兵庫県支部 乃井野自主防災組織 初の防災訓練

hyougo261026c-1
hyougo251227-2
西播エリア

乃井野自主防災組織 初の防災訓練



兵庫県が阪神淡路大震災20年事業として実施している県民総参加減災キャンペーン「自主防災組織への支援制度」を利用して、初めて防災訓練を企画した自主防災組織を消防機関と防災士が協力して支援しました。

                -記-

   【日時】平成26年10月26日(日)9:30~13:00
   【場所】兵庫県佐用郡佐用町乃井野  乃井野倶楽部
   【内容】 9:30 避難訓練
              避難者名簿作成
        10:00 開会あいさつ
              スタッフ紹介 ・ 訓練説明
        10:10 水消火器による初期消火訓練(消防団)
              救命講習(消防職員)
              段ボールベッド組み立て(防災士)
              非常持ち出し品、備蓄品説明(防災士)
              丹波市豪雨災害パネル展示(防災士)
             炊き出し訓練(自治会)
        11:30 搬送法訓練(防災士)
              子ども対象 ぼうさいダック・紙食器づくり(防災士)
        12:10 非常食試食

hyougo261026c-2 hyougo261026c-3

hyougo261026c-4 hyougo261026c-5

5年前の県西・北部豪雨災害で被災した佐用町は、この5年間の間に自助・共助の町づくりを推進し、自主防災組織の立ち上げに力を入れてきた。
今春に発足したばかりの乃井野自主防災組織では、初めての防災訓練ということもあり、企画段階から防災士が入って支援を続け、訓練内容も、様々な年齢層を考え、就学前の子供から高齢者まで全員が体験できるように工夫された。
訓練指導は、地域の防災力を強化するために、消防署や消防団とも連携し、当日は役割分担を決め、それぞれの立場から住民の指導に当たった。この日、指導にあたった防災士は、5年前に自らが豪雨被災経験をもつ地元防災士や、記憶に新しい丹波市豪雨災害の被災地で活動した現場を知る防災士3名にて行った。
(文責 竹平元則)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会


hyougo261026c-6
記事はコチラからご覧ください
スポンサーサイト

富山県支部 富山県防災士会 会報第10号を発行

富山県防災士会 会報第10号を発行


toyama261031-1
会報はコチラからご覧ください

<支部会報概略>
・平成26年度富山県市町村総合防災訓練(10市町会場に延べ130名余の会員が参加)
・射水市太閤山地区にて防災講座DIG、HUGの取組み
・第1回例会開催
 出前講座勉強会「医療の視点から見た大規模災害について」(講師 野田防災士)
 富山弁で防災落語 越中家漫欽丹さん(アマチュア落語家)
・防災施設見学会を実施(立山カルデラ砂防博物館と神通川流域の施設など)
・その他

toyama261031-2 toyama261031-3 toyama261031-4

 

東京都足立区支部 荒川から水害の実態を考える研修会

荒川から水害の実態を考える研修会


adachi261024-1 adachi261024-2

 足立区防災士会は10月10日と24日国土交通省荒川河川事務所の協力により荒川の船の上から荒川の水害を考える研修会を行いました。
 当日は、足立消防署・千住消防署・西新井消防署・綾瀬警察署・西新井警察署・竹ノ塚警察署・足立区役所災害対策課の方々とともに隅田川と荒川が交わる北区の岩淵ステーションゆき、荒川の災害の歴史から現在に至るまでのパネル展示と話を聞きました。
 ここでは大雨が降った時に隅田川の流水を調整する水門や災害時に水門の管理や行政とのやり取りをする指令室の見学をしました。
 その後、墨田区と 江東区との堺にある荒川ロックゲートを見学しました。これは水位の異なる二つの川を行き来する為の施設、二つの扉で船を挟み行く川の水位いに合わせる事で運航ができる施設で大雨や災害で陸路が遮断された時に救援物資や救援活動が期待されています。

足立区防災士会広報 小野

adachi261024-3 adachi261024-4

adachi261024-5 adachi261024-6

adachi261024-7

北海道支部 平成26年度第2回会員研修会を開催

平成26年度第2回会員研修会を開催

 
hokaido261026-1

日 時 : 平成26年10月26日(日) PM 13:30 ~ 16:00
場 所 : 札幌市北区 エルプラザ 市民活動センター会議室
会員参加者: 15名 (講師 会員役員)
研修内容 : 1.自主防災 2.学校防災 3.事業所防災
        ※ 組織の作り方・活動の仕方・体験・訓練の仕方
        ※ 16:30終了、参加会員はスキルアップしまた。

hokaido261026-3


hokaido261026-2

兵庫県支部 太子町防災訓練に参加

hyougo251227-2

西播磨地域担当>

太子町防災訓練に参加


 平成26年度太子町防災訓練が下記の日程で開催され、防災士は、ひょうご防災リーダーと協働で地域の11自治会(自主防災会)の皆さまと共に訓練に参加した。訓練は、台風や集中豪雨並びに地震等の災害を想定し、実際に避難所となる小学校を中心に実践的な訓練が実施された。発災対応型の訓練で避難する過程で要配慮者確認・初期消火・負傷者救護・避難安否情報の収集・避難誘導等の訓練を行いながら避難所に向かい訓練会場では、避難所開設・運営訓練、情報取集・伝達、水防工法、倒壊家屋からの救出、応急救護、物資の仕分け等々の訓練が行われた。
― 記 ―

  ・開催日時  平成26年 10月 26日(日) 午前8時30分~午前11時30分
  ・開催地    斑鳩小学校
  ・参加者    防災士及びひょうご防災リーダー17名が活動
☆訓練の様子、先ずは安全確認及び訓練手順とワンポイント解説の留意点を再確認
 からスタートです。
hyougo261026b-1 hyougo261026b-2 hyougo261026b-3

hyougo261026b-4 hyougo261026b-5 hyougo261026b-6

hyougo261026b-7 hyougo261026b-8 hyougo261026b-9
☆我々防災士が訓練会場に向かっていると道中では既に訓練が始まっていました。
 住民の方々が自治会館前に避難され広場では負傷者救護の訓練が実施されてい
 ました。
☆避難所設営・運営訓練では段ボールベッドや簡易トイレの組立てもアッと言う間に
 組立て完了です。凄い日頃のコミュニケーションとご近所力で自然と役割分担がで
 き素早い動作で次々と対応されていました。
☆情報伝達訓練では、例文をゲーム感覚で伝達し各グループがチーム力を活かし
 見事全文が伝達されていました。特に自主防災組織が活発に活動されている自
 治会でもあり女子力の随所に表れていました。
☆女子高校生も物資の仕分け訓練に参加しヤングパワーで仕分け作業が急ピッ
 チで進んでいました。防災士のワンポイントアドバイスで更にピッチが上がる吸
 収力と対応力の高さを見せて頂きました。感動。
☆参観児童への訓練内容の説明や、自衛隊・消防隊の装備には興味津々で取
 扱い体験の希望者が続出時間切れで断念するひと幕も見られた。防災士も随
 所に感動を頂きました。    (文責:山本 一政)

兵庫県支部 姫路市スポーツ少年大会での救護活動

hyougo251227-2
西播磨地域担当

姫路市スポーツ少年大会での救護活動


 第50回姫路市スポーツ少年大会が下記の日程で開催された。創設50周年記念大会という事で防災士会が他の5団体と共に開会式で「感謝状」を頂きました。永年の救護活動に大会委員長の玉谷康彦本部長から労いのお言葉を頂き恐縮しました。授賞式、緊張していたのか誰も写真を撮っていない残念でした。

― 記 ―
・ 開催日時  平成26年 10月 26日(日) 午前8時45分~午後3時00分
・ 開催地    姫路市立陸上競技場
・ 参加者    染川直寛研修部長(理事)を筆頭に10名の防災士が活動を行った。

☆本日の活動は4会場です。メイン担当者以外は手分けをして時間差で会場を移動しています。
hyougo261026-1 hyougo261026-2 hyougo261026-3

hyougo261026-4 hyougo261026-5

hyougo261026-6 hyougo261026-7 hyougo261026-8
☆日頃から鍛えている成果か全力で走っているが負傷者は出ません。本部長の言葉通り、指導者の指示をシッカリと守り鍛えられた団体とヒシヒシと感じました。保護者を対象にしたメディカル説明会や、選手に対するセルフチェックの方法とストレッチ指導が行われ防災士もスキルアップ講座として参加しました。
☆世界で話題になった試合終了後の競技場のゴミ拾い。スポーツ少年団大会では 『来た時よりも美しく』をスローガンに出場選手だけではなく応援の父兄や競技役員等会場が一体となってゴミ袋を片手に、清掃奉仕がされていました。清々しい気持ちで閉会式を迎えました。みなさまお疲れ様です。防災士は来月予定の行事確認を行って救護活動を終了しました。  (文責:山本 一政)

北海道支部 北海道シェイクアウトに参加

北海道シェイクアウトに参加


hokaido261015

1 日時 平成26年10月15日 AM 10:00 ~
2 場所 札幌市内「北海道防災士会事務局」の他5方面
3 参加 事務局3名、道内5方面の会員(各1名)合計8名
4 内容 ①会員の身の安全
      ②情報収集及び被害概要(人身・建物・交通・ライフライン等)
      ③支援・救援経路等の確認(図面・ネット等)
      ④送受信対応
5 報告 メール・FAXによる報告 資料はコチラからご覧ください

兵庫県支部 中学校全校一斉防災訓練

hyougo251227-2
東播エリア

中学校全校一斉防災訓練


 昨年より高砂市立荒井中学校の防災教育アドバイザーとして防災士が活躍。1年間を通して防災講義や防災訓練、教員の防災研修支援などを行っている。中学校生活の3年間で防災の基礎を学んでほしいという学校側の要望もあり、災害前から被災後まで中学生に出来ることをその場で一緒に考え意見を出し合いながら、約600名の生徒と教職員とが一体になって訓練を進めている。
-記-    

   【日 時】 平成26年9月26日(金) 13:20~15:20
   【場 所】 高砂市立荒井中学校 (兵庫県高砂市荒井町)
   【内 容】 1年生「災害前研修」土嚢づくり・ロープワーク
         2年生「発災時研修」救急搬送・応急手当訓練
         3年生「被災後研修」避難所開設運営図上訓練

hyougo260926-1 hyougo260926-2
1年生 土嚢づくり

hyougo260926-3 hyougo260926-4
1年生 ロープワーク

hyougo260926-5 hyougo260926-6
2年生 救急搬送法

hyougo260926-7 hyougo260926-8
2年生 応急手当訓練

hyougo260926-9 hyougo260926-10
3年生 避難所開設運営図上訓練

 25年度は、阪神淡路大震災の日にあわせて1月17日に全校一斉訓練を実施したが、3年生が受験前ということとノロウイルスが流行していたことにより、26年度は9月に実施。2年生の応急手当も昨年は三角巾を使用しての訓練でしたが、日ごろ三角巾を持ち歩いていないことから、身近にあるものを使用しての訓練に切り替え、制服のネクタイやベルト、タオルなどで試行錯誤しながらどのようなものが有効なのかを体験した。避難所運営など中学生には難しい内容かも知れませんが、避難所となる学校のことを普段から一番よく知っている生徒達が知恵を出し合い、災害時に教職員の補助に入れるよう意識づけることが出来た。
 今年も平日にも関わらず、17名の防災士が参加していただけ、地域のリーダーとしての心構えや体験談などを交えた講義が出来た。参加された防災士の皆様、ご協力ありがとうございました。
(文責 横山恭子)

特定非営利活動法人兵庫県防災士会

熊本県支部 広島県豪雨土砂災害の街頭募金活動について

広島県豪雨土砂災害の街頭募金活動について


kumamoto260906-3

 大気の異常発生(低気圧)の大雨による土砂災害(広島安佐南区・北区)で被災者(死者6名・重症者3名・行方不明15名発生時)が出ましたので、街頭募金活動を熊本県防災士会の有志で実施しましたのでお知らせ致します。

1、活動日時 : 平成26年9月6日(土)
           12:00~16:00
2、活動場所 : 熊本市新市街一帯にて
3、参加者   : 熊本県防災士会会員 6名
           街頭活動にTシャツ及び防災士会幟旗 2本掲揚
4、街頭募金 : 熊本赤十字社・熊本県支部に委託しました。
5、活動についての感想
   甚大な自然災害に見舞われた広島県安佐南区・北区の土砂災害の惨状をTV・新聞等で拝見致しましたので、安寧に暮らしている防災士に「何か出来ることはないか」と思いまして街頭募金を実施致しました。

kumamoto260906-1

kumamoto260906-2

茨城県支部 茨城県防災士ネットワークだより第009号を発行

茨城県防災士ネットワークだより第009号を発行


baragi261015-1
ネットワークだよりはコチラからご覧ください

<ネットワークだより概要>
・いばらぎ防災大学におけるHUG研修会指導並びに講演報告
・「DIG研修」、「HUG研修」並びに「避難所開設」研修会実施報告
・水戸市吉田で大震災の語り部による講演会と災害図上訓練DIG研修会(火災編)
・講演会並びに防災教室
・茨城県警察本部防災講演実施報告
・おしえて防災士!本年度からスタート
・第3回理事会報告  他

ibaragi261015-2 ibaragi261015-3 ibaragi261015-4


プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 教育 講演 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 協定 支部総会 総会 DIG 訓練指導 自主防災組織 女性 支部設立 研修指導 支部活動 女性防災士 被災地支援 法人化 HUG 受賞 セミナー 実技指導 支部会議 訓練HUG 連携 避難所 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR