FC2ブログ

愛知県支部 平成28年度 名古屋地方気象台講座 第3回目

    「地震と津波について」
  日 時: 平成29年1月19日(木)13時から15時
  場 所: 愛知県支部 東特会館 4階 会議室
  参加者: 会員16名
  講 師: 名古屋地方気象台 東海地震防災官 名倉 賢哉氏

 今年度最後の名古屋地方気象台講座になってしまいました。
 地震発生の仕組みとタイプなど基礎について丁寧に復習してから、断層のいろいろな種類と愛知県内の主な活断層帯の長期評価の結果について、ランク別に細かく説明していただき、かなり細かく理解ができました。
 津波についても発生の仕組みや速さと高さなど、知識を確かめながら、遡上や伝わり方などを再認識し、予測する仕組みなども丁寧に教えてくださいました。また、大津波警報・津波警報・津波注意報についても、分かりやすく表記して説明いただきましたので納得できました。
 気象関係については、事象や情報など難しいと思い込み、解りにくいと思ってしまいがちですが、このように名古屋地方気象台の専門官の方々から直接教えを受けて、理解することができる幸せを身にしみて感じています。

今年度も第1回目「気象と災害」  11月29日 気 象 情 報 官 小林幸博氏
     第2回目「防災気象情報の活用」 12月14日 気 象 情 報 官 小林幸博氏
     第3回目「地震と津波について」  1月19日 東海地震防災官 名倉賢哉氏
と、3回にわたってお教えていただくことができました。
 ご協力くださいました名古屋地方気象台様には心より感謝を申し上げます。
 今回ご指導いただきましたことを何度も復習して、防災活動の中で自信をもって話せるように努力し、私たち自身も気象庁のホームページに積極的に慣れ親しんで、情報を得るように努めていくことも必要だと思いました。ありがとうございました。

aichi290119-1

愛知県支部 「介護事業所における防災・非常災害対策」講座開催

 日 時:平成29年1月17日(火)午後1時半から4時半
 場 所:名古屋商工会議所 3階 第5会議室
 講 師:愛知県支部 羽田道信(藤田保健衛生大学教授) 
 ワークショップファシリテーター 愛知県支部会員 10名
 参加者:愛知県内介護事業所 防災担当職員 120名
      (管理者・社会福祉士・ケアマネ・看護師・理学療法士等々)

 ケアマネージャーへの研修をする愛知県シルバーサービス振興会の依頼により、介護事業所の防災担当者に対し、入所者や利用者の安全をどう確保するのかという災害への対策や対応に関する講座「介護施設等における災害対策と災害対応」の講演のあと、減災対策としての緊急時の行動指標を考えるアクションカード作成ワークショップを開催しました。
 愛知県支部として初めての介護施設等の防災担当者への研修指導でしたが、講師の羽田道信教授の指導によりそれぞれの事業所の担当者は熱心に取り組み、真剣に学びました。
 ワークショップでは愛知県支部会員がファシリテーターを務め、もしもの時にはと真剣にアクションカードの作成に励む参加者を目の当たりにして、大きな刺激と感動を覚えました。参加者も職場での対応をどうすべきか大変勉強になったと喜んで、振興会の発行する修了証を受け取っていました。

aichi290117-1 aichi290117-2

aichi290117-3 aichi290117-4

北海道支部 学校防災活動(学習会)

 hokaido280924-9.jpg  北海道防災士会 活動報告 ≪学校防災活動≫会員聴講(学習会)

 開催日時 平成29年1月17日(火)13:00 ~15:00
 開催会場 北海道庁別館 会議室 (札幌市中央区)
 主催者   北海道教育委員会
 開催内容 活動内容 防災関連事業「リレートーク」(防災キャンプ内容)
        ※北海道防災士会体験指導内容(ダンボールベット作成)
 参加者   道)教育・防災関係者 60名 ※(北海道防災士会13名参加)

hokaido290117-1 hokaido290117-2

hokaido290117-3 hokaido290117-4

北海道防災士会が昨年の8/3 道南市町村の学校防災の体験指導時の報告があった。
※防災キャンプ体験活動「避難所ダンボールベットの作成と体験」について。
北海道教育庁から、学校防災を担う「北海道防災アドバイザー」北海道防災士会の活動報告。

千葉県北部支部 平成28年度野田市リーダー研修会

平成29年1月15日(日)、野田市主催による平成28年度野田市リーダー研修会が行われ、千葉県北部支部および防災コミュニティネットワーク(BCN)が講師およびファシリテーターを務めました。野田市の自主防災組織の方々計200名への研修会で、午前2時間、午後2時間というハードな取り組みです。
内容は第2段階のDIGで、町内会レベルの仮想地図を使った自主防にマッチしたイメージトレーニングですが、参加者のほとんどは初めての経験で、それぞれが地図に向き合い前のめりで訓練にあたっていました。参加者の中にはこれを地元で行いたい、地図データはどのように作るのか、などの質問や要望があり、自主防の方々がリーダーとなって地元に帰って同様のイメージ訓練をすることで、地域に即したDIGが展開されることと思います。これがきっかけとなり地区防災計画の足掛かりになることを期待しています。

日時:平成29年1月15日(日) 10:00-12:00 14:00-16:00
場所:野田市役所大会議室
主催:野田市
参加者:約200名
講師:松井正雄防災士
スタッフ:防災士15名(千葉県北部支部、BCN)
内容:DIG

chibakita290115-1

chibakita290115-2

chibakita290115-3

chibakita290115-4

chibakita290115-5

chibakita290115-6

広島県支部 支部会報 第84号を発行

hiroshima290110-1
支部会報はコチラからごらんください

<支部会報概要>
・スキルアップ研修会が開かれました
・東広島市2016 消防・防災フェアへ東広島市防災士ネットワークが参加 他

兵庫県支部 郵便局とのコラボ企画「年賀はがき販売&防災展」

hyougo251227-2
事業部   

 年末に空き店舗を利用して年賀はがきを販売している局とのコラボ企画で「年賀はがき販売&防災展」を実施しました。
     【日 時】平成28年12月16日(金)~31日(土)
         10:00~17:00
     【場 所】アスピア明石1階(docomoショップ跡)

 毎年、アスピア明石で年賀はがきを販売している局長様から「会場が広いため空いた場所で防災に関する展示ができないか」との相談があり、買い物客が気軽に立ち寄れる展示や体験コーナーを設け、土日で子ども連れの多い日は、バルーンアートを作りながら防災の話を聞いていただくなど楽しんでいただきました。
 立ち寄ったお客様の中には、「今、ここで買いたかった。販売はしていないの?」という声も多くあり、地域に密着した郵便局を窓口とした防災グッズの販売や啓発などが充実できれば、高齢者の方でも気軽に相談できるのではと今後の課題にもなりました。
(文責 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo281216-1

hyougo281216-2

hyougo281216-3

hyougo281216-4

千葉県北部支部 支部会報 千葉北第27号を発行

chibakita290101-1
千葉北はコチラからご覧ください

<千葉北概要>
・全市規模の総合防災訓練に参加1
・HUG の指導者を増やす取り組み
・第1 回法典フェア 2
・東北視察勉強会
・防災のエース、起震車物語(上)
・北部支部会員さん 紙上インタビュー
・北部支部の防災支援活動
・新会員紹介 他

千葉県北部支部 NPO法人キッズパレット防災体験

平成28年12月26日(月)、千葉県袖ケ浦市のNPO法人キッズパレット主催による「第3回キッズパレット防災体験」にて小学生約100人を対象とした防災体験学習を行いました。前半は地震の講話から始まり、防災○×クイズで盛り上がりました。後半はいよいよ身体を動かす訓練として、3班に分かれて防災ダック、新聞スリッパ作り、地震体験をローテーションで行いました。防災ダックはポーズを取りながらの訓練で子ども達は大喜び。新聞スリッパでは素足ではちょっと痛いマットの上を歩いてもらい、スリッパの有効性を直に感じてもらいました。地震体験は4人1組で東北地方太平洋沖地震(最大震度7)の波形を基にした75秒の地震動を体験し、揺れのすごさを体験いただきました。最後に日本赤十字の方々からアルファ化米のおにぎりとサバイバルフーズのシチューが提供され、計3時間に及ぶ体験学習はあっという間に終了してしまいました。子ども達は大変素直に学習に取り組み、楽しみながら多くのことを学んだと思います。このような学習は各地で更に広まっていただきたいと願いつ・u桙ツ、私ども防災士も大変勉強になった活動でした。

日時:平成28年12月26日(月) 9:30~12:30
場所:袖ヶ浦市立昭和小学校
主催:NPO法人キッズパレット
スタッフ:14名(千葉県北部支部、BCN)
内容:講話、防災○×クイズ、防災ダック、新聞スリッパ、地震体験

chibakita281226-1 chibakita281226-2

chibakita281226-3 chibakita281226-4

chibakita281226-5 chibakita281226-6

chibakita281226-7

奈良県支部 中国、ベトナム研修生と防災研修

 平成28年12月29日(木)三宅町において、在日外国人(中国、ベトナムからの研修生)の人達と防災研修を行いました。この研修は、三宅町人権・文化・福祉委託事業として事業を受託したNPO法人なら人権情報センターからの依頼を受けて行われ、奈良県防災士会から5名の防災士会が参加しました。
 参加したのは中国人6名、ベトナム人8名の若者、通訳2名の方を交えての研修でしたが、日本人以外は、「緊急地震速報!」をまったく知らないことが判明し、在日外国人の人達への支援が必要であることをあらためて確認することとなりました。
 訓練は、シェイク・アウト訓練、毛布を使った簡易タンカの研修を行いましたが、通訳を通しての研修であることから通常の倍の時間を要しての研修となり、身振り手振りでの指導となりました。しかし、参加した中国、ベトナムの人達と一緒に交流をしながらの研修は笑顔があふれる研修となり、「楽しく」活動をすることが大事であることを再認識する日となりました。
 防災研修の後は、みんなで「食」の交流として一緒に“餅つき”を体験し、また一緒に過ごすことを約束して研修会を終えました。
(報告:植村防災士)


nara281229-1 nara281229-2

nara281229-3

nara281229-4

nara281229-5
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 講演 コミュニティー 訓練 イベント 教育 勉強会 指導 HUG 現地活動 被災地支援 総会 訓練指導 DIG 女性 協定 支部総会 研修指導 避難所 HUG 女性防災士 支部会議 受賞 セミナー 自主防災組織 支部活動 地区防災計画 連携 支部設立 訓練HUG 法人化 実技指導 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR