FC2ブログ

長崎県支部 「第4回防災士のための気象講座」3月4日(土)開催

 眼下に長崎市松が枝町「国際観光埠頭」の大型客船、後方には明治日本産業遺産「旧グラバー住宅」また、洋館が立ち並ぶ風光明媚な南山手の長崎地方台で開催。
 今回のテーマは昨年の東北・北海道での大雨被害、気象台から提供される気象情報の入手の重要性。対岸の火事ではなく、私どもが毎年経験する梅雨前線による大雨「九州北部の梅雨前線の特徴・かんたん解説」と題し、田中満防災気象官より講演頂いた。過去災害をもたらした天気図を基に、なぜ災害に繋がったか、そのような時どう対応すべきかと懇切丁寧に解説いただいた。併せて、気象庁が発表する気象情報(大雨の場合)、特別警報・大雨時の防災気象情報の流れ、長崎市の大雨洪水警報・注意報基準も併せて説明頂いた。
 質疑応答では、防災士の皆さんから多くの質問に田中気象防災官から回答していただいた。この講座は、皆さんの関心の高い内容だった。

気象庁作製「津波ワークショップ」
津波から命を守るために、海の近くでゆれたらすぐに避難。津波の特徴を知り、いかに素早く安全な場所に避難するかのゲーム形式である。各グループに地図・サイコロが渡され、ファシリテーターの田中防災気象官からの指示で2個のサイコロを振り、その面の合計数で様々なトラブルに対応する判断力を求められる。東日本大震災の際も、命を守るため津波から回避するため、いかに素早く高い所(垂直非難)への避難の重要性を語り継がなければなりません。今年気象庁作製の「津波ワークショップ」非常に有意義な研修でした。
 研修後、気象台業務、天気予報作成及び観測機器等の見学会も実施。
 今回の「第4回防災士のための気象講座」開催に際しては、お世話になりました所防災管理官・田中気象防災官・気象台の皆さんに感謝と御礼申し上げます。今後とも長崎県支部恒例事業として継続実施したいと存じます。

交流会実施
今回研修会終了後、研修会に参加いただいた気象予報士会(気象予報士5名)・気象台・防災士合同の歓談の場を設けていただき、情報交換の貴重な機会にもつながった。

長崎地方気象台等関係機関と共催
「防災フェスタin島原半島」また、長崎地方気象台で開催「気象フェスタ」で熊本地震被災状況パネル展示。
 今後とも関係を密にして、ご指導・ご支援を仰いでいきたいと存じます。
(報告 長崎県支部事務局 川浪 良次)

nagasaki290304-3 nagasaki290304-4 nagasaki290304-5
気象台からの長崎港 (1)  気象台からの長崎港 (2)  気象台からの長崎港 (3)

nagasaki290304-6 nagasaki290304-7 nagasaki290304-8
   研修会場 (1)     研修会場 (2)     謝辞 旭支部長

nagasaki290304-9 nagasaki290304-10 nagasaki290304-11
第4回防災士のための気象講座  所防災管理官開会挨拶
         第4回防災士のための気象講座 (20)  津波防災ワークショップ (1)

nagasaki290304-12 nagasaki290304-13 nagasaki290304-14
津波防災ワークショップ(2) 津波防災ワークショップ(3)  津波防災ワークショップ(4)

nagasaki290304-15 nagasaki290304-16 nagasaki290304-17
津波防災ワークショップの様子  田中防災気象官講義 (1)  田中防災気象官講義 (2)

nagasaki290304-1
報道発表資料はコチラからご覧ください

nagasaki290304-2
チラシは以下からご覧ください

兵庫県支部 小学校参観日「平成28年度 親子で学ぼう!防災学習」

hyougo251227-2
事業部    

 保護者と児童がともに防災に関する知識を取得し、平常時からの各家庭や学校における備え、地域で担うべき役割を理解することにより地域における災害時の被害を最小限に抑えることを目的として、天満小学校PTA主催の防災学習が開催された。

  【日 時】平成29年2月8日(水) 10時35分~12時25分
  【場 所】稲美町立天満小学校 体育館
  【参加者】生徒(6年生)  133名
      PTA      80名
      教職員     10名
  【指導者】防災士 3名
  【プログラム】10:35 開会挨拶、講師紹介
        10:38 防災クイズ
        10:50 応急救護訓練
            身の回りのものを使って止血・骨折の手当て
            簡易担架の作り方、被災者搬送リレー
        11:30 非常持ち出し袋 重量体験
        12:00 炊き出し アルファ化米試食
        12:10 講評、閉会(生徒退場)
        12:15 フェニックス共済(兵庫県住宅再建共済制度)説明

 兵庫県マスコットの「はばタン」と一緒に防災クイズに答えたり、応急手当や担架搬送のグループワークを保護者も含めて行ったりと、終始賑やかに学習することができた。
(事業部 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo290208-1

hyougo290208-2

兵庫県支部 まちづくり協議会にて避難所運営研修

hyougo251227-2
事業部    

 明石市立清水小学校区まちづくり協議会主催の防災セミナーにて「避難所運営研修初級編」を実施。普段から地域コミュニティがあり、活動も活発な地域だけに、とても穏やかにワークショップが進みました。
    
   【日 時】平成29年2月4日(土) 10:00~12:00
   【場 所】明石市立清水小学校区コミュニティセンター
   【主 催】清水小学校区まちづくり協議会
   【参加者】まちづくり協議会、安心安全部会、学校園教諭、一般住民 30名

 参加者の中には小学校の校長先生もおられ「是非これは、職員研修でしたい!学校側の準備物などを早急に対応しなければ・・・」と大きな気づきがあったことを話してくれました。避難所経験がない地域ですので、「テレビで見て考えていた避難所の様子とまったく違う。自分たちで準備するものをこれから考えていきたい」など、役員の皆様にも新たな気付きがたくさん与えられました。
(文責 横山恭子)

特定非営利活動法人兵庫県防災士会


hyougo290204b-1

兵庫県支部 「稲美町協働まちづくり100人会議」にて防災研修

hyougo251227-2
事業部   

 稲美町の「協働のまちづくり」を推進するため、さまざまなまちづくりに取り組まれている方々が一堂に会し、具体的な活動事例や実践活動で得た経験や課題をもとに、議論を行い、お互いが情報を共有することで住民の参画と協働を図る「稲美町協働まちづくり100人会議」が開催され、災害時の避難所運営についての防災研修会が行われた。
    
   【日 時】平成29年2月4日(土) 13:30~16:00
   【場 所】稲美町いきがい創造センター 2階ホール
   【主 催】稲美町
   【参加者】自治会会長、役場職員 70名

 ため池の多い地域だけに、水害についての知識・経験はあるが、地震やそれ以外の災害についての意識は低く、災害が起きたときに自分たちで避難所運営ができるようにと企画された。実際の避難所を見たことがある人は数名で、ほとんどの参加者は、テレビ報道でのイメージしかなかったが、研修を進める上で、避難所での問題点や自治会・運営側の苦労、事前準備の大切さを学んでいただけた。主催者からは、これを機に町をあげて避難所運営マニュアルの作成や単位自治会での防災研修の取り組みを進めていきたいとのお言葉もいただけ、よいきっかけ作りが出来たようです。
(文責 横山恭子)

特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo290204-1

hyougo290204-2
稲美 新聞

兵庫県支部 「ひょうご安全の日」西播磨地域のつどい

hyougo251227-2
西播エリア   

 阪神・淡路大震災や平成21年台風第9号豪雨災害をはじめとした、過去の災害の経験と教訓を継承し、将来の災害への備えの充実を図るため、「ひょうご安全の日西播磨地域のつどい」が開催されました。

   【日 時】平成29年1月21日(土) 13:30~15:30
   【場 所】相生市文化会館 扶桑電通なぎさホール
   【主 催】兵庫県西播磨県民局、相生市

 毎年、様々なテーマで開催されてきましたが、今年度は熊本地震や鳥取地震などの地震災害についての支援活動を取りあげることとなり、兵庫県防災士会の竹平元則会員が熊本地震被災地での活動について事例発表を行いました。
 会場ホワイエでは、行政や各種団体の防災啓発展示も行われ、兵庫県防災士会西播エリアとして、被災地支援パネルや備蓄品などの展示説明を行い、つどいの参加者だけでなく会場を訪れた一般のお客様への防災・減災啓発も行いました。

特定非営利活動法人兵庫県防災士会


hyougo290121-1

hyougo290121-2

hyougo290121-3

hyougo290121-4. hyougo290121-5
チラシはコチラからご覧ください
西播磨地域のつどい御例文はコチラからご覧ください

兵庫県支部 「ひょうご安全の日」東播磨地域防災のつどい

hyougo251227-2
事業部    

 兵庫県東播磨県民局では、阪神・淡路大震災の経験と教訓を継承するとともに、地震や風水害等に備えた地域防災力の強化を図るため、毎年、防災講演会を開催。併せて、兵庫県防災士会によるパネル展示・備蓄品紹介などの防災・減災啓発ブースと、フェニックス共済加入促進員によるフェニックス共済制度に関する相談受付を行いました。

  【日 時】平成29年1月20日(金) 13:30~16:00
  【場 所】高砂市文化保健センター
  【主 催】兵庫県東播磨県民局
  【共 催】高砂市
  【協 力】明石市、加古川市、稲美町、播磨町、特定非営利活動法人兵庫県防災士会

 講演会では、「災害ボランティアの現状と課題」と題して、兵庫県立大学防災教育研究センターの宮本専任講師が登壇。阪神淡路大震災から熊本地震までのボランティアの移り変わりや現在の状況などを説明。大きな災害のない播磨地域の参加者にとっては、想像もつかない内容もあったかと思いますが、自分ごととして考えていただくために、会場横では兵庫県防災士会の防災・減災啓発ブースを設置。被災地支援のパネル展示や備蓄品紹介、段ボールベッド使用体験などの展示説明を行った。
(文責 横山恭子)

特定非営利活動法人兵庫県防災士会


hyougo290120-2
毎日新聞 2017年1月21日 地方版

hyougo290120-1
チラシはコチラからご覧ください。

広島県支部 支部会報 第85号を発行

hiroshima290320-1
支部会報はコチラからご覧ください

<支部会報概要>
・広島県支部総会のご案内
・広島県支部旗ができました
・常任理事会、理事会へ支部長が出席
・第4回スキルアップ研修会in廿日市市 他

横浜支部 防災士よこはま 第15号を発行

yokohama290212-1
防災士よこはまはコチラからご覧ください

<防災士よこはま概要>
・NHK学園CSネットワーク神奈川「防災研修会」報告 他

千葉県北部支部 第17回 JAPANドラッグストアショー

平成29年3月18日(土)、19日(日)、幕張メッセにて「第17回 JAPANドラッグスト
アショー」が開催され、防災ブースにて千葉県北部支部とBCNが共同して出展・
実技講習・地震体験を行いました。このドラッグストアショーは来場者数が13万
人とまさに桁違いの来場者数で想像ができません。実際に参加してみて、大きな
会場が人・人・人で埋め尽くされ全容がまったくつかめない状態でした。
一日目は心肺蘇生法とAEDの使い方で約320名の参加者、地震体験で672名と、こ
れまでの一日の体験者数としては最高人数となり、特に起震車は機械休憩がほと
んどなかったため機械的にもハードになってしまいました。二日目は途中1時間
の休憩をはさみ、心肺蘇生法とAEDの使い方で約200名の参加者、地震体験は538
名と、一日目よりは少ないもののものすごい人数でした。二日間で総計1730名の
方に防災体験いただいたことは、こちらとしても良い経験になりました。(スタ
ッフ数は延べ24名)
私どものブースの近くに「太田胃酸」のブースがあり、そこにゆるキャラの「太
田胃にゃん」がいて地震体験をしてもらいました。階段を上がるのもやっとでし
たが、みごと体験いただき、その様子は撮影会さながらといった様相でした。

日時:平成29年3月18日(土)19(日) 10:00-17:00
場所:千葉市幕張メッセ
来場者:一般13万人
体験者:2日間合計1,730名
スタッフ:防災士延べ24名
内容:救命講習(マネキン8体、訓練用AED8個)、地震体験

chibakita290318-1 chibakita290318-2

chibakita290318-3 chibakita290318-4

chibakita290318-5 chibakita290318-6

chibakita290318-7

大阪府支部 活動の報告

大阪府支部北摂ブロック活動のお知らせ
大阪府支部副支部長兼北摂ブロック長
重本 健治

大阪府箕面市 官・民合同一斉1・17防災訓練行事で箕面市民安全政策より北摂防災士に防災講演の依頼を受け、重要な公的避難所の運営トラブルにつき重本が阪神大震災で実体験した事を箕面市市立南小学校自主防災会場で講演致しました。

osaka290117-1 osaka290117-2 osaka290117-3

osaka290117-4 osaka290117-5 osaka290117-6

osaka290117-7 osaka290117-8

同会場で、重本が阪神淡路大震災で実体験しました半袖搬送器具作りも箕面市民参加者と箕面市職員合同で作成訓練いたしました。
平成29年1月17日箕面市立南小学校会場
会場には全参加者-32名

osaka290117-9 osaka290117-10 osaka290117-11

osaka290117-12 osaka290117-13 osaka290117-14

osaka290117-15

定例会議 北摂ブロック 7市3町防災情報連絡会議
毎回 新情報を各代表防災士より発言頂きスキル共有。
平成29年1月29日摂津市コミュニティプラザ会場
全参加者-10名

osaka290117-16 osaka290117-17
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 講演 訓練 コミュニティー イベント 教育 勉強会 指導 HUG 現地活動 被災地支援 総会 訓練指導 協定 女性 DIG 支部総会 研修指導 避難所 HUG 支部会議 女性防災士 セミナー 連携 受賞 自主防災組織 地区防災計画 訓練HUG 支部設立 支部活動 実技指導 法人化 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR