FC2ブログ

沖縄県支部 沖縄市南桃原自治会自主防災組織でのDIGの実施

  NPO法人日本防災士会沖縄県支部では沖縄市防災課とのコラボでDIGを下記のとおり実施した。
1 日時 : 平成30年10月28日(日)10:00~12:00
2 場所 : 沖縄市南桃原在 「南桃原公民館」
3 参加人員 自主防災組織 30人
     (その他、防災士会沖縄県支部5人、沖縄市防災課2人)
4 DIG訓練の概要
 沖縄市南桃原自治会では、昨年、自主防災会が結成され、活動は防災会議、住民への啓蒙活動、防災訓練等を行っている。
 9月28日から同29日にかけて沖縄地方を襲った台風24号は大きな災害をもたらした。南桃原自治会内でも住宅が全壊に近い被害が出て、まだ充分に復旧がなされていない状況にある。住民や我が防災士会沖縄県支部でも近隣者を中心に損壊家屋の片付け等のボランティアを行ってきたところである。
 そのような中、沖縄市南桃原公民館に於いて自主防災組織を中心にした住民30人が参加してDIG訓練が実施された。
NPO日本防災士会沖縄支部の新垣博也副支部長がコントローラーを務め、防災士会からは5人が参加して住民のフォローを行った。
 沖縄市防災課からも2人が参加、防災士会、行政とのコラボレーション連携で効果的なDIGの実施となった。DIGに当たって、用具等については沖縄市防災課から用立てしてもらい連携が図られた。
 南桃原公民館では初めての体験で、参加した皆さんは楽しみながらも熱心に取り組んでいた。
 「地域を知る、災害を知る、人を知る」ことで地域の防災的な気づきを各グループで話し合い、災害の事前対策や災害時に際してはではどう動けばよいか等々多様な意見が出るなどして盛り上がった。

okinawa301028-1 okinawa301028-2
okinawa301028-3 okinawa301028-5 
okinawa301028-6 okinawa301028-4

千葉県北部支部 10/27(土)大宮公民館防災対策教室(千葉県千葉市)

平成30年10月27日(土)、千葉県千葉市大宮公民館おいて大宮公民館防災対策教室が開催され、千葉県北部支部が講師を務めました。
公民館行事の一環として、指定避難所を拠点とする避難所運営委員会の委員を対象に、まず矢野防災士が「防災に対する平素からの心得」「避難所運営の在り方」を講義しました。
次に渡邉防災士が「ケガの応急手当(簡単な初歩の手当て、応急担架搬送)」についてと題し、身近なものを使った応急手当の方法を実践指導しました。
避難所運営等に関しては規程やマニュルでほぼ明文化されていますが、詳細については文章表現しにくい部分もあります。この文章表現しにくい部分を埋めるかのように、矢野防災士が被災地の避難所で体験した実態を講義したため、受講者全員終始熱心に聴講していました。
また「ケガの応急手当」においては、実践経験に基づく指導内容と身近なものでも応急手当てに使用できることに興味を強く持ったようです。受講者は終始熱心で、これを機会に少しでも現実に即した学習、訓練を行うことを望みます。
避難所運営委員は、高齢者が多く学習意欲が高いものの危機感をあまり感じていない方もいるため、今後は避難所運営の実態に即した更なる学習訓練が必要である思いました。

日程:平成30年10月27日(土)
場所:大宮公民館
参加:約20名
講師:矢野良明防災士、渡邉一弘防災士
スタッフ数:3名
内容:講義、応急手当・応急搬送

chibakita301027-1

chibakita301027-2

北海道支部 イザ‼カエルキャラバン! In清田

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 イベント情報

北海道胆振東部地震で被害に出た、札幌市清田区において地域の関係団体・住民等とともに、防災体験活動を通して防災啓発に役立てます。

1 開催日時 平成30年11月4日(日) 13:30~16:00迄
2 開催会場 札幌市清田区 清田体育館・温水プール
3 主・共催 札幌市清田区地域防災力UP実行委員会
     〔清田消防団、清田区、清田体育館、北海道防災士会〕
4 開催内容 親子による地域の防災体験学習会
5 参加対象 地域小学1年~4年生、親子参加者
6 育成指導 地域の育成指導者、防災活動体験者等

   北海道防災士会担当分野  10名の指導派遣

    ①防災かるた・・・・・・・防災知識
    ②レスキュウシート・・・・熱傷、防寒対策
    ③ロープワーク・・・・・・自助行動知識

hokaido301104-1

千葉県北部支部 10/21(日)野田市総合防災訓練(千葉県野田市)

 平成30年10月21日(日)千葉県野田市イオン駐車場において第36回野田市総合防災訓練「防災フェア」開催されました。
従来の自主防災組織主体形態から今回野田市民対象としての試みを実施したしました。
23参加団体によるブース出展体験形態にて天候にも恵まれ、主催野田市役所の発表によると850名の参加となり盛大に行われました。
私共テントブースはスタッフ6名で対応し、心肺蘇生(AED)・応急手当・ロープワーク・非常時トイレ・非常備蓄品を展示して説明しましたが、中でもやはりトイレの活用法が一番関心大でした。
また、防災訓練受け付け相談窓口を設けたことにより市内3団体より相談があり、後日詳細打合せする運びとなりました。
野田市民の皆さんの防災意識向上に寄与していきたいと願っております。

日程:平成30年10月17日(水)
場所:野田市イオン駐車場
参加:約850名
スタッフ数:6名
内容:テントブース
(心肺蘇生(AED)・応急手当・ロープワーク・非常時トイレ・非常備蓄品)

chibakita301021-1






chibakita301021-2

chibakita301021-3

chibakita301021-4

横浜支部 防災士よこはま 第32号を発行

yokohama301014-1
防災士よこはまはコチラからご覧ください

<防災士よこはま 第32号概要>
・横浜支部防災研修会実施報告

千葉県北部支部 10/18(木)佐倉市民カレッジ防災講座(千葉県佐倉市)

平成30年10月18日(木)千葉県佐倉市、佐倉市立中央公民館において佐倉市民カレッジ防災講座が行われ、千葉県北部支部kの青木信夫防災士が講師を務めました。
昨年に引き続き2回目になりますが、20年以上続いている伝統のある市民カレッジで、4つのコースがありますが、今回は合同講座で100名近い受講生を対象に行われました。受講者のほとんどは65歳以上の元気なシニアです。
講座題目は「過去の災害に学ぶ防災対策-私たちにできること-」で、過去の災害、家庭防災、自助共助、備蓄、トイレ対策について話を進めました。1時間50分の講演であるため、飽きさせず、少し身体を動かしながら進めていく方法を採り、過去の災害では赤穂浪士の話を絡めたり、動画を多用したり、家庭防災では○×クイズ、そしてレジ袋の防災活用法として受講生の皆さんに実際に試していただくなど工夫しています。
受講生の皆さんは話の一つひとつに反応し、メモを取り、知識・技術を吸収しよう食い入るように学んでいました。100名近い教室が一体感を持つのは珍しいことですが、昨年も今年も同じく学びの一体感を感じました。佐倉市民カレッジの受講生の意欲の表れだと思います。

日程:平成30年10月18日(木)
場所:佐倉市立中央公民館
参加:約100名
スタッフ数:3名
内容:防災講座

chibakita301018-1

chibakita301018-2

chibakita301018-3

chibakita301018-4

千葉県北部支部 10/17(水)船橋市立湊中学校防災訓練(千葉県船橋市)

平成30年10月17日(水)千葉県船橋市、船橋市立湊中学校において防災訓練が行われ、千葉県北部支部、船橋防災連絡会、BCNが共同して支援しました。
2年生全員が対象で体育館内の訓練と屋外ピロティ内訓練に分かれ、2ローテーションにて行われました。我々は屋外の訓練で搬送法を担当しました。
中学生たちは男女別8人のグループに分かれ、それぞれ1名以上の防災士が直接指導します。見せるだけ、見てるだけの訓練ではなく、実際に中学生にやってもらうことを前提に様々な搬送法を指導しました。
搬送法の種類は、徒手搬送、椅子搬送、毛布搬送、応急担架搬送で、ひとつずつ試しながら進めていき、出来る出来ないではなく、より安全に傷病者に負担の少ない搬送を心がけるよう、その注意点もレクチャーの一つになっています。
平日日中災害が起こった時、中学生は大きな力になってくれることが期待されていますが、その期待に応えるための訓練を行っています。地域にとっても大きな力になる、それを実感できる中学校です。

日程:平成30年10月17日(水)
場所:船橋市立湊中学校
参加:約130名
スタッフ数:14名
内容:搬送法

chibakita301017-1

chibakita301017-2

chibakita301017-3

chibakita301017-4

chibakita301017-5

北海道支部 第11回 のうし秋まつり

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告

開催日時  平成30年9月23日(日) 10:00 ~15:00
開催場所  札幌市西区八軒 農試公園ツィンキャップ広場
主催者   札幌市(公財) 公園緑化協会 農試公園
開催内容  親子による体験活動など (当会は防災用品の活用と展示)
参加者等  市民を対象に、親子約500名参加 (当会指導者等4名、前田・塚田・中西)

hokaido300923-1

hokaido300923-2 hokaido300923-3

hokaido300923-4 hokaido300923-5

千葉県北部支部 10/14(日)五町会自治会合同防災訓練(千葉県船橋市)

平成30年10月14日(日)船橋市高郷小学校において「五町会自治会合同防災訓練」が行われ、支援しました。毎年持ち回りで実施され、今年は恵通苑町会の当番でした。参加者140名の大きな訓練でしたが、みなさん大変熱心でした。防災部会が主体となるよう準備段階から配慮しました。司会進行は言うまでもなく、展示においても三角テントは防災部会のメンバーが設営しました。またボーイスカウトの協力を得て、搬送、ロープワーク、新聞スリッパなどを担当していただきました。
事前の打ち合わせにおいて、1.講話「避難所について」 2.身近なものを使った応急手当「止血の仕方と、スーパーの袋を使った腕の吊り」 3.人形を使って救出訓練、搬送 4.CPRとAEDのデモそのあと各ブースに分かれて体験(CPR・AED、身近なものを使った応急手当、家具転倒防止、三角テント、搬送・ロープワーク、家庭内DIG)の流れでしたが、実際には、時間が十分であったため、ブースに分かれて行った家庭内DIGを全員で答え合わせをしたり、新聞スリッパ(ボーイスカウトリーダーに頼んでやっていただいた)などを防災部会の提案で追加しました。また、質問コーナーも設けましょうということで時間いっぱいを使っての訓練ができました。
防災士が何でもやるのではなく、防災部会が中心になって訓練する、そのお手伝いをするというスタンスで臨み事前の計画書にもその目的を明確にし参加予定の防災士に周知しました。

日程:平成30年10月14日(日)
場所:船橋市立高郷小学校
参加:約140名
スタッフ数:7名
内容:講話、CPR・AED、救出訓練、家具転倒防止、身近なものを使った応急手当など

chibakita301014b-1

chibakita301014b-2

chibakita301014b-3

chibakita301014b-4

奈良県支部 御杖村防災訓練

 平成30年10月14日(日)御杖村菅野体育館において、御杖村防災訓練が行われ、御杖村住民と役場職員約90名で訓練を実施しました。
 第一部の避難訓練では御杖村の人口1696人のうち、3分の1の「560名」の方が参加されました。 
 奈良県自主防災支援事業として奈良県防災士会から11名の防災士が参加。非常食アルファー化米に水を入れて食べてもらうサポートを行い、避難所講話の後、2班に分かれ三角巾と簡易担架を練習してもらいました。
 御杖村として実質初めての訓練にもかかわらず、皆さん熱心に取り組まれ、次に繋がる有意義な訓練となりました。
<末田政一 防災士> 

nara301014b-1

nara301014b-2

nara301014b-3

nara301014b-4

nara301014b-5
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 コミュニティー 研修 イベント 訓練 講演 教育 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 被災地支援 訓練指導 協定 DIG 支部総会 女性 避難所 支部会議 研修指導 自主防災組織 HUG セミナー 連携 支部設立 訓練HUG 受賞 支部活動 実技指導 地区防災計画 女性防災士 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR