高知県支部 会報 第6号を発行

kouchi280530-1
会報はコチラからご覧ください

<会報概要>
・「平成二十八年 熊本地震」災害支援活動及び調査活動に防災士を派遣 熊本県益城郡益城町 他
スポンサーサイト

奈良県支部 奈良県防災士会平成28年度総会

平成28年5月22日(日)王寺町やわらぎ会館において、NPO法人奈良県防災士会総会を開催し議案が承認されました。
来賓には奈良県安全安心まちづくり推進課の森田課長、日本防災士会大阪府支部の重本副支部長のご臨席を賜りました。
昨年9月に任意団体の日本防災士会奈良県支部より特定非営利活動法人奈良県防災士会へ移行して初めての総会でしたが、おかげさまで県内防災士115名の参加をいただき盛大に開催することが出来ました。
総会後の記念研修会では、内閣府の指定した地区防災計画の立案指導にあたられた、日本防災士会全国講師(日本防災士会静岡県支部副支部長)の清水俊雄防災士による「地区防災計画について」の講義をいただきました。
終了後の懇親会へも56名の防災士が参加し、ざっくばらんな意見交換が行われました。

nara280522-1

千葉県北部支部 「本一防災フェア みんなで防災体験」支援

 平成28年5月22日(日)、習志野市本大久保の本一町会で防災訓練の支援を行いました。本地区は当支部の筒井防災士が地域の指導的役割を担い、総務省の「第20回防災まちづくり大賞」を受賞した地区です。向う三軒両隣の住民関係を共助の基本組織として、「防災協力員体制」を設けることで積極的な防災体制を築いています。今回受賞記念ということもあり、起震車をはじめ、家具転倒防止対策、親子の防災教室、初動活動紹介、防災器材の展示コーナー、白玉ぜんざいの配布など、盛りだくさんの防災訓練で、北部支部は起震車と家具転倒防止対策を担当しました。
 防災意識の高い地区だけに参加者も多く、地震体験もさることながら家具転倒防砂対策コーナーも人が途絶えることなく、熱心に聞き、質問していました。

日時 : 平成28年5月22日(日) 10:00~12:00
会場 : 葉県習志野市本大久保1-18 三角公園内
参加 : 約100名
内容 : 地震体験、家具転倒防止対策、親子の防災教室、初動活動紹介
     防災器材の展示コーナー、白玉ぜんざい

chibakita280522-1

chibakita280522-2

chibakita280522-3

chibakita280522-4

滋賀県支部 平成28年度 定期総会

 定期総会が5月22日 明日都浜大津にて実施された。 
大阪府支部 支部長 田渕和夫氏と支部長代理 薮内総治氏の両名を来賓としてお招きし、H27事業報告・H27収支決算及びH28事業計画・収支予算・役員改選について審議され、いづれも異議なく承認された。

shiga280522-1
総会に先立ち、「水害に強い地域づくりの取り組みについて」~大雨に備えて地域でできること~と、題し滋賀県土木交通部流域政策局流域治水室 主査 山田千尋さんが記念講演を実施。緊急報告ととして、大津市社会福祉協議会で滋賀県支部事務局部会である職員が「熊本地震:大津町災害ボランティアセンターからの現場報告」を報告した。

(総会風景)

shiga280522-2 shiga280522-3
(県流域治水室 山田氏の講演)(大津社協職員の報告)

奈良県支部 「平成28年熊本地震」熊本県益城町災害支援活動報告

5月13日(金)午後9時に集合。奈良県防災士会11名、大阪府支部1名、一般参加者2名を加え、計14名の有志で橿原市役所前を出発、熊本県益城町に向かいました。 翌朝午前8時過ぎに、日本防災士会の災害対策支援本部に到着しました。
 そちらでは、日本防災士会本部・防災士会熊本県支部・九州ブロック防災士会・防災士
 会岐阜県支部の防災士が活動されていました。この地区の災害支援は、防災士会が
 受け持たれ、町内からのボランティア要請の対応聞き取り、そして作業活動をされてい
 ました。
(14日午前)
 ①班  家屋の前庭の土砂流出防止のため、植栽撤去・土のう作り・延長5mの土のう
     3段積み。
     家屋東側落下瓦の袋詰め・撤去。
 ②班  土のう作り、家屋基礎部分へ土のう積み・清掃、落下瓦の袋詰め・撤去。
搬送班  地区内巡回、積込み、町の瓦礫集積場へ搬送。
(午後)
 ①班  赤の張紙の家屋内、台所のタイル・落下壁の搬出、片付け。
     黄の張り紙家屋の家電搬出、廃棄家具の積み込み。
 ②班  赤の張紙家屋内の家具搬出・清掃、落下瓦の袋詰め・撤去。残りの①班も合
     流。
搬送班  多量の瓦礫土のう・家具の人力による積込み・積下ろし搬送のため、メドのつ
     いた①班から3名応援、最初先導車も付けて合計7名で瓦礫を運搬、集積場
     へ3往復。
(15日)
 昨日から続く、大量のガレキ瓦のため、家屋敷地内のガレキ瓦搬出の残り作業に、①・
 ②班・搬送班と東京からの一般ボランティアの方2名も加わり、安全を確認し、手作業
 によるガレキ瓦の袋詰めと搬出作業を全員で行った。
 途中、屋根の雨漏れ防止の依頼がある家屋に、対策支援本部の高野隊長と、こちらか
 ら有志4名が向かい、平屋建ての屋根に登り、7m各のブルーシートを更に張り加え、
 土のうを積み、ロープで補強しました。
 支援本部では、安全確認した上で、重機による道路のガレキ撤去も行っておりました。
 予定の作業終了後、日本防災士会熊本県支部長の宮下正一さんの同行で、震源地
 付近とされる益城町役場、避難所のある益城町総合体育館、屋外での支援物配布、
 亀裂の走る断層帯、町内被害状況を確認・視察させて頂き、その後夕方には熊本
 県を離れました。

nara280513-1

nara280513-2

nara280513-3

nara280513-4

千葉県北部支部 船橋市立湊中学校救命講習

 平成28年5月16日(月)、船橋市湊中学校において2年生全員、3年生全員、教職員等、計約280名にガイドライン2015に沿った救命講習を行いました。
 1,2時限目は3年生、3,4時間目は2年生、午後3時からは教職員が対象に、一次救命処置について1単元約50分の時間制限の中、胸骨圧迫の重要性を主軸に講習を行いました。生徒の皆さん、教職員の皆さん、共に真剣に学んでいました。中学2年生のなかには身体が小さく十分な胸骨圧迫ができない生徒がいましたが、なんとか試みようと必死になっている様子が伝わりました。
 今回平日の訓練ということもあり、東京都支部、東京都支部多摩ブロック、千葉県技術支援チーム、BCNの各団体から応援していただき、計19名の指導員で1組4人、16班編成のそれぞれの班に1名の指導員がつき、質の高い胸骨圧迫ができるようほぼマンツーマンで指導を行いました。中学校の中でもこのような取り組みをしているところはなかなかないと校長先生からもお礼の言葉をいただき、我々も大多数の一斉講習を行うことの勉強につながりました。
 他の校長先生も見学に来ていましたので、このような取り組みが評価されていくにつれて、随所での救命講習が予定され、結果命を救うことの一助になればと期待が膨らみます。

日時 : 平成28年5月16日(月)8:45~16:15
会場 : 船橋市立湊中学校
参加 : 約280名
スタッフ: 計19名
内容 : 救命講習(G2015準拠)

chibakita280516-1

chibakita280516-2

chibakita280516-3

chibakita280516-4

chibakita280516-5

北海道支部 クロスロード「災害ゲームで学ぶリスクコミュニケーション」

北海道防災士会 活動報告

災害時、判断に迷うさまざまな事柄を分岐点の体験


開催日時  平成28年5月15日(日) 13:30~15:00
開催場所  江別市市民会館 21号室
主  催  江別グリーンライオンズクラブ
参 加 者   江別市民 20名(中学生以上対象)
協賛指導  北海道防災士会 役員3名
      北海道防災士会に江別グリーンライオンズ会員が在籍している事から、
      協力を求められて実施する。

hokaido280515-1 hokaido280515-2

hokaido280515-3

広島県支部 支部会報第80号を発行

hiroshima280410-1
支部会報はコチラからご覧ください

 <支部会報概要>
・平成28年度広島県支部総会 他

奈良県支部 全労済「女性のための生活支援セミナー」開催

平成28年5月10日(火)奈良市 ホテル日航奈良において、全労災奈良県支部、ならリビング共済の「女性のための生活支援セミナー」が行われ、91名が参加されました。奈良県防災士会から、植村理事長が熊本地震の特徴と現状も踏まえて、防災対策の講演を行いました。その後、3名の防災士が避難時に役立つ小技の指導を行いました。また、熊本地震に対して沢山の募金をいただきました。

nara280510-1

nara280510-2

nara280510-3

nara280510-4

奈良県支部 斑鳩町民生・児童委員HUG

平成28年4月28日斑鳩町いきいきプラザにおいて、斑鳩町民生・児童委員 避難所運営訓練(HUG)が行われ、38名が参加されました。奈良県防災士会から、3名の防災士が参加しました。熊本地震の後でもあり、みなさん熱心に取り組まれました。また、沢山の熊本への募金もしていただきました。

nara280428-1

nara280428-2
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 講演 教育 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 支部総会 訓練指導 DIG 協定 自主防災組織 女性 総会 HUG 受賞 法人化 避難所 連携 実技指導 セミナー 被災地支援 研修指導 支部活動 支部会議 女性防災士 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR