高知県支部 日本防災士会高知第4号を発行

kouchi271224-1
防災士会高知はコチラからご覧ください

<防災士会高知概要>
・高知県危機管理部と意見交換
・定例会等開催
・上達しています救急手当法
・防災出前講座や地域の防災活動 他
スポンサーサイト

奈良県支部 あおはにの家防災訓練

平成27年12月15日(火)、奈良市杣の川町あおはにの家において、社会福祉法人 青葉仁会の防災訓練が開催され、奈良県防災士会から末田防災士が視察して講評を行いました。
あおはにの家では定期的に火災を想定した避難訓練を行っています。福祉避難所にもなっていることから、地域との関わりを重視されていて、また福祉施設特有の問題等もあり、防災士として逆に勉強させてもらっています。今後もお互いの知識向上のために協力していきたいと思います。

奈良県支部 都祁防災講演会

平成27年12月13日(日)、奈良市都祁交流センターにおいて、都祁防災講演会が開催され155名の住民が参加されました。地元都祁地区自主防災防犯会会長の末田防災士が司会進行を行い、岩野祥子防災士が「南極体験からの防災」を講演しました。
奈良地方気象台から坂地土砂災害気象官を迎え、都祁の消防団の紹介や、午前中に行われた情報伝達訓練の紹介報告も行い、都祁地区の防災力向上に役立つ一日となりました。東部山間地域は災害時に孤立する可能性が高いので、究極の自己完結である南極生活の話を通じて、山間地域で協力し合う認識を高められたと思います。

nara271213-1

nara271213-2

nara271213-3

奈良県支部 法隆寺における避難誘導及び避難所運営訓練

平成27年12月15日(火)、斑鳩町法隆寺境内において、法隆寺、斑鳩町役場の主催による避難誘導・避難所運営訓練が行われました。
訓練は境内で「シェイクアウト訓練」、「避難誘導訓練」、「救援物資配送訓練」を、聖徳会館内で「避難所開設訓練」、「避難所運営訓練・HUG」を行いました。
参加者は、各自治会、各自主防災会、自警団、観光協会、観光ボランティアの会、斑鳩アイセツSGG,消防団、社会福祉協議会、西和警察、法隆寺の方々で、130名が参加され、奈良県防災士会は「シェイクアウト訓練」、「避難所運営訓練HUG」を5名の防災士がそれぞれ担当・支援しました。
「HUG」の作業中には余震を想定し緊急地震速報を流し、身の安全と素早い行動の再確認と、避難所運営ではペットの扱い方法は・・・、トイレ問題は・・・、災害弱者への配慮方法は・・・等、活発な意見交換が大変有意義な訓練となりました。

nara271215-1

nara271215-2

nara271215-3

nara271215-4

奈良県支部 三笠中学校クロスロード

平成27年12月7日(月)、奈良市立三笠中学校で1年生と2年生の各7組にクロスロードゲームと防災の講演授業を行いました。
地元の佐保川地区自主防災防犯会と三笠中学校は、毎年お互いに訓練等で交流されていて、自主防災会の金野会長はじめ5人の役員さんと奈良県防災士会から末田防災士、北村防災士の2名で授業を受け持ちました。中学生からは正解のない問題でとても悩んだけど、万が一の時のことを真剣に考える良い機会になったと喜んでもらいました。
素直な意見がたくさん出てきて私たちも逆に勉強させたもらい、多様性の大切さを再認識しました。

奈良県支部 奈良市49地区自主防災会長対象HUG

平成27年12月9日(水)、奈良市役所正庁において、奈良市自主防災防犯協議会主催の「奈良市連合会長・自主防災会長向け避難所運営ゲームHUG」が行われ、地元自主防災会長のひとりで協議会の役員でもある末田防災士と、奈良市の木本喜信防災士、毛利秀司防災士、板谷慶依子防災士が指導を行いました。
協議会では自主防災組織として避難所の運営を重視しています。地区ごとの事情を踏まえた避難所ガイドラインの作成を目指して、全地区の会長に避難所のイメージを再認識していただくため、また地元に持ち帰りHUGを実践できるように基本的な進め方と準備から始めました。奈良市長、副市長、職員、ならどっとFM局長も見学されて、今後の自主防災組織の運営に、大いに役立つ一日となりました。

nara271209-1

nara271209-2

nara271209-3

奈良県支部 三郷町里・緑ヶ丘連合自治会防災講習会

平成27年12月6日(日)、生駒郡三郷町里・緑ヶ丘連合自治会地区において同町在住の防災士が中心となり防災講習会を行いました。最初に北村防災士夫婦が防災紙芝居を上演し、続いて同町のハザードマップについて解説しながら町の指定避難所や備蓄についての取り組みなどを紹介し、そこから見えてくる自治会や各家庭での災害への備えの大切さをテーマに講演しました。
後半は元DIYアドバイザーの大野防災士が誰でもできる家具の固定というテーマで講演し、様々な家具固定の手法について模型を使って分かりやすく紹介しました。末田防災士は、自治会自主防災所有の備品について使い方などの説明を行い、板垣防災士は同時開催の子供向けワークショップとして新聞紙スリッパの作成などを担当しました。三郷町役場総務課からの依頼による防災講習会でしたが、地元の防災士の方が奈良県防災士会のメンバーとして一緒に取り組ませて頂いた点でも、大いに意義のある防災講習会であったと感じました。

nara271206-1

nara271206-2

nara271206-3

nara271206-4

奈良県支部 町の防災士が避難所運営訓練(HUG)を指導

平成27年12月3日(木)、平群町中央公民館で「地域自主防災組織連絡協議会防災講習会」が開催されました。この講習会は、町の自主防災会役員が避難所運営を体験することと、町の防災士が自らの手で指導できるようになることを目的に開催されたもので約60名の方が参加しました。
研修会はHUG訓練を行いましたが、町の防災士8名が各テーブルに入って訓練の進め方などを説明し、続いてカード配布係を担当しました。また、町防災士ネットワークに所属する町の防災士と県防災士会(植村理事長)が事前に研修・打ち合わせを数回に渡って行ったうえで、今回は町防災士代表として堀田防災士(平群町防災士会長)がHUG訓練を進めました。
訓練は順調に進み、参加者が貴重な体験をする機会となりました。また、HUG訓練では避難者に情報伝達をするための掲示板が積極的に利用され、平群町の自主防災組織リーダーの対応力が高いことが伺えました。

nara271203-1

nara271203-2

福岡県支部 支部の支部活動の一環・・

皆さん!VMAT 、ブイマット(災害派遣獣医療チーム)をご存知でしょうか。
大規模災害等傷病動物が発生した際に行政の指示を待たずにおおむね48時間以内に獣医師、動物看護師、トリマー、訓練士、一般ボランティア等の方々4~5名で編成し動物救護を目的とする獣医療チームです。
東日本大震災において人の(災害派遣医療チーム、DMAT)医療支援はありましたが、動物たちへの体制は確立がなく救護の遅れになりました。
そこで、福岡県獣医師会にて(災害派遣獣医療チーム、VMAT、ブイマット)を発足されました。
福岡県支部はこの活動に感銘し後方支援としてヘルメットの寄贈を申し入れた次第です。
今後においても、避難所運営訓練におけるペットの同行避難の実直な問題点も共働し解決案を探究して参る所存です。

fukuoka271208

大阪府支部 支部主催スキルアップ研修開催

 日本防災士会大阪府支部主催で近畿地区の防災士有志が集まりスキルアップ研修in京都を開催しました。平成27年12月5日(土曜)~6日(日)、1泊2日で京都の福知山、舞鶴、宮津地区をまわり災害被災状況等の研修を実施しました。

osaka271205-1 osaka271205-2 osaka271205-3

osaka271205-4 osaka271205-5 osaka271205-6

osaka271205-7 osaka271205-8

osaka271205-9
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 教育 講演 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 協定 支部総会 総会 DIG 訓練指導 自主防災組織 女性 支部設立 研修指導 支部活動 女性防災士 被災地支援 法人化 HUG 受賞 セミナー 実技指導 支部会議 訓練HUG 連携 避難所 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR