高知県支部 防災塾に防災士を講師として派遣しました

日本防災士会高知

kouchi270218-1 高知県生活協同組合連合会が主催する「コープ防災塾」に講師を派遣しました。平成27年2月18日に高知県高知市仲田町で開催された生協組合員等43名が参加する地震・津波に対する机上訓練に対して、NPO法人日本防災士会高知では防災用品の作成実習の講師として3名の防災士(南部防災士、柳瀬防災士、井上防災士)を派遣しました。
kouchi270218-2 机上訓練では、地震の揺れに対する防御にはじまり避難生活までを幾つかのフェーズに分け、それぞれのフェーズで直面する事象に対する行動や対策についてグループ討議を行いました。そして、フェーズごとに知っておけば役立つスキルの中から3つに絞って防災士が講師となって実習を行いました。
 最初に、新聞紙スリッパの作成を防災士の実演と説明を参考にしながら参加者がそれぞれ作成し、完成品後にスリッパの履kouchi270218-3き心地を確かめました。次に毛布担架づくりと搬送法について毛布だけの担架と竹竿を用いた担架の二通りを、参加者が負傷者役と搬送者役になって行い、さらに負傷者への毛布による保温の仕方も指導しました。最後に、ダンボール箱を使用した簡易トイレの作成を指導しました。
kouchi270218-4 この実習では、身近にあるものを使って発災後に役立つ道具の作成スキルを身につけることを目的としていました。参加者は「日常品で実際に役立つものができるのは新しい知識だった」(女性)、「作ることで防災意識がより高まった」(男性)、「作成することにより発災後からの対応の仕方についてのイメージが高まった」(女性)との感想を述べられました。
kouchi270218-6  kouchi270218-5
スポンサーサイト

兵庫県支部 姫路城マラソン大会での救護活動

hyougo251227-2
西播エリア担当  

 世界遺産姫路城マラソン大会が下記の日時で開催された。兵庫県防災士会は、石見利勝(姫路市長)実行委員長より参画要請を受け「メディカル協議会」の一員として活動、マラソン大会の当日は救護スタッフとして支援を行った。応急手当指導員・普及員、赤十字救急法指導員・救急員他の認定を受けた防災士が、阪神・神戸・東播他の各エリアから参加、また姫路地区郵便局長会・播磨西郵便局長会の防災士も結集した。

― 記 ―
・ 開催日時  平成27年 2月 22日(日) 9:00 スタート
・ 競技種目  (1) マラソン 42.195km(2014年度日本陸上競技連盟登録競技者、
            未登録者)hyougo270222-2
          (2) ファンラン 1㎞、1,5㎞、2㎞、5㎞ ファミリーから
            中学生・一般まで
・ 主   催  世界遺産姫路城マラソン実行委員会
・ 防災士    待機AED班×47名 ・自転車AED班×11名 ・フィニッシュ
          救護班×8名  ・交代要員×5名  総勢71名で構成。
hyougo270222-1
hyougo270222-3 hyougo270222-4 hyougo270222-5

hyougo270222-6 hyougo270222-7 hyougo270222-8

hyougo270222-9 hyougo270222-10 hyougo270222-11
☆あいにくの雨模様となったが、ランナーは勢いよく走り、沿道の市民は大きな拍手や声援を贈っていた。その沿道の市民を楽しませたのは、黒田官兵衛や赤鬼・バナナにイチゴそして一目で企業名が分かる多彩なコスプレランナー、我々救護班も大いに楽しませていただきました。
☆AED救護班は前半1㎞毎、後半500m毎に待機し、自転車班はコースをママチャリで並走しながら活動です。後半チーム、最初の案件は交通規制で裏道走行中の車が側溝に脱輪。救助を求める声に即反応、「知恵と工夫とチーム力で救出完了」その後は、大きな事故もなく救護活動を終えました。沿線の自治会の皆さまもコース警備や給水活動、そして今にも動き出すような案山子も応援、地域が一丸となっての“オモテナシ”我々にも大きな声援をいただき有難うございました。(文責:山本 一政)

神奈川県横浜支部 平成26年度救急法講習会参加報告

 日本防災士会横浜支部の平成26年度の事業計画に基づき救急法講習会が開催されました。講習会の概要をご報告いたします。

日 時 平成27年2月21日(土) 10時00分~12時00分
会 場 横浜市民防災センター1階会議室
     (横浜市神奈川区沢渡4-7 横浜駅西口より徒歩10分)
        yokohama270221-2 yokohama270221-3
参加者 32名  主催:日本防災士会 横浜支部
講 師 横浜市神奈川消防署職員 手塚氏、小松氏
内 容 救命処置の流れ(心肺蘇生とAEDの使用手順) 応急手当講習会テキスト
     (製作:東京法令出版)
  1.心肺蘇生の手順yokohama270221-4
   ・反応(意識)を確認する。・助けを呼ぶ。・呼吸確認
   ・胸骨圧迫。・人口呼吸。・胸骨圧迫と人口呼吸の継続
  2.AED使用の手順(AEDの到着と準備)と心肺蘇生
   ・AEDを傷病者の近くに置く。・AEDの電源を入れる。
   ・電極パットを貼る。・心電図の解析。・電気ショック。
   ・心肺蘇生の再開。・AEDの手順と心肺蘇生の繰り返し
  3.気道異物の除去、止血法、やけどに対する応急手当についても使用テキストに
    そって丁寧な説明と指導を受けました。(詳細はテキストをご参照ください)
yokohama270221-5 yokohama270221-6 yokohama270221-7

yokohama270221-8 yokohama270221-9 yokohama270221-10
(玉江 牧雄)

横浜支部 事務局のコメント
ほとんどの会員が再講習となりましたが、改めて救急法の大切さを学びなおしたとの事でした。

yokohama270221-1
報告(写真)はコチラからご覧ください

兵庫県支部 丹波市豪雨災害から半年

hyougo251227-2

 平成26年8月の丹波市豪雨災害から半年がたった。豪雨災害によって被災した建物は1,023戸、店舗や工場などは1,781棟となり、現在も公営住宅等で避難生活を送っている方が38世帯103名いるという。次々と起こる自然災害や事件によってかき消されていく中で、住宅再建や離職による苦悩を抱えている方がまだ沢山いる。
 丹波市では農家も多く、この半年手付かずだった田畑の復旧にようやく取り掛かったところもあり、被害の大きかったところでは、畜産業を諦めた方など、今後の生活のめどが立たない方も多くおられる。土砂の撤去が済んだ住民も「家には住めるようになったが、裏山がまだそのままになっており、雨が降るたびに不安だ。」「河川の工事が終わらない限り、手をつけられない部屋もある。いつになるのか・・・」など、不安は続いている。
 住宅の裏山では、倒木などの撤去作業がまだ多数残っており、地域住民や関係団体が一丸となりテクニカルボランティアを募って研修を兼ねた災害復旧をすすめる新たな活動も始まった。こうした活動は、SNSなどを通じて募集をかけ、県内外から集まった多数のボランティアの手によって、復興の輪が広がっている。他にも地域の方々やボランティアの熱い思いが一つとなり、笑顔を取り戻すために様々なイベントを企画するなど、沢山の方々のご協力により丹波から「元気」を発信している。2月28日、3月1日には、『いちじまから「ありがとう」と「元気」を届けよう!復興支援感謝イベント』が開催される。
 是非、丹波市へ足を運んでいただき、今の現状を見ていただくとともに、今後のボランティアのあり方を考える機会にしていただけたらと思います。

hyougo270218-1
(文責 横山恭子)

特定非営利活動法人兵庫県防災士会


hyougo270218-2
写真はコチラからご覧ください

hyougo270218-3
ポスターはコチラからご覧ください

神奈川県横浜支部 平成26年度第2回「認知症サポーター養成講座」参加報告

 日本防災士会横浜支部の平成26年度の事業計画に基づいた講座で 認知症について正しく理解し、地域で暮らす認知症の人や家族を温かく見守り、支援する応援者を養成する「認知症サポーター養成講座」に参加しましたのでご報告いたします。

日 時 平成27年2月11日(土) 午前10時00分~午前11時30分
会 場 横浜市星川地域ケアプラザ 2階多目的ホール
       (保土ケ谷区川辺町5-11 電話333-9590)
●交通:相鉄線 星川駅より徒歩1分、保土ケ谷区役所前
参加者 42名(防災士:30名、一般:12名) 主催:日本防災士会 横浜支部
内 容 DVD・みんなで学ぶ認知症(横浜市認知症サポーター養成講座テキスト)
  1. 横浜市の状況yokohama270211-2
  2. 認知症サポーターとは
  3. 認知症とは
  4. 認知症の人の気持ちと接し方
    よくある事例を参考にして、
    本人の気持ちを考えながら
    接し方を考える。
  5. 認知症の人と家族の気持ち
    第1ステップ(とまどい・否定)
     ・異常な言動にとまどい、
      否定しようとする。
     ・他の家族にすら打ち明けら
      れずに悩む。
    第2ステップ(混乱・怒り・拒絶)
     ・認知症への理解の不十分さからどう対応してよいか分からず混乱しささいな
      ことに腹を立てたり叱ったりする。
     ・精神的・身体的に疲労困憊、拒絶感、絶望感に陥りやすいもっともつらい時期。
   第3ステップ(割り切り)
      ・怒ったり、イライラしても何のメリットはないと思い始め、割り切るようになる時期。
     ・症状は同じでも介護者にとっても「問題」としては軽くなる。
   第4ステップ(受容)
     ・認知症の理解が深まって、認知症の人の心理を介護者自身が考えなくても
     分かるまでになる。
     ・認知症である家族のあるがままを受け入れられるようになる時期。
     *講座に使用したテキストを、講師の方がわかりやすく説明してくれたので
      よく理解できました。
(玉江 牧雄)


yokohama270211-1
参加報告はコチラからご覧ください

兵庫県支部 ボーイスカウト隊の普通救命講習会を開催

hyougo251227-2
西播エリア担当

 ボーイスカウト姫路地区の隊員を対象に、普通救命講習会を開催した。受講生は31名と経験豊富な指導者の方々が見守る恒例の講習会です。受講者の中には見覚えのある顔が、早くも中学生とは…。実技の手順もシッカリと覚えていてくれました、さすが若さですね。防災士も若いエネルギーを吸収して、小父さんパワーはMAX、世代間交流会的な講習でしたが、スカウト隊員キビキビとした動きで実技もバッチリと決めていた。

                     ― 記 ―

  ・ 日 時   平成27年 2月 8日(日)  12:50~15:50
  ・ 会 場   姫路市飾磨市民センター5階中ホール
  ・ 受講者   31名
  ☆防災士   染川直寛救命分科会理事を筆頭に峯山仁恭、坂口光博、中村政人、
          東滝弘子、森川輝良の6名が講師を務めた。
  ☆受講者には、姫路市消防局認定の修了証を授与させて頂きました。
hyougo270208-1 hyougo270208-2 hyougo270208-3

hyougo270208-4 hyougo270208-5 hyougo270208-6

hyougo270208-7 hyougo270208-8 hyougo270208-9
☆ボーイスカウト・ベンチャースカウト・ローバースカウトと幅広い参加者であったが、自然に仲間と協力するスカウト活動で培われた成果と感じる場面も多く、学校とはまた違った場所での仲間がいるという事は、非常に心強いものだと思います。今回、久々に森川の先輩である兵庫県連盟・ 姫路地区協議会長の苦瓜氏にもお逢いでき近況の報告をさせていただきました。本日の講習会は、気分展開にストレッチ体操と搬送方法を取り入れた緩急をつけた講習会としました。さて次回は、また違うシチュエーションを計画します。
(文責:森川 輝良)

高知県支部 会誌 日本防災士会高知を発行

kouchi270209-1
会誌はコチラからご覧ください

<会誌の概要>
NPO法人として活動しています
・防災フェスタ
・スキルアップ研修
・親子で防災を学ぶ
・事業継続訓練
・会員募集しています  他

千葉県支部 千葉県防災士会会報 第4号を発行

chiba270203-1
会報はコチラからご覧ください

<会報概要>
活動報告
・平成26年度第2回研修会が開催されました! 他
活動予定
・第3回研修会 他

兵庫県支部 ひょうご安全の日 東播磨地域防災のつどい

hyougo251227-2
東播エリア

阪神・淡路大震災の教訓を継承し、地域防災力向上の目的で、東播磨県民局が毎年開催している「ひょうご安全の日 東播磨地域防災のつどい」が下記の日時で開催された。3市2町(明石市・加古川市・高砂市・播磨町・稲美町)の職員や自治会役員、ひょうご防災リーダー、防災士ら約200名が参加し、講演会や防災展などで防災意識を高めた。兵庫県防災士会大石理事長の講演では、参加者全員がシェイクアウトをしたり、シェイクアウトの事例寸劇を防災士会員が舞台上で行うなど、とても楽しく身近に感じられる内容となり、「死んだらあかん」の合言葉に会場全体が大きくうなずいた。

-記-

   【日 時】 平成27年1月23日(金) 14:00~16:30
   【場 所】 明石市生涯学習センター 子午線ホール
   【内 容】 1.開会挨拶 兵庫県東播磨県民局長  真木高司
                   明石市長  泉 房穂   
         2.講演1
           「ヒナン」ってどうゆうこと? ~情報を生かして、その時に備える~
             人と防災未来センター研究調査員  木戸崇之
         3.講演2
           「災害がおこったときは」
             特定非営利活動法人兵庫県防災士会 理事長  大石伸雄
          
hyougo270123-1 hyougo270123-2

兵庫県防災士会は、毎年協力団体として参加しており、会場前での防災展示を行っている。この度は、会場となった子午線ホールのホワイエ全面を使用しての防災展示を依頼され、防災士会の紹介パネルに加え、丹波市豪雨災害の被災状況や活動のパネル、非常持ち出し品・備蓄品などの展示を行った。なかでも「段ボールベッド」の展示はとても好評で、市の職員も「協定の依頼は来ていたが、まだ何も進んでいない。これを機に本格的に考えてみる。」と熱心に説明を聞き、写真に収めていた。自治会役員の方々からも「今度の防災訓練に、段ボールベッドを取り入れてみる。協力してほしい。」との依頼もあった。市の職員や自治会役員と一緒に悩み考え行動できる地域密着した防災士の活動に今後も期待したい。
(横山 恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo270123-3
写真はコチラからご覧ください

神奈川県横浜支部 神奈川県の学校防災教育研究集会報告

yokohama270131-2

当支部員が参加しましたのでご報告いたします。

yokohama270131-1
報告書はコチラからご覧ください
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 講演 教育 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 支部総会 訓練指導 DIG 協定 自主防災組織 女性 総会 HUG 受賞 法人化 避難所 連携 実技指導 セミナー 被災地支援 研修指導 支部活動 支部会議 女性防災士 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR