師  神戸学院大学 教授/医学博士 中田敬司 (現代社会学部・社会防災学科・ 元広島消防局航空隊
       ・国際消防救助隊・JICA医療メンバー海外活動。
       東亜大学医療学部を経て~教授、日本医科大学で博士課課程・医学博士

海外を含めて、大災害時の対応の実態について聴講できました。

hokaido260723-2

千葉県支部 夏休みボランティアスクール・防災グッズを作ろう

夏休みボランティアスクール・防災グッズを作ろう


chiba260722

 子供たちも夏休みに入って3日目 関東地方も梅雨明け宣言がされた平成26年7月22日(火) 成田市福祉館において、小学生(60人)を主体とした夏休みボランティアスクール「防災グッズを作ろう!」を開催しました。サブタイトルは「いざという時のために・・・今できることは?」として、考え、学び、そして実技で体験しました。
 内容は、あの大震災の被害を忘れないために東日本大震災時の千葉県の被害状況のDVD上映、そして「生きのびるための12のサバイバル」の講演、いざという時に役立つ応急対策として、簡易トイレの作成方法、毛布や衣服を活用した応急担架の作成方法、「風呂敷」利用して三角巾作成しての包帯法やレジ袋により堤肘の固定処置要領等の実技指導を展開しました。
 特にランタンの作成要領は熱心に取り組むとともに「灯り」の大切さを学びました。また簡易ろ過機コーナーでは、飲料水の大切さを身をもって体験しました。
 参加した60人の児童は、「いざという時のために・・・今できることは何か?」を考え判断し行動することを学びました。次回のボランティアスクールにもぜひ参加し防災の知識技術を身につけたいとのことでした。主催した成田市社会福祉協議会から、今日の体験を通して防災意識の高揚が見られたとの講評をいただきました。
NPO法人千葉県防災士会 指導者 川崎隆克 浅野幸輝 渡邉一弘

北海道支部 地域で安心・安全に 防災ボランティアセミナー

地域で安心・安全に 防災ボランティアセミナー (2014/07/20)


hokaido260720-1

 小樽地区赤十字防災ボランティア会(前田正夫会長)では、7月20日(日)13:00から15:30まで、小樽赤十字会館(緑1)で、防災ボランティアセミナーを開催し、同会メンバーや町内会を代表して35名が参加し、防災意識を高めた。
 日本防災士機構認定の防災士で、北海道防災士会幹事長の横内春三氏が講師を務めた。横内氏は、消防士経験を活かし、阪神淡路や東日本大震災などで情報収集を兼ねてボランティアを行い、防火・防災管理者資格の講師を務めるなど、防災のプロフェッショナル。地域でいつまでも安心で安全に過ごすために、住んでいる町や人を知り、災害に対応できるよう話があった。他4名の防災士も参加した。

hokaido260720-2

 防災士とは、日本防災士機構が認証する民間資格。社会の防災力向上のために活動が期待され、意識・知識・指導力を有することを認められた人物。1995(平成7)年の阪神淡路大震災をきっかけに、兵庫県知事が動き、現在、全国約6万人、道内では2,000人以上の防災士がいる。2012(平成24)年3月に北海道防災士会を設立し、10年目を迎えた。防災学習会へ講師を派遣したり、防災・減災への啓蒙活動を各地で行っている。
 小樽で防災士を講師に迎えたセミナーは、今回が初開催となった。
 参加者は、5つの班に分かれて、小樽市津波ハザードマップを広げ、どんな災害が潜んでいるか危険な箇所に印をつけた。小樽で発生しそうな災害を想定したり、複数の避難経路を考るなどの災害図上訓練(DIG)や避難所運営訓練(HUG)が、セミナーに盛り込まれた。

hokaido260720-3

 市内では、土砂災害ハザードマップによると危険箇所が226箇所もあるのを踏まえ、過去に市内で起こった災害の被害状況を知り、想定外では済まされない災害の対応に備えるため、図上訓練を行った。どんな災害がどこで起きているか情報収集することが重要であり、北海道北西の日本海で、MG8の地震が発生。日本海側に大津波警報が発令され、市内全域に高台への避難指示を発令したと想定し、老人施設から避難所へ向かった、乳児施設から避難所へ向かったなど、様々な事例をもとに、避難所設営を考えるにあたり、必要な対応を説明した。
 最後に、座ったままの姿勢で安全、迅速に搬送できる椅子担架の使用方法を実践し、2時間半の有意義な時間を過ごした。
 同会会員の53歳女性は、「災害はあったら困ると思っていたが、いつ起こっても不思議ではない。地域で起こるかもしれないという気持ちで真剣に聞いた」と話した。

hokaido260720-4

hokaido260720-5

兵庫県支部 「姫路港ふれあいフェスティバル」に参加

hyougo251227-2
西播エリア担当

「姫路港ふれあいフェスティバル」に参加


hyougo260721-1

 一昨年開港50周年を迎えた姫路港で、今年も「姫路港ふれあいフェスティバル」が開催された。港の重要性や海の魅力を発信し、銀の馬車道の発着点である姫路港を身近な港として親しんで貰う市民県民参画型のイベントで防災士会も3年目を迎え防災展示やバルーンアートで親子に楽しんで貰いました。当日は雷雨の予報も出ていましたが、結果的には天候にも恵まれ「梅雨明け」が発表された日となった。

                       ― 記 ―

  ・ 開催日時  平成26年 7月 21日(月・祝日[海の日])
  ・ 開 催 地   飾万津臨港公園周辺 
  ・ 参 加 者   竹平元則筆頭に西播エリア・東播エリア・女性部会・研修
           部会から総勢22名が参加した。
☆展示ブース・会場の救護・岸壁警備それにバルーンアートで参加者には
タイトスケジュールで三面六臂いや八面六臂の活動をお願いした。
 
☆活動の様子(午後からの参加者は写っていません。ごめんなさい。)
hyougo260721-2 hyougo260721-3 hyougo260721-4

hyougo260721-5 hyougo260721-6 hyougo260721-7

hyougo260721-8 hyougo260721-9 hyougo260721-10

☆バルーンアートでは多くの親子に並んで頂き申し訳ない。この画像を観てビックリです。製作者のスキルが問題です、ご迷惑をおかけしました。暑いな~とボヤキながらちびっ子のリクエストに答えていました。
 次回はシッカリとバルーンアート講習会を開催しスピーディな製作が出来るようにスキルアップをはかります。
☆社会科見学…海上自衛隊練習船「しまゆき」今年は時間の都合で艦内見学は中止です。海自と陸自ではラッパの音色が違う、吹き比べの紹介で納得。陸自「広報」の方にご配慮頂き、特別に車両内部の装備を見学させ頂きました。姫路駐屯地祭りにも伺いますので宜しくお願いします。 以上 (文責:山本 一政)

広島県支部 支部会報第66号を発行

支部会報第66号を発行


hiroshima260719-1
支部会報はコチラからご覧ください

<支部会報概要>
・26年度 第1回スキルアップ研修

hiroshima260719-2

hiroshima260719-3

hiroshima260719-4

北海道支部 北海道防災士会 学習会の開催

北海道防災士会 学習会の開催


hokaido260714-1

 学習会の開催を報告します。

                記

1 開 催 日 6月下旬~7月上旬の夜間(18:00~21:00)
         札幌市内・近郊の希望者参
2 開催場所(会場) 札幌市エルプラザ・・・市民活動サポートセンター
3 開催内容 
 ① 防火・防災の基本知識
 ② 講演・講習の企画・進め方
 ③ PPの作成・活用方法
 ④ 体験学習(訓練のすする方・指導方法)
    4日間 延べ40名・10時間

※ 講師・・役員(専門員)によるボランティア。PC・PP・プロジェクターによる映像学習。
※ 好評なことから、今後も実施を検討中。

hokaido260714-2

東京都 多摩ブロック 平成26年度多摩ブロック総会開催

平成26年度多摩ブロック総会開催


tama260622-1

 去る、6月22日に、平成26年度多摩ブロック総会を、浦野理事長ご臨席のもと、立川市こども未来センターにおいて開催いたしました。

当日は22名の会員防災士の出席のもと(他に委任状24名)、活発な意見交換を交えながら、上程した議案すべてを恙なく決議致しました。

また、多摩ブロック独自の救急法資格認定として、AHAのハートセイバー資格、又は応急手当普及員の資格者を、より高度な救命技能者として、「救命防災士」として認定し、多摩ブロックで行う救命講習には指導役として参加していただくことを決定いたしました。
東日本大震災以降、防災士に対する社会の期待は益々高まり、わがブロックにも多くの自治体や団体から防災や救急法に関する講習会の開催依頼が舞い込んでおり、これらに対処できる人材確保と養成に力を注いでまいります。

総会終了後は、同会場で懇親会となり、和やかな雰囲気のもと、自己紹介を兼ねた親睦会を行いました。

総会にご協力いただきました出席者の皆様に、感謝申し上げる次第です。

多摩ブロック 事務局

tama260622-2

茨城県支部 茨城県警察本部防災講演実施報告

茨城県警察本部防災講演実施報告


茨城県防災士ネットワーク
副理事長、広報機関紙部長
高橋 茂

 このたび、茨城県警察本部警備部警備課殿より「災害にかかわる教養」講座における講師の派遣依頼があり、下記要領にて実施しましたので報告します。

講演日時 ; 平成26年6月17日  午後0時50分~午後2時10分
開催場所 : 茨城県警察学校研修センター
内  容 : 災害時要援護者対策及び災害時の女性の役割
受講者 : 茨城県警察本部等警察官 約20名

 当ネットワークでは、上記依頼内容に沿って「災害時要援護者対策」については益子さや子専務理事を、また、「災害時の女性の役割」については阪神淡路大震災の実体験者でもある永倉喜代副エリア長の2名を派遣し講演を行った。
 講演では、年齢が20代から50代という幅広い警察官の方が受講された。この中に2名の女性警察官が参加しており、「身近な内容で判り易かった」との感想をいただいた。
 また、質疑応答の中で「災害現場で警察官ができることは?」との質問があり、マスコミ等のメディアからは報道されなかった現場の生の実態等についていくつか紹介したが、この時の受講者の目の輝きが印象的だった。このことより、いかに受講者目線(何を聞きたいか、望んでいるか)が重要かつ大切であるかを、あらためて強く感じた。今後の講演活動に生かして行きたい。

ibaragi260617-1
永倉喜代防災士
         
ibaragi260617-2
益子さや子防災士

ibaragi260617-3
熱心に受講される警察官のみなさん
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 講演 教育 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 支部総会 訓練指導 DIG 協定 自主防災組織 女性 総会 HUG 受賞 法人化 避難所 連携 実技指導 セミナー 被災地支援 研修指導 支部活動 支部会議 女性防災士 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR