FC2ブログ

長野県支部 福祉避難所の避難所開設運営訓練を行いました。

日本防災士会長野県支部では、以下のように福祉避難所の避難所開設運営訓練を行いました。

日時:2019年6月26日(水) 13:00~14:30
会場:小諸養護学校
内容:PTA学習会「もしもの災害時に私たちにできること」
   ~避難所開設運営訓練を通して福祉避難所について考える~

福祉避難所とはなにか、避難所運営はだれが行うのか、
家族は一緒でいいの、クールダウンはどうするの、
集団が苦手・聴覚過敏の対応は、など
参加者が不安に感じていることや知りたいことを事前にアンケートしました。
その内容を講座に反映させ、教材は一から作成しました。

講師には横内寿男支部長をはじめ役員と、地域密着型として東信地方のメンバーの計6名で務めました。

事前に市の危機管理課にも確認を行い、発災後に学校の準備が出来しだい
直接避難することが可能であることをお伝えしました。
またこの福祉避難所へは家族も一緒に避難ができること、
クールダウンが必要な児童・生徒が落ち着ける空間の確保の必要性についても言及しました。

一般避難所と福祉避難所との違いなど福祉避難所について以外では
熊本地震の際にも支援物資として実績のある簡易トイレの「ラップポン」(日本セイフティー株式会社)の紹介も行いました。

避難所のトイレ事情については深刻で、高齢者など足が不自由な場合には、
屋外に設置され臭いや汚れのある仮設トイレの利用を敬遠して水分を取ることを控えてしまい、そのことで脱水症状や熱中症に繋がる旨も説明しました。

この支援物資の「ラップポン」は屋内で使用できます。専用のロール状のビニールをセットする構造で、排泄後に熱で圧着し完全密封されるため、そのままゴミ箱へ捨てることができます。
そのためトイレ掃除も不要で臭いもほとんどなく、何と言っても衛生的であるため避難所においては有用である点を説明しました。

避難所では普段の便利な生活とは掛け離れた不自由な生活を強いられます。
防災講座の際には、衛生面や健康面で少しでも改善できる良いものがあれば紹介するように心掛けています。

参加者からは「とても分かりやすかったです。」とお声掛け頂きました。
また講師一人一人に心暖まるプレゼントまで頂き、お役に立てたことを実感しました。

最後に、参加者の皆さんにはアンケートをお願いしていますので、回答を頂き今後の防災講座へ反映させていきたいと考えています。

nagano190626-1
講評を述べる横内寿男 支部長

nagano190626-2
グループワークでアドバイスする講師陣1

nagano190626-3
グループワークでアドバイスする講師陣2

北海道支部 会報(会報vol.17及び防災広告

character
hokaido280924-9.jpg活動報告 北海道防災士会

1 発行年月日 令和元年6月26日
2 発行枚数等(作成) 
hokaido190626-1 ①会報発行数 2,000枚 
 ②広報誌発行数 7,000枚 
3 配布等
 ①会員、関係機関・団体へ
 ②講演・体験活動当のイベント
4 設置場所 道庁広報閲覧、札幌市防災協会、
 札幌市民活動サポートセンター他

hokaido190626-2

愛知県支部 ロープワーク実技講習を実施

令和元年6月18日に名古屋市緑生涯学習センターにおきまして、第2段のロープワーク実技講習を愛知県支部といたしまして、実施いたしました。

aichi190618-1
報告資料はコチラからご覧ください

新潟県支部 「市民向け研修編」が新潟日報に掲載

小千谷市さまより年間委託業務として受注しました「小千谷市防災研修実施業務」の「市民向け研修編」6月20日実施した様子が、6月22日新潟日報20面に掲載されましたので、お知らせいたします。

niigata190620-1
新潟日報はコチラからご覧ください

千葉県北部支部 6/21(金)野田市役所職員向け避難所図上訓練「HUG」(千葉県野田市)

令和元年6月21日(金)千葉県野田市 市役所8階大会議室において、野田市役所職員向け避難所図上訓練「HUG」が行われ、千葉県北部支部が支援しました。

本訓練は、野田市役所防災安全課より、以下の内容で長期訓練支援要請を受諾し、今回第1回目となります。
・「野田市役所職員に対しての避難所図上訓練実施依頼。1回100名3年間に9回900名」

特別講師として日本防災士会研修部長、岡崎洋志氏を招き、講師は熊沢晃副支部長が行いました。
野田市役所職員の皆さんはHUG訓練が初めての為、最初は戸惑いも見受けられましたが、30分も経過する内に各テーブルが議論活発活気に満ちて、個々の意見も声高く多く発声され、能率良く進行しゲームのカード配置をされておりました。
防災安全課の皆さんのご協力により、事前依頼品目等完ぺきに備えあり痛み入りました。

今後の課題として、HUG訓練に精通しておられる防災安全課森下課長より、危機感を持たせる意味合いを含み多少パニック状況下の時間帯配分も取り入れて欲しい旨のご意見を頂きました。
今後ともより一層野田市の防災力向上に寄与する要となる、「職員向けHUG」大いに協力して行きたいと思います。

日時:令和元年6月21日(金) 14:00~17:00
場所:野田市役所8階大会議室
参加:野田市役所職員他 約100名
講師:熊沢晃副支部長
特別講師:日本防災士会岡崎洋志研修部長
スタッフ:6名(中村誠支部長、高崎勝利、石田健、小林喜世志、山形裕紀、小椋養一)

chibakita190621-1

chibakita190621-2

chibakita190621-3

chibakita190621-4

chibakita190621-5

沖縄県支部 名護市特別支援学校 「アクティブ防災講座」開催

「アクティブ防災講座」~もしもの時にできること~ 開催しました。

  日時  平成31年6月20日(木) 16時~17時30分
  場所  名護市特別支援学校 2階会議室
 
   日本防災士会沖縄県支部へ職員に向けた防災教育及び学校防災に対するか前についての講話依頼があり、松村直子防災士が講師として対応しました。
特別支援学校の防災に関する取り組みの充実のために、学校側の防災セルフチェクをしながらスクールバス運行中に地震が起きた時、帰宅困難時で宿泊が必要になった時、職員のスキルアップや障害特性への対応、児童の「自助力」向上について、又津波への対策等の講話を行い、子供たちを守ることは、大人たちが生き延びてケガを負わないこと。「助けられる人」は「助ける人」にはなれないからと締めくくりました。

okinawa190620-1

okinawa190620-2

沖縄県支部 西原町森川自治会にて「防災カフェ」開催しました。

  日時  平成31年6月12日(水) 20時~21時30分
  場所  西原町森川公民館
 
   防災士会沖縄県支部と森川自治会山内末子会長を始め住民の方25人参加のもと「防災カフェ」を開催しました。
 防災士会から新城顧問、古堅支部長、新垣副支部長、金城福祉部長、新垣事務局長が参加し、防災に関していろいろな疑問、質問、意見を話し合うことで住民皆さんの防災意識を高めようと実施致しました。
 「防災カフェ」では、新城顧問がコントローラーとなり、まずは、「自助・共助・公助」の話から進行していき災害時にはどう対応するかなどの話がなされ参加者から一人暮らしのお年よりの問題や備蓄の問題等の質問などがあり防災に関して意識が芽生えたかと思いました。また、防災食としてアルファー米や女性自治会員持ち寄りの天ぷらなどが準備されておりました。
 又、参加した防災士より「防災グッズの紹介」「他自治会活動の紹介」「防災マップ作り」「災害時での怪我の応急処置」を披露しました。

okinawa190612-1

沖縄県支部 総会開催

 日本防災士会 沖縄県支部総会を 平成31年5月11日(土) 17時~19時 りゅうせきロジコム会議室に於いて開催しました。
 2018年度活動報告及び決算報告、2019年度活動計画案予算案につき審議し承認されました。
又、役員につきましては、新城支部長より新支部長の推薦があり古堅悟氏が承認されました。他役員について後日新支部長指名のもと決定いたしました。
 総会終了後は、沖縄気象台松田博之氏(元宮古島気象台台長)によります「沖縄の自然災害と防災対応」と題しまして防災講演を行っていただきました。
台風・高波・地震・津波など過去事例を紹介しながら貴重な話で大変勉強になりました。

okinawa190511-1

山口県支部 令和元年山口県総合防災訓練に参加しました

日時:平成31年6月9日(日)9:00~12:00
場所:岩国市 いわくに消防防災センターを主会場、岩国港、山口県岩国総合庁舎
  和木町 和木町役場 和木中学校
参加:5名

住民・地域団体と県・市町などの防災関係機関が協働し、次の目的達成の為訓練を実施。
① 出水気を見据えた、災害時における対応の手順等の確認・習熟
② 自主防災組織を中心とした住民主体の訓練による自助・共助の推進
③ 防災関係機関(消防、自衛隊、海保、医療機関等)の連携強化
④ 防災意識の高揚に向けた普及啓発
山口県支部 (担当東部ブロック)では、主会場の2階に展示スペース確保し、昨年の島田川水系の洪水氾濫資料の掲示、報告書等の展示。非常持ち出し袋の中身等の展示。またコーナーに立ち寄られた村岡嗣政山口県知事に対して会員からの活動内容・防災年表等の説明をする。また県事業の率先避難モデル事業の一部である岩国市門前山手第3自治会の避難訓練に関連した活動についての説明をする。地元地域の沢山の方々がブースに立ち寄っていただきたくさんの質問をいただき回答をさせていただいた。

yamaguchi190609-1
 ブースにこられた地元岩国市の親子。

yamaguchi190609-2
 避難してこられた門前山手第3自治会の住民に対して、村岡山口県知事、福田岩国市長の防災訓示

yamaguchi190609-3
 ブースに来られた村岡山口県知事へ活動内容・率先避難事業の取組について説明する

北海道支部 高等学校の防災授業による避難所運営

characterhokaido280924-9.jpg活動報告 北海道防災士会

1 開催日時 令和元年6月17日~19日の3日間
   ※50分授業 4回に分けて、延べ200分
2 開催学校 北海道立静内高等学校(対象3年生60名)  
3 開催内容 避難所開設ゲームHUGhokaido190617-1
   ※北海道版「Doはぐ」 厳寒期の避難所運営体験
4 開催目的 地域の将来・防災を担う生徒に報歳知識を
5 企画指導 道立静内高校 伊藤友彦 教諭 (防災士)
  ※地域活動に当会役員(浅野勇夫氏)も指導に当たる。

hokaido190617-2
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 コミュニティー イベント 講演 訓練 教育 勉強会 指導 HUG 現地活動 総会 訓練指導 被災地支援 DIG 協定 支部総会 女性 避難所 支部会議 HUG 研修指導 自主防災組織 セミナー 支部設立 受賞 女性防災士 連携 支部活動 地区防災計画 訓練HUG 実技指導 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR