FC2ブログ

長崎県支部 『災害ボランティア対応訓練 救出機器の取り扱い』1月30日(土)開催

 「災害は忘れたころにやってくる」とは昔の話。近年は、毎年全国各地で豪雨災害・猛烈な台風・地震等甚大な被害で、多くの人命も奪われています。被災現場から人命の救出は一刻を争う。大規模災害になったら消防・警察などの何時来てもらえるかわからない。そのようなことを想定し毎年この時期に「災害ボランティア対応訓練 救出危機の取り扱い」を雲仙岳災害記念館で支部の研修会として実施している。身近な方々を救出するには、人力では限界がある。チェーンソー・ジャッキ・チェーンブロック・ロープなどを使っての救出訓練。倒壊家屋を視立てた現場、木材の下には救出を待つ人(訓練にはマネキン使用)、生存を確認し励ましの声かけ。素早く身近な機器を使っての救出訓練。毎年繰り返し訓練で習得しなければならない。“いざという時は訓練したこと以上のことはできない”、その想いで実施。
(訓練報告書作成:川浪良次)

nagasaki030130-1 nagasaki030130-2
救出訓練機材         家屋倒壊救出訓練1
nagasaki030130-3 nagasaki030130-4
家屋倒壊救出訓練2       家屋倒壊救出訓練3
nagasaki030130-5 nagasaki030130-6
チェーンソーの取り扱い     ロープワーク1
nagasaki030130-7 nagasaki030130-8
ロープワーク2         ロープワーク3
nagasaki030130-9
研修会参加者
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 講演 訓練 コミュニティー イベント 教育 勉強会 指導 現地活動 HUG 協定 被災地支援 訓練指導 総会 連携 女性 研修指導 支部総会 DIG 避難所 支部会議 HUG 女性防災士 受賞 セミナー 支部設立 自主防災組織 訓練HUG 地区防災計画 支部活動 実技指導 避難 法人化 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR