東京都支部 東北視察勉強会

東京都支部 支部長代理 松井正雄

宮城県牡鹿郡女川町野々浜で行われた、
「1000年後の命を守るための津波避難訓練」と「いのちの石碑披露式」に参加しました。

 この津波避難訓練は、「いのちの石碑プロジェクト」の高校生が企画・実行したもので、訓練の趣旨説明から進行まですべて高校生によって行われました。

「いのちの石碑プロジェクト」は、311で被災した女川町の,中学校の入学式を間近に控えた当時小学校六年生だった生徒達が中心となり、3年間考え、実行したプロジェクトです。
それは、女川町内の21の行政区に1つずつ「いのちの石碑」を建立し、千年先まで今回の悲劇を伝承し、将来の人々の命を守る礎としようというものです。
いのちの石碑プロジェクト http://www.inotinosekihi.com/

1 開催日時:平成27年7月19日(日)
2 開催場所:宮城県牡鹿郡女川町野々浜
 ⑴ 避難訓練  午前10時00分~10時50分
 ⑵ 石碑披露式 午前11時00分~11時50分

~ 記 ~

 参加のきっかけは、防災コミュニティネットワーク(通称BCN)の代表で防災士の青木信夫さんが、3.11の震災直後から今も支援活動を続けていて、いのちの石碑プロジェクトの関係者からお話を頂き、5月に一度「東北視察勉強会」に同行したことのある、東京都支部にお誘いがあったものです。
 東京都支部からの参加者は、私のほかに、多摩ブロック代表の岩波信行さん、同副代表の立田雅久さんの3名でしたが、BCN,千葉県北部支部、江戸川区支部などからの参加を含め総勢13名、地元の人や関係者を合わせると約50名の参加者となりました。
 また、マスコミ関係者もNHK,河北新報など5社が取材に訪れ、津波避難訓練と石碑披露式の様子はテレビや新聞で大きく紹介されました。

津波避難訓練の概要
 地域外からの参加者は、観光客として避難者を演じ、地元の人たちに交じって避難します。
 訓練の内容はシンプルなものでしたが、非常に実践的で、今までに体験したことのない斬新なものでした。
 ルールは、一つだけ。
 地震発生の合図があったら、個人でもグループでもかまわないので、避難する場所を自分たちで決めてそこへ避難する。これだけのことですが、まとめがユニークなものでした。
 参加者全員の避難が完了すると訓練は終了で、訓練場所から10分ほど離れた、いのちの石碑披露式の会場へ移動します。そこで進行役の高校生から、『皆さんが避難した場所を選んだ理由と避難した感想を聞かせてください。』と聞かれ、マイクを向けられるままに参加者の一人が話し終えると、今度は『それでは、実際に被災した地元の人の話を聞きたいと思います。』と、地元の人からは『そこはダメだ。みんな流されたところだ。』と当時の様子を聞くことができ、自分の判断が、詳細に検証できる流れになっていました。
 訓練会場が、被災地ならではのことかもしれませんが、今回行われた訓練の考え方については、大いに参考とするところがありました。
 多摩ブロック代表の岩波信行さんが、防災士のユニホームを着ていたこともあり、主催者側で答えられなった参加者からの質問にコメントを求められ、いくつか模範解答を紹介して頂き防災士としての役割も果たすことが出来ました。

tokyo270719-1 tokyo270719-2

tokyo270719- tokyo270719-4

tokyo270719-5 tokyo270719-6

tokyo270719-7 tokyo270719-8

tokyo270719-9 tokyo270719-10

tokyo270719-11 tokyo270719-12

tokyo270719-13
左から、松井、岩波、立田、中村(千葉県北部支部)
河北新報
 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201507/20150720_13017.html
スポンサーサイト

北海道支部 北海道防災士会及び日本防災士会の広報活動

②北海道防災士会の活動

日 時 平成27年7月26日 (8月号)
範 囲 札幌市北区の新聞購読世帯等へ(7,000部)
内 容 新聞販売店の広報欄に無償掲載 (毎月掲載)
     ※販売店の協力により(3年間連続掲載)
     コメント・写真提供は北海道防災士会

hokaido270726-1

北海道支部 防災及び防災士会啓蒙活動

①北海道防災士会の活動

日 時 平成27年7月25日(土)・26日(日)
会 場 札幌市西区農試公園(夏のイベント)
主 催 札幌市環境局みどりの推進部に協力参加した。
内 容 公園利用での夏のイベント
     市内の沢山の家族連れが、防災体験活動に挑戦。
     防災士会会員8名が参加協力。
     家族連れで参加、幼い子供達も体験を楽しんでいた。

hokaido270725-1

hokaido270725-2

hokaido270725-3

hokaido270725-4

hokaido270725-5

hokaido270725-6

奈良県支部 広陵町地域防災訓練

 平成27年7月26日(日)、広陵町畿央大学において「平成27年度広陵町地域防災訓練」が行われ、広陵町の真美ケ丘中学校区内の皆さん約110名が避難訓練、シェイクアウト訓練、炊き出し訓練、災害図上訓練(DIG)に参加されました。奈良県支部からは植村支部長ほか6名の防災士が参加しました。梅雨明けの炎天下の中、汗びっしょりになりながら町歩きをされ、畿央大学体育館に到着、その結果を地図に熱心に書き込まれていました。広陵町では、2つの中学校区ごとに訓練を行う計画で、今回は真美ケ丘中学校区で実施されました。次回、広陵中学校区で8月30日に行われる予定です。

nara270726-1

nara270726-2

nara270726-3

北海道支部 会報 vol.9を発行

hokaido270721-1
会報はコチラからご覧ください

<会報概略>
・平成27年度 北海道防災士会の主な活動(1月~6月まで)他

北海道支部 北海道防災士会の救命処置指導活動

hokaido270717-1

日時  平成27年7月17日(金) 10:00~12:00(120分)
場所  札幌市東区民センター
主催  コープさつぽろ (参加者 15名)
内容  :救命処置・心配蘇生・AEDなど
講師  防災士 池田輝昭 救命士養成所講師・元救急救命士

※会員のトレーナーを活用して実施、参加者から最新の救命を体験して喜ばれ、防災士のレベルの高さが評価された。

hokaido270717-2

富山県支部 富山県防災士会 会報第12号を発行

toyama270701-1
支部会報はコチラからご覧ください

<支部会報概略>
・平成27年度通常総会
・特別講演 椚座富山大学教授
・出前講座勉強会
・会員の自己紹介
・北信越連絡協議会 総会・研修会
・27年度富山県市町村総合防災訓練日程
・第1回例会&交流会のご案内
・防災施設見学「立山カルデラ砂防体験学習会」 他

熊本県支部 「クロスロード」ゲームの開催について

 防災士会では、防災士会員及び一般市民と合同のクロスロード(CROSSROAD)ゲーム(災害ボランティア編)の内容で、下記の通り開催致しましたので、活動写真を添付の上ご報告致します。

日 時 : 平成27年6月 27 日 (土)
       PM2:30~PM5:00  
場 所 :  熊本市中央区黒髪2-39-1
       熊本大学工学部1号館3Fスタジオ
アドパイザー: 熊本大学名誉教授・北園芳人氏
参加者 : 防災士会員7名
       熊本市中央区4名 ・南区3名 ・北区5名
       東区3名 合計18名
タイトル:  防災ワークショ ツプ
       「クロスロード」ゲーム(災害ボランティア編)
       人生の岐路等
目 的 :  クロスロードは、災害対応を自らの間題として考え、また様々な意見や価値観を
       参加者同士共有することを目的としています。
       「クロスロード」とは、英語で「岐路」、「分かれ道」を意味しています。災害発生前
       後の対応には、多くのジレンマを伴う重大な決断が含まれています。
       手軽なグループゲームをしながら、災害への対応を自らの問題としてアクティブ
       に考えることができ、かつ自分とは異なる意見・価値観に気づくことができます。
       どんなボランティア活動にも危険が伴います。 防災士は、事前に起こる危険を
       予測し、 自分と対象者の安全担保そた上で活動を実施しなければなりません。
       しかし、災害時の被災地では、常に多くのリスクが伴い、絶えず変化していま
       す。活動に参加する防災士は、ボランティア活動で一人も死んだり傷ついたり
       してはいけません。

kumamoto270627-1
一番迷った問題のカードを1人1枚づつ選んで下さい。
そのカードに掲げられた状況や条件を少し変えれば、意見を変えるという点を、条件を挙げて説明して下さい。




kumamoto270627-2
クロス口一ドゲームの振り返り
・問題のカードでは、限られた文字数のために、
状況が曖昧に書かれているところがあります。
・ある場合には、どのカードのどの部分だったでしょうか?
・その状況が詳しく書かれていたとしたら、どう決断しましたすか。

kumamoto270627-3
まとめ(各班の発表)
・各班の振り返りで
①意見の一致したこと
②意見が一致しなかったこと
③他の班の意見を聞きたいことを
を発表してください。

kumamoto270627-4
判断一が一人 〃
まちまちで
決定するまでに
時間を要する人がいた。



kumamoto270627-5
時にはお互いに
相談したいのだが、
それは出来ないので
自分で的確に判断して決定する。
皆さん考えながら
判断されていた。

kumamoto270627-6
今までに経経験した
事例を参考にして
判断するのだが、決断
する時に迷いが発生する。



kumamoto270627-7「金の座布団」を1枚取る。
唯一人の意見・・・・
・金の座布団
その他多数意見派・・・・
5、読み上げられた力ードは、もう使えません。
6、以上の手順をすべてのプレ一ヤ一が順々に繰り返す。
2周して、手持ちのカードがもっとも多い人が勝ち。

kumamoto270627-8
防災士会
顧問 北園 氏
クロス口ード
(人生の岐路等)
ゲーム開講中
開催中の状況

kumamoto270627-9②あなたはある地区の自治会長です。

・天気予報で、深夜になって非常に激しい雨が降ると予想されています。
そこでタ方に、地域の避難行動要支援者の方々に避難の呼かけを始めましたが
ある一人暮らしの高齢一者が「私は避難しない」 と言っています。

高知県支部 防災学習会へ講師派遣

kouchi270711-1 高知市内の事業者から防災学習会への講師派遣の依頼がありNPO法人日本防災士会高知として防災士を派遣しました。当事業者は、防災訓練と防災学習をセットにした勉強会を毎年開催しています。当日は、業務中の地震発生を想定し、揺れに対する防御態勢、屋上への避難訓練を実施した後、防災学習を行う予定で、当NPOへの依頼では防災学習の講師だけでしたが、事前の打ち合わせの結果、直前の避難訓練にも立ち会って、防災学習会kouchi270711-2の講演の中で避難訓練に対するアドバイスも行うことになりました。
 地震発生の非常ベルと共に社員は机の下に避難、その後、避難用の物資を持って屋上への避難が行われました。この避難訓練に対して、揺れ防御場所と姿勢、継続時間、避難用物資の種類と使用目的、役割分担と点呼の必要性、等のコメントを学習会で行いました。当事業所のkouchi270711-3執務室内は非常に整理されており、書棚類は収納型、壁にはほとんど飾り類を掛けてない、机上には最低限の書類しか置いていない状況でしたが、さらなる安全確保のためのアドバイスも行いました。
 学習会では、コピー機やファクス等事務機器の揺れに対する危険性と対策、社員の安否確認方法の確立の必要性、食料備蓄の際のポイント、事業所及び家庭における揺れ対策、避難生活で役立つ日用品の提示、等を行いました。

高知県支部 家族で学ぶ「身近な防災」

kouchi270704-1 「暮らしの安心」をテーマとしたフェアが7月4日(土)及び5日(日)にイオンモール高知内のセントラルコートで開催されました。NPO法人日本防災士会高知は防災士を派遣し、地震防災の学習会や、すぐに役立つ防災用品作りなどの講習会を行いました。
 親子の来場者が多いことから、親子それぞれが興味を持って楽しく、そして役に立つ地震・津波に対する防災の学習ができるようにと、担当する防災士が周到な準備で臨みました。kouchi270704-2
 子供を対象に『地震がきたら、どうするの』、『マグニチュードって、なあに』などの質問をもとにした紙芝居をつくり、防災士が弁士になって質問をしながら進めていきました。この間、保護者の方には身近な防災品として「新聞紙スリッパ」作りに挑戦してもらい、またいざという時に役立つ「ロープワーク」にも挑戦してもらいました。
 さらに、開催日は七夕を控えた週末であることから、子供向けに七夕飾り作りもできるコーナーもつくりましたが、kouchi270704-大変好評で喜んで七夕飾りを持ち帰っていました。あまりにも好評のため飾りが不足するという大誤算もありました。このフェアでNPO日本防災士会高知のコーナーには、2日間で延べ130人が七夕飾り作りに、「新聞紙スリッパ」と「ロープワーク」には述べ125人の参加がありました。

kouchi270704-5
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 教育 講演 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 協定 総会 訓練指導 支部総会 DIG 自主防災組織 支部会議 被災地支援 HUG 研修指導 支部設立 女性 セミナー 連携 受賞 避難所 支部活動 法人化 訓練HUG 女性防災士 実技指導 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR