FC2ブログ

千葉県北部支部 12/26(水) NPO法人キッズパレット防災体験(千葉県習袖ケ浦市)

平成30年12月26日(水)、千葉県袖ケ浦市、NPO法人キッズパレットにて防災体験学習が行われ、BCNおよび千葉県北部支部が支援しました。今回で5回目を迎える防災体験学習ですが、私どもは第3回から参画させていただいています。今回の参加者は主に小学生低学年の学童約140名です。
最初に松井正雄防災士から「地震と火災」の講話があり、イラストと動画を用いた分かりやすい表現で子ども達は真剣に聞き入っていました。次に正谷絵美防災士が防災○×クイズを行いましたが、○スペースと×スペースを行ったり来たりする身体を動かすクイズに大盛り上がりで、一気にテンションが上がりました。
10問行いましたが全問正解者も多く出ました。ここまでは全員が一緒に参加する訓練ですが、次の地震体験、ポンチョづくり、搬送法は3班に分かれてローテーションでの訓練です。
地震体験では最初に体験目的の説明を聞き、体験が始まって緊急地震速報が鳴ったらダンゴムシのポーズをとってもらいました。ポンチョづくりでは、大きなビニール袋を用意し、火災時に空気を入れて頭からかぶり、少しの間ではあるものの煙を吸わずに避難する方法を学び、そのビニール袋を使って雨具や防寒としてのポンチョを作りました。搬送法では毛布を使って1人で運ぶ方法、多人数で運ぶ方法、そして竿と毛布を使った応急担架搬送を学びました。
その後、昼食では日本赤十字さんが用意したアルファ化米のおにぎり、非常食のビスケット、シチューがふるまわれました。閉会式では防災士が総評を行いました。
盛りだくさんの体験型訓練なので安全管理に十分気を使いましたが、無事に終わり、子ども達も我々も楽しく学習することができました。
キッズパレットさんの防災訓練は1年以上前から企画し、内容を精査し、安全に配慮し、結果をフィードバックして次年度に活かすというサイクルが定着しています。だからこそこのような大掛かりな訓練も円滑に効果的に行うことができる、その見本のような訓練でした。

日時:平成30年12月26日(水)
場所:袖ケ浦市立昭和小学校
参加:学童約140名
スタッフ数:12名
内容:講話、○×クイズ、地震体験、ポンチョづくり、搬送法

chibakita301226-1 chibakita301226-2

chibakita301226-3 chibakita301226-4

chibakita301226-5 chibakita301226-6

北海道支部 冬の防災を学ぼう

hokaido280924-9.jpg 広報活動 北海道防災士会 

1 掲載日時 平成30年12月18日(火)
2 新聞社名 北海道新聞 スポーツ新聞への折り込み
hokaido301218-13 配布範囲 北海道内のスポーツ新聞購買者
4 掲載内容 ブラックアウトの防災品備蓄について
5 記事対応 NPO日本防災士会 北海道防災士会横内
       及び備蓄品の販売事業者


hokaido301218-2

hokaido301218-3

千葉県北部支部 12/19(水) 習志野市立実籾小学校防災調べ学習発表会(千葉県習志野市)

平成30年12月14日(金)、習志野市立実籾小学校において小学6年生による防災調べ学習発表会が行われ、地域の方々、保護者、そして私ども千葉県北部支部もお招きいただき、子ども達の防災発表を見学しました。
防災発表会に先立ち、内容についての学習が行われ、我々がアドバイザーになって個別内容について支援指導しました。今回はその成果の発表ということで、私どもも期待と緊張がありましたが、子ども達は我々の期待レベルをはるかに超える素晴らしい発表をしてくれました。6年生が前半12ブース、後半12ブースに分かれて出店方式の発表です。
前半、「実籾の防災」では学校周辺地形を粘土で再現し、危険個所の説明をしてくれました。「語り継ぎ」では小さなボールから巨大ボールを設置してマグニチュードの説明、「語り継ぎ2」では紙芝居、「実籾の防災」では習志野市特有の地域防災カルテを一覧表にまとめ、「防災マップ」では配布用避難マップとして二次災害への注意やイエローページ、「心肺蘇生」では死線期呼吸まで説明していました。
後半、「場所別の身の守り方」では寝室、階段、乗り物、海その他さまざまな場所での身の守り方を図示し、「安否札」では札の文字についてどのフォント(文字種)が見やすいか、色はどの色が分かりやすいかを検証し、「心肺蘇生」ではG2015対応はもとより女性への配慮、「防災グッズ開発」では滑らない応急靴や抱っこ紐、「避難所体操」では厚生労働省のエコノミークラス症候群体操に追加した例を提示しています。
担当の黒田先生の教育と子ども達の熱意が実を結んだ防災発表会になりましたが、この時点でも防災力が確実にアップしているばかりではなく、子ども達がやがて大人になったときに、さらに加速した防減災力につながると確信できる発表会でした。

日時:平成30年12月19日(水)
場所:習志野市立実籾小学校
参加:小学6年生約80名、地域、保護者
スタッフ数:8名
内容:防災発表会見学

chibakita301219-1

chibakita301219-2

chibakita301219-3

chibakita301219-4

chibakita301219-5

新潟県支部 佐渡市地域防災リーダースキルアップ研修

平成30年12月15日支部で実施した「佐渡市地域防災リーダースキルアップ研修」が新潟日報の記事になりました。
「逃げ地図」ワークショップでは、みなさんが立ち上がって活発な意見交換がなされていました。

niigata301215-6
記事はコチラからご覧ください

niigata301215-1 niigata301215-2

niigata301215-3 niigata301215-4

niigata301215-5

niigata301215-7
資料はコチラからご覧ください

千葉県北部支部 12/14(金) 習志野市立実籾小学校妊婦・車椅子体験(千葉県習志野市)

平成30年12月14日(金)、習志野市立実籾小学校において妊婦・車椅子体験が行われ、千葉県北部支部がサポートを行いました。小学6年生全員が対象です。
妊婦体験では和室で妊婦体験セット(10kg)を身に付け、上履きを履き、階段を上り、椅子に座り、階段を下り、上履きを脱いで和室に戻り、寝る姿勢をとる、という流れで行われました。事前に先生方も試してみて時間のかけ方などを考慮してこの流れになったとのことです。我々は装着のサポートや注意事項など、現役の看護師でもある防災士らが対応しました。重い、下が見えない、靴が履きにくい、仰向けでは寝られないなど、子どもたちはこれまでなかった体験の気付きを口にしていました。
体育館では車椅子体験が行われ、2人がペアになり、1人は車椅子に乗り、1人は介助役です。スロープを逆向きに下り、段差のある所では引き上げ、長縄を障害物とした震動、跳び箱を利用した狭い通路を通り、マットへの乗り上げと自走など様々な場面を体験しました。大変、重い、少しなら乗っていられるがずっと乗らないといけない人もいるなど、感想が飛び出していました。また、車椅子の閉じ方、開き方、普通の椅子から車椅子への乗せ方なども勉強しました。
こうした取り組みは子ども達にとって大変貴重な体験になり、見えていたが見ていなかったことを知り、体験以上のことを学んだように思います。

日時:平成30年12月14日(金)
場所:習志野市立実籾小学校
参加:小学6年生約80名
スタッフ数:4名
内容:妊婦・車椅子体験サポート

chibakita301214-1

chibakita301214-2

chibakita301214-3

chibakita301214-4

chibakita301214-5

山口県支部 第2回女性部例会を開催しました。

日時:平成30年12月16日(日)10:00~13:00
場所:山口大学農学部(山口市)
参加:12人

山本晴彦支部長(山口大学教授)から今年の7月豪雨で被災した岡山県真備町の研究報告があり、その後は、女性会員の中からの話題提供として整理収納アドバイザーの村田さんから「整理収納のポイントと家庭内備蓄の大切さ」の講話、日赤防災奉仕団の原田さんからは「日赤ボランティアの活動」についてと災害時に役立つリラクゼーションを指導してもらいました。

来年度も県内の防災イベントに女性部として参加する予定で、女性ならではの視点で、情報を共有し技術を身につけていきたいです。

yamaguchi301216-1

yamaguchi301216-2

yamaguchi301216-3

滋賀県支部 NHK大津放送局との共同研究会を開催

 平成30年12月15日(土)、NHK大津放送局において、共同研究会を開催しました。
 研究会では、「災害情報リポーター」の仕組みや全体像について、大山アナウンサーから説明がありました。その後、情報提供の際の注意点については丹羽副部長から、また、水谷カメラマンからは、スクープBOXへの投稿方法やスマホでの動画の撮影法についての説明がありました
 研究会の後半は、NHK大津放送局内のテレビスタジオ・ラジオスタジオの見学をさせていただき、参加者からは、驚きや感激の声が沸き起こりました。
最後の意見交換会では、参加者からの質問に親切、丁寧な対応をしていただき、有意義な半日を過ごすことができました。

shiga301215-1
活動報告はコチラからご覧ください

北海道支部 よみうり危機管理セミナー2018

hokaido280924-9.jpghokaido301212-1北海道防災士会 広報活動
《よみうり危機管理セミナー2018》

1掲載日時 平成30年12月12日(水) 朝刊
2新聞社名 読売新聞社北海道支社
3掲載地域 北海道全域に掲載
4掲載内容 地震復旧 備えがカギ「ブラックアウト」

hokaido301212-2

hokaido301212-3

hokaido301212-4

千葉県北部支部 12/16(日) 野田市船形下自治会防災訓練(千葉県野田市)

平成30年12月16日(日)、千葉県野田市、船形下自治会にて防災訓練が行われ、千葉県北部支部およびBCNが共同して支援しました。訓練内容は初期消火訓練、地震体験の2種で、我々は地震体験を担当しました。船形下自治会さんは初めて伺いましたが、気持ちの良い挨拶で迎えられ、皆さんとても朗らかで和やかで温かみのある自治会さんです。
訓練は2班に分かれ、消火訓練では消防署の指導の下、水消火器を用いて大きな声を出しながら訓練に励んでいました。地震体験では、東北地方太平洋沖地震を基本として、希望者には2004年中越地震、2016年熊本地震を体験いただきました。
あらかじめ体験目的などを説明させていただいたこともあり、皆さん揺れによる家のイメージ、部屋の中のイメージを持っていただけたのではないかと思います。
とても心地よい自治会さんでの訓練でした。

日時:平成30年12月16日(日)
場所:船形下自治会集会所
参加:約50名
スタッフ数:3名
内容:地震体験

chibakita301216-1

chibakita301216-2

chibakita301216-3

chibakita301216-4

京都府支部 「京防災フェスタ フェスタ 2018018018」に 出展

平成 30年 12月 9日(日)、梅小路 公園 (京都市 下京区 )にて、 「京(みやこ ) 防災 フェスタ 2018 」[主催 :京都 学生 FASTASTAST運営委員会 ]が開催 され 、34 ブー スの 中の一つとして 京都府 支部 も出展 致しまた。
当日 は、風も強く寒い中ではありました が、家族 連れや防災に 興味 関心のある 方がブース を訪れ、ロープ ワークや 応急 担架 づくり を体験されました。

kyoto301209-1
資料はコチラからご覧ください
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 コミュニティー イベント 講演 訓練 教育 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 被災地支援 訓練指導 DIG 協定 支部総会 女性 避難所 支部会議 研修指導 自主防災組織 HUG セミナー 支部設立 受賞 女性防災士 連携 支部活動 地区防災計画 訓練HUG 実技指導 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR