千葉県北部支部 10/18(水) 千葉県佐倉市 佐倉市民カレッジ講演

平成29年10月18日(水)、千葉県佐倉市、佐倉市中央公民館主催による市民カレッジの一講座として「過去の災害から学ぶ防災対策~私たちにできること~」と題した講演会が行われ、青木信夫防災士が講師を務めました。
佐倉市民カレッジは4年制の公民館学習事業で、26年目を迎えるまちづくりを意識した講義を行っていますが、今回防災に関する授業ということで講師依頼を受けたものです。
1700年初期の災害から最近の災害を一通り網羅しつつ、「私たちにできること」として正しい知識をクイズ形式で説明し、自助・共助の考え方や東日本大震災における中学生が見出した「絆」とはなんなのか、といった少し掘り下げた内容も盛り込みました。
受講者の皆さんはシニアの方が多数見受けられますが、元気いっぱいで大変明るく、約100名の受講者の反応がすばらしく、笑いがありつつも真剣に聞き入り、途中にレジ袋の活用法や紙コップといった身体を動かす作業があったことから、約2時間の講義はあっという間に過ぎてしまいました。カレッジを卒業すると地域に入ってそれぞれが力を発揮していくことを目的の一つとしていると聞きましたが、それが成功している例ではないかと感じ、また、防災においても今後さらに進んでいくものと思います。

日時:平成29年10月18日(水) 10:00-11:50
場所:佐倉市中央公民館
参加:約100名
講師:青木信夫防災士
スタッフ:3名
内容:講演、身近なもので防災活用

chibakita291018-1

chibakita291018-2

chibakita291018-3

chibakita291018-4
スポンサーサイト

千葉県北部支部 10/15(日) 千葉県船橋市六町会合同訓練

平成29年10月15日(日)、千葉県船橋市、船橋市立高郷小学校体育館で開催され北部支部が協力しました。主催者は三芝自治会、芝山六丁目町会、恵通苑町会、白鷺台町会、高郷町会、西習志野南町会の六町会の自治会で約180名の参加がありました。
初めに北部支部の岡田防災士により「自宅こそ最上の避難所」との視点で自助の大切さを伝える講演が行われ、参加者からは「目のうろこが落ちる思い」との感想が聞かれました。続いて谷防災士と北部支部有志により心肺蘇生の講演と実技披露が寸劇を交えて行われました。その後、六町会・自治会による防災品展示、ボーイスカウトによるロープワークと担架搬送訓練、北部支部による心肺蘇生訓練・応急手当訓練・三角テント張り訓練・簡易トイレ展示・新聞スリッパ作成訓練などが会場の各ブースで行われ参加者は自由に各訓練に参加しました。ペットシーツ利用の簡易トイレはその利便性が注目を集めました。
今回初めての試みとして防災士会とボーイスカウトなどの民間ボランテイア組織に協力を要請して防災訓練を行ったとのことです。見ているだけなく実際に自分たちでやってみる参加型の訓練が大変新鮮であったようで「良かった」「勉強になった」との参加者の声が多く聞かれました。主催者も「公助に頼る気持ちから自助の大切さに気づいてもらう良いきっかけになったと思います」と今回訓練の成果を評価し今後に期待を示していました。
日時:平成29年10月15日(日) 9:00-12:00
場所:船橋市立高郷小学校体育館
参加:180名
講師:岡田和也防災士
スタッフ:9名
内容:講演、心肺蘇生、応急手当、三角テント等

chibakita291015-1

chibakita291015-2

chibakita291015-3

chibakita291015-4

千葉県北部支部 10/12(木) 千葉県八街市中央公民館防災講座

平成29年10月12日(木)、千葉県八街市、八街市立中央公民館において防災講座が行われ、千葉県北部支部、技術支援チームが支援しました。9/28(木)、10/5(木)に続いて3回目となる最終回です。今回は実技講習で大規模災害時のサバイバルテクニックとして三角巾、応急手当、骨折固定、搬送法、救急救命を行いました。
参加者は約20名と目の届く範囲での講習会なので、進めていく中でも随所に質問が上がり、適切な回答と共に実践的な内容に興味津々といった印象でした。比較的高齢者が多いものの積極的に学び、活かそうとする姿勢が頼もしく感じられました。90分という短い時間の中で、盛りだくさんの内容になってしまったため、一つひとつの内容が早回しになってしまいましたが、多くの手法を学び、そして救急救命では4人に1体の訓練用マネキンを用いたこともあり、充実した訓練になったのではないかと思います。

日時:平成29年10月12日(木) 14:00-15:30
場所:八街市立中央公民館
参加:20名
講師:川崎隆克防災士
スタッフ:6名
内容:三角巾、応急手当、骨折固定、搬送法、救急救命

chibakita291012-1

chibakita291012-2

chibakita291012-3

chibakita291012-4

chibakita291012-5

北海道支部 スキルアップ研修会「災害と食」

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告

スキルアップ研修会が開催されました。
 
開催日時  平成29年10月8日(日) 13:30~16:30  (180分)
開催会場  札幌市中央区北4条西3丁目 北海道建設会館 8階 A会議室
本部講師  日本防災士会 常任参与 事務統括 別府 茂 氏
参加者   会員・関係団体等   15名 

hokaido291008-1

hokaido291008-2

hokaido291008-3

千葉県北部支部  10/11(水) 千葉県船橋市湊中学校地域合同防災訓練

平成29年10月11日(水)、千葉県船橋市、船橋市立湊中学校において地域合同防災訓練が行われ、千葉県北部支部、BCNが共同で支援しました。湊中学校は年3回ほど、種々の訓練に参加させていただいていますが、今回はその中でも重要な訓練になります。我々の担当は2年生全員を対象とした実践的ロープワークと起震車です。ローテーションで行う他の訓練は体育館内で仮設トイレの設置訓練です。
昨年(2016年)も同様の訓練ですが、特徴はロープワークで、一般的な訓練方法であるロープの結び方を中心とした指導ではなく、水害で1階が水没している状態を想定し、水タンクを船で運んできたときに、その水タンクを2階にロープを使って引き揚げ、また、タンクを1階に降ろす訓練です。ロープの結び方そのものではなく、どのようなときにどのような結びが必要になるか、その利用方法からの結び方を学び、実際に利用してみるというまさに実践的なワークです。
1階と2階のチームに分かれ、まず、1階のチームが荷造り紐(玉のPPテープ)を2階に投げ、荷造り紐の端をつかみ、玉を1階に落とします。落とした玉紐をはさみを使わずに摩擦で切り、ロープに一重つぎで結びます。もう一端は水タンクに巻き結びと止め結びで固定し、準備ができたら2階のチームが補助ロープ(玉紐)を引き上げて、タンクまで引き上げます。ロープをほどき、引き解け結びで結んで1階に降ろしていき、接地したら引き解けを利用してロープだけ回収します。これで一連の作業が完了し、1階のチームと2階のチームが入れ替わって、同様の訓練を行います。
この方法は北部支部独自のもので、中学校に適当なベランダ部があるため、この方法を採りましたが、ロープワークの結び方中心の指導法ではなく利用中心の指導法も大いに進めるべきと感じています。
起震車はロープワークの訓練中に順次行い、全員が体験しました。

日時:平成29年10月11日(水) 13:30-15:30
場所:船橋市立湊中学校
参加:120名
スタッフ:12名
内容:ロープワーク、起震車

chibakita291011-1 chibakita291011-2

chibakita291011-3 chibakita291011-4

chibakita291011-5 chibakita291011-6

千葉県北部支部 10/9(月祝) 千葉県木更津市「いわねEASTふれあい祭り」

平成29年10月9(月祝)、千葉県木更津市、岩根東地区において「いわねEASTふれあい祭り」が行われ、千葉県北部支部、BCNが共同で支援しました。お祭りと題していますが、中身は防災訓練そのもので、避難訓練に始まり避難所である中学校に集合、はしご車、ポンプ車、警察車両、起震車、防災クイズ、操法訓練など多岐にわたり、総合的な防災訓練です。天候も良く、住民の方々も多く参加していました。
我々は起震車のみの提供でしたが、2時間という限られた時間の中、156名の方に体験いただき、特に子どもが多く、中にはアトラクションになってしまったケースもありますが、家に帰って地震体験の話をすることで少しでも防災について話す機会が得られればと思います。

日時:平成29年10月9(月祝) 10:00-12:00
場所:木更津市岩根中学校
参加:約800名
スタッフ:5名
内容:起震車

chibakita291009-1

chibakita291009-2

chibakita291009-3

千葉県北部支部 10/8(日) トヨタカローラ千葉袖ケ浦店防災イベント

平成29年10月8(日)、千葉県袖ケ浦市、トヨタカローラ千葉袖ケ浦店において防災イベントが行われ、千葉県北部支部、BCNが共同で支援しました。お客様に防災体験を、というイベントで、防災クイズ、新聞スリッパ、レジ袋活用法、簡易ランタン、起震車などを行いました。
簡単と思われた〇×防災クイズが結構難しく迷う場面が結構あり、防災士からの説明を受けて納得!という場面が多々ありました。子どもたちも多く参加する中、新聞スリッパで子ども用の物を作ったり、レジ袋で応急手当なども行いました。
起震車では東北地方太平洋沖地震の再現を体験しましたが、皆さん揺れの大きさと時間の長さに驚きながら家は大丈夫か、家具の固定が必要といった感想を漏らしていました。
企業イベントの一環ではありますが、こうしたイベントに「防災」を絡ませて、多くの方が防災を考える一日にしていただけたらと思います。

日時:平成29年10月8(日) 10:00-16:00
場所:トヨタカローラ千葉袖ケ浦店
参加:約100名
スタッフ:3名
内容:防災クイズ、身近活用、簡易ランタン、起震車

chibakita291008-1

chibakita291008-2

千葉県北部支部 10/7(土) 千葉県成田市 田町地区防災訓練

平成29年10月7(土)、千葉県成田、成田公民館において田町地区防災訓練が行われ、千葉県技術支援チーム、千葉県北部支部、BCNが共同で訓練支援しました。
避難訓練を行って成田公民館に集合し実技講習に入りますが、起震車は雨で中止となり、スケジュールを多少変更しての訓練になりました。成田山新勝寺に隣接する地区で、辺りは歴史を感じさせます。
訓練内容は第一部は身近な物を利用した応急手当として、止血法、上腕・下肢骨折固定、頭部裂傷、担架搬送で、2チームに分かれて川崎隆克防災士、谷正美防災士がメイン講師になって行いました。第二部は、簡易トイレ、簡易ランタンの説明。第三部はマネキン6体を使っての救命講習です。参加者ははじめ硬い表情でしたが、訓練が進むにつれ身体がほぐれ、笑いも随所に起こり、楽しみながら学んでいました。訓練内容そのものも実用的ですが、こうした訓練に参加し同じ経験をし、顔を知ることの大切さを思い起こさせてくれる、とても良い雰囲気の地区だと感じました。

日時:平成29年10月7(土) 9:20-12:00
場所:成田公民館
参加:約50名
スタッフ:8名
内容:応急手当、簡易トイレ、簡易ランタン、救急救命

chibakita291007-1

chibakita291007-2

chibakita291007-3

chibakita291007-4

千葉県北部支部 支部会報 第30号を発行

chibakita291001b-1
支部会報はコチラからご覧ください

<支部会報概要>
・防災士が考える「事業継続計画」
・日本に住む外国人のための防災講義
・そら博2017(SORA EXPO 2017)
・初めての東北被災地視察に参加して
・北部支部会員さん紙上インタビュー
・会員短信
・北部支部の防災支援活動
・新会員紹介

徳島県支部 支部会報 第5号を発行

tokushima291005-1
支部会報はコチラからご覧ください

<徳島県支部会報第5号概要>
・徳島県からの委託事業フィールドワークを実施
・沖洲小学校で出前講座
・とくしま防災フェスタ2017
・研修会の案内
・役員会の動き
・情報あれこれ
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 教育 講演 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 協定 総会 訓練指導 支部総会 DIG 自主防災組織 支部会議 被災地支援 HUG 研修指導 支部設立 女性 セミナー 連携 受賞 避難所 支部活動 法人化 訓練HUG 女性防災士 実技指導 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR