兵庫県支部 夏休みラジオ体操と防災体験

hyougo251227-2
事業部   

自主防災会の防災訓練では、なかなか参加率も上がらず、いつも役員と少人数だけで行っているという相談を受けて、幅広い年齢層の集まる「夏休みラジオ体操」後に訓練を実施し、幼児から高齢者まで沢山の方に参加していただきました。

 【日 時】 平成28年7月30日(土) 6:00~7:30
 【場 所】 加古川市 粟津神社境内
 【内 容】 防災講話、非常持ち出し品・備蓄品紹介、非常食体験
 【参加者】 粟津町内会住民 100名

打合わせ時に自主防災会の備蓄倉庫を見せていただくと、豊富な資機材が揃っていたが、炊き出しが出来そうなものが何も入っていないことに気づき、炊き出し訓練を企画しました。役員の皆様も炊き出しは初めてと言うこともあり、まずは簡単に作れるアルファ化米に挑戦。炊き出し中は、東播磨県民局の委託事業「ジュニア防災スクール事業」の出前講座として、簡単な防災講話と非常持ち出し品・備蓄品の説明をしました。最近は、朝ごはんを食べない子どもたちが多いことから、朝ごはんの重要性も取り入れ、参加者全員で美味しく「田舎ごはん」をいただきました。難しい災害の話だけでなく、食育や規律、人権などいろんな観点から防災・減災を考えていただける時間をこれからも作っていきたいと思います。

粟津自主防災会HP
  http://www.geocities.jp/awazu675/bosaikurabu28b.htm
(文責 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo280730-1

hyougo280730-2

hyougo280730-3
スポンサーサイト

兵庫県支部 西脇市最大の夏祭りにてブース出展

hyougo251227-2
北播エリア  
  【行事名】第11回 へその西脇・織物まつり
  【日 時】平成28年8月28日(日) 12:00~21:00
  【場 所】西脇市総合市民センター
  【内 容】熊本地震被災地支援パネル展示、非常持ち出し品・備蓄品展示、
      空き缶コンロ実演販売、子供向け工作体験
  【防災士】兵庫県防災士会会員12名、中学生1名

西脇織物まつりの屋内展示会場は西脇市総合市民センター館内で「加杉野踊り」のメインステージを前面にして22ブースありました。
兵庫県防災士会は熊本地震被災地支援活動パネルや避難時の持ち出し品及び備蓄品の展示を行うとともに空き缶を利用した非常用コンロ作成や子供向けの手作り体験コーナーを開き、併せて物品の販売も行いながら、住民への防災啓発活動を行い、それなりの効果が図られました。
例年、屋外のお祭り広場会場へ訪れた観客が屋内会場へも立ち寄る形となっており、地元だけでなく他府県からも多数の入場者があり、賑わっている。
出役した会員方にとって、よさこいなど多彩なジャンルの踊りが披露される「加杉野踊り」の大音響の中での長時間対応は、疲労度も増しましたが、沢山の方々に防災減災を考えていただける充実した内容となりました。
(文責 足立順男)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo280828-1

hyougo280828-2

hyougo280828-3

hyougo280828-4

hyougo280828-5

hyougo280828-6

千葉県北部支部 船橋市総合防災訓練湊中学校支援

 平成28年8月28日(日)、船橋市総合防災訓練の一環としてBCN、日本防災士会千葉県北部支部、東京都支部、千葉県技術支援チームは共同で計14名の混成チームを作り船橋市立湊中学校の避難訓練支援を行いました。

 9時に行政無線が入り、シェイクアウトでスタートです。と同時に防災士6名が血のりマントを羽織り、校内屋外で倒れます。救出グループの中学生たちは校内の負傷者を捜索するはずでしたが、なかなか動きがないため、防災士が積極的に負傷者の場所を示し、または誘導して救出に向かいます。負傷者発見! すぐに救護所まで運ぶため竿と毛布で応急担架を作って搬送したり、毛布の両端をくるくる巻いた状態で搬送する毛布担架などで、実際に救護所まで運びます。きちんと足から搬送されていました。血のりは鮮明で少し離れたところから見るとリアルです。

 搬送訓練と同時に一般住民の方々には避難所で使われる新聞スリッパを作成してもらい、実際に履いてもらうようにしました。それが終わると中学生とともに備蓄されている仮設トイレの組み立てです。中学生、地域住民、船橋市職員、消防団、防災士が入り混じる中、比較的スムースに組み立てができました。

 次にアルファ化米の調理のため4階の調理室へ移動し、1人分用アルファ化米の作り方、注意点など説明を受け、実際にお湯を入れて作ります。

 待ち時間を有効利用するため、全員3階の視聴覚室に移動し、ここでは救命講習を行いました。人形、AED4セットを用いた本格的な救命講習で、皆さんしっかりと学んでいました。

 今回、船橋市総合防災訓練の一環でしたが、楽しくためになる訓練になったのではないかと思います。そのお手伝いができて私どもも大変勉強になりました。

日時:平成28年8月28日(日) 9:00~12:00
場所:船橋市立湊中学校
主催:船橋市
参加:約80名
指導構成:千葉県北部支部、BCN、東京都支部、千葉県技術支援チーム

chibakita280828-1

chibakita280828-2

chibakita280828-3

chibakita280828-4

chibakita280828-5

chibakita280828-6

chibakita280828-7

千葉県北部支部 千葉市ことぶき大学校公開講座

 平成28年8月25日(木)、千葉市ことぶき大学校において、地震体験および防災講演を行いました。一般公開講座で約30名の受講者でしたが、地震体験の後、○×クイズを含めた防災講座で皆さん真剣に学んでいました。題目は「大地震が起こったら~こんな時どうしますか~」、様々なシーンをクイズ形式で考えていただき解説していく方法ですが、意外に思える内容も含まれていることから、「へー」「ほー」という声が漏れていました。最後にエコノミークラス症候群を予防する体操を皆さんで行い講演を終了しました。

日時:平成28年8月25日(木) 13:30~15:30
場所:千葉市ことぶき大学(ハーモニープラザ)
主催:千葉市ことぶき大学
講師:青木信夫 防災士
参加:約30名

chibakita280825-1

chibakita280825-2

chibakita280825-3

chibakita280825-4

横浜支部 防災士よこはま 第9号、第10号を発行

yokohama280806-1
防災士よこはま第9号はコチラからご覧ください

<防災士よこはま 第9号概要>
・わかば学園地域防災拠点「HUG」講習会


yokohama280821-1
防災士よこはま第10号はコチラからご覧ください

<防災士よこはま 第10号概要>
・平成28年度「横浜市総合防災訓練」実施結果について(報告)

兵庫県支部 H28「ジュニア防災スクール」夏休み避難所体験

hyougo251227-2
事業部    

阪神・淡路大震災から21年目を迎え、地震をはじめとする自然災害の恐ろしさや、災害に対する備えの大切さを子どもの頃から理解してもらおうと、小学生や家族を対象とした「ジュニア防災スクール」を開催しました。

-記-

  【日 時】  ①平成28年7月23日(土)・24日(日) 10:00~16:00 
        ②平成28年7月30日(土)・31日(日) 10:00~16:00
  【場 所】  ①明石市防災センター
        ②加古川市防災センター
  【内 容】  1.防災教室(座学)
        2.防災センター体験・見学
         (初期消火体験・煙避難体験・地震体験など)
        3.避難所体験、非常食「アルファ化米」にて昼食
        4.段ボールベッド、新聞スリッパ、紙食器などの作成
        5.非常持ち出し袋の中身を確認しよう!
        6.安否札・ペットボトルランタン工作
  【参加者】 東播磨県民局管内の小学生、保護者 213名
        防災士・防災リーダー スタッフ 述べ48名
  【主 催】 兵庫県東播磨県民局、特定非営利活動法人兵庫県防災士会
          
ジュニア防災スクールも3年目となると、リピーターの家族もおられましたので、今年は「非常持ち出し品ゲーム」を、「非常持ち出し袋の中身を確認しよう」に変更。「家に帰ったら非常持ち出し袋を作ってください」と言ってもなかなか作ってもらえないのが現状でしたので、ジュニア防災スクールに非常持ち出し袋を持ってきてもらい、「参加者全員で袋の中身を見せ合いっこしよう!」と企画。持参した非常持ち出し袋の中身を全部机に広げて、ライトやラジオ、非常食など選び方や使い方などを皆で見せ合いながら楽しく進めることが出来ました。中には「お母さんが買ってきたから使い方がわからない」「景品のラジオだったけど壊れていた」「ライトは持ってきたけど電池が入っていなかった」「アルファ化米を入れていたが水を入れていなかった」など沢山の気づきを家族で確認していただけました。
アンケートでは、「家族で話し合うきっかけになった」という嬉しいお言葉も多くあり、参加したご家族がこれから地域の防災ファミリーとして活躍してくれることを期待します。
指導にあたったスタッフの皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。
(事業部 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo280723-1
写真はコチラからご覧ください

hyougo280723-2
YouTube サンテレビ取材の動画はコチラからご覧ください

大阪府支部 大阪府880万人を対象に大訓練

大阪府支部での訓練。大阪府民全体の訓練が、大阪府と防災士会大阪府支部が音頭を取って開催されることとなりました。

osaka280823-1

石川県支部 防災の絆・石川 No.22を発行

ishikawa280810-1
防災の絆・石川はコチラからご覧ください

<防災の絆・石川の概要>
・9月24日(土)に公開講座を開催、参加者募集中
・平成28年度第1回スキルアップ研修会を7月23日(土)に小松市で開催
・7月17日(土)に避難所実地訓練が富山市で開催される
・北信越支部連絡協議会通常総会が長岡市で開催
・平成28年度通常総会を5月28日(土)に開催
・今後の行事予定 他

9月24日公開講座のチラシはコチラからご覧ください。

千葉県北部支部 東北視察勉強会

平成28年8月11日(木祝)、12日(金)、宮城県牡鹿郡女川町を中心に、南三陸町、石巻市、福島県浪江町を周る勉強会をBCN、東京都支部と共同で開催しました。計16名の参加です。今回のメインは女川町で活動している高校生で構成される「1000年後のいのちを守る会」の石碑除幕式に参加することです。3.11当時小学6年生だった子どもたちは高校3年生になりましたが、女川町のすべての浜に21基もの石碑を建てる計画を立て、このほど10基目、11基目、12基目が完成し、地元の方との交流を深めながら除幕式が行われました。

8/11(木祝)
朝7:00女川港出港の船「しまなぎ」に乗船、30分ほどで「江島」に到着しました。約30世帯しかない小さな島です。階段を上ると10基目となる「女川いのちの石碑」が立派に建てられていました。石碑に刻まれている句は「うらんでも うらみきれない 青い海」です。石碑ごとに異なる句は当時中学生だった彼らの心の叫びです。月に1度は通っているAWSというアカペラメンバーによる歌から始まり、除幕、挨拶、地元の方との交流などがありました。
女川港に戻り、次は「高白浜」での除幕式。女川湾の絶景を背に、11基目の石碑には「忘れない この悲しみを 苦しさを」の句が刻まれています。
対岸の「指浜」に移動し、12基目の除幕。ここも絶景ポイントで良い場所に建てられていました。「まっててね 今届けるよ おばあちゃん」。女川町は人口の約8%を津波で失いました。笑顔で集まる地元の方々の中にも辛い苦しみを背負っている人が少なからずいます。
女川駅に戻り、フューチャーセンターで高校生たちが考えに考え抜いた「女川いのちの教科書」が初めて披露されました。まだ編集中とのことですが、「日常」が崩壊していくという書き出しから圧倒されます。瓦礫はガレキではなく、みんなの人形やぬいぐるみ、布団、家具、家などでできた宝物であること、絆という言葉の本当の答え、教えられることばかりの本物の教科書です。完成を心待ちにしています。

8/12(金)
宿泊した女川のトレーラーハウス「エルファロ」(とても快適でした)を後にして、旭が丘集会所に向かいます。昨年(2015年)もお邪魔しましたが、今回も仮設に住むおばあちゃんたちが踊りを披露してくださり、社会福祉協議会の方の上手なナレーションと相まって笑いの連続です。我々はたくさんの元気をもらいました。
南三陸のさんさん商店街で昼食をとり、大川小へ。いつもは強風なのですが、なんとも穏やかで、それが静まり返った沈黙と何かを訴えているような重い空気が漂います。持参した線香をみんなで手向けました。その後大川地区をよく知るハマちゃんこと濱畑さんの経営する「ハマちゃんカフェ」で休息。ここで昨年もお会いした中川さんに再会し、少しですが近況を伺うことができました。
宿泊先である東松島のホテルに移動し夕食の後、この2日間の反省会を行いました。1人ずつ感想やご意見などを述べていただき、思ったこと、感じたことを話し合いました。参加された方々は皆さん有意義だったとの感想で、もう次回のことに話が進んでいました。

出会ったすべての方々に感謝いたします。

chibakita280811-1

chibakita280811-2

chibakita280811-3

chibakita280811-4

chibakita280811-5

chibakita280811-6

chibakita280811-7

chibakita280811-8

北海道支部 会報vol.11を発行

hokaido280815-1
会報はコチラからご覧ください

<会報概要>
・平成28年上期 主な動向 他
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 教育 講演 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 協定 支部総会 総会 DIG 訓練指導 自主防災組織 女性 支部設立 研修指導 支部活動 女性防災士 被災地支援 法人化 HUG 受賞 セミナー 実技指導 支部会議 訓練HUG 連携 避難所 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR