FC2ブログ

千葉県支部 災害ボランティア研修会・地震の際の心構え

         災害ボランティア研修会

 千葉県防災士会は、下記の様に地域の社会福祉協議会及びボランティア・NPO連絡協議会と共催し、地域の住民の皆さんに、今後起こり得る大震災に備えるための知識や経験談、いざという時に役立つ簡易グッズの作り方等の指導を行った。

日  時:平成25年1月26日(土) 10:00~12:00
場  所:ふれあいプラザさかえ3階大会議室(印旛郡栄町)
参加人数:約80名
共  催:栄町社会福祉協議会
     栄町ボランティア・NPO連絡協議会

研修内容
 講演  演題「東日本大震災に学ぶ」 ~ 今後起こり得る大震災と闘うには ~
     講師 NPO法人千葉県防災士会 副理事長 川崎 隆克
chiba250126-1

3.11東日本大震災、千葉県の被害映像DVD放映
現在の地震予知とその確立度  イタリアの事例  我が国の地震予知、千葉県内の予知
大地震と闘うには(備えるには)  ボランティア活動を通じて東日本の現況  地域の防災力と住民の自助・共助
東日本大震災の写真と解説  大川小学校の悲劇と「釜石の奇跡」釜石東中学校の差異  等々

身近なもので作る簡易防災グッズの展示と作り方の実演
 ランタン、トイレ、ろ過器など

chiba250126-2 chiba250126-3 chiba250126-4

 社会福祉協議会及びボランティア・NPO連絡協議会からは、「特に、「身近なサラダ油を使った簡易ランラン」の作り方」に参加者は非常に興味を持っていたので、是非、また、やりたい。今度は実技を主に行いたいとの感想があった。
                         参加防災士 7名   (文責 浅野幸輝)



          地震の際の心構え

千葉県防災士会では、「地震の際の心構え」をテーマに下記の様に講演及び実技指導を行い、研修参加皆さんが、地震等大規模災害発生時に迅速かつ適格に活動出来る様、研修・訓練を行った。

日  時:平成25年2月3日(日) 13:00~15:00
場  所:成田市宗吾台コミュニティーホール
参加人数:約25名
研修内容 (1)講演「地震の際の心構え」
       講師 NPO法人千葉県防災士会 理事長 黒川 民雄
     (2)実技指導 ①徒手搬送法 ②応急担架 ③災害時避難グッズ

参加防災士 NPO法人千葉県防災士会 黒川理事長、藤橋副理事長、大島理事、加藤理事、秋葉防災士

chiba250126-7
最初に黒川理事長による、「地震の際の心構え」として防災意識向上に関する講演の後、防災士指導による体験型スタイルによる身近なものを使った搬送法や応急処置の実技研修を行った。

chiba2501-5 chiba250126-6
また、身近なものを使った防災グッズの展示や作成方法の説明も行った。

研修終了後も、質問コーナーでの地域防災を軸としたコミュニティ運営の問題点などについての議論が続き、大変有意義な研修であったと感じます。

相対的に感じた感想では、「防災について活発な自冶会と見え、和気あいあいとした中にも真剣に取り組む参加者」の姿勢が印象的でした。
                                   (文責 浅野幸輝)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 講演 訓練 イベント コミュニティー 教育 勉強会 指導 HUG 現地活動 協定 被災地支援 総会 訓練指導 連携 女性 研修指導 支部総会 DIG 避難所 支部会議 HUG 支部設立 セミナー 女性防災士 受賞 訓練HUG 自主防災組織 地区防災計画 支部活動 実技指導 法人化 避難 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR