北海道支部 講師育成のための会員学習会を開催

hokaido270124-1

 講師育成のための会員学習会を開催いたしました。

開催日時 : 平成27年1月24日 18:00~21:00間
開催場所 : 札幌エルプラザ会議室
参加会員 : 講演・指導希望会員7名

※講演・指導等の希望会員が作成した資料(自主・事業所・学校防災等)により、他の参加会員に伝達講演して、互いにスキルアップを図った。
スポンサーサイト

青森県支部 支部だよりNo.1、No.2を発行

aomori260701-1
No.1はコチラからご覧ください

aomori261210-1
No.2はコチラからご覧ください

青森県防災士会 八戸支部
<支部だより概要>
No.1
・支部長あいさつ
・平成26年度第一四半期活動報告 他

No.2
・八戸市防災教室支援事業
・NHK防災ラジオ「青森防災一口メモ」
・~skill up~ 研修・講習
・県・市町村防災訓練
・男女共同参画避難所づくり運営訓練 他

神奈川県横浜支部 防災ギャザリングに参加

 平成27年1月24日に行われました防災ギャザリングに参加致しました。当支部では家具転倒防止の普及の為、展示を中心に活動致しました。
今回のギャザリングの事で神奈川新聞に掲載されておりましたのでご報告いたします。
(以下神奈川新聞ホームペ-ジより抜粋)
生き抜く知恵学ぶ 横浜で防災ギャザリング 25日まで

 災害時に役立つ知恵を身に付ける防災ギャザリングが24日、横浜市神奈川区で始まった。体験型の訓練が行われた初日は県内各地から災害ボランティアや住民が集まり、家具の固定など自助の大切さとともに、直後に課題となる食やトイレの対応策を学んだ。25日は福島県南相馬市の桜井勝延市長が講演を行う。
 防災ギャザリングは1995年1月の阪神大震災を教訓に97年にスタート。当初は座学が中心だったが、5年前からは生き抜くポイントを知る実践的な内容に変更している。
 参加者全員で阪神大震災や東日本大震災の犠牲者に黙とうをささげた後、非常時の炊飯を体験。少量の水と米を入れた耐熱性のポリ袋を沸騰させた湯に入れると30分ほどでふっくらとした米が炊き上がり、ふりかけをかけておにぎりにした。
 食後に欠かせないトイレについては、便座にかぶせて汚物を固める袋などが紹介され、給水車から配られる水を実際に運んでみるコーナーでは、地元の中学生もカートや段ボールを使って熱心に取り組んだ。
 注目を集めたのは、たんすなどを壁に固定するL字金具や揺れと同時に電気を遮断する感震ブレーカーの展示。地震発生をイメージし、その場で身を守る行動を実践するシェイクアウト訓練も行われ、参加者はしゃがみ込んで手やバッグで頭を隠した。
 水をポリ袋に入れ、肩掛けバッグで運んだ地方公務員の女性(31)は「タンクで運ぶより重くない。こんな運び方があるとは知らなかった」と工夫の効果を実感していた。
 25日の講演は午後1時半から、横浜駅西口のかながわ県民センターで。無料。
【神奈川新聞】

香川県支部 香川県防災士会 会報第19号を発行

kagawa270127-1
会報はコチラからご覧ください

<会報概要>
・2015年 年頭あいさつ
・高松市自主防災組織協議会会長就任
・日本防災士会支部長会議
・二番丁校区防災組織に参加して 他

福井県支部 会報第17号・第18号を発行

fukui260630-1
会報17号はコチラからご覧ください

fukui261220-1
会報18号はコチラからご覧ください

<会報概要>
第17号
・「2014通常総会」を開催
・福井ぼうさいの仲間
・北信越支部連絡協議会役員会・研修会
・福井高専で「防災士養成講座」 他

第18号
・「H26県自主防災リーダー研修」を福井県防災士会らが主催
・福井ぼうさいの仲間
・福井気象台 見学
・北信越連絡協議会 研修
・今年は「グルメコンテスト」で 他

兵庫県支部 ひょうご安全の日・中播磨のつどい

hyougo251227-2
西播エリア担当

 兵庫県では、安全で安心な社会づくりを期する日として、1月17日を「ひょうご安全の日」と定められており中播磨県民センターにおいても、「ひょうご安全の日・中播磨のつどい」が、下記の日時で開催された。
 当会は、協力団体として防災講習会の運営のお手伝いと、会場ロビーで防災士活動のパネル展示をさせていただき、地域の方々に防災士の活動状況をお伝えした。hyougo270125-1

― 記 ―
 ・ 開催日時  平成27年1月 25日(土) 13:30~16:30
 ・ 場   所  市川町文化センター・ひまわりホール
           (神埼郡市川町西川辺)
 ・ 主   催  兵庫県中播磨県民センター、市川町
 ・ 参加者   自主防災組織、防災リーダー、消防団員、
          市町・防災機関防災担当者、等 約400人
 ・ 防災士  地元の山下武彦・岡本明雄としみ夫妻・北尾 政明を
          中心に、東滝弘子・藤本雄策・坂口光博・小林達也・中村政人・森川
          輝良の10名が参加 した。昨日の救命講習会に続き2日連続の活動
          お疲れ様でした。
hyougo270125-2 hyougo270125-3 hyougo270125-4

hyougo270125-5 hyougo270125-6 hyougo270125-7

hyougo270125-8 hyougo270125-9 hyougo270125-10
☆活動前に全員集合と計画していたが既に駐車場係や受付係等の先発隊が運営に向かってしまい活動前の勇姿が揃わなかった。会場では、北川稔男中播磨県民センター長の開会の挨拶で始まり『防災活動と地域づくり』と題して宇田川真之氏(人と防災未来センター研究主幹)の講演会が行われた。宇田川主幹とはお逢いする度に防災士活動の進むべき道を示唆するアドバイスを頂いていますが、今回も講演後に防災士パネル展示コーナーで貴重なお時間を頂きました。また来賓でご参加されていました神河町長 山名宗吾氏にもエールを頂きました。(いつも何かとお気遣いを頂き感謝です。)
 他にも、昨日の「姫路城マラソン大会の救命講習会」の新聞記事を見たよと多くの方々にお声掛けを頂き、防災士の違う一面を紹介することができたようです。              (文責:森川輝良)

北海道支部 北海道防災士会会報Vol.8を発行

hokaido270122-1
会報はコチラからご覧ください

<会報概要>
・平成26年度 北海道防災士会の主な動向
・平成26年度 北海道防災士会の主な講演・体験活動について 他

奈良県支部 支部広報No.12を発行

nara270101-1
支部広報はコチラからご覧ください

<支部広報概要>
・新年を迎えるにあたって
・支部活動報告
・「第5回あしたのなら表彰」(知事表彰)を受賞しました
・「JR西日本あんしん社会財団」公募助成事業
・講師派遣
・災害支援事業
・NPO法人化にむけて 他

nara270101-2 nara270101-3

兵庫県支部 ひょうご安全の日・西播磨のつどい

hyougo251227-2
西播エリア担当

 兵庫県では、阪神・淡路大震災の経験と教訓を継承し、安全で安心な社会づくりを推進するとともに、災害による被害の軽減に貢献していくため、1月17日を「ひょうご安全の日」と定められ、毎年、各地域で「安全の日のつどい」が開催されています。今年度は震災から20年の節目の年でもあり、西播磨地域における防災意識の高揚を目的につどいが、下記のとおり開催された。県民局より、当会が活動事例を紹介できる時間をいただき、パワーポイントで紹介するとともに、会場ロビーでもパネル展示で活動の紹介を行った。

             ― 記 ―hyougo270117-1
 ・ 開催日時  平成27年1月 17日(土) 14:00~16:00
 ・ 場   所  太子町立文化会館あすかホール
                   (揖保郡太子町鵤)
 ・ 主   催  兵庫県西播磨県民局、太子町
 ・ 参加者  自主防災組織、防災リーダー、高校生、消防団員、
         市町・防災機関防災担当者、等 約400人
 ・ 防災士  赤路正知・上森俊正、咲子夫妻・大島八重・金井
         貴子・河原雄一郎・小嶋進悟・坂口光博・玉田誠
         司・中島貞二・中村政人・中谷行夫・藤本雄策・
         萬代一幸・水田 茂・八瀬一彦・森川輝良の17名が参加 した。
hyougo270117-2 hyougo270117-3 hyougo270117-4

hyougo270117-5 hyougo270117-6 hyougo270117-7

hyougo270117-8 hyougo270117-9 hyougo270117-10
☆開会は黙祷から始まり太子町長の北川嘉明氏の開会挨拶と続き献唱曲「しあわせ運べるように」を県立太子高校Jコーラス部が合唱した。その後「防災活動事例発表」ではNPO兵庫県防災士会の活動を河原雄一郎が紹介した。防災士とは‥から始まり丹波市での災害ボランティア活動の様子を伝え「災害は忘れる間もなくやってくる」と訴えて防災士会の取り組みを発表した。ロビーでは防災士の活動をパネル展示で紹介し西播磨県民局管内の首長や防災担当の方々ともコミュニケートさせていただきました。互いに20年前を紹介し合う場面もあり節目の年を実感した。(文責:森川輝良)

広島県支部 支部会報73号を発行

hiroshima270111-1
支部会報はコチラからご覧ください

<支部会報概要>
・広島県支部スキルアップ講習会 他

hiroshima270111-2
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 教育 講演 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 協定 総会 訓練指導 支部総会 DIG 自主防災組織 支部会議 被災地支援 HUG 研修指導 支部設立 女性 セミナー 連携 受賞 避難所 支部活動 法人化 訓練HUG 女性防災士 実技指導 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR