FC2ブログ

兵庫県支部 「広報かこがわ」表紙・防災特集掲載

hyougo251227-2
事業部    

兵庫県加古川市が発行している「広報かこがわ」の表紙に、兵庫県防災士会事業部実施の中学校防災訓練の写真が使用され、特集記事では、地域防災の紹介として防災士の説明や活動状況、兵庫県防災士会東播エリア担当の松木照男理事のインタビューが掲載された。

広報かこがわ PDF版
http://www.city.kakogawa.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/2/kouhoukakogawaH29_12.pdf

hyougo291228-1 hyougo291228-2
広報かこがわ特集      広報かこがわ表紙 
(文責 横山恭子)

特定非営利活動法人兵庫県防災士会

兵庫県支部 指導者養成講座~プレゼンテーション編~

hyougo251227-2
事業部 

防災リーダーや防災士資格を取得した後、地域で指導にあたる技術を身につけるため、事業部では毎年「指導者養成講座」を実施。今回は、防災講話や訓練指導でいかに相手にわかりやすく時間内に話が出来るのか、どういったツールがあるのかを学び、参加者全員が工夫をしてプレゼンテーションの練習・発表をした。

 【日 時】平成29年12月10日(日) 14時00分~16時45分
 【場 所】加古川市総合福祉会館
 【講 師】元関西学院ヒューマンサービスセンター 
     ボランティアコーディネーター  杉浦 健 氏
 【内 容】第1部 講義 「使える ♥ 伝わる プレゼンテーションのコツ」
     第2部 班別ワークショップ 「みんなでプレゼン資料を作ってみよう」

相手にわかりやすく伝えるための話の組み立て方や、ツールを紹介していただき、パソコンが苦手な方でも作れる即席手書き資料などを実際に作って体験した。プレゼンテーションの練習をすることで、時間内に発表することの難しさやポイントを知っていただけ、参加者からは「早速、自治会の会議で使ってみようと思った」「今回は初心者向けだったので、継続して中級・上級編をしてほしい」との声があがった。
(文責 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会


hyougo291210-1

hyougo291210-2

hyougo291210-3

hyougo291210-4

千葉県北部支部 12/26(火) NPO法人キッズパレット防災体験(千葉県袖ケ浦市)

平成29年12月26日(火)、千葉県袖ケ浦市、NPO法人キッズパレットにて防災体験学習が行われ、BCN、千葉県北部支部、東京都支部の混合チームで支援しました。
主に学童の子ども達を対象としたキッズパレット防災体験学習は、一般のお子さんを含めて小学1年生から6年生まで約100名の子ども達が参加する学習イベントです。
昨年も支援させていただきましたが、今回のテーマは「災害サバイバル!いのちを守には」です。
地震体験以外は体育館内で行いましたが、まず全員で地震その他災害の講話を行い、次に災害サバイバル体験として地震ゾーン、津波ゾーン、火災ゾーンをそれぞれ回りながら、取るべき行動を学びます。いずれもブルーシートを工夫した疑似災害発生人力装置ですが、地震ゾーンでは、ブルーシートを広げて3人程度乗り、スタッフがブルーシートを揺らして地震を発生させます。子ども達はしゃがんでダンゴムシのポーズをとって頭を守る態勢をとってもらいますが、物が飛んでくることを想定して周りから丸めた新聞紙を投げ込み、しっかりと頭を守ってもらいました。津波ゾーンでは、ブルーシートの上に跳び箱を置き、スタッフがブルーシートで波を発生させ津波に見立てます。津波が来たら高台に逃げることを学ぶため、急いで逃げて跳び箱に乗ってもらい高いところに逃げることを学びました。火災ゾーンでは、屋内で火災に遭遇したときを想定して、ブルーシートを煙に見立てて腰の高さほどに張り、その下を子ども達が煙を吸わないようにハンカチを口に当てながら這うようにくぐり抜けます。火災現場では這うようにして移動することを学びました。
このブルーシートを使った人力装置は初めての試みでしたが、子ども達が大喜びで楽しみながら学習できていたことから大変有効であることが確認でき、今後も各所で行いたいと思う訓練メニューになりました。
その後は3ローテーションで地震体験、防災紙芝居、ロープワークを各25分で行いましたが、特に防災紙芝居では白川恵防災士が紙芝居を行いながら、災害時のポーズを子ども達にわかりやすく教え、単なる紙芝居ではなくそれに連動した身体の動きを交えて知識の定着を行いました。
体育館内でできる様々な訓練メニューを盛り込みましたが、子ども達のパワーに押されつつもスタッフ18名で対応し、充実した訓練かつ勉強になった訓練になりました。

日時:平成29年12月26日(火)
場所:袖ケ浦市立昭和小学校(体育館)
参加:小学1年生-6年生 約100人
講話講師:松井正雄防災士
スタッフ:18名
内容:講話、災害サバイバル体験、地震体験、防災紙芝居、ロープワーク

chibakita291226-1 chibakita291226-2

chibakita291226-3 chibakita291226-4

chibakita291226-5 chibakita291226-6

chibakita291226-7

東北支部連絡協議会 地区防災計画推進会議を開催

去る12月9日(土)に仙台市内のみやぎNPOプラザ第1会議室において、東北支部連絡協議会と地区防災計画推進会議が開催されました。
はじめに、11:00から東北支部連絡協議会が渡辺会長(秋田県支部長)を議長として、規約の改定案の検討と災害対応や東北地区共通の活動などについて、話し合
われました。
13:00からは、日本防災士会本部より松尾理事長と岡田部長を迎え、宮城県支部の菊池支部長の司会により、地区防災計画推進会議を開催いたしました。
各支部の課題紹介、アンケート結果報告、ワークショップなど盛り沢山の内容ではありました。
地区防災計画推進は日本防災士会の理念にも直結する活動テーマであることや地域や地元の防災力向上に役立つ重要な取り組みであることを再認識しました。
このことで、各支部の役員・担当の方も気持ちの引き締まる思いで、遅れを挽回するよう支部に戻り計画的に取り組むとのことでした。

touhoku291209-1
東北支部連絡協議会

touhoku291209-2
地区防災計画推進会議

touhoku291209-3
地区防災計画推進会議

福島県支部 ふくしま防災フェア2017について

平成29年10月28日・29日に南相馬市の南相馬ジャスモールで、『ふくしま防災フェア2017』が開催されました。
防災フェアでは、『防災体験PRコーナー』と『防災を学ぼうステージ』、『災害対応車両体験コーナー』、『災害救助犬がやってくる!』4つのコーナーに分かれて開催されました。
私たち福島県防災士会では、『防災体験PRコーナー』で子どもたちへの体験として、本結びと巻き結びのロープワークを行いました。10月28日は天気も良く、福島県のマスコット「キビタン」も参加していただき、老若男女約200人の体験者がおりました。
翌日の29日は、台風の影響で大雨となり、残念ながら37人と少ない体験者数となってしまいました。
県民の方に防災士会の活動を知っていただくためにも、今後も、いろいろなところでPRに努めてまいります。

fukushima291028-1
参加したメンバー

fukushima291028-2
ロープワーク指導中

fukushima291028-3
キビタンと一緒

奈良県支部 大和高田市菅原高齢者学級学習会の防災講習

 平成29年12月22日、大和高田市公民館主催で、大和高田市菅原高齢者学級学習会が開催され、「災害時の行動について」の講演会が行われました。奈良県防災士会から、4名の防災士が協力しました。40名の参加者は、ほとんど女性でしたが2名の講師のユーモアあふれる話術のもと、応急措置とか簡易担架対応を行いましたが、笑いの講演・体験会となりました。次回もよろしくとの事でした。

nara291222-1

nara291222-2

nara291222-3

nara291222-4

千葉県北部支部 12/21(木) 千葉県立安房高校防災実技体験講習(千葉県館山市)

平成29年12月21日(木)、千葉県館山市、千葉県立安房高校にて防災実技体験講習が行われ、BCN、千葉県北部支部、東京都支部、千葉県防災士技術支援チームの混合チームで支援しました。
全校生徒720名と教職員数十名を対象に、心肺蘇生法、レジ袋活用法、搬送法を学年別にローテーションで行いましたが、1学年ずつのローテーションなので、一つの講習が240名になります。これまでにない多人数に対応するべく、防災士スタッフも20名を投入しましたが、それでも全体を把握するのは難しい状況でした。しかし、高校生たちはまじめな生徒が多く、積極性もあり、真摯な学習姿勢で臨んでいただいたため、何とか無事に訓練を終えることができました。
心肺蘇生法ではマネキン25体、あっぱくん20個、あっぱくんライト20個(学校提供)を使用し、約60班に分かれてできるだけ体験できるようにしました。30分という短い時間であるため胸骨圧迫の質の部分までは見て回れませんでしたが、生徒たちの一生懸命圧迫する様子は頼もしさを感じます。
レジ袋活用法では、各生徒達に1枚ずつレジ袋を渡し、袋の開け方、結び方、防寒、三角巾、おむつ、包帯といった様々なバリエーションを自ら試していただきました。良い意味でノリが良く、笑いを随所に加えて楽しみながら学習いただけたと思います。レジ袋の合間にクラスの代表者が地震体験を行い、生徒と教職員合わせて188名の方に体験いただきました。
搬送法では校舎の広めの通路を使用し、1クラスに1名の防災士が担当につき、6クラス同時に行いました。1クラス40名なので、何人かの代表者に徒手搬送や毛布搬送、応急担架などを試してみていただきましたが、普段行ったことのない訓練に皆さん前のめりで参加していました。
全生徒720名の実技3ローテーションに対応できるのか、少し不安がありましたが教職員の皆様の円滑な連携、防災士スタッフの臨機応変の対応、そして生徒達も非常に協力的でしたので実のある訓練になったと思います。また、私どもも反省点が多々見つかり、良い経験、良い勉強になりました。

日時:平成29年12月21日(木)
場所:千葉県立安房高等学校
参加:全生徒720名
スタッフ:20名
心肺蘇生法講師:榎本和幸防災士
レジ袋活用法講師:三浦美恵子氏
搬送法講師:松井防災士、谷防災士、渡邉防災士、鈴木防災士、佐藤防災士、高
崎防災士
内容:心肺蘇生法、レジ袋活用法、搬送法、地震体験

chibakita291221b-1 chibakita291221b-2

chibakita291221b-3 chibakita291221b-4

chibakita291221b-5 chibakita291221b-6

chibakita291221-7

兵庫県支部 2017くらしの生活展にて防災展示 

hyougo251227-2
事業部   

相生市からの依頼で「2017くらしの生活展」にて防災啓発ブースを担当。生活に密着した防災・減災対策の紹介と、被災地支援パネルを使った過去の災害からの教訓を沢山の参加者に見ていただけました。
 【日 時】平成29年11月23日(木) 10時00分~14時00分
 【場 所】相生市文化会館扶桑電通なぎさホール
 【防災士】防災士 3名   
 【内 容】備蓄品、非常持ち出し品展示・体験
     東日本大震災、熊本地震被災地パネル展示・解説

相生市は、南海トラフ地震での津波被害が想定されているにも関わらず、まだまだ防災意識が低いとのことでしたので、熊本地震での倒壊家屋や復興の状況、東日本大震災での津波の状況や報道されなかった事実をパネルを通じて知っていただいた。備蓄品については、家庭で出来る簡単な保存食の紹介や備品の集め方、主婦の買い物の秘訣などを紹介し、防災・減災対策を家族で楽しんで取り組んでもらえるよう子どもたちもクイズや体験を通して学ぶことができた。
(文責 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo291123-1

hyougo291123-2

hyougo291123-3

hyougo291123-4

兵庫県支部 平成29年度 浜の宮中学校防災訓練指導

hyougo251227-2
事業部   

兵庫県東播磨県民局の委託事業「ジュニア・地域防災スクール」の出前講座として、加古川市立浜の宮中学校の防災訓練の指導を行った。学校と地域、幼稚園、消防団と、校区内の様々な人達とのふれあいも兼ねて800名規模の大きな訓練となりました。
 【日 時】平成29年11月8日(水) 12時00分~14時00分
 【場 所】加古川市立浜の宮中学校
 【参加者】浜の宮中学校1、2年生、PTA役員、教職員、浜の宮幼稚園児、保護者、
     浜の宮中学校区住民、加古川市消防団尾上分団
 【指導者】防災士 10名   
 【内 容】1年生「災害前訓練」・・・土嚢作り(雨天のため室内)、ロープワーク
     2年生「発災時訓練」・・・搬送訓練、救命講習      
     幼稚園児・・・搬送訓練、消防車乗車体験
     地域住民、保護者・・・搬送訓練、ロープワーク、炊き出し訓練ほか

地域住民と一緒に実施することで、訓練を通して地域の中学生が出来ることを知っていただけたり、園児が参加することで中学生もしっかりした所を見せようと立派なお兄ちゃんお姉ちゃんの姿を見せてくれました。

2年生の救命講習ではトライやるウィークなどで普通救命講習を修了した生徒達が各班のリーダーとなり、率先して指導補助を担ってくれました。

幼稚園の保護者や中学校PTAの女性陣は「800名の参加者に対して食材は200名分しかない」との想定で800個のおにぎりを作成。それぞれの班で大きさや手順など工夫しながら作業を進めて、被災後の炊き出しは、ボランティアに頼らず自分たちで作るんだという意識を持っていただきました。

訓練を通して①出来る人が出来ることをする②被災後は工夫しながら安全に作業を進める③皆で助け合いアイデアを出し合い快適な生活環境を整えることなどを知ってもらうよい機会となりました。

※残念ながら雨天のため、学校側の判断で土嚢訓練は室内となりました。
(文責 横山恭子)

特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo291108-1
防災訓練画像はコチラからご覧ください

沖縄県支部 アクティブ防災講座

 次のとおり、男女共同参画防災講座として「アクティブ防災講座」を実施しました。
1 日時 平成29年12月19日(火)14:00~16:00
2 場所 うるま市役所別館「うるみん」視聴覚講堂
3 参加者 市民28人
4 講座内容
⑴  講話実施
 〇多くの災害リスク
 〇大地震 沖縄も恐れ
  うるま市内の活断層
 〇大災害の教訓
 〇自主防災会(組織)必要性
  自治会の自主防災活動
 〇災害への備え
 〇「津波てんでんこ」と割り切れない人輪の問題
 〇女性の視点からの防災 避難所運営
等について、新城格沖縄県支部長が講話を行いました。
⑵  クロスロードゲーム及び防災グッツの紹介・作成
   引き続き、新垣すみえ事務局長がゲームの説明、進行、指導を行いながら「クロスロードゲーム」を実施しました。
 1グループを変則7名編成として実施しました。参加者は初めての経験で積極的にゲームに楽しく取り組んでいました。ゲームの答えに様々な意見があり、質問毎に各グループ、意見の異なる参加者から発表をしてもらい、大いに盛り上がりました。
 その後、「とにかく身近にある物でつくる防災グッツと、あるものを使ってみよう」と、新聞で作るスリッパ、ツナ缶や食用油を利用したランプの作り方等を紹介しました。
最後に参加者全員で和気あいあいの雰囲気の中で新聞紙でスリッパを作りました。

okinawa291219-1 okinawa291219-2

okinawa291219-3 okinawa291219-4

okinawa291219-5 okinawa291219-6

okinawa291219-7 okinawa291219-8

okinawa291219-9
講話資料はコチラからご覧ください
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 コミュニティー 研修 イベント 訓練 講演 教育 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 被災地支援 訓練指導 協定 支部総会 女性 DIG 自主防災組織 研修指導 HUG 避難所 支部会議 セミナー 支部設立 連携 訓練HUG 受賞 支部活動 実技指導 地区防災計画 女性防災士 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR