FC2ブログ

千葉県北部支部 12/19(火) 船橋市立宮本小学校防災学習(千葉県船橋市)

平成29年12月19日(火)、千葉県船橋市、船橋市立宮本小学校にて小学一年生を対象とした防災学習が行われ、千葉県北部支部が支援しました。
内容は「身近な物を使った防災グッズを作ろう」というもので、避難所等で物が少ない中、ぼくたちわたしたちができることをしよう、という学習です。具体的には新聞スリッパ作り、キッチンペーパーで作るマスク、レジ袋で三角巾、ゴミ袋でポンチョですが、正直一年生では難しいものではないかと思っていましたが杞憂に終わりました。子どもたちはどんどん教えられたとおりに手を休めることなく楽しそうに進みます。4種類のグッズ作成は見事クリアしてしまいました。
1学年は5クラスあり、1クラスずつ、10班に分かれての作業であるため、防災士10名で各班に一人ずつ配置し、5時限行いました。
子どもたちの素直さ、吸収能力に圧倒されつつ、この年代から防災学習を始めることによって段階を経て防災力が確実に身につくと考えられ、ぜひ継続して防災学習を行っていただきたいと心から思いました。
また、小学1年生のみを対象とした案件は北部支部としては初めてということもあり、貴重な体験になりました。

日時:平成29年12月19日(火)
場所:船橋市立宮本小学校
参加:小学1年生約150名
スタッフ:10名
内容:身近な物を使った防災グッズの作成アドバイス

chibakita291219-1

chibakita291219-2

chibakita291219-3

chibakita291219-4

chibakita291219-5

北海道支部 地域における「自主防災研修会」開催

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告

開催日時 平成29年12月17日(日) 11:00 ~ 14:00
開催会場 胆振地方むかわ町 集落センター むかわ町田浦地区
参加者  自主防災組織設立3年目の「むかわ町田浦1区自主防災組織」参加住民20名
開催内容 ①防災資機材及び用品取り扱いについて
     ②12/11発生の異常気象「突風」被害、停電・竜巻被害について
     ③「Doはぐ」による避難所運営及び疑似体験について
指導者  地域の防災士 乃村哲次 (北海道防災士会会員・地域元消防職員) 
 

hokaido291217-1

hokaido291217-2

奈良県支部 世界遺産「法隆寺」で防災訓練

平成29年12月15日(金)、法隆寺において防災訓練が行われました。訓練は今年で4回目になり、奈良県防災士会は毎年参加しています。
今年は、法隆寺境内の聖徳会館(避難所)が台風21号被害のため修理工事中で使えないことから、法隆寺境内でのシェイク・アウト訓練、観光客の避難誘導訓練後は町の「iセンター」で防災講演会に切り替えて行われました。
境内でのシェイク・アウト訓練は1名の防災士が講評・指導を行い、防災講演は植村理事長が「災害時の行動を考える」と題して1、地震発生時2、台風(風水害)のとき自分はどのような行動をとるのか?をテーマに講演を行いました。参加された方は、台風21号で大きな被害がなかったとはいえ、当時、斑鳩町全体で約500名近くの方が避難したこともあり、熱心に耳を傾けていました。

nara291215-1

nara291215-2

nara291215-3

千葉県北部支部 12/16(土) 袖ケ浦市のぞみ野第一自治会防災訓練(千葉県袖ケ浦市)

平成29年12月16日(土)、千葉県木袖ケ浦市、のぞみ野第一自治会において防災訓練が行われ、千葉県北部支部およびBCNが支援しました。
午前中は安否確認訓練、午後は非常持出袋をもっての避難訓練、講話、地震体験、アルファ化米の試食が行われ、私どもは午後の避難訓練後の講話と地震体験を担当しました。
講話は藤田隆雄防災士が千葉県における地震、非常持出袋に関する注意事項、地震体験時の注意事項などを説明しました。
天候も良く、いくぶん寒さが和らいだこともあって、午後の部も50名以上の方が参加され、講話もしっかりと聞きいていました。地震体験は東北地方太平洋沖地震の75秒バージョンを基本として、最終組の方には新潟県中越地震、熊本地震も体験いただき、その揺れの違いを体験いただきました。
当地区は地震時には黄色い物を掲示して無事を知らせる仕組みを取り入れるなど、防災にも関心が高く、とてもまとまりのある自治会だと感じました。

日時:平成29年12月16日(土)
場所:袖ケ浦市のぞみ野第一自治会サッカー場
参加:約55名
講師:藤田隆雄防災士
スタッフ:3名
内容:講話、地震体験

chibakita291216-1

chibakita291216-2

chibakita291216-3

chibakita291216-4

千葉県北部支部 12/12(火) 船橋市立宮本小学校防災学習支援(千葉県船橋市)

平成29年12月12日(火)、千葉県木船橋市、船橋市立宮本小学校において小学5年生を対象とした防災学習が行われ、千葉県北部支部からスタッフを派遣しました。
宮本小学校は防災学習の取り組みが進んでおり、昨年に引き続いての支援です。
小学5年生は小学3年生に向けて自分たちの防災学習の成果を発表しますが、それに先立ち防災士に説明を行いアドバイスを受けるというものです。1クラス7~8グループに分かれ、各グループでテーマを設けて独自に調べた内容を発表しますが、大変よく調べており、あるクラスではすでに成果品もあり、特殊なヘルメットやゴムと割り出しを使った震動検知装置など、オリジナリティ溢れるものとありました。
防災士スタッフは8名で各グループに1人配置し、それぞれアドバイスしましたが、そこから学んだこと、注意点などをA4用紙いっぱいに書いて、書ききれない場合はさらに用紙を追加してメモしていました。単に教わったことではなく自分たちが調べたことなので、真剣そのもので、抜け落ちていた点が保管されたり、別な視点から見ることができたり、充実した学習になったのではないかと思います。
このような学校が増え、防災学習の機会が増えることを願います。次週19日は同校で小学1年生を対象とした防災学習も支援が予定されています。

日時:平成29年12月12日(火)
場所:船橋市立宮本小学校
参加:約120名
スタッフ:8名
内容:防災学習アドバイス

chibakita291212-1

chibakita291212-2

chibakita291212-3

chibakita291212-4

chibakita291212-5

沖縄県支部 沖縄市南桃原公民館での防災講座

平成29年12月10日、9時30分から12時の間、沖縄市南桃原公民館に於いて防災訓練が行われ、防災士会沖縄県支部 新垣博也副支部長及び新垣すみえ事務局長による防災講座を実施しました。
〇簡易担架の作り方
 毛布、ビニールチリ、Tシャツ、上着等使用を使用した簡易担架
〇搬送方法についても実施しました。
 背負い搬送、担ぎ上げ搬送、支持搬送、引きずり搬送等
参加した子ども達も積極的に取り組んでいました。

また、同訓練には沖縄市の赤十字奉仕団の皆さんも、炊き出し訓練に参加、お米の炊き方等について 教示。
炊き出し訓練で作られたおいしい食事を食して訓練が終わりました!

okinawa291210-1
沖縄市南桃原防災訓練状況はコチラからご覧ください

沖縄県支部 浦添中学校区福祉防災祭りに参加

平成29年12月9日(土)、浦添市浦添中学校において開催された「浦添中学校区福祉防災祭り」 に下記のとおり参加しました。

主催:浦添中学校区コミュニティづくり推進委員会 浦添市社会福祉協議会
日時:平成29年12月9日(土)10時~12時
場所:浦添中学校体育館及び広場
〇同まつりの目的
 近年、全国各地で自然災害が起こり、熊本県のような内陸型の地震も発生し甚大な被害を受けていることを考えると、浦添中学校区も他人ごとではなく防災意識を高めていかなければならない。そして、災害が起こった場合には「自助」「共助」の意識が大事であることを踏まえ、日頃から近隣住民で助け合う地域づくりを推進していくひとつのきっかけとしたい。
〇主催者
 浦添警察署、浦添中学校、中学校区内の2小学校、9自治会、民生委員児童委員連絡協議会、浦添市医師会、浦添市母あ その他、協力団体として、中学校区内のスーパー、コンビニ、高校、浦添市、日本防災士会沖縄県支部等等が協力団体として参加しました。
〇体験コーナーとして
 「救命コーナー」「炊き出し体験」「衛生コーナー」「助け合いコーナー」があり、見学者等はコーナーを回り体験しながら防災知識を身につけていまた。
〇展示コーナーは
 防災機材等を取り扱う業者の製品展示、自治会の防災MAPの展示、大震災の動画放映等がありました。
【日本防災士会沖縄県支部の展示参加】
 展示コーナーの割り当てブースにおいて、防災士の所属する「自治会自主防災会の 活動状況の紹介」(防災訓練状況、毎月発行の防災たより、新聞投稿、防災講座内容等)、「身近にあるものでとにかく作ろう防災グッツ」(新聞紙で作るスリッパ、ツナ缶や食用油を使用した簡易ランプ、チラシで作るコースター、チリ入れ等)、防災グッツを入れたリュックサック等を展示しました。
見学者の一番人気は、「新聞紙で作るスリッパ」で、急遽、見学者からのリクエストに応えて「にわか新聞スリッパ講習会」を実施しました!
 また、運動場等では、警察や消防の特殊車両の展示もありました!

okinawa291209-1
※ これら日本防災士会沖縄支部の展示、見学者対応等の状況はコチラを参照下さい。

北海道支部 《Doはぐ》HUC 北海道版 講師養成研修会

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告

開催日時 平成29年12月8日 10時30分~16時
開催場所 北海道日高総合振興局 講堂 (北海道浦河町)
開催者  北海道日高総合振興局
参加者  道)振興局及び地域の自治体防災職員、他町関係者 51名
指導講師 北海道防災士会 代表 横内春三(北海道防災教育アドバイザー)
地域防災士会員2名の協力による。 浅野賢氏(日高町)、浅野勇夫氏(浅野勇夫氏)
※ 寒冷地での雪対策からの避難所運営は、考えさせられる事多し・・さてとどうしよう⁉

hokaido291208-1 hokaido291208-2

hokaido291208-3 hokaido291208-4

奈良県支部 奈良市合同防災訓練

 平成29年12月3日(日)、奈良市立済美小学校において奈良市自主防災防犯協議会と奈良市の合同防災訓練が開催されました。
 ならまち周辺で地震による大規模火災が発生し、奈良市の49地区自主防災会から応援に来る想定で行われました。応援参加者は「開設、誘導、消火、救出、救護、情報、防犯」の7班に分かれて応援の姿勢で訓練をし、知識を地元に持ち帰って生かすことが目的です。
 他に「受入れ」として、応援者の受付と振り分けを行うボランティアセンターのようなものを設置して、ボランティアの受入れ体制や応援参加する側の心得などの体験もしてもらいました。
 奈良県防災士会はこの受入れ業務のサポートで4名の防災士が参加しました。
1名は訓練主催の当初より携わり、1名が来賓参加で応援者への説明も行い、2名がサポートをしました。他に応援者側として多くの防災士も参加しました。
 訓練終了後済美地区女性防災クラブの炊き出しを頂き、参加者全員で後片付けも行いました。
 各地の自主防災会、関係団体、来賓、奈良市職員の合計407名の参加で大盛況でした。昨年度は東部山間都祁地域で、本年度は奈良市中央部の済美小学校で行いましたので、来年度は奈良市西部地区の開催を予定しています。

nara291203-1

奈良県防災士会のホームページはコチラからご覧ください

北海道支部 災害用段ボールベットづくりに挑戦

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告

開催日時 平成29年12月5日  9時から13時まで
開催者  新ひだか町「東静内ことぶき大学」の会
参加者  当日の会員28名参加し、災害時の避難所体験に育む。
指導者  日高地方の当会会員 浅野勇夫氏が中心となり指導する。
    太平洋沿岸に面する漁業と林業の盛んな町・・・津波災害時の対応に向けて

  hokaido291205-1

   さすが、手慣れた作業・・・・寝心地はいかがでしょう。 手作りは最高。

プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 講演 訓練 コミュニティー イベント 教育 勉強会 指導 HUG 現地活動 被災地支援 総会 訓練指導 協定 女性 DIG 支部総会 研修指導 避難所 HUG 支部会議 女性防災士 セミナー 連携 受賞 自主防災組織 地区防災計画 訓練HUG 支部設立 支部活動 実技指導 法人化 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR