滋賀県支部 定期総会の開催

shiga300520-1 平成30年5月20日(日)に明日(あす)都(と)浜大津(滋賀県大津市)で定期総会を開催しました。(参加者39名)
 総会では、H29事業報告・収支決算、H30事業計画・収支予算、会則の改正、役員改選について審議され、いずれも異議なく承認されました。
 総会の最後には、新役員を代表して安井支部長からこれからの活動にあたっての抱負を述べ、盛況のうちに閉会致しました。shiga300520-2
 総会閉会後、本会員で「応急手当普及員」の資格を持つ者を講師に「普通救命講習Ⅰ」を開催し、応急手当の重要性、心肺蘇生法等を改めて学ぶことが出来、会員のスキルアップを図ることが出来ました。
shiga300520-3

スポンサーサイト

沖縄県支部 支部通常総会及び研修会の実施

「平成30年 NPO法人日本防災士会 沖縄県支部 通常総会」
及び研修会 気象台による ~防災講話~

 5月19日17時から浦添市勢理客在の「りゅうせきロジコム 会議室」においてNPO法人日本防災士会 沖縄県支部の通常総会を開催しました。
 第1号議案から第3号議案まで、前年度の活動報告、決算報告、今年度の活動計画、予算等、すべての議案審議は、スムーズ行われて承認されました。
 総会に引き続き、研修座学「地区防災計画の策定作業」について、~基本的な考えかた、ガイドライン、現在、作業に取り組んでいる西原台団地自治会(沖縄県支部の地区防災計画取り組み自治会)のアクションプランを参考にして、取り組みを紹介しました。
 その後、沖縄気象台から2名の専門官による防災講話を拝聴しました。
 「大雨災害と気象情報の活用」、「沖縄地方の地震と津波について」の2テーマで、沖縄県内の災害を中心にして、当を得た災害講話で、防災士会のスキルアップに繋がりました。

okinawa300519-1

okinawa300519-2

okinawa300519-3

okinawa300519-4

okinawa300519-5

okinawa300519-6 okinawa300519-7
総会次第はコチラからご覧ください
防災談話チラシはコチラからご覧ください

千葉県北部支部 5/19(土) 第67回利根川水系連合・総合水防演習(千葉県印旛郡栄町)

平成30年5月19日(土)千葉県印旛郡栄町河川敷において「第67回利根川水系連合・総合水防演習」が行われ、千葉県北部支部および千葉県防災士技術支援チームが共同で出展しました。
雨天の予報でしたが雨は上がり、河川敷会場に仮設テント80以上、防災シェルターなど防災関係ブース、地元JA農協始め各飲食店ブースなどが立ち並び、会場中央に位置する我々のテントブースには約100名の来場者があり防災活用法などを指導しました。
内容はCPR・AED、ロープワーク、応急手当、ブルーシートテントです。
数多くの各地区自主防災組織の方々が見えられ、特にブルーシートで作る三角テントや、災害時トイレ活用に多く関心持たれた様子で、爽やかに貢献できました。

日時:平成30年5月19日(土)9:00-13:30
場所:印旛郡栄町利根川河川敷
参加:約15,000人
スタッフ数:7名
内容:ブース出展
三角テント・災害時トイレ・ロープワーク・救命・身辺応急手当・サバイバル

chibakita300519-1

chibakita300519-2

chibakita300519-3

chibakita300519-4

chibakita300519-5

北海道支部 広報活動

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 広報活動

《日本防災士会及び北海道防災士会の活動等について》
1 配布時期 平成30年5月15日 新聞折り込み
2 配布先  札幌市北区内の朝日新聞購買者宅へ(7,000部)
3 掲載内容 朝日新聞販売店「参廣堂」のPR誌への掲載 (春の防火・防災)
4 記事提供 北海道防災士会 事務局

hokaido300515-1

千葉県北部支部 5/13(日) 野田市あおいそら南部支部まつり(千葉県野田市)

平成30年5月13日(日)千葉県野田市、南部中学校において「野田市あおいそら南部支部まつり」が行われ、千葉県北部支部はブース出展しました。1,000人以上参加する学生主体の大きなお祭りイベントで、ユニークな出展も多く、私どもはテント1張りに防災PR、防災訓練受付相談、家具転倒防止器具、ロープワーク、非常食、トイレ用品などを設けて対応しました。(よさこいを踊る写真の旗振は小椋養一防災士)
特に人気だったのは災害時のトイレ方法で、説明を受けた方々は、これは画期的でぜひ広く伝えていただきたい、自分ももちろん用意してそして伝えたいとのお言葉をいただき、ペットシーツを利用した水を使わないトイレ方法に目を丸くしていました。その他、非常食や家具転倒防止の説明、ロープワークの実技など、約4時間半にわたり行いました。
こうしたお祭りに参加させていただくことで地域の方々と直接お話しできる機会が得られ、また地域の防災訓練のお手伝いの宣伝も兼ねることができ、大変有意義な出展になりました。

日時:平成30年5月13日(日)
場所:野田市南部中学校
参加:1,000人以上
内容:ブース出展、ロープワーク

chibakita300513-1

chibakita300513-2

chibakita300513-3

chibakita300513-4

chibakita300513-5

千葉県北部支部 5/11(金) 千葉県北部支部・BCNスキルアップ研修(千葉県船橋市)

平成30年5月11日(金)千葉県船橋市、船橋市中央公民館において千葉県北部支部・BCN共催によるスキルアップ研修が行われました。前回までBCNスキルアップ研修として9回継続してきましたが、今回の10回目から千葉県北部支部と共催になりました。
前半は救命講習の方法とその内容で、岡田和也防災士が講師を務めました。後半はBPCのすすめと題して早川鋭防災士が講師を務めBPCの基本について講義を行いました。いずれの講義も大変勉強になります。毎回質疑応答が白熱しますが2時間という短い時間の為、途中で遮る形になってしまい、もう少し時間をかけたいところです。

日時:平成30年5月11日(金)
場所:船橋市中央公民館 6,7集会室
講師:岡田和也防災士、早川鋭防災士
参加:13名
内容:救命講義、BCP講義

chibakita300511-1

chibakita300511-2

chibakita300511-3

千葉県北部支部 5/10(木) 船橋市立湊中学校救命講習(千葉県船橋市)

平成30年5月10日(木)千葉県船橋市、船橋市立湊中学校において救命講習が行われ、千葉県北部支部が講師を務めました。
毎年恒例になりましたが、1,2年生全員を対象に2クラス合同で1度に60名前後の講座を4回行い、5回目の講習は教職員と地域住民の方々を交えての講習です。中学生を指導したのは臨床工学士でもある榎本和幸防災士、教職員向けは平山優子防災士がそれぞれメイン講師を務め、12名のアシスタント防災士が各班に入り指導しました。
1単元50分という短い時間ですが、2年生は胸骨圧迫もしっかりと押すことができ、一連の流れからAEDの操作まで一通り習得できたように思います。1年生は若干体力不足が否めませんが、心肺蘇生法の重要性と流れは十分把握できたのではないかと思います。
湊中では心肺蘇生法をしっかり身に着けて卒業してもらうという学風があり、そのお手伝いをさせていただくことは大変ありがたく、またその責任も大きいものです。
また、教職員と共に地域の方々が一緒になって講習を受けるという、地域との連携をこのような形で実現しているところは少なく、好例として今後も地域とのつながりを期待でき、強いては避難所になった時の連携も円滑に行われるのではないかと、そう期待できる取り組みだと感じました。

日時:平成30年5月10日(木)
場所:船橋市立湊中学校
参加:1,2年生全員 約250人、教職員,地域住民 約50人
講師:榎本和幸防災士、平山優子防災士
スタッフ:12名
内容:救命講習

chibakita300510-1

chibakita300510-2

chibakita300510-3

chibakita300510-4

chibakita300510-5

北海道支部 北海道新聞への掲載

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 【広報活動】

1 掲載月日  平成30年5月6日(日)   朝刊
2 報道機関  北海道新聞 くらしのページ面
3 購買区域  北海道内一円

hokaido300509-1
hokaido300509-2

千葉県北部支部 5/3(水祝) 船橋アリーナ「こどもの日フェスタ」(千葉県船橋市)

平成30年5月3日(水祝)千葉県船橋市、船橋市立総合体育館(船橋アリーナ)にて「こどもの日フェスタ」が開催され、BCNおよび北部支部が共同して地震体験(起震車)を担当しました。
午前中雨の残る中、階段下の屋根のあるオープンスペースが確保できたことから、当初予定の場所ではなく雨の当たらないところで行いました。毎年5月5日に開催されるこどもの日フェスタですが、今年は他のイベントと重なっていることから5月3日に変更になり、また風雨も相まって若干参加人数が少なかったように感じましたが、数千人レベルの規模ですので地震体験もほとんど休みなく稼働し、372人の方々に体験いただきました。
ご家族での体験がほとんどですが、こうしてご家族で体験されることにより地震が来たらどうするのか、離ればなれの時はどうするのか、といった声も飛び交い、この地震体験が備えを話し合う良いきっかけになったのではないかと思います。

日時:平成30年5月3日(水祝)
場所:船橋市総合体育館(船橋アリーナ)
参加:372人
スタッフ:8名
内容:起震車

chibakita300503-1

chibakita300503-2

chibakita300503-3

chibakita300503-4

富山県支部 会報20号を発行

toyama300407-1
会報はコチラからご覧ください

<会報概要>
・防災協働社会づくりに向け特定非営利活動法人化へ
・設立総会・研修会開催
・設立10周年記念防災施設見学研修旅行を実施
・女性防災士のつどいを開催
・地区防災計画の推進について
・事例報告
・会員自己紹介
・「富山の水危機を考える」研修会を開催
・国際ソロプチミスト富山より「富山賞」をいただきました
・市職員を対象に避難所運営訓練を実施
・女性のための防災講座  他
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 コミュニティー 研修 イベント 講演 教育 訓練 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 協定 訓練指導 支部総会 DIG 支部会議 被災地支援 研修指導 自主防災組織 セミナー HUG 連携 支部設立 女性 避難所 女性防災士 支部活動 受賞 訓練HUG 法人化 実技指導 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR