fc2ブログ

奈良県支部 「平成28年熊本地震」熊本県益城町災害支援活動報告

5月13日(金)午後9時に集合。奈良県防災士会11名、大阪府支部1名、一般参加者2名を加え、計14名の有志で橿原市役所前を出発、熊本県益城町に向かいました。 翌朝午前8時過ぎに、日本防災士会の災害対策支援本部に到着しました。
 そちらでは、日本防災士会本部・防災士会熊本県支部・九州ブロック防災士会・防災士
 会岐阜県支部の防災士が活動されていました。この地区の災害支援は、防災士会が
 受け持たれ、町内からのボランティア要請の対応聞き取り、そして作業活動をされてい
 ました。
(14日午前)
 ①班  家屋の前庭の土砂流出防止のため、植栽撤去・土のう作り・延長5mの土のう
     3段積み。
     家屋東側落下瓦の袋詰め・撤去。
 ②班  土のう作り、家屋基礎部分へ土のう積み・清掃、落下瓦の袋詰め・撤去。
搬送班  地区内巡回、積込み、町の瓦礫集積場へ搬送。
(午後)
 ①班  赤の張紙の家屋内、台所のタイル・落下壁の搬出、片付け。
     黄の張り紙家屋の家電搬出、廃棄家具の積み込み。
 ②班  赤の張紙家屋内の家具搬出・清掃、落下瓦の袋詰め・撤去。残りの①班も合
     流。
搬送班  多量の瓦礫土のう・家具の人力による積込み・積下ろし搬送のため、メドのつ
     いた①班から3名応援、最初先導車も付けて合計7名で瓦礫を運搬、集積場
     へ3往復。
(15日)
 昨日から続く、大量のガレキ瓦のため、家屋敷地内のガレキ瓦搬出の残り作業に、①・
 ②班・搬送班と東京からの一般ボランティアの方2名も加わり、安全を確認し、手作業
 によるガレキ瓦の袋詰めと搬出作業を全員で行った。
 途中、屋根の雨漏れ防止の依頼がある家屋に、対策支援本部の高野隊長と、こちらか
 ら有志4名が向かい、平屋建ての屋根に登り、7m各のブルーシートを更に張り加え、
 土のうを積み、ロープで補強しました。
 支援本部では、安全確認した上で、重機による道路のガレキ撤去も行っておりました。
 予定の作業終了後、日本防災士会熊本県支部長の宮下正一さんの同行で、震源地
 付近とされる益城町役場、避難所のある益城町総合体育館、屋外での支援物配布、
 亀裂の走る断層帯、町内被害状況を確認・視察させて頂き、その後夕方には熊本
 県を離れました。

nara280513-1

nara280513-2

nara280513-3

nara280513-4
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 講演 訓練 イベント コミュニティー 教育 勉強会 指導 HUG 現地活動 協定 被災地支援 総会 訓練指導 連携 女性 研修指導 支部総会 DIG 避難所 HUG 支部会議 受賞 セミナー 支部設立 女性防災士 訓練HUG 自主防災組織 地区防災計画 支部活動 実技指導 法人化 避難 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR