FC2ブログ

山口県支部 活動紹介

日時:令和元年9月29日(日)
 10:00~12:00 宇部市高潮防災シンポジウム第1部座談会「あのとき宇部市では」
 13:00~15:00 宇部市高潮防災シンポジウム第2部学習会「水害にあったときに」
 15:00~16:00 防災士会山口県支部例会
場所:宇部市多世代ふれあいセンター

「宇部市高潮防災シンポジウム」~あれから20年、あのとき何があったのか~平成11年(1999年)9月24日、宇部市に上陸した台風18号は、瀬戸内海沿岸に大きな高潮被害をもたらしました。20年という節目を迎え、市役所、新聞社、民間企業、住民、大学、それぞれの立場から当時の体験などをあらためてお聞きし、地域や世代を超えて、何を伝えていくのかを考える機会となりました。また、震災がつなぐ全国ネットワーク事業担当松山文紀氏、被災地NGO恊働センター代表頼政良太氏による「水害にあったときに」(冊子版)学習会も行いました。
シンポジウム終了後、山口県支部例会に33人の防災士が出席し、事務局からの報告の後、シンポジウムの感想や今後の行事のお知らせなどを行いました。

yamaguchi190929-1

yamaguchi190929-2

yamaguchi190929-3

愛知県支部 出前講座を実施

 令和元年9月19日にNPO法人 愛知県防災士会が企業様からのご依頼により出前講座を実施いたしました。

aichi190919-1.jpg
報告資料はコチラからご覧ください

北海道支部 災害と向き合う~自助とは・・・

hokaido280924-9.jpg活動報告  北海道防災士会 【№ 208】 

開催日時 令和元年9月25日(水) 15:00~16:30
開催会場 札幌南区民センター2階ホール
開催団体 札幌南区防火委員会 研修会(地域防火・防災リーダーhokaido190705-1
開催内容 「災害時の避難行動・地域住民の活動」
参加者等 南区内地域役員及び防火・防災リーダー等
指導講師 NPO日本防災士会常任理事・北海道防災士会会員2名

hokaido190925-1

hokaido190925-2

hokaido190925-3

長崎県支部 佐賀県武雄市水害ボランティア活動報告

8月31日
 旭支部長・川浪は被災状況の把握と、今後の支援活動を目的として、早朝7時30分に「武雄市社会福祉協議会ボランティアセンター」到着。早朝でもありボランティアはまだ少ない。センタースタッフは、ボランティア受け入れの準備の最中。スタッフに被災地で顔見知りの方が、指導的役割を果たしておられ、センターの運営はスムーズに運営されていた。
 活動グループは山口県・福岡県の方と5名、一番に受けつけ済ませ民家の浸水家屋の家財運びだし終日手伝う。場所は、センターより徒歩15分ほどの街中。家主さんによると、道路より50cmほど家屋は高いが、住宅は1m以上浸水。玄関から出ることできなく、窓からゴムボートにより救出されたとのこと。駐車場のワンボックスカーも水没、乗用車も廃車に。
 1階の家財は全て使用不能のため廃棄に、特に浸水した畳(本間サイズ)の重さは想像以上で、2人でも運び出しに苦労した。3トントラックに可燃物・不燃物・家電など分別し積載、ボランティアセンター隣の集積場へ運搬。集積場では分別された廃棄物を多くの消防団員・自衛官の皆さんが荷卸しを手伝っていただき時間を要することもなかった。
この様な配慮には、「熊本地震」の件が生かされていたのではないかと想った。個人の家といえども廃棄物は多く、5台以上運び出してもまだ多くのものが残っていた。
9月2日
 長崎県危機管理課・県民協働課(長崎県災害ボランティア活動窓口)に、武雄市の被災状況及び今後の支援活動について相談する。翌日、「長崎県災害ボランティアバス」派遣決定。県民協働課より長崎県支部に協力要請あり。9月5日(旭支部長)、6日(瀬﨑幹事・川浪)、8日長崎県支部研修として(旭支部長・鍵原副支部長・下村監事・熊さん・尾崎さん・川浪)13日(鍵原副支部長)以上長崎県のメンバーとして参加しリーダー的役割担う。活動内容は、水没した家財の運び出し・高圧洗浄・拭き掃除・被災者からの傾聴等でした。
 今後も支援活動は、長崎県と県支部は同一歩調で活動したいと思います。(活動写真は、被災者の住宅等は掲載していません)

nagasaki190831-1

nagasaki190831-2

nagasaki190831-3

nagasaki190831-4

nagasaki190831-5

北海道支部 保育園職員の防火設備・防災対応

hokaido280924-9.jpg hokaido190705-1活動報告 北海道防災士会【№ 207】 

 1 開催日時 令和元年9月19日(木)
          19:00~20:00
 2 開催会場 札幌市白石区菊水元町保育園園舎
 3 開催団体 藤美福祉園及び系列保育園hokaido190919-1
 4 開催概要 保育園施設を活用、防火防災施設体験
 5 参加者等 系列保育園の職員30名 災害対応体験
 6 指導者等 北海道防災士会 役員指導(横内、後藤)

hokaido190919-2

hokaido190919-3

岡山県支部 第48回全国消防救助技術大会に参加

2019年8月25日第48回全国消防救助技術大会において岡山県支部はブース出展をさせていただきました。
防災グッズや非常食の展示のほか救助捜索ドローンの展示、パネル展示を行いました。
消防の方、地域の方々も大勢ブースに立ち寄っていただき「とても参考になった」とお言葉をただきました。

okayama190825-1

okayama190825-2

okayama190825-3

okayama190825-4

okayama190825-5

富山県支部 「第6回 富山県女性防災士の集い」開催について

 「第6回富山県女性防災士の集い」を下記の日程で開催いたします。
地域防災力向上のために、家庭の中の自助そして地域における共助を推進していくために、「地域防災のネットワーク作りを考えよう!」というテーマで情報交換します。
 また、午後一般の方々も参加の公開イベントとして、全国でご活躍中の あんどうりす氏 の特別講演を予定。「災害から大切な家族を守るために暮らしの中に防災を!」一緒に考えませんか。

1 日時  10月13日(日曜日)

2 場所  大沢野生涯学習センター 4階大ホール (グループワークは2階会議室)
                   〒939-2254 富山市高内365 
                   電話番号 076-467-1171

3 日程  (1)10時30分~11時45分  ワークショップ (情報交換) 2階会議室
           ・「Nプロジェクトひと・みち・まち」の活動紹介
           ・グループトーク「地域防災のネットワーク作りを考えよう!」
           ・女性防災士対象
      (2)13時~15時30分 特別講演  4階大ホール
           ・演題 「今日からできる家庭の中の備え」
           ・講師  あんどう りす 氏
           ・一般公開
      (3)12時~16時「暮らしの中に防災を!~大切な家族を守るために~」 
           ・同会場で女性防災士による啓発ブース
           ・一般公開
4 参加料  無料

5 その他 主催:NPO富山県防災士会・
       :NPO法人Nプロジェクトひと・みち・まち
     共催:富山市
     後援:NHK富山放送局 北日本放送
       :北日本新聞社 富山新聞社 はっぴーママ富山
 
toyama191013-1
資料はコチラからご覧ください

北海道支部 会員所属の事業所活動(植村建設)

hokaido280924-9.jpg hokaido190705-1活動報告 北海道防災士会 【№206】 

1 開催日時 令和元年9月9日(月) 救急の日
2 開催会場 赤平市 安全の駅 (植村建設)
3 主催者等 植村建設㈱、共催北海道防災士会
hokaido190909-14 開催概要 地域市民、近隣の小学生・高校生など
 ※防災・防火・救命・交通安全等訓練、体験指導
5 参加者等 児童・生徒・市民・関係者300名
6 指導者等 参加機関、従業員、防災士等15名

hokaido190909-2

hokaido190909-3.

愛媛県支部 ⭐️HUG(避難所運営ゲーム)研修を開催❗️

2019年9月16日、日本防災士会愛媛県支部よる、HUG(避難所運営ゲーム)研修会を開催しました。

県内の防災士約70名が参加し、避難所運営の模擬体験をしました。

防災士が災害時の避難所運営をしっかりと行えるよう、今後も日本防災士会としてスキルアップ研修に取り組んでまいりたいと思います。

ehime190916-1

ehime190916-2

千葉県北部支部 9/14(土) 野田市立岩木小学校防災講演(千葉県野田市)

令和元年9月14日(土)野田市立岩木小学校体育館において、学校教職員、PTA、自治会会長、防災会長、地域各役員等による、「学校と地域をつなぐ懇親会」が行われ、付帯しての防災講演及びデスッカッションのコメント依頼をお受けし、千葉県北部支部が支援致しました

皆さん防災の基本は熟知とのこと故「被災地支援活動実体験に基づく教訓~命の尊さ、生き残る対策~」の講演依頼です。
先ず先日支援活動した千葉県鋸南町の被害状況を報告した上で、自然災害が皆さんに降りかかるかもしれない恐ろしさをお伝えしました。防災マニュアルの基礎知識と、実体験に基づく実例の実態の格差を懇々と訴えました。
危機感を訴え(自分の命を守れるのは自分だけ)、暫定的何すればでなく私はこうしますと講義致しました。

グループ討議し、色々な発表されました。
[防災関連] 抜粋
・地区で水タンク用意
・他の地区との交流会
・備蓄安全の見直し
・即行動の徹底
・手回し懐中電灯備え
・防災士推薦ペットシートトイレ練習したい
・防災身の回り品活用したい(レジ袋他)
・車のジャッキ保管する
・停電対策保冷剤貯める
・避難場所確認しておく
・避難所確認しておく
・リーダー決めておく
・危機感が不足していた
・本気で命を守ることを考えたい
[質問事項]
1.災害時学校の担任教師は、教室を離れて避難経路の安全確認に行っても良いのか
2.発災後避難所の開設はいつ決まるのか
防災士としてのコメント致しました。
色々な活発意見が飛び交い、これぞ地域密着型防災と感じ取れました。次回依頼を含め今後共協力して行きたいと思います。
加藤校長先生、石井教頭先生お気遣いありがとうございました。

日時:令和元年9月14日(土) 14:00-15:30
場所:野田市立岩木小学校体育館
参加:教職員・PTA・自治会長・防災会長・地域各役員等 約150名
講師:小椋養一副支部長
指導:石田健防災士
指導:青山久子防災士
内容:講演:被災地支援活動実体験に基づく教訓~命の尊さ、生き残る対策~及びデスッカッションコメント

chibakita190914-1

chibakita190914-2

chibakita190914-3
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 コミュニティー 講演 訓練 イベント 教育 勉強会 指導 HUG 現地活動 総会 被災地支援 訓練指導 DIG 女性 協定 支部総会 避難所 支部会議 研修指導 HUG 受賞 自主防災組織 女性防災士 セミナー 連携 支部活動 地区防災計画 支部設立 訓練HUG 実技指導 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR