FC2ブログ

奈良県支部 奈良県防災リーダー研修

 令和元年度の奈良県防災リーダー研修が10月13日(日)奈良女子大学において、280名の受講者で開催されました。奈良県が主催する3日間の研修で新たな防災士を養成する講座です。
本年度から実技講座が必須となったため、奈良県防災士会から14名の防災士が参加してHUG(避難所運営ゲーム)研修も行いました。まず植村理事長が「防災士の役割」として講義を行い、その後3部屋に分かれてHUGの体験をしてもらいました。通常のHUGをする時間がとれないので、少し違った体験版となりましたが、皆さん熱心に取り組まれていました。
各地で災害が多発して防災意識が高まる中で、新しい防災リーダーの活躍は頼もしい限りです。地域や職場、家族のために知識を役立てていただきたいと思います。

nara191013-1

nara191013-2

nara191013-3

nara191013-4

奈良県支部 天理市兵庫区防災訓練

 令和元年9月22日(日)天理市兵庫町において南海トラフ地震(震度6強)を想定した「防災まちあるきマップ作成ツアー」が行われ、奈良県自主防災支援事業として奈良県防災士会から8名の防災士が訓練をサポートしました。第一部の「防災まちあるき」では兵庫町を4ブロックに分け、各ブロック10名程度の参加者に防災士が2名ずつ同行して、危険箇所の確認や災害時に役立つ場所や人材を探して歩きました。第二部では防災まちあるきで得られた情報を各ブロックの代表者が地図に書き込み、兵庫町全体の「防災まちあるきマップ」が出来上がりました。町内を防災目線で歩くことで、兵庫町のリスクと課題や長所を共有していただく機会になったと思います。

nara190922-1

nara190922-2

nara190922-3

nara190922-4

奈良県支部 御杖村防災訓練

令和元年10月6日(日)御杖村菅野体育館において、御杖村防災訓練が行われ、各地区の役員さんと一般参加者、役場職員合わせて約80名で訓練を実施しました。
第一部の避難訓練では御杖村の人口の約3分の1「480名」の方が参加されました。昨年の訓練の反省で、事前に役場から非常持出袋を配布した甲斐があって、多くの方が持出袋を持って避難をされていました。山間部は支援が遅れがちになるので、必要な物は各自で準備する素晴らしい取り組みだと思います。
第二部の防災訓練には奈良県防災士会から10名の防災士が参加。地震対応の寸劇、避難所講話の後、2班に分かれ「ロープワーク」と「身近な物を使った応急手当」を練習してもらいました。
御杖村防災訓練は今年2回目で、昨年度は奈良県自主防災支援事業として行われ、本年度は役場主体で開催されました。皆さん熱心に取り組まれていましたので、将来的には役場に頼らず地区ごとが主体になって継続して進めていけるようにアドバイスさせていただきました。

nara191006-1

nara191006-2

nara191006-3

徳島県支部 支部会報 第13号を発行

tokushima191015-1
支部会報はコチラからご覧ください

<徳島県支部会報第13号概要>
・令和元年度徳島県総合防災訓練に参加
・とくしま防災フェスタ2019参加者募集!
・研修会のご案内(住民主体の事前復興まちづくり、避難所運営、その他)
・NHK防災モニターについて
・役員会の動き
・県支部会員がラジオ&TVに出演

千葉県北部支部 10/7(月) 千葉県北部支部会員の台風15号ボランティア活動(千葉県袖ヶ浦市)

令和元年10月7日(月)に当支部会員の小椋・渡邊防災士が、袖ケ浦市ボランティアセンターに出向き活動いたしました。
活動内容は、土のうを使わないブルーシートの屋根がけ補修です。この方法は、少数の人員で作業ができ、地上での準備が70%、危険を伴う屋根上での作業時間を短縮できる優れた方法です。(事前にストッパーといわれる部品を作っておくとより作業効率が上がります)

当日のニーズは、高所作業依頼1件(屋根のブルーシートがけ)のみであったため、社会福祉協議会職員に、作業工程を実演展示後、作業実施場所に移動しました。現場は、軽量鉄骨造コロニアルの3階建、棟の部分が欠損(①写真参照)していたので、梯子を3台使用し、安全管理に配慮しつつ作業を2人で開始、約1時間程度で終了しました。(②③写真参照)
被災住民に対して今後修理時の留意事項を丁寧に説明、感謝の言葉をいただきました。

作業終了後、ボランティアセンターに戻り、作業終了報告、北部支部の他会員2名と合流、社協職員と今後の支援体制の確認を打合せ、帰路につきました。
今回の工法についての問合せ、実演指導の要請があれば出前講座を実施します。ただし、市町村の社協やボランティアセンターによっては、従来のブルーシートの屋根がけにこだわりを持っているところがあるため、事前の調査、打合せの必要性を感じています。

日時:令和元年10/7(月)
場所:袖ヶ浦市
内容:土のうを使わないブルーシートの屋根がけ補修のボランティア活動 
ボランティア活動(高所作業):小椋養一防災士※1、渡邉一弘防災士※2
ボランティア活動(作業支援):高崎勝利防災士、中村利孝防災士
※1小椋防災士は、現職時、建設業界に身を置き、又 東日本大震災時にはボラン
ティアで、閖上地区で活動した経験豊富な責任感抜群の防災士です。
※2渡邊防災士は、元東京消防庁に勤務、高所での作業にも従事した経験を持った防
災士です。

文責:日本防災士会千葉県北部支部会員 髙﨑

chibakita191007-1

chibakita191007-2

chibakita191007-3

chibakita191007-4

愛知県支部 ぼうさいあいち会報21号を発行

aichi191015-1
ぼうさいあいちはコチラからご覧ください

<ぼうさいあいち概要>
・「伊勢湾台風」から60年
・多様化する災害に備えましょう
・愛知県防災士会の活動(2019年5月~9月末)
・スキルアップ研修会
・防災コラム10号 他

横浜支部 防災士よこはま NO.46を発行

yokohama190928-1
防災士よこはまはコチラからごらんください

<防災士よこはま概要>
・神奈川県立みどり養護学校「みどり防災デー」参加報告

愛知県支部 スキルアップ研修

① 日帰りスキルアップ研修旅行に参加して
下村 宜史(名古屋沢上郵便局長)

 今回初めて防災士スキルアップ研修に参加させて頂きました。
 岐阜県根尾谷断層の6メートルにも及ぶ垂直に隆起した岩盤の姿を目の当たりにした時、それが一瞬の地震で、このような大変動を起こした威力に圧倒されたと同時に、いつ来てもおかしくない災害に、自分自身が直面した時、いったい自分は、どういったことができるのかを深く考えさせられました。

aichi191005-2 aichi191005-3
 地震断層観察館と地震体験館  地に刻まれた大自然の力

 また、今回の研修旅行がなければ、こういった場所を訪れることはなかったと思います。地域の郵便局長として、防災・減災に関する身近にできることを考え、いつ、このような自然災害が起きても、対応できるだけの知識と技術を学んでおくことの大切さ、そして、日頃からの備えの重要さを再認識することになり、いい経験をさせて頂きました。
 早速、今日から防災の備えのチェックなど、できることから始めていきます。

aichi191005-4 aichi191005-5
 尾根のように隆起した断層   写真と模型による断層の説明  

② 日帰りスキルアップ研修旅行に参加して
大村 泰史(名古屋柳橋郵便局長)

 令和元年10月5日(土)、快晴の中、NPO法人 愛知県防災士会の研修に参加させて頂きました。
aichi191005-6 岐阜県本巣市の「根尾谷断層観察館」では、地震災害について、そして次に同県海津市の「海津市歴史民俗資料館」では、水害について学んできました。
 根尾谷地震断層観察館では、地震によってできた断層のズレから地震のメカニズムの説明を受けました。その破壊力から地震の恐ろしさや対策の難しさを改めて感じました。また、震度6の地震を実際に体験することができ、南海トラフ巨大地震等の地震では、これ以上の震度になることが予想されており、唯々怖さを感じました。     
aichi191005-7 海津市歴史民俗資料館では、3本の大きな川(揖斐川・長良川・木曽川)に挟まれた低い土地で、いかに水害と戦ってきたかを学びま
した。尊い犠牲を払いながらも知恵と工夫で水害を乗り越えた様は、見事だと感じました。現代のように機械が無い時代、如何にして身を守ってきたかは、災害対策の大きなヒントをもらった気がします。
 災害は、いつどこで起こるか判りません。どうしようもないことも多いです。しかしながら、先人の経験を学ぶことによって、少しでも被害を減らすことができます。その為には、災害に対する知恵や万が一に備える意識と準備が必要だと感じました。研修の経験を活かし、郵便局の大切なお客さまと社員を守っていきたいと思います。
 

長野県支部 活動報告(助産師会との交流会 ー下伊那地区ー)

災害発生時には、他団体との連携が不可欠です。
日本防災士会長野県支部では長野県助産師会と連携を取ることで、災害発生時において迅速な初動活動を行うことを目的とし、平常時から顔の見える関係を作っていこうと取り組みを進めています。
そこで9月末に下伊那地区で活躍する防災士と助産師さんとの交流会を行いました。
人数を限定して行ったことも幸いしてか、とても和気あいあいとした和やかな交流会となりました。
ワークショップでは、災害発生時に助産師さんの派遣で発生すると思われる問題や課題について洗い出しを行い、私たち防災士がどのようなサポートが出来るか意見を出し合いました。
助産院を開業している助産師さんからは、妊婦さんの訪問による診療も行っているため、電源が必要な機器ではなく携帯が可能な機器を使用しており、停電時でも診療が可能であるとのお話を聞くことができました。
このような具体的な内容は交流会でなければ聞くことが出来なかったのではないかと感じました。
また最後にはお互いの連絡先を交換して、今後も情報交換を行っていくことで一致しました。
笑いもありお互いの人柄を知ることができて大変有意義な会となりました。
今後も順次、長野県内の各地区において防災士と助産師さんとの交流会を開催するよう予定しています。

nagano191009-1
下伊那の助産師さんとの交流会の様子

北海道支部 会員学習活動報告

hokaido190705-1 hokaido280924-9.jpg 会員学習活動報告  【№ 210】

1 開催日時 令和元年10月5日(土)
              13:00~17:00
2 開催会場 毎日札幌会館 札幌市中央区北4西6
hokaido191005-13 会催概要 災害に対する考え等のワークショップ
4 参加者等 災害に興味を持つ関係者等・・30名

hokaido191005b-1
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 コミュニティー 講演 イベント 訓練 教育 勉強会 指導 HUG 現地活動 総会 被災地支援 訓練指導 DIG 女性 協定 支部総会 避難所 支部会議 研修指導 HUG 受賞 自主防災組織 女性防災士 セミナー 連携 支部活動 地区防災計画 支部設立 訓練HUG 実技指導 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR