FC2ブログ

熊本県支部 「熊本地震」被災後の「軒先避難」について

 「熊本地震」のM6.5(4月14日)・M7,3(4月16日)の2回の大地震が発生しまして早いもので2ヶ年の歳月が過ぎ去りましたが、まだまだ「熊本地震」の被災者支援は低調で、益城町役場当局の仮設住宅入居抽選に2回も外れまして今も「軒先避難」と呼ばれている、仮設住宅の生活とかけ離れた日常生活をビニールハウス内等でやむなく暮らしておられます。ご家族の1組を防災士の皆さんに以下の通りご紹介致します。

1、日時:
「軒先避難」され始めた月日は、地震発生の平成28年4月17日から平成29年12月20日頃までの1年8ヶ月行われていました。又、冬の寒さには我慢できずに、敷地内に軽重鉄骨建ての農業倉庫内コンクリート上に台座を作り、寝具周辺にビニールを張りめぐらして、その中にベッドを設置して暮らされています。
平成30年1月5日避難先に支援物資(タオル・靴下・ホッカイロ・ウエットティシュ等)を下げ袋に入れて慰問
   
2、場所:
 熊本県上益城郡益城町小池(おいけ)敷地 イチゴ栽培用ビニールハウス内及び農機具小屋の片隅
  
3、家族数:
 ご主人(高木)76歳・奥さん71歳 息子46歳の3人同居の家庭

4、避難生活状況:
 ご夫婦の日常生活は、庭先のイチゴ栽培用のビニールハウス(長さ20m)内の半分をビニール等で仕切られて、ビニールハウス出入り口付近に就寝用のベッドを持ち込まれ、敷き布団の上に毛布3枚程重ね、布団には毛布5枚と羽毛布団を利用され、ベット内には電気毛布を利用し、又ビニールハウの屋根にはブルーシートを張って雨漏り等をしのぎながら毎日就寝された生活を続けられています。(石油スト―ブは、ビニールハウス内であり、一酸化中毒防止のため利用不能)一方、高木さんの息子(46歳)さんは、農機具小屋の中に保管されていますトラクターの横に、キャンプ用テントを張られてその内側に寝具1.0式を持ち込み同じく電気毛布を利用し就寝されておられます。
5、日常生活の理由:役場生活再建支援課で仮設住宅申し込みをしたところ、2回の抽選会で外れ、日常生活に困っていたが再度の抽選を待ちきれずに、自然災害に対する支援金を受領されまして、3坪ほどのコンテナハウスを購入されて、その内部に台所(水道と流し台だけ)・狭小お風呂・洗濯機・冷蔵庫・トイレを設置された超狭い生活空間で、食卓は(70cm×70cm)の折畳テーブルを利用され家族3人で食事をされています。

6、健康状態:
 ご主人は体調をこわせれて、週2回程度病院に通われており、奥さんと息子さんは、今のところ健康で暮らされています。

7、被災地の今後:
 毎年の季節を繰り返しながら、熊本地震被災地の皆さんは日常生活を絶望から希望へと少しづつお互いに励まし合いながら、一日でも早く被災地に笑顔が再び戻るように支えあって懸命に生きておられます。
私達防災士は、被災地の皆さんと絆を深くして、微力ではありますが被災者に対するボランティア活動を継続的に実施しまして、安心した生活が出来ますように仮設住宅・みなし仮設・軒先避難先に対しまして後方支援活動を続けて行きたいと思っています。
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 コミュニティー 研修 イベント 講演 教育 訓練 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 被災地支援 訓練指導 協定 支部総会 女性 DIG 自主防災組織 研修指導 HUG 避難所 支部会議 セミナー 支部設立 連携 訓練HUG 受賞 支部活動 実技指導 地区防災計画 女性防災士 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR