FC2ブログ

千葉県北部支部 10/7(月) 千葉県北部支部会員の台風15号ボランティア活動(千葉県袖ヶ浦市)

令和元年10月7日(月)に当支部会員の小椋・渡邊防災士が、袖ケ浦市ボランティアセンターに出向き活動いたしました。
活動内容は、土のうを使わないブルーシートの屋根がけ補修です。この方法は、少数の人員で作業ができ、地上での準備が70%、危険を伴う屋根上での作業時間を短縮できる優れた方法です。(事前にストッパーといわれる部品を作っておくとより作業効率が上がります)

当日のニーズは、高所作業依頼1件(屋根のブルーシートがけ)のみであったため、社会福祉協議会職員に、作業工程を実演展示後、作業実施場所に移動しました。現場は、軽量鉄骨造コロニアルの3階建、棟の部分が欠損(①写真参照)していたので、梯子を3台使用し、安全管理に配慮しつつ作業を2人で開始、約1時間程度で終了しました。(②③写真参照)
被災住民に対して今後修理時の留意事項を丁寧に説明、感謝の言葉をいただきました。

作業終了後、ボランティアセンターに戻り、作業終了報告、北部支部の他会員2名と合流、社協職員と今後の支援体制の確認を打合せ、帰路につきました。
今回の工法についての問合せ、実演指導の要請があれば出前講座を実施します。ただし、市町村の社協やボランティアセンターによっては、従来のブルーシートの屋根がけにこだわりを持っているところがあるため、事前の調査、打合せの必要性を感じています。

日時:令和元年10/7(月)
場所:袖ヶ浦市
内容:土のうを使わないブルーシートの屋根がけ補修のボランティア活動 
ボランティア活動(高所作業):小椋養一防災士※1、渡邉一弘防災士※2
ボランティア活動(作業支援):高崎勝利防災士、中村利孝防災士
※1小椋防災士は、現職時、建設業界に身を置き、又 東日本大震災時にはボラン
ティアで、閖上地区で活動した経験豊富な責任感抜群の防災士です。
※2渡邊防災士は、元東京消防庁に勤務、高所での作業にも従事した経験を持った防
災士です。

文責:日本防災士会千葉県北部支部会員 髙﨑

chibakita191007-1

chibakita191007-2

chibakita191007-3

chibakita191007-4
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 講演 コミュニティー 訓練 イベント 教育 勉強会 指導 HUG 現地活動 被災地支援 総会 訓練指導 DIG 女性 協定 支部総会 研修指導 避難所 HUG 女性防災士 支部会議 受賞 セミナー 自主防災組織 支部活動 地区防災計画 連携 支部設立 訓練HUG 法人化 実技指導 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR