奈良県支部 平成27年度奈良県防災総合訓練

nara270829-1

災害対策法、及び地域防災計画に基づいた平成27年度奈良県防災総合訓練が、平成27年8月29日(土)、被災地訓練が、大和高田市総合公園等で、避難所訓練が、大和高田市総合福祉会館(ゆうゆうセンター)で行われました。避難所訓練には、住民の皆さん79名と関係機関及び協力団体の方々が参加されました。
訓練は「大和高田市を震源とする最大震度7の地震が発生し、市全域において建物の倒壊、火災、道路の損壊、河川の決壊、ライフラインの寸断が発生し、対策にあたる各防災機関に出動要請、また住民は指定避難所へ避難し、その運営を開始した」との想定で行われ、住民の非常持出袋を持って避難所へ避難訓練のあと、各種の実技訓練体験をされました。
奈良県支部からは植村支部長をはじめ、奈良県支部の防災士16名と地元大和高田市の防災士が参加し、「避難所運営の基礎知識」「プチシェイクアウト訓練」「簡易担架の訓練」を指導しました。
住民の方々も訓練経験豊富な方のようで、更なる知識向上のために熱心に受講され、市の若手職員の方々も、指導できる立場になりたいとのことで、住民に混じって勉強されていました。

nara270829-2

nara270829-3
スポンサーサイト

茨城県支部 茨城県防災士ネットワークだより第12号を発行

ibaragi270831-1
防災士ネットワークだよりはコチラからご覧ください

<防災士ネットワークだより概要>
・H27年度NPO法人茨城県防災士ネットワーク通常総会
・H27年度・いばらぎ防災大学へ講師派遣
・市町村防災担当者へ自主防災組織活性化への働きかけ
・ひたちなか市生涯学習センター主催の「キッズ理科教室」
・第1回ブロック長及び講師研修会の開催
・つくば市立二宮小学校で防災教育の開催
・FMかしま市民放送への番組出演
・講演会並びに防災教室
・NHK おしえて防災士コーナーの出演報告
・“3.11 あの日 わたしは”
・女性会員紹介コーナー
・今後のイベント案内 他

奈良県支部 都祁地区紙芝居レポート

nara270823-1

平成27年8月23日(日)、奈良市都祁地区の針農家組合集落センターにおいて、「防災紙芝居」が行われ、針自治会の役員、消防団と地元の子供たち13名を含め約50名が参加されました。防災士会からは北村防災士夫妻が紙芝居2作品の上演を務め、地元末田防災士が紙芝居のお話の中で紹介された、地震の時の身の守り方などを詳しく解説しました。小さな子供たちも含め、皆さんたいへん熱心に鑑賞され、物語を通して地震や火災の際の対応の仕方や避難の仕方を学びました。

nara270823-2

大阪府支部 スキルアップ研修「津波高潮ステ-ション」編を開催

平成27年8月2日(日)スキルアップ研修(「津波高潮ステ-ション」編を開催致しました。

大阪府は、やはり、地震と共に津波、高潮も怖いです。海からJR阪和線までは、警戒地域です。シュミレ-ションでは、堺市西区浜寺地区はほぼ全域水没します。私を含め9名の参加でしたが皆さん熱心でした。

osaka270802-1 osaka270802-2

osaka270802-3 osaka270802-4

osaka270802-5 osaka270802-6

osaka270802-7 osaka270802-8

大阪府支部 第3回 日本防災士会 大阪府支部 スキルアップ研修in十津川村 研修報告

平成26年度の第3回日本防災士会大阪府支部スキルアップ研修は昨年の淡路島南端「津波防災の町」福良に変わり山岳地域の十津川村にて実施しました。総走行距離の約70%は山岳地帯走行でした。
研修2日間お疲れ様でした。1日目は、早朝より堺市北区北花田町で大阪府支部(日帰りを除く)、兵庫県防災士会粟田事務局長が集合。地元議員のお見送り、記念写真の後、一路十津川村へ。
例によってこのスキルアップ研修は、晴天が少なく本番さながらの悪天候が多い。
今年も雨の中、美原IC(たじはや入口)から葛城IC、R165、R168を通り1回目の休憩地点、五條森公園(通称森林公園)にて休憩。その後、R168を南下、道の駅吉野路大塔にて日帰り組2人と合流。本日の行程確認、山々を見ながら雑談、楽しい昼食でした。
昼食の後、日本一大きい村十津川村へ。猿谷ダムで和歌山県支部早稲田支部長、奥田事務局長、十津川村東課長、十津川村佐古防災士、国土交通省紀伊山地砂防事務所林副所長と合流。猿谷ダムより本日のスキルアップ研修がスタ-ト。さっそく国土交通省の林副所長からの猿谷ダム概要及び周辺の水域情報説明の後、本日のメイン研修である赤谷方面へ。事前に準備した視察車7台に走行しながらマイクLANを使用し音声を流しながら説明。隊列が長い中、うまく綺麗に音声が届き、停止することなく、走行しながら説明を聞く事が出来ました。夢の国にて車輌を再編成し、台数を減らし、悪路難コ-スの赤谷へ。こんな道がまだあったのかと思う程の難コ-ス。地道のガタガタ道。低速でドロドロになりながら現場へ向かい所要時間約20分で赤谷現場へ到着。ヘルメット、安全靴、防手袋姿で、災害現場に降り立ちました。皆さん第一声「あ~」、「お~」の感嘆詞!。目の前に現れた壮大な画面いっぱいの総天然色の災害現場。山々の深層崩壊の現場を実際に見て自然の広大なスケールの大きさに驚きました。山の反対側斜面まで土砂が襲い濁流が流れを作り数メートルの位置ズレが生死を分けること等初めて知り、改めて減災の難しさを痛感致しました。
国土交通省の実際作業されておられる現場の担当官の苦労話、難工事の模様等の声を直接聞く事が出来大変勉強になりました。また、1年半を掛けコツコツと修復した現場が、台風で一瞬に崩壊するなどの話を聞き自然の力のもの凄さを痛感しました。その後、十津川村オリジナルの住宅展示場へ。仮設の鋼鉄製の橋を渡り対岸へ。平屋が1,100万円。2階建が1,500万円であり、地元産の良い木々の臭いのするゆったり感のある家屋でした。風屋ダムを横目に見て、十津川温泉ホテル昴到着。本日の山々の深層崩壊等の話をしながら入浴。宴会場では、十津川村東課長、早稲田支部長の挨拶のあと懇親会へ。飲み放題、カラオケサ-ビスにしてもらったのが功を奏し、相まって盛り上がり1時間延長し3時間の懇親会となりました。引続き「幹事部屋 」にて二次会、三次会、風呂に入りながら防災の話。たっぷりの団欒。皆さん普段から思っている事が前面に出ています。フリ-ト-ク状態。汗を流した後、本日の予定終了,午後12時でした。
翌日は、打って変わって快晴、朝風呂、ホテル裏の熊野川周辺散策、皆思い通りに行動し、
十津川村役場へ。ホテル昴前での記念写真が長引き、役場到着時には、すでに十津川村東課長、十津川村佐古防災士がすでに役場前で待っておられました。地元交流会では、東課長の十津川村災害等の説明。忌憚のない意見交換が飛び交い、特に、お話頂いた十津川村温井議員は、地元であり元十津川村職員でもあり地元に精通しており災害時には、絶大なご尽力をいただいたそうです。今年の山岳地帯の十津川村。昨年の福良は、海抜0mで「津波防災の町」福良特有の地域事情と大阪、兵庫、和歌山の地元地域実情と重ねあわせ共通点、見習う点、すべて目から鱗状態で大変勉強になりました。地元交流会終了後、記念撮影、役場見学等にてスキルアップ研修は終了となりました。役場で和歌山県支部早稲田支部長、奥田事務局長と別れたあと、スキルアップ研修で唯一娯楽、見学コ-スの谷瀬の吊橋へ。高所恐怖症の防災士は、3歩進んで2歩下がる状態が続き、入口より3M進んだところであえなくリタイヤ。他の防災士がすいすい渡っていくのを尻目に横の茶店でコ-ヒ-タイム。防災士なのに情けないと思いました。帰りは、一路地元へ。今年2月より企画し、4回の下見と10ケ月の入念な実践作業は、無駄ではなかったように思いました。特に国土交通省の打合わせは当日の天候次第で実施(天候次第で視察に行ける場所が手前、奥まで行ける等変更になる)又は、大雨で中止等難航し、ヒヤヒヤでした。何とか見れて良かったと思いました。兵庫県防災士会、和歌山県支部、奈良県支部、十津川村東課長、大阪府支部の各位より感想のメ-ルが寄せられ、お礼と次年度開催の要望もお聞きしました。大反響にて次年度の企画も現在。大体決まってきました。また、次年度も参加するとの事で、現在、すでに3名の参加申込みがあります。別れ際に、十津川村の東課長は、大変良い企画なので、来年は、個人的に参加したいとの申出がありました。昨年に続き、また良い繋がりができました。
また、皆様、機会があれば、ご参加お願い致します。有難うございました。
日本防災士会 大阪府支部 堺ブロック 研修担当 薮内総治

第3回 日本防災士会 大阪府支部 スキルアップ研修in十津川村行程表

 1.日 時 : 平成26年11月29日(土)8時~30日(日)18時 1泊2日
 2.行 先 : スキルアップ研修 in 十津川村 被災地等視察、地元交流会、情報交換会
 3.宿 泊 : 奈良県吉野郡十津川村・十津川温泉 昴の郷【十津川温泉 ホテル昴】
          1階4部屋貸切
          奈良県吉野郡十津川村平谷909-4 TEL 0746-(64)-1111
 4.費 用 : 30,000円、25,000円、(女性20,000円)
 5.交 通 : マイカ-7台(日帰り含む)
 6.幹 事 : 薮内総治(日本防災士会 大阪府支部 研修担当) 090-3948-1025
 7.行 程 :
【1日目 平成26年11月29日(土)】
  (和歌山県以外集合)          南阪奈道路
堺市北花田町集合⇒美原IC(たじはや入口) ⇒葛城IC⇒R165⇒R168⇒ 五條森公園(休憩)
    8:00                                          9:00

           (視察車7台に走行しながらマイクLANを使用し音声を流しながら説明)↓
⇒道の駅吉野路大塔⇒猿谷ダム駐車場⇒五條市,十津川村被災地視察(長殿,赤谷,沼田原等)
(昼食)10:30~11:30 13:00全員集合 13:00~13:30猿谷ダム等説明13:30~15:00
 ↑(和歌山県合流)  ↑十津川村東課長,佐古防災士,国土交通省林副所長合流)

⇒林(仮設住宅モデル,住宅等)⇒風屋ダム等 ⇒ 日程終了。十津川温泉 ホテル昴へ
15:00~15:30 15:30~16:00

                    (2階宴会場,飲み放題,カラオケサ-ビス) (希望者)
⇒【十津川温泉 ホテル昴】⇒ 懇親会,情報交換会 ⇒「幹事部屋 」にて二次会」⇒三次会
  17:00(着) 入浴(1階)   18:00 ~21:00(合同写真)   (2階)  21:00 ~24:00
                   (1時間延長し3時間の懇親会)

【2日目 平成26年11月30日(日)】 2
朝食 ⇒【十津川温泉 ホテル昴】 ⇒ 地元交流会(十津川村役場2階)(昼食)(十津川村役場2階)
7:30    8:20出発(合同写真)  9:00 ~12:00(合同写真) 12:00 ~13:00
                      ↑十津川村温井議員合流 (昼食後役場内見学)

  ⇒谷瀬の吊橋 ⇒ 道の駅吉野路大塔 ⇒ 五條森公園休憩 ⇒ 葛城,美原IC ⇒ 堺到着
14:00~15:00(合同写真)コ-ヒタイム15:30(休憩) 16:30(休憩) 17:30(休憩)  18::00

osaka261129-1 osaka261129-2 osaka261129-3

osaka261129-4 osaka261129-5 osaka261129-6

osaka261129-7 osaka261129-8 osaka261129-9

osaka261129-10 osaka261129-11 osaka261129-12

osaka261129-13 osaka261129-14 osaka261129-15

大阪府支部 スキルアップ研修「北淡町・震災記念館」編を開催

平成27年7月18日(土)スキルアップ研修(「北淡町・震災記念館」編を開催致しました。
前日の台風の影響で、交通網が寸断され、参加された方、大変ご苦労様でした。
せっかく現地に行くので会場で震災についての講演を副館長に依頼、快諾頂来ましたが、到着が遅れ実現しませんでした。
薮内組は、午前7時30分に堺市を出発しました。通常は1時間30分くらいで到着ですが、現地到着が5時間30分後の午後1時過ぎでした。
他の方もほぼ同様で、全員揃ったのが、午後2時。レストランで昼食休憩後、館内見学。苦労して到着したせいか、視察もしっかりでした。
研修行程では、ドア-ドアで約12時間を用し、忘れられないスキルアップ研修となりました。

osaka270718-1

osaka270718-2

osaka270718-4

osaka270718-3

osaka270718-5

奈良県支部 奈良地方気象台、気象予報士会、奈良県防災士会の懇親会

平成27年8月15日(土)、夏休みお天気フェア後の「奈良地方気象台、気象予報士会、奈良県防災士会の懇親会」に参加し、より一層の交流を深めました。奈良県は山間部が多く、大雨による土砂災害や洪水が発生しやすいため、防災に気象情報は欠かせません。気象台、気象予報士会、防災士会がこれほど親密に情報交換を行っている支部は珍しいとのことで、奈良県防災士会の自慢が、またひとつ増えました。

nara270815b-1

奈良県支部 夏休みお天気フェアに参加

nara270815-1

平成27年8月15日(土)、奈良市防災センターにおいて、奈良地方気象台(17名参加)、日本気象予報士会関西支部(10名参加)、防災士会奈良県支部の主催する「夏休みお天気フェア」が行われ154名の親子が参加されました。(後援:日本気象協会、共催:奈良市防災センター)
奈良県支部から、植村支部長ほか12名が参加し、新聞紙スリッパ、ポリ袋ポンチョ作り、段々ベット等防災グッズ展示を行いました。
皆さん,為になったと笑顔で帰られました。

nara270815-2

nara270815-3

愛知県支部 ぼうさいあいち 会報12号を発行

aichi270815-1
ぼうさいあいちはコチラからご覧ください

<ぼうさいあいち概要>
・愛知県支部創立10周年を迎えて
・視察・研修に参加して
・進まない耐震化に想う
・名古屋港の防災施設等の船上研修会
・御嶽山噴火講演会
・「身に付けよう!予防・減災の為の安全・救急法①」
・名古屋地方気象台による「防災気象情報編クロスロード」体験会
・平成27年度愛知県支部役員 他

兵庫県支部 取材に対応、公明新聞に掲載

hyougo251227-2

取材に来られた公明新聞の方から、12日の全国版に掲載されたとの連絡がありましたのでご報告いたします。

hyougo270812-1
記事はコチラからご覧ください
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 講演 教育 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 支部総会 訓練指導 DIG 協定 自主防災組織 女性 総会 HUG 受賞 法人化 避難所 連携 実技指導 セミナー 被災地支援 研修指導 支部活動 支部会議 女性防災士 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR