FC2ブログ

長崎県支部 活動報告平成30年12月

自主防災組織防災活性化のための訓練 11月23日実施

 時津町野田郷自治会主催、浦郷の4自治会・行政・警察所・自衛隊・消防団と防災士会も協力団体として参加。炊き出し訓練(薪を使用した屋外炊飯)、協力団体による車輛展示。新井防災士(時津町議会副議長)、佐々野野田郷自治会長で自主防災組織活性を目的と、併せて地域の住民の関係強化を図りたいと長崎県支部に相談あり。「自主防災組織の必要性について」講話を川浪がさせていただいた。100名を超す参加者で皆さんが自分たちの街はお互い助け合い守るとの強い意気込みを感じました。
熊本地震・九州北部豪雨災害パネル写真も展示(鍵原副支部長・川浪参加)

nagasaki301123-1 nagasaki301123-2
nagasaki301123-3 nagasaki301123-4.(詳細案内パンフ参照)

九州ブロック支部連絡協議会合同研修会開催

 11月25日諫早市中央公民館で、九州各県支部より多くの防災士の皆さんの参加頂き開催。前日の交流会、そして合同研修会、更なる九州各県支部間の「顔の見える関係構築」を目的として、毎年持ち回りで実施。
開催に際し地元諫早市の絶大なるご支援・ご協力で、行政職及び自治会役員の方々も参加を得た。さらに開催場所、市役所駐車場も特別な配慮してもらった。また、長崎県危機管理課・長崎地方気象台・気象予報士会のご支援いただき開催できました。
午前第1部として、宮城県南三陸在住三浦美香さんに「南三陸からのメッセージ」として、東日本大震災時の状況及び現状について講演頂いた。
その後、旭支部長のよる「クロスロード」、実例に基づいて会場の皆さんと判断力を養う機会にしてもらった。
午後第2部は、開会セレモニー後長崎地方気象台・気象予報士会のご指導の下、「大雨災害から生き残るため」気象庁ワークショップ。ここ数年全国各地での豪雨災害、刻々と変化する気象情報を入手し「命を守る対応」のタイフラン。ファシリテーター小川気象予報士(長崎文化放送アナウンサー)と小林気象予報士による進行、長崎地方気象台気象防災官の気象解説。各グルーブとも白熱した議論が展開され結果発表となりました。気象災害は情報を的確に入手しての対応、人災の軽減に繋がることご指導頂きました。

nagasaki301125-1 nagasaki301125-2
講演会の様子、三浦さん講演会
nagasaki301125-3 nagasaki301125-4
(研修会詳細、資料ご参照下さい) 次第は画像をクリックしてご覧さい

nagasaki301125-5 nagasaki301125-6
写真はコチラからご覧ください
進行表はコチラからご覧ください



「防災フェスタin島原半島」

 12月8日、年末恒例の「防災フェスタin島原半島」、長崎地方気象台・雲仙岳災害記念館からの参加協力要請により今年も参加。主催者からのリクエスト、防災クイズ、ロープワーク、災害持ち出し用品の展示。
熊本地震での被災者益城町平田のご夫婦も来場。発災時の状況や、現在の仮設住宅・災害公営住宅等などについてお聞きする機会もあった。
今後とも関係機関と関係構築に努めたい。

nagasaki301117-1(詳細は資料参照下さい)
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 コミュニティー イベント 講演 訓練 教育 勉強会 指導 現地活動 HUG 総会 被災地支援 訓練指導 DIG 協定 支部総会 女性 避難所 支部会議 研修指導 自主防災組織 HUG セミナー 支部設立 受賞 女性防災士 連携 支部活動 地区防災計画 訓練HUG 実技指導 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR